ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Oracle CRM On Demand」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Oracle CRM On Demand」に関する情報が集まったページです。

オムニチャネル時代のマーケティング基盤
消費者の購買行動の変化に対応したマーケティング基盤構築、4つのポイント
顧客が得るあらゆるカスタマーエクスペリエンス(顧客経験価値)がネットで発信/共有され、さらに顧客が接するチャネルも、PC上のECサイトやモバイルデバイス上のサイト、あるいはソーシャルメディアなど、さまざまな仕組みが複雑に絡み合う。企業と顧客との接点となるすべてのチャネルを把握し、それらのチャネルを通じて顧客に感動や喜びを与えるには、ITによるマーケティング基盤の構築が必要である。TIS株式会社の取り組みを通じて、オムニチャネル時代のマーケティング基盤構築の考え方を整理する。(2013/5/30)

【連載】日本の未来を切り拓くBtoBマーケティング:
第5回 SFAの得意技は「営業案件のプロセスマネージメント」
各拠点が持っている営業案件を統合管理し、失注率を減らし、受注決定率を上げるために、SFAほど強力な武器はありません。しかし、非常に大きな問題があります。SFAには案件を作る機能はないのです。(2012/12/19)

導入事例:
ベネトンがSaaS型CRMシステムを導入、ビジネス分析を活用へ
ベネトン ジャパンが商環境の変化に対応すべく「Oracle CRM On Demand」を導入した。(2012/5/9)

島津製作所、アジア拠点でのCRM基盤を強化
中国市場での営業強化などに向けて、島津製作所がオラクルのCRMアプリケーションを採用した。(2012/1/23)

日本オラクルがSaaS型CRMをバージョンアップ、マーケティング機能を追加
「Oracle CRM On Demand R19」では新機能の追加やiPad対応などが図られたている。(2011/7/21)

ERP NOW!【第8回】
「ソーシャルERP」は仕事に使えるTwitter、Facebook?
ERPパッケージに追加されることが増えてきたソーシャル機能。人と人の関係から意味ある情報を抽出し、共同作業を効率化する機能です。SAP、Oracleの製品から「ソーシャルERP」の今後を見てみましょう。(2011/6/29)

Weekly Memo:
ソフトバンクグループとの協業で見えてきたオラクルのクラウド事業スタンス
ソフトバンクグループとオラクルが先週、企業向けクラウド事業での協業を発表した。そこから見えてきたオラクルの同事業に対するスタンスに注目してみた。(2011/5/23)

日本オラクル、CRM情報を利用できるAndroidアプリをリリース
「Siebel CRM」と「Oracle CRM On Demand」の情報がAndroid OS 2.1以上を搭載するスマートフォンで利用できる。(2011/1/27)

Microsoft Dynamics CRM Onlineの正式版リリース オンプレミス版は2月28日
Microsoftが顧客関係管理製品のクラウド版を、オンプレミス版に先立って公開した。ライバルsalesforce.comとOracleからの移行顧客にはユーザー当たり200ドルを提供するキャンペーンも実施する。(2011/1/18)

「Oracle CRM On Demand R18」発表、大規模クラウドの利用を想定 日本オラクル
日本オラクルは10月21日、SaaS型CRMアプリケーションの最新版「Oracle CRM On Demand R18」を発表した。大規模なクラウド環境での利用を想定し、セキュリティレベルの向上を軸とした幾つかの機能強化を施した。(2010/10/21)

日本のSaaS市場、年平均11.7%で成長――ガートナー
ガートナージャパンによると、日本のSaaS市場は年平均11.7%で成長し、2013年には427億円に達する見通しだという。これをけん引するのは、メール/グループウェアとCRMだ。(2010/5/21)

Weekly Memo:
オラクルがSaaS型CRMに注力する理由
日本オラクルが先週、SaaS型CRMアプリケーション最新版の提供を始めた。この分野で先行するセールスフォース・ドットコムに対抗するためにも注力する必要があるようだ。(2010/4/26)

日本オラクル、新版「CRM On Demand」の提供を開始
日本オラクルはSaaS型CRMアプリケーションの最新版「Oracle CRM On Demand R17」の提供を開始した。ユーザーインタフェースや分析機能を強化した。(2010/4/21)

Google AppsとOracleを連携、日本オラクルがクラウドへの取り組みを強化
日本オラクルとアイキューブドシステムズは、Google Appsと「Oracle CRM On Demand」を連携する新サービスを提供する。(2010/2/9)

Oracle、製品データ管理のSilver Creek Systemsを買収
Silver Creekの製品は、企業の製品情報統合ソリューションである「Oracle PIM Data Hub」などに統合される。(2010/1/5)

ソフトバンクBB、営業管理システムを刷新
ソフトバンクBBはSaaS型CRMアプリケーションを活用して営業管理システムを導入した。(2009/9/10)

日本オラクル、マーケティングと営業をつなぐCRMサービスを提供
日本オラクルはシンフォニーマーケティングと協業し、セミナーやイベントに参加した顧客の情報を同社のCRMに取り込めるサービスを提供する。(2009/9/2)

Oracle CRM On Demandでネット広告枠が管理可能に
日本オラクルはOracle CRM On Demandに、インターネット広告関連の情報を管理できるサービスを追加した。(2009/8/11)

SMBのためのSaaS利用術【第2回】
「カスタマイズが肝」のCRM、どこまでSaaS事業者に合わせる?
SaaSアプリケーションの代表格ともいえるCRM(顧客系管理システム)。それだけに選択肢も広い。SMBに適したSaaS型CRMとは何か、各業務特性からチェックポイントを洗い出そう。(2009/6/11)

市場調査から予測するアプリトレンド【CRM編】
「営業マンのモチベーションを保つ」日本型CRM構築を
SaaS専業ベンダーの台頭で導入が進んだCRM。アイ・ティ・アールのアナリストへの取材を基に、CRMのトレンドを分析する。(2009/5/7)

ERPとSaaSをつなげる:
日本オラクル、JD EdwardsとCRM On Demandの連携を可能に
日本オラクルは、SaaSのラインアップを拡充すると発表した。(2009/3/23)

パターン別UC導入・活用術
失敗しないユニファイドコミュニケーション導入の極意
思うほど導入・活用が進んでいないといわれるユニファイドコミュニケーション(UC)。企業導入の障壁は何か。どのような使い方に適しているのか。UC活用への糸口を探る。(2009/2/20)

シングルテナントの形:
Oracleが「CRM On Demand」を刷新、Salesforce.comへ対抗
OracleはSaaS型エンタープライズアプリケーションエンジンをパワーアップし、「Oracle CRM On Demand Release 16」を発表した。Siebelクラウドコンピューティングアプリケーションの最新版となる同製品は、カスタムオブジェクトのサポート、改善されたビジネスインテリジェンス機能、パートナーリレーションシップ管理ツールなどを備える。(2009/1/28)

クラウド時代をリードするモバイルSaaS【第2回】
企業を強くするモバイルSaaS、自社に最適なサービスはどれか
ASP/SaaS発展期の主役となり得るモバイルSaaS。その中から特徴的なサービスをチョイス、その内容を紹介していく。業務系からユーティリティまで、幅広いラインアップとなった。(2009/1/8)

料金は一人約1万円:
アビームと日本オラクル、SaaS型コンタクトセンターの提供で協業
アビーム コンサルティングと日本オラクルは、SaaS型コンタクトセンターソリューションで協業する。(2008/12/18)

着実に進む企業のSaaS導入
企業システムを「所有」から「利用」へシフトするSaaS。2006年ごろから国内でもその導入メリットが認知され始め、着実に導入企業は増え続けている。SaaSに関連するコンテンツをまとめた。(2008/11/14)

名刺情報から案件獲得へ:
日本オラクル、CRMと名刺管理の連携サービスをSaaSで提供
名刺管理とCRMを組み合わせたSaaS型サービスを日本オラクルが提供し始めた。名刺情報から商談、案件の成約までを支援する。(2008/11/13)

BT、CGM、SNSは三種の神器:
CRM2.0の課題と使いこなし術
テレビドラマの公式サイトには掲示板が置かれ、視聴者や番組制作者がストーリーの感想や出演者の演技などについて活発に意見を交換している。CRM2.0を成功させるためのヒントがここにある。(2008/9/25)

CRM導入事例:Oracle CRM On Demand
SaaS型CRMで実現した組織型営業への転換
組織統合に伴う人員増。そして既に確定している大規模な組織拡大に向け、営業案件を全社的にどう管理するか。日立コンサルティングが選んだのはオラクルのSaaS型CRMだった。(2008/8/25)

CRMの新潮流:
「CRM2.0」はバズワードか――SaaSがもたらす新シナリオ
2007年からCRM市場成長率が再び2ケタ台に達している。ネットバブル以来のCRMの第2次ブームといえる。なぜ、ここに来てCRMが再注目されてきているのか。(2008/8/19)

PR:SaaS型CRMが選ばれている本当の理由
小さく始められるSaaS型のCRMが注目を集めている。今なぜ注目されるのか。そのメリットはどこにあるか。世界のCRM市場において500万ユーザーを抱えるオラクルのCRMアドバイザーに聞いた。(2008/8/15)

Oracle CRM On Demandを活用:
アライドテレシス、オラクルのCRMで顧客管理システムを刷新
スイッチ製品の開発と販売体制の強化を目的に日本オラクルのCRMを採用し、顧客管理システムを刷新した。(2008/8/13)

ホワイトペーパー:
SaaS型CRMの導入で392%の投資対効果を出した成功事例
米国の大手信用調査会社であるEQUIFAXは、オラクルのSaaS型CRMアプリケーションを導入したことで、驚くべき効果とメリットを出した。この成功事例について詳しく見ていく(提供:日本オラクル)。(2008/8/12)

CRM活用、成功の秘訣を探る【第3回】
MS、セールスフォース、オラクルが口をそろえたSaaSのメリット
CRMベンダーはどのようにユーザーニーズに応えているのか。ハイブリッドモデルでSaaS型CRM提供に乗り出したマイクロソフト、SaaS型のみのセールスフォース、そしてCRMベンダーの巨人、オラクルの3社に話を聞いた。(2008/7/22)

auとソフトバンクにも対応予定:
ドコモの携帯からオラクルのCRMが利用可能に
OracleのCRMサービス「Oracle CRM On Demand」をNTTドコモの携帯電話から利用できるサービスを、TDCソフトウェアエンジニアリングが7月に提供する。(2008/6/26)

顧客無視もアリ:
次はCRM 2.0
Web 2.0技術は、企業が効果的な顧客関係を実現するとともに、ステークホルダーの知恵を有効活用するのに役立つようだ。(2008/6/18)

案件リストをガジェット表示:
オラクルのCRMアプリ最新版 iGoogleからも利用可能に
最新版ではインターネット上のコンテンツを画面上に表示したりアプリケーションの機能をガジェットとして使ったりできるようになった。(2008/5/21)

NEWS
iGoogleからも使えるOracle CRM On Demandの最新版
日本オラクルがSaaS型CRMの最新版「Oracle CRM On Demand Release 15」の提供を開始した。コラボレーション機能や分析機能の強化をはじめ、Webポータルへの組み込みやデスクトップガジェットとして利用可能になるなどユニークな進化を遂げた。(2008/5/20)

Fusion登場の年、Oracleのアプリケーション戦略は?
 2008年は米Oracleが買収したソフトウェア企業の製品を統合して構築するアプリケーションの新製品「Oracle Fusion Applications」が登場する。アプリケーションの最新戦略について聞いた。(2008/4/10)

CRM導入事例
詳細な顧客データベースを基に顧客とのやりとりを一貫して管理するCRM。企業の利益を生む顧客との直接的な接点を蓄積していくからこそ、その活用法は導入企業によってさまざまだ。事例を通してさまざまなCRMの活用法を紹介する。(2008/3/26)

Oracle、「Oracle CRM On Demand Release 15」をリリース
Oracle CRM On Demandの最新版はSNS機能やコラボレーション機能に重点を置いたWeb2.0型のCRMだ。(2008/3/12)

ERPで変える情報化弱体企業の未来:
SaaSの潮流と普及のための条件(後編)
SaaSというサービス提供モデルは、その利点が企業に理解されれば一気に普及期に入るのだろうか。今回は、SaaS普及のための課題および条件について探ってみる。(2008/2/14)

ERPで変える情報化弱体企業の未来:
SaaSの潮流と普及のための条件【前編】
ERPをはじめとする基幹系情報システムに、利用や運用管理の形態でSaaSという新たな潮流が見え始めている。では、業務システムに関して国内のSaaS市場はどのような動きがあるのだろうか。(2008/2/6)

SaaSの1年間を振り返る:
「SaaSはソフトウェア市場の大きな潮流になる」――日本オラクル藤本氏
日本オラクルが「Siebel CRM On Demand」で本格的なSaaSビジネスに参入して1年余り。その取り組みを踏まえ、日本のSaaS市場の現状とSaaSビジネスの今後について日本オラクルの藤本寛氏に話を聞いた。(2007/12/28)

顧客満足度向上へ――コニカミノルタセンシングがSaaSでCRMを短期導入
コニカミノルタセンシングは、SaaS型CRMアプリケーションを活用して、保守契約管理システムを稼働させた。(2007/12/13)

「すべてはユーザー次第」のカスタマイズ性がSaaSの魅力
CRMを情シス部門の案件管理に活用!? 事例に見るオンデマンドCRMの可能性
不動産専門のデータバンクを運営する東京カンテイは2007年にオラクルの「Siebel CRM On Demand」を導入。目的は顧客情報の管理や分析ではなく情報システム部門の案件管理だった。その意外な活用法から、オンデマンドCRMの可能性が見えてくる。(2007/12/10)

ユーザーニーズに応える現代のCRM
進化するCRMを使いこなせ!
進化を続けるCRMアプリケーションをどう活用すべきか? IDC Japanアナリストに聞いた市場/ユーザー動向分析をはじめ、製品概要やカスタマイズ法などのCRM関連コンテンツをまとめて紹介。(2007/12/10)

案件管理システムを2日で構築 SaaS利用の東京カンテイ
不動産情報サービスの東京カンテイは、内部統制強化を目的に情報システム部門の案件管理システムをSaaS型のCRMアプリケーションで刷新。10月から本格稼働させた。(2007/11/6)

操作性が向上したSaaS型CRM製品「Oracle Siebel CRM On Demand Release 14」を発表――日本オラクル
日本オラクルは、Ajaxに対応したユーザビリティを特徴とする、SaaS型CRM製品の最新版「Oracle Siebel CRM On Demand Release 14」を発表した。(2007/8/20)

オラクル、「完全なCRM」を目指すソリューション展開を語る
日本オラクルは5月29日、CRMソリューションの現状とオラクルの取り組みについて解説するとともに、同社のCRM戦略を発表した(2007/5/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。