ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「Endeavor Na miniシリーズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Endeavor Na miniシリーズ」に関する情報が集まったページです。

エプソンダイレクト、10時間駆動に対応した狭額縁デザインの13.3型モバイルノート
エプソンダイレクトは、13.3型フルHD液晶搭載モバイルノートPC「Endeavor NA520E」の販売を開始する。(2019/7/9)

FAニュース:
セキュリティを強化したIoTエッジコンピューティング向け組み込みPC
コンテックは、IoTエッジコンピューティング向け組み込み用PC「CPS-BXC200」シリーズを発売した。McAfeeホワイトリスト型セキュリティ対策ソフトを標準搭載し、異なるネットワーク階層を相互接続するギガビット LANポートを3つ備える。(2018/12/3)

PR:ビジネスに求める“リアルモバイルPC”の条件とは――エプソンダイレクト「Endeavor NA513E」徹底レビュー
薄型・軽量ボディー、長時間バッテリー駆動、パフォーマンス、そして信頼性や保守サポート。エプソンダイレクトの「Endeavor NA513E」は、働き方改革でノートPCに求められる条件を満たす13.3型ノートPCだ。(2018/10/30)

エプソンダイレクト、「Endeavor バリューモデル」に13.3型モバイルノートPCを追加
エプソンダイレクトは、カスタマイズメニューを簡潔化した「Endeavor バリューモデル」シリーズに13.3型モバイルノートPCを追加した。(2018/7/9)

エプソン、第8世代Core対応のミニタワーPC「Endeavor MR8100」など2製品
エプソンダイレクトは、第8世代Coreプロセッサの搭載に対応したミニタワー型デスクトップPC「Endeavor MR8100」など計2製品を発表した。(2018/5/29)

日本品質・短納期・キッティングBTO対応:
PR:仕事で使うパソコンにエプソンダイレクトを選ぶべき理由
企業に導入するPCの選定は、現場の生産性、企業の収益性を左右するといっても過言ではない。ビジネスで使うPCを選ぶ際にはどんなことを念頭に置くべきだろうか。(2017/3/6)

エプソンダイレクト、第6世代Coreプロセッサを採用した13.3型ビジネスノート「Endeavor NA512E」など2機種
エプソンダイレクトは、ビジネス向け13.3型モバイルノートPC「Endeavor NA512E」など計2製品の販売を開始する。(2015/12/22)

ビジネスの相棒はこれで決まり:
PR:高性能&軽量ボディの「Endeavor NA512E」で仕事がはかどる!
最新世代のCPUを搭載して生まれ変わった定番“お仕事マシン”、「Endeavor NA512E」を徹底レビュー。仕事をバリバリこなすなら、やっぱりクラムシェルタイプのノートPCが欲しい!(2015/12/22)

ビジネスの“相棒”を探そう:
PR:ノートPCか、タブレットか、あるいは2in1か……適材適所のモバイルデバイス選び
仕事にパソコンは欠かせない。しかし、昨今はタブレットや2in1デバイスなど、PC以外のモバイルデバイスもあり、どれが自分に最適なのかいまいち分からないという人も多いだろう。エプソンダイレクトの最新モデルから、あなたにぴったりの製品をピックアップ!!(2014/12/12)

エプソンダイレクト、ビジネス向けの軽量モバイルノート/タブレットなど3機種を発売
エプソンダイレクトは、ビジネス向け13.3型モバイルノートPC「Endeavor NA511E」など計3製品の販売を開始する。(2014/12/9)

一刻も早くリプレースを:
PR:Windows XPマシンからの簡単乗り換えガイド
サポート期間が終了したWindows XP。セキュリティ上、マシンのリプレースは優先事項の1つだが、乗り換えに際して何に着目すべきだろうか。見るべきポイントを押さえたうえで、幅広いラインアップをそろえるエプソンダイレクトの製品を例に、それぞれの用途に適したモデルをピックアップしていこう。(2014/6/16)

SOHO/中小企業に効く「ビジネスPC」の選び方(4):
“脱・Windows XP”のPCを選んでみる――XPサポート終了まで3カ月
Windows XPのサポート終了まで3カ月を切った。前回までは移行すべきPC環境のポイントをまとめてきたが、今回は仕事で使うPCをパーツ単位でチェックしつつ、主要メーカーのラインアップから具体的な製品をピックアップしよう。(2014/1/9)

エプソンダイレクト20周年記念インタビュー:
PR:歴代開発担当が語る20年「あのマシンで思い出す あの日は、とても、アツかった」
2013年11月に創業20年を迎える国内BTO対応PCメーカー「エプソンダイレクト」。市内電話網をパンクさせた第一号機、「ホワイトボックス」と言われたあの日、実は存在した「フル独自設計の超軽量モバイルノート」……。エプソンダイレクトの知られざる20年の軌跡・功績、胸アツな苦労話を製品担当者に聞いた。(2013/8/27)

年末/年度末導入に対応! オフィスノートPCの最適解:
PR:14型ノートでなんと3万円台から、コストパフォーマンスでこのモデルに勝るオフィスPCはあるか?──「Endeavor Sシリーズ NY2300S」検証
複数台をまとめて導入するオフィスシーンにおけるPCの入れ替え・新規導入は、初期コストもそれなりに発生する。これまでより業務効率や利便性を高めつつ、初期コストを低く抑えられるPCはないか──その最適解の1つがエプソンダイレクトの「Endeavor Sシリーズ」を導入することだ。今回は14型の売れ筋モデル「Endeavor Sシリーズ NY2300S」の詳細をチェックする。(2012/12/5)

PR:ビジネスPCで企業を元気に――PCをコストだけで選んでませんか?
「元気を取り戻さない限り、景気は回復はできない」。では元気を取り戻すためにどういうビジネスPCを選んだらいいのだろうか。(2012/12/4)

社長、今度の業務PCはこれがいいです:
PR:ツウ好みのBTOメニューがうれしい、薄型軽量な新世代の【快速】ノート──「Endeavor NA601E」徹底検証
中小規模のオフィスシーンに導入するPCといっても、安価なだけでは業務効率は決して上がらない。では、何を選べばよいか。その最適解の1つが「Endeavor NA601E」だ。日本の企業ニーズを熟知したエプソンダイレクトが投入する新世代オフィスPCを徹底チェックする。(2012/11/20)

5万円台から、Wバッテリー仕様にも:
エプソンダイレクト、最大11.6時間動作+14型1.65キロの軽量スリムノート「Endeavor NA601E」
エプソンダイレクトが軽量スリムノートPCの新シリーズを投入。フルBTOに対応し、Core i7やSSD、Wバッテリー仕様といった高性能・高利便性の仕様にカスタマイズできる。価格は5万9800円から。(2012/11/13)

3万8640円から、既存モデルも最大30%値下げ:
vPro構成も可能な省スペースビジネスPC──「Endeavor AT990E/AT995E」
エプソンダイレクトが、ビジネスシーン向けの省スペースデスクトップPC「Endeavor AT995E」を発売。企業導入でニーズの高いvPro構成モデルも6万円台から用意する。(2011/10/18)

半固定仕様で初期コスト低減:
2万円台より購入できるPC新シリーズ──エプソンダイレクト、「Endeavor Sシリーズ」を投入
エプソンダイレクトは、仕様を半固定とすることで初期導入コストを抑えた個人・小規模法人向けPC「Endeavor Sシリーズ」5モデルを発売する。価格は2万8980円からとリーズナブルな価格帯より購入できる。(2011/6/14)

PC販売ランキング(2011年4月18日〜4月24日):
GWにPC買うなら──NECと富士通が浮上、ノートPC人気に若干の変動
今回は大型連休直前の集計。PCの販売状況はランクインする顔ぶれこそ変わらないが、若干順位の入れ替えが起こっている。【2011年4月第4週版】(2011/5/2)

PC販売ランキング(2011年4月11日〜4月17日):
ランキングに大きな変動なし、“Sandy Bridge”モデルはやや伸び悩みの傾向か
4月も半ば、PC春モデルの販売ランキングは大きな変動がなくなり、TOP10圏内で細かく順位が入れ替わる程度になってきた。【2011年4月第3週版】(2011/4/22)

3万円後半台から:
重量1.1キロで6.1時間動作、Atom N550に進化したミニノートPC──「Endeavor Na04mini」
エプソンダイレクトが、Atom搭載ミニノートPCをリニューアル。デュアルコアのAtom N550、10.1型ワイドのディスプレイ、6.1時間動作のバッテリー、重量1.1キロの軽量ボディを特徴とする。(2011/4/19)

500台限定、5万円台から:
エプソンダイレクト、15.6型ビジネスノートPC「Endeavor NJ3300」に“より求めやすい価格”の限定モデル
エプソンダイレクトが「Endeavor NJ3300」のWeb特価モデルを500台限定で販売。価格は5万9850円から。(2010/9/14)

3万9990円から:
SSDも選択できる“7 Starter”搭載ミニノートPC「Endeavor Na03mini」
エプソンダイレクトが重量1キロの薄型軽量ミニノートPCラインアップを刷新。Atom N470+Windows 7 Starterを標準搭載とし、SSDを選択できるオプションメニューが加わった。(2010/5/18)

UQ Flatと同額の4480円/月から:
メディアウェイブシステムズ、端末代金込みのモバイルWiMAXサービス開始
メディアウェイブシステムズは、2年の利用を条件にしたモバイルWiMAXサービスを開始。WiMAX端末が含まれ、月額4480円から。(2010/4/15)

エプソンダイレクト、一部モデルを改定──Webクーポン積極展開で実質値下げ
エプソンダイレクトは一部モデルの価格・名称を改定。5250円のWeb限定クーポン利用で、実質値引きとなる。(2010/4/5)

PR:もう迷わない──ビジネスPCを「限られた予算」で調達する方法
限られた予算内でPCを調達するのはかなり難しい。ただ、簡単な方法がある。エプソンダイレクトの“PC選びのプロ”に、想定シーン別ビジネス用PCを“ズバリ”選定してもらおう。(2010/3/16)

5万円台から:
エプソンダイレクト、CULVノートPC「Endeavor NA501E」を5040円値下げ
エプソンダイレクトはCULVノートPC「NA501E」の5040円値下げを実施。5万9850円から購入できるようになった。(2010/1/18)

期間限定の割引キャンペーンも:
エプソンダイレクト、新CPU搭載の“省スペース&パワフル”デスクトップ「MR4000」
エプソンダイレクトは、インテルの新プラットフォームを採用したスリムデスクトップPC「Endeavor MR4000」を発表。各種カスタマイズオーダーに対応し、価格は6万4890円から。(2010/1/13)

1000台限定で“バッテリーもう1つ”、急ごう:
PR:薄く軽く安価、“性能不満なし”──さて、「Endeavor NA501E」の何に不満があるのですか?
エプソンダイレクトの「Endeavor NA501E」は、厚さ20.8ミリ&1.48キロの薄型軽量フラットボディが特徴のCULVノートPC。ノングレア液晶や6万円台から購入できる価格を軸に、日本の“ビジネスユーザー”がうれしい工夫を存分に備えている。(2009/12/15)

限定で“W”バッテリー:
エプソンダイレクト、厚さ20ミリの薄型軽量モバイルノート「Endeavor NA501E」
エプソンダイレクトは、厚さ20ミリ/重量1.48キロの薄型軽量で低価格な“CULVノートPC”「Endeavor NA501E」を発売する。価格は6万4890円から。(2009/12/1)

エプソンダイレクト、Windows 7搭載モデルの受注を開始
エプソンダイレクトがWindows 7搭載PCの受注を開始。ハイエンドモデルPro7000や新モデルPro4700などにWindows 7の各エディションを選択できるメニューが加わり、カスタマイズオーダーできる。(2009/10/19)

Home Premiumは実質5000円値下げ:
エプソンダイレクト、「Windows 7」搭載モデル投入
エプソンダイレクトは、同社製PCのWindows 7搭載モデルを10月22日に発売。7 Home Premiumは差額なしでVista Home Premiumより実質5000円値下げし、64ビット版の選択肢を拡充する。(2009/10/6)

3万円台で購入できます:
PR:心地よく、ちょうどいい──薄く、軽く、さらに美しい「Na02mini-V」に弱点はあるか
エプソンダイレクトのNetbook第2弾「Na02mini-V」は、より薄く軽く、さらに美しい鏡面ボディを備えた新モデル。このPCが今の時代、3万円台で購入できてしまうのだ。(2009/9/11)

鏡面仕上げの光沢天板:
エプソンダイレクト、3万円台のスリムNetbook「Endeavor Na02mini-V」
エプソンダイレクトは、薄型軽量の光沢ボディを採用するNetbook新モデル「Na02mini-V」を発売する。過不足のないベーシックなNetbook仕様ながら、3万9800円の安価設定を実現した。(2009/9/1)

エプソンダイレクト、Atom搭載ミニノート「Endeavor Na01 mini」を値下げ
エプソンダイレクトは7月1日、ミニノートPC「Endeavor Na01 mini」の価格改定を発表した。(2009/7/1)

“知らなかった”だと、ちょっと損です:
PR:「Endeavor SV120h」とWindows Home Serverで大きく広がる、“1歩進んだ”PCの活用
エプソンダイレクトの「Endeavor SV120h」は、家庭・SOHO向けのサーバOSであるWindows Home Serverを搭載した低価格・低発熱・低消費電力・超小型のサーバPCだ。今まで「やりたかったけどできなかった」は、SV120hで手軽かつシンプル、そしてシームレスに実現できる。(2009/6/24)

大変身したNetbook:
新型「LaVie Light」3モデルの使い勝手をチェックした
夏モデルでフルモデルチェンジしたNECのNetbook「LaVie Light」シリーズ。その強化点や使い勝手を細かく見ていこう。(2009/6/16)

ミニノートPC「Na01 mini」に3万円台の低価格モデル──限定500台
エプソンダイレクトはAtom搭載ミニノートPC「Na01 mini」にHDD容量を80Gバイトとした低価格モデルを投入。価格は3万4800円、500台限定。(2009/5/18)

エプソンダイレクト、デスクトップ/ノートPC計13モデルを最大13.6%値下げ
エプソンダイレクトは、同社製PC「Endeavor PC」13モデル、およBTOオプションの価格改定を発表した。(2009/4/3)

賢いPCの選び方:
PR:新年度の準備はエプソンダイレクトで始めよう――ビジネスPC購入指南
財布の中身がさびしいこんな時期だからこそ、新しいPCはできるだけ“お得”に手に入れたいと思うもの。豊富なBTOメニューを持つエプソンダイレクトなら、自分にとって本当に必要なPCを、納得の価格で購入できるのだ。(2009/2/24)

2009年PC春モデル:
SSDを搭載したNB100/HFを“すきま時間”にチェックする
元気なNetbook市場でも、日本のPCメーカーは地道に参戦している。東芝のNetbookも第2世代に突入した。SSDを搭載した“光り輝く”NB100を一瞬で把握しよう(2009/2/20)

エプソンダイレクト、ミニノート「Endeavor Na01 mini」にホワイトモデル――値下げも同時実施
エプソンダイレクトは、ミニノートPC「Endeavor Na01 mini」のホワイトモデルを発表した。(2009/2/10)

“最強モバイル”を検証:
PR:3Dゲームも楽しめるパワフルモバイルの進化系――「Endeavor NA802」の実力を探る
エプソンダイレクトの軽量薄型ノートPC「Endeavor NA802」が、Montevina世代の最新プラットフォームに生まれ変わった。ストレージにSSDを選択でき、外付けGPUとしてGeForce 9600M GTを実装するなど、その性能は圧倒的だ。(2009/1/23)

エプソンダイレクト、Centrino 2対応のハイスペックノート「Endeavor NA802」
エプソンダイレクトは、13.3型ワイド液晶装備のハイスペックノートPC「Endeavor NA802」を発表。天板には自己治癒コートを採用した。(2009/1/14)

エプソンダイレクト、Core i7搭載のフラッグシップデスクトップ「Endeavor Pro7000」
エプソンダイレクトは、同社上位モデルとなるCore i7搭載対応デスクトップPC「Endeavor Pro7000」を発表した。(2009/1/14)

勝手に連載「海で使うIT」:
「Eee PC 901-16G」で電脳航海に挑む
「できないこともあります」とメーカーが脅かすNetbookだが、その安さはリスキーな船で使うのに(それほど)抵抗ない。でも、電子海図と航法ソフトはまともに動くのかな?(2009/1/5)

Weekly ITmedia +D Top10:
従来のイメージを越えた携帯電話
音楽に特化した携帯電話「Walkman Phone, Xmini」……最初見たとき何だか分かりませんでした。(2008/12/18)

4万6800円のNetbook:
動画で見る低価格ミニPC――エプソンダイレクト「Endeavor Na01 mini」編
国内メーカー発のNetbookが相次いで登場し、低価格ミニPC戦線は拡大の一途をたどっている。今回紹介するのはエプソンダイレクトの「Endeavor Na01 mini」だ。(2008/12/9)

ミヤビックス、液晶保護シート「OverLay Plus/Brilliant」に“Endeavor Na01 mini”用モデル追加
ミヤビックスは、エプソンダイレクト製ミニノートPC「Endeavor Na01 mini」の液晶保護シート2製品を発表した。(2008/12/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。