ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「セマンティックWeb」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セマンティックWeb」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ヤフー、即戦力となるエンジニア獲得へ 新卒でも「年収650万以上」提示
ヤフーはこのほど、30歳以下で就業経験のない入社希望のエンジニアに初年度から年収650万円以上を提示する「エンジニアスペシャリストコース」を設け、採用を始めた。(2018/3/6)

組み込み開発ニュース:
スペイン企業との提携により、要求品質を高めるソフトウェアを提供
SOLIZE Engineeringは、スペインのThe REUSE Company(TRC)と戦略的提携をし、TRCのソフトウェア「RQS」とその関連サービスの提供を開始した。RQSは、システム開発で重要となる要求記述の品質を高めるソフトウェアツール群だ。(2017/2/1)

CAD、CAE環境をVDIへ移行するための手引き(2):
デスクトップ仮想化がCAD、CAE現場にもたらすメリット
設計・解析の現場でも、デスクトップ仮想化の一方式であるVDIに対する関心が高まっている。連載「CAD/CAE環境をVDIへ移行するための 手引き」では、VDIの基礎解説や導入メリット、運用ポイントなどを分かりやすく解説していく。第2回では、CADやCAE現場におけるデスクトップ仮想化の導入メリットについて掘り下げる。(2016/5/10)

ヤフー、博士・ポスドク採用枠を新設 ビッグデータ研究推進
ヤフーは、自然言語処理や機械学習などビッグデータを活用した研究を進めるため、博士号取得者やポスドクの採用枠を新設した。(2015/11/26)

Oracle CloudWorld Tokyo 2015リポート:
PR:標準技術でLinked Dataも統合 「RDF Semantic Graph」の実力とは?
オラクルのデータ管理プラットフォームでは、Linked Dataも統合できる。「1兆トリプル」のRDF(Resource Description Framework)ベンチマークを達成した「RDF Semantic Graph」の実力とは? 「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」の特設サイト『ORACLE CLOUDWORLD ONLINE』から、注目セッションを紹介。[ビッグデータ][Big Data](2015/5/15)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
欧州にみるIoT活用とリスク管理への挑戦
IoT(モノのインターネット)から生まれるビッグデータを活用したイノベーションが進む一方、プライバシー/個人情報管理、サイバーセキュリティなど、リスク管理上の課題も広がりつつある。厳格なプライバシー保護政策で知られる欧州諸国はどのように対応しているのだろうか。(2014/11/26)

地域の活性化につなげたい:
鯖江市のオープンデータはどう進展してきたか
6月4日、福井県鯖江市、jig.jp、アマゾンデータサービスジャパン、SAPジャパンは共同で、鯖江市のオープンデータへの取り組みを説明した。4者は今後、他の自治体における同様な取り組みの広がりと、公開データを活用したアプリやサービスの普及に務めていく。(2014/6/5)

セマンティック技術を採用したプログラミング言語がソースコード公開
セマンティック系の技術を採用したプログラミング言語がソースコードを公開。どんな実装かが“丸見え”になった。(2012/12/17)

電子カルテ情報の分析システムを共同開発 東邦大学と日本IBM
東邦大学と日本IBMは、電子カルテで管理する数千万件以上のレコードを基に各種分析を行うシステムを開発した。(2012/7/3)

Google、検索結果に百科事典的情報枠を追加する「Knowledge Graph」を発表
英語版Google検索で人名や地名、映画のタイトルなどを検索すると、検索結果の右側にWikipediaからの情報や地図、画像などの関連情報をまとめたカラムが表示されるようになった。(2012/5/17)

HTML5とかtopi(6):
モバイルアプリ開発はHTML5が主流に
モバイルアプリ開発者のHTML5採用が加速している。ネイティブコードとWeb Viewを組み合わせたハイブリッドアプリケーションの開発を検討しているらしい(2012/4/5)

HTML5とかtopi(3):
Chrome for Android登場!
Chrome for Android、Google Chrome、Modernizr、CSSで変数を使う仕様、translate属性、WebRTC 1.0などHTML5関連トピック8連発(2012/2/17)

安藤幸央のランダウン(58):
ぼくらの七ボタン戦争 - Social Buttons War -
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2011/9/8)

医療分野の情報分析で協業 東邦大学とIBM
電子カルテに格納されているさまざまなテキストデータや時系列データを分析するために、東邦大学と日本IBMは協業した。(2011/6/6)

Google、Microsoft、Yahoo!が検索結果向上で協力 schema.orgを立ち上げ
構造化データマークアップを標準化することでWebサイトでのマークアップ利用を促進し、より良い検索結果の提供を目指す。(2011/6/3)

HTML5“とか”アプリ開発入門(3):
HTML5の登場で、XHTMLは結局どうなったの?
最近よく目にする「HTML5」という言葉。JavaScriptのAPIやCSS3、SVGなどを含め、急速な広がりを見せつつある「HTML5」の基礎を学べる入門連載です。「HTML5を使うと、何ができるのか」「それを実現するには、どのようなプログラムを書いたらいいのか」をお届けします(2010/11/12)

Windows Insider用語解説:
HTML5(HyperText Markup Language 5)
ChromeやOperaなどのWebブラウザへの実装が始まっているHTML5。何が新しくなるのか? HTMLの歴史を振り返りながら、その目的や特徴を解説する。(2010/8/19)

Google、セマンティックWebのMetawebを買収 検索エンジン強化へ
GoogleはMetawebの技術を検索エンジンに統合することで、複雑な検索クエリにも対応できるようになるとしている。Metawebのオープンなデータベース「Freebase」のサービスは継続する。(2010/7/20)

世界初の「週刊宇宙天気ニュース」
NICTは、宇宙空間の電磁環境の概況と予報を伝える「週刊宇宙天気ニュース」の配信をスタートした。(2010/3/18)

Oracle、製品データ管理のSilver Creek Systemsを買収
Silver Creekの製品は、企業の製品情報統合ソリューションである「Oracle PIM Data Hub」などに統合される。(2010/1/5)

Googleの“ブラックスワン”はBingなのか?
永遠に続くものなど何もない。Googleもその無料のサービスも、いつかほかの何かに取って代わられるかもしれない。では、Googleの終わりをもたらすものは何なのだろうか。(2009/7/21)

Next Wave:
実用化目前のセマンティック検索とビジネスへのインパクト
検索目的の細分化や多用途化によって従来のキーワード検索では限界が見えてきた。新たな検索技術に求められるのは、利用者のニーズを正確に把握する技術と検索対象の情報の中身を正確に理解する技術。そんな中、セマンティック検索技術が実用段階に入ってきた。(2009/6/25)

Wolfram|Alphaは「Googleキラー」ではない
「Googleのライバル」と言われ、注目を集めているWolfram|Alphaだが、それは誤解だ。(2009/5/20)

Teradata Universe Tokyo 2009:
今こそエンタープライズDWHで競争優位を勝ち取れ
厳しい中にあっても競争優位を得ようと全社的なデータウェアハウスを導入し、データ分析に取り組む顧客企業がある。「Teradata Universe Tokyo 2009」でコーラー社長兼CEOとブロブストCTOに話を聞いた。(2009/3/9)

デジタル革命の原動力となる7つの「破壊的トレンド」
Webサービスを変革させる注目技術はどんなものだろうか。次を制するのはGoogleかMicrosoftか、それともSalesforce.comか。(2008/10/24)

セマンティック検索のHakiaがサイトをリニューアル
GoogleやYahoo!、Microsoftといった大手検索エンジンとの差別化を図ることが狙いだというが、実際のところは――。(2008/10/7)

「Live Search+Powerset」はGoogleキラーになれるか?
Powerset技術を組み込んだLive Searchは、一部ブロガーには酷評されている。Googleキラーとは思えないが、Live Searchを改善するにはいい方法だ。(2008/9/19)

MS、Live SearchにPowersetの技術を取り入れ
MicrosoftはPowersetのセマンティック技術などを利用して、Live Searchの検索結果を改善しようとしている。(2008/9/18)

ねとらぼ:
あの人のすべてが丸分かり!? 人物検索「SPYSEE」
人物名を入力すると、その人についての情報をネットから調べ尽くしてくれるという検索サイト「SPYSEE」がオープンした。なかなか正確で詳細な結果が出る。(2008/7/16)

Yahoo!、「SearchMonkey」を一般公開
Yahoo!が、プレビュー版として限定公開してきた検索プラットフォームの「SearchMonkey」を一般公開した。(2008/5/16)

Powerset、「質問の答え」を見つけてくれる検索エンジンをβ公開
「who is ?」といった平易な文章による質問に答えてくれる検索エンジンが公開された。まずはWikipediaとFreebase上の情報のみを対象とする。(2008/5/13)

ものになるモノ、ならないモノ(23):
ECネットワークは、ネット紛争の“遠山の金さん”
eコマースでトラブルに巻き込まれたとき助けを求めればいいのか。時間やお金が掛かる裁判以外の方法がある(2008/4/24)

進化を続けるエンタープライズサーチ
「情報共有に最終形はない」──情報爆発がもたらす探す手段の未来
インターネットの世界と同様に企業内でも情報が急増し、必要な情報の入手はますます困難になっている。そして専門家は情報の検索と共有にゴールはないと明言する。(2008/4/15)

Yahoo!、音声入力も可能なモバイル検索「oneSearch 2.0」発表
Yahoo! oneSearchの最新版では、音声でのクエリー入力が可能。クエリーに関連する語句を提案するSearch Assist機能なども追加し、検索のスピードアップを実現する。(2008/4/3)

Yahoo!、検索のオープン化とセマンティックWeb対応を明らかに
開発者はYahoo!の検索プラットフォームに独自のアルゴリズムを載せ、セマンティックWebで検索体験を向上させることができるようになる。(2008/3/14)

米Yahoo!、検索プラットフォームをオープンに
Webサイトオーナーは、独自情報を加えたYahoo!検索結果を表示できるようになる。(2008/2/27)

クリプトン・フューチャー・メディアに聞く(4) 最終回:
JASRACモデルの限界を超えて――「初音ミク」という“創作の実験”
「初音ミクJASRAC事件」が浮き彫りにした、みんなの創作と音楽ビジネスの矛盾。誰もが創る時代に、みんなが幸せになる仕組みとは。「初音ミク」という“実験の場”を提供し、ユーザーとともに探っていく。連載企画 「おもしろさは誰のものか」序章。(2008/2/26)

戦場にも情報を――国防総省がマッシュアップおよびマイクロフォーマットの採用へ
米国国防総省が、マイクロフォーマットとマッシュアップを用いて既存データをまとめ、兵士がそうした情報を利用できるようにする計画を立てている。(2007/12/5)

「株主を無視せよ」――「LUNARR」にこもるサイボウズ元社長のイノベーション論
自ら創業したサイボウズを突然辞め、米国に飛び立った高須賀宣さん。世界一を目指し開発した新サービス「LUNARR」は、株主の顔色を気にする上場企業では生まれなかったという。(2007/10/29)

GoogleのPageRank急落でブロガー騒然
GoogleはPageRankアルゴリズムを調整したことを認めていないが、有名サイトのPageRankスコアが突然低下した。(2007/10/29)

Googleキラー始動? 自然言語検索のPowersetが限定公開
自然言語検索のPowersetが、ユーザーのフィードバックを募るためのコミュニティー「Powerset Labs」を招待制で公開した。(2007/9/18)

あらゆる機器をワイヤレスでつなぐ:
M2Mネットワークの「今」
安価なワイヤレスネットワークと組み込みプロセッサの組み合わせがコンピュータ革命を持続させている。本稿では、あらゆる機器をワイヤレスでつなぐための、いくつかの通信方式とその事例を交えながら、ワイヤレスネットワークの実用性や現状の問題点について解説する。(2007/9/1)

エンタープライズ2.0時代の到来:
コモディティ化した2.0の行方
企業におけるWeb2.0はこれまでの情報のあり方を変えてくれる存在なのだろうか。そろそろバズワードとしてではなく、本質へと視点が移ってきている時期だが、Web2.0は何を生み、企業は何を学ぶべきなのだろうか?(2007/8/10)

BEA Industry Analyst and Media Summit 2007 APAC Report:
「SOA and Beyond」── 絶えず革新を続けるBEA
SOAのリーダーであるBEAは、絶えず革新を続け、基盤技術の改善や周辺の技術の追加によって、よりパワフルなSOAソリューションを実現する。(2007/6/28)

よく効くエンタープライズサーチの処方箋:
サーチの「条件」 企業の戦略、論理を結果に反映できるか
検索結果はベンダー任せにしない――。今後のエンタープライズサーチは、検索過程を可視化して、企業の論理を検索に反映させるソリューションが主流になるかもしれない。(2007/3/8)

IE 7開発者が語る「IE 8」から「Ajax」まで
「IE 7ではAjaxについて、かなり大きな機能調整を行った。Ajaxを使った開発作業が楽しめるようになる」――MSのIE担当アーキテクトがAjaxのカンファレンスで、WebデベロッパーにIE 7への対応を呼び掛けた。(2006/10/27)

ものになるモノ、ならないモノ(13):
マイクロフォーマット=Web2.0の真打ちとなるか?
米マイクロソフトやYahoo!が積極的な取り組みを始めた「マイクロフォーマット」。ブログ検索でおなじみのテクノラティに、マイクロフォーマットがWeb2.0ブームの真打ちになる可能性を聞いた。(2006/10/11)

企業向けフィード提供、ユニジェントの「BizTrend」
ユニジェントは、インターネット上のビジネスフィード情報を収集、無料で提供するビジネスユース向けの情報サイトを開始した。(2006/8/22)

ものになるモノ、ならないモノ(10):
Webちらし、国産RSSリーダーのいきさつと人工知能化の野望
数回にわたり、国内のWeb2.0企業にフォーカスし、その姿を見ていく。第2弾の今回は、国産RSSリーダーのグルコースに国産RSSが生まれた経緯と今後の検索やRSSの姿について話を聞いた (編集部)(2006/7/19)

“かしこいWeb”――Web2.0の先にあるもの
Web2.0を支えているのは、技術の進化と人の進化――その先には本当に使える「かしこいWeb」、セマンティックWebの世界が広がっているという。(2006/7/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。