ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「格安航空会社(LCC)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

生産性向上のもう一つのキモは、設備管理の徹底にあり(4):
生産性の高い機械設備を維持していくための「保全組織」とその業務とは
工場の自動化が進む中でより重要性を増している「設備管理」について解説する本連載。第4回は、設備保全のための「保全組織」とその業務内容について解説する。(2022/5/23)

iPhone Tips:
iPhoneの「ウォレット」アプリで飛行機に搭乗する方法
iPhoneの「ウォレット」アプリには、搭乗券やチケット、ポイントカードなどを登録する機能もあります。その中でも非常に便利なのが飛行機の搭乗券を追加する機能。スマホ1台でカウンターでのチェックインをスルーして空港の保安検査場に直接向かうことができます。(2022/5/3)

人類をダメにする電動ゲーミング「ベッド」発売 目覚めたらリクライニングで即ゲームだ!
寝落ち上等。(2022/4/6)

Marketing Dive:
イケてないブランドでも成功をつかむには?――TikTokとInstagramの“二刀流”入門【前編】
TikTokの人気が高まっている。ブランドはこのプラットフォームの良さを認識するとともに、マーケティング戦略に組み込む方法を知る必要がある。それはB2CだけでなくB2Bであってもだ。(2022/4/1)

廣瀬涼「エンタメビジネス研究所」:
ブーム終焉……タピオカの“空き店舗”は今、どうなっているのか
2019年にピークを迎えたタピオカブーム。しかし20年以降は落ち着き、他の流行と同じ道をたどっている。なぜ、タピオカブームは終焉を迎えたのだろうか。そしてタピオカ店は今、どうなっているのか。(2022/3/16)

プロジェクト:
“100年に一度の街づくり”を進める「中野駅前再開発」の概況
本稿では、東京の賑わいを担う街として、“100年に一度”の街づくりでさらに発展が見込まれる「中野」駅周辺地域の再開発計画について、複数資料からこれまでの経緯と今後の見通しを紹介する。(2022/3/11)

日本航空の行方【後編】:
JAL菊山英樹専務に聞く コロナ後の「国際線回復の切り札」
苦しい経営環境の中で、日本航空(JAL)は2023年4月から国内線に新運賃制度を導入する。これに加えて、国際線専門の格安航空(LCC)、ZIPAIR(ジップエア)Tokyoの就航路線を拡充したり、非航空分野へ積極的に進出したりしている。菊山英樹専務にコロナ禍を克服した後の経営戦略を聞く。(2022/3/9)

23年度下期の就航目指す:
ANA、中距離国際線の新ブランド「AirJapan」 フルサービスとLCCの良いところを組み合わせ
ANAホールディングスとエアージャパンは、新しく中距離国際線を運航する新ブランドの名称を「AirJapan」に決定したと発表した。(2022/3/8)

ファシリティマネジメント フォーラム 2021:
BIMをFMのステージで活用するには?その問題点と解決策
FMシステムの代表取締役社長である柴田英昭氏は「ファシリティマネジメント フォーラム 2021」で、同社の統合FMプラットフォーム「FM-Integration」について説明した。FM-Integrationを利用することで、BIMモデルとFMモデルが連携し、BIMで管理されているデータがFM用途でも活用しやすくなるという。(2022/2/4)

対象路線はくじで決定:
ジェットスター、国内線の片道運賃を「100円」に 10周年セールの一環
ジェットスター・ジャパンがカウントダウンセールをスタート。くじ引きで選ばれた国内線の片道運賃が100円になるという。就航10周年を記念したセールの一環となる。(2022/1/28)

2024年4月就航:
なぜ? ヤマト、JALと貨物専用機 背景に「物流の2024年問題」
ヤマトホールディングス(ヤマトHD)は、2024年4月から同社が独占使用する貨物専用の航空機(フライター)を3機導入すると発表した。運行は日本航空(JAL)傘下で、格安航空会社(LCC)を運営するジェットスター・ジャパンが担当。輸送力強化を目指す。(2022/1/21)

2021年JC・JK流行語大賞を総括する 「第4次韓流ブーム」と「推し活」という2つのキーワード
2021年下半期、全国の女子中高生内で流行したトレンドを押さえた「2021年の流行語大賞」が発表された。消費文化論の視点から、ランキングから見えてきた2つのキーワードについて考察する。(2021/12/26)

格安航空「Peach」2022年の国内線航空券を一部先行販売 3月27日から10月29日までが対象
Peachにとって2021年は名古屋(中部)に新規就航した年でした。(2021/12/21)

ピーチの“旅ガチャ”、機内でも販売 袋の中からカプセル取り出す超アナログスタイルに
ピーチ・アビエーションは17日、行き先の選べない「旅くじ」の機内販売を始めた。成田空港着の11路線、関西空港着の13路線の機内で販売する。(2021/12/17)

ピーチ、行き先を選べない「旅くじ」を機内販売 ガチャは不採用、袋から取り出す“超アナログ形式”で
Peach Aviationは、航空券購入に利用できるポイントなどが入った「旅くじ」の機内販売を始めた。お土産としての需要の掘り起こしや、機内で次の行き先を決めてもらう狙いがあるという。(2021/12/17)

ピーチの旅ガチャ、九州上陸 14日から福岡パルコに
ピーチ・アビエーションは7日、行き先の分からない「旅くじ」のカプセル自動販売機を14日から福岡PARCO(福岡市中央区)に設置すると発表した。1回5000円。(2021/12/7)

再生紙を採用:
LCC「ピーチ」の機長が考案した「紙飛行機」 1100円で一般販売
ピーチ・アビエーションは、パイロットが考案した紙飛行機「HAPPY ORIGAMI AIRPLANE Fly Peach」の一般販売を開始した。11月17日からは関西空港第2ターミナル内の実店舗でも販売する。(2021/11/15)

支払い方法はPayPayに統一:
格安航空ピーチの行き先を選べない“旅ガチャ”自販機、販売再開 名古屋にも設置へ
格安航空会社(LCC)「Peach」を運営するPeach Aviationは国内11路線の航空券購入に利用できるポイントなどが入った、カプセルトイ自販機「旅くじ」の販売を再開した。8月に大阪、10月に東京にそれぞれ設置したものの、売り切れとなり、販売を休止していた。(2021/11/5)

ピーチの旅ガチャ、名古屋に登場 東京と大阪は5日に復活
ピーチ・アビエーションは、11日からカプセル自動販売機「旅くじ」を名古屋パルコに設置する。完売していた渋谷パルコ(東京都)と心斎橋パルコ(大阪府)の自販機は5日に再開。(2021/11/4)

1回5000円、行き先は国内11ケ所から:
格安航空ピーチ、行き先を選べない“旅ガチャ”自販機を渋谷に設置 支払いはPayPay
コロナ禍で売り上げが減少した観光業界や航空業界を盛り上げようと、Peach Aviationが国内11路線の航空券購入に利用できるポイントなどが入った、カプセルトイ自販機「旅くじ」を渋谷に設置した。航空券の行き先を選べない点が特徴。決済方法はPayPayのみ。(2021/10/13)

ピーチ航空、行き先を選べない旅ガチャ自販機を渋谷パルコに設置 13日から 1回5000円
ピーチ・アビエーションはカプセル自動販売機「旅くじ」を渋谷パルコに設置する。8月に大阪の心斎橋パルコに登場し、SNSで話題になった「行き先を選べない旅ガチャ」の第2弾。(2021/10/13)

月刊乗り鉄話題(2021年9月版) どうなる?東京の地下鉄新路線(3):
「大江戸線」が東所沢まで伸びる? これは無理……かな?「京葉線の中央線方面延伸計画」
どこに、いつできるの?──。実はかなりたくさんある、東京圏の鉄道・地下鉄新路線計画。国交省交通政策審議会の答申や東京都鉄道新線建設等準備基金の対象路線から、ワクワクな新路線計画をひもといていきます。3回目です。(2021/10/3)

JAL機とそっくり!? 2008年に消えた航空会社「日本アジア航空」はなぜ生まれたの?
かつて「日本航空は台湾への乗り入れ禁止」となった時代がありました。(2021/9/27)

ANA航空券で新幹線に乗れちゃった 「こんなことあるんだ」「珍しい!!」空港で渡された「振替乗車票」が話題に
A320→N700へ振り替え。(2021/5/19)

LCCの認知も調査:
航空会社を選ぶ際に重視すること 3位「価格」、2位「安全性」、1位は?
マイボイスコムが「航空会社の利用に関する調査」の結果を発表。LCCに関する認識や、航空会社を選ぶ際に重視する点をまとめた。(2021/5/17)

Peachの予約システムが6日ぶりに復旧、ZIPAIRは不具合続く 原因はマルウェア感染か
ANA傘下で格安航空会社(LCC)のPeach Aviation(大阪府泉南郡田尻町、以下Peach)は同社の航空券予約システムの不具合が復旧したと発表。不具合は21日に発生したもので、航空券の購入などができない状態が6日間続いていた。(2021/4/27)

LCC2社の予約システムで不具合 航空券の購入やキャンセルができない状態続く
ANA傘下で格安航空会社(LCC)のPeach Aviation(大阪府泉南郡田尻町)は、同社の航空券予約システムで航空券の購入や予約変更、キャンセルができない不具合が発生していると発表した。原因は不明で、現在、復旧に向けて原因の調査を進めている。(2021/4/22)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
ビットコインは目の上のたんこぶ、人民銀幹部「暗号資産は投資商品」発言の真意
人民銀の幹部が4月18日デジタル資産について「投資商品」との見解を示した。仮想通貨交換所・コインベースの米国上場、ビットコインの値上がりも重なり、中国でも仮想通貨“解禁”への期待が高まっている。しかし仮想通貨取引・利用を全面禁止している中国政府が、デジタル人民元以外のデジタル通貨を許容することは当面なさそうだ(2021/4/22)

「バズ・ライトイヤー」のおもちゃの忘れ物 見つけた航空会社の“神対応”が心温まる
無事に笑顔で再会できました。(2021/3/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「鉄道を盛り上げるボランティア」の報酬は何か 網走に学ぶ
JR北海道は、SL列車「SL冬の湿原号」を釧路側、「流氷物語号」を網走側と、2つの観光列車を東部で冬に運行している。しかし新型コロナの影響で「あばしりオホーツク流氷まつり」が中止。運行中止の恐れもあった「流氷物語号」の運行を後押ししたのはボランティア団体だった。その活動から、ボランティアの報酬について考える。(2021/3/19)

LCC「ピーチ」の航空券が片道999円に 就航9周年記念で全国32路線が対象
1路線あたり99席×32路線の合計3168席。(2021/3/2)

スマホ完結の「みんなの銀行」が5月に始動 デジタルネイティブ世代に訴求
ふくおかフィナンシャルグループ傘下のみんなの銀行が、5月下旬の事業開始に向けて「全国銀行データ通信システム(全銀システム)」への接続を1月4日に開始。みんなの銀行はデジタルネイティブ世代をターゲットにした次世代のデジタルバンク。全てのサービスがスマートフォン上で完結することが特徴だ。(2021/1/15)

マネジメントで振り返る2020年:
コロナ禍の経営悪化、企業の“既往症”が影響? 2021年に向けた、マネジメントのヒントを探る
コロナ禍が猛威をふるった2020年。さまざまな業界・企業が経営悪化に見舞われた。経営コンサルタントの大関暁夫は、経営悪化した企業は“既往症”が影響しているとみる。マネジメントを軸に、1年を振り返ってみよう。(2020/12/28)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
大赤字のANA救済 JALとの統合は「最悪のシナリオ」
「JAL、ANA統合論」の行方は?(2020/12/8)

決済・チャージでマイルがたまる ANA、QRコード決済を年内スタート 200円で1マイル
ANAホールディングスが、年内にもQRコード決済サービス「ANA Pay」を始める。スマートフォンアプリでの決済・チャージで、マイルを付与する。(2020/11/24)

第3次タピオカブームを振り返る
2018年頃から続いた第3次タピオカブームも下火になった。本レポートでは今回のタピオカブームを振り返り、過去のブームとの性質を比較する。また、コロナ禍で市場はどう変化したか、タピオカブームはどこへ向かうのかも併せて考察する。(2020/11/22)

東京商工リサーチ調査:
空港運営ビルの半数、コロナ禍で減収――3社は経常赤字
空港運営ビルの約半数が2020年3月期決算減収。コロナ禍でインバウンド需要や国内旅行激減。東京商工リサーチ調査。(2020/11/19)

エアアジア・ジャパンが破産申請を申し立て 12月5日をもって全路線を撤廃
路線を撤廃の届け出は10月中に出されていました。(2020/11/17)

交通政策白書2020を読み解く(前編):
日本の交通の動向と新型コロナウイルスが及ぼした影響
本稿では、交通政策白書2020の「要旨」を基に、第1部、第2部と順を追って内容を概観する。前編ではコロナウイルス感染症の影響も含めた、交通の動向について見ていきたい。(2020/11/16)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
生き残りをかけたANA「400人出向」 左遷でなく“将来有望”のチャンス?
ANAホールディングスが社員を他社に出向させるとして注目されている。出向というとネガティブなイメージだが、企業にとっても社員にとっても「成長」への布石となる側面もある。人は環境で変わるからだ。新しい雇用の形として、他の企業も前向きに取り組んでほしい。(2020/11/13)

京都観光の現実から読み解く:
日本のインバウンドは「死ぬ」のか――コロナ後の観光生き残り策、観光社会学者に聞く
コロナで深刻な打撃を受けた観光業界。特に消滅したインバウンド需要はどうなるのか。京都在住の観光社会学者に聞く。(2020/10/30)

大型機を大幅削減へ:
「ビジネス需要は戻らない」 5100億円赤字見通しのANAホールディングス、コスト削減と新需要獲得へ
ANAホールディングスが発表した2021年3月期の連結業績予想は、過去最大の5100億円の最終赤字となる見通しだ。危機を乗り切るための事業構造改革では、機材の削減などによる大幅なコスト削減を図る。「強靭な企業グループに生まれ変わる」ための施策を急ぐ。(2020/10/27)

2021年度には新たに2機追加:
JAL傘下ジップエア、グループ内から100人募集 コロナ禍でも拡大路線
JAL傘下の格安航空会社(LCC)「ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)」が、JALグループ全社員を対象に客室乗務員約100人を募集することがわかった。本格的な旅客便運航に向け、JALグループ全体の人員配置を見直す戦略。(2020/10/22)

色塗り忘れちゃったの? 「まっさら真っ白な珍TGV」がパリで目撃される
何で真っ白なの……!?(2020/10/14)

事業継続が困難:
エアアジア・ジャパン 12月5日で全路線廃止 日本撤退へ
エアアジア・ジャパンは10月5日、運航している4路線を全て廃止することを発表した。新型コロナウイルス終息の見通しが不透明な中、事業の継続は困難だと判断した。(2020/10/6)

石川温のスマホ業界新聞:
菅総理「4割値下げ」圧力にキャリアは戦々恐々――キャリアの大幅値下げにMVNOは生き残れるのか
第99代内閣総理大臣に就任した菅義偉氏。その前段階から主張していた「携帯電話料金の値下げ」に本格的に着手する見通しだが、それで苦しくなるのは大手キャリアよりも、「格安」をウリにしてきたMVNOだ。(2020/9/25)

10月にはホノルル線就航も:
JAL系LCCのジップエア、ソウル線で貨物専用便運航 旅客便は9月中の就航目指す
JAL傘下のLCCジップエアは、9月12日より東京ーソウル線を貨物専用便として就航すると発表。韓国からの機械部品などを運ぶ。ソウル線は旅客便としての就航を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期を発表していた。旅客便は9月中の就航を目指している。(2020/9/8)

長距離路線に挑む:
地方都市間の移動を拡大 ピーチ「札幌、仙台―沖縄線」を開設
ピーチ・アビエーションは、札幌(新千歳)、仙台ー沖縄(那覇)線の2路線を10月25日開設にすると発表。新型コロナウイルス感染拡大の影響で減便が続く中、感染対策を講じた上で地方都市間の移動手段を増やし、新たな需要を狙う。(2020/9/1)

村田製作所 MH1701:
UPSや瞬低補償装置向けのバッテリーモジュール
村田製作所は、リチウムイオン二次電池「FORTELION」を搭載した高出力バッテリーモジュール「MH1701」を発表した。長期間、安定して使用できるため、無停電電源装置や瞬時電圧低下補償装置など高出力の産業機器に適している。(2020/8/20)

売上高が前年同期比75%減:
ANAホールディングスの1Q、最終赤字1088億円 コロナで旅客需要が大幅低迷
ANAホールディングスの2020年4〜6月の連結最終損益は1088億円の赤字(同114億円の黒字)だった。新型コロナの感染拡大に伴い、旅客需要が大幅に低迷したことが影響した。(2020/7/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。