ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「パブリックドメイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パブリックドメイン」に関する情報が集まったページです。

FAニュース:
小型部品の個体管理に活用、デンソーウェーブが長方形型の新しいQRコードを開発
デンソーウェーブは2022年5月25日、長方形型の新しいQRコード「rMQRコード(アールエムキューアールコード」を開発したと発表した。正方形の従来のQRコードに対し高さ寸法が3分の1にできるため、従来はスペース的に貼付が難しかった小型部品やチケットなどでも活用できるようになる。(2022/5/27)

「くまのプーさん」ホラーになる いかにも不穏な黄色いくまの誕生にネットが騒然 監督「思い出を台無しに」
原題「Winnie the Pooh: Blood and Honey」(2022/5/26)

司書みさきの同人誌レビューノート:
身近にあるかもしれない「長大地名」 日本全国の長い地名をまとめた同人誌『日本長大地名事典』が興味深い
消えゆく地名の記録にもなりそう。(2022/2/6)

データセンターでの記録から分かったこと:
あなたのHDDの寿命は何年なのか
工業製品の故障率は一般に「バスタブ曲線」に従う。初期と末期の故障率が高く、中間期は低い。ところが、Backblazeが自社のデータセンターで利用するHDDについて故障率を調べたところ、バスタブ曲線に従っていないことが分かった。それではHDDの寿命はどのように計算できるのだろうか。(2022/2/1)

初期故障率と「寿命」が変化:
最新のHDD、故障しやすいのか?
クラウドストレージを提供するBackblazeは、自社データセンターで使用中のHDDについて使用年数別に故障率を調査した。2013年の調査結果と最新の結果を比較した結果、故障パターンがかなり変化していることが分かった。(2021/11/4)

「当時もこんな空だったのかな」──カラー化した原爆写真がネットで反響 AIと人力で戦時中などの写真を色付ける「記憶の解凍」
広島と長崎に投下された原爆の“きのこ雲”のカラー化画像がTwitterに投稿され、注目された。「記憶の解凍」という活動の一環で、AIツールと戦争体験者の証言、Twitterのコメントなどを反映してカラー化している。活動に取り組む、東京大学大学院の渡邉英徳教授に取材した。(2021/8/15)

木の未来と可能性 ―素材・構法の発展と文化―(5):
防耐火について歴史から考えるー江戸から現在まで
本連載では、一級建築士事務所 鍋野友哉アトリエ/TMYAを主宰する一級建築士の鍋野友哉氏が、近年環境に優しいなどの理由で関心を集める木材にスポットライトを当て、国内と世界における木造建築の歴史や最新の木造建築事例、木材を用いた構法などを紹介する。連載第5回となる今回は、日本の木造建築物と防耐火の歴史や法律について採り上げる。(2021/8/2)

高い、使いにくい、読みにくい──音声合成研究者を悩ませるハードルを解決する“台本”、明治大学らが発表
明治大学らが、音声合成の研究に必要な音声を収録するための台本「ITAコーパス」を公開した。開発に携わった小口さんによると、ITAコーパスは既存コーパスが抱えていた3つのハードルを解消できるように設計したという。(2021/6/18)

着物の帯に「路線図」や「ミジンコ」 場面を選び過ぎな柄を販売する呉服屋さんが話題に、話を聞いてみた
そこにはテクノロジーによって進化した呉服屋さんの姿がありました。(2020/12/29)

縄文土器にソフトクリームがのってる! 3Dデータで制作された土器が時代を超えてSNS映えグッズに
土偶スプーンもあるよ。(2020/8/19)

いまさら聞けないOSSの基礎知識(1):
コロナ禍で官公庁のOSS活用に注目――いまさら聞けない「オープンソース」の理念とメリット/デメリット
企業がOSSを上手に活用する上で知っておくべきオープンソースの理念やライセンスをおさらいしていく本連載。初回はオープンソースの理念やOSSのメリット、デメリットについて。(2020/8/17)

「サーバ」の歴史を振り返る【前編】
1990年に誕生した「世界初のWebサーバ」とは?
いまだ進化を続ける「サーバ」。その起源は、1990年に誕生した「世界最初のWebサーバ」にさかのぼる。サーバはどのようにして登場したのか。(2020/8/12)

AI・機械学習のデータセット辞典:
アクティブに更新され続けている、お勧めの機械学習データセット一覧サイト
「300個以上のデータセットを紹介している大型サイト」「毎週/毎月のようにアクティブに更新されているサイト」という条件に該当するお勧めのデータセット一覧サイトとして「arXivTimes/DataSets」「Awesome Public Datasets」「UCI Machine Learning Repository」の3つを紹介する。(2020/8/5)

AI・機械学習のデータセット辞典:
Titanic:タイタニック号乗客者の生存状況(年齢や性別などの13項目)の表形式データセット
データセット「Titanic」について説明。1309件の「タイタニック号乗客者の生存状況」の「表形式データ(年齢や性別などの13項目)」+「ラベル(生存状況)」が無料でダウンロードでき、分類問題などのディープラーニングや統計学/データサイエンスに利用できる。scikit-learn、TensorFlow、Kaggleにおける利用コードも紹介。(2020/7/2)

AI・機械学習のデータセット辞典:
Boston Housing:ボストンの住宅価格(部屋数や犯罪率などの13項目)の表形式データセット
データセット「Boston Housing」について説明。506件のボストンの住宅価格の「表形式データ(部屋数や犯罪率などの13項目)」+「ラベル(住宅価格)」が無料でダウンロードでき、回帰問題などのディープラーニングや統計学/データサイエンスに利用できる。scikit-learn、Keras/tf.keras、TensorFlowにおける利用コードも紹介。(2020/6/24)

AI・機械学習のデータセット辞典:
CIFAR-100:物体カラー写真(動植物や機器、乗り物など100種類)の画像データセット
データセット「CIFAR-100」について説明。6万枚の物体カラー写真(動植物や機器、乗り物など100種類)の「画像+ラベル」データが無料でダウンロードでき、画像認識などのディープラーニングに利用できる。Keras/tf.keras、TensorFlow、PyTorchにおける利用コードも紹介。(2020/6/15)

AI・機械学習のデータセット辞典:
CIFAR-10:物体カラー写真(乗り物や動物など)の画像データセット
データセット「CIFAR-10」について説明。6万枚の物体カラー写真(乗り物や動物など)の「画像+ラベル」データが無料でダウンロードでき、画像認識などのディープラーニングに利用できる。scikit-learn、Keras/tf.keras、TensorFlow、PyTorchにおける利用コードも紹介。(2020/6/10)

「引用だから大丈夫」「昔話ならOK」――“読み聞かせ動画”のワナ
新型コロナウイルス感染症の流行に伴う休校が長引く中、動画投稿サイトで公開されている読み聞かせ動画に注目が集まっている。子守に役立つ反面、著作権侵害の恐れもある。昔話や引用でも問題になる場合もあり注意が必要だ。(2020/5/7)

「あつまれ どうぶつの森」ついに米メトロポリタン美術館も参戦 40万点を超える収蔵作品を取り込み可能に
あつ森のバーチャル美術館がどんどんすごいことに……!(2020/5/2)

豪華な布陣……! 声優の悠木碧が絵本朗読を無料公開、BGMは小岩井ことり担当
多くの声優が悠木さんの活動に賛同しています。(2020/4/8)

1895年の映画「ラ・シオタ駅への列車の到着」をAIで4K 60fps化 ヌルヌル動く鮮明な動画が海外で話題に
「映画の父」リュミエール兄弟によるプリミティブな映画を、現代の技術で個人が補正。(2020/2/8)

AI・機械学習のデータセット辞典:
MNIST:手書き数字の画像データセット
データセット「MNIST」について説明。7万枚の手書き数字の「画像+ラベル」データが無料でダウンロードでき、画像認識などのディープラーニングに利用できる。scikit-learn、Keras/tf.keras、TensorFlow、PyTorchにおける利用コードも紹介。(2020/1/22)

パリ市内14の美術館所蔵のアート作品約10万点が無料公開 商用利用可能な高解像度画像がダウンロード可能に
すごい。(2020/1/12)

目指すは過去に自分が作ったファイナルファンタジーと同じような作品:
Apple Arcadeは大きなチャンス――ティム・クックCEOも期待を寄せる大作JRPG「ファンタジアン」が目指すこと
坂口博信氏が率いるミストウォーカーがApple Arcade向けに新タイトル「ファンタジアン」を開発している。坂口博信氏や同社に訪れたAppleのティム・クックCEOに話を聞いた。(2020/1/10)

夢野久作の『ドグラ・マグラ』を1年かけてメールでちょっとずつ読んで“積ん読”解消できる
2020年1月1日から12月30日まで毎日3分程度。(2019/12/11)

Python入門:
[Python入門]pickleモジュールによるオブジェクトの直列化
Pythonの標準ライブラリ「pickle」を使って、Pythonのオブジェクトをファイルへと保存したり、ファイルからオブジェクトを復元したりする方法を紹介する。(2019/10/4)

“アラート疲れ”に悩むEDRの運用現場から:
PR:エンドポイント対策製品の選び方──“脅威インテリジェンス”がカギとなる
重要性が増すエンドポイントのセキュリティ対策。だが、多過ぎるアラートに疲れていないだろうか? 本稿ではエンドポイント・セキュリティ対策の選び方を解説。ベンダー選びで注意をしたい3つのポイントを紹介しよう。(2019/6/27)

VTuberグループ「にじさんじ」が二次創作ガイドラインを新たに制定 「安心して二次創作活動を行えるようにするため」
他のVTuber企業や団体でも利用可能なパブリックドメインとして公開しています。(2019/6/17)

サイゼリヤ1号店で20年モノのサイゼリヤワインを飲む
本八幡駅北口から徒歩5分。(2019/6/29)

青空文庫、著作権あり作品や孤児作品の受け入れ拡大へ 「できるだけパブリックドメインに近い形での公開目指す」
(2019/1/12)

著作権保護期間「作者の死後70年」に 青空文庫、元日に「Public Domain Locked」と嘆く
日本の著作権保護期間が作者の死後50年から70年に延長された。青空文庫は元日、「Public Domain Locked」と書かれた黒地に赤のバナーを掲示し、保護期間延長を嘆いている。(2019/1/4)

米シカゴ美術館、5万超える芸術作品の画像をWebで公開 無料でダウンロードできる
クロード・モネの「睡蓮」、葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など。(2018/11/3)

著作権保護期間の延長「長く主張してきた」 JASRAC
日本音楽著作権協会が作権保護期間の延長について、「保護期間の延長は長く主張してきた。前々会長から3期(6年)に渡る長年の懸案だった」(浅石道夫理事長)として歓迎の意を表明した。(2018/7/11)

メールチェックするように小説を読む 「青空文庫」の文学作品を小分けにして毎日メールで配信する「ブンゴウメール」登場
現在登録を受け付けています。(2018/4/27)

JASRACの徴収「保留せず」答申に、音楽教室側は「大変残念」 行政指導求める
JASRACが音楽教室から著作権使用料を徴収する方針に対し、音楽教室側が保留を求めたところ、文化庁の文化審議委員会は「保留を行わない」との答申。音楽教室側は「大変残念」とし、文化庁長官に「行政指導を求める」としている。(2018/3/6)

「著作権」の基礎を知ってコンテンツを守りたいクリエイターへ 「月刊MdN」2018年2月号で特集
専門家に聞いた「クリエイターのための著作権Q&A」などを掲載。(2018/1/7)

寄稿・福井健策弁護士:
「森のくまさん」騒動からJASRAC問題まで……著作権10大ニュースで考える、情報社会の明日はどっちだ?
著作権まわりでもさまざまなニュースがあった2017年。この1年の「10大ニュース」を、弁護士の福井健策さんが振り返る。(2017/12/26)

敗北感から「シャーロック・ホームズ」全60作品を自力翻訳 全文無料公開した管理人は何者なのか?
定期的に話題になるあのサイト。(2017/8/4)

ワシントン大学、機械学習で“口パク映像”を生成するシステム発表 音声から口の動きをリアルに再現して合成映像に
偉人がしゃべるVR映像の制作などに応用できるとのこと。(2017/7/18)

マストドンつまみ食い日記:
ピクシブの音楽インスタンス「Pawoo Music」を体験してみた
音楽創作関連のインスタンスは既にある。そこにピクシブが乗り込む理由とはなんだろうと思って、入ってみた。(2017/6/15)

MP3は本当に「死んだ」のか? 特許権消滅が意味するもの
MP3の基本特許を対象とするライセンスプログラムが今年4月に終了していたことが分かった。これは開発者やユーザーにどう影響するのか。ITと知的財産権に詳しい栗原潔氏に解説してもらった。(2017/5/29)

STORIA法律事務所ブログ:
人工知能が作った創作物、現行の法律ではどうなる?
「AIがすごいすごいと言っていると、いつの間にか人間のクリエイター全員が飢え死にしていた、という状況は冗談ではなく生じうるわけです」──AIと著作権に詳しい弁護士の柿沼太一さんが解説する。(2017/3/16)

読んでたら朝になってそう Wikipediaがパブリックドメインになった美術品37万点の記事制作へ
米国メトロポリタン美術館が、モネ「睡蓮」などの利用規約を変更。(2017/2/8)

自然エネルギー:
離島で地熱発電を増強、八丈島
八丈島では東京電力が運営する地熱発電所が活躍している。2022年度をめどに、より出力を高めた地熱発電所をオリックスが建設・運営する計画だ。(2017/1/18)

難病を見抜く「IBM Watson」だけが医療AIじゃない
「医師はAIを歓迎する」――実用段階に来た、日本の“AI医療”の姿とは
医療分野では人工知能(AI)技術による診断支援や新薬開発といった用途に期待が寄せられている。しかし医療AIの普及には、医療保険制度を筆頭にクリアすべき課題がまだある。日本の医療AI開発の現状とは。(2016/11/9)

江戸川乱歩「怪人二十面相」が青空文庫で公開 著者の没後50年経過によりパブリックドメイン化
江戸川乱歩の他作品も、97本が公開に向けて作業中。(2016/4/5)

江戸川乱歩「怪人二十面相」、青空文庫で公開
江戸川乱歩の少年探偵団シリーズ第1作「怪人二十面相」が「青空文庫」に加わった。著者の死後50年が経過したことで元日に著作権が失効し、パブリックドメインとなっていた。(2016/4/4)

「東海道五十三次」から刀剣の鍔まで ニューヨーク国立図書館が60万点を超えるデジタル資料をWebで公開
これは「映像の世紀」ならぬ「画像の世紀」か……。(2016/1/20)

青空文庫に谷崎潤一郎「春琴抄」、江戸川乱歩「二銭銅貨」など登場
谷崎潤一郎や江戸川乱歩、中勘助らの作品がパブリックドメインとなり、青空文庫に登場した。(2016/1/1)

Amazon.co.jp、小説や浮世絵など国会図書館のパブリックドメイン古書をKindleで無料配信 29日まで
Amazon.co.jpは「Kindleアーカイブ」で、国会図書館のパブリックドメインを無料配信する。期間は10月29日まで。(2015/10/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。