ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「松竹」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「松竹」に関する情報が集まったページです。

小津監督「東京物語」などアマプラで「然色映画」として何者かがカラー化配信 松竹「松竹から提供しているものではありません」
「作品に対する冒とく」との批判も。(2021/1/21)

アート作品を展示:
住民や店主を悩ます街の「落書き」対策 ビジネスと課題解決の両立を目指す東急の狙い
人通りが少ない場所の「落書き」に悩む人は多い。落書き対策と、ビジネスを両立するような事業に東急が取り組んでいる。対象エリアも拡大している。(2021/1/19)

ARで片岡愛之助氏の歌舞伎を再現 スマホを通して観劇 松竹が新アプリ
松竹が、スマホカメラで映した映像に歌舞伎役者・片岡愛之助さんの踊りをAR映像として重ねて表示するコンテンツを発表。1月15日に配信予定のスマホアプリ内で提供する。(2021/1/5)

BSデジタル20年 ライバルはネット配信 魅力あるコンテンツ課題
BSデジタル放送がスタートから20年を迎えた。この20年で視聴可能世帯も8割近くまで増えた一方で、インターネットによる配信番組が増加し強力なライバルに。いっそう魅力あるコンテンツ作りが課題となっている。(2020/12/2)

9月19日からイベント開催制限が緩和:
興収2500億円超えの映画業界 カンヌに4本の作品を送り出した配給会社社長が語る「コロナ禍の生き残り方」
新型コロナウイルスの感染拡大は映画業界にも大きな影響を及ぼしている。配給会社ラビットハウスの増田英明社長は「日本では小さな配給会社でも生き残ることができる」と語る。日本の映画業界は毎年2000億円の興行収入を維持していて、小規模な配給会社がそのうちの10%のシェアを奪い合う一定のマーケットがあるからだ。中小の配給会社がコロナ禍をどのように生き抜くのか。増田社長に戦略を聞いた。(2020/9/18)

オフラインに近い体験を実現:
松竹とLINEがコンソーシアム設立 映画館や劇場のデジタル化推進
松竹とLINE、エンターテインメント事業などを手掛けるSprootの3社は「松竹DXコンソーシアム」を設立すると発表。新型コロナウイルスの影響で映画などの興行が厳しさを増す中、デジタル技術を活用した事業の推進を図る目的。(2020/9/11)

“ナウシカ歌舞伎”も自宅で 松竹、有料配信「歌舞伎オンデマンド」26日スタート
歌舞伎の有料動画配信サービス「歌舞伎オンデマンド」を松竹が26日にスタートする。過去の歌舞伎の舞台公演や、歌舞伎俳優によるトークイベントなどの映像をストリーミング配信する。(2020/8/25)

「声優界の野島が増えた……!!」 野島健児の長男が声優デビュー、ファンや伯父の野島裕史も驚き
2人が、親子ではなく兄弟に見えるとの声もファンから寄せられています。(2020/8/21)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(15):
発売40周年のウォシュレット、「洗浄ノズルをくわえられるのか」にみる進化の魂
TOTOのヒット商品「ウォシュレット」が1980年の発売から40周年を迎えた。温水洗浄便座の代名詞として日本のトイレ文化に革命を起こしたウォシュレットだが、どのように開発され、これまで進化を続けてきたのだろうか。(2020/8/19)

「平手さんに呪われたい」 映画「さんかく窓の外側は夜」特報&ビジュアル公開 平手友梨奈の醸す不穏な空気に早くもハマリ役の声
なおチラシにはある仕掛けが用意されているもよう。(2020/7/9)

ビックリマンが歌舞伎とコラボ! 松竹監修で本格的
若手俳優の中村隼人さんはシークレットシールに。(2020/7/6)

京アニ、新作映画を9月公開 放火事件とコロナで2度の延期を経て、SNSには喜びの声
京都アニメーションの新作映画「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が9月18日に公開される。(2020/6/25)

岡田将生が志尊淳を抱きしめる“除霊シーン”解禁! 映画「さんかく窓の外側は夜」、平手友梨奈のするどい制服カットも
うす暗い場所にたたずみ、鋭い視線で何かを見つめる平手友梨奈さんの姿も。(2020/6/8)

バーチャル背景図鑑:
Web会議で使える「 #バーチャル背景 」配布がブームに 企業まとめ
企業や法人が配布しているバーチャル背景をまとめてみた。(2020/5/1)

「HiGH&LOW」劇場版4作YouTube期間限定無料公開に寄せて――“LDHのファン以外”にハイローのすごさが伝わるまでのROADを振り返る
あのころのざわめき、覚えていますか?(2020/4/2)

松竹と東映が史上初の共同プロジェクト 特撮コメディー映画「大怪獣のあとしまつ」製作決定
三木聡監督「ふたりと一緒にスタッフ一同、思い切り後ろを向いて撮影に臨みます」(2020/2/27)

実写版「私がモテてどうすんだ」2020年7月10日公開 芹沼花依役は山口乃々華と富田望生の2人1役
平沼監督は“イケメン達の拳の物語”である「HiGH & LOW」シリーズの脚本を担当しています。(2020/1/10)

“ナウシカ歌舞伎”尾上菊之助、ケガの完治を待たずメーヴェの宙乗りを再開 「手の動きが不自然なところもあるかと……」
8日昼の部の公演中に左肘を亀裂骨折するケガを負っていました。(2019/12/18)

佐藤健、妻夫木聡に志尊淳! 映画「一度死んでみた」のキャスト23人が解禁、主役級の顔ぶれがずらり
オールスターキャストで贈る、笑いと感動のS・F(死んだ・ふり)コメディー。(2019/12/2)

「三國志」シリーズが最新作で「銀河英雄伝説」と異色コラボ ラインハルトたちと中国大陸統一を目指す
スマホゲームのコラボ感。(2019/12/1)

低きにありて、高きを思う:
ジブリ鈴木敏夫が語る――宮崎駿に『風の谷のナウシカ』を連載させた『アニメージュ』初代編集長の「型破り人生」
スタジオジブリのプロデューサーとして、宮崎駿作品をはじめとするアニメーション映画の制作に尽力している鈴木敏夫氏。その鈴木氏が大きな影響を受けたのが徳間書店時代の上司である故・尾形英夫氏だ。尾形氏は宮崎駿氏に『風の谷のナウシカ』を連載させた『アニメージュ』の初代編集長。尾形氏の型破りな生き様を鈴木氏が大いに語る。(2019/10/1)

デスメタルな広瀬すずだと? ピンクグラデヘアの“反抗期こじらせ女子”に、映画「一度死んでみた」ビジュアル解禁
そろそろカメレオン女優と呼ばれそう。(2019/9/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「サンリオピューロランド」の来場者数が5年で約2倍 現地で見えてきた“勝因”とは
屋内型テーマパーク「サンリオピューロランド」の売り上げが伸びている。来場者数も5年でほぼ倍になった。再成長している秘密を現地で探った。(2019/8/20)

京アニ映画を「特集上映」 「新宿ピカデリー」「MOVIX京都」で
放火事件で多数の犠牲者が出た京都アニメーションの一連の作品を映画館で放映する「特集上映」が、「新宿ピカデリー」(新宿区)と「MOVIX京都」(京都市)で行われる。(2019/8/19)

松竹、京都アニメーションの映画18作品の特集上映を決定 新宿ピカデリー、MOVIX京都で
8月23日から。(2019/8/16)

京アニ、劇場版「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝」予告動画と場面カット公開 公開まで1カ月弱
全力応援。(2019/8/13)

見せてもらおうか、歴史の重みとやらを 「機動戦士ガンダム」40周年記念オフィシャルブックが発売決定
ガンダムシリーズ40年の歴史がこの1冊に!(2019/8/3)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
国鉄と共に消えた「チッキ便」 新たな枠組みで復活させたい
サザコーヒーと木内酒造が路線バスを使った商品輸送を始めた。その背景に貨客混載の規制緩和があり、全国的に貨客混載の事例が誕生している。地方鉄道にもチャンスがありそうだ。国鉄時代の「チッキ便」を、新たな枠組みで再出発させる契機になるかもしれない。(2019/7/5)

蒲田 初音鮨物語:
「絶対に一流店にしてやる」という気負いが店をダメにする 落ちぶれた店で“鮨職人”が見失っていたもの
勝が跡を継ぐ直前まで、極めて落ちぶれた状況だった初音鮨。“鮨職人”が見失っていたものは何だったのか。(2019/6/26)

蒲田 初音鮨物語:
蒲田 初音鮨物語 利益もこだわりも捨てた鮨屋が“世界に名だたる名店”になるまで
客足もまばらで、つぶれかけていた場末の鮨屋、「蒲田 初音鮨」。それが突然、“世界中から予約が入る名店”となったのはなぜか?(2019/6/17)

安彦良和監督「ヴイナス戦記」世界初の無料配信決定 30年間の“封印”を解いて一日限りの配信
これは見逃せない。(2019/6/14)

ティ・ジョイも映画鑑賞料金値上げへ 新宿バルト9は一般料金1900円に
TOHOシネマズ、5月7日には松竹マルチプレックスシアターズ(新宿ピカデリーなど運営)に続いて……。(2019/5/10)

新宿・丸の内ピカデリーが鑑賞料金値上げ 一般料金が1800円→1900円に
TOHOシネマズに続き。(2019/5/7)

日曜劇場「集団左遷!!」福山雅治が挑む銀行陰謀ドラマを徹底予習、香川照之を筆頭に顔の濃いおじさんパワーが、いよいよ平成を終わらせる
福山雅治が日曜劇場名物「顔相撲」に参戦、香川照之との対決、きっとあるよね。(2019/4/21)

まさに特等席! 新宿ピカデリーのプラチナシートとプラチナルームが全面リニューアルでより優雅に
特別席だけのフードメニューも刷新され、名店の味が集まっています。(2019/4/17)

「依存症に厳しすぎる制裁」 ピエール瀧出演作の自粛撤回、依存症支援団体が要望
ピエール瀧氏が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、出演作品の撮り直しや販売停止など自粛が相次いでいる問題で、依存症関連の市民団体や治療者らで結成する団体が、自粛を撤回するよう求める要望書を、NHKなど5社・団体に送付したと発表した。(2019/3/28)

「広島駅」で高さ100mの新駅ビル計画が本格始動、2025年の開業を目指す
JR西日本、JR西日本不動産開発、中国SC開発、ジェイアール西日本ホテルの4社は、「広島駅ビルの建替え計画を本格的に始動させる。地上20階建て、高さ100m(メートル)の新駅ビルの内部には商業エリア、ホテルエリア、駐車場エリアを収容し、広島の象徴である路面電車の乗り換え口も設置して、新たなにぎわいの創出を図る。開業は2025年春の予定。(2019/3/22)

この枠でしかできないことがある――「モテキ」や「ヨシヒコ」のテレ東深夜枠「ドラマ24」、ブレない“核”とドラマの可能性
予算はない。夢はある。(2019/2/22)

お兄ちゃん帰ってきた!! 「男はつらいよ」22年ぶり新作、主演・渥美清で2019年公開へ
テーマは「いま、僕たちは幸せかい?」(2018/9/6)

これ平手友梨奈? キンタロー。餅田コシヒカリら、ぽっちゃり欅坂46がボリューム満点の迫力
吉本坂46もいいけど松木坂46もね。(2018/5/10)

“ICT×歌舞伎”で歌舞伎役者と3D映像が共演、京都南座を皮切りに全国公演――NTTと松竹が商用公演で提携
NTTと松竹は、歌舞伎役者と3D映像の共演など、ICTを活用した新たな歌舞伎を公演に取り入れる。京都四條南座での講演を皮切りに、開催する劇場を拡大する。(2018/5/10)

動画配信者からスター発掘 C Channelがオーディションアプリ「mysta」本格始動
C Channelが、集英社や松竹などと動画視聴アプリ「mysta」の本格展開を始めた。視聴者の応援に応じて動画に順位が付き、上位者にはイベント出演など活躍の場を用意する。(2018/4/25)

デジタル時代のスター発掘:
C Channel、オーディションアプリを本格始動 TBSや集英社らと連携
女性向け動画メディア「C CHANNEL」を運営するC Channelは4月25日、関連会社が提供しているオーディションアプリ「mysta」を本格始動させると発表した。(2018/4/25)

歌舞伎役者が“遠隔共演”「バーチャル連獅子」披露へ 映像リアルタイムに3D伝送
京都市内の2カ所の歌舞練場をリアルタイム3D伝送技術でつなぎ、役者が“バーチャル共演”する世界初の取り組みが先斗町歌舞練場(京都市中京区)で披露される。(2017/10/23)

新アニメ「銀河英雄伝説」は2018年4月放送開始! ラインハルト役は宮野真守、ヤン役は鈴村健一に
9月20日開催のイベントで明らかに。(2017/9/20)

湯浅政明監督「マインド・ゲーム」「夜は短し」「ルーのうた」3本一挙上映 早稲田松竹で8月開催
アニメーション映画の湯浅政明監督の劇場公開作品が、一気に観られる!(2017/6/17)

「奇跡的と言われる程の早期発見」 中村獅童、初期の肺腺がんを発表
入院・手術のため、6月の博多座と7月の歌舞伎座を休演するとしています。(2017/5/18)

「銀河英雄伝説」新アニメついにビジュアル初公開 イベントでPV&新スタッフ・キャストを発表へ
銀河の歴史がまた1ページ……!(2017/5/10)

ニコニコ超会議2017:
ジブリの鈴木敏夫Pとドワンゴ川上会長が共同作業 巨大イラストを書き上げる
レアな光景でした。(2017/4/29)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
審査委員長直伝! 第9回「ブルーレイ大賞」レビュー(前編)
(2017/3/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。