ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LINE LIVE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「LINE LIVE」に関する情報が集まったページです。

女子高生YouTuberを「LINE LIVE」で脅迫 容疑で24歳の男逮捕
動画配信アプリ「LINE LIVE」で、人気YouTuberの女子高校生を脅したとして、警視庁捜査1課は脅迫容疑で、東京都八王子市東浅川町の男を逮捕した。調べに対し「自分のフォロワーが増えるのがうれしかった」などと容疑を認めている。(2021/9/17)

ソフトバンクが9月14日10時から「新サービスなどに関する発表会」を開催 ライブ中継もあり
ソフトバンクが9月14日10時から、新サービスや5Gエリアに関する発表会を開催することを明らかにした。発表会の模様は、YouTubeなどでライブ中継される。(2021/9/10)

KDDI、9月13日に「新サービス発表会」を開催
KDDIが、9月13日10時(予定)に「新サービス発表会」をオンラインで開催する。当日は高橋誠社長が登壇してプレゼンテーションを行う。一般ユーザー向けには、YouTube LIVE、Twitter、LINE LIVE、Clusterで配信する。(2021/9/6)

武田双雲、“積極的不登校”の16歳長男がアメリカで学生生活をスタート 息子の笑顔に「かなり溶け込んどる」
旅立ちの日には涙を流していた武田さん。(2021/8/28)

武田双雲、“積極的不登校”の高1長男がアメリカ留学に出発 「今日はダメだぁ……」と惜別の男泣き
家族を力強く抱きしめる智生さん。(2021/8/16)

「GYAO!」「LINE MUSIC」など集約 新会社「Z Entertainment」が2021年度上半期から事業開始
「GYAO!」「LINE MUSIC」などを統括する新会社「Z Entertainment」が2021年度上半期から事業をスタートする。(2021/4/28)

ヤフーとLINEが経営統合 “新生”Zホールディングス誕生 AIに積極投資、2023年度に売上2兆円目指す
Zホールディングス(ZHD)が傘下のヤフーとLINEが3月1日付で経営統合したと発表した。2社のサービスの国内総ユーザー数は3億人超、従業員数はグループ全体で約2万3000人となり、国内最大規模のWebサービス企業が誕生した。(2021/3/2)

ゴールデンボンバー、個人の配信での音源利用を申請不要に 「BGMにお困りのライバーさん居ましたら是非!」
ライバーの困りごとまで知っている鬼龍院さん、すごい。(2020/12/2)

ゴールデンボンバー、動画配信で楽曲そのまま流してOK 個人向けのガイドラインを公開
ユークリッドエージェンシーが、4人組エアバンド「ゴールデンボンバー」の楽曲利用に関するガイドラインを公開。個人の利用であれば動画のBGMや、替え歌の原曲などにCDやダウンロード配信の音源をそのまま使える。(2020/12/2)

「エヴァンゲリオン」が25周年 新劇場版をLINE LIVEで無償配信、キャストのお祝いコメントも
25周年記念画像も配布しています。(2020/10/4)

LINEとUUUMが包括的クリエイターパートナー契約 オリジナル動画を展開
第1弾として、はねまりチャンネルや、かわにしみき、タケヤキ翔、北の打ち師達などのUUUMクリエイター30人以上が参加。(2020/8/17)

LINEの「タイムライン」で投稿者が収益得られるサービス開始へ 人気YouTuberも参加
LINEアプリの「タイムライン」機能で今秋をめどに、オリジナル動画などのコンテンツ投稿をしたクリエイターが収益を得られる仕組みが提供される。人気YouTuberなどにコンテンツを投稿してもらう計画で、UUUMと包括的クリエイターパートナー契約を結んだ。(2020/8/17)

LINE、JASRACと包括契約 公式アカウントから楽曲配信可能に
LINEがJASRACと包括契約。LINE MUSICは既にJASRACと契約していたが、親会社のLINEも契約することで、LINEの企業公式アカウントやアーティスト公式アカウントから楽曲配信できるようになる。(2020/8/11)

圧倒的なライブ感 サザンの無観客ライブは、withコロナ時代の新たな可能性を見せてくれた
サザンオールスターズの無観客ドームライブ。軽い好奇心から視聴して、筆者は心を持って行かれた。自分が会場にいるかのような生々しいライブの感覚を、自宅のテレビの前で味わった。(2020/6/26)

LINE、デジタルトレーディングカードに参入 ユーザー間の売買も可能 「コロナ禍に悩むクリエイターに新たなマーケットを」
LINEが、オンラインでトレーディングカードを収集できるスマホアプリを2020年夏にリリースすると発表。アイドルやインフルエンサーなどを映したデジタルカードを販売するサービス。ユーザー同士が自由にカードを売買でき、取引の際にはコンテンツの権利者にも収益が発生する。「コロナ禍に悩むクリエイターやコンテンツ事業者に新たなマーケットを提供する」という。(2020/6/16)

専門家のイロメガネ:
元グラビアアイドルが語る、SNSの有名税と誹謗中傷 テラスハウス問題の本質とは
13年間グラビアアイドルとして活動してきた間、活躍するために、そして生き残るために、ネットをいかに活用するかは最も重要だった。「嫌ならSNSを辞めればいい」というものがある。真正面から答えるなら「簡単に言わないで欲しい」の一言だ。芸能活動でSNSは命といっても過言ではないからだ。(2020/6/16)

オンラインで「推し」と1対1で話せるサービス、LINEが8月スタート
1対1のコミュニケーション、フェイスフィルターを使った撮影会なども可能。(2020/6/5)

「つながり続けること」の重要性:
LINE広告の2020年の現況と新型コロナウイルス感染拡大下でのLINEの取り組み
「LINE Biz Online Conference」で明かされたLINEの広告ビジネスに関する概況と最新アップデートについてまとめた。(2020/4/20)

東京ガールズコレクション(TGC2020S/S)、新型コロナ影響で無観客開催に にこるんも「どう歩くか緊張するな」と反応
当日の様子はLINE LIVEで配信される予定。(2020/2/26)

LINEとUUUMが協業 LINE LIVE配信者を育成、グッズ販売などサポート
LINE LIVEで、配信者を育成する取り組み「LIVER Support Program」がスタート。YouTuber事務所を運営するUUUMと協業し、マネジメントを行う。(2020/1/9)

今日のリサーチ:
若者はなぜ「ライブ動画」を視聴するのか――ライムライト・ネットワークス・ジャパン調べ
ライムライト・ネットワークス・ジャパンがコンテンツの視聴動向に関する調査結果を発表しました。10代、20代の女性を中心に「ライブ動画」の視聴が広まっているようです。(2019/11/21)

「素敵な肉体美」「相変わらずチャレンジャー」 金爆・樽美酒研二、前代未聞の無人島ライブ成功を“完ケツ”ショットで報告
これにて完ケツ!(2019/11/17)

最大4600万人にリーチ可能:
LINEがアドネットワークサービスを提供、「AbemaTV」「TikTok」を含む4600超の外部アプリへ広告配信
4600超の外部アプリメディアへの広告配信が可能に。(2019/8/1)

あなたはNERV派? WILLE派? 「シン・エヴァンゲリオン劇場版」アプリ配信開始 映像解禁“0706作戦”詳細も
究極の選択。(2019/7/1)

LINE CONFERENCE 2019:
朝起きてから寝るまでをサポート LINEが目指す“Life on LINE”戦略
LINEが6月27日、最新のテクノロジーやサービスを披露する「LINE CONFERENCE 2019」を開催した。同社は「Life on LINE」という戦略を掲げ、ユーザーの1日をサポートできるよう、多彩なサービスを展開する。キーになる技術は「オフライン」「フィンテック」「AI」の3つだ。(2019/6/28)

「2019年サンリオキャラクター大賞」1位はハローキティ 3連覇がかかっていたシナモロールは2位に
キティさんの1位は6年ぶりです。(2019/6/4)

渋谷公会堂の新名称は「LINE CUBE SHIBUYA」 電子チケットなど導入 初公演はPerfume
LINEが渋谷公会堂の新名称をINE CUBE SHIBUYA」に決定。6月1日付で変更し、2029年3月までの9年10カ月間にわたって使用する。こけら落とし公演として、音楽ユニットPerfumeのライブを開催する。(2019/5/14)

iOS版「LINE LIVE」にスクリーン配信機能 スマホ1台でゲーム実況が配信可能に
Android版は今後実装予定。(2019/4/13)

ゴールデンボンバー、新元号ソング「令和」を爆速発表! 「紅白決定」「時代の幕開け感がすごい」と大反響を呼ぶ
仕事早すぎるって!(2019/4/1)

ユーザーと金融の間にある“ギャップ”を埋めるために:
PR:LINEがチャレンジするのは“誰も経験したことのない領域の金融サービス”の実現――そこに求められるエンジニア像とは
コミュニケーションアプリで国内7900万の月間アクティブユーザーを抱えるLINEが、金融サービス事業へ本格参入し、話題を呼んでいる。同事業をリードしているのは、LINEのグループ会社として2018年1月に設立されたLINE Financialだ。LINEはなぜここにきて金融サービス事業に力を入れ始めたのか。今回から3回に分けて、LINE Financialの役割と狙い、そこで働くエンジニアの声を紹介する。第1回は、LINE Financialで開発室 室長を務める池田英和氏に、同社のビジネスビジョンと求めるエンジニア像について話を伺った。(2019/3/1)

ゲーム「二ノ国」が完全オリジナルでアニメ映画化 主演は声優初挑戦の山崎賢人「まさか声の仕事がいただけるとは」
「声優さんにはいつも尊敬していて挑戦してみたかった」と山崎さん。(2019/2/10)

渋谷公会堂の命名権、LINEが取得 2019年新装オープン
LINEが渋谷公会堂の命名権を取得した。新名称は決定し次第発表予定。(2018/12/12)

渋谷公会堂のネーミングライツをLINEが取得 2019年秋に開設、アミューズらと3社合同で施設運営も
過去にはサントリーが取得して「渋谷C.C.Lemonホール」と命名されている時期がありました。(2018/12/12)

LINE NEWSが“今年の顔”決める「NEWS AWARDS 2018」開催へ 齋藤飛鳥、吉沢亮ら35人ノミネート
イベントは12月10日。LINE LIVEでもライブ配信。(2018/12/3)

ライブ配信「LINE LIVE」にカラオケ機能 オーディションも開催
LINE LIVEにカラオケ機能が追加。「JOYSOUND」のエクシングと提携し、星野源さんの「恋」、DA PUMPの「U.S.A.」などの人気曲をそろえる。(2018/11/9)

「流石に動きます」 10周年のノースリーブス、初の単独ライブイベント決定 「ダンスも歌もほぼ覚えてません」
1stアルバムのジャケ写を再現したビジュアルがエモい。(2018/10/12)

「LINEチケット」開始 100%電子チケット、公式リセール機能で不正転売防止
音楽ライブやスポーツなどのチケットをLINEから手軽に購入できるサービス「LINEチケット」開始。電子チケットのみを扱い、公式リセール機能も実装。ユーザーの利便性を担保しながら不正な高額転売を防ぐ。(2018/10/10)

TGC2018A/W:
中条あやみのキスに「最高かよ」「可愛すぎ」 大政絢、藤田ニコル、新川優愛、高橋ひかる出演のTGCランウェイ一気見(後編)
【画像185枚超】で振り返ります!(2018/9/11)

体当たりッ!スマート家電事始め:
もしかして「日本人に一番近いAI」になる? LINE「Clova」のココに注目
LINEは6月、ディスプレイ付きスマートスピーカー「Clova Desk」に車載向けAIプラットフォームなど「Clova」のこれからに向けた数々の施策を発表した。今後、「Clova」は何を目指すのか。同社のキーパーソン達に展望を聞いた。(2018/8/2)

セイラさんも太鼓判 AIロボット「ハロ」、予約は25日から
バンダイのAI搭載ロボット「ハロ」が7月25日午前11時に予約を開始。販売直前イベントで、声優の潘めぐみさんがその魅力を語った。(2018/7/24)

LINE、「Clova」スキルの開発キットを公開 外部企業と連携強化
LINEは、AIアシスタント「Clova」に搭載するスキル(機能)を、サードパーティーの外部企業や開発者が作成できる「Clova Extensions Kit」を7月中に公開する。(2018/6/28)

LINE、液晶ディスプレイ搭載スマートスピーカー「Clova Desk」今冬発売
LINEが、液晶ディスプレイを搭載したスマートスピーカー「Clova Desk」を今冬に発売する。本体にカメラを搭載し、メッセージアプリ「LINE」のビデオ通話とも連携する。(2018/6/28)

旅行プラン比較「LINEトラベル」スタート 250超の旅行サイトに対応
LINEは、メッセージアプリ「LINE」上で、日本国内・海外の旅行プランを比較して検索、予約できるサービス「LINEトラベル」の提供を始める。(2018/6/28)

電子チケット「LINE チケット」今秋スタート 不正転売防ぐ
LINEが、電子チケットサービス「LINE チケット」の提供を今秋に始める。(2018/6/28)

無料動画サイトは「YouTube」の圧勝:
「よく見る有料動画サイト」ランキング、2位はHulu 1位は……?
国内のユーザーが最もよく見る有料動画サイトは?――インプレス総合研究所調べ(2018/6/18)

GWは「みずがめ座イータ流星群」を見てみよう! 特徴と観察のコツ
「5月7日の午前3時頃」が狙い目。(2018/5/3)

動画配信者からスター発掘 C Channelがオーディションアプリ「mysta」本格始動
C Channelが、集英社や松竹などと動画視聴アプリ「mysta」の本格展開を始めた。視聴者の応援に応じて動画に順位が付き、上位者にはイベント出演など活躍の場を用意する。(2018/4/25)

TGC2018 S/S:
山下智久、欅坂46、セリーヌ・ファラクがアーティストステージに登場 大トリBLACKPINK「光栄です!」
3万人に「Rock you!!」(2018/4/1)

課金すると“推し”に高級肉が届く? 女性ファンの熱量をカロリーに変えるバンナムの動画配信サービス
バンダイナムコエンターテインメントが2018年春、動画配信サービスに本格参入する。「俳優たちが寝食を共にしながら映画制作するのを24時間放送し続ける」「視聴者の応援がキャスティングにつながる」など、型破りな番組を予定しているが、その狙いは。(2018/3/14)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
Facebookの継続利用率は案外低い? 主要SNSの利用実態──アライドアーキテクツ調査
Facebook、TwitterなどをはじめとするSNSの利用実態はどうなっているのか。「調査のチカラ」より、気になる調査データを紹介します。(2018/3/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。