ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「PhotoFast」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PhotoFast」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

iPhoneを充電しながらバックアップできるmicroSDリーダー
リンクスインターナショナルは、10月27日に充電と同時にバックアップをするiOS専用のmicroSDカードリーダー「PhotoCube」を発売。最大400GBまでのmicroSD/SDHC/SDXCカードに対応し、USB 3.1接続での高速データ通信と急速充電も可能だ。第三者のアクセスを防止する強力なセキュリティ機能も搭載している。(2018/10/19)

PhotoFast、iPhone用の電話録音デバイス「Call Recorder X」
リンクスインターナショナルは、PhotoFast製のiPhone用電話録音デバイス「PhotoFast Call Recorder X」の取り扱いを開始する。(2018/3/6)

「そこまでしなくても」と思っても役に立つ
旅行が格段にはかどるタブレット周辺機器 iPadやSurfaceに最適なケース、充電器、キーボードは?
タブレットを携行して頻繁に旅をする編集者から、旅先に持っていくと役に立つグッズや周辺機器についてアドバイスを送りたい。(2017/12/31)

面白いガジェットの製品化や販売を支援する「+Style」開設
ソフトバンクが、最先端のデジタルガジェットなどの商品企画の協力募集や資金調達、販売までをサポートするプラットフォーム「+Style」を開設した。国内外のユニークな製品を扱うサービスになる。(2016/3/30)

その差は思った以上に
「iPad Air 2」を愛する者は「Galaxy Tab S2 9.7型モデル」も愛せるか
日本のユーザーにとってiPad Air 2のライバルはXperia Z4 Tabletだが、海外ではGalaxyタブレットを競合と認識している。そのGalaxy Tab Sに最新モデルが登場。米国人としては比べずにはいられない。(2015/10/31)

CEATEC JAPAN 2013:
FOX、iPhone向け防水防塵ケースやウェアラブル端末「iHealth」を展示
FOXは、CEATECのcaseplayブースで、OSに関係なくスマホやPC間でデータ交換可能なUSBメモリや、防水/防塵/耐衝撃性能を備える頑丈なスマホ/タブレットケース、米国で発売中の「iHealth」を披露している。(2013/10/3)

caseplay、iPad/iPhoneでも使えるUSBメモリ「i-Frash Drive HD」の取り扱いを開始
FOXは、同社運営ショップ「caseplayオンラインストア」にてPhotoFast製USBメモリ「i-Frash Drive HD」の取り扱いを開始した。(2013/8/19)

FOX、iPhoneやiPadのデータをPCに保存できるUSBメモリを発売
FOXの「caseplay」ブランドから、iOS端末のデータを保存し、PCにバックアップできるPhotoFastのUSBメモリ「i-Frash Drive HD」が登場した。(2013/8/15)

PhotoFast、バッテリー容量2000mAhでiPhoneを充電/同期できる「GDOCK Gen2」を8月下旬に発売
PhotoFastは、2000mAhのバッテリー容量を備え、iPhoneやiPodなどを充電/同期できる「GDOCK Gen2」を8月下旬に発売する。(2013/8/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
約1TバイトのSSDが6万円切りで買える!!
先週デビューしたクルーシャルの新SSD「M500」の中でも、飛び抜けて注目されたのが最大容量の960Gバイトモデル「CT960M500SSD1」だ。ほぼ1Tバイトの大容量ながら、6万円未満で売るショップもあり、登場時から入手困難な状態が続いている。(2013/4/15)

Photofast、iPhone 4/iPadに直接挿せる“iデバイス”互換のUSBメモリ
サントラストは、Photofast製となるiデバイス互換USBメモリ「i-FlashDrive」の取り扱いを開始する。(2011/7/22)

5分で分かった気になる、11月のアキバ事情:
大物のニューフェイスが多かった11月のアキバ
11月のアキバは、GeForce GTX 580カードや3TバイトHDDといった大物パーツが次々と登場して賑わっていたが、月末には老舗店舗の廃業という衝撃も待っていた。(2010/12/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
「この“人柱”は大勢の役に立ちそう」――3TバイトHDDが登場!
先週は史上最大の3TバイトHDDが登場。グラフィックスカードでは各社のGeForce GTX 580搭載カードが話題をさらった。(2010/11/15)

フォトファースト、リード最大1400Mバイト/秒のPCI Express接続対応SSD
フォトファーストは、PCI Express接続対応の内蔵型SSD「Power Drive-LSI PCIe SSD」を発売する。(2010/9/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
GeForce、1万円台の逆襲!――「GeForce GTS 450」搭載カードが登場
勢いを取り戻した「GeForce」だが、低価格帯では「Radeon」の牙城を崩せずにいる。そこに満を持して現れたのが、新GPU「GeForce GTS 450」を搭載したグラフィックスカードだ。(2010/9/13)

iPad/iPhoneを同時充電できるカードリーダー付き充電スタンド「iPADock」
フォトファーストは、iPadやiPhoneに対応したメディアカードリーダー付き充電スタンド「iPADock」を9月下旬に発売する。(2010/8/11)

フォトファースト、USB 3.0対応の1.8型HDDケース「G-Monster X-Drive」
フォトファーストが1.8型HDDケースでは初となるUSB 3.0対応製品を発表した。それぞれZIF、IDE(50ピン)、CFに対応する3モデルが用意される。(2010/8/11)

フォトファースト、SDXC対応のSD/CF変換アダプター
フォトファーストはSDXCメモリーカードに対応した、SD/コンパクトフラッシュ変換アダプタ−を発売する。実売想定価格は2980円。(2010/8/9)

VAIO Z ロードテスト:
第3回 なぜ、VAIO Zに「USB 3.0」ないの?
VAIO Zに「USB 3.0」が標準装備だったらなぁ──。そんな声も聞こえる。それなら増設してしまおう。ExpressCard/34対応USB 3.0増設カードを4製品導入してみた。(2010/6/10)

フォトファースト、ExpressCard接続対応のUSB 3.0インタフェースカード
フォトファーストは、ノートPC向けのExpressCard接続対応USB 3.0インタフェースカード「GM3000EX」を発売する。(2010/4/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
「ロープロ人気をあなどるなかれ!」――Radeon HD 5450カードの意外な需要
Radeon HD 5000シリーズのローエンドモデル「Radeon HD 5450」を搭載したカードが続々と登場した。あまり注目を集めることのない低価格帯ながら、モデルによってはヒットを期待されていたりする。さて、その理由は?(2010/2/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
目玉アイテムが続々登場&レアモノショップの新店舗がオープン
アキバのパーツショップに外排気のRADEON HD 5750カードやUSB 3.0対応のBDドライブなどが登場。そして、中央通りにはサンコーレアモノショップ秋葉原総本店が誕生した。(2009/12/14)

旧PCのパワーアップ用に:
フォトファースト、PATA対応の1.8インチ高速SSD「G-MONSTER 1.8SSD V4」シリーズ
フォトファーストは、旧PCの換装用に使えるParallel ATAインタフェース対応SSDの高速新モデルを12月上旬より順次発売する。(2009/11/12)

フォトファースト、マザー直刺し可能な1インチSSD「G-Monster miniDOM」
フォトファーストは、Serial ATA接続対応のコンパクトSSD「G-Monster miniDOM」を発表した。(2009/8/28)

PhotoFast、次世代コンパクトフラッシュ「CFast」を発表
PhotoFastは、CompactFlash Association策定の新規格に準拠したコンパクトフラッシュメディア「CFast」を発売する。(2009/8/25)

古田雄介のアキバPickUp!:
22万円引き…だと…? 特価品であふれるお盆のアキバ
今週末のお盆本期間に向けて、アキバのパーツショップはさまざまな特価品やキャンペーンを用意している。お買い得情報と新製品情報をセットでお届けしよう。(2009/8/13)

フォトファースト、CFastカード4枚を内蔵したSATAフラッシュドライブ「G-Monster-QUAD DRIVE」
フォトファーストは、CFastカード4枚によるRAIDを実現したSATA接続対応のフラッシュメモリドライブ「PhotoFast G-Monster-QUAD DRIVE」を発表した。(2009/8/7)

5分で分かった気になる、5月のアキバ事情:
これぞ型破り――なんだかんだでPCI Express接続のSSDが主役だった5月
5月のアキバで最も注目を集めたのは「G-Monster PROMISE PCIe」だった。一方、Radeon HD 4770が高い人気と少ない入荷数で入手困難になるほか、MSIからユニークなグラフィックスカードがいくつも登場した。(2009/6/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
転送速度は“1000Mバイト/秒”――PCI Express接続のSSDがついにデビュー!
4月から登場がウワサされていたPCI Express接続のSSDが登場した。入荷は少数ながら、すでに売り切ったショップもあり、文字通りケタ違いの売り上げをもたらしている様子。(2009/6/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
「バリエーションが増えました」――いま注目すべきSSDは?
ExpressCard型やPCI Express型など個性派のSSDが注目を集める一方で、1GバイトのUSBメモリが350円で販売され、フラッシュメモリ関連パーツの広がりはとどまるところを知らない。(2009/5/25)

古田雄介のアキバPickUp!:
“1万5000円”が熱い!!――アキバでヒット中の新製品&特価品
連休中でもアキバの新製品入荷はとまらない。加えて、気合いの入った特価セールが白熱し、アキバは普段以上にお得な街となっていた。(2009/5/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
アウトレットに追い風?――秋葉原中央通りに進出した大阪発のイオシス
不景気な話題が続いているアキバのPCショップだが、拡大路線をとる企業もある。大阪発のアウトレット&中古ショップのイオシスが「アキバ中央通り店」をオープンさせた。(2009/2/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
“新生活”準備期間に売れるPCパーツって?
新生活準備期間とあまり関係なさそうなPCパーツ業界でも、2〜3月に売り上げを伸ばすアイテムは存在する。新生活オススメパーツとともに、旧正月直前ラッシュで入荷した新製品を取材した。(2009/2/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
「AMDが予定通りだなんて……」順調なスタートを切ったPhenom II X4
アキバ電気街に、AMDの新型CPU「Phenom II X4」や、NVIDIAの最上位GPU「GeForce GTX 295」などの大物が入荷。年初から話題に事欠かない状態だ。(2009/1/12)

古田雄介のアキバPickUp!:
「これで年末年始を戦います!」――師走のアキバに狙い目パーツが多数入荷
年末ギリギリまでアキバの新製品入荷はやまない。激レアなRADEON HD 4870X2カードや高速256GバイトのSSD、約2万3000円のX58マザーなど、魅力的なアイテムが2008年の最後に滑り込んだ。(2008/12/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
「これぞ真のフライング」――スタートで派手に転んだ「CR-5400」
メモリカードアダプタとして異例の注目を集めていた「CR-5400」が9月5日に発売、しかしその翌日リコールされた。人気となった理由とリコールの原因、そしてCR-5400の今後について聞いて回った。(2008/9/8)

古田雄介アキバPickUp!:
“神様”が予言したCore 2 Quad Q9550の値下げ、3万6000円前後へ
久しく動きのなかったCore 2に新モデルが登場。それを受けてCore 2 Quad上位のQ9550に価格改定が入った。Xeonはいらない子になってしまうのか?(2008/8/11)

古田雄介のアキバPickUp!:
「ダビ10で火がついたと思ったら、導火線が超長げえ!」とアキバ店員
Phenomを搭載できるmini-ITXマザーが登場するなど、衰えを知らない小型PC市場だが、ブームを期待されていたPC用地デジチューナーは、いまだ“ブレイク待ち”の状況。北京五輪はどこ吹く風……。(2008/7/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。