ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オムロンソフトウェア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オムロンソフトウェア」に関する情報が集まったページです。

ふぉーんなハナシ:
新元号「令和」 スマホの文字入力で変換できる?
5月1日に施行される新元号が「令和(れいわ)」に決まりました。スマートフォンの文字入力アプリ(IME)は「れいわ」を一発変換できるのでしょうか……?(2019/4/1)

iモードケータイの「代用」になる? VoLTE対応spモードケータイを試す(メール・Webブラウズ編)
NTTドコモがiモード携帯電話の出荷を終了した。機種変更先の1つとしてドコモが提案しているのが、VoLTE対応のspモード携帯電話だ。果たして、iモード携帯電話の「代用」として便利に使えるものなのだろうか? 今回はメールとWebブラウズについてレビューする。(2017/4/27)

ふぉーんなハナシ:
Shoin(書院)復活記念!――シャープの「S-Shoin」は“あれ”を入力しても大丈夫か
およそ9年前。シャープの携帯電話である“事件”が発生したことを覚えているだろうか。筆者は覚えている。だからこそ、シャープのスマホで「Shoin(書院)」が復活した、今だからこそ――。(2015/6/30)

医療IT最新トピック
日本人の死因上位「がん」「循環器疾患」などの予防、克服を目指すプロジェクトが始動
大崎市民病院や長野市民病院のシステム刷新事例、富士通と国立高度専門医療研究センターらの共同研究、JINSとオムロンソフトウェアが取り組むアイウェア端末の開発など、医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/1/14)

KDDI、国内初のFirefox OSスマートフォン「Fx0」発売 Webサーバ機能搭載、デバイス連携が可能に
KDDIがFirefox OSを搭載する国内初のスマートフォン「Fx0」を12月25日に発売。Webサーバ機能を搭載することでさまざまなデバイスと連携可能な点などが特徴。(2014/12/23)

App Town ユーティリティ:
ヤフー、カスタマイズや入力・変換機能を備えたiOS版キーボードアプリ「Yahoo!キーボード」
ヤフーは、自分好みのカスタマイズや日本語に合わせた入力・変換機能を備えたiOS版キーボードアプリ「Yahoo!キーボード」をリリース。(2014/12/2)

iOS 8向け日本語IME「Yahoo!キーボード」登場 スワイプ切り替えや背景カスタマイズが充実
ヤフーがiOS 8向け日本語IME「Yahoo!キーボード」を公開した。日本語利用に特化して使いやすさを追求したという。(2014/12/2)

ESEC2014 速報:
オムロンソフトウェアとNTTドコモ、「ウェアラブル 伝票認識システム」を参考展示
オムロンソフトウェアは「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」(会期:2014年5月14〜16日)に出展し、「画像認識ソリューション」を披露。その具体的な活用例として、NTTドコモと共同開発を進めている「ウェアラブル 伝票認識システム」(参考出品)のデモを実演してみせた。(2014/5/15)

ワイヤレスジャパン2013:
「Firefox OS」搭載スマートフォン公開 Webベースでアプリ開発が可能
Mozilla JapanがHTML5ベースの「Firefox OS」を搭載端末を「ワイヤレスジャパン2013」で展示している。日本語入力システムのデモ機も登場し、日本市場への投入も「できるだけ早く」進めたいという。(2013/5/29)

「HTC EVO 3D ISW12HT」の“ここ”が知りたい:
第5回 カメラは使いやすい? 文字入力は?――「HTC EVO 3D ISW12HT」
3D写真・動画を撮影できる500万画素CMOSのツインカメラを搭載する「HTC EVO 3D ISW12HT」。最終回ではカメラの使い勝手や機能性などをチェックした。(2011/12/27)

組み込みイベントレポート:
【ET2011】組み込みAndroid機器の普及に向けて大きく動き出したOESF
ET2011レポート、Android編。本稿では、大規模な展示・デモが行われていた一般社団法人「Open Embedded Software Foundation」ブースに注目し、組み込み分野におけるAndroidの最新動向を紹介する。(2011/12/8)

Japan IT Week 2011秋リポート(前編)
iPhoneがPOS端末に? スマートフォン&モバイルEXPOの注目展示
IT関連の総合展示会「Japan IT Week 2011秋」。本稿は、その1つである「スマートフォン&モバイルEXPO」の中から注目の展示をピックアップして紹介する。(2011/11/4)

ドコモ、音声認識で文字入力や検索ができるAndroidアプリ「Speakey」「VOICE IT!」提供
NTTドコモは、音声認識技術を利用したAndroid向け文字入力アプリ「Speakey Lite with iWnn IME(以下、Speakey)」と、機能呼び出しアプリ「Voice it!」を5月31日から11月30日までトライアル配信する。(2011/5/31)

松村太郎のiPhone生活:ビジネス:
新社会人必見、「FastBizCard」で脱・紙のアドレス帳
iPhone向けの名刺管理アプリはあまたあるが、その中でも注目したいのがアプリ・スマートの「FastBizCard」だ。名刺の読み取り精度が高いのはもちろんだが、「アクティブメモ」というメモ機能の出来も秀逸だ。(2011/5/2)

eBookリーダーとして使えるのか!?:
Sony Readerの“読みやすさ”を動画で確かめた
iPadに続く電子書籍リーダーとして期待を集めるソニーの「Reader」。試作機を入手できたので、まずはその動き具合をチェックしよう。(2010/11/26)

通信機能は内蔵せず:
ソニーが「Reader」を2機種投入、国内eBook市場に再参戦
ソニーが欧米で発売しているE Ink方式を採用した電子書籍リーダー「Reader」を日本でも12月10日から販売すると発表。同時に「Reader Store」も立ち上げる。(2010/11/25)

Android携帯が名刺リーダーに 「Bizcaroid Lite」
オムロンソフトウェアが、同社のOCRエンジン「モバイルOmCR」を採用したAndroid向け名刺リーダーアプリ「Bizcaroid Lite」をリリースした。(2010/10/14)

FlashやSwypeをチェック:
写真で解説する「GALAXY S」(ソフトウェア編)
Android 2.2を搭載したSamsung電子の「GALAXY S」は、PCと同様にFlashコンテンツを閲覧できるのが大きなトピックだ。ソフト編では、このFlashの挙動やホーム画面、新しい文字入力ソフト「Swype」を中心にリポートしよう。(2010/10/14)

1260円:
エレコム、丸みのあるフォルムの3ボタン光学式マウス「M-Y5UR」シリーズ
エレコムは、安価な光学式有線マウス「M-Y5UR」シリーズを9月下旬に発売する。“手にピタッ”とフィットする丸みのあるボディデザインが特徴。(2010/9/14)

「F-06B」の“ここ”が知りたい:
第5回 iWnnで何が変わった?――「F-06B」の文字入力機能をチェック
「F-06B」の文字入力システムは、従来の富士通端末で採用されていた「ATOK」から「iWnn」に変更された。そこで今回は、F-01Bとの比較を交えながら、文字入力の新機能や操作性、タッチパネルのUIを調べた。(2010/9/7)

ちょっと気になる入力デバイス:
エレコムの折りたたみ式Bluetoothキーボード「TK-FBP017BK」をガシガシたたいた
HIDだけでなくSPPもサポートした小型キーボード「TK-FBP017BK」。実際の使い勝手はどうなのか、Androidをはじめとしてさまざまなデバイスで試してみた。(2010/8/26)

写真で解説する「IS01」(ソフトウェア編)
「IS01」は、ボディサイズやQWERTYキーボードが目を引くが、機能や使い勝手はどうか。ホーム画面やブラウザ、ワンセグ、カメラ、文字入力などを簡単にチェックした。(2010/3/31)

写真で解説する「Xperia」(POBox Touch編)
日本の幅広いケータイユーザーをターゲットにした「Xperia」は、これまで登場したスマートフォンと比較しても非常に優れた日本語入力システムを搭載している。POBox Touchの使いやすさは、特筆に価する。(2010/1/25)

「ATOK for Android」「ATOK for iPhone」開発中
ジャストシステムが、日本語入力システム「ATOK」のiPhone版やAndroid版を開発していることを明らかにした。(2009/12/8)

PR:ビジネスシーンで活用する「HT-03A」 使いこなしのポイント
Androidケータイ「HT-03A」は、プライベートで存分に活用できるのはもちろん、ビジネスシーンでも活躍するポテンシャルを持っている。今回は、HT-03Aを購入したユーザーに、ビジネスシーンで活用しているAndroidアプリなどを聞いた。(2009/9/8)

ふぉーんなハナシ:
続・Androidでフリック入力
先日「Simeji」を使ってAndroidでフリック入力ができることを紹介したが、Simejiのほかにもフリック入力対応のIMEがある。また、一部ユーザーから熱烈に支持されている「ベル打ち」ができるIMEも登場している。(2009/8/14)

ふぉーんなハナシ:
Androidでフリック入力
iPhoneからAndroidケータイに乗り換えた人はそういないと思うが、Androidケータイでフリック入力がしたい、という人は少なからずいるのではないだろうか。そんな人に便利なアプリを紹介しよう。(2009/8/10)

Androidケータイに「iWnn IME」、オムロンソフトが開発
オムロンソフトウェアが、日本語・英語入力システム「iWnn IME」のAndroid対応版を開発。7月10日発売のAndroidケータイ「HT-03A」に搭載された。(2009/7/10)

写真と動画で解説する「HT-03A」(ソフトウェア編)
国内初の“Androidケータイ”「HT-03A」の特徴は、やはりAndroid OSによるオープンプラットフォーム環境と各種Googleサービスとの連携が可能な点だ。またAndroidマーケットから追加したアプリは、マルチタスクによって作業を中断することなく利用できる。(2009/6/3)

Symbian FoundationにHP、MySpace、SanDiskら14社が新たに参加表明
HP、MySpace、オムロンソフトウェアなどが新たにSymbian Foundationに加わった。(2009/2/13)

「S21HT」レビュー 後編:
フルブラウザと文字入力もタッチ操作のTouch Diamond――「S21HT」は“モデム”としても魅力的
独自UIの“TouchFLO 3D”を搭載した「Touch Diamond」(S21HT)。指先で待受画面を快適にタッチ操作できるのは分かったが、果たしてフルブラウザや文字入力の使い勝手はどうだろうか。そのほかの実用面もチェックした。(2008/12/2)

CEATEC JAPAN 2008:
モバイルの“おいしいところ”集めました――モバイルコンピューティングPLAZA
CEATEC JAPAN 2008のモバイルコンピューティングPLAZAでは、国内メーカーのNetbookやモバイルPC、国内未発売のMIDなど、注目製品がめじろ押しだ。(2008/10/1)

「BlackBerry 8707h」ロードテスト:
第2回 文字入力以外は“トラックホイール”で――グルグル+押し込みで快適操作
BlackBerry 8707hの操作のカギとなるのは、端末の側面に搭載された「トラックホイール」。文字入力以外のほとんどの操作を“グルグル+押し込み”で操作できるのは、なかなか快適だ。(2008/8/25)

機種変更時に学習辞書を移行できる――オムロンソフトの最新版日本語入力システム「iWnn」
オムロン ソフトウェアが、同社の組み込み機器向け日本語入力システム「Wnn」シリーズの最新版となる「iWnn」を発表。入力時のシチュエーションに合わせた最適な変換が可能になり、機種変更時の辞書の引き継ぎにも対応する。(2008/5/13)

写真で解説する「PRADA Phone by LG」(ソフトウェア編)
3インチのフルタッチパネルとスリムで洗練されたデザインが魅力の「PRADA Phone by LG」。ソフトウェアは“PRADA”の世界観やタッチパネルの操作性を生かしながら、日本語入力とメール、iモードやフルブラウザなど、いわゆる“日本のケータイ”としての機能がうまく共存していた。(2008/5/11)

ERP導入事例:Microsoft Dynamics AX
OSからERPまでをマイクロソフトに委ねてしまうという選択
管理会計の実現を目指し、Microsoft Dynamics AXを導入したマルエス工運。マイクロソフト製品だけに、WindowsやExcelなどとの連携で強みを発揮するという。(2008/4/17)

日本企業にもBlackBerryを──日本語にフル対応した「BlackBerry 8707h」
「BlackBerry 8707h」の日本語版は、端末からBlackBerry Enterprise Serverまで、ソリューション全体を完全に日本語対応させているという。今後は日本企業への導入も積極的に推進していく。(2007/7/18)

ソフィア、W-SIM対応端末の開発プラットフォームを製品化
これさえあれば、誰でもW-SIM対応端末が開発できる!?――ソフィアシステムズが8月に発売する「Sandgate WP」は、W-SIM端末の開発を簡単にするプラットフォームだ。(2006/6/26)

「804SS」レビュー(4):
薄さ14.9ミリの3G携帯「804SS」を試す──日本語入力
スーツのポケットにすんなり収まる薄さが特徴の「804SS」。第4回目のレビューでは、日本語入力の使い勝手を見ていく。(2006/5/8)

アスキーソリューションズとオムロンソフト、セキュリティソフトの販売で相互協力
アスキーソリューションズとオムロンソフトウェアは1月19日、それぞれのセキュリティソフトウェア「Desktop Scout」と「MDSec」を相互に販売する代理店契約を結んだ。(2006/1/19)

薄さ14.9ミリ、世界最薄3G──Samsung製の「804SS」
日本で初めて、サムスン電子製の携帯電話がボーダフォンからデビューする。3Gで最薄という薄型軽量ボディに音楽機能やPC連携機能を搭載したビジネスマン向け端末に仕上がっている。(2006/1/18)

「P902i」の基本機能を試す──アドレス帳・日本語入力・メール編
小型軽量ボディに光るカスタムジャケットが特徴の「P902i」。日本語入力システムやキー配列の変更など、UIの改善に注目が集まるこの端末について基本機能をチェックした。(2006/1/10)

組み込みイベントレポート:
組み込みの祭典Embedded Technology 2005
パシフィコ横浜にて、「Embedded Technology 2005」が開催された。併催イベント「ETロボコン」の模様も併せてレポートする(2005/11/26)

レッドハットとオムロンソフトウェア、協業して日本語入力環境の提供へ
レッドハットとオムロンソフトウェアは協業を発表。Red Hat Enterprise Linuxのユーザーに日本語入力システム「Wnn8」を特別価格で提供する。(2005/5/30)

「W22SA」、11月26日から順次発売
着うたフル対応の三洋電機製端末「W22SA」が、11月26日から順次販売される。(2004/11/22)

メール好きには狙い目? W22SAのメール作成機能を試す
携帯でメールを打っていて、変換しても期待している候補がでずに四苦八苦したことはないだろうか? W22SAならそのような労力が軽減されるかもしれない。(2004/11/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。