ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「松竹」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「松竹」に関する情報が集まったページです。

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
国鉄と共に消えた「チッキ便」 新たな枠組みで復活させたい
サザコーヒーと木内酒造が路線バスを使った商品輸送を始めた。その背景に貨客混載の規制緩和があり、全国的に貨客混載の事例が誕生している。地方鉄道にもチャンスがありそうだ。国鉄時代の「チッキ便」を、新たな枠組みで再出発させる契機になるかもしれない。(2019/7/5)

蒲田 初音鮨物語:
「絶対に一流店にしてやる」という気負いが店をダメにする 落ちぶれた店で“鮨職人”が見失っていたもの
勝が跡を継ぐ直前まで、極めて落ちぶれた状況だった初音鮨。“鮨職人”が見失っていたものは何だったのか。(2019/6/26)

「ワンピース」「NARUTO」「ナウシカ」新作歌舞伎に 漫画やアニメ原作、続々 その背景は?
世界的に親しまれている日本の漫画やアニメが相次いで新作歌舞伎になり、若者を中心に新たなファン層を獲得している。「ワンピース」「NARUTO−ナルト−」「風の谷のナウシカ」も歌舞伎化。インバウンドや海外公演も視野に入れた展開に、歌舞伎の「世界戦略」も透けてみえる。(2019/6/17)

蒲田 初音鮨物語:
蒲田 初音鮨物語 利益もこだわりも捨てた鮨屋が“世界に名だたる名店”になるまで
客足もまばらで、つぶれかけていた場末の鮨屋、「蒲田 初音鮨」。それが突然、“世界中から予約が入る名店”となったのはなぜか?(2019/6/17)

安彦良和監督「ヴイナス戦記」世界初の無料配信決定 30年間の“封印”を解いて一日限りの配信
これは見逃せない。(2019/6/14)

「超歌舞伎」南座で上演へ AR活用
NTTと松竹は23日、8月に京都市の南座で上演する「八月南座超歌舞伎」の制作発表会を開催した。NTTの現実空間に3次元の映像を重ねて表示できる「拡張現実(AR)」技術を活用し、役者の動きを読み取って、別の場所に立体的に表示させるなどの演出を取り入れる。若者や訪日客(インバウンド)などの顧客層の開拓につなげたい考えだ。(2019/5/24)

ティ・ジョイも映画鑑賞料金値上げへ 新宿バルト9は一般料金1900円に
TOHOシネマズ、5月7日には松竹マルチプレックスシアターズ(新宿ピカデリーなど運営)に続いて……。(2019/5/10)

新宿・丸の内ピカデリーが鑑賞料金値上げ 一般料金が1800円→1900円に
TOHOシネマズに続き。(2019/5/7)

日曜劇場「集団左遷!!」福山雅治が挑む銀行陰謀ドラマを徹底予習、香川照之を筆頭に顔の濃いおじさんパワーが、いよいよ平成を終わらせる
福山雅治が日曜劇場名物「顔相撲」に参戦、香川照之との対決、きっとあるよね。(2019/4/21)

まさに特等席! 新宿ピカデリーのプラチナシートとプラチナルームが全面リニューアルでより優雅に
特別席だけのフードメニューも刷新され、名店の味が集まっています。(2019/4/17)

「依存症に厳しすぎる制裁」 ピエール瀧出演作の自粛撤回、依存症支援団体が要望
ピエール瀧氏が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、出演作品の撮り直しや販売停止など自粛が相次いでいる問題で、依存症関連の市民団体や治療者らで結成する団体が、自粛を撤回するよう求める要望書を、NHKなど5社・団体に送付したと発表した。(2019/3/28)

「広島駅」で高さ100mの新駅ビル計画が本格始動、2025年の開業を目指す
JR西日本、JR西日本不動産開発、中国SC開発、ジェイアール西日本ホテルの4社は、「広島駅ビルの建替え計画を本格的に始動させる。地上20階建て、高さ100m(メートル)の新駅ビルの内部には商業エリア、ホテルエリア、駐車場エリアを収容し、広島の象徴である路面電車の乗り換え口も設置して、新たなにぎわいの創出を図る。開業は2025年春の予定。(2019/3/22)

この枠でしかできないことがある――「モテキ」や「ヨシヒコ」のテレ東深夜枠「ドラマ24」、ブレない“核”とドラマの可能性
予算はない。夢はある。(2019/2/22)

お兄ちゃん帰ってきた!! 「男はつらいよ」22年ぶり新作、主演・渥美清で2019年公開へ
テーマは「いま、僕たちは幸せかい?」(2018/9/6)

これ平手友梨奈? キンタロー。餅田コシヒカリら、ぽっちゃり欅坂46がボリューム満点の迫力
吉本坂46もいいけど松木坂46もね。(2018/5/10)

“ICT×歌舞伎”で歌舞伎役者と3D映像が共演、京都南座を皮切りに全国公演――NTTと松竹が商用公演で提携
NTTと松竹は、歌舞伎役者と3D映像の共演など、ICTを活用した新たな歌舞伎を公演に取り入れる。京都四條南座での講演を皮切りに、開催する劇場を拡大する。(2018/5/10)

動画配信者からスター発掘 C Channelがオーディションアプリ「mysta」本格始動
C Channelが、集英社や松竹などと動画視聴アプリ「mysta」の本格展開を始めた。視聴者の応援に応じて動画に順位が付き、上位者にはイベント出演など活躍の場を用意する。(2018/4/25)

デジタル時代のスター発掘:
C Channel、オーディションアプリを本格始動 TBSや集英社らと連携
女性向け動画メディア「C CHANNEL」を運営するC Channelは4月25日、関連会社が提供しているオーディションアプリ「mysta」を本格始動させると発表した。(2018/4/25)

歌舞伎役者が“遠隔共演”「バーチャル連獅子」披露へ 映像リアルタイムに3D伝送
京都市内の2カ所の歌舞練場をリアルタイム3D伝送技術でつなぎ、役者が“バーチャル共演”する世界初の取り組みが先斗町歌舞練場(京都市中京区)で披露される。(2017/10/23)

新アニメ「銀河英雄伝説」は2018年4月放送開始! ラインハルト役は宮野真守、ヤン役は鈴村健一に
9月20日開催のイベントで明らかに。(2017/9/20)

湯浅政明監督「マインド・ゲーム」「夜は短し」「ルーのうた」3本一挙上映 早稲田松竹で8月開催
アニメーション映画の湯浅政明監督の劇場公開作品が、一気に観られる!(2017/6/17)

「奇跡的と言われる程の早期発見」 中村獅童、初期の肺腺がんを発表
入院・手術のため、6月の博多座と7月の歌舞伎座を休演するとしています。(2017/5/18)

「銀河英雄伝説」新アニメついにビジュアル初公開 イベントでPV&新スタッフ・キャストを発表へ
銀河の歴史がまた1ページ……!(2017/5/10)

ニコニコ超会議2017:
ジブリの鈴木敏夫Pとドワンゴ川上会長が共同作業 巨大イラストを書き上げる
レアな光景でした。(2017/4/29)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
審査委員長直伝! 第9回「ブルーレイ大賞」レビュー(前編)
(2017/3/4)

「この世界の片隅に」をNHK「クローズアップ現代+」が特集 戦時下の日常が今響くのはなぜか
1月12日放送です。(2017/1/11)

SEMICON Japan直前取材:
銅配線プロセスとメタルハードマスクで新技術
アルバックは、「SEMICON Japan 2016」(2016年12月14〜16日/東京ビッグサイト)で、マルチチャンバー型スパッタリング装置として、メインプラットフォーム向け「ENTRON-EX W300」や、小規模量産ライン向け「MLX-3000N」などを紹介する。(2016/12/12)

コンセプトは「世界初」 イケメン大暴れ『HiGH&LOW』が10代女子の心をツカむ理由
LDHグループ総出演の総合エンターテイメントプロジェクト『HiGH&LOW』。コンテンツとメディアミックスの成功例として学ぶべき点が多い本作は、何を目指して生まれたのか? 日本テレビ植野浩之プロデューサーに聞いた。(2016/9/29)

イケメンたちに愛されすぎて!? 少女漫画「兄に愛されすぎて困ってます」土屋太鳳主演で実写映画化決定
片寄涼太さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大さんさんの出演も決定。(2016/9/19)

おそ松さんと松竹のコラボで“歌舞伎松”が誕生! 6つ子の性格にあわせて決められた役柄の設定が面白い
もちろんグッズも出るよ!(2016/8/31)

のん、初の主演声優に 劇場アニメ「この世界の片隅に」主人公・すず役で
11月12日公開。(2016/8/24)

歌舞伎・連獅子の写真を残せる「隈取化粧体験」が歌舞伎座のスタジオアリスで開始 着替えなしで押隈まで
スタジオアリス歌舞伎写真館にてスタートします。(2016/7/26)

マンガ「曇天に笑う」、福士蒼汰主演で実写映画化 2017年に公開予定
監督は「踊る大捜査線」シリーズの演出を手掛けた本広克行さん。(2016/7/4)

“本物の歌舞伎”とネットの化学反応 老舗・松竹が本気で挑んだ「超歌舞伎」ができるまで
松竹とドワンゴがタッグを組み、「ニコニコ超会議」で上演した「超歌舞伎」。中村獅童さんと初音ミクを主演に迎え、最新技術を駆使した新作歌舞伎の製作は試行錯誤の連続だった。創業120周年の老舗・松竹が挑んだ「超歌舞伎」の裏側を聞いた。(2016/6/18)

「東京喰種」実写映画化决定 公式サイトにはカネキとトーカのビジュアルが
アニメ化、舞台化もされた人気ダークファンタジーが実写映画化!(2016/6/17)

「歌舞伎すげえ」がネットの向こうに届いた手応え 「超歌舞伎」舞台の上から役者が見た景色
「ニコニコ超会議2016」で上演した新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜」。テクノロジーと伝統芸能が融合した舞台は歌舞伎ファン以外からも大きな注目を集めた。ステージの上からはどんな景色が見えていたのか。青龍役・澤村國矢さんに聞いた。(2016/5/28)

クレソンは手でちぎって豪快にぶち込む! 平野レミさんが映画「植物図鑑」の劇中レシピを生配信イベントで再現
平野さんが思わず「今のカットー!」と叫べば、「生放送(配信)なんで無理でーす!」といったやり取りも。(2016/5/14)

警察官×女子高生の夫婦物語「PとJK」が実写映画化決定 出演は亀梨和也と土屋太鳳!
2人が夫婦ということはみんなには秘密です。(2016/5/7)

ニコニコ超会議2016:
「歌舞伎はもともと庶民の娯楽」――伝統とネットカルチャーの融合、ボカロ原作「超歌舞伎」の見どころ
ボーカロイド曲を原作とした新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜」が「ニコニコ超会議2016」で上演される。中村獅童さんと初音ミクが共演し、デジタル演出を駆使した舞台の企画意図や見どころを聞いた。(2016/4/28)

街中ロストガジェット:昭和の時の中で 空き缶を食べ続ける「くうかん鳥」
かつてよく見かけた空き缶回収器。今も残される一羽は、昭和の時と空間の中にいた。(2016/4/5)

若者の間で落語ブーム!? 立川志ら乃がアニメ「落語心中」とコラボした「渋谷らくご」に行ってみた
初心者でも楽しめる「渋谷らくご」リポート。(2016/1/16)

dTV、「男はつらいよ」シリーズ49作を独占配信
エイベックス・デジタルは、同社が運営する映像配信サービス「dTV」において、映画「男はつらいよ」シリーズ48作に特別編を加えた全49作を配信する。(2015/12/1)

ドコモ、dポイントがたまる決済サービス「dケータイ払いプラス」提供開始
ドコモは、対応サイトでの買い物に利用できる決済サービス「dケータイ払いプラス」を12月1日から開始する。支払い金額に応じて100円につき1ポイント分のdポイントがたまる。(2015/11/11)

ジャポニカ学習帳が「日本の伝統文化シリーズ」を発売 自然以外のテーマを採用するのは37年ぶり
第1弾のテーマは「歌舞伎」。(2015/9/24)

ジャポニカ学習帳、38年ぶりに自然以外のテーマを採用
ショウワノートは12月中旬に、ジャポニカ学習帳の新シリーズとして「日本の伝統文化シリーズ」を発売する。(2015/9/24)

伝統芸能にITを:
iPadが「能」を救う? ファン拡大を狙う新たな実験
日本の伝統芸能「能楽」。世界的にも評価が高まっているが、予習なしでは内容が理解できないため、とっつきづらいのが現状だ。そんな状況を打開する方法として、今注目が集まっているのがタブレット。これは能楽文化を広める切り札になるのだろうか。(2015/9/14)

“決して鳴らしてはいけない……” 東京タワー地下にお化け屋敷「東京タワーに住み憑くあの子」が期間限定オープン
めちゃくちゃ怖いの分かってるから!!(2015/6/25)

西城秀樹40年前のライブツアーがDVD化 クレーン車やヘリの豪華演出で時代がビシビシ伝わってくる!
西城秀樹さんが還暦を迎え、1975年「全国縦断サマーフェスティバル」のドキュメンタリー映画がDVD化。(2015/4/15)

松竹の前期、営業益12.7%減 映画好調も演劇落ち込む
松竹の前期は営業益12.7%減。映画などは好調だったが一方、演劇は落ち込んだ。今期も減益を見込む。(2015/4/14)

名言の数々をもう一度、隔週刊『必殺仕事人 DVD コレクション』創刊
定期購読者には、オリジナルサウンドトラックやオリジナルボイス入り目覚まし時計を全員にプレゼント。(2015/4/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。