ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RIZAP」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「RIZAP」に関する情報が集まったページです。

チョコザップなのにジムがない!? まさかの“ジムなし”店舗に驚きの声 なぜなのかライザップに聞いた
「ジムなし」と入り口に書かれたチョコザップが目撃され話題に。(2024/2/23)

パートナーに“コミット”:
RIZAPが広告プラットフォーム事業を本格展開 「chocoZAP Partners」を提供開始
chocoZAPの会員基盤・店舗基盤を最大限に活用した「体験型コミット広告」を提供する。(2024/2/13)

「chocoZAP」が高速道路に初出店 1号店はどこに?
高速道路のサービスエリアやパーキングエリアの新サービスとして、コンビニジム「chocoZAP」設置に向けて動き始めた。(2024/2/8)

エド・はるみ、連日ハードな研究で生活も激変 “18種類おかずの手作り弁当”に影響「数と彩りも無くなり」「忙しく時間がなさすぎて」
それでも丁寧に生活しているエドさん。(2023/11/27)

後編:
激変する大阪の街並み まだ見ぬ“集客ポテンシャル”とは?
大阪府と大阪市が官民一体で進めている都市再生事業「大阪7大再生プロジェクト」。記事後編では、都心から少し離れた副都心や都心の辺縁部にあたる「天王寺・阿倍野」「大阪城公園(OBP)」「臨海部」に焦点を当ててみたい。各エリアの特徴を探り、点でつないでいくと、大阪府市が描く街づくりの戦略や意図が浮かび上がる。(2023/10/26)

チラシは500種類以上:
1年で「chocoZAP」のバナー広告4000種類! なぜそんなに制作するのか
初心者向けジム「chocoZAP」はサービス開始からたった1年で、チラシを500種類以上、バナー広告を4000種類以上、LPを200種類以上作成している。その狙いを役員に聞いた。(2023/10/12)

わずか1年で会員80万人超え 爆速拡大「chocoZAP」に死角はあるのか
RIZAPグループの初心者向けジム「chocoZAP」が攻勢。店舗の急拡大などで会員数は業界首位の80万人超え。グループの増収にも貢献した。死角はあるのか。(2023/8/22)

ゆきぽよ、“激太り→12キロ減”の大人ドレスショットに絶賛の声 過食で62キロまで増量した過去
ちゃんと体重戻すのスゴい。(2023/4/18)

「サイゼ行って2万円ぐらい」 ゆきぽよ、仕事激減→爆食でMAX体重62キロを記録 激変した比較画像も公開
1日1本ウイスキーが空くの、尋常ではない……。(2023/4/10)

エド・はるみ、夜食べない生活を続け……最新ショット公開 2017年には18キロ減量でスリムに変身
なかなかうまくいかないようです。(2023/3/7)

「笑点」卒業の林家三平が体重18.6キロ減、顔まで別人級に「郷ひろみになった!」 過去には激やせで重病説も
引き締まったボディーのイケメンに変身。(2021/12/27)

エド・はるみ、18キロ減量時の懐かしいオフショットを公開 スリムなドレス姿に「今見ると……ただの顔デカおばさんねっ!!」
重力のせいでは、という意見も。(2021/9/10)

マッコイ斉籐、5カ月のRIZAPで16キロ減 バッキバキに“出来上がった”身体へ山本圭壱「すごいわぁ!」
驚くべき結果にマッコイさん「まさか!? と思ってます」。(2021/8/26)

10キロダイエット成功の和地つかさ、ぽっちゃり支持に反論 「ずっと太っているのが嫌だった」「今の私で幸せです!」
「グラビアファンの方は賛否あるかもしれません」と理解示しつつ。(2021/6/22)

「随分と甘やかしていたので」 菊地亜美、“すくすく育った内臓脂肪”による逆流性食道炎が長期化してしまう
順調に成長していた内臓脂肪ちゃん。(2021/6/4)

ゆきぽよ、7年ぶり前髪&10年ぶり地毛の変化に反響 「ギャルじゃない私も好きになってくれますか?」
くっきりアイライン&ぱっちりまつげも封印。(2021/5/6)

「大企業より中小企業がITを使いこなせる時代」
“伝説のCIO”岡田章二氏が語るDXに必要な経営者の覚悟
「ユニクロ」「GU」を展開するファーストリテイリングで長年にわたりIT部門責任者を務め、同社のグローバル企業への成長をシステム面から支えた岡田章二氏に中小企業のDXにおける課題とチャンスを聞いた。(2021/5/6)

ゆきぽよ、“知人男性の薬物逮捕”謝罪後初めて思いを明かす 「元気もらってますありがとう」とファンに感謝
ゆきぽよさん「またみんなに元気届けられるように1つずつ頑張って行きます」。(2021/4/4)

ゆきぽよ、ボディーメイクで“人生初”の腹筋披露 ダイエット前の姿には「戻りたくない」
食生活改善とトレーニングの成果。(2021/3/30)

RIZAPで5.7キロ減のゆきぽよ、でっぷりおなかとの比較写真に衝撃「ヤバくない?」「コレで仕事してた」
すっかり見違えたなぁ。(2021/3/26)

菊地亜美、体調不良の原因は「赤ちゃんと同じような大きさの…」 RIZAP10キロ減から2年で襲った悲劇
いっそ生めれば……。(2021/2/25)

ライザップとアシックス、運動効果が高まるビジネスシューズを発売
RIZAPはアシックス商事とコラボしたビジネスシューズブランド「texcy luxe(テクシーリュクス)」を発売する。(2021/2/12)

「大企業より中小企業がITを使いこなせる時代」
“伝説のCIO”岡田章二氏が語るDXに必要な経営者の覚悟
「ユニクロ」「GU」を展開するファーストリテイリングで長年にわたりIT部門責任者を務め、同社のグローバル企業への成長をシステム面から支えた岡田章二氏に中小企業のDXにおける課題とチャンスを聞いた。(2021/2/1)

「ヤバい、人生で一番太ってます」 ゆきぽよ、“ぽよぽよおなか”で臨んだRIZAP初日の体重公開
コミットするぽよ。(2021/1/7)

ゆきぽよ、コロナ太りでぽよぽよのおなか公開「2020年入ってからすくすくと肥えだして…」 決意のRIZAP宣言
ギャルの本気。(2021/1/6)

トラブルを避けるには?:
「大炎上」の果てに降格も…… メールやSlackで怒り狂う人々が後を絶たない理由
在宅勤務の普及でメールやSlackでやりとりをするシーンが増えた。一方、使い方を間違えると大炎上してしまう。筆者が実体験を踏まえてアドバイスする。(2020/11/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
マーケティングは、モビルスーツである
マーケティングを学ばずに素手と竹やりで戦い続けるのだろうか。モビルスーツを手に入れて、海外の企業と互角に戦う道を選ぶ時だ。(2020/11/19)

ジャイアン声優・木村昴、ライザップへ逆オファー 普段はしずかちゃん声優が監視「油断しちゃダメよ」
しずかちゃんは見た。(2020/9/28)

「コロナ太り」も話題:
ライザップに聞く、テレワークしている従業員の健康にコミットする方法
テレワークが普及する一方で、従業員の「健康」をどう管理するかも課題となっている。テレワークと健康に関する調査を実施するとともに、オンラインで受講できるセミナーを提供しているライザップに話を聞いた。(2020/9/25)

“男の勲章”取り戻してる! 嶋大輔、ライザップで15.7キロ減 リーゼントが似合う身体に家族も「若くなった」
目つきも野性的になったような……?(2020/9/18)

クリス松村、8.8キロ減の浅香唯と2ショット 自身も過去に15キロ減のダイエット経験
2人ともすっきり。(2020/8/19)

「何も食べなかったら痩せるのは当たり前」 14.7キロ減量のしゅはまはるみが思う“女性にとっていいからだ”
“RIZAP史上最高”ボディーのその後。(2020/8/11)

浅香唯、RIZAPの4カ月トレーニングで8.8キロ減 ウエスト13センチも絞った「奇跡の50歳アイドル」が爆誕してしまう
ダイエット後のオーラがキラキラしてまぶしい。(2020/8/4)

松平健、ライザップで17.1キロのダイエット 4カ月のプログラムで20歳の体力年齢を獲得する
この状態でのマツケンサンバを見たい。(2020/7/29)

ダウンサイズ化は必至:
長期化するコロナショック レナウンの次に危ない有名企業とは?
新型コロナの影響はとどまらず、航空業界、観光業界を中心に甚大な影響を与え続けている。日本企業では、レナウンの破綻が話題となったが、経営に詳しい筆者の大関暁夫氏は、次に危ない企業として、2つの有名企業を挙げる。共通するのは、両社とも“時限爆弾”を抱える点だ(2020/7/3)

めっちゃ痩せてる! しゅはまはるみ、14.7キロ減でスレンダー美女に「RIZAP史上最高の仕上がり」
4カ月で大変身。(2020/6/22)

RIZAP、本社社員を基本在宅勤務に IT活用で業務効率が向上、オフィス面積の削減も視野
RIZAPが、本社に勤務する従業員1400人の在宅勤務を継続すると発表した。同社は5月から在宅勤務を原則化していたが、ITツールの活用により業務効率の向上に成功したため、以降も必要な場合のみ出勤するワークスタイルを基本とする方針。(2020/6/4)

新規顧客も獲得:
「サラダを食べに久々に吉野家行くか」という効果 「ライザップ牛サラダエビアボカド」発売の背景
吉野家は「ライザップ牛サラダエビアボカド」を発売する。第1弾の「ライザップ牛サラダ」が好調だった。サラダで「新規顧客の獲得と休眠顧客の掘り起こしの両方に成功した」としている。(2020/2/5)

堀江貴文が語る「予防医療」【後編】:
ホリエモンがRIZAPの戦略に迫る 「費用が高額だからこそ結果にコミットできる?」
ホリエモンこと堀江貴文氏と、RIZAPグループの瀬戸健社長の対談の模様を前後編にわたってお届けする。前編ではRIZAPがダイエットビジネスで顧客の意識を変えてきた秘密に迫り、後編ではRIZAPとして新たに取り組む糖尿病予防ビジネスの戦略を聞く。(2019/12/28)

堀江貴文が語る「予防医療」【前編】:
ホリエモンがRIZAP社長に聞く――顧客の意識を変えてきた戦略の秘密とは?
ホリエモンこと堀江貴文氏と、RIZAPグループの瀬戸健社長の対談の模様を前後編にわたってお届けする。前編ではRIZAPがダイエットビジネスで顧客の意識を変えてきた秘密に迫り、後編ではRIZAPとして新たに取り組む糖尿病予防ビジネスの戦略を聞く。(2019/12/27)

新連載・古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ゴンチャ新社長の原田氏がタピオカブーム“最後の希望”の理由
SNSで大きな話題を呼んだのが、国内大手タピオカ飲料店の「ゴンチャジャパン」社長人事だ。同社は12月1日付で原田泳幸氏を新たな社長に任命した。冷たい飲み物というイメージが強いタピオカの「冬越え」問題や、大手カフェチェーンなどのタピオカ参入という競争激化も業界全体の課題になりつつある。(2019/12/6)

ケンシロウがラタタタタタァ!(ど直球) 三代目JSB×『北斗の拳』の謎コラボが実現
『北斗の拳』のコラボ数すごい。(2019/11/27)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが斬る! “予防”というインセンティブなき「国民皆保険の欠陥」
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は堀江氏の国民皆保険への見解についてお届けするとともに、糖尿病予防につながるインセンティブの可能性を探る。(2019/10/12)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが課題だらけの医療業界を斬る! 「大学の医学部で経営も教えるべき」
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は医療業界の課題を指摘するとともに、一般の人が気付いていない糖尿病の怖さについて語った。(2019/10/11)

元関ジャニ∞の錦戸亮、SNSのプロフィール欄が話題に 「誰か助けてください」からの“行動”にファン「かわいすぎる」
かわいいのでしばらくこのままでもいいな。(2019/10/5)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが糖尿病の「不都合な真実」をホラー映画で訴える理由
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は堀江氏などが現在製作中の映画「糖尿病の不都合な真実」(仮)について。(2019/9/21)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが「ピロリ菌検査」と「HPVワクチン」を推進し続ける真意
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は「ピロリ菌検査」と、子宮頸がんを予防するための「HPVワクチン」を推進し続ける真意について。(2019/9/20)

「ふとした瞬間に悪くなりそうで怖い」 井上和香、突然の体調不良に不安隠せず
仕事に育児にと忙しくしている井上さん。(2019/9/16)

「RIZAPはブロッコリーとささみだけ」じゃない データ分析が導く正しい情報の伝え方
RIZAPは「過度な食事制限」という誤ったイメージが先行しているという課題に対して、Marketoを使ってどのように解決しようとしているのだろうか。(2019/9/17)

製造マネジメントニュース:
技術者も知っておきたい財務、会計のことば「のれん」
PwC Japanグループは2019年8月8日、「M&Aにおける会計・財務報告の重要性:のれんの減損リスクを適切に理解するための会計上のポイントなど」をテーマに、メディアセミナーを開催。製造業で勢いづくM&Aを読み解くうえで理解しておきたい「のれん」について解説がなされた。(2019/8/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。