ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Shazam」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Shazam」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

周囲で流れる楽曲の名前を認識する「Shazam」 iOS 15での変更点は?
2018年にApple傘下となったShazam Entertainment Limitedの音楽認識アプリ「Shazam」(シャザム)。iOS 15にアップデートされたことでコントロールセンター内での履歴表示が可能になったが、アプリとコントロールセンターでは別々の履歴が保存される仕様だ。(2021/12/28)

Innovative Tech:
電波を注入し、人間を充電器化 タイピングや車の運転中にスマートウォッチなどを充電
米マサチューセッツ大学の研究チームは、キーボードに触ってタイピングした際に自動でスマートウォッチのバッテリーを充電するシステムを開発。人間の体を経由して電力を供給する。(2021/12/6)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
BTS効果でK-POP大躍進 世界の音楽市場の成長率推移はどうなっている?
世界の音楽シーンに旋風を巻き起こすK-POP。その他の国・地域の音楽市場はどうなっている?(2021/6/18)

「iOS 14.2」「iPadOS 14.2」配信 新EmojiやAirPods充電最適化、Shazam機能追加など
AppleがiOSとiPadOSの14.2の配信を開始した。Unicode Emoji 13.0の新Emojiが100点以上追加された他、多数の機能改善、バグ修正、脆弱性修正が行われた。Shazamを「ミュージック認識」としてコントロールセンターに追加できるようにもなった。(2020/11/6)

Google、「この曲何?」→ハミングで曲名検索 機械学習で
スマートフォンのGoogleアシスタントに「この曲何?」と言った後ハミングすると、曲名とその曲の動画リンクを表示するようになった。曲の旋律を指紋代わりに使って検索する。(2020/10/16)

音楽サブスクの2トップ、SpotifyとApple Musicのレコメンドシステムはどう違う?
定額制音楽サービスの2大巨頭であるApple MusicとSpotify。レーベルを主催する筆者が実感したその仕組みの違いとは。(2020/4/2)

iOS 13.4、iPadOS 13.4の新機能、すべて解説します 「iPadでマウス」の使い方も
MACお宝鑑定団のITmedia NEWS向けスペシャルコンテンツ。(2020/3/25)

Googleさん:
Pixel 4がレベルアップ! 新しい魔法は便利なの?
日本の法規制で使えなかった「Pixel 4」のレーダーによるジェスチャー機能「Motion Sense」がついに降臨。実際に使ってみました。(2020/2/9)

ナイキやディズニーを経てギター最大手のCEOへ プロ経営者が見た音楽市場の“特異性”
ギター大手フェンダーCEOのアンディ・ムーニー氏は、ナイキのCMO、ディズニーコンシューマープロダクツやクイックシルバーで社長、会長を務めた経歴を持ち、ギターコレクターでもあり、バンドマンでもある。フェンダーにとどまらず、エレキギターを中心とした楽器、音楽市場の分析や業界のこれからについて伺った。(2020/2/4)

「STORIA法律事務所」ブログ:
弁護士が解説 “平成30年改正著作権法”がビジネスに与える「衝撃」
弁護士の柿沼太一さんが、著作権法改正により可能になるサービスについて解説します。(2019/4/4)

「STORIA法律事務所」ブログ:
いよいよ施行された「改正著作権法」は、弁護士や学者にとってビジネスチャンスとなるかもしれない
2019年1月1日から施行された改正著作権法には、学識経験者にとって新たなビジネスチャンスの可能性があるといいます。AIと著作権に詳しい弁護士の杉浦健二さんが解説します。(2019/1/22)

AppleのShazam買収、EUが承認
Appleが昨年12月に明らかにした英Shazamの買収を、EUの欧州委員会が承認した。この買収によって欧州のデジタル音楽ストリーミング市場における健全な競争が阻害される恐れはないという結論に達したとしている。(2018/9/7)

欧州委員会、AppleによるShazam買収に関し無条件承認か
AppleのShazamの買収の是非について調査を行なっていた欧州委員会だが、その結果が出そうだ。(2018/8/24)

AppleのShazam買収、欧州委員会が調査開始
Appleによる音楽認識サービスShazam買収について、欧州委員会が調査を開始したと発表した。9月4日までに結論を出すとしている。(2018/4/24)

日本はアピール不足? 「MWC 2018」で見つけた欧州の最新コネクテッドカーたち
世界最大級の通信関連展示会「Mobile World Congress」には「5G」関連の展示が目白押し。次世代の技術やサービスが集まるMWCの会場で、最新のコネクテッドカーと関連サービスについて取材した。(2018/3/15)

AppleのShazam買収、欧州委員会が競争への懸念で調査開始
Appleが昨年12月に認めた英Shazamの買収について、欧州連合が「競争に悪影響を与える恐れがある」として調査を開始した。(2018/2/7)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
6億台のPCで使える「Cortana」がAIアシスタント競争に苦戦する理由
CES 2018では「Amazon Alexa」や「Googleアシスタント」が引き続き注目を集めた。その一方で、Windows 10標準のアシスタント機能である「Cortana」は、PC以外の採用例を増やすことに苦戦している。(2018/1/13)

Apple、音楽認識サービスShazamの買収を認める
AppleがShazam買収で合意に達したという声明文を米TechCrunchなど複数のメディアに送った。(2017/12/12)

Apple、音楽・テレビ番組認識アプリのShazamを買収か
Appleが音楽・テレビ番組認識アプリのShazamを買収すると米メディアが報じた。Appleは2014年からSiriでShazamの技術を採用している。(2017/12/10)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:ブロックチェーンの意外な活用法
ブロックチェーンの用途が拡大している。特集では、ブロックチェーンのユニークな活用事例を4つ紹介する。他に、独走状態に陰りが見えたAWSの現状、メインフレームアプリの低コストな移行方法、ShazamのCTOにインタビューした記事などをお届けする。(2017/10/16)

「スマートスピーカー」の今と近未来(2):
「ねえGoogle、Google Homeは使いものになる?」実際に触って実力をチェック
スマートスピーカーは実際、どのような用途で価値を発揮するか。どんな人にとって便利か。ここでは、2017年10月6日に日本で発売されたばかりのGoogle Homeに焦点を当て、実際に触って、その使い勝手を独自の視点でまとめてお伝えする。(2017/10/11)

あるバーベキューチェーンの挑戦
「Alexa」でBIダッシュボードを強化、音声アシスタントが職場を変える
Amazon の音声アシスタント「Alexa」を調理場で活用する米バーベキューレストランチェーン Dickey’s Barbecue Pitの事例を見ていこう。(2017/10/6)

Apple Watch Series 3先行レビュー 林信行が読み解く「デジタルダイエットの提案」
あなたの人生を変えうる、ただ1つのファッションアイテム。(2017/9/20)

インタビュー
音楽認識サービス「Shazam」のCTOが目指す「土曜も出社したくなる職場」
音楽認識で知られるShazamの新CTO、シャープ氏にインタビューした。「土曜日でも出勤したくなるほど職場の雰囲気を盛り上げたい」と語る同氏が真に目指しているチーム像、エンジニア像とは?(2017/5/26)

“無料聴き放題”「Spotify」ようやく招待コード不要に 日本上陸から1カ月半、見えてきたユーザーの姿は
音楽ストリーミングサービス「Spotify」が日本でも一般公開。招待コードがなくても、誰でも利用できるようになった。(2016/11/10)

無料で4000万曲以上が聴ける「Spotify」一般公開開始 招待コードなしで誰でも利用可能に
(2016/11/10)

安藤幸央のランダウン(69):
いまさら聞けないUX(User eXperience:ユーザー体験)の歴史、現状、今後はどうなる?
現在に至るまで「UX」的なものがどのように発展してきたのかを振り返り、今後どうなっていくのかを考えます。あらためてユーザビリティやUXを考えるヒントにしてください。(2016/3/15)

中毒性半端ない キングオブコントのネタが発端でSURFACEの「さぁ」にハマる人が増殖中
「まもって守護月天!」続編発表のきっかけともなったあの曲。(2015/11/3)

Apple Watchガールズトーク:
Apple Watchの「Shazam」で気になる音楽をすぐキャッチ!
みんながいる場所で「この曲なに?」なんてSiriに聞くのはちょっと恥ずかしいですよね。(2015/8/6)

Android、「OK Google」でのサードパーティーアプリ操作が可能に
Android端末の音声コマンド「OK Google」で、例えば「OK Google, Shazam this song」と命令すると、音楽検索アプリShazamが起動し、その場で流れている音楽の曲名を特定してくれる(まずは英語版で開始)。(2015/5/1)

iPhoneアプリのApple Watch対応進む 腕でも見やすい?
Apple Watchで機能の一部が利用できたり、Apple Watch用に独自機能を用意したりするアプリが増えています。今回は、第2弾として編集部で確認できたApple Watch対応アプリを紹介します。(2015/4/14)

「ねがちぇいるちゃらがぁ」──SurfaceのCM曲に「中毒性やばい」の声! 歌っているのは?
これ流れるとついテレビ見ちゃう。(2014/12/3)

Uplinq 2014:
スマートグラス、3Dカメラ、ロボット――Qualcommの「Snapdragon」が目指す新しい世界
Qualcommが、開発者向けのイベント「Uplinq 2014」を、米カリフォルニア州サンフランシスコで開催。ロボティクスやスマートグラスなど、モバイルの次を見据えた技術を披露し、技術の進化のすごさを垣間見ることができた。(2014/9/26)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Windows 9(仮称)に搭載されそうな「Siri」対抗の機能とは?
AppleがiOSにSiriを導入してから、音声によるパーソナルアシスタント機能は一般にも定着しつつある。MicrosoftはすでにWindows Phone 8.1でSiri対抗機能の「Cortana」を搭載しているが、次期OSのWindows 9(仮称)でもこれが利用可能になるかもしれない。(2014/9/26)

週末アップルPickUp!:
「iOS 8」のちょっとした不満を解決するTips集
SiriたんかわいいよSiriたん。(2014/9/19)

iOS 7からココが変わった:
「iOS 8」をさっそく使ってみた――進化/変化したポイントを速攻レビュー
いよいよ配信された「iOS 8」。メジャーバージョンアップと言うことで、さまざまな新機能が追加されたが、実際の使い勝手はどうか? iPhone 5sにインストールしてみたので、さっそくチェックしてみた。(2014/9/18)

週末アップルPickUp!:
「iOS 8」に隠された新機能トップ10
かゆいところに手が届きます。(2014/6/6)

Apple、「iOS 8」発表 「iCloud Drive」や他社IMEの解禁も
AppleがモバイルOSの最新版「iOS 8」を発表。一般には今秋に公開する。クラウドストレージ「iCloud Drive」や、インテント、サードパーティ製IME解禁を含む多数のAPI公開などが目玉だ。(2014/6/3)

Facebookの「今なにしてる?」に鑑賞中の音楽/TV番組自動表示機能
Facebookの公式モバイルアプリで投稿欄をタップした瞬間に端末のマイクが周囲の音を収集し、音楽やテレビ番組を認識すると「○○を鑑賞中」と自動的に表示する新機能が米国で使えるようになった(オプトイン機能)。(2014/5/22)

突撃! あなたの隣のスマホ女子・最終回:
あなたのスマホ、見せてください!
電車の中などでかわいい女の子がスマホを触っている様子が気になったことはありませんか?「突撃! あなたの隣のスマホ女子」では、編集部の池田がいろいろな女性に突撃取材。どんなスマホをどう使っているのか、毎週インタビューしていきます。【4月11日にFile 12を更新】(2014/4/11)

ARROWS A:
PR:夏フェスを120%楽しむ! 電池長持ち、防水スマホで野外でも安心
ARROWS A 202Fにインストールして夏フェスを楽しめるさまざまな音楽アプリやサービスを紹介します。音楽好きユーザーの皆様必見です。(2013/6/28)

音楽アプリShazamのiOS版がiPadに対応し、自動タグなど新機能追加
流れている音楽を認識してタグ付けしてくれる音楽検索アプリのShazamがバージョン6.0.0にアップデートし、iPadにネイティブ対応した他、ボタンを押さなくても自動でタグ付けする機能などが追加された。(2013/5/24)

特集:
iPhoneユーザーは見逃せない音楽アプリ15選
無料の音楽ストリーミング、実在するライブハウスの音質を再現、ユーザーの嗜好解析による楽曲レコメンド――音楽をたくさん、そして自分らしく聴きたい人たちにオススメのiPhoneアプリをまとめてみた。(2013/1/28)

Android版Google検索アップデートで「Google Now」新カード追加
Android 4.1のパーソナルアシスタント機能「Google Now」にAppleのPassbookのような搭乗券表示機能などが追加され(Unitedのみ)、音声検索ではShazamのような音楽検索が可能になった(Google Playで音楽を販売している地域のみ)。(2012/12/6)

新ブラウザは“電光石火”の速さ――“スマホの老舗”が明かす「BlackBerry Bold 9900」の優位性
NTTドコモの新モデルとして発表されたRIMのハイエンドスマートフォン「BlackBerry Bold 9900」。AndroidやiPhoneの成長著しいスマートフォン市場で、“老舗”のRIMはどう差別化を図るのか。東アジア担当責任者が説明した。(2011/10/21)

TechTargetジャパン電子ブックレット
TechTargetジャパンのコンテンツをスマートデバイスでの表示に最適化したEPUB形式とKindle用のMOBI形式で提供しています。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。(2012/12/10)

PR:“楽しみ”をさらに広げるBlackBerry App World
6月1日、BlackBerryに新たな魅力が加わった。豊富なアプリケーションを自由にインストールしてカスタマイズするのに便利な「BlackBerry App World」だ。今回はこのBlackBerry App Worldの魅力と、お勧めのBlackBerryアプリを紹介したい。(2010/7/29)

Google、モバイル検索結果にアプリストアへのリンクを表示
iPhoneとAndroid端末で検索窓に「Shazam download」などと入力すると、App StoreあるいはAndroid Marketのアプリダウンロードページへのリンクが表示される。(2010/6/3)

iPad開発者も対象に:
大手VCのKPCB、iPhone開発支援ファンド「iFund」を総額2億ドルに拡大
現在支援中の14社から20本以上のiPadアプリがリリースされる見込みだ。(2010/4/1)

MIX10:
スムーズな動作と開発期間の短さが特長の「Windows Phone 7 series」
米Microsoftがインターネット技術カンファレンス「MIX10」の基調講演で、謎に包まれた部分の多いWindows Phone 7 seriesの開発ツールやSilverlightとの連携を披露した。(2010/3/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。