ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「成田空港」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「成田空港」に関する情報が集まったページです。

第4回 ロボデックス:
ロボットで人手不足を解消できる? アシストスーツからバリスタ、原発廃炉のロボまで登場
少子高齢化、労働人口の減少の問題を解決する方法の1つとして注目されているのがロボット活用。その最前線を展示会で見てきた。(2020/2/13)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(24):
英語のコミュニケーションで最も苦労しているのは米国人!? 〜 英語によるUI
今回は、組み込み系エンジニアがものすごく苦労している「英語によるユーザーインタフェース(UI)やデザイン」を取り上げます。組み込み製品で、何かを英語で伝えるのは難しく見えますが、コツを押さえれば、意外に簡単です。このコラムで、「コミュニケーションの国際化」のコツを理解していただければうれしく思います。(2020/2/7)

ドコモ、5G活用「遠隔アバター案内」を成田空港で実施
NTTドコモは、2月3日から成田国際空港と「遠隔アバター案内」の実証実験を開始。成田空港第3ターミナルで、ディスプレイに表示されたキャラクターを通じて遠隔での有人案内を受けることができる。(2020/1/31)

「なんて嬉しいサービスや」 よゐこ有野、フランスの空港でドンキーコング・ディグダグ・パックマンに出くわす
濱口優・南明奈夫妻との相合傘の願掛けなどフランスを満喫。(2020/1/21)

千葉県の空き家率は11.8% 地域格差拡大、求められる対策は?
総務省「住宅・土地統計調査」(平成30年)によると、千葉県の空き家数は35.9万戸(全国6位)、空き家率は11.8%(同39位)となっている。20年調査との比較では、空き家数が3.2万戸(9.9%)増えた一方、空き家率は0.2ポイント低下した。(2020/1/16)

「ありがたやー」「最高でした」 年に一度の激レア飛行「JAL 2020年初日の出フライト」に乗ってみた
「特別感」がすごい! 数千メートル上空で見た初日の出と富士山の様子をどうぞ〜。(2020/1/6)

インバウンド消費の実態は? 関東の訪日外国人1人当たりの消費額、実は減少中
(2019/12/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界の有能人材が「日本を避ける」未来 元TBS記者の性暴行事件が及ぼす深刻な影響
ジャーナリストの伊藤詩織氏が元TBS記者の山口敬之氏に性的暴行を受けたと訴えた裁判で判決が言い渡された。この事件は海外でも多く報じられており、「男尊女卑」「独裁」という日本のイメージが強まっている。日本への不信感で有能な人材を遠ざけることになるかもしれない。(2019/12/26)

2020年3月14日のダイヤ改正、関東圏の鉄道はどう変わる?
この時期になると、JR各社とJRに乗り入れている各社のダイヤ改正の発表が行われる。次回のダイヤ改正(20年3月14日)で、関東圏の鉄道はどのように変わるのか。(2019/12/21)

風神雷神図のタイル絵が見事……えっこれ全部レゴ!? プロビルダー入魂のモザイクアートが成田空港に登場
オープンしたてのレゴストアで常設展示。(2019/12/21)

PR:日本語しか話せなくて問題なし! LCCの「ベトジェットエア」でベトナムに行くと安くて楽しい
リゾート地のダナンを満喫してきました!(2019/12/18)

収穫、排泄…支援ロボ続々開発 ロボットベンチャーのサイバーダイン 
開発を進めていた農業用収穫支援ロボットや身体障害者の排泄支援を目的とした電動車いすなどを初公開した。(2019/12/17)

ヤフーとLINEの統合にみる生存戦略 情報経路の“世代間ギャップ”が次世代サービスを変える
身近にある“情報格差“。サービスを設計するときは、世代による“情報への接触方法”の違いを考える必要がある。(2019/12/10)

成田国際空港にアニメをテーマとしたエリア「成田アニメデッキ」オープン KADOKAWAプロデュースの飲食店とグッズショップ
空港でもアニメを満喫できる!(2019/11/25)

「IBMに買収されたが、これからも独立した立場だ」――Red Hat幹部、ブレない戦略語る
米Red Hatの経営陣が、都内で方針説明会を開催。「IBMに買収されたが、これからも独立した立場だ」とブレない姿勢を示した。今後も「オープン・ハイブリッドクラウド戦略」に注力する方針だ。(2019/11/20)

CEATEC 2019:
Wi-Fi電波だけで在室確認や睡眠状態検知、Origin WirelessがCEATECで提案
Origin Wireless Japanは、「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)に出展し、Wi-Fiの電波で物体の動きや移動を検出できる独自の空間認知プラットフォーム「WirelessAI」を紹介した。(2019/10/18)

【台風19号】航空各社「運行状況」まとめ
航空各社も11日夜〜13日の便の多くで欠航を決定(2019/10/11)

昼ごろにほぼすべての在来線が運休 JR東、台風19号に対応した計画運休スケジュール公開 12日に実施
13日も計画運休の可能性があるそうです。(2019/10/11)

無限に時間を消費してしまう恐怖 東京の交通網をリアルタイムに再現した3Dマップ「Mini Tokyo 3D」がやばすぎる 
あぁー、時間が溶けるぅー。(2019/10/10)

タイムアウト東京のオススメ:
未来の温浴施設に期待する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/10/8)

現地取材で覚えた「違和感」:
静岡県知事の「リニア妨害」 県内からも不満噴出の衝撃【後編】
静岡県が大井川の減水問題などを理由に、リニア中央新幹線の建設工事に「待った」をかけ続けている。なぜ静岡県知事はリニア建設を「妨害」するのか? 現地取材で浮かび上がった実態を前後編でお届けする後編。(2019/10/8)

飛行機の滑走路は「平らで長い」とは限らない 世界は広い……! 超絶ハードな空港
オーバーランしたらと思うとぞっとします。(2019/10/8)

空港アクセスを強化:
鉄道会社のダイヤ改正、どんな狙いがあるのか
この秋、いくつかの鉄道会社がダイヤ改正を行う。ダイヤ改正の狙いは、どこにあるのか。各社の発表より、その狙いを考えてみたい。(2019/9/30)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
台風15号の朝、「振り替え輸送」が実施されなかった理由
台風15号が直撃した9月9日の朝、公共交通が大混乱となった。その理由の一つに「振り替え輸送がなかった」という声がある。振り替え輸送は自動的に行われるわけではない。その仕組みから、実施されなかった理由を解説する。(2019/9/20)

一部を除きミリ波対応:
ドコモが「5Gプレサービス」対応端末を披露 スマホ3機種とルーター1機種
NTTドコモが、9月20日から開始する5Gプレサービス用のスマートフォンとルーターを披露した。一部を除き「Sub-6」「ミリ波」両方の通信に対応するが、あくまでもプレサービス用という位置付けで市販される予定はない。【追記】(2019/9/18)

日本の都市特性評価:
国内主要72都市と東京23区の"都市総合力"ランキング発表 トップ3は変わらず
森記念財団が、主要72都市と東京23区を対象に特性評価を発表した。主要都市の首位は2年連続で京都市だった。23区を対象とした評価でも、トップ3は変わらず。携帯電話の位置情報を基に行った外国人観光客の動向調査も同時発表。(2019/9/10)

「助けて」「脱出できない」 成田空港が陸の孤島と化す 鉄道とバスが運休して交通網マヒ、諦めて徒歩で脱出する人も
倒木などで復旧見込みが立たないもよう。(2019/9/9)

「千葉から出られない」「社畜の参勤交代」 千葉県・津田沼駅の入場待機列がヤバすぎると話題に 台風15号の影響で運転見合わせ
家に帰ろう……?(2019/9/9)

宇宙開発:
世界初民間月面着陸を諦めない、ispaceがシチズンやスズキなど新パートナー発表
月面開発ベンチャーのispaceは2019年8月22日、東京都内で会見を開き、民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」の計画変更と、シチズン時計、スズキ、住友商事などの新パートナーを加えたことを発表した。(2019/8/23)

成田空港、無人で「手荷物預け」可能に 自動チェックイン機との併用で搭乗手続きの「完全無人化」実現へ
成田国際空港が、無人で手荷物を預けられる機械を、今夏から全ターミナルに導入すると発表した。搭乗客の待ち時間短縮や、チェックインカウンターの混雑緩和が狙い。客が機械の画面にパスポートなどをかざすと本人確認が完了し、荷物用のタグを出力する。(2019/8/22)

交通政策白書を読み解く(後編):
モビリティ革命の推進力、日本の交通に変化をもたらす4つの先進的取り組み
国土交通省は2019年6月に「平成30年度交通の動向」及び「令和元年度交通施策」(以下、交通政策白書2019)を公開した。今回は「モビリティ革命〜移動が変わる、変革元年〜」をテーマに、交通の動向や交通に関する施策を紹介している。(2019/8/19)

みんなー空港でお泊り会やるよー! セントレアに泊まれる体験型イベント「Night Tour for SKY KIDS 2019」8月28、29日開催
夏休みの特別企画!(2019/8/2)

クラウドSIM対応のスマホ型ルーター「GW01」登場 ビジョンが8月からレンタル開始
ビジョンが、クラウドSIM対応のスマホ型ルーターのレンタルを8月1日に開始する。海外の108箇所で現地キャリアに自動で接続するのが特徴。本体はルーターよりもスリムで軽く、手軽に持ち運べる。(2019/7/31)

駅の改札口から出国手続き前まで:
国土交通省、成田国際空港の屋内電子地図を無償公開
国土交通省は成田国際空港の屋内電子地図を無償公開した。ターミナルの各フロアについて、通路や階段、トイレなどの位置に加え、商業施設エリアについては店舗の区画も整備されている。(2019/7/23)

製造マネジメントニュース:
「2020東京がなければ新規事業もなかった」、2000億円超の収益を得るパナソニック
パナソニックは、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに関連するビジネスについて、累計販売額が2000億円を超える見通しであることを発表した。(2019/7/12)

カメラで自動顔認証、電子申告ゲートを国内6空港の税関検査場に導入 NEC発表
カメラの位置を意識せず、ゲート内を歩くだけで本人確認が完了する。既に成田国際空港第3旅客ターミナルで運用されており、新たに新千歳空港、成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港に導入される。(2019/7/11)

安藤百福氏をイメージしたラーメンも:
大手チェーンなのに店舗限定ラーメンを連発する一風堂の狙い
大手ラーメンチェーンの一風堂が店舗限定メニューを強化している。北は北海道から南は沖縄県まで11店で展開している。その狙いはどこにあるのか。(2019/7/2)

石川温のスマホ業界新聞:
iOS 13でマップの表現力が大幅に強化――日本も2020年を目指してバスや徒歩の移動にも対応
WWDC 2019において、iOS 13の概要が発表された。注目は、表現力を増したマップ。日本でも2020年を目標に高精度化を図る予定だ。(2019/6/14)

ビジネス活用事例:
ZOZOとJAL、音声AIアシスタント活用で生み出すそれぞれの新顧客体験
音声AIアシスタントが生み出す価値と施策実現のためのプロセスを先進企業の取り組みに学ぶ。(2019/6/12)

成田空港“顔パス”で搭乗OK 20年春スタート 顔認証端末を公開
成田国際空港が、2020年春に運用を開始する顔認証を使った搭乗手続き「OneID」のデモンストレーションを報道陣向けに公開した。(2019/5/31)

乗りたい・行きたい:
関東圏の私鉄は「特急大競争」時代に突入した 各社の考え方
関東圏の私鉄各社が、観光地への誘致と、その際の列車利用をうながすため、新車に力を入れている。そんな各社の新車と、その背景にある考え方について、評価してみたい。(2019/5/28)

ロボット開発ニュース:
自動追従の電動車いすが成田空港で検証、高齢者の乗り継ぎ不安を解消へ
全日本空輸(ANA)とパナソニックは2019年5月16日、前方の車いすに自動で追従する電動車いすの実証実験を成田空港で行った。航空便を乗り継ぐ高齢者など、移動に不安を持つ乗客の利便性向上と空港地上係員の負担軽減を狙う。(2019/5/17)

杉山淳一の週刊鉄道経済:
「令和駅」は誕生するのか? 「高輪ゲートウェイ駅」を改名したい
GWの大型連休に関連して、旅行業界が盛り上がっている。そんな中で筆者が注目しているのは、新元号の始まりを特別列車の車内で祝うツアーである。中でも近畿日本鉄道の「元号をつなぐ貸し切り列車の旅」は豪華で……。(2019/4/20)

「世界の空港ランキング」2019年版、日本の3空港がトップ10入り
部門別トップも多く獲得。(2019/4/6)

日本通運が採用:
物流のDXを支援、Intelの輸送可視化ソリューション
Intelの日本法人インテルは2019年3月28日、都内で記者説明会を開催し、物流業界向けのIoT(モノのインターネット)ソリューション「インテル コネクテッド・ロジスティクス・プラットフォーム」を発表した。(2019/3/29)

成田空港で“顔パス” チェックイン時に顔写真登録、その後はパスポート提示不要に
チェックイン時に顔写真を登録すれば、その後の保安検査などで搭乗券やパスポートなどの提示が不要になる新しい搭乗手続き「OneID」を、成田空港が国内の空港に先駆けて、全日空と日本航空で導入する。NECの顔認証システムを採用した。(2019/3/4)

チェックインから搭乗まで“顔パス”でウォークスルー 成田空港、顔認証活用の搭乗手続き「OneID」を開始、2020年から
成田空港は、2020年春から、NECの顔認証技術を用いた新しい搭乗手続き「OneID」を開始。チェックイン時に顔写真を登録すると、手荷物預け、保安検査、搭乗ゲートを顔認証のみで通過できる。当初は、第1ターミナル南ウイングと第2ターミナルで運用を開始する。(2019/3/4)

音を使って眠りをサポートする“仮眠スペース” ヤマハが成田空港で実験開始
ヤマハが音を活用して眠りをサポートする仮眠スペースの実証実験を成田国際空港で始めた。時差ぼけや睡眠不足の人に試してもらい、システムの有用性などを検証する。(2019/2/27)

成田空港に“見える化”IoTトイレがオープン TOTO「おしり洗う気持ちよさ伝える」
成田空港にIoTを活用した最新トイレがオープン。TOTOは「おしりを洗うのは手を洗うのと同じ」とアピール。(2019/2/27)

水曜インタビュー劇場(眠り公演):
カプセルホテルの“常識”が変わる? 「ナインアワーズ」の考え方
カプセルホテルといえば、サラリーマンのおじさんが泊まっているといったイメージが強いかもしれないが、数年ほど前からちょっと異変が起きている。オシャレな雰囲気を演出しているところが増えてきたなかで、「眠り」にチカラを入れているところがある。それは……。(2019/2/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。