ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「未成年」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「未成年」に関する情報が集まったページです。

未成年者との接触狙うユーザー検知 東大教授がネット犯罪防止システム開発、いじめにも対応
未成年者が巻き込まれるネット被害のリスクを事前検知するシステムを、東大教授が開発した。SNSユーザー同士の接触機会などからリスク評価する。導入には事業者との二人三脚が必要という。(2021/9/28)

未成年の「ゲームは1日1時間」+「金土日だけ」=「週3時間」 揺れる中国、その影響は?
突然のように思える中国の未成年ゲーム規制。その実態はどうなのか。これからどうなるのかを解説する。(2021/9/11)

中国政府、未成年のオンラインゲームを週3時間に制限
中国政府は、未成年(18歳未満)のオンラインゲーム規制を強化する。新規制では、平日にはプレイできず、金・土・日と祝日に1時間ずつのみ許される。ゲーム企業は規制のためのシステム構築を義務付けられる。(2021/8/31)

TikTokも未成年保護の新たな取り組み InstagramやGoogleに続き
TikTokは未成年保護のための新たな取り組みを発表した。ダイレクトメッセージの初期設定をオフにするなどだ。未成年保護に関する発表は、Instagram、Apple、Googleに続くものだ。(2021/8/13)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
テンセント、株価急落に続き「未成年者保護法違反」で提訴。毒物ゲーム「王者栄耀」が標的に
テンセントの株価が8月3日、一時10%下落した。中国政府系メディア・経済観察報による、同社の大ヒットオンラインゲームを名指しした批判記事が原因だ。同ゲームはこれまでも国営メディアに毒物扱いされてきたが、株価を直撃したのは今回が初。投資家は当面、国営メディアの論説に振り回されるのかもしれない。(2021/8/12)

Google、未成年向け広告ターゲティング制限他、多数の保護対策を世界で実施へ
Googleは、18歳未満のユーザーを保護する多数の機能制限を発表した。例えばYouTubeを含むすべてのサービスでの18歳未満向け広告で、年齢・性別・関心に基づくターゲティングをブロックする。18歳未満では「セーフサーチ」をデフォルトでオンにする。(2021/8/11)

松井証券も25歳以下の株式売買手数料を無料化 信用取引も対象
松井証券は5月6日から、未成年を含む25歳以下の株式売買手数料を無料化する。現物取引だけでなく信用取引も対象。従来は、1日あたり50万円までの取り引きに限り無料だった。(2021/4/21)

「TikTok」は未成年でも安心して使える? バイトダンスが“最重要事項”に掲げる施策
短尺の動画を投稿するコミュニケーションサービス「TikTok」は、若者を中心に日本でも人気だ。提供元のバイトダンスは、安心安全のための施策を最重要事項に位置付けている。若年層がトラブルに巻き込まれないようルールを整備し、人気クリエーターと協力して啓発動画も作成している。(2021/3/29)

18歳以上が契約可能、支払いは当面クレカのみ、SIMロック解除必須――ソフトバンクが「LINEMO」の詳細を公開
3月17日にサービスを開始する「LINEMO(ラインモ)」が、サービス仕様の詳細を明らかにした。他社のオンライン専用プラン(ブランド)とは異なり、18歳から本人名義で契約できるが、未成年名義で契約には法定代理人が必要となる。また、ソフトバンク/Y!mobile端末を含めてSIMロックの掛かった端末はロック解除が必須となる。(2021/3/12)

YouTube、ティーンなど未成年ユーザーの利用を監督する新機能 保護者が子どもを守る“監視付きアカウント”
ベータ版として提供開始予定。(2021/2/26)

「今は感謝の気持ちでいっぱい」 小出恵介、3年ぶりに国内活動再開へ 2017年には「未成年との不適切な関係」で無期限活動停止
2021年公開予定の映画が復帰第1作になるとのこと。(2020/8/21)

山下智久、未成年との飲酒報道受け活動自粛 亀梨和也は厳重注意 「居合わせた方が積極的に年齢を偽っていた」と事務所が指摘
未成年飲酒について本人らにジャニーズ事務所が事実確認。(2020/8/17)

有名人のTwitterアカウント乗っ取り事件、当局が3人を逮捕し訴追
容疑者には未成年者も含まれています。(2020/8/1)

Twitterアカウント大規模乗っ取り犯逮捕 主犯は米在住の17歳
Twitterでビル・ゲイツ氏などの著名人アカウントが大量に乗っ取られ、ビットコイン詐欺ツイートをして10万ドル以上の被害の出た事件の犯人が逮捕、起訴された。主犯は米在住の17歳の未成年で、他に英国在住の19歳、米在住の22歳も共犯として逮捕、起訴された。(2020/8/1)

世界的ゲーム大会「EVO」開催中止に 幹部に未成年へのセクハラ疑惑、カプコンやバンナムなど不参加を表明
プロプレイヤーからの不参加表明も続々。【追記あり】(2020/7/3)

今日のリサーチ:
未成年の4割はネット上のみでコミュニケーションを取る友達がいる――デジタルアーツ調査
ネット上のコミュニケーションへの機意識は依然として低いようです。(2020/4/13)

「SnowMan」岩本照、未成年との飲酒報道で活動自粛へ ジャニーズ事務所「自覚と責任が欠如している」
岩本さんは、未成年の同席は認識していなかったとのこと。(2020/3/30)

ゲーム業界は対応の予定なし 香川県ネット・ゲーム規制条例 「未成年保護は発案前から行っている」
ゲーム開発事業者や通信事業者は、香川県のネット・ゲーム依存症対策条例成立を受けた特別な対応をとる予定はないとしていることが、ITmedia NEWSの取材で分かった。(2020/3/19)

「豆柴の大群」ナオ・オブ・ナオ、未成年時の飲酒で謝罪 所属事務所「完全に事実」
なお現在は成人しています。(2020/2/18)

未成年のキャラを“親目線”で見てしまうオタクな母の漫画に共感の声 「14歳で世界のために戦うのは荷が重い」
親になると、ヒーローもので子どもが危険な目に遭うシーンが怖くなったりしますからね。(2020/1/11)

アイドルグループ「ZOC」兎凪さやかが未成年飲酒と喫煙で脱退 ファンからは悲鳴と賛否
「脱退は厳しい」とする声や「仕方ない」という声も。(2019/12/23)

『フルメタル・パニック!』作者、環境活動家グレタさんへの“暴言”ツイートを謝罪 「未成年女性を相手にさすがにひどい表現でした」
「すべてを奪って絶望のどん底に叩き落として嘲笑してやりたい」などの発言に批判が集まっていました。(2019/12/10)

今日のリサーチ:
女子高校生の約7割は裏アカウントを所有している――デジタルアーツ調査
デジタルアーツは、未成年の携帯電話・スマートフォンの利用状況について調査しました。(2019/5/31)

未成年者の「自画撮り被害」に対する危機感薄く ネット上の友だちに「顔・容姿・本名」を教えても良いとする回答も
ネット上の友だちへの信頼感の高さが感じられます。(2019/5/25)

「ネット犯罪、自分は遭わない」未成年の大半 「自撮り送って」経験の女子高生は7%
未成年の多くはネット犯罪に巻き込まれる危機感がない――という調査結果をデジタルアーツが発表。(2019/5/24)

高橋大輔選手“ザギトワ脚当てクイズ”に批判続出 「ザギトワ選手へのセクハラ」「未成年アスリートの体にこんな形で言及しないで」
国内外で批判が寄せられています。【5月15日18時日本テレビ広報部のコメントを追記】(2019/5/13)

Android向け「LINE」がフィルタリングの対象に 4月2日から
2019年4月2日から、Android向け「LINE」アプリがフィルタリングサービスの対象になる。未成年のユーザーは、保護者の許可なしにLINEを利用できなくなる。青少年にとってモバイルコンテンツが安全かを審査するEMAが事業を終了したため。(2019/2/5)

AIカメラが「未成年」判別、居酒屋で実験 精度は96%超
AI搭載カメラで、居酒屋の来店客が未成年かどうかを検知する――こんな実験の結果が発表された。検知率は96%を超えたという。(2019/1/23)

「みんな未成年じゃなくなりました!」 藤田ニコル、みちょぱ&越智ゆらのの20歳バースデーで友情確かめ合う
とうとう3人とも20歳か!(2018/11/7)

Tencent、子どものゲーム時間を強制制限 12歳以下は1日1時間 公安DBで身元確認
中国Tencentは、未成年のゲームプレイ時間を2時間までに制限する「健康システム」を導入すると発表した。(2018/11/7)

【全文書き起こし】NEWS小山慶一郎、「news every.」で未成年飲酒について謝罪 活動自粛を発表
「今回のことを反省し、自分のことをしっかりと見つめ直す時期にしたい」と小山さん。(2018/6/7)

洋服、プロテイン、ネットアイドルへ“投げ銭”も:
あなたの知らない「ツケで払う人」の世界
クレジットカードを持たない人向けに「ツケ」で商品を買えるサービスが盛況。ただ、あるサービスのユーザーを調べると未成年より20〜30代が多く、プロテインなど不思議な物に使う人も少なくなかった。(2018/5/23)

女子高生の裏アカウント所有率は68.9% デジタルアーツの未成年スマホ実態調査
デジタルアーツは、未成年者の携帯電話・スマートフォン利用実態調査の結果を発表。女子高校生の68.9%が裏アカウントを所有し、67.6%がネット上の友達とのリアル化を希望している。インターネットに関する事件については、半数以上が人ごととして捉えていることが分かった。(2018/3/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
海外で「児童婚」が問題に、日本はどうする?
最近、海外のメディアで「児童婚」のニュースをよく目にする。未成年者の結婚が問題になっていて、結婚年齢を引き上げる国が増えてきている。こうした動きに対して、日本はどうするのか。(2018/1/18)

インフルエンザによる小児・未成年者の「異常行動」、厚労省が注意 「治療開始後2日間は一人にしない」
抗インフルエンザウイルス薬の種類や服用の有無関係なく注意しましょう。(2017/11/27)

YouTube、不適切なコンテンツ対策を強化 「YouTube Kids」ガイドライン公開も
YouTubeが、一見家族向けで実は子どもに見せられないような動画や、未成年が危険にさらされるような動画の増加を受け、対策強化を発表した。ガイドラインの適用範囲を広げ、既に50以上のチャンネルを停止した。(2017/11/24)

YouTubeが家族向けに安全対策 未成年者が登場する動画への不適切なコメントを取締強化など
家族が安心して利用できるように。(2017/11/23)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年9月版:
Struts 2の脆弱性、三度目の正直なのか
2017年9月のセキュリティクラスタ、話題の中心は「Apache Struts 2」でした。リモートからサーバOSのコマンドが実行できる脆弱(ぜいじゃく)性が見つかったのは、2017年に限っても3度目です。未成年者のネットを使った犯罪では、中学生とは思えないほど手の込んでいたチケットの販売詐欺と、メルカリを使ったウイルス情報販売が話題になりました。またBluetoothをオンにしているだけで乗っ取られるという「BlueBorne」脆弱性が公表されてAndroidユーザーを中心に騒ぎとなりました。(2017/10/11)

『未成年だけどコドモじゃない』実写映画化 中島健人と平祐奈が“高校生夫婦”役、知念侑李との三角関係を演じる
奇しくも姉と同じ年に花嫁姿となった平祐奈さん。(2017/7/27)

「未成年に見える」 “合法ロリ”長澤茉里奈の飲酒写真がセーフなのにアウトにしか見えない
安心してください、合法ですよ。(2017/7/27)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
両親の同意なしで未成年は契約できない? 筆者が衝撃を受けたある兄弟の悲しい話
(2017/6/10)

「弁解の余地はございません」 俳優・小出恵介、未成年との飲酒・不適切な関係で無期限活動停止へ
「全てのご批判や処罰を真摯に受け止め、私自身の取るべき責任を果たしていきたい」(小出恵介)(2017/6/8)

米Amazon、子どもが親に無断で支払ったゲームアイテム代金約77億円を返金へ
未成年が保護者に無断でアプリ内アイテムを購入できるシステムに問題があるとして、2014年に提訴されていました。(2017/4/6)

マンガで分かる「ソシャゲ問題」 ガンホーが「子どものゲーム安心・安全ブック」公開
ガンホーが、未成年者のゲームトラブル防止を目的とした啓発活動を開始した。学校を中心として冊子の配布や動画の配信を行う。(2017/3/7)

東京都が未成年の「自画撮り」対策に本腰 SNSなどでの裸体画像の要求を取り締まり対象に
しかし具体的な取り締まり方法についてはまだまだこれから。(2017/2/17)

“未成年淫行疑惑”の狩野英孝が無期限の謹慎を発表 「恋愛感情はあったが彼女ではなかった」
地下アイドルからは「楽屋で狩野英孝さんとのセックスの話してるとこ聞いちゃって」という話も。(2017/1/21)

“「ゲス」川谷と飲んでいた未成年タレント” ほのかりんが所属事務所と契約解除に
もう成人しています。(2016/12/17)

LINEのハッシュタグ、未成年が“出会い”に利用 LINE「厳格に対応したい」
LINEの「ハッシュタグ」を、未成年が出会い目的に利用している。LINEは「問題は把握している」といい、「早急に厳格に対応したい」としている。(2016/12/13)

意外と知らない教育現場のいま:
未成年の人工妊娠中絶数、年間約1万8000件 「日本の性教育は不徹底」
人工妊娠中絶数自体は平成初期をピークに減少傾向にあるが、そのうちの10代の割合は相変わらず高いまま――。が、これは個人の責任問題ではない。性教育を系統立てて授けていくシステムを構築できていない国の責任である。(2016/10/19)

慶應ミスコンが主催団体の未成年飲酒により中止に 中野美奈子や竹内由恵など人気アナを輩出
企画運営団体「慶應義塾広告学研究会」が懇親会で未成年に飲酒させていたことから、大学が解散を命じたとのこと。(2016/10/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。