ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

「LITEON」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「LITEON」に関する情報が集まったページです。

週末アキバ特価レポート:
「冬のボーナス需要もあってM.2 SSDの人気が加速」――アキバのSSD事情
最近の週末特価ではSATAやM.2のSSDが目立っている。低価格帯ではSUNEAST、高価格帯ではサムスンが値下がりをけん引しているようで、街全体がお買い得だ。(2018/11/17)

週末アキバ特価レポート:
短冊に願いごとでTITAN Xpが当たるかも!?
ドスパラ秋葉原本店が七夕キャンペーンを土曜日から実施する。願いごとを書くと抽選で「TITAN Xp Collexctor's Edition Star Wars Galactic Empire」が当たるという。(2018/7/7)

週末アキバ特価リポート:
240GB SSDが税込み5680円に 夏休みもフラッシュが安い
値上がり要素は様々あれど、SSDなどのフラッシュ系パーツの週末特価をみると、以前と同じ水準をキープしている様子だ。夏休みにアキバを訪れる人にも朗報。(2016/8/6)

週末アキバ特価リポート!:
ポケモンGO効果 アキバのパーツショップにも
日本でポケモンGOがスタートして一週間。直接的な関連は薄そうなPCパーツショップでも、影響が表に出てきている。バッテリーと自転車ホルダーはすでに品薄気味だ。(2016/7/30)

週末アキバ特価リポート:
パソコン工房 秋葉原BUYMORE店が誕生!
BUY MORE秋葉原本店の店名変更や、パソコンSHOPアークの店内改装に伴い、週末にリニューアルキャンペーンを実施する。普段以上にお得な特価品が見つかるかもしれない。(2016/7/23)

週末アキバ特価リポート:
Intel SSD 750の400GBが超特価の税込み3万6000円に
NVMe SSD「Intel SSD 750」シリーズが大幅に安くなっており、ブーム再燃の兆しすらみせている。また、ほかのSSDやメモリの特価も値上げを踏みとどまって奮闘中だ。(2016/7/9)

週末アキバ特価リポート:
SSDの値下がり止まらず 240GBで6000円台半ばに
メモリやSSD、メモリカードなどのフラッシュ系は「今年に入って底知らず」と言われるように、長期的に安くなっている。なかでも今週末に注目したいのは240GB級のSSDだ。(2016/5/14)

まさにワークステーション品質:
PR:プロクリエイター待望のスーパーマシン「Endeavor Pro8100」登場
エプソンダイレクトの「Endeavor Pro8100」は、「Haswell-E」の開発コードネームで知られるウルトラハイエンドCPUを採用した最新のタワー型シリーズだ。マニアなコンシューマーユーザーはもちろん、プロのクリエイターやエンジニアをも満足させるワークステーションクオリティのパフォーマンスと信頼性を備えたスーパーマシンの魅力に迫る。(2014/11/19)

製品解剖:
「Xbox One」を分解
2013年11月に発売されたマイクロソフトの最新ゲーム機「Xbox One」。ほぼ同時期に発売されたソニーの「プレイステーション4(PS4)」と何かと比較されることが多いXbox Oneだが、メモリなど、PS4にやや劣る部分もあるようだ。(2013/12/5)

Core i7+SSD RAIDのハイスペック仕様:
13.3型フルHDで11.9ミリ厚の極薄Ultrabook「Aspire S7-391」を試す
メーカー各社が特徴的な形状やギミックを備えたUltrabookを出すなか、日本エイサーは薄さやスペックで勝負するタッチ対応Ultrabook「Aspire S7」シリーズを投入した。デザインや使い勝手にも注力し、Ultrabookの王道とも言える製品に仕上がっている。(2012/11/22)

PLDS、2000円台のSATA内蔵型DVDスーパーマルチドライブ
リンクスインターナショナルは、LITEON製となるSATA内蔵型DVDスーパーマルチドライブ「iHAS524-T07」の取り扱いを開始する。(2012/11/9)

古田雄介のアキバPickUp!:
「各店舗の自負を反映させます」――クレバリー秋葉原店、オープン
秋葉原のクレバリー3店舗が2月末に閉店し、3月から1店舗統合の「クレバリー秋葉原店」として再スタートを切った。フロアには3店舗を凝縮した商品がぎっしり並べられている。(2012/3/5)

OSの設定まで?:
初心者にも優しいオーディオ専用PC、エミライ「acroama」登場
エミライは、ハイレゾ音源対応の音楽再生専用PC「acroama(アクロアーマ)」シリーズを発表した。市販のPCパーツをベースに数々のチューニングを施した音質重視のPCだ。(2011/12/19)

ショップのダメ出し!:
「芸術の秋」っていうし、絵でも描こうぜ――10万円で始めるお絵かきマシン
うだるような残暑も終わり、季節は秋。今回は“芸術の秋”ということで、漫画やイラスト制作の入門用マシンの構成を考え、フェイス秋葉原本店の佐々木氏にダメ出しをもらいにいった。(2011/10/25)

ショップのダメ出し!:
予算は10万円。動作が速くて、見た目も“かわいい”PCがほしいの
クールで知的なPC USERの読者なら(あなたのことですよ!)、女子にPC自作を頼まれることだってあるはずだ。女子の好みは女子に聞け、というわけで、今回は女性PCコンシェルジュがいるというドスパラ パーツ館に向かった。(2011/5/18)

ショップのダメ出し!:
省電力なAVマシンを組もうぜ――春から始めるPC自作ライフ(インテル編)
前回のAMD編に続き、今回も新生活スタートシーズンに合わせた自作PCの構成を、ツートップ秋葉原本店の樋熊氏にダメ出しをしてもらった。今回は10万円の予算でインテル系の構成にチャレンジ!(2011/3/31)

ショップのダメ出し!:
OS込みで10万円。ほう、AMDで自作したい……だと?
あらかじめ作成した自作PCのパーツ構成表を“プロ”の目から厳しくチェックしてもらう突発的な新シリーズ。前回のインテル編に続き、AMD系の構成もダメ出ししてもらった。(2010/2/9)

5分で分かった気になる、8月のアキバ事情:
“7時代”の新チップセットが光った8月のアキバ
秋葉原ではAMD 785Gマザーの登場とP55マザーの展示が話題を集め、Windows 7へ向けた新マシン構築の需要が漂い始めている。低価格なBDドライブやハイエンドケースの新製品も脚光を浴びた。(2009/9/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
「インテルがアップをはじめました」――P55マザーを主役に深夜販売が行われる?
Windows 7発売を前に、インテルから強力な起爆剤が投入される可能性が高い。まもなくの登場が期待されるP55マザー周辺に「深夜販売」の文字が並ぶようになってきた。(2009/8/31)

5分で分かった気になる、7月のアキバ事情:
将来の「ヒットの種」がたくさんまかれた7月のアキバ
新旧入れ替わりの匂いがした6月に続き、7月は「P55マザー」や「WiMAX」、「USB 3.0」など、今後のPC市場で注目を集めそうなキーワードが目立っていた。どの芽が花咲き、実がなるか?(2009/8/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
大物は秋以降……それでも夏休みに買うべきパーツとは?
インテル主催イベント「Intel in Akiba 2009 Summer」で一般公開されたP55マザーは秋の登場が濃厚。Windows 7も10月22日解禁だ。となると、夏休みに買うべきものは……。(2009/7/13)

LITEON、24倍速記録対応のSATA内蔵型DVDスーパーマルチドライブ
リンクスインターナショナルは、LITEON製となるSerial ATA内蔵型DVDスーパーマルチドライブ「IHAS324-32」を発表。1層DVD±R 24倍速書き込みをサポートする。(2009/6/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
「バリエーションが増えました」――いま注目すべきSSDは?
ExpressCard型やPCI Express型など個性派のSSDが注目を集める一方で、1GバイトのUSBメモリが350円で販売され、フラッシュメモリ関連パーツの広がりはとどまるところを知らない。(2009/5/25)

古田雄介のアキバPickUp!:
「で、初登場の1.5TバイトHDDが2万円切りなわけですよ」
値下がりが続くHDDに最大容量の1.5Tバイトモデルが加わった。ハイエンドモデルの“初物”は値が張るのが常だが、なんと1万円台で売るショップも。今、アキバではあらゆるパーツがハイスピードで値下がりに向かっているのだ。(2008/10/13)

今すぐ使えるアキバワード Vol.38:
全ロム【ぜん-ろむ】
アキバでは聞き慣れない単語を耳にすることがある。製品や規格の略称、店員同士の隠語、ちょっと“通”な注文の仕方など、そんな「アキバワード」をチェックしよう。(2008/7/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
“8000円割れ”の500GバイトHDDに「下げすぎじゃない?」の声
円相場の影響でHDDの価格が下落していると言われる自作パーツ市場。500GバイトHDDを1万円以下の激安で販売するショップもあるが、この動きに不安を抱く店員さんは少なくない。(2008/3/15)

LITEON、簡単コピー機能“EZ-DUB”付きのUSB外付けDVDドライブ「DX-20A4PU-01」
リンクスインターナショナルは、LITEON製USB外付けDVDスーパーマルチドライブ「DX-20A4PU-01」の取り扱いを発表した。(2008/2/25)

古田雄介のアキバPickUp!:
猛暑のアキバには、“ペンD”ユーザーが増えるらしい
今年の夏は厳しい暑さとなり、PCパーツショップでは冷却パーツが好調に売れている。以前から注目されていた新型水冷キット「RESERATOR XT」が登場したほか、空冷パーツの売れ行きも好調だ。(2007/8/13)

リンクス、LITEON製20倍速記録対応のUSB外付けDVDドライブ「LH-20A1PX」
リンクスインターナショナルは、1層DVD±R 20倍速記録に対応するUSB外付けDVDスーパーマルチドライブ「LH-20A1PX」を発売する。(2007/4/17)

リンクス、DVD±R 20倍速記録対応のDVDスーパーマルチドライブ
リンクスインターナショナルは、1層DVD±R 20倍速記録に対応したLITEON製DVDスーパーマルチドライブ「LH-20A1S-16」を発売する。(2007/4/2)

LITEON、Serial ATA接続対応の内蔵型Blu-rayドライブ「LH-2B1S」
リンクスインターナショナルは、LITEON製5インチベイ内蔵型Blu-rayディスクドライブ「LH-2B1S」を発売する。(2006/12/18)

リンクス、実売5000円のDVD-RAM 12倍速対応内蔵DVDドライブ「LH-18A1P」
リンクスインターナショナルは、LITEON製ATAPI内蔵DVDスーパーマルチドライブ「LH-18A1P」を発売する。廉価モデルながらDVD-RAM 12倍速記録に対応した。(2006/10/31)

リンクス、ワンタッチ複製ボタン搭載のLITEON製外付けDVDドライブ
リンクスインターナショナルは、ファイル/メディアコピーをワンタッチで行なえる「EZ-DUB」機能を備えるLITEON製USB外付けDVDスーパーマルチドライブ「SHM-165P6SU」を発売する。価格は9600円前後。(2006/3/20)

LITEON、実売6000円台のLightScribe対応DVDスーパーマルチ
リンクスインターナショナルは、2層DVD+R 8倍速記録に対応し、LightScribe機能をサポートするLITEON製DVDスーパーマルチドライブ「SHM-165H6S」を発売する。価格は6500円前後。(2006/2/20)

リンクス、7000円台の4倍速2層DVD±R記録対応DVDドライブ
リンクスインターナショナルは、2層DVD±R 4倍速書き込みに対応するATAPI内蔵型DVD±RWドライブ「LITEON SOHW-1693S」を発表した。価格は7980円前後。(2005/5/16)

リンクス、実売7000円台のLITEON製16倍速DVD±R記録対応DVDドライブ
リンクスインターナショナルは、16倍速DVD±R記録に対応したLITEON製DVDドライブを発売する。価格は7980円前後。(2005/1/26)

リンクス、LITEON製のDL 2.4倍速、DVD±R8倍速対応のポータブルドライブ
リンクスは、DVD+R DL2.4倍速、DVD±R8倍速に対応したLITEON製のポータブルドライブを発表した。価格は1万9800円前後。(2005/1/24)

アイ・オー、52倍速記録対応外付けCD-RWドライブ
アイ・オーは、52倍速記録に対応したUSB2.0外付けCD-RWドライブを発表した。価格は9800円。(2005/1/19)

リンクス、1万円の16倍速DVD+R記録対応LITEON製DVDドライブ
リンクスインターナショナルは、実売価格1万円の16倍速DVD+R記録対応DVDドライブを12月10日より発売する。(2004/12/2)

リンクス、LITEON製内蔵用DVD+R DL対応DVDデュアルドライブ発売
リンクスインターナショナルは、片面2層DVD+R記録に対応したLITEON製内蔵用DVDデュアルドライブを10月15日に発売する。予想実売価格は1万2000円前後(税込み)。(2004/10/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。