ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サンドボックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サンドボックス」に関する情報が集まったページです。

Inside-Out:
2020年度、200倍に急増した迷惑メールとパスワード付きZIP対策【IIR Vol.51】
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)の技術情報誌「Internet Infrastructure Review(IIR)Vol.51」より、迷惑メールと暗号化ZIPファイルについてのレポートを転載してお届けします。(2022/5/20)

AWSチートシート:
「AWS Systems Manager」の「SSMドキュメント」と「リソースグループ」を利用して「Amazon EC2」インスタンスにコマンドを一括して実行するには
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、SSMドキュメントとリソースグループを利用して、EC2インスタンスに、コマンドを一括して実行する方法を紹介する。(2022/5/19)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(10):
株式か新株予約権か、スタートアップ投資の対価はどうすべき?
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第10回はスタートアップへの投資契約における留意点を解説する。(2022/5/16)

「メタバース」「電子工作」「サーバ管理」を一挙に体験できる“マイクラ”の魅力 そのIT要素を一挙紹介
世界で最も売れたインディーズゲームとも呼ばれる「Minecraft」は、ただの遊びと言うにはIT要素が多い。メタバースや電子工作、サーバ管理などMinecraftで感じられるIT要素を紹介する。(2022/4/29)

PR:世界中で急速に普及中の「Chromebook」 ソフトバンク×レノボでおトクにデビューしよう!
ソフトバンクがレノボ・ジャパンとタッグを組んで「Lenovo 300e Chromebook Gen 3(Cellularモデル)」の販売を開始した。そもそも、Chromebookとはどのようなものなのか。そして、このモデルのメリットはどこにあるのか、徹底的にチェックしていこう。(提供:レノボ・ジャパン合同会社)(2022/4/28)

「既知の悪用された脆弱性カタログ」に新たに7個が追加 WSO2製品の脆弱性も対象に
CISAが公開する「既知の悪用された脆弱性カタログ」に7個の脆弱性が追加された。脆弱性を再度確認するとともに、必要に応じてアップデートや緩和策を適用することが望まれる。(2022/4/27)

山市良のうぃんどうず日記(230):
Windows 11へのアップグレードの機会に、PCをリフレッシュしてみない?[後編]要件に満たないPCはどうなる?
前回は人から譲り受けたWindows 10 PCを再利用するためにきれいな状態にリフレッシュしました。直接Windows 11を新規インストールしなかったのは、無料アップグレードのためでもありますし、メーカー提供のユーティリティーやドライバのためでもあります。(2022/4/27)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(123):
Windows 11対応PCなら確実に使える高度なセキュリティ機能とは
ご存じのように、Windows 11のシステム要件はWindows 10と比べて大幅に条件が増えました。その理由の大きな部分を占めているのが、サイバー脅威からユーザーやデバイスを保護するさまざまなセキュリティ機能を標準で利用できるようにすることです。(2022/4/26)

人材不足はツールで補う:
PR:Webアプリケーション開発者に寄り添う次世代WAFの実力を探る
Webアプリケーションを狙うサイバー攻撃の高度化は、機械学習機能を組み込んだbotによる同時多発攻撃などとどまるところを知らない。従来のWAFでは防ぎ切れない攻撃にどのように立ち向かうべきなのか。(2022/4/28)

半径300メートルのIT:
「怪しいWebサイトを目視で見極めろ」は時代遅れ? 究極のフィッシング対策は存在するのか
脅威が高度化し、見ただけでは本物かどうか区別できないメールやSMS、Webサイトが増加しています。フィッシング対策の中には、これらを目視で見分ける方法を教えるものもありますが、本質的な問題解決に役立つのでしょうか。(2022/4/19)

セキュリティ製品は難しいが、理解する努力を怠ると攻撃を受ける恐れも:
PR:今のセキュリティ対策に求められるのは「これを入れれば大丈夫」という発想からの脱却と脅威を直視する姿勢
DXを支えるセキュリティ対策を議論するオンラインセミナー「ITmedia Security Week 2022春」が開催された。目まぐるしく環境が変化する現在、DXを加速するためのセキュリティ対策の在り方や、実戦的で投資対効果の高いセキュリティ対策が多数紹介された。本稿ではその中から、名和利男氏の基調講演とヴイエムウェア/SB C&Sの技術セッションの内容をお届けする。(2022/4/11)

Social Media Today:
GoogleがAndroid向けアプリ追跡制限を発表 iPhoneとは何が違う?
GoogleがAndroid向けの「プライバシーサンドボックス」構想を発表。データプライバシーへの取り組みは次の段階へ進んでいる。(2022/4/8)

5月から展開:
大正製薬、JR新宿駅に「クスリの販売機」 ドラッグストアと連携し約30品目を販売
大正製薬が、JR新宿駅の南改札内に市販薬の販売機を設置する実証実験を5月から開始する。(2022/3/31)

2012年のFlash Player脆弱性もいまだ現役? CISAが整備中の「既知の悪用された脆弱性カタログ」に32件が追加
CISAは「既知の悪用された脆弱性カタログ」に32個の脆弱性を追加した。これらの脆弱性は、サイバー攻撃で積極的に悪用されており注意が必要だ。迅速な確認および対処が望まれる。(2022/3/30)

PQC技術の実用化、まずはVPNに実装:
ソフトバンク、Sandbox AQと共同で量子コンピュータでも破れない暗号化技術の早期実装を目指すと発表
ソフトバンクは2022年3月23日、Sandbox AQと、量子コンピュータの計算速度に耐えうる暗号化技術に関する実証実験を行うためのパートナーシップ契約を締結したことを発表した。(2022/3/28)

徹底解説!Cookie規制と法改正:
Cookieが廃止・規制されたら「別の方法」はある? ポストCookie時代の対応Q&A
Cookieの規制が進む中、来たるべき「ポストCookie時代」には、どのような手法が代わりになるのか? 何から対応を始めればいい? ユーザーの同意取得は、どのように管理すべきか?──Q&A形式で解説をお届けします。(2022/3/25)

ソフトバンク、“量子コンピュータでも解けない暗号”をVPNに適用へ 米ベンダーと共同で
ソフトバンクが米Sandbox AQとパートナーシップ契約を結んだ。共同で量子コンピュータでも解読できない耐量子計算機暗号を使ったVPNなどの実用化を進める。(2022/3/23)

半径300メートルのIT:
まだまだ足りない「Emotet」対策 決定打がないからこそ必要なことは?
依然猛威を振るうマルウェア「Emotet」ですが、個人的にはまだまだ対策が進んでいないと感じます。「自分は関係ない」と思わず、当事者意識を持って対策を講じるにはどうすればいいのでしょうか。(2022/3/15)

VTuber「ホロライブ」運営、サンドボックスゲーム「ホロアース」開発 テスト参加者募集中
バーチャルYouTuber(VTuber)事務所「ホロライブプロダクション」を運営するカバーは、開発中のサンドボックス・ゲーム「ホロアース」の一部機能の検証テストを実施する。14日から25日まで実施予定で、参加者を募集している。(2022/3/11)

Marketing Dive:
Googleが「FLoC」を断念 迷走するCookie代替技術の行方は?
GoogleはCookie代替技術となるはずだった「FLoC」の開発を停止した。Cookieレス時代へのカウントダウンが長引くにつれて、データプライバシーの状況はより複雑さを増している。(2022/2/24)

Firefoxに深刻度「重要」の脆弱性 迅速にアップデートを
Firefox 97とFirefox ESR 91.6が公開された。複数の脆弱(ぜいじゃく)性が修正されており、幾つかは深刻度が「重要」(High)に分類される。Firefoxを使用している場合には最新版にアップデートすることが望まれる。(2022/2/10)

「.ppam」に要注意 パワポのマイナーなアドインを悪用したサイバー攻撃を観測
サイバー犯罪者はマルウェアを隠す方法としてPowerPointのアドインファイルを使う一般的ではない方法を発見したようだ。電子メールに.ppamという拡張子のファイルが添付されていた場合、フィッシング詐欺の可能性がある。(2022/2/5)

22年3月期1-3Q:
コインチェック売上高3.8倍のマネックス、成長ドライバーはNFTとIEO
仮想通貨交換所のコインチェックの成長が止まらない。コインチェックが属するクリプト事業の収益は255億円となり、前年同期66億円から3.8倍に増加した。利益は、32億円から149億円と4.6倍になっており、マネックスグループの稼ぎ頭だ。(2022/1/31)

感染リスクを組織の内面と外面から可視化:
PR:セキュリティをレベルアップさせる脅威インテリジェンス
ランサムウェア攻撃の猛威は続いており、二重脅迫型という新しい攻撃手法も登場した。膨大な脅威情報の中から必要な情報を選別する脅威インテリジェンスサービスの有効性とは。(2022/1/28)

元・Java専門記者がLog4j 2脆弱性に見た「複雑性と魔神のかけら」 Javaの歴史とバザールの矛盾
Log4j 2で問題となった脆弱性は、プログラミングやコンピュータの知識が少しあれば「なぜこんな危険な実装がされていたのか」と疑問に思う内容だ。歴史の歯車が別の方向に噛み合っていれば、こうはならなかったかもしれない。Javaを専門に取材してきた筆者が、この悲劇の背景をひも解いていく。(2022/1/31)

Google、脱Cookie技術「FLoC」開発を停止し、新たな「Topics」を発表
Googleは、ユーザーのプライバシーを守りつつ適切な広告を表示するための技術「FLoC」の開発を停止すると発表。それに代わる新技術「Topics」のテストを間もなく開始する。FLoCへのフィードバックに基づいて、FLoCに代わるものとして開発する。(2022/1/26)

半径300メートルのIT:
情報漏えいインシデントを教訓に生かせ “個人の”バックアップHDD管理を再考する
フリーマーケットで販売されていたHDDに、企業のビジネス文書が含まれていたとして話題になりました。これを教訓に今回は個人でできるバックアップHDDの安全な運用管理を考えていきます。(2022/1/18)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(201):
知らぬ間に進化を続けるHyper-V
Windowsが標準でサポートするハイパーバイザーといえば「Hyper-V」です。Windows Server 2008(x64)で初めて登場してからしばらくは、新機能追加や機能強化が次々に行われました。しかし、Windows Server 2016以降、目に見える劇的な変化というものが少なくなったような気がしませんか。(2022/1/13)

セキュリティの概念を変えるDSbD【後編】
「ハードウェアによるコードとデータの細分化」がセキュリティを激変させる理由
コードも画像もキーストロークも全て、ハードウェアレベルで別のサンドボックスに分離することで、悪意のあるコードを封じ込める――それを実現する「区画化」実現の道のりとは。(2021/12/24)

AWSチートシート:
「AWS Lambda」の基礎中の基礎、「Amazon S3」にアップロードした画像の自動補正――Lambda関数を「AWS Cloud9」で実装する
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「AWS Cloud9」で「AWS Lambda」のイベント駆動処理の基本を紹介する。(2021/12/16)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(68):
Emotetに対抗するために必要なものは「組織力」だ
「モノづくりに携わる人」だからこそ、無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、再び活動を開始したマルウェア「Emotet」にどう対抗するかをお伝えします。(2021/12/17)

YouTubeロゴがマイクラ仕様に 関連動画の再生1兆回突破記念で
YouTubeは15日、ビデオゲーム「Minecraft」(以下、マイクラ)関連動画の合計再生回数が1兆回を突破したことを記念して、トップページのロゴをマイクラ仕様に変更した。(2021/12/15)

コインチェック、メタバースの土地「LAND」を販売 総額5億円超
コインチェックはメタバース内の「土地」をNFTとして374個、12月21日から販売すると発表した。メタバースブームに伴い、NFTとして取引される土地の価格は著しく上昇しており、「需要が急増」(コインチェック)している。(2021/12/15)

IBMがメインフレームアプリのモダナイゼーション支援 IBM Z and Cloud Modernization Centerを開設
IBMがIBM Zを利用する顧客向けの窓口を開設した。アプリケーションやデータ、プロセスのモダナイゼーションを支援する。(2021/12/15)

今いる場所、そこが仕事場になる:
PR:VMware Anywhere Workspaceを実現するVMware SASE
以前から働き方改革の重要性が叫ばれてきたが、コロナ禍以降は特にテレワークが急速に拡大し、物理的な場所に依存しない働き方が当たり前になりつつある。こうした分散化した環境で一人一人が持てる能力をフルに発揮できるようにするためにVMwareが掲げているのが「VMware Anywhere Workspace」というビジョンである。そしてこれを実現するための重要な基盤となるのがVMware SASEだ。(2021/12/13)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
2021年の「広告」「Web解析」「SEO」 重要トピックスを振り返る
2021年のデジタルマーケティングのアップデート内容について「広告」「Web解析」「SEO」に絞って、振り返っていきたいと思います。(2021/12/1)

Palo Alto Networksがクラウドサービスのリスクを調査:
公開サービスの80%、安全な構成でないと24時間以内に侵害される
Palo Alto Networksは、パブリッククラウドで公開された安全ではない構成のサービスに対する攻撃について調査した。大規模なハニーポットインフラを使用した調査だ。クラウド環境で最もよく見られる設定ミスの一つは、安全ではない状態で公開されたサービスだからだ。(2021/11/30)

主要DR製品の違い【前編】
止められないシステムに必須の「DR」機能とは CommvaultとZertoを比較
DR(災害復旧)製品を使うことでミッションクリティカルなシステムの稼働を維持する方法がある。Commvault Systemsの「Commvault Disaster Recovery」と、Zertoの「Zerto Enterprise Cloud Edition」の仕組みや機能を比較する。(2021/11/30)

Windows 11にも無償アップグレード可能:
税込み2万2000円のWindowsタブ「mouse E10」を使って分かったこと【前編】
2020年8月に発売されたマウスコンピューターのスタディパソコン「mouse E10」が、装いも新たに一般販売向けとして投入される。従来の半額以下での投入となり、手頃なWindowsタブレットとしても注目できる存在だ。(2021/11/22)

オンプレミスのVMをAWSにスムーズに移行する方法【後編】
VMware仮想マシン(VM)を「AWS」に移す簡単な方法
オンプレミスのVMware製品で構築したVMのAWSへの移行は、適切なツールを使えば可能に実行できる。移行に使えるツールと移行手順を説明する。(2021/11/22)

データベース複製速度は55%向上も:
データクラウドのSnowflakeがPythonをネイティブサポート、非構造化データ処理などの新機能も発表
クラウドデータウェアハウスのSnowflakeが、Pythonをネイティブにサポートする。これにより、データエンジニアリング用の言語として人気が拡大する Python の開発者にアビールする。他にも非構造化データ処理、マーケットプレイス機能の強化、アカウントレプリケーションなどが発表された。(2021/11/17)

オンプレミスのVMをAWSにスムーズに移行する方法【前編】
企業がVMware仮想マシン(VM)を「AWS」へ移す理由と、移して後悔する理由
オンプレミスのVMware製品からAWSへのVMの移行は、複雑な作業を必要とせずに実施できる場合がある。VMのAWS移行にはどのようなメリットがあるのか。考慮すべきデメリットとは。(2021/11/15)

Sambaに8件の脆弱性が見つかる CISAが迅速なアップデートの適用を呼び掛け
OSS「Samba」に影響を受けたシステムの制御権が乗っ取られる危険性がある脆弱性が見つかった。CISAは迅速なアップデートの適用を呼び掛けている。(2021/11/11)

「都市連動型メタバース」で解決すべき法的課題とは? KDDIらがバーチャルシティ向けコンソーシアム設立
KDDIら4社が“都市連動型メタバース”のガイドライン策定を目指す団体「バーチャルシティコンソーシアム」を発足した。メタバースの利活用を後押しするための取り組みで、法的側面からも課題を整理していくという。(2021/11/10)

FirefoxとThunderbirdに複数の重要度「高」の脆弱性、アップデートを呼び掛け
FirefoxとThunderbirdに脆弱性が発見された。最悪の場合、システム制御権を奪われるリスクがあるため、急いで対応してほしい。(2021/11/4)

保険テックのjustInCase、元金融庁長官遠藤氏、弁護士増島氏、マネフォ瀧氏をアドバイザリーボードに
保険分野のスタートアップjustInCaseは、アドバイザリーボードとして、元金融庁長官の遠藤俊英氏、弁護士の増島雅和氏、マネーフォワード執行役員CoPAの瀧俊雄氏を迎えた。(2021/10/20)

CISA、FBI、NSAがBlackMatterランサムウェア対策アドバイザリー公開
CISA、FBI、NSAがランサムウェア対策アドバイザリーを公開した。サンドボックス環境で分析したBlackMatterランサムウェアのデータに基づく、犯罪者の戦術、技術、攻撃手順に関する情報を提供するもの。(2021/10/19)

機器の一元管理で人材、予算不足を解決
「UTM」の“もったいない”をなくす 機能性とパフォーマンスを両立させるには
企業のセキュリティ対策の基盤となるUTMはさまざまな機能を備える半面、全てを生かそうとすると処理に支障が出る恐れもある。UTMを使って最新のセキュリティ対策を実施しつつ、管理性も高めたセキュリティ運用はどうすれば実現できるのか。(2021/10/19)

PR:情報セキュリティのオーケストレーションベンダー、シマンテックにゼロトラストやSASEの最新情報を聞いてみた
(2021/10/21)

SnowflakeのUnified ID 2.0サポートをどう見るか Cookieレス時代のデータ活用の行方
SnowflakeがUnified ID 2.0のサポートを表明した。「ファーストパーティーデータをより効果的に活用できるようになる」という。(2021/9/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。