ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マスク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マスク」に関する情報が集まったページです。

顧客のニーズに商機見いだす:
島村楽器が「着けたまま管楽器を演奏できるマスク」を発売、1枚1680円
島村楽器は着けたままリコーダーやサックスなどの管楽器を演奏できる「管楽器対応抗菌消臭立体マスク」を8月18日に発売する。(2020/8/13)

日本を元気に:
イオングループのコックスが「企業コラボマスク」の予約販売を開始 「ミニコーラ」や「うまい棒」など
イオングループのコックスが「企業コラボ ウオッシャブルマスク」の予約販売を開始。有名ブランドのキャラクターやデザインがデザインされている。マスクで日常を楽しんでもらうために企画・開発された。(2020/8/13)

スマホ連携で音声入力できるスマートマスク ベンチャーがクラウドファンディング開始
スマートフォンアプリと連携するスマートマスクがクラウドファンディング「Makuake」に登場。支援額は4159円(税込)から。(2020/8/13)

AOKIからアジャスター付きの洗えるマスク登場 「サイズが小さい」声に応えて改良
8月17日10時から抽選販売を開始。(2020/8/13)

島村楽器、着けたままリコーダーやサックスを吹けるマスク 演奏時以外も着用可能
島村楽器が、着けたままリコーダーやサックスなど管楽器を演奏できるマスクを発売する。価格は1枚1680円(税別)。(2020/8/12)

マスクをしたままサックスやトランペットが吹ける! 管楽器を楽しみたい人向けのマスクが8月18日に発売
マスクしたままタピオカも飲めちゃう。(2020/8/12)

ユーザーの声を受けて:
400万枚のマスクを売ったAOKIがアジャスター付き「洗えるクールマスク」を発売 改良のポイントは
マスク市場に参入したAOKIはマスクを400万枚以上販売した。お客の要望を受けて新しいマスクを開発。「アジャスター付きダブル抗菌・洗えるクールマスク」(10枚入り、税別2700円)を発売する。(2020/8/12)

入口での簡易的なチェックに活用可能:
Webカメラでマスク装着を自動判別 ユーザーローカルが「マスク着用判定AI」を無償提供
ユーザーローカルは、「マスク着用判定AI」の無償提供を開始した。店舗やオフィスの入口にWebカメラ付きのPCを設置すれば、来訪者がマスクを着用しているかどうかを自動判定できる。(2020/8/12)

5色あり:
1枚5000円! 老舗テーラーの技術を生かした「夏用マスク」
銀座テーラーグループはオーダーメイドスーツを仕立てる職人技術を生かし、夏用マスク「サマービスポークマスク」を販売している。価格は1枚5000円(税別)。(2020/8/11)

AOKI、耳ひもを調整できる夏用マスクを抽選販売 子どもから大人まで対応
耳ひもの長さを調整でき、子どもから大人まで使える夏用マスクの抽選販売の受付をAOKIが行う。価格は10枚2700円(税別)。(2020/8/11)

「アベノマスクを使っている」3.5%、今後は?
新型コロナの感染拡大を受けて、店頭に多種多様なマスクが並んでいるが、どんな素材・形状のものが選ばれているのだろうか。全国の男女に聞いたところ……。(2020/8/11)

アイリスオーヤマが新卒採用を過去最多の640人に拡大 マスク生産やネット通販事業の好調を受け
アイリスオーヤマは2021年度の新卒採用枠を当初の計画から240人増やし、過去最多の640人に拡大すると発表した。(2020/8/11)

「禰豆子ちゃんのマスクが欲しい!」 『鬼滅の刃』大好きな娘の要望を聞くお母さんの漫画に予想を裏切られる
思ってたマスクと違う!(2020/8/12)

シャープのマスク、約100倍の当選倍率は変わらず
シャープのマスクの第15回抽選が、8月5日に行われた。今回は当選者8万7000人に対し877万69人の申し込みがあり、当選倍率は約100.8倍。第16回の抽選は8月12日行い、8万7000人の当選者数を予定している。(2020/8/11)

AIがマスク着用を判定するWebサービス、ユーザーローカルが無料公開
ディープラーニングの技術を活用し、人の顔画像からマスクを着用しているか判定するAIツールの提供をユーザーローカルが始めた。利用は無料。(2020/8/11)

「ドラえもん」の顔やおしりの刺しゅうがかわいいマスク ひんやりとした着け心地の素材を使用
すでに初回分が完売していますが、第2弾が予定されています。(2020/8/9)

ドムドムハンバーガー、冷感タイプの夏用マスクをネットで抽選販売 「どむぞうくん」のタグ付き
メッシュ素材と特殊な接触冷感素材を使ったオリジナルマスク。(2020/8/8)

メガネに付けて使う「グラスマスク」登場 透明で表情を自然に見せられる
メガネとからまらなくて使いやすそう。(2020/8/8)

通気性を向上:
ドムドムハンバーガー、冷感タイプのオリジナルマスクを抽選販売 夏用ニーズに対応
ハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」を展開するドムドムフードサービスは、冷感タイプのオリジナルマスクを販売する。8月7日から、抽選販売の応募を受け付ける。好評のオリジナルマスクで、夏用の需要にも対応する。(2020/8/6)

スポーツ用品メーカーの参入相次ぐ:
アディダスが独自のマスクを直営店で発売 アプリの先行予約分は完売
アディダスが「ADIDAS フェイスカバー」(税別1390円)を国内の直営店で8月7日に発売する。8月1日にadidasアプリで先行予約を実施したが、現在は完売している。洗って繰り返し使用することが可能。(2020/8/6)

ダメ出しをされてもめげない:
「アイリスのマスクを世界一にする」 ヒット商品ナノエアーマスクを開発した中途入社のリケジョ部長
ヒット商品「ナノエアーマスク」を開発したアイリスオーヤマの岸美加子ヘルスケア事業部長は「アイリスのマスクを世界一にする」(生産数)と意気込む。着け心地の良いマスクの開発に知恵を絞っている。「ナノエアーマスク」開発の舞台裏を聞いた。(2020/8/6)

サイズは5種類:
「息苦しい」「貼りつく」に対応、スポーツ用マスク 野村不動産グループのスポーツジムが開発
スポーツクラブを展開する野村不動産ライフ&スポーツは、スポーツ用のドライマスクを開発した。通気性が高く、運動時も呼吸がしやすいマスクを開発。8月3日、オンラインで販売予約の受け付けを始めた。(2020/8/5)

吸汗速乾や抗菌防臭の効果:
イオンが「極さら マスク」を発売 機能性インナーの生地を使用
イオンが「トップバリュ PEACE FIT 極さら マスク」(税別680円)を8月6日に発売する。本州と四国にある「イオン」「イオンスタイル」約370店舗で取り扱う。(2020/8/4)

映画館で換気実験「スモークが20分でほぼ消える」 コロナ禍でのマイナスイメージ払拭のため
約20分に1回換気が完了。おしゃべりもなく飛沫も飛びにくいので、マスクさえすれば罹患(りかん)する可能性は低いとのことです。(2020/8/4)

酷暑のマスク、保冷剤はどこまで“使える”のか
コロナ禍で誰もがマスクを手放せなくなった初めての夏。マスク着用による熱中症リスクも指摘される中、各社から登場している夏用マスクはどのくらい有効なのでしょうか。今回は保冷剤付きの布製立体マスクを試します。(2020/8/4)

気化熱で涼しい「クールマスクパッド」、BLUEDOTが発売 ペット用冷却マットなどの技術を応用
BLUEDOTはマスクに装着し、水の気化熱を利用して周辺を冷却する「クールマスクパッド」を発表した。直販サイトでの販売価格は1980円(税込)。(2020/8/3)

この頃、セキュリティ界隈で:
マスクのせいで顔認識できない実態、NISTのテストで判明 精度向上には懸念も
マスク着用必須の時代、顔認識をセキュリティ用途で用いることについては議論が起きている。(2020/8/3)

“エッジAIカメラ”でオフィスの「3密」を回避――野村総合研究所が発表
野村総合研究所(NRI)は、オフィスにおける新型コロナウイルス感染症対策として、AIカメラでマスク着用の有無を判断する「NRI AI Camera for Office」の提供を開始した。撮影画像は、カメラ側でエッジ処理し、画像データを含まない解析データだけをクラウド側に送信するため、機微情報の漏えいリスクを最小化できる。(2020/8/3)

歩く広告塔:
街中で客のマスクが広告に変身! 「アドノマスク」キャンペーン
関西を中心にPR支援事業を行っている会社が、ちょっとユニークな取り組みを展開している。サービス名は、通称「アドノマスク」キャンペーン。どんな内容かというと……。(2020/8/2)

これでもうマスクを忘れない! 帽子とマスクが一体型になった「ハイドアマスク」
ストレスフリーでマスクの持ち歩きができる。(2020/8/2)

ラーメン二郎亀戸店がオリジナルマスクの予約販売を開始 手ぬぐいとセットで3000円
ラーメン二郎亀戸店がオリジナルマスクと手ぬぐいセットの予約販売を始めた。(2020/8/1)

やむをえない事情で“マスクをつけられない人”がいると知ってほしい 「わけがありますく」プロジェクトを取材
発達障がい、感覚過敏、脳の障がい、皮膚炎、呼吸器の病気などでマスクの着用が難しい人たちがいます。(2020/8/1)

今日のリサーチ:
自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が全国3094人を対象に実施した意識調査第2弾。(2020/7/31)

認識エラー率は5〜50%:
NIST、マスクの形、色、鼻の覆い方などがコロナ禍前の顔認識アルゴリズムに与える影響を調査
NIST(米国国立標準技術研究所)は、「顔認識アルゴリズムがマスクを着けた顔をどの程度識別できるか」の調査結果、第1弾を発表した。(2020/7/31)

青山商事が“保冷剤”付き夏向けマスクを店頭で追加販売 25万枚増産
青山商事は、保冷剤で口元を冷やす夏向けマスクを25万枚増産し、8月8日から追加販売すると発表した。価格は1枚790円(税別)。全国の「洋服の青山」の店頭で販売する。(2020/7/30)

「機動戦士ガンダム」大人用立体布マスク 地球連邦軍とジオン公国軍の2種類で展開
「CHARA-MASK(キャラマスク)」第1弾! ということは第2弾も?(2020/7/30)

洋服の青山、保冷剤付き夏用マスクを店頭で追加販売 完売・品薄受け、25万枚増産
洋服の青山で、保冷剤で口元を冷やす夏向けマスク「抗ウイルス加工マスク・冷涼タイプ」が8月8日から順次販売される。価格は1枚790円(税別)。(2020/7/30)

希望小売価格は3800円:
アシックスがランナー向けマスクを投入 スポーツ工学研究所で開発
アシックスがランナー向けマスクを開発した。9月中旬に直営店やオンラインストアで発売する予定。メーカー希望小売価格は3800円(税別)。(2020/7/30)

「新型コロナに抗マラリア薬有効、マスク不要」という誤情報動画、削除前に数千万回再生
オルタナ右翼メディアBreitbartがFacebookとYouTubeに投稿した新型コロナウイルス感染症対策に関する不確かな情報動画が、各プラットフォームが削除するまでに数千万回再生された。(2020/7/29)

秋元梢、マスクのイメージ覆した写真のケーキで誕生日をお祝い 夫・松田翔太も祝福
ケーキもかっこよすぎる。(2020/7/28)

ワークマンもアシックスも参入で「扇風機付きウエア」活況
新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、本格的な夏を迎えようとしている。マスク着用で熱中症のリスクがより高まるとも指摘されている今夏、人気を集めているのが小型扇風機を装着したウエアだ。(2020/7/28)

7色に光るマスク登場 点滅やグラデーションで“存在感”を演出
7色に光るマスクが登場。価格は2970円(税込)。(2020/7/28)

口元の笑顔がよく見えるイタリア製マスク「CLIU」 高機能かつスタイリッシュでかっこいい
スマートなデザインのマスク登場。(2020/7/29)

「パパラピーズ」の「大学を貸し切って2人で隠れ鬼ごっこやってみたwww」動画が物議→削除に 「YouTuberはマスクせずに入構しても良いんだなって」などの声
映画「ぐらんぶる」の宣伝として制作された動画でした。(2020/7/28)

布マスクを追加配布 菅官房長官「継続は有意義」
 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は28日午前の記者会見で、政府が新型コロナウイルスの感染拡大防止策として配布している布マスク8000万枚を、介護施設などに追加配布していることを明らかにした。(2020/7/28)

全12色を展開:
イオングループのコックス、保湿・抗菌防臭加工の「さらマスク」予約販売開始
コックスは、夏用マスクの新商品「さらマスク」の予約販売を開始した。肌を保湿する加工と抗菌防臭加工を施した商品となる。カラーは全12色をそろえる。(2020/7/27)

セブンは?:
ファミマ限定の「アナ スイ ガーゼマスク」が完売 珍しい“限定マスク”はローソンにも
ファミリーマート限定の「アナ スイ ガーゼマスク」(税込770円)が完売した。限定マスクはローソンにも存在する。セブンはどうなのか。(2020/7/27)

スタローン、美女ぞろいの愛娘たちとマスク着用を呼びかけ 「安全に、パンチを打ち続けろ!」
娘たちと仲良し。(2020/7/27)

シャープのマスク、第13回の抽選倍率は約99.6倍 第14回の当選数も8万7000人に
シャープのマスクの第13回抽選が7月22日に行われた。第13回の倍率は約99.6倍となり、第12回の約99.9倍よりは微減した。第14回は7月28日正午に応募を締め切り、7月29日に抽選を行う。(2020/7/27)

今日のリサーチ:
変わるカーライフ 「マスクをする」「1人で乗る」「窓を開ける」――ホンダアクセス調べ
自家用車を所有する20〜69歳のドライバー1000人に調査。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大で自動車の運転頻度や利用時の行動に変化が見られます。(2020/7/27)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。