ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

Marketing Dive:
Googleが広告業界の救世主になると勝手に期待してはいけない理由
GoogleによるサードパーティーCookie廃止を目前に控え、広告業界はターゲティングや計測の課題を解決する方法を模索している。マーケターが現実的に取り得る手段とはどのようなものか。(2024/2/19)

マーケティング業務の自社主導へのシフトを支援:
NTTデータグループのクニエが「マーケティングリーダーシップ支援サービス」提供開始
デジタル化の進展に伴うマーケティング業務の高度化をはじめ、マーケティング部門の本来業務を自社主導で行う力(マーケティングリーダーシップ)の強化を支援する。(2024/2/16)

Marketing Dive:
2024年、米国ではデータドリブンマーケティングへの投資が360億ドル超え 活気づく広告市場に死角はないか?
Cookieの廃止とコネクテッドコマースの台頭により、マーケターは戦略の転換に本腰を入れようとしている。(2024/2/14)

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
マーケティング学習で陥る3つの罠 「学び方を学んでいない」迷子が多すぎる
マーケティングを学ぶとき、迷子になるマーケターが後を絶ちません。なぜでしょうか? また、学習時に陥りやすい3つの罠についても解説します。(2024/2/14)

間違いだらけの製造業デジタルマーケティング(12):
マーケターにも技術的知識が必須に マーケティング成功の鍵は「相互理解」
コロナ禍で製造業のマーケティング手法もデジタルシフトが加速した。だが、業界の事情に合わせたデジタルマーケティングを実践できている企業はそう多くない。本連載では「製造業のための正しいデジタルマーケティング知識」を伝えていく。第12回のテーマは「マーケターが技術を理解することの重要性」だ。(2024/2/14)

Marketing Dive:
生成AIでポストCookieの課題を乗り越えるために必要な3つのこと
Cookieの死が目前に迫って、マーケターはデータをより適切に管理する必要が生じている。だが、このタスクはAIで処理できる可能性がある。(2024/2/12)

「次の駅まで」に読めるハナシ:
27万円の「お菓子の城」が即日完売 明治が“子どもの頃の夢”を商品化したワケ
子どもの頃に憧れた「お菓子の城」を形にできる商品がある。明治が1月16日に発売した「明治 子どものころ夢に見た、お菓子でつくる大きな大きなお城キット」だ。商品化の経緯を、同社グローバルカカオ事業本部カカオマーケティング部の杉山詩織さんに聞いた。(2024/2/11)

Maketing Dive:
Cookieレスと生成AIでマーケターの未来は明るい? 真っ暗?――「Marketing Dive」の8つの予言【7】【8】
「Maketing Dive」が予言する2024年のトレンドの7つ目「透明性へのアプローチが変わる」と8つ目「AIに対する目はますます厳しくなる」について詳しく紹介する。(2024/2/10)

Marketing Dive:
サードパーティーCookieが本当に廃止される2024年、生き残りたいマーケターが必ずやるべきこと3選
PCH Mediaのティム・ブラズ氏によれば、ゼロパーティーデータとファーストパーティーデータを優先し、消費者にフォーカスすることが重要だ。(2024/2/8)

Marketing Dive:
Googleが検索広告に生成AIモデル「Gemini」を統合してマーケターが期待できること
Googleが予告通り検索広告の会話機能に生成AIを導入した。Geminiの統合でマーケターが期待できるのはどういうところだろうか。(2024/2/5)

日本のマーケティング最前線:
「CPA至上主義」のマーケターはいずれ敗北する……背景に2つの理由
(2024/2/7)

「生成AI」で広告制作はどう変わるか【後編】
「画像生成AI」にマーケターが喜ぶ理由 “期待できる広告効果”とは?
広告制作における「生成AI」の活用が広がりつつある。中小企業のマーケターにとってうれしいメリットや、注意すべきリスクについて解説する。(2024/1/31)

今日のリサーチ:
キャリア3年以内のマーケターに聞いたマーケティング用語の理解度
「CPA」「CTR」「SEO」他、マーケティング用語はどれだけ理解されているのでしょうか。(2024/1/28)

Maketing Dive:
リテールメディアバブル沈静化とソーシャルコマースの台頭――「Marketing Dive」の8つの予言【3】【4】
2024年、マーケターを取り巻く環境は目まぐるしく変化している。これから何が起こるのか。「Marketing Dive」による8つの予言のうち3つ目と4つ目を紹介する。(2024/1/27)

Social Media Ttoday:
TikTokマーケティングで成功するための5つのヒント
2024年にTikTokに注力したいと考えているマーケターのために、取り組みを正しく軌道に乗せるためのTipsを紹介する。(2024/1/23)

Marketing Dive:
「バービー」の勝ち筋に学ぶ&代理店の存在意義が変わる――2024年「Marketing Dive」8つの予言【1】【2】
2024年、マーケターを取り巻く環境は目まぐるしく変化している。これから何が起こるのか。「Marketing Dive」による8つの予言のうち1つ目と2つ目を紹介する。(2024/1/20)

今日のリサーチ:
「企業が注力するマーケティング調査レポート」最新版で「生成AI」が初めて上位に
「ad:tech tokyo」などに参加した企業の広告・マーケティング担当者を対象に、2024年の取り組みに関して調査した結果です。(2024/1/17)

セールスフォース・ジャパン幹部に聞く:
買収に頼らず自社開発したCDP「Salesforce Data Cloud」の特徴とは?
社内に分散するあらゆる顧客データを集約し、顧客をより深く理解した上で施策を展開したい――。そんなマーケターのニーズに応えるテクノロジーがCDPである。すでに強力な競合が先行する市場で、Salesforceはどのように独自性を発揮しようとしているのか。(2024/1/15)

Marketing Dive:
Metaのシニアディレクターが語る「できるマーケターと残念マーケターの違い」
良いマーケターは数字を理解している。悪いマーケターは目標を言えない。良いマーケターはダッシュボードをまめにトラッキングする。悪いマーケターは新しいキャンペーンが始まると喜び、全てが計画通りに進んでいると思い込む――。(2024/1/9)

日本のマーケティング最前線:
外資マーケターはなぜ“ちやほや”されるのか 背景に3つの事情
(2024/1/5)

今日のリサーチ:
B2Bのコンテンツマーケティングに関する2023年総括と2024年展望レポート
2023年は広告のCPA高騰や生成AI活用の一般化の兆しが見られました。2024年のB2Bマーケターはどう動くべきなのでしょうか。(2023/12/28)

Marketing Dive:
炎上しても「パーパスドリブンマーケティング」から逃げてはいけない理由
環境保護や多様性、公平性、包括性などを「パーパス」に掲げ、金儲けを超えた活動に取り組むブランドが増えている。しかし、そうした活動が強い反発を生むこともある。苦悩するマーケターはどうすればいいのか。(2023/12/28)

Marketing Dive:
コカ・コーラが考える生成AIとブランドの未来
これからのマーケターはAIとどう付き合うべきか。Marketing DiveによるCoca-Colaグローバルカテゴリー担当プレジデントのセルマン・カレアガ氏への独占インタビュー後編。(2023/12/25)

Marketing Dive:
フルボッコにされたバドライト、トーンダウンしたユニリーバ 意識高い企業は何を間違えたのか?
Bud Lightのキャンペーンは炎上してCMOの辞任にまで発展し、Unileverは先進的な姿勢をトーンダウンさせた。2023年、「パーパスドリブン」を掲げたマーケターは何を間違えたのか。(2023/12/21)

広告はAIでどう変わるのか【後編】
YouTubeでも開始 SNS広告は「AI」で考えるのがトレンドに?
YouTubeは新しい広告AIサービスの提供を発表した。マーケティング担当者にとってどのようなメリットが期待できるのか。他のSNSの動向と併せて紹介する。(2023/12/19)

広告はAIでどう変わるのか【前編】
Googleが始めたYouTube広告は「全マーケターの念願」だった?
YouTubeはAI技術を活用した広告ツールを発表した。これまでマーケティング担当者が抱えていた、広告に関する苦労の解消に役立つという。(2023/12/13)

生成AI、コスト削減「だけじゃない」活用メリットとは? マーケ担当111人に聞いた
昨今、多くの企業が業務のスムーズな進行を図るために生成AIの導入を進めてる。一方で、業務効率化以外に生成AIを活用するメリットとは。Macbee Planet(東京都渋谷区)が調査を実施した。(2023/12/11)

営業とマーケ「仲が悪い」は本当? 現場1000人の見解は
マーケティング部門と営業部門の連携はどの程度取られているのか。実態についてSansanが調査を実施した。(2023/12/11)

今日のリサーチ:
「AI規制法案」を日本のマーケターの87%が注視、サードパーティーCookie廃止後もAI活用に期待――Criteo調査
Criteoが発表した「デジタル広告業界における日本のマーケターのAI活用とその影響に関する意識調査」の結果です。(2023/12/8)

今日のリサーチ:
生成AI活用の業務効率化以外のメリット、約6割が「コンテンツの多様化」を実感――Macbee Planet調査
生成AIの業務利用では効率化や生産性向上が注目されがちですが、すでに生成AIを導入しているマーケティング担当者は、さまざまな効果を実感しているようです。(2023/12/6)

SEOタイムズ編集部が初心者向けにわかりやすく解説:
いまさら聞けないアドフラウドとは? 仕組みと5つの対策について解説
アドフラウドとは、広告の表示回数を水増しして、不当に広告収入を稼ぐ方法です。会社の予算を預かって広告に投資するマーケターにとっては無視できないテーマと言えます基礎知識と具体的な対策について解説します。(2023/11/30)

Marketing Dive:
Z世代の親たち(X世代)をスルーしてしまう残念ブランドの末路
Z世代に売り込むことばかり考えて彼らの親の世代であるX世代を無視すれば、マーケターはみすみす金儲けのチャンスを逃すことになる。Wavemakerの最近の調査で明らかになった事実を紹介する。(2023/11/27)

Marketing Dive:
史上最も裕福な「X世代」がなぜかマーケターにガン無視されている件
Z世代攻略はマーケティングに携わる者の重要テーマだ。しかし、彼らの親の世代の消費ポテンシャルを見落としてはならない。(2023/11/22)

プレイバック注目コンテンツ:
「アイデア出し」「壁打ち」「同僚には聞きにくいことを聞く」他、マーケターのための生成AI活用【初級編】
生成AIと対話して生まれるものとは? まずは使いながら考えてみるのがいいのではないでしょうか。(2023/11/19)

Marketing Dive:
Googleの広告用生成AIはマーケターの仕事をどう変える?
Googleが米国でβ版を公開したP-MAXの最新機能により、代理店やブランドはアセットを迅速に作成してテストできるようになる。(2023/11/10)

「優秀なマーケター=外資にいる」はもう間違い? 現代の優秀マーケターはどこにいるのか
(2023/11/8)

色んな外資マーケターに聞いてみた 高給取りをかなえる「マーケティング思考力」って結局何なの?
(2023/11/7)

色んな外資マーケターに聞いてみた 実際「フレーム」なんて使えない、「思考力」を鍛えた方がいい理由
(2023/11/6)

「Twitter」が「X」になって何が変わるのか:
Xマーケティング担当者が成果を出し続けるために知っておくべき注意点
日本ではX(旧Twitter)からの大規模なユーザー離れは起こっていないことから、企業は引き続きXへの投資検討を続けるべきと言えます。ただし、今までと何もかも同じでいいわけではありません。(2023/11/6)

B2Bマーケターのための広報入門【第3回】:
広報の成果を「広告換算」するのが決定的に間違っている理由
B2Bマーケティング担当者が広報業務も兼務することもありますが、広報とマーケティングは似ているようで異なる職能です。今回は、広報マーケティング兼任者が見誤りやすいポイントの一つである、広報の成果の測定方法についてご紹介しましょう。(2023/10/31)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
チラシも店舗も 「リアル」のデジタル化が止まらない
今週は、ブラザー販売のプリンタを活用した広告配信サービスやストアギークのマーケター向けリテールメディアサービスなどを紹介する。(2023/10/27)

まずは流通小売業向けプログラムから:
NTTドコモのマーケティングソリューション戦略 9600万の会員基盤データは企業にどう役立つのか
ドコモの強固な顧客基盤を土台に提供するマーケティングソリューションの概要について、マーケターが知っておきたいポイントをまとめる。(2023/10/26)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
「平成レトロ」「Y2K」が大ブーム、次に復活しそうなトレンドをChatGPTに予測してもらった
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「平成ブームとその次」です。(2023/10/21)

Marketers Dive:
「ニュース記事」に並ぶ広告が消費者に与えるネガティブな印象、ブランドの死角になっていないか?
マーケターは自社の広告が暴力的または憎悪的なコンテンツと一緒に表示されることを心配する。だが、消費者の反応を見ると、ブランドセーフティー対策はそれだけでは十分ではないのかもしれない。(2023/10/19)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
iOS 17がメールマーケティングを殺す?
プライバシー保護の機運が高まる中、Appleのデータ収集方針に関する話題はマーケターの重要な関心事となっています。今回の無料eBookのテーマは「iOS 17」です。(2023/10/19)

Marketers Dive:
ヌード、ヘイトスピーチ、偏向報道、etc. 自社の広告を最も載せられたくないコンテンツは?
ブランドセーフティーはマーケターにとって大きな関心事になっている。特に自社の広告を載せてほしくないコンテンツは何か。「Journal of Advertising Research」が調査結果を発表した。(2023/10/16)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
4℃の「匿名宝飾店」 ブランド名を隠したキャンペーンは応用可能か、ChatGPTと考えた
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「匿名キャンペーン」です。(2023/10/14)

トライバルメディアハウスのマーケ戦略塾:
「USPがUSPではない問題」 マーケ戦略の落とし穴、誰にとってユニークなのか?
マーケターの基本である「誰に」「何を」「どのように」伝えるか、がハマっていない事象をよく目にします。なぜ起こってしまうのか? 原因は「USP」にあることが多いです。(2023/10/11)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
「チョコザップ」異例の急成長にあやかって他業種でも何かできないかChatGPTに相談した
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「チョコザップ」です。(2023/10/7)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
Z世代の感覚にハマった“盛れないSNS” 「映え」は消えゆく概念なのか
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「“盛れないSNS”ブームと映え文化」です。(2023/9/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。