ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

「LGBT」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Lesbian, Gay, Bisexual & Transgender

“みんな”が買い物に行きたくなるバリアフリーな試着室 「このようなフィッティングルームが当たり前になったらいいな」
車いすユーザーによるレポート動画が参考になります。(2019/10/9)

ジャスティン・ビーバー「結婚式のタキシード選びを手伝ってくれ」 個性的すぎる候補に世界が仰天
ジャスティンがジャスティンしてる。(2019/9/27)

IT基礎英語:
三人称単数としての「they」、性別多様化の時代に対応
theyは三人称複数のはず。だけど、その用法が変わってきているのだ。(2019/9/26)

9月27日開業「COREDO室町テラス」:
“日本×台湾”の書店が面白い「誠品生活日本橋」 交流を生み出す仕掛けとは
三井不動産は9月27日、東京・日本橋の商業施設「COREDO室町テラス」をオープンする。書店を中心とした台湾発のライフスタイル提案型店舗「誠品生活」が日本初出店。多様な人やモノが集まる街・日本橋の象徴の一つとなりそうだ。(2019/9/26)

パンテーン、「令和の就活ヘアをもっと自由に」広告キャンペーンを展開 令和初の内定式に向け
賛同企業の人事担当者からのコメントも。(2019/9/23)

メディアドゥの社長はなぜ、マイノリティーの登用を恐れないのか 情シス部長に50代半ばの女性、ベトナム人採用の背景
情シス部長に50代半ばの女性を登用し、ベトナム人エンジニアを採用する――。メディアドゥホールディングスの社長、藤田恭嗣さんはなぜ、マイノリティーの登用を恐れないのか。(2019/9/13)

深夜ドラマ人気 「セミオトコ」「だから私は推しました」「百合だのかんだの」……Twitterで話題
深夜ドラマが元気だ。今夏シーズンは、実力派の脚本家が手がけるオリジナルドラマ「だから私は推しました」や「セミオトコ」「百合だのかんだの」が並ぶ。小説やコミック、海外ドラマなどの原作ものではなく、脚本家が自由につむぐドラマには、現代の女性像などがリアルに描かれているのも特徴。リアルタイムでSNSで話題になるなど、若者を中心に人気のようだ。(2019/9/6)

プールの授業が苦手なLGBTの生徒のために体育教師がついたウソ エッセイ漫画「あさな君はノンケじゃない!」インタビュー
「『どうやったらこの子に単位を取らせてあげられるか?』を純粋に考えてくれたのかな」。(2019/10/11)

ゲイだからこそ“飲み会の男同士のキスコール”で傷つくことも エッセイ漫画「あさな君はノンケじゃない!」インタビュー
「こういうときにふと、世間の前提条件というものを実感してしまいますね」。(2019/9/27)

LGBTが思う、よくある質問「彼女いるの?」の難しさ エッセイ漫画「あさな君はノンケじゃない!」インタビュー
「彼女はいません! ゲイなので!」と言っても言わなくてもいい環境ができたら。(2019/9/20)

動画の世紀:
香港で目撃した創造的デモとYouTube 過激なアカウントは取り締まれるか
香港のデモを現地で目撃した筆者が考えた、YouTubeと規制との関係。(2019/8/30)

LGBTQチャンネル運営のYouTuberがGoogleとYouTubeを提訴 差別を主張
YouTubeが不公正にLGBTQ動画の収益化を停止し、動画を制限していると主張しています。(2019/8/15)

『セブンティーン』お悩み相談に上野千鶴子さんが登場 編集長に企画の背景を聞いてみた
「我慢をしない娘たち」が時代を変える!?(2019/8/3)

ビッグウエーブ来てるな! ドラマ「偽装不倫」で注目の宮沢氷魚、初主演映画「his」で男性同士の恋愛描く
監督は「愛がなんだ」の今泉力哉さん。(2019/7/30)

Googleさん:
Googleにプライドパレードの資格なし?
6月30日に盛大に開催されるサンフランシスコのプライドパレード。毎年参加しているGoogleチームとは別に、GooglerたちがGoogleのYouTubeでのLGBTQ対応に抗議するために別チームとして参加します。(2019/6/30)

「どんどん綺麗さが増してますね」 50歳を迎えたKABA.ちゃん、小川菜摘に誕生日を祝われた写真に反響
どこからどう見てもキレイなお姉さんになったKABA.ちゃん。(2019/6/19)

トランスジェンダー差別を指摘された東大教授が批判に応答 「執筆意図が明瞭に伝わるように書くべきでした」
東京大学関連教員有志から批判されていました。(2019/6/13)

YouTubeのCEO、LGBTQコミュニティに謝罪するも「決定は間違っていない」
ゲイのジャーナリストがYouTubeに対し、極右YouTuberの自分への嫌がらせ動画の対策を求めたが、YouTubeは動画を削除しないことについて、YouTubeのCEOがLGBTQコミュニティを傷つけたことについては謝罪したが、削除しない決定は間違っていないと語った。(2019/6/11)

ゲイと腐女子の恋の結末、「QUEEN」楽曲に込められた意味とは?  攻めたNHK「腐女子、うっかりゲイに告る。」最終回
ゲイの悩みを真っ正面から取り上げた佳作だった。(2019/6/10)

「腐女子、うっかりゲイに告る。」7話大演説を考察 体育館の壇上から「We Will Rock You」に乗せて腐女子をカミングアウト
紗枝の演説スキル、高すぎるよ!(2019/6/8)

「大学1年生の恋愛」の生々しい質感が刺さる 青春ガールズラブ漫画『付き合ってあげてもいいかな』のリアル
18歳の生々しいエネルギー。【1話試し読みあり】(2019/6/7)

YouTube、差別的な動画禁止を強化するコミュニティガイドライン改定
YouTubeが、ナチズム賞賛や同性愛者差別などの動画を禁止するポリシーの「コミュニティガイドライン」を改定し、既存の動画も削除していくと発表した。(2019/6/6)

当事者性の欠落がもたらすもの:
川崎殺傷で問う「事件と引きこもり」報道の危うさ 当事者団体に聞く
川崎の無差別殺傷事件などで「引きこもり」というワードが浮上。属性と犯罪を結び付けるような報道に当事者団体が危惧している。真の問題点について聞いた。(2019/6/4)

東大教授のトランスジェンダー差別記事に東大教員有志が抗議 TOCANA編集部は「抗議に応答する予定はある」
※2019年6月17日に追記を行いました。(2019/5/30)

声優・緒方恵美、新宿ゴールデン街でゲイ男性から痴漢被害 LGBTの“許されやすい風潮”を疑問視で反響
人としてダメだ。(2019/5/24)

台湾、アジア初の同性婚合法化 蔡総統「私たちは真の平等への大きな一歩を踏み出しました」
同性カップルも夫婦と同等のパートナーとして結婚の登録ができるように。(2019/5/17)

京大吉田寮のトイレ・シャワー室が「男女別」で分けられていない理由
学生らが目指す、性別問わず安心できる空間。(2019/5/18)

仕事ぶりに迫る:
映画のヒット「請負人」、水戸市係長が明かすロケ地の極意
低予算で制作するインディーズ映画の業界で「ヒット請負人」と呼ばれる自治体職員がいる。水戸市みとの魅力発信課係長、平戸正英さん(36)がその人だ。2本の低予算映画を異例のヒットに導き、制作陣からの信頼も厚い。最適なロケ地を選び抜いて作品の魅力を引き出す平戸さんの仕事ぶりに迫った。(2019/5/14)

「純粋な男?」歩行者に胸触り質問 生放送でコメンテーター激怒「個人のセクシャリティにそういう形で踏み込むべきじゃない」
【追記】ローカル番組ながらSNSで話題に。(2019/5/11)

“ゲイの本音”に挑む2話「腐女子、うっかりゲイに告る。」 全部が欲しくて苦悩のゲイに腐女子が告白しちゃった
「母さん、はやく孫が見たいなぁ〜」オカンの願いのために女性を抱けるのか?(2019/5/4)

「ヘイSiri、私を妻と呼んで」 SiriとAlexaが同性婚をする動画があなたの価値観を揺さぶる
結婚を望むすべての人(とAI)に自由な選択肢を!(2019/4/29)

古田新太が女装家の教師を快演。土10「俺のスカート、どこ行った?」はジェンダーバイアスを恐れない傑作の予感
バイアスがあるのはしょうがない、だけど、変えていこう、そのたびごとに考えていこうという意志。(2019/4/27)

「Peing-質問箱-」コミュニティ内で自由に質問→回答できる新機能 フォロワー以外との匿名コミュニケーションが可能に
これまでの機能とは違う方向性。(2019/4/13)

Googleさん:
GoogleはAI倫理の多様性のために「多様性の敵」を取り入れるべきか
AIの先端を行くGoogleが、自社のAIの取り組みについて監視・アドバイスしてもらう第三者諮問委員会を立ち上げ、わずか10日後に解散。何があったのか。(2019/4/7)

Google、AI倫理諮問委員会「ATEAC」解散 メンバーに問題ありとの反対を受け
Googleが、AI倫理原則順守目的として3月末に立ち上げた外部諮問委員会ATEACを早々に解散する。メンバーとして反LGBTQ発言を繰り返す保守系シンクタンクの所長やかつて米軍からドローンの仕事を請け負った企業のCEOを指名したことに内外からの批判が高まっていた。(2019/4/5)

ついにスタート、西島秀俊×内野聖陽「きのう何食べた?」。奇跡なんか起こらない普通の食事ドラマ、料理もちょっと地味、だがそこがいい
4月5日24時12分に放送開始。(2019/4/5)

GoogleのAI諮問委員会ATEACに「待った」 反LGBTQなメンバー除名の署名運動
GoogleがAI倫理を守る目的で立ち上げた諮問委員会ATEACのメンバーとして、保守系シンクタンクの所長を指名したのは不適切だとして、Google従業員有志が除名を求める署名運動を開始した。(2019/4/2)

平成日本の最期:
働き方改革は「平成の戦艦大和」になるのか
「平成最後の月」となる2019年4月、いよいよ高度プロフェッショナル制度(高プロ)が施行される――。(2019/3/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
「隠すことは何もない」? ネットの“のぞき見”、鈍感さに潜む危険
タクシーの配車アプリなど、ネット上のプライバシー問題が注目されている。この問題について「隠すことは何もないから気にしない」という主張が根強くあるが、本当にそれでいいのか。自分の情報を“見られる”ことの本当の問題とは?(2019/3/28)

「本当に死ななくてよかった」 オネエタレントのゆしん、多額借金や自殺未遂の過去を明かす
壮絶だ……。(2019/3/25)

「私の子であって私とは違う一人の人間」 子どもを尊重する母親描いた漫画に「距離感は大事」と共感の嵐
親子でも一定の距離感は必要。(2019/3/18)

ディズニー、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」監督のクビ撤回 ジェームズ・ガン「心の底から、ありがとう」
異例の撤回。(2019/3/16)

水曜インタビュー劇場(ZZZ公演):
えっ、添い寝してくれる? サービスを考えた大学生に話を聞いた
ちょっと、びっくりするサービスが登場した。「添い寝」だ。言葉の響きからは「ヤバいのでは」「やらしいのでは」と感じるかもしれないが、具体的にどんなことを行っているのか。サービスを立ち上げた、現役の大学生に話を聞いたところ……。(2019/3/13)

インバウンドリクルーティング入門 第2回:
HubSpotに学ぶインバウンドリクルーティング事例
デジタル時代の人材採用に求められる「インバウンド」の思想。今回はHubSpotの実践例に学びます。(2019/3/6)

「会ったことはないけれど、魔夜峰央先生は私の“恩師”」――千葉の女がMOVIXさいたまで「翔んで埼玉」を見た話
大事なことはだいたいみんな、魔夜作品から教わった。(2019/3/1)

なぜバイトテロは大炎上するのか:
日本のタブーに触れた「バカッター」たち
繰り返されるバカッター騒動、バイトテロは、日本のタブーである「食べ物を大事に」に触れたから炎上した。欧米で、人種差別や動物虐待が炎上しやすいように、日本では「食べ物」がポイントだ。(2019/2/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
スターバックス元CEOの嫌われっぷりを加速させる「大迷惑」な挑戦
米スターバックスのハワード・シュルツ前CEOが2020年の大統領選に出馬する意向を示し、騒動になっている。トランプ大統領の再選を阻止したい有権者にとっては大きな迷惑となり、「出馬するな」という声が飛び交う。シュルツはなぜこんなにも嫌われているのか。(2019/2/7)

ゲイばかりが孤独、というわけでもない 田亀源五郎『僕らの色彩』が描くそれぞれの孤独
『弟の夫』の田亀源五郎最新作は、ゲイの高校生の繊細な心を描く。(2019/1/22)

TOTOがLGBT向けに調査:
トランスジェンダーの3割「トイレに入る際の視線でストレス」
TOTOの調査でトランスジェンダーの3割がトイレに入る際の周囲の視線でストレスを感じていると明らかに。多くが中学生までにトイレに違和感を持っていた。(2019/1/16)

今日のリサーチ:
「LGBT」という言葉の浸透率は7割弱――電通ダイバーシティ・ラボ調査
電通のダイバーシティ&インクルージョン領域に対応する専門組織による調査です。(2019/1/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。