ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Packard Bell」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Packard Bell」に関する情報が集まったページです。

Go AbekawaのGo Global!〜Maverick Shih編:
失敗は恐れるものではない。学び、経験し、共有するものだ
グローバルを股に掛けたキャリアを築いてきたIT業界の先輩にお話を伺うシリーズ。今回は台湾を代表するIT企業Acerで、BYOC部門を統括するMaverick Shih氏に、IoTの可能性や、アジアの島国からグローバルに打って出るときに必要なマインドを伺った。(2015/9/28)

「NECにとって大きな広がりのある提携だ」──NECとLenovoの合弁会社
NECとLenovoの提携で、国内で2位以下を大きく突き放すトップシェアのPC事業グループが誕生する。NECの遠藤社長はスケールメリットによる価格競争力の向上などを期待し、対等な提携だと強調。(2011/1/28)

モバイルを軸に300億ドル規模のビジネスへ――Acer事業説明会
PCのワールドワイドシェアで2位になったAcerのCEO、ジャンフランコ・ランチ氏が初来日し、今後の事業展開と日本市場への期待を語った。(2009/11/27)

1366×768ドット+1.3キロ+8時間+デュアルコア+“7”搭載=5万円台:
「日本のPC、高すぎます」──これでどうだ、エイサーの5万円台「Aspire Timeline」新シリーズ
日本エイサーはacerブランドのWindows 7搭載新モデルを一挙に発表。デュアルコアCULVプロセッサ搭載で5万円台の新Aspire TimelineやフェラーリオフィシャルPC「Ferrari one」などを披露した。発売は10月22日から。(2009/10/13)

Netbook+2万円でもっと快適:
SoloかDuoか、それが問題だ――6万円台の「Aspire Timeline」を試す
“Netbookの次”の市場を狙う製品として低価格スリムノートPCが注目されているが、日本エイサーの「Aspire Timeline」にもCULVプロセッサを搭載したモデルが登場した。Core 2 Soloの実力は?(2009/8/19)

ついに発売!:
Netbookを完全に超えた? 「Aspire Timeline」を徹底チェック
前回に続き、Core 2 Duo+8時間駆動で実売8万円台を実現したモバイルノートPC「Aspire Timeline」をさまざまな角度から検証する。これはいいものだ……。(2009/6/5)

COMPUTEX TAIPEI 2009:
Acer、Android搭載PCを公開──今後、Netbookは「WindowsかAndroid」選択可能に
AcerがAndroidを採用したNetbookの開発に乗り出す。COMPUTEX会場でAspire oneにAndroidを載せたモデルを公開した。(2009/6/4)

Netbookの次へ:
価格破壊の第2波になる? 新世代モバイルPC「Timeline」を速攻で試す
日本エイサーが満を持して投入した「Aspire Timeline」は、Netbookに続きノートPC市場に低価格化の波を作り出すのか。さっそく13.3型ワイドの「AS3810T」をチェックした。(2009/6/3)

Core 2 Duo+8時間+8万円台で「市場に革命を起こす」──エイサーの“本命”「Aspire Timeline」発表
日本エイサーは、Acerブランドの新シリーズ「Aspire Timeline」を発表。Core 2 Duoと8時間駆動、1キロ台、2Gバイトメモリ、1366×768ドットの13.3型ワイド液晶を搭載し、8万円台という低価格を実現した。6月5日に発売する。(2009/5/22)

国内シェアトップ5へ:
第3世代「Aspire one」など新製品群を公開――日本エイサーの野望 in Tokyo
日本エイサーがこの夏に国内市場へ投入する新製品の発表会を実施した。まずは第3世代Aspire oneに位置付けられる「Aspire one D250」が登場する。(2009/4/15)

Acerの野望 in 北京:
「Aspire Timeline」はNetbookを超えるか
Acerが北京でプレスイベントを開催し、2009年に投入予定の新製品群を披露した。超低電圧版Core 2 Duoを搭載する8時間駆動の薄型2スピンドル機を“そんなに安く”売ってもいいのでしょうか。(2009/4/9)

今日から使えるITトリビア:
DECやパッカードベルはどこへ?――ITベンダー 栄枯盛衰
ITベンダーほど栄枯盛衰の激しい業界はない。一世を風靡した企業の中にも「今はなき――」が何と多いことか。今回はこの「一昔」の間に消えてしまった企業を懐かしんでみた。(2008/11/15)

PCを選ぶ理由はスペックじゃない──ACERが示す「このユーザーにはこのブランド」
Gateway、eMachines、Packard BellとPCベンダーを積極的に吸収していくACER。そこには、ただ膨張するだけではない、PC市場の変化を見据えた戦略があった。(2008/10/15)

世界第3位のエイサーに聞く:
PR:「日本市場で“5本指”に入るPCメーカーに」――エイサーの野望
世界シェア第3位のPCメーカーである台湾エイサーが日本のコンシューマーPC市場に本格的に参入する。その第一弾がいよいよ4月25日から発売されるホームシアター向けノートPC「Gemstone Blue」だ。日本エイサーのトップ、ボブ・セン氏に今後の日本戦略を聞いた。(2008/4/21)

世界PC市場、米景気減速でも2けた成長
第1四半期の世界PC市場は好調で、新興市場やノートPCがけん引役となった。(2008/4/17)

Acerの野望:
「次に狙うのは日本だ」――16:9大画面ノートで“最後の牙城”に挑むエイサー
日本エイサーは、ホームシアター向けノートPC「Gemstone Blue」(Aspire 6920)を発表した。アスペクト比16:9の16インチワイド液晶パネルを採用したノートPCは世界で初めて。(2008/3/26)

Acer、台湾のスマートフォンメーカーを買収
Acerは、E-TEN買収によりスマートフォン分野での基盤を固めるとともに、ウルトラモバイル分野での競争力強化も図る。(2008/3/4)

欧州委員会、AcerによるPackard Bell買収を承認
AcerによるPackard Bell買収が、欧州委員会によって承認された。(2008/2/29)

2007年第3四半期のノートPC出荷台数、5四半期連続でHPが首位
2007年第3四半期の世界全体でのノートPC出荷台数では、HPが前年同期比72%と大きく伸ばし、首位の座を維持した。(2007/12/4)

Acer、Gatewayの買収を完了
(2007/10/17)

Gateway、Packard Bell買収を発表
米国のGatewayと欧州のPackard Bellが、Acerの傘下に入ることになる。(2007/10/9)

Gatewayは復活を果たせるか――Acerが買収の裏事情
1980年代半ばの設立時、Gatewayは牛柄模様が目印だった小さな会社から、PC市場にインパクトを与える巨大PCベンダーへと姿を変えた。(2007/8/30)

AcerのGateway買収で変わるPC業界の勢力図
AcerはGateway買収によりLenovoやDellに挑む立場に立つ。さらにAcerは、欧州のPCメーカーPackard Bellも吸収することになりそうだ。(2007/8/28)

「目指すは世界!」──“中国の巨人”Lenovoの歩みとこれから
中国市場で圧倒的なトップシェアを誇るPCメーカー「Lenovo」。意外と知られていないその歴史と、世界市場進出へ向けての取り組みを紹介する。(2007/8/27)

Lenovo、Packard Bellの買収を検討中
欧州のPCメーカーPackard Bellは、NECの子会社だった企業。(2007/8/8)

NEC、欧州個人向けPC事業から撤退 Packard Bell譲渡
(2006/10/16)

Skypeボタン搭載ノート、Packard Bellから発売
「Packard Bell EasyNote Skype Edition」ではSkypeボタンを押して電話に出たり、Skypeを立ち上げることができる。欧州各国で8月に発売。(2006/6/22)

NEC、欧州の個人向けPCから撤退を検討
(2006/6/21)

COMPUTEX TAIPEI 2006:
新規格に対応した製品展示がメインのAMDブース
「お祭り騒ぎ」だったインテルと比べると「落ち着いた雰囲気」のAMDブースで注目したいのは各ベンダーから集結したTurion 64 X2搭載ノートだ。(2006/6/8)

2006 International CES:
インテルブースにIntel Core Duo搭載ノートが集結
インテルブースでは、各ノートPCベンダーが発売を予定している「Intel Core Duo」搭載ノートPCを多数展示。ここでは、インテルブースに集結したIntel Core Duo搭載ノートを一気に紹介していこう。(2006/1/8)

AMD、モバイルSempron 3000+を出荷開始
AMDの軽量モバイルPC向けプロセッサMobile AMD Sempron 3000+」が出荷開始された。富士通、シャープ、エプソンなどが採用を予定している。(2004/11/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。