ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LGBT」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Lesbian, Gay, Bisexual & Transgender

菅井友香とドラマW主演の中村ゆりか、海外メディア表紙に抜てき→海外反響に「マジですか」「ド深夜ドラマぞ?」
表紙には「菅井友香」「中村百合香」の名前が。(2024/2/19)

今日のリサーチ:
「今の日本は男女平等?」に「そう思う」と回答した大学生は男性42%、女性22%――RECCOO調査
Z世代に特化したクイックリサーチサービス「サークルアップ」が実施した調査の結果です。(2024/2/4)

スペインの復活祭、公式ポスターのキリストが「性的」「女性的」と批判殺到 作者は「ばかげている」「芸術が政治利用」と一蹴
アーティストの27歳息子がモデル。(2024/1/31)

オバマ元米大統領が選ぶ「今年のお気に入り映画」、海外で高評価の“日本映画”が13本中にチョイスされる栄誉
カンヌでも脚本賞に。(2023/12/29)

Marketing Dive:
炎上しても「パーパスドリブンマーケティング」から逃げてはいけない理由
環境保護や多様性、公平性、包括性などを「パーパス」に掲げ、金儲けを超えた活動に取り組むブランドが増えている。しかし、そうした活動が強い反発を生むこともある。苦悩するマーケターはどうすればいいのか。(2023/12/28)

話題のジェンダーレス水着はその後どうなったのか 高校1年生が支持したワケ
2022年に発表され大きな話題となったジェンダーレス水着。試験的に数校で採用された後、改良した商品を発売している。教育現場にはどの程度浸透しているのだろうか。(2023/12/22)

「マネスキン」とこれからのロックの話をしよう ネットの荒波を乗りこなす、Z世代No.1バンド2度目の来日を振り返ってみる
3000人規模で1回限りの来日公演→1万5000人規模の会場で複数回へと急成長。(2023/12/23)

KADOKAWA、トランスジェンダーに関する書籍を発行中止 SNSで議論や批判
(2023/12/6)

KADOKAWA、差別扇動的との批判相次ぐ書籍を刊行中止 「トランスジェンダーの安全人権を脅かしかねない」との意見書も
刊行中止を発表しました。(2023/12/5)

スピン経済の歩き方:
ゼクシィの「同性カップル広告」狙いはどこに? 背景に未曾有のブライダル不況
結婚情報誌「ゼクシィ」の広告が話題になっている。JR渋谷駅の近くに、同性カップルや事実婚のカップルを起用したところ、賛否両論の声が……。(2023/12/5)

コールドプレイ、ジャカルタ初公演の直前に抗議デモ “LGBT”支持に一部団体「若者を堕落させる」「我々は拒否する」
ツアーでアジア各地を巡っているコールドプレイ。(2023/11/12)

今日のリサーチ:
LGBTQ+当事者層の割合は9.7%、非当事者層のインクルージョン意識は約8割――電通調査
LGBTQ+に関する当事者および非当事者の意識を調査した結果です。LGBTQ+支援を表明する企業のイメージや同性カップルを広告などに起用する商品、ブランド、サービスに対する利用意向についても聞いています。(2023/10/23)

ピーチ姫がゾウになってもクッパの思いは変わらない 「マリオワンダー」の短編動画が「ブレなくてステキ」と話題
むしろゾウのほうが好みだったり?(2023/10/12)

仕事に対する価値観:
職場の若い人は何を考えているの? Z世代とうまく付き合う方法
「Z世代」という言葉をよく耳にするようになった。X・Y世代と違って、若い人たちはどのような傾向があるのか。仕事の価値観などを解説する。(2023/9/1)

8割が「子ども欲しい」婚活市場 “子どもを望まない婚活男性”が逆境を乗り越えてつかんだ幸せ
Yahoo!ニュースとの共同連携企画「『子どもを持たない夫婦』のいま」の2回目では、「子どもを持たない夫婦」を目指して婚活する男女に取材した。(2023/8/26)

海外医療技術トレンド(98):
米国でヘルスケアデータを扱う非医療機器の規制がさらに強化される理由
本連載第8回で取り上げた米国の「非医療機器(Non-SaMD)」を取り巻くプライバシーやサイバーセキュリティの規制が大きく変わりつつある。(2023/8/18)

5年の進化を追う:
女性管理職比率20%は射程圏内 亀田製菓が取り組んだ「3つの変革」とは?
亀田製菓は2019年に経営トップが「ダイバーシティ元年」と宣言。女性に限らず、多様な人材が活躍できる組織づくりをグループ全体に広げようとしている。同社はどのように進化したのか。古泉直子常務に聞いた。(2023/8/15)

Marketing Dive:
サッカー女子W杯動画をTikTokで流すのは、なぁぜなぁぜ? FIFAが提携した納得の理由
TikTokとFIFAが提携し、女子サッカーワールドカップ関連コンテンツをTikTokで配信している。FIFAがプロモーション先としてTikTokを選んだ理由は?(2023/8/7)

吉本坂46・マサルコ、3年交際の同性パートナーと“新婚旅行” 南国堪能で述懐「1人で生きてくんだろうなと思ってたけど」
おめでとうございます!(2023/8/6)

X(旧Twitter)、反ヘイト団体CCDHを本当に提訴 「データを不正に収集した」
X(旧Twitter)は、反ヘイトの非営利団体CCDHを提訴したと発表した。CCDHが不正確な調査を行うために「意図的かつ違法に」プラットフォームのデータにアクセスし、またこの調査結果で「数千万ドルの広告収入が失われた」と主張している。(2023/8/2)

「結婚した」は誤植──「水星の魔女」インタビュー記事のサイレント修正巡り、公式が謝罪
バンダイナムコフィルムワークスは、雑誌「月刊ガンダムエース2023年9月」のインタビュー記事で紙の雑誌と電子版で一部記述が異なっていた件について謝罪した。同誌の編集者が臆測で記載した文面が載っていたため、電子版のみ表現を直したという。(2023/7/31)

英バンド、マレーシアの反LGBT法を“メンバー同士のキス”で批判 政府指示でフェス中止へ「プロ意識に欠ける」
バンドが現地ガイドラインの順守を約束したと主張。(2023/7/26)

バービー、ryuchellさんと共演予定の番組で涙の追悼 世間の反応に憤りにじませ「消費されたくないし、利用してくんなって」
番組後半では、生前のryuchellさんの思い出話を披露。(2023/7/19)

「逆差別」「実力で評価を」 女性活躍に批判が集まるワケ
女性活躍施策は、社内の「懐疑心」がハードルになることも多い。企業が女性活躍施策を実施するとき、多くは従業員から冷ややかな目線を投げかけられている。「逆差別だ」といった社内の抵抗感も根強いし、これまでの実施してきた施策の蓄積から、歓迎されない停滞ムードの企業も目に付く。(2023/7/19)

音ゲー界で世界的人気のAkira Complexが逝去 急な別れに生前のコラボ相手「実感なんて湧かないのに胸が苦しくて」「才能の次元が違ってた」
お悔やみ申し上げます。(2023/6/27)

日本だけ男性大臣が出席 『タイム』誌がG7男女共同参画相会合の記念写真を「気まずい写真撮影」と報道
『タイム』誌は、日本のジェンダー平等の遅れが浮き彫りになったと指摘した。(2023/6/27)

LGBTの社員サポート、実施企業は4社に1社 何が障壁になっているのか
性的少数者の社員サポートに取り組む企業は4社に1社――。そんな結果が「Indeed Japan」の調査で分かった。LGBTなどの社員サポートは、企業にどのような意味や効果をもたらすのか。(2023/6/27)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
「未来はどうなっていると思う?」 考えるコツ、あります コニカミノルタとSF作家に学ぶ方法論
50年後の未来はどうなっていると思いますか?――こう聞かれてどう答えますか。簡単には見つけづらい未来の価値を考える思考法があります。その一つがSFの物語を活用する「SFプロトタイピング」。どのようなものなのか作家とコニカミノルタのキーパーソンに聞きました。(2023/6/16)

仕事や恋愛相談まで:
ジェンダーフリーのオーダースーツ会社が、“交通費自腹”で全国の顧客を訪れる理由
女性の体型に合ったメンズ仕立てのオーダースーツを手掛けるkeuzesが、売上高を伸ばしている。スーツの単価は約12万円と決して安くはないものの、店舗は持たず、問い合わせを受けると全国どこにでも足を運んで直接話を聞き、採寸する手法が顧客の心をつかんでいるようだ。代表にビジネスモデルと、顧客の心をつかんでいる理由を聞いた。(2023/6/7)

Apple Watch プライドエディションスポーツバンドをAmazonで発売 LGBTQ+の象徴を表現
Appleは、LGBTQ+コミュニティーを表すApple Watchバンドの販売をAmazon.co.jpで開始した。価格は6800円。LGBTQ+の象徴であるレインボーカラーの他、HIV、エイズによって死亡した人や黒人、ラテン系コミュニティー、トランスジェンダー、ノンバイナリーを表す色を取り入れている。(2023/5/29)

「新婚さんいらっしゃい!」に同性カップル フランスで結婚したバレエダンサー竹田純とパートナー男性が出演
竹田さん「自分とは縁がない番組だなと思っていた」。(2023/5/28)

自己表現、より多彩に:
金髪やグリーン、レッドも スタバ、髪色ルール緩和から2年 職場に起きた変化とは?
コーヒーチェーン大手のスターバックスが、従業員の髪色や服装ルールを大幅に緩和してから約2年が経過した。これまでは黒や暗い茶色などに指定されていたヘアカラーの選択肢を大幅に増やし、デニムや一部帽子も着用できるようにするなど、従業員の多様な自己表現を広く認める方向に舵を切った。この間、職場環境や従業員の心境に、どのような変化がもたらされたのか。(2023/5/26)

Appleが「iOS 16.5」をリリース 新壁紙の追加やSpotlightの不具合修正など
Appleは5月19日、iPhone向けiOSの新バージョン「iOS 16.5」を配信した。新壁紙の追加や、Spotlightの不具合修正などが含まれる。アップデート内容も公開されている。(2023/5/19)

独自にハンドブック作成:
「トイレどこ?」→「男性用はあちら」は避けて ウエルシア、LGBTQが安心できる店舗運営を開始
ウエルシアホールディングスとP&Gジャパンは、性的少数者(LGBTQ)が安心して買い物ができる環境整備などに取り組む。店舗スタッフなどに向けたハンドブックを作成した。(2023/5/15)

Apple Watch用の新バンド「プライドエディション」登場 カラフルなiOS壁紙も
AppleはApple Watch用の新しいプライドエディションバンドを発表した。価格は6800円(税込み)だ。毎年6月のプライド月間を迎えるにあたり、登場した。Appleは新しいプライドセレブレーション文字盤とiOS壁紙を来週以降に提供する。(2023/5/10)

歌舞伎町ならではの特徴:
1泊300万円の最上級ルームも 「東急歌舞伎町タワー」にオープンするホテルの狙い
東急歌舞伎町タワー内に2つのホテルがある。5月19日にオープンするが、どういった特徴があるのか。ホテルの副総支配人に話を聞いた。(2023/5/9)

相談体制も強化:
ローソン、同性パートナーでも社宅入居可能に 新たなLGBTQ施策を導入
ローソンが新たなLGBTQ施策を導入すると発表した。同性パートナーでも社宅入居できるようにする。また、当事者などに向けた相談窓口なども設置する。(2023/5/1)

職場で「生きづらさ感じる」LGBTQ+、非当事者の約1.5倍 職場に求めることは?
Indeed Japan(東京都港区)は、全国のLGBTQ+当事者を対象に「仕事や職場に関する意識調査」を実施した。その結果、やりたい仕事に就く・やりたい仕事を辞めずに続けられるように職場に求めること1位は「差別的な発言や行動する上司・同僚がいない」だった。(2023/4/28)

今日のリサーチ:
行動科学による社会課題解決型の行動促進で創出される市場規模は約11兆円強―― EYSC試算
行動経済学や心理学といった行動科学のアプローチで生活者の行動変容を促すことで、新たな市場が拡大していくようです。(2023/4/26)

“4回転の神”マリニン、炎上中の「ゲイの方が採点時に有利」発言を謝罪 インスタ配信中の言葉が「差別的」と批判
羽生結弦さんに関する発言も。(2023/4/24)

バービー、東京レインボープライド参加でド派手なドラァグクイーン姿を披露「夢叶いました!!!」
ドラァグクイーンと一緒にパフォーマンスしました。(2023/4/24)

約200校が採用を検討:
ジェンダーレス水着、中学校でテスト販売した結果は? 教師が語った切実なニーズ
フットマークは、男女デザインが同じジェンダーレス水着「男女共用セパレーツ水着」の本格販売を開始した。2022年に商品概要を発表し、話題になっていた。テスト販売をした学校からはどんな声が寄せられたのか。(2023/4/19)

Twitter、ヘイト行為禁止ルールからLGBTQなどの標的例に関する文言を削除
Twitterは「ヘイト行為」に関するヘルプセンターの文言を密かに変更した。標的にしてはいけない対象を具体的に示す部分とトランスジェンダーの個人に関する言及が削除された。イーロン・マスク氏はTwitter買収後、トランスフォビアなユーザーの凍結解除を行った。(2023/4/19)

ヘアオートノミー:
「TPOにこだわらないで」 ユニリーバの入社式、カラフルな髪色を認めた理由
新年度がスタートした。4月1日に続き、週明け3日も多くの企業で入社式が開かれた。入社式といえば、スーツに身を包み、派手な髪色を控えて出席するイメージを持つ人が今も多くいるかもしれない。こうした従来の価値観を覆す入社式が、都内で開かれた。(2023/4/3)

唯一無二の衣装を生み出すサンディ・パウエル、英アカデミー賞でもセンス爆発
3月31日公開の映画「生きる LIVING」でも天才的なセンスを発揮。(2023/3/31)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「あの会社なら、パワハラくらいあるだろう」って本気? 見捨てられる、命を削る人々
大手不動産企業の役員が起こしたとされるパワハラ事件について「あの会社なら、あるだろうね」「不動産業界はどこもこんな感じ」といったコメントが相次いだ。こうした周囲の視線がはらむ危険性、そして日本からパワハラが減らない理由とは?(2023/3/24)

ダイバーシティ推進:
変わる「企業の制服」 ジェンダーレス化や廃止の波、各社の対応は?
企業の制服が、変化を続けている。ダイバーシティ推進を受け、ジェンダーレス化や廃止の動きも目立つ。本記事では、制服を巡る各社の動向をまとめた。(2023/3/23)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
部下と組織の働きがいを醸成するコミュニケーションとマネジメント「働きがい心理学」
組織として成果をあげていくために重要な、メンバー一人ひとりの「働きがい」。多様性の時代に、さまざまな個性を持つメンバーに働きがいを感じさせていくためにはどのようなコミュニケーションが必要なのだろうか。働きがい創造研究所の田岡英明氏に話を聞いた。(2023/3/15)

橋本愛、トランス女性への発言を謝罪 「学びの機会をくださり、本当にありがとうございます」
トランスジェンダー女性を巡る発言が差別と非難されたことを受け。【訂正あり】(2023/3/6)

ドン・キホーテ運営会社、低用量ピルの費用全額負担 導入の背景を聞いた「みんな人には言わないけれど、生理痛に悩んでいる」
制度を導入した背景を聞きました。(2023/3/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。