ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「合法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「合法」に関する情報が集まったページです。

世界を読み解くニュース・サロン:
「大麻合法化しようぜ」に感じる“胡散臭さ”の正体 医療大麻の論点とは
有名人が大麻で逮捕されるたびに、日本でも「合法化」が議論になる。だが、医療大麻の話を持ち出す容認派には、医学的な根拠を示して真剣に議論する姿勢が感じられない。医療大麻ビジネスに乗り出しているイスラエルでは、薬剤として適切に取り扱う体制がある。(2019/5/30)

台湾、アジア初の同性婚合法化 蔡総統「私たちは真の平等への大きな一歩を踏み出しました」
同性カップルも夫婦と同等のパートナーとして結婚の登録ができるように。(2019/5/17)

仙狐さんが隣に住んでいたらメイド服を着せないわけにいかないでしょう? 「世話やきキツネの仙狐さん」6話
可愛い合法ロリ奥さんと暮らしたいなあ……。(2019/5/16)

新海誠監督の新作「天気の子」劇場公開を求める署名がインドで 賛同者は1万人を突破
美しい作品を大画面で“合法的に”観たいという声が上がっています。(2019/4/17)

電子書籍のスクショは合法? 実際に逮捕されるの? 弁護士が解説する「違法ダウンロードの対象拡大」
漫画家の赤松健さんと弁護士の深澤諭史さんが「AbemaTV」のニュース番組に出演。「違法ダウンロードの対象拡大」の問題について解説した。(2019/2/15)

「スクショもNG」で広がる混乱、合法と違法の線引きは? “違法ダウンロード対象拡大”の問題点
著作権法の改正案で検討されている「違法ダウンロード対象拡大」は何が問題なのか。合法と違法の条件をあらためて整理してみたい。(2019/2/14)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第13話:包囲網(後編)
数々の企業を苦しめた攻撃者へ、ついにCSIRTが反撃に出る! 「絶対に捕まえる。あくまで合法的な方法で」――意気込むメンバーが仕掛けた作戦とは? 「側線」、ついにクライマックス。(2018/12/7)

UberとLyftのドライバー、乗客に無断でTwitchで車内をライブ配信→解雇
UberとLyftの両方でドライバーとして働いていたミズーリ州セントルイス在住の30代の男性が、乗客に無断で車内の様子をTwitchでライブ配信していた。UberとLyftは当初、ミズーリ州ではこれは合法としていたが、後にこの男性を解雇、Twitchはチャンネルを閉鎖した。(2018/7/23)

“日本が知らない”海外のIT:
NYに“大麻のApple Store” 100億ドルのマリフアナ市場、急成長のワケ
日本国外では大麻の合法化が進んでいる。大麻市場が世界に与えるインパクトは。(2018/6/27)

“合法漫画村”なぜできない? 川上社長が説明 「海賊版サイト対策」ニコ生で議論
有識者たちが「海賊版サイト対策」について議論する番組がニコニコ生放送で配信された。カドカワの川上社長は「使いやすいサイトを作るだけではダメで、今はブロッキングが有効的な手段だ」と主張した。(2018/6/25)

「漫画村を置き換えたい」 “合法無料漫画サイト”「漫画ビレッジ」開発者の思い
掲載漫画すべてが無料で読める“合法”サイト「漫画ビレッジ」が人気だ。その名称やデザインは「漫画村」に似ているが、載っているのはすべて正規の無料漫画だ。「漫画村を利用していた人に漫画ビレッジに来てもらい、漫画は無料ではないと認識してもらいたい」と、開発者の遠山晃さんは語る。(2018/6/15)

見た目は幼いけど合法です! RaMuと長澤茉里奈がビール片手に白ビキニ
さすが“合法ロリ”。(2018/6/11)

「民泊新法」施行直前も届け出わずか724件:
「民泊2020年問題」勃発 揺らぐ「観光立国」ニッポン
民泊を合法的に整備するために制定された民泊新法(住宅宿泊事業法)が6月15日に施行される。だが、新法に基づいて各自治体に出された届け出件数は5月11日時点で724件しかない――。(2018/6/4)

無料で漫画読める「漫画ビレッジ」個人が構築 無料漫画のリンク集めた“合法”サイト
「漫画村」が物議をかもす中、掲載漫画すべてが無料で読めるとうたうサイト「漫画ビレッジ」が登場した。といっても、海賊版サイトではない。(2018/5/30)

“合法”無料漫画サイト「漫画ビレッジ」登場 nanapi元代表の発案で開発
LINEマンガやピッコマなどの無料公開作品に一括アクセスできる“合法”サービス。(2018/5/30)

AIが裁判の判例学んだら…… 福井弁護士が“合法パクり”に危機感
AI時代は“適法なパクり”が問題化するかもしれない――AI時代の著作権について福井建策弁護士が解説した。(2018/3/1)

漫画海賊サイトの「海外サーバだから合法」はどこまで通る? 政府の対策について文化庁著作権課に聞いた
2018年に入りますます議論が盛り上がっている漫画の海賊版サイト問題。サイトの違法性、対抗策について文化庁に取材した。(2018/2/23)

極道×学園×美食のグルメコメディー『紺田照の合法レシピ』が実写ドラマ化 主演は竜星涼
監督は「孤独のグルメ」「女くどき飯」「ホクサイと飯さえあれば」の宝来忠昭さん。(2018/1/5)

「ネット中立性」規則廃止決定を受けた主要ISPの声明まとめ
米FCCが「ネットの中立性」規定廃止を決定したことを受け、合法的に“有料高速道路”サービスを実施できるようになるISP各社が声明を発表した。(2017/12/18)

「ここの放置自転車はご自由にお使いください」の看板が「頭いい」と注目集める でもこれって法律的に大丈夫?
放置自転車、勝手に持っていくのは合法なの?(2017/10/23)

「未成年に見える」 “合法ロリ”長澤茉里奈の飲酒写真がセーフなのにアウトにしか見えない
安心してください、合法ですよ。(2017/7/27)

「こんなに布少なかったっけ」 ℃-ute鈴木愛理、デビュー当時の衣装着用がハイレベルな合法ロリ
紳士の皆さんこっちです。(2017/6/10)

台湾、最高司法機関が同性婚を認めない現行法を違憲判断 合法化へ前進 
アジア初となる同性婚法制化へ大きな躍進となりました。(2017/5/24)

「合法ロリ」復活! “ まりちゅう”こと長澤茉里奈、幼さそのままに芸能活動再開「皆さん!ただいまです!」
グラビア復帰も待たれる。(2017/5/2)

ねとめし:
コスパ最強の漫画メシ 「紺田照の合法レシピ」のジューシー渦巻きステーキ、作ってみたら絶品だった
味よし、ボリューム良し、コスパ良し。(2017/3/24)

Microsoft、移民規制のトランプ大統領令に例外措置を要請
ドナルド・トランプ米大統領の移民規制令の影響を受け、76人の従業員が入国できずにいるMicrosoftが、合法的なビザを持つ対象者を例外にするプロセスの開設を求める要請書を国務省と国土安全保障省宛に提出した。(2017/2/3)

ロリかわ(合法)! 最上もが、短髪無理やりツインテで魔女っ子に変身する
一方、きゃりーはスナフキンになっていた。(2016/7/12)

神はいた Fカップグラドル・長澤茉里奈の八九寺真宵コスが20歳とは思えない反則的クオリティー
「合法ロリ」の有効活用。(2016/7/11)

「大葉は合法ハーブの中でも最高」 料理好きヤクザの自炊生活を描く漫画「紺田照の合法レシピ」が話題に
任侠系お料理男子。(2016/3/16)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第63回:
SNSが虹色に染まったそのとき、ブランドが動いた――米最高裁の同性婚判決に反応した企業広告&PRの動向
米国で同性婚を合法と認める歴史的な最高裁判決が出た。SNS上ではこれをたたえる虹色のアイコンが溢れた。この祝福の嵐の中、多様性を支持する意思を表明した企業も多数存在する。(2015/7/13)

違法BGM利用店舗は46万件:
「合法的に店で音楽を流せる」 USENとレコチョクがiPad向けに店舗用BGM配信アプリ「OTORAKU」を提供
USENとレコチョクが、iPad向けに店舗用BGM配信アプリ「OTORAKU−音・楽−」を発表。月額3780円(税別)で個人事業主を含む法人向けに7月からサービスを提供していく。(2015/6/15)

アイルランドで同性婚合法化が決定 さらに空気を読んだ虹が絶妙なタイミングで出現するミラクルも
虹「いまです!」(2015/5/24)

ダークネット合法利用の可能性は?
犯罪が横行する“ダークネット”を合法利用する企業、しかし……
未使用IPアドレスを利用するダークネットを活用する一般企業が現れた。合法的なツールも登場しつつあるが、ダークネットが犯罪の温床になっているという現実は変わらない。(2015/3/20)

米連邦通信委員会が「ネットの中立性」規則採択──“高速車線”認めず
FCCが、新たな「Open Internet Order」を採択した。新規則により、FCCはISPによる合法なコンテンツの遮断や“高速車線”によるサービス企業の優先などを禁止できるようになる。(2015/2/27)

SMS利用の何でも代行サービス「Magic」、人気急上昇中
新興企業の多忙な創業者が自分で欲しくて立ち上げたサービス「Magic」は、ピザの出前や航空券の購入など、“合法なことであれば何でも”SMSで発注できる。(2015/2/24)

オランダのアムステルダム地方裁判所「電子書籍の中古販売は合法」
自由を尊重する国、オランダでの興味深い判断。(2014/10/31)

女の子と「お医者さんごっこ」できるよ! 聴診器を胸に当て、心臓の音を聞くのです
朗報! DIGITAL CONTENT EXPOに行けば、女の子と合法的にお医者さんごっこができるよ!!(2014/10/23)

SIMロック解除、米国で8月1日から合法に オバマ大統領が法案に署名
オバマ米大統領が「SIMロック解除合法化法案」に署名し、8月1日から米国のモバイルユーザーは自分の端末のSIMを合法的にロック解除し、通信キャリアを乗り換えられるようになった。(2014/8/4)

マルウェアの視点で見るサンドボックス:
合法マルウェアで実感「リアルとサンドボックスの違い」
標的型攻撃対策の手法として、「サンドボックス」が注目を集めています。しかし攻撃者もすでに「サンドボックス対策」を進めています。合法的に作成したマルウェア的アプリ「ShinoBOT」を通じて分かったサンドボックス対策のヒントを、制作者本人が解説します。(2014/4/18)

相次ぐ訴訟の行方は……
中古ソフトウェアの販売は違法なのか?
英Federation Against Software Theftが下した会員企業の資格停止処分は、中古ユーザーライセンスの合法性に関するユーザーの混乱に拍車を掛けている。(2014/4/4)

合法ハーブに「ざわ・・ざわ・・」 政府の薬物対策キャンペーンに福本伸行さんオリジナル漫画
薬物の乱用防止を啓発する政府の広報キャンペーンに「カイジ」で知られる漫画家・福本伸行さんがイラストと漫画を描き下ろしている。(2014/3/17)

漫画家・福本伸行さんが政府の「合法ハーブ」乱用防止広報に協力 短編漫画を公開
新聞や雑誌広告にも福本さんのイラストが使われます。(2014/3/17)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
新聞の切り抜きコピーの配布は違法か合法か? 行為を指摘した人物への対応
情報共有を目的に新聞記事のコピーを社員に配布していた企業で、それを「違法だ」とパート従業員が恐喝まがいの告発をした。さて、この会社はどう対応すべきなのだろうか。(2013/9/6)

非Gmailユーザーの扱いは:
「グーグルのプライバシー無視発言」報道が伝えなかったこと
グーグルが提出した裁判文書に含まれた、「自らの意思でサードパーティに渡した情報について、人は合法的にプライバシーを期待することはできない」という引用がヒステリックな報道につながった。本当に気にすべきこととは何か。(2013/8/19)

意外と危険、BYODの法的リスク【前編】
私物スマートフォンを監視 合法と違法の境目は
私物端末の業務利用(BYOD)の解禁が、思わぬ訴訟のきっかけになるかもしれない。過去の判例を基に、BYOD解禁で注目すべきプライバシーやセキュリティに関する法的リスクを検証する。(2013/8/6)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
社長の使うOffice 2010が怪しい それって違法ですか? 合法ですか?
ある企業のトップが使っていたMicrosoft Office。そのパッケージの箱には中国語が書かれていて、海賊版のように思えたが、実は正規版だった。ライセンス利用に関する事案を紹介する。(2013/5/10)

電子書籍の中古販売も実質可能に?:
米最高裁、国外版作品の中古を米国内で販売しても「合法」と判決
『消尽の準則』は国外市場で製造・販売された作品にも適用されると米最高裁。この判決が持つ意味とは。(2013/3/21)

フランスの新法は合法的電子書籍の窃盗か?
2000年以前の絶版書のデジタル出版権を文化省が強制掌握する法律がフランス議会で可決された。この法律で損なわれる権利にはどのようなものがあるだろうか。(2012/3/5)

米司法省も電子書籍の「エージェンシーモデル」価格の合法性について調査
米司法省も電子書籍の「エージェンシーモデル」に関する合法性について調査していることを明らかになった。(2011/12/8)

萩原栄幸が斬る! IT時事刻々:
盗撮が「合法」? しかし「違憲」? 米国での判例から考える
当然と思われるようなことが、別の視点では違ったというようなことがたくさんある。ある米国での話題から、「考え方」について考えてみたい。(2011/10/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。