ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「読書」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
質問!読書→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で読書関連の質問をチェック

KADOKAWA、ラノベのサブスク展開へ 「カクヨムネクスト」を3月から提供 「本屋に並ぶ前に読める」
KADOKAWAは、読書サブスクリプションサービス「カクヨムネクスト」を3月13日から提供すると発表した。KADOKAWAのライトノベルレーベルや、Web小説サイト「カクヨム」で連載を持つ作家のオリジナル小説が読めるサービスという。(2024/2/20)

FAメルマガ 編集後記:
中年よ、心に読書と妄想の暇をつくれ
妄想はいつまでも大事にしたいものです。(2024/2/13)

ニトリが公開する“部屋のコーディネート8選”が参考になる 読書や料理、メイクなどテーマ別にポイント解説
新生活用のお部屋で過ごしてみたい。(2024/2/9)

ボールで遊びたいワンコvs. 読書したい飼い主 両者の一歩もゆずらない戦いに「遊んで〜って目がかわいい」【ニュージーランド】
勝つのはどっちだ?(2023/12/10)

本は「目で読む」常識覆す オーディオブック「立ち聴き」から始める読書の秋
すべての人が自由に本を楽しめる環境を整備する「読書バリアフリー」が求められる中、オーディオブックが果たす役割は一層高まっている。(2023/10/31)

スマホサイズの電子ペーパー端末「BOOX Palma」を試す 片手読書も快適、だがあと一歩の惜しい点も
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2023/10/17)

IT経営者の本棚:
179億円調達の法務SaaS企業、経営陣の本棚を覗き見  愛読書は?
今をときめくIT・Web関連企業の経営者の本棚や愛読書をのぞき見。現代社会で戦うIT経営者たちがどんな考え方に影響を受けているのか、ヒントを探る。今回は、法務向けSaaSを手掛け、10月までに179億円の資金を調達しているLegalOn Technologies経営陣の本棚や愛読書をのぞき見る。(2023/10/11)

本を最もよく読む世代は? 「若者の読書離れ」実際は……
「半年に1冊以上本を読む」とした人は52%に上ったことが、マーケティング調査会社クロス・マーケティング(東京都新宿区)の調査で分かった。(2023/9/21)

FAメルマガ 編集後記:
長年連れ添った本と読書の秋
しかし、暑い日が続きますね(2023/9/19)

苦手な子が多い読書感想文の“簡単な攻略法”が話題に 「もっと早く知りたかった」「私もこれ使ってました」
一般的には、本の内容に絡めた自分語りへ持っていくのがいいらしいですね。(2023/9/13)

“目を使わない読書”ニーズ急増 ミドル・シニア世代で顕著
音声配信サービスを運営するオトバンクは、50歳以上のミドル・シニア世代を対象に読書週間調査を実施した。(2023/9/13)

3割超の学生が利用:
生成AIを使った夏休みの宿題 「読書感想文」「数学の問題」上回った1位は?
学生の3人に1人が夏休みの宿題に生成AIを活用していることが、ナイル(東京都品川区)が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ情報メディア「Appliv(アプリヴ)」の調査で明らかとなった。(2023/9/12)

AIに相談だ!:
「やべぇ夏休みの宿題終わってねぇ!」というときに使える? ChatGPTで読書感想文作ってみた
AIチャットサービス「ChatGPT」に、人間には答えにくい質問や、答えのない問い、ひっかけ問題を尋ねてみたらどんな反応を見せるのか。その反応からAIの可能性、テクノロジーの奥深さ、AIが人間に与える“示唆”を感じ取ってほしい。(2023/8/30)

サンワ、読書灯としても使える首掛け式LEDライト
サンワサプライは、首掛け式筐体を採用したLEDライト「800-LED075」を発売した。(2023/8/16)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
“自炊派”が7型電子ペーパー端末「BOOX Page」を試す 読書ワークフロー構築のススメ
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2023/7/20)

ふとももに本を装着してさっと取り出せる 本好きのためのホルスターがかっこいい
読書家なのにワイルドに見える。(2023/7/2)

荒れた土地を美しい芝生に 生まれわかった爽快空間に「何を足す?」→「プール」「トランポリン」などさまざまなアイデアが集まる
もっふもふのクッションと本棚があれば幸せ読書タイムが捗りそう。(2023/6/17)

「紙書籍の美しい所は、本が老いること」 読書家が語る“紙の魅力”が“本フェチ”に刺さる
老いた古書の匂いは落ち着く。(2023/6/2)

IT経営者の本棚:
SaaS経営者の本棚を覗き見 チームスピリット経営メンバーはどんな本を読んでいる?
今をときめくIT・Web関連企業の経営者の本棚や愛読書をのぞき見。今回はチームスピリットの経営に携わるメンバーの本棚や愛読書をチェックする。(2023/5/18)

外で読書するなら何を読む? 丸善ジュンク堂書店の各店が選ぶ「屋外で読みたい本」が参考になる
“中の人”たちのおすすめポイントを見て選ぶのもいいかも。(2023/5/14)

「地獄をすすろう」破壊力バツグンな“鬱小説ランキング”が話題 「最悪で不快」「臓物飛び散る入門書」
読書意欲をかき立てられそう。(2023/4/11)

読書家の選んだ「神がかってる短編集」ランキングが話題 『儚い羊たちの祝宴』『戻り川心中』をはじめ名著がずらり
濃厚な読書体験を手軽に。(2023/1/27)

IT経営者の本棚:
freee経営陣はどんな本を読んでいる? 本棚のぞき見
今をときめくIT・Web関連企業の経営者の本棚や愛読書をのぞき見。現代社会で戦うIT経営者たちがどんな考え方に影響を受けているのか、ヒントを探る。今回は、freee経営陣の本棚や愛読書をのぞき見る。(2022/12/27)

「お若い読書家の方へ」 後回しにせず“今すぐ読む”ことを勧める理由がブンブンうなずいてしまうほどよく分かる
今日が一番若いのだから。(2022/12/24)

読書好き200万超のデータまとめた「2022年おすすめ本ランキング」が発表される 『イクサガミ 天』『パラソルでパラシュート』などがランクイン 気になる1位は?
2022年10月までに発売した書籍が対象です。(2022/12/25)

「仕方ないから○○読んでた」 食事中の読書を禁じられた“活字中毒者”のすごい話に同意と驚きの声
なんでもいいから読むのです。(2022/11/16)

IT経営者の本棚:
マネーフォワード経営陣の本棚をのぞき見 影響を受けた本は?
今をときめくIT・Web関連企業の経営者の本棚や愛読書をのぞき見。現代社会で戦うIT経営者たちがどんな考え方に影響を受けているのか、ヒントを探る。今回は、マネーフォワード経営陣の本棚や愛読書をのぞき見る。(2022/11/9)

新連載:IT経営者の本棚・愛読書:
IT経営者の愛読書をのぞき見 タクシーアプリ「GO」のMoT経営陣は何を読む?
今をときめくIT・Web関連企業の経営者の本棚や愛読書をのぞき見。現代社会で戦うIT経営者たちがどんな考え方に影響を受けているのか、ヒントを探る。今回は、タクシー配車アプリ「GO」などを手掛けるMobility Technologies経営陣の本棚や愛読書をのぞき見る。(2022/11/7)

月に「16冊以上読む」:
「読書好き」の小中学生は90%、「嫌い」わずか1%
ニフティが小中学生を対象に実施した「読書」に関する調査によると、漫画を除く本を読むことが好きと回答した小中学生は90%だった。(2022/11/1)

世帯年収で読書の関係:
高年収は平均年収の1.3倍本を読む 年収1000万円以上がよく読む本のジャンルは?
オーディオブック配信サービス「audiobook.jp」を運営するオトバンク(東京都文京区)は、世帯年収1000万円以上の高世帯年収層と、500〜600万円未満の平均世帯年収層を対象に、読書事情の比較調査を実施した。(2022/10/31)

社会人500人にアンケート:
1人で楽しめる趣味 3位「読書」、2位「映画鑑賞」、1位は?
求人情報サイトなどを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は社会人500人を対象に「1人で没頭できる趣味に関する意識調査」を実施した。1人で没頭できる趣味を聞いたところ、1位は「手芸・クラフト・DIY」(68人)だった。(2022/10/25)

お弁当箱の中で読書を楽しむミッフィー! かわいさ満点の手作り“秋”キャラ弁がかわいい
キャラ弁で使える「本」の作り方も紹介しています。(2022/10/19)

読書好き約1500人が選んだ小説ランキングが熱い! 『十角館の殺人』『こころ』など数々の名作が凝縮
『星の王子さま』『銀河鉄道の夜』など古典も強い。(2022/10/20)

子どもが読書感想文を15冊分も執筆 → 全部実在しない本だった 逆に才能を感じる育児エピソードが話題に
一行感想文とはいえ15冊分……。(2022/9/30)

『さんかく窓の外側は夜』『あちらこちらぼくら』―― 商業BLオタクが厳選した今こそ読みたい傑作レビュー【後編10作】
読書の秋を前に、今知っておこう。(2022/9/25)

中学生娘「誰かが書いた感想なんて……」 読書感想文を書くのが嫌すぎる女の子が母に放った言葉が衝撃的
いろいろな意見があるようです。(2022/8/31)

Innovative Tech:
漫画で見たくない“地雷シーン”を事前に警告する技術 明治大が開発
明治大学は、漫画の読書中に見たくないシーンを予告し事前警告してくれるシステムを提案した論文を発表した。途中で出てくる“グロテスクなシーン”を見たくないなどの個人的に遭遇を回避したい場面だけを避け、作品全体を読み進める読書体験を可能にする。(2022/9/5)

「本が読みづらい人」でも読みやすい電子書籍に アクセシビリティーを評価するJIS制定
経済産業省が、電子書籍のアクセシビリティーを評価するJIS規格を制定したと発表した。視覚障害や発達障害などにより本を読みにくい人、読めない人でも読書できる電子書籍の普及を期待するとしている。(2022/8/22)

「僕は本を読むのが遅いんだ」――少しずつしか読書できない上司、その読み方を描いた漫画がステキと話題 作者に思いを聞いた
作者のさざなみさんは「本を閉じている間も本の世界が生活ににじみ出ているように感じられる」と語ります。(2022/8/21)

読書好きの意見をネットで集めた「いま最も読むべき小説ベスト10」が話題 1位の『同志少女よ、敵を撃て』はじめ傑作集まる
Twitterハッシュタグで集めた意見を手作業でまとめたランキング。(2022/8/5)

ちいく村調べ:
夏休みの宿題で「いらない」と思うもの 「絵日記」「読書感想文」をおさえた1位は?
教員の“働き方改革”の一環として夏休みの宿題を無くす学校も増えているが、小学生の親は宿題についてどう考えているのだろうか。(2022/8/4)

読書中の飼い主に、甘えん坊の黒猫が「ズドーーーン!」 頭突きで気を引こうとする姿が愛らしい【海外】
かわいすぎて読書が進まない。(2022/8/4)

夏休みの勉強にもよさそう コクヨから「ひっ算ノート」「読書ノート」など“工場発アイデア文具”登場
「ひっ算ノート」「読書ノート」「三枚複写の新聞パッド」がラインアップ。(2022/7/23)

ファジー・アド・オフィス調べ:
この春始めたい「おうちで出来る趣味」 読書や筋トレを抑えた1位は?
総合住宅展示場の企画・運営を行うファジー・アド・オフィス(東京都新宿区)は、コロナ禍の趣味に関する調査を実施し、59.3%が「コロナ禍で休日の、自宅での過ごし方に変化があった」と答えた。(2022/4/19)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
俳優・寺田農氏の「みのりのアル話」。参加者から寄せられた質問に、寺田氏が生回答
60年のキャリアを持つ俳優であり、読書家の寺田氏が豊かな見識で参加者から寄せられた質問に答えてくれた。(2022/4/19)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
デジタル経済に30年遅れた日本企業必読の2冊――ウォンツアンドバリュー 永井孝尚氏
成功する起業家や経営者には読書家が多い。それでは、どんな本を読んでいるのか。世界の起業家が読んでいる経営理論の必読書50冊とは。(2022/3/8)

読書家の見た目だけ手に入る スマホをいじっても読書に見せかけられるケース「読書と見せかけて」発売
「何の本読んでいるんですか?」って聞かれたい。(2022/2/27)

【Kindleセール】最大70%オフの「KADOKAWA 冬の読書フェア」開催 『鹿の王』『ジョーカー・ゲーム』などの小説がお買い得
セール期間は2月24日まで。(2022/2/15)

カバー裏の小ネタが見たいあまり図書室の本を壊してしまった―― 読書好きの苦い思い出を描く漫画にほろり
反省の大切さ。(2022/1/8)

【Amazon 初売り】Kindleシリーズが最大5000円OFFのセール中 メールや通知に邪魔されず、読書だけに集中したい人に
最上位モデルの「Kindle Oasis」も2万4980円から。(2022/1/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。