ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「まとめサイト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

「ニコニコ動画」と「YouTube」、どちらが稼げるか論争 ドワンゴCOOの見解が「めっちゃ真理説いてる」などと話題
動画クリエイターにとって、主要な動画投稿サイト「ニコニコ動画」と「YouTube」のどちらが稼げるのかという論争に関して、ニコニコ動画の代表で、ドワンゴの栗田穣崇COOの見解が「めっちゃ真理説いてる」などと注目を集めている。(2022/5/26)

ディズニー+新作「チップとデールの大作戦」のサプライズに「頭がおかしい」「怒られろ」の声 ネタバレ踏む前に冒頭10分だけでも見て!
これやっていいの!? ってなるやつ。(2022/5/22)

「ファスト映画」投稿者3人に5億円の巨額損害賠償請求 東宝、日活など大手13社が提訴
YouTubeでの動画再生数は1027万回に及び、被害額は20億円とも言われています。(2022/5/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
不人気部屋が人気部屋に! なぜ「トレインビュー」は広がったのか
鉄道ファンにとって最高の「借景」が楽しめるトレインビュールーム。名が付く前は、線路からの騒音などで不人気とされ、積極的に案内されない部屋だった。しかし鉄道ファンには滞在型リゾートとなり得る。トレインシミュレーターや鉄道ジオラマなど、ファンにうれしい設備をセットにした宿泊プランも出てきた。(2022/5/7)

LINEリサーチ調べ:
新社会人に聞いた「自由時間の過ごし方」 1位は「ゲームをする」
LINEリサーチは、4月から就職する予定がある18〜24歳の新社会人男女に、「自由時間の過ごし方、ニュースを見聞きしている媒体」を調査した。自由時間の過ごし方1位は「ゲームをする」(52.8%)だった。(2022/3/30)

はてブ、不正ブクマ依頼に加担しないよう注意喚起 不自然なら検索結果から除外措置
ソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」(はてブ)を運営する、はてなは、不正なブックマーク依頼などに応じないよう、ユーザーに注意喚起した。情報まとめサイトの運営業者を名乗る者が、不正にブックマークを集める行為を行っているという。(2022/3/29)

「広告やまとめサイトなどは出ません」Google検索を“まとも”にしてしまうウェブサービス「まとも検索」が公開
「Google検索は死んでいる」バズりを受けて制作。(2022/2/22)

広告やまとめサイトを表示しない「まとも検索」 公的機関や医療機関などに限定してググれる
ブロガーで個人開発者の村上福之さんが、まとめサイトや広告を表示しない検索サイト「まとも検索」を公開した。Google検索の検索先を公的機関や医療機関、論文などに限定できる。(2022/2/21)

架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
身内ネタがまさかの展開に。(2022/1/26)

ウマ娘コスプレ集団がスキー場へ出走 シュールなレース風景がめちゃくちゃ楽しそう
雪の中を疾走する姿には「オグリキャップのスキル演出」の声も。(2022/1/21)

休暇の前に必ずチェックしておきたいLog4jの脆弱性情報まとめ、JPCERT/CCが提供
JPCERTコーディネーションセンターがLog4jの脆弱性に関する情報のまとめページを公開した。影響を受ける可能性がある場合は必ず確認しておきたい。(2021/12/28)

「楽しみにプレイするユーザーの体験損なう」――「FGO」が解析情報ベースのリークに警告 法的措置も検討
ディライトワークスは、スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」の解析情報の掲載についての声明を発表した。同ゲームでは、ゲームデータの解析を禁止しており、今後掲載される解析情報には法的措置も検討するという。(2021/11/1)

JCB、コロナ禍の加盟店支援まとめサイト公開 ライブコマース導入費用割引きなど
JCBがコロナ禍で苦しむ加盟店向けに支援策をまとめたWebサイトを公開。ライブコマースの導入費用割引など、優待があるサービスをまとめて紹介している。(2021/9/10)

エハラマサヒロ、そっくりな元俳優・遠藤要容疑者の逮捕で風評被害 「俺を面白がって悪者にしたい奴が世の中に一定数おるぞ!」
以前から顔がそっくりで知られていた2人。(2021/6/16)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
YouTubeで大ブレイク中のひろゆき、コロナ禍で人気の秘訣はどこに?
コロナ禍を機に露出が増えた有名人といえば、元「2ちゃんねる」管理人の西村博之氏(通称:ひろゆき)だ。同氏におけるYouTubeチャンネルの動向を確認すると、ひろゆき氏はコロナ禍をうまく味方につけて自身の登録者数・再生数を伸ばしていることが分かる。(2021/5/28)

同人誌違法アップロードサイト「同人あんてな」を作家が訴えた裁判が決着 サイト運営者はVTuber「ゲーム部」にも関与
「ゲーム部」の炎上や、さらに過去には「マジカルストーン」問題でも話題になった“れそ”こと上西恒輔氏が関与していたことが明らかに。(2021/2/8)

経産省、コーディングやAIの無料講座まとめサイト Googleや人材育成企業が協力
経済産業省が、オンラインでコーディングやAI、クラウドの技術などを学べる無料の講座をまとめたサイト「巣ごもりDXステップ講座情報ナビ」を公開した。(2020/12/25)

Googleさん:
新型コロナウイルスに覆われた2020年をGoogleさんと振り返る
Appleと協力した新型コロナ曝露通知APIから「Pixel 5」まで、Googleの2020年を振り返ります。(2020/12/25)

カラー公式「『シン・エヴァンゲリオン劇場版 』6時間説」は「絶対あり得ません」 間違ったウワサを否定
ですよね。(2020/10/7)

「5分前にはルームに入室」「深々と頭を下げながら会議終了ボタン」はデマ 大炎上した“謎のテレワークマナー”は誰が広めたのか マナー本出版社も「驚いている」
調べたところ、書籍内にそのようなマナーは載っていないことが分かりました。(2020/8/13)

おうちラーメンバンク、WAGYUMAFIAが提供する1万3000円のラーメン「WAGYUJIRO(ワギュジロー)」を販売
通販ラーメンのまとめサイト「おうちラーメンバンク」は、和牛ビジネスを手掛けるWAGYUMAFIA(東京・港)が販売する和牛ラーメン「WAGYUJIRO」の取り扱いを開始した。価格は1食1万3000円(税込、送料別)。(2020/8/4)

“コロナ前後”の移動や消費データ、地域別に可視化「V-RESAS」内閣府が公開
新型コロナウイルス感染症が地域経済に与える影響を、地域別に把握できるデータまとめサイト「V-RESAS」を、内閣府が公開した。エリアごとの移動人口や、スーパーのPOSレジで集計した売上高の変化などをグラフで確認できる。(2020/7/3)

中村研太のSEOウォッチ(2020年1〜6月):
Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向においては、どのような変化があったでしょうか。(2020/6/30)

「ダークエルフ登場作品が人種差別として削除」誤解広まる 問題とされたのは「黒塗りメイク」
(2020/6/27)

「新型コロナに関する誤情報、見たことある」7割、ソースはTwitterやまとめサイト 総務省がネットユーザーに調査
総務省の調査では、新型コロナウイルス感染症に関する間違った情報や誤解を招く情報を1つでも見たり聞いたりしたことがあるネットユーザーは72%。そのような情報を見かけた媒体は、Twitterやブログ・まとめサイトが多いという結果だ。(2020/6/22)

総務省が新型コロナのフェイクニュースについて調査 誤った情報を最も多く見掛けた媒体は「Twitter」
ご用心。(2020/6/22)

【8年前の今頃は?】2ちゃんねる、まとめサイトに名指しで「転載禁止」警告
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/6/4)

「なにもかもが想定外」 “粒の人”吉川友、暇すぎて粒を数えたら歌ができちゃった
「タネがネタになり花が咲きそうです!」(2020/6/3)

「けもフレ」たつき監督、自身への脅迫行為について報告 まとめサイトに「業界に泥をかけながら反社会的な金稼ぎを増大させている」と強く抗議も
「悪質なため抗議させて下さい」と、かなり強い言葉で批判しました。(2020/5/7)

新型コロナの個人向け経済支援まとめサイト 生活費の貸付、傷病手当、家賃減免など掲載
マネーフォワードが、新型コロナウイルスの影響で収入が減った個人に対し、政府や民間企業が提供している生活費の貸付制度などの支援策を集約したWebサイトを開設。分散していた情報を一カ所にまとめ、情報収集の負担を減らす。法人向けサイトは3月末にオープン済み。(2020/4/14)

ゲーム条例パブコメ、同一IPアドレスからの送信が多数? 原本公開で“工作疑惑”広がる → 香川県議会に見解を聞いた
賛成意見の多くが「192.168.7.21」から送られていたことで物議を醸していました。(2020/4/14)

ランサーズ、一部で指摘された“工作疑惑”について「一切ございません」と否定 今後同様のデマには法的措置も
「安倍の声聞いたら元気出た」といったツイートが“世論操作ではないか”と話題になっていました。(2020/4/8)

新型コロナウイルスに関する経済支援まとめサイト 政府や自治体の補助金・助成金情報を検索できる
今のところ法人向けのみですが、個人事業主向けの情報提供も順次行うとのことです。(2020/4/1)

Twitterで「いかりや長介が志村にあてた手紙」が拡散 → デマ指摘続出 「白い巨塔」の名文とほぼ同一
今も拡散中。(2020/3/31)

Googleさん:
新型コロナウイルス Googleの闘い方
新型コロナウイルスのパンデミック宣言から約2週間。Google(とその系列)によるさまざまな取り組みをご紹介。伝統のエイプリルフールは来年にお預けに。(2020/3/29)

「ひっ迫した状況が一目瞭然」新型コロナ病床数まとめサイト、大反響に「バグを疑った」と開発者仰天 “医療現場の声”励みにスピード公開
新型コロナウイルス感染症の患者数や、感染者用の病床数などを都道府県ごとに表示した「新型コロナウイルス対策ダッシュボード」がネットで話題に。開発者の福野泰介さんに経緯を聞いた。(2020/3/26)

SNSマーケティングの死角:
『100日後に死ぬワニ』炎上、真の引き金は? Twitterデータで迫る
Twitterで毎日連載されていた『100日後に死ぬワニ』が最終回。感動だけでなくステマ疑惑など炎上も発生した。その真のメカニズムにTwitterデータ分析で迫る。(2020/3/26)

Google、新型コロナ関連情報まとめサイトをまずは英語版で公開
Googleが、新型コロナ関連の正確で最新の情報を提供するためのまとめサイト「COVID-19 Information & Resources」を、まずは米国民向けに英語版で公開した。対象言語と国を拡大していく計画。WHOやCDCの関連サイトへのリンク集や世界の感染マップ、役立つYouTube動画集などで構成されている。(2020/3/22)

都のコード活用、北海道の新型コロナ情報まとめサイト公開 「ものすごいスピード感で」有志が開発
北海道の新型コロナウイルス対策サイトが有志によって公開された。東京都がGitHubに公開したソースをフォーク(複製)したサイトで、有志のエンジニアやデザイナーが開発した。さくらインターネットの協力も得ているという。(2020/3/10)

独自データから検証:
新型肺炎で「症状出た中国人が関空から逃走」デマの真相 SNS分析で判明、“輸入型”拡散の脅威
新型肺炎で「関空から症状のある中国人客が逃走」デマが拡散。SNSデータを独自分析したところ意外なメカニズムが判明した。中国の閉鎖型SNSでウワサが生じTwitterが“輸入”する形に。(2020/1/30)

NHK、京アニ放火「共犯説」デマでまとめサイト運営者を提訴
京アニ放火事件について「NHK共犯説」を示唆する事実無根の記事を掲載していました。(2020/1/24)

Googleさん:
Cookie禁止に動くGoogleの秘策「プライバシーの砂場」とは?
Googleが2年以内にサードパーティーCookieをサポートしなくなると発表し、波紋が広がりました。これでターゲティング広告ができなくなるわけではなく、Googleはそれに変わる「プライバシーサンドボックス」を準備中です。(2020/1/20)

「まず自分がスライムを倒せることを確認」 漫画家ナカシマ723さん これから個人で始めたい人へのアドバイス
コミカライズ権を自ら取得し、単行本も自費出版し……でも「特別、私だけがお金を積んだからできたことっていうことは全然ない」という漫画家、ナカシマ723さん。これから個人で活動を始めたい人へのアドバイスも。(2019/12/27)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
「ステマとは何か」を考える 歴史的経緯と対策の現状
読者の立場とネット炎上専門家の視点から、ステマの歴史と対策について解説します。(2019/12/24)

メルカリの独自データから判明:
クリスマス直前、フリマアプリで「紙袋」が大量に売れる謎 データから分析
クリスマス直前に中古の「紙袋」が大量に売れているという。メルカリの独自データから判明。謎の消費行動を考察する。(2019/12/23)

コミカライズを自ら提案、Kindleで配信。月に84万円売れました──ナカシマ723さんに聞く「だから今、やるしかないんです」
「魔王を倒すために算段をつけて、なにを準備していくか」。同じように現実も攻略すべきもの。漫画家の今を感じさせる、ナカシマ723さんのインタビュー。(2019/12/20)

メルカリ上で取引増:
黒電話が謎のプチブーム? 「昭和レトロ」だけでない真の理由とは
昭和レトロ雑貨としてもてはやされる黒電話。しかしどうも無関係な理由で近年、人気の可能性が。メルカリ上の流通データから迫る。(2019/12/13)

今日のリサーチ:
中高生のロールモデル消費 マスメディアより友人の話が情報源――大広・日本インフォメーション調査
ポストゆとり世代・ポストミレニアル世代である15〜18歳の中高生を対象に、多様化する価値観、生活様式、消費スタイル、情報メディア接点、興味・関心の変化など、多面的に検証。(2019/11/20)

メディア業界、「悪貨と良貨」の戦い:
AIはジャーナリストの仕事を救うのか、奪うのか 「記者ゼロ通信社」の挑戦
マスコミ業界で「記者ゼロ通信社」が意外な存在感を発揮。AIでSNSから膨大な情報を集積・分析しニュースを発見する。不況で人手が足りないマスコミ業界の収益構造を変えられるか。(2019/11/13)

ドワンゴから独立:
「持続可能なゲームメディア」の未来像とは 電ファミニコゲーマー・平編集長を直撃
ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」が運営元であるドワンゴから独立するというニュースは話題になった。日本でも指折りのゲーム報道媒体として親しまれてきた同サイトだが、Webメディアとしてどうマネタイズできるかを模索している。ゲームニュースの一線に身を置き続けてきた平信一氏に、描くメディアの未来像について直撃した。(2019/10/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。