ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自動車ショー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
誠Style:クルマ・バイク

3台の新型フェアレディZにアツい視線 「東京オートサロン2022」日産自動車ブースレポ 限定KICKSやノート・オーテックver.など
日本仕様のZに大きな注目が集まりました。(2022/1/18)

フルスロットルで激撮! 「東京オートサロン2022」会場を彩った美女コンパニオンまとめ第2弾
オートサロン会場で見かけたお姉さんまとめ。(2022/1/17)

新型「K-EV」初披露 「東京オートサロン2022」三菱自動車のブースレポ アウトドア志向のコンセプトカー多数
三菱自動車のブースレポです。(2022/1/17)

日産、新型「フェアレディZ」オートサロンでドカンと発表 モリゾウ社長も視察「負けませんよ!」
初期限定モデルは約700万円から。た、高い……? いや、この仕様ならば安い!?(2022/1/17)

ガチすぎフルチューン「GRMN ヤリス」が発表 ラリーとサーキットの2種を「東京オートサロン2022」で初披露
お値段はベースグレードが731万7000円から。(2022/1/16)

2年ぶりにハートがトップギア! 「東京オートサロン2022」セクシー&キュートな美女コンパニオンまとめ第1弾
【写真90枚】オートサロンで見かけたお姉さんまとめ。(2022/1/16)

ル・マン24h優勝マシンも! 競技車両やトロフィーがずらり「東京オートサロン」トヨタのブースレポ 「GRNM ヤリス」「GR GT3 コンセプト」など展示
GRNM ヤリスに熱い視線が集まっていました。(2022/1/15)

「オートサロンに展示するぞ〜」 ヒロミ、軽トラ「ハイゼットジャンボ」をさらに盛りっとド目立ちカスタム 出展までの舞台裏も楽しそう
軽トラ愛が炸裂ー。会場でも目立っていましたよ〜!(2022/1/15)

自動車業界の1週間を振り返る:
クルマが文化としていつまでも豊かなものでありますように
これを書いている金曜日は、千葉の海風に吹かれて凍える思いをしていました。海風に吹かれながらどこに行ってきたかというと、この週末に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開かれる「東京オートサロン2022」です。(2022/1/15)

超小型BEV「ガチで自作」しちゃった! オートサロンに出展したスゴ腕YouTuberの必見ぶっとびやばすぎマシン
「自動車メーカーになる!」 ……ホントになれそうな自作BEVがマジSUGEEE。これ必見ですよ!(2022/1/14)

アヒルさん、ぷかぷか 「東京オートサロン2022」ダイハツブースレポ まさかの風呂付き「アトレー」、歴代「ハイゼット」シリーズ一挙展示など
初代から現行モデルまで、全10台のハイゼットが一挙に。(2022/1/14)

わくわくカスタム&魔改造、きれいなお姉さんたくさん! カスタムカーの祭典「東京オートサロン2022」開幕
2年ぶり実開催、わくわくなクルマがいっぱいですよぉぉ! 幕張メッセで1月16日まで。(2022/1/14)

シビック タイプRだけじゃない! 「東京オートサロン2022」ホンダブースレポ 「N」シリーズ新ブランド、「e:HEV」コンセプトカーなど展示
「N」シリーズ新ブランドにわくわく。(2022/1/14)

ついに来たァ! ホンダ、新型「シビック タイプR」プロトタイプの実車を披露 「特別な擬装」で東京オートサロンだけの限定展示
カモフラージュパターンに覆われたType Rが東京オートサロンに。(2022/1/14)

フルチューンモデル:
トヨタ、GRMNヤリスを初公開 500台限定で22年夏発売
TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は1月14日、東京オートサロン2022で「GRMNヤリス」を初公開した。(2022/1/14)

東京オートサロン2022で公開:
日産、新型「フェアレディZ」日本で公開 6月下旬から販売
日産自動車は1月14日、新型「フェアレディZ」を東京オートサロン2022で公開した。併せて特別仕様車の「Proto Spec」も発表した。(2022/1/14)

コレは一体何だぁぁ! スバル、東京オートサロン2022で謎のスポーツカー「STI E-RA CONCEPT」世界初公開
「STI」エンブレムがキラリ! あれ、謎のクルマは「2台」あるようですね!【更新】(2022/1/14)

「発表前の新型SUV」世界初公開、F1マシンも来るよぉぉ! アルピーヌとルノーが東京オートサロンで新型車披露
MC版「アルピーヌ A110」もかっこいい!(2022/1/12)

何かやばそうなやつが来るぞぉぉ! トヨタ、オートサロンで「GR GT3 Concept」「フルチューンGRヤリス」初公開
このヤバそうなのは一体何だ!?(2022/1/11)

鬼速ホットハッチ「新ゴルフ GTI」披露 VW、4年ぶりに東京オートサロン出展
ドイツ流「Oettinger」カスタムもかっこよさそう!(2022/1/6)

新型「シビック タイプR」来るぞぉぉ! ホンダが東京オートサロン2022で初披露
“偽装”柄が何かSUGEEE。Modulo Xチューンのヴェゼルも〜。(2022/1/3)

オイ、これ開くぞ! ダイハツの「新型アトレーカスタム」が秘密基地っぽくて好きすぎる 東京オートサロンで披露
何かが発射されそうだー♪(2022/1/1)

期待の「軽EV」いくらになる? 三菱自動車がチラ見せ 東京オートサロンで披露、2022年度初頭発売予定
“WRCランエボ"や“パリダカパジェロ"好きの世代へ再度訴える「ラリーアート」なコンセプトモデルも〜!(2021/12/29)

新型「フェアレディZ」来るよぉぉ! 日産、東京オートサロン2022で“日本仕様モデル”初公開
そのまま“基地”になる「キャラバン」カスタムも本気度MAX〜。(2021/12/23)

「東京オートサロン2022」幕張メッセで開催決定 2022年1月14日から
リアル開催は2年ぶりです。(2021/10/20)

電気自動車:
日産が中国でe-POWERを初導入、2025年までにシルフィ含め6車種で搭載
日産自動車は2021年9月29日、中国(天津)国際自動車展示会において、中国向けのハイブリッド車(HEV)「e-POWERシルフィ」を公開した。(2021/9/30)

自動車業界の1週間を振り返る:
EVだけではカーボンニュートラルではない、BMWが訴える「循環型経済」の意義
1週間おつかれさまでした。土曜日ですね。今週はドイツ・ミュンヘンで国際モーターショー「IAA MOBILITY 2021」が開幕しました。ドイツの乗用車のモーターショーといえばフランクフルトが開催地でしたが、ミュンヘンに場所を移して開催となりました。残念ながら現地には行けませんでしたが、電動化が展示の一大トレンドだったようです。(2021/9/11)

Volkswagen、ワーゲンバスの復刻版「ID.BUZZ」をロボタクシーに
VolkswagenはArgo AIと共同開発した自動運転車「ID.BUZZ AD」をミュンヘン自動車ショーで披露した。2017年に“ワーゲンバス”の復刻版として披露した電気自動車の自動運転モデルだ。2025年にロボタクシーとして傘下のMOIAで提供していく計画。(2021/9/7)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタがいよいよEVと自動運転 ライバルたちを一気に抜き去るのか、それとも?
トヨタは最新の運転支援技術を採用した新機能「Advanced Drive」をレクサスLSとMIRAIに搭載。さらに、先日の上海モーターショーでは新しいEVを発表した。そして驚いたのは、トヨタが今さら水素エンジンにまで触手を伸ばしてきたことだ。(2021/4/26)

自動車業界の1週間を振り返る:
もし2021年の東京モーターショーが開催されていたら、テーマはなんだろう
今週は、東京モーターショーの中止が発表されました。何事もなければ、今年(2021年)の秋に開催されるはずでした。オンラインのイベントも開かれません。さみしいですね。(2021/4/24)

電気自動車:
トヨタは2025年までに15車種、ホンダは中国で10車種、EV展開が加速
自動車メーカー各社が「上海モーターショー2021(Auto Shanghai 2021)」(一般公開日:2021年4月21〜28日)で電動車を披露する。(2021/4/20)

フロントグリルの意匠を変更:
レクサス「新型ES」世界初公開 日本では今秋発売
トヨタ自動車は4月19日、高級車ブランド「LEXUS(レクサス)」の新型ESを上海モーターショーで世界初公開した。(2021/4/19)

レクサス、新型「ES」を上海モーターショーで世界初披露 デザイン一部を先行公開
トヨタ自動車は高級車ブランド「LEXUS(レクサス)」の新型ESを上海モーターショーで世界初披露すると発表した。(2021/4/13)

電気自動車:
日産が新型「エクストレイル」を中国で披露、e-POWERも初導入
日産自動車は「上海モーターショー2021(Auto Shanghai 2021)」(一般公開日:4月21〜28日)において、中国でシリーズハイブリッドシステム「e-POWER」を導入すると発表する。(2021/3/29)

「GTOをEVのドリ車仕様に鬼改造……本気ですか?」 バーチャルオートサロンでド目立ち「魔改造&すげークルマ」
2021年もSUGEEEやつたくさん……でも、ほんの一部です。(2021/1/28)

「ナナメに走る」……? やっぱ変なマシンばかりだ バーチャルオートサロン2021「ブッ飛び学生カスタム」大集合
もはやベース車が何だか分からないシロモノも。(2021/1/21)

「極上の秘密基地?」「果樹園仕様が変態すぎる」 自動車メーカーがオートサロンで披露するはずだった「ブッ飛びカスタムカー」まとめ
中にはやり過ぎってほどの変態カーも。(2021/1/19)

あら、いい感じ♪ ホンダ、ぷちワイルドな「遊び仕様FITカスタム」公開 バーチャルオートサロンで披露
1月15日開幕です。(2021/1/13)

車載情報機器:
ヤマハの車載ブランドオーディオが2車種目の採用、新型「MG5」に搭載
ヤマハは2020年10月19日、上海汽車グループ傘下のブランド・MGが発売する新型車でヤマハブランドのスピーカーシステムが採用されたと発表した。搭載されるのは「MG5」の新モデルで、2020年11月に販売開始の予定だ。ヤマハは2020年の北京モーターショーにおいて、カーオーディオへの再参入を発表していた。(2020/10/20)

北京モーターショー2020:
ヤマハはカーオーディオに再参入、北京モーターショーに日系各社が出展
2020年の北京モーターショー(第16回北京国際汽車展覧会、プレスデー:9月26日〜27日、トレードデー:9月28日〜29日、一般公開日:9月30日〜10月5日)が開幕した。日系企業も現地でコンセプトモデルを発表するなど情報を発信している。(2020/9/29)

2ドアSUVスタイル ホンダ、新型EVコンセプトカー「Honda SUV e:concept」発表 北京モーターショーで初披露
スタイリッシュでカッコイイ。(2020/9/27)

車両デザイン:
ジュネーブショーで披露予定だった「ヤリスクロス」、日本発売は20年秋
トヨタ自動車は2020年4月23日、新型車「ヤリスクロス」を世界初公開した。同年3月に開催中止となったジュネーブ国際モーターショーで披露する予定だったモデルだ。日本では2020年秋に、欧州では2021年半ばに発売を計画している。日本仕様はトヨタ自動車東日本で、欧州仕様はフランス工場で生産する。(2020/4/24)

ブースに華を添えたお姉さんたちを激写 「東京オートサロン2020」色気たっぷり美女コンパニオンまとめ第4弾
色気のある衣装から、銃を持ったキケンなお姉さんまで!?(2020/1/24)

俺の美女センサーもバリバリやぁ! 「東京オートサロン2020」会場を彩ったビューティフルお姉さんまとめ第3弾
約2時間かけフルスロットルで撮ってきました。(2020/1/19)

「上級珍走団」「本当にひどかった」 東京オートサロンで出展者同士による騒乱トラブル、ランボルギーニ愛好家の空ぶかし行為がきっかけ
周辺道路で38台が違法改造で検挙されたという発表も。(2020/1/17)

お姉さんたちのスマイルにメロメロ 「東京オートサロン2020」会場を彩った美女コンパニオンまとめ第2弾
美女コンパニオンたちを激写してきました。(2020/1/16)

うそ、だろ!? 「EVスープラ」すげぇ 東京オートサロンでキラリと光っていた「ブッ飛び学生カスタム」大集合【写真37枚】
分かりやすく「本気」なのがすごくいい〜。(2020/1/14)

「農道・林道の○○」をなめんな〜w 東京オートサロンでキラ目立ち「鬼改造ごっきげん軽トラ」まとめ
ミクさんカスタムから、あの「バモスホンダ(!!)」まで、わくわくカスタムな軽トラいろいろ。(2020/1/14)

大胆衣装にアクセル全開! 「東京オートサロン2020」セクシーでカワイイお姉さんたちまとめ第1弾
東京オートサロンを熱く高まらせるスパイスだ。(2020/1/13)

「うぉぉ何だこりゃ!?」「マジで意味分からん」 東京オートサロンでド目立ち「魔改造&すげークルマ」まとめ
みんな気合い入りまくり。(2020/1/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。