ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「小牟田啓博のD-room」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小牟田啓博のD-room」に関する情報が集まったページです。

小牟田啓博のD-room:
第27回 2008年のケータイデザインを振返る。そして僕のこれから――
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。特徴的な端末が多数登場した2008年を振り返るとともに、2009年は「ケータイデザインの開発に深く携わる」という自身のこれからを語る。(2008/12/25)

小牟田啓博のD-room:
第26回 デザインから注目した各キャリアの2008秋冬モデル
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。10月27日のauを皮切りに、各キャリアから発表された秋冬モデルを、小牟田氏がデザインの視点からチェックした。(2008/11/25)

小牟田啓博のD-room:
第25回 スマートフォンは“2台目市場になる”という予感
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。ついにauからもQWERTYキー搭載の「E30HT」が発表され、スマートフォン市場がにわかに盛り上がりを見せる中、小牟田氏が気になる端末とは!?(2008/10/21)

小牟田啓博のD-room:
第24回 ケータイ業界とエンジニアの皆さんにエールを贈りたい
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。最近体験した自身の講演でケータイ業界に危機感を持ったという。小牟田氏がケータイ業界、さらにエンジニアの皆さんにエールを贈る。(2008/9/25)

小牟田啓博のD-room:
第23回 需要が拡大するタッチパネルでiPhoneを越える端末作り
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。「iPhone 3G」の発売以来、「タッチパネル」に対するニーズが拡大している。その満足感が得られる、これからの端末作りとは。(2008/8/29)

小牟田啓博のD-room:
第22回 iPhone 3Gというインパクト、国内メーカーにはないAppleの割り切り
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。かつてないほどの“お祭り騒ぎ”となった「iPhone 3G」には、国内メーカーにはない“Apple流”のモノ作りが見える。(2008/7/25)

小牟田啓博のD-room:
第21回 今年の夏モデルはスポーツ、防水、女性で“夏らしさ”を演出
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。各社の“夏モデル”が勢ぞろいする中、小牟田氏が魅力を感じたモデルとは?(2008/6/20)

小牟田啓博のD-room:
第20回 ソフトバンクの年間純増数トップと端末デザインの関連性
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。この2年弱、ソフトバンクケータイのデザインに携わってきた小牟田氏が、純増数1位とデザインの関連性を語る。(2008/5/26)

小牟田啓博のD-room:
第19回 世界最大のデザインの祭典「ミラノサローネ」を訪れて
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。今回は4月中旬にイタリアで行われた世界最大のデザインの祭典「ミラノサローネ」からの帰国報告です。(2008/4/24)

小牟田啓博のD-room:
第18回 使いやすく、魅力的に進化し続ける“GUI”に注目
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。今回はiPhoneからディズニーケータイまで、そのオリジナリティで重要な要素の1つ“GUI”に注目した。(2008/3/24)

小牟田啓博のD-room:
第17回 格の違いを見せ付けたディズニーケータイ、ティファニーケータイ
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。ケータイ業界が春モデルの発表ラッシュに沸く中、小牟田氏が注目したプロダクトとは?(2008/2/13)

小牟田啓博のD-room:
第16回 僕が新年に感じた“カン”で2008年を予測する
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。今年は十二支で言う始まりの年。魅力的なモノが登場してきそうな土壌作りが感じられた年明けだったという。(2008/1/18)

小牟田啓博のD-room:
第15回 ケータイ、ラジコン、行政の仕事――2007年を振り返って
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。今年最後は、ケータイ業界の動向から、生まれて初めて触れたラジコンのことまで、この1年を振り返る。(2007/12/21)

小牟田啓博のD-room:
第14回 続・ケータイデザイン潮流 2007秋冬モデル(ソフトバンク、ドコモ編)
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。前回のau(KDDI)に引き続き、ソフトバンクモバイル、NTTドコモが発表した冬モデル、新サービスを探る。(2007/11/20)

小牟田啓博のD-room:
第13回 ケータイデザイン潮流 2007秋冬モデル(au編)
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。au design project端末の第7弾「INFOBAR 2」や、auの秋冬モデルについてデザインの完成度を探った。(2007/10/19)

小牟田啓博のD-room:
第12回 この歳で目覚めてしまったラジコンカーの魅力
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。ラジコン(R/C)関係の仕事をきっかけに、この歳になってR/Cの魅力にはまった小牟田氏の熱の入れようとは。(2007/9/18)

小牟田啓博のD-room:
第11回 iPhoneから新世代ケータイのセンスを探る
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。6月29日に米国で発売された「iPhone」は、シンプルな外見や大型タッチパネルによるデザイン効果が話題を呼んでいる。Appleのモノ作りを小牟田氏が探った。(2007/8/13)

小牟田啓博のD-room:
第10回 2007年夏モデルで感じた「このプロダクトのここが気になる!」
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。携帯キャリア各社から続々と発表された夏モデルが、店頭に並び始めている。個性的で特長のあるモデルをプロダクト・デザインの観点で見ると、気になる点がたくさんあるという。(2007/7/3)

小牟田啓博のD-room:
第9回 カラフルでかわいい! 子供向け、ティーン向けケータイ
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。よりカラフルでかわいらしい端末として各社から登場している子供向けケータイ、ティーン向けケータイ。開発の苦労が多いこれらのケータイには、開発人の熱いメッセージが込められている。(2007/5/29)

小牟田啓博のD-room:
第8回 僕の考える、僕が歩んできたライフデザイン
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。この季節は、入学、就職や転職など新生活をスタートさせる人たちも多いだろう。重要となるのは自分自身のライフデザインだ。(2007/3/23)

小牟田啓博のD-room:
第7回 女子大生に教えられた「モノ作りはヒト作り」
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。去る2月、武庫川女子大学で講師を務めた集中講義。デザインと無関係だった学生たちのアイデアは、意外で新鮮なものだった。(2007/2/22)

小牟田啓博のD-room:
第6回 縦向きから横向きへ……デザインにも苦労が見られるワンセグケータイ
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサー小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。「アクオスケータイ」を始め、画面を縦向きから横向きに使うワンセグ端末が続々登場しているなか、小牟田氏がデザイン面の苦労や工夫を考察した。(2007/1/24)

小牟田啓博のD-room:
第5回 各社カラバリ華盛り――ボディーカラーの選び方・楽しみ方が変わる
INFOBARをはじめ数々の端末をマネージメントしてきたデザイナー小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。「業界最大の品揃え」としてソフトバンクが口火を切った各社のカラバリ競争。端末はスタイルや機能のほかにカラバリで選ぶ時代が来た。(2006/11/28)

小牟田啓博のD-room:
第4回 今だから話せる「au design project」(後編)
数々の魅力的な端末を世に送り出してきたデザイナー小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。前回に引き続き「au design project」の誕生と成功の秘密に迫る、その後編。デザインで売れる! が注目されだし、新しい歴史がスタートする。(2006/10/18)

小牟田啓博のD-room:
第3回 今だから話せる「au design project」(前編)
数々の魅力的な端末を世に送り出してきたデザイナー小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。今回は、「デザインに強いau」というキャリアイメージを確立させた、「au design project」の誕生と成功の秘密に迫る。(2006/9/15)

小牟田啓博のD-room:
第2回 プロダクトデザイナーとエンジニアとの熱い関係
数々の魅力的な端末を世に送り出してきたデザイナー小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。連載2回目となる今回は、端末開発でプロジェクトリーダー的存在だったからこそ見た“商品としてのモノ作り”の現場を語る。(2006/7/24)

小牟田啓博のD-room
第1回 4月26日、僕の退職がニュースになった
KDDI(au)の「au design project」を率いて、深澤直人氏デザインの「INFOBAR」をはじめ魅力的な端末を世に送り出してきたデザイナー小牟田啓博氏が、あらたなフィールドに挑戦する。そんな小牟田氏が日常で感じたこと、体験したことを書き綴った連載がスタート。(2006/6/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。