ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「小飼弾」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小飼弾」に関する情報が集まったページです。

これからのAIの話をしよう:
「日本人は働きすぎ」 AI失業時代、ベーシックインカムで解決を 井上智洋さんに聞く
AI時代は、もう人間は働かなくていい? 経済学者の井上智洋さんが「AI時代のベーシックインカム」を説く。(2018/5/22)

ねっと部:
VALUパロディーサイト「NILU」開発者がVALU入社
「VALU」を揶揄したパロディーサイト「NILU」を開発した@mito_memelさんが、VALUに入社する。(2017/9/19)

「VALU」、トップページから「株式のように」を削除 税務上の扱いは「国税局に問い合わせ中」
「VALU」トップページから「株式会社のように」という文言が削除された。「紛らわしさが目立ってきたため」という。VA取引の税務上の扱いについては「国税局に問い合わせている」という。(2017/8/22)

7月20日から7月26日:
Kindleセレクト25情報
10%ポイントバックされる毎週更新の「Kindleセレクト25」。今週は、どの書籍がオススメになっているでしょうか?(2013/7/22)

Winny開発者・金子勇さんの訃報に惜しむ声あふれる
「Winny」の開発で知られる金子勇さんが亡くなったことを受けて、ネットには追悼のコメントが多数投稿されています。(2013/7/8)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(7):
国のチカラが弱くなっている中で、「国籍」に何の意味があるのか
日本を離れて海外に住む人が増えつつある。米国在住経験を持つ小飼弾さんと松井博さんに、国籍や海外移住の持つ意味について語ってもらった。(2013/7/8)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(6):
学校へ行くメリットが説明できない時代
仕組みをつくる一握りの人が富を握り、中間層の仕事は急速に消えていく。そんな世界の中、果たして教育はどうあるべきなのか。ネット上に教材が溢れ、ちょっと検索すればたいていのことの答えが見つかる中で、大学が果たすべき役割とは……。(2013/7/5)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/7/3)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(5):
壮大な“実験国家”米国から何を学べばいいのか
巨大化する企業と弱体化する国家。特に先進国では福祉が国家予算を圧迫し、どこも火のクルマだ。そんな中、本当に国がやるべき仕事とは何なのか。(2013/7/1)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(4):
「ベーシックインカム」は人間を幸せにするのか
国の機能があいまいになる中、「ベーシックインカム」に注目が集まっている。国民の生活を、最低限の現金を配ることによって保証しようとする考え方だが、民主主義の方向としてアリなのか?(2013/6/28)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(3):
先進国にとっての労働は「暇つぶし」なのか
モノ余りの時代、必要とされるサービスは先進国ではほぼ提供されている。人々は何のために「働く」のか。労働の意味とは何か。一方でまだ残る貧困をどう解決していけるのか。(2013/6/24)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(2):
企業帝国の弱点とは? そこで働く人たちの悲哀
莫大な資産を蓄え、世界を支配しつつように見える企業帝国。一方で、社会福祉の増大にあえぎ、弱体する国家はこうした企業に対して何ができるのか。一方で、帝国の中枢で働く幹部は果たして「幸せ」なのか。そして帝国にあった「意外な弱点」とは?(2013/6/21)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(1):
アップルやマクドナルドは、本当に“悪の帝国”なのか?
弱体化する国家を尻目に、国境を気にせず自らの利益を追い求める“企業帝国”たち。世界が一握りのお金持ちと圧倒的多数の単純労働者に分かれていくなかで、人々が幸せになる方法はあるのか。小飼弾さんと松井博さんが語り合った。(2013/6/17)

知をインストールせよ:
幻冬舎新書初の電子書籍フェア「新書フェス」4週連続で開催
黄色い表紙でおなじみの幻冬舎新書が初の電子書籍フェアを開催。有名ブロガーの小飼弾さんやちきりんさんなどがお勧めの一冊を紹介する特集などを週替わりで展開する。(2013/5/31)

ひろゆき氏書類送検 ドワンゴ川上会長・夏野取締役にコメントを求めたが……
ドワンゴの川上量生会長と夏野剛取締役に、ひろゆき氏書類送検についてコメントを求めたが……。(2012/12/20)

ニコニコが有料メルマガに参入 動画や生放送とあわせて配信「ブロマガ」
「ニコニコチャンネル」に、ブログやメルマガを配信できる機能が追加された。押井守さんや津田大介さんなど各界の著名人が参加。動画や生放送とあわせて配信できる。(2012/8/21)

次世代原子炉開発者と原発の未来を語る 小飼弾のニコ生サイエンス
「小飼弾のニコ生サイエンス」。次世代原子炉の1つで、メルトダウンを起こしにくいという「高温ガス炉」の開発に携わる技術者を招き、原発の未来を語る。配信は7月25日19時0分〜。(2012/7/20)

超エンジニアミーティング」レポート Day1:
なぜそこまでやった、開発者コミュニティの異種格闘技「超エンジニアミーティング」エンジニア100連発、日本Rubyの会、java-ja
開発者コミュニティが集結した「超エンジニアミーティング」。エンジニアたちが技を繰り出しあう、混沌空間に張り付いてレポートする。(2012/6/14)

D89クリップ(47):
超エンジニアミーティングに集ったテクノロジ
ゴールデンウィークに行われたニコニコ動画のイベント「ニコニコ超会議」から「超エンジニアミーティング」の模様をお伝えする(2012/6/11)

Googleエンジニアが明かす検索の未来 小飼弾のニコ生サイエンス
ニコニコ生放送の番組「小飼弾のニコ生サイエンス」で、ブロガー小飼弾さんがGoogleのエンジニア賀沢秀人さんにインタビュー。Googleの採用試験から検索の未来までを聞く。配信は5月15日19時30分〜。(2012/5/14)

「科学者はなぜUFOを信じない?」 宇宙物理学者に聞く科学の未来
科学が発展すれば、本当に人間は幸せになるのか――宇宙物理学者で「科学と人間の不協和音」の著者・池内了さんに、科学の未来について聞く。トークテーマは「科学者はなぜUFOを信じない?」「ニセ科学はなくならない?」「科学の限界ってどこですか?」など。聞き手はブロガーの小飼弾さん。配信は4月4日19時0分〜。(2012/3/31)

まとめ読み!誠 PDF:
“忘却力”で仕事する──小飼弾さんの仕事術を紹介しよう
読者から注目を集めた記事を、まとめて読むことができる「まとめ読み!誠 PDF」。今回は「自分の“忘却力”に信頼を置いている」という小飼さんの仕事術記事をまとめました。(2011/9/15)

オルタナブログ通信:
iPad2はサクサクでヌルヌル、でもカメラに期待してはいけない
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、約245人のブロガーによって、ITにまつわる時事情報などが日々発信されている。その中から今回は「入梅」「iPad2」「リスク」「起業」などを紹介しよう。(2011/5/13)

村上春樹さん、人気の理由は 小飼弾さんらがディスカッション
作家・村上春樹さんの人気の理由を探る番組。取り上げるテーマは「日本人たちが『ノルウェイの森』に共鳴した理由」「アンチ春樹のスピリット」など。パネラーは評論家の市川真人さん、ブロガーの小飼弾さん。配信は5月11日20時0分〜。(2011/5/2)

iPad/iPhone版とドットブック版の「小飼弾の『仕組み』進化論」が発売
小飼弾氏の「小飼弾の『仕組み』進化論」が、iPhone/iPad版とドットブック版で発売された。(2011/1/25)

D89クリップ(20):
歌あり笑いあり過去最大規模となった技術者の祭典
リクルート主催による技術者の祭典「Mashup Awards 6」の表彰式が開催された。544もの応募作品から、最優秀賞をはじめとする数々の賞が決定した(2010/12/27)

理系にとって最強の萌え、もっと:
現代数学を解き明かす「数学ガール/フェルマーの最終定理」がiPadアプリで登場
結城浩氏による数学を題材とした人気小説「数学ガール」シリーズから「数学ガール/フェルマーの最終定理」がiPad向け電子書籍アプリとしてリリースされた。(2010/12/17)

「ラブひな」170万ダウンロード突破の衝撃:
Jコミで扉を開けた男“漫画屋”赤松健――その現在、過去、未来(後編)
漫画家の赤松健氏が主宰する広告入り漫画ファイル配信サイト「Jコミ」が話題だ。なぜ今この取り組みが注目されているのか? 赤松健氏へのロングインタビュー後編では、漫画文化に対する同氏の考え、そして彼を突き動かすものは何なのかをさらに掘り下げてゆく。(2010/12/9)

eBook Forecast:
11月後半の注目すべき電子書籍市場動向
「忙しくて電子書籍の最新動向がチェックできない。でも気になる」――そんな方のためにお届けする「eBook Forecast」。今回は、11月後半の電子書籍市場動向をまとめました。(2010/12/6)

「BLOGOS」は月間1400万PVに ライブドアが語るブログメディアの可能性
ライブドアのブログメディア「BLOGOS」がオープンから1年で月間PVは1400万、UUは90万人に。「政治・経済誌に匹敵する影響力」と編集長は自負する。(2010/12/1)

科学新書の存在意義は? 小飼弾さんら討論
自然・科学系の作品を集めたソフトバンク クリエイティブの新書シリーズ「サイエンス・アイ新書」創刊4周年を記念したパネルディスカッション。小飼弾さん、科学作家の竹内薫さんらが、科学新書の存在意義や紙と電子書籍の共存などについて議論する。配信は10月23日16時0分〜10月23日17時30分。(2010/10/21)

「朗読少女」にハマる人続出、最新作は銀河鉄道の夜
オトバンクは15万ダウンロードを突破したiPhoneアプリ「朗読少女」の最新作として、宮沢賢治氏の名作「銀河鉄道の夜(上)」の配信を開始した。(2010/9/30)

ハーバード白熱教室 in Japan:
サンデル教授の特別講義は本当に「白熱」したのか
講義の名手として知られ、日本でも『ハーバード白熱教室』と題して講義がテレビ放映された、ハーバード大のマイケル・サンデル教授。実際に彼の講義に出席してみて感じたのは、知的興奮とある種の違和感、そしてかすかな不満だった……。(2010/9/16)

これからの「正義」の話をしよう:
マイケル・サンデル教授の特別講義「Justice」に出席してきた
ハーバード大で政治哲学を教えるサンデル教授が8月末に来日、東京で2回の“出張講義”を行った。学生との対話形式で進められる講義にはブロガー・小飼弾氏も参戦。2時間の「白熱教室」とはどのような内容だったのか? 本記事で詳しくお伝えしよう。(2010/9/16)

小飼弾氏の「空気を読むな、本を読め。」 理想書店が電子書籍版の配信を開始
ボイジャーの電子書籍販売サイト「理想書店」が、小飼弾氏の最新刊「空気を読むな、本を読め。」の電子書籍版の販売を開始した。(2010/8/27)

ハードカバーは滅びてしまえ!:
なぜ新書を読むべきなのか? 小飼弾さんに教わる読書術
月間100万PVを誇る書評ブログ「404 Blog Not Found」。ブロガー・小飼弾さんは、毎日10冊前後の本を読み、2万5000冊の蔵書とともに暮らしている。知的レベルを上げるための読書術とは? 本を読む達人にポイントを聞いてゆく。(2010/7/21)

ライバルに学べ! 学生スターエンジニアに聞く(6):
塚田朗弘「第一志望はいくらでもある」「勉強会に行け」
高い技術力を持って活躍する「学生スターエンジニア」たち。彼らはどのように生まれ育ち、どんなことを考えているのか。同年代のスターへのインタビューから、自分の就職活動のヒントを得よう。(2010/3/31)

“革命的Ustream放送”「激笑 裏マスメディア〜テレビ・新聞の過去〜」の裏側
「テレビ・新聞の未来」を語るNHK放送記念日特番の裏では、ネット界の著名人がUstとニコ生で「テレビ・新聞の過去」について語り合っていた。トータルで14万ユーザーがアクセスした快挙の裏側をライターの三上氏がリポート。(2010/3/23)

Kindle時代のテキストとは ARに見る未来、「セカイカメラ」実験から得たもの
紙の書籍が衰退し、Kindleなど電子書籍が出版界に衝撃を与えている。近未来のテキストコンテンツはどういうものになり得るのか。「セカイカメラ」を使って昨年末に行ったAR実験から考える。(2010/2/25)

Twitter読書:
読者と著者のつぶやきをまとめてみた
Twitter上で読者と著者が直接意見を交わす「Twitter読書」。すでに4本の書籍を題材にしてきました。つっこんだ質疑応答もあったようですが、Twitterのログは流れがち。タイミングよくタイムラインを見ていないと、どんなつぶやきがあったのか見逃してしまいます。そこで、著者と読者のやりとりを整理してみました。(2009/12/7)

ITpro Challenge! 2009 Light:
「長期的な最適解を」「光を見つけよう」――竹迫氏&角谷氏 講演レポート
(2009/9/16)

Security&Trust ウォッチ(58):
Perl Mongersはセキュリティの夢を見るか?
(2009/5/27)

晴耕:雨読=20%:80%:
「2009年はトレンドを追うな」――小飼弾氏が講演
(2009/2/9)

ブロガー座談会 アルファブロガー編(3):
ブログはいかに変わるのか、鍵はその「難しさ」に
小飼弾、モダシンなど9名のアルファブロガーによる座談会、最終回はブログを介したコミュニケーションからブログの未来の可能性についてまでを語ってもらった。(2008/12/22)

ブロガー座談会 アルファブロガー編(2):
ブログが変えたインターネットの地位
ブログはインターネットにどのような変化をもたらしたのか――その誕生から今日に至るまでを、ブログとともに歩んできたブロガーたちが語り合った。(2008/12/19)

ブロガー座談会 アルファブロガー編(1):
ブログで変わった私の人生
今後ブログはどうなっていくのか、どうなってほしいか――小飼弾、モダシンほか9名のアルファブロガーが語り合った。(2008/12/16)

小飼弾×ひがやすを×よしおかひろたか×谷口公一×伊藤直也:
「自分の人生は自分で決めること」―エンジニアの未来サミット
(2008/9/16)

New Generation Chronicle:
開拓者から改革者へ ネタで未来を切り開く男 大沢和宏
10年以上前から、斬新な“ネタ”を率先して実装し、世界を驚かせてきたトリックスターがいる。そんな彼が最も追い求めたのは、足す美学ではなく、「引く美学」……。今回のNew Generation Chronicleは、ネタを革新に昇華させた、Yappoこと大沢和宏の物語。(2008/6/16)

Girl meets Hackers:
ハッカーたちとの邂逅で怠惰に目覚めた“普通”の女子高専生
先日開催されたハッカーたちのイベントに、足を踏み入れてしまった1人の女性。昨年の高専プロコンで強烈な存在感を与えていた「団長」こと茨城高専の湯浅優香さんがハッカーの背中をみて感じたこととは何だったのだろうか。(2008/4/17)

ギークとのコンタクトを求めるのは誰か――Wii Athletesリポート
かねてから開催を告知していた「ZIGOROu杯Wii Sports大会」が先日開催された。デベロッパーと非デベロッパーの間をゲームという潤滑油が取り持った同イベントのダイジェストをお届けしよう。(2008/4/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。