ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スキンケア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

海外展開に挑む:
ガンダムとハローキティがそれぞれ「ハリウッド映画」作る――サンリオと創通の仕掛け人が明かす「世界制覇の勝算」
機動戦士ガンダムの版権管理などを手掛ける創通の田村烈常務取締役と、サンリオの下村陽一郎取締役がITmediaビジネスオンラインの取材に応じ、「機動戦士ガンダム」と「ハローキティ」の海外展開の展望を明かした――。(2019/6/6)

すっぴんとメイク後を公開したコスプレイヤーに称賛集まる 「化粧の力すごい」「勇気もらえた」
「両方とも私です」と本人。(2019/6/3)

地方に都市部の高スキル人材 副業解禁の流れでマッチング
都市部のさまざまなスキルを持った人材と、地方を副業でつなぐ取り組みが広がっている。大手企業を中心に広がる「副業」解禁の流れとも相まって、地域に優秀な人材を送り込む動きが広がれば、地域経済の浮揚につながる可能性を秘める。(2019/5/30)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
今夏の流行は「五輪のかぶる傘」より「日傘男子」!? トレンド生む真の条件とは
今夏はやりそうなトレンド「日傘男子」。猛暑が理由の1つだが以前に普及しなかった経緯も。流行を生み出すポイントとは?(2019/5/30)

工場ニュース:
拡大する化粧品需要に対応、南アルプス市に2021年度稼働予定の新生産拠点
コーセーは、山梨県南アルプス市に新生産拠点を建設する。主な生産品は、大ロットのスキンケア、ヘアケア製品で、国内外で拡大する化粧品需要に対応する。(2019/5/23)

今日のリサーチ:
継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大きいことが分かりました。(2019/5/21)

キャスティングの大勝利 武田真治、村雨辰剛、小林航太の“筋肉三人衆”、資生堂CMで存分に筋肉を見せつける
見入ってしまった。(2019/5/16)

ドコモが「FACE LOG」を提供開始 スマホカメラで肌の状態を解析
NTTドコモがソニーネットワークコミュニケーションズと共同で、スマートフォンのカメラで顔を撮影するだけで肌の状態を解析できる健康支援サービスを開発。「肌年齢」「しみ」「しわ」「くま」「毛穴」「肌の色み」の6項目の状態を確認でき、レポートや肌への効果が期待できる生活習慣も提案する。まずはiPhone版からスタートし、秋にはAndroid版の提供を予定している。(2019/5/16)

IoTスキンケアシステム「Optune」などを展示:
資生堂、「ビューティーテック」を体験できるショールームをオープン
来店客が自分に合った商品や美容情報を見つけられる出会いの場を提供。一方で、ここで得たリアルな反応をフィードバックさせて、デジタル領域のさらなる強化につなげる。(2019/5/13)

PR:一番怖いのは幽霊よりも…… 晴れた日に襲い来るアレから逃げきれない恐怖を描いたホラー動画がDeep過ぎる
時間差で襲ってくるタイプのやつ。(2019/4/23)

「キツネさん、喜んではる」 中尾明慶、妻・仲里依紗のSNSにちゃちゃ入れする様子にほっこりが止まらない
ストレートに書き込んじゃうのがかわいい。(2019/4/5)

独自開発の「泡が出るシャワー」が気持ちよさそう 新スキンケア用シャワーがクラウドファンディング開始
洗った後の肌をトリートメントする泡シャワーです。(2019/3/27)

「おネエキャラ」は異例:
資生堂が化粧品のCMに「マツコ起用」のワケ
資生堂が3月21日に放映開始したファンデーション「薬用 スキンケアハイブリッドファンデ」のCMキャラクターに、タレントのマツコ・デラックスさん(46)が起用された。資生堂のCMキャラクターといえば、芸能人やモデルなら誰もがなりたいと願う憧れの存在で、商品を買いたいと消費者に思わせる「説得力」が必要だ。いわゆる「キレイどころ」が務めるのが一般的だが、意外な人選の裏に何があるのか。(2019/3/25)

PR:あなたのイメージは会う前から決まっている!? 就活のカギは「第0印象」! 内定をゲットするための身だしなみ術に迫る
20代男子の55%が写真を加工する時代、写真の加工にNGを出す採用担当者は86.9%。(2019/3/14)

大阪ベイタワーに温泉テーマパーク「空庭温泉」がグランドオープン 安土桃山時代をコンセプトに天然温泉や食事処を提供
弁天町駅直結の約5000坪の温泉型テーマパークです。(2019/3/2)

浅田真央さん、生まれ変わったら「グルメブロガーに」
フィギュアスケーターの浅田真央さんがトークショーの中で「生まれ変わったら何になりたいか」を問われ、「グルメブロガー」とボードに記した。(2019/2/21)

「ほうれい線はあるし、ニキビもある」 藤田ニコル、自虐も吐露した“すっぴん”姿が驚きのもちもち美肌
ほっぺふわふわ。(2019/1/17)

「美容垢」の光と影――“あるある”な炎上と、手厳しいわたしたち
今夜もわたしは、美容垢やYouTuberたちをチェックする。(2018/12/29)

秋冬の美容のポイントって? インフルエンサー新藤まなみに聞く
インスタ映えする写真の撮り方も伝授!(2018/11/21)

AIでテレビショッピングの問い合わせ電話数を予測 効果的な番組制作に活用――キューサイ、NTTデータらが効果検証
キューサイは、NTTデータ、NTTデータ経営研究所と共同で、テレビショッピング番組の内容から視聴者の問い合わせ電話数を予測するAIモデル「nAomI」を開発。nAomIによる効果予測を番組制作に活用した結果、問い合わせ電話数が27.6%増加したという。(2018/11/14)

ギャツビー、「鬼太郎」の「ぬりかべ」をスキンケアでイケメンに→少女漫画の世界に放り込む狂気の宣伝
“圧”も強くなってる気がする。(2018/10/26)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
プラットフォーマーの立場から世界の美容業界にイノベーションを――アイスタイルの取締役兼CFO 菅原敬氏
月間約1400万人が利用するという美容情報サイト「@cosme」を運営するアイスタイルの取締役兼CFO 菅原敬氏。アイスタイルの創業秘話や、社内エンジニアの地位を変えたという組織づくりのコツ、世界の美容業界の変革を目指す語る菅原氏の経営哲学とは。(2018/9/28)

PR:ネットで知り合った異性とリアルで会うのはもう常識! 「“視線耐性”座談会」でわかった若者世代の本音
女性が初対面で見ているのは○○だった! スマホ世代の実態と、低下する「視線耐性」を強くする方法とは?(2018/9/21)

アルコールで菌は死ぬのに、人間は死なない理由
細菌と我々はどう違うのか。(2018/9/13)

あなたの「すっぴん瞳」は何点? 働く女性500人の自己採点結果は……
“目力”を高めるには、メイクだけではなくアイケアも。(2018/9/12)

「女の子らしくいることを恥ずかしがらない」「あざとさすら自分の味方に」田中みな実に聞く“やりたいことを実現する”ヒント
アドバイスをもらってきました!(2018/9/12)

スキンケア商品の直販ビジネスを支えるDB環境を1つに集約:
PR:ザ・プロアクティブカンパニーがOracle Database ApplianceとOracle Database 12cで基幹DBとDWHを統合し、コスト半減でリアルタイムなデータ活用を実現
インフォマーシャルとダイレクトマーケティングを駆使したスキンケア商品の通信販売で知られるザ・プロアクティブカンパニー。長年にわたり基幹データベースとDWHを別々に運用してきた同社は、ソフトウェアの保守期限切れによってこれらの刷新を迫られる。そこで同社が選んだのが、Oracle Database ApplianceとOracle Database 12cによる基幹データベース/DWHの統合であった。(2018/9/12)

SNS通じ中国人の信頼獲得:
45万人が中国に数千億円の日本製品を転売 謎の在日バイヤーを追う
中国市場に数千億円もの日本製品を売り込む中国系バイヤーに迫った。日本に居ながらSNSを駆使し美容用品などを販売。日本企業が今後活用できるかが鍵。(2018/9/4)

“日本が知らない”海外のIT:
NYに“大麻のApple Store” 100億ドルのマリフアナ市場、急成長のワケ
日本国外では大麻の合法化が進んでいる。大麻市場が世界に与えるインパクトは。(2018/6/27)

道端3姉妹に仲間入り? 道端アンジェリカ&GENKINGの対談動画に「姉妹みたい」の声
ともにカミングアウトを乗り越えて美しさに磨きをかける2人。(2018/6/13)

【連載】ワンイシューで語り下ろすデジタルマーケティング:
中国のマーケティングトレンドを理解するキーワード「KOL」「MCN」とは?
中国向け越境ECとインバウンドプロモーションに関心を寄せる企業は多い。この領域で成功の鍵を握る中国のインフルエンサー「KOL」について専門家が解説する。(2018/6/11)

清楚なお姉さん系副業Vtuber誕生 ロート製薬が公式バーチャルYouTuber社員「根羽清ココロ」採用
「頑張らねばー!!」(2018/6/8)

男性ホルモン減少の原因は……:
「会社に行きたくない」 その不調、“男性更年期障害”かもしれない
「毎朝、元気がない」「やる気が出ない」「会社に行きたくない」――。それは、男性ホルモンの減少による「更年期障害」かもしれない。男性社員がホルモンマネジメントに取り組む「ホルモン部」を立ち上げたアンファーの活動から、男性ホルモンを減少させないためのポイントを探った。(2018/6/8)

「今まで見た中でいちばん可愛い!」「やっぱ妖精だわ」 美容誌デビューの浅田真央、“新たな自分”だという大人カワイイ姿に反響
肌の透明感スゴい。(2018/5/19)

座っているだけで肌の状態が分かる「スキン スキャン」 SK-IIが体験型ショップに導入
化粧品ブランド「SK-II」(エスケーツー)を展開するP&Gプレステージが体験型ショップ「FUTURE X Smart Store by SK-II」(東京都渋谷区)にオープン。「座って正面にあるカメラを見つめるだけで肌の状態を分析してくれる」体験ができるブースを設け、分析結果に合わせたおすすめ製品も試せる。(2018/5/15)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
“メッセージング”が重要な決済インフラに 「RCS」もカギを握る
海外では、SMSやMMSがいまだ広く利用されている。これらが近い将来、オンラインコマースや決済の中心になりつつある。やがてはスマートフォンで花開いた“アプリ”文化も飲み込み、B2Cの世界を大きく変えることになるだろう。(2018/4/6)

世界で活躍するための戦術:
男性もお肌の“マネジメント”でさらに活躍? 資生堂、企業向け研修を提供
資生堂ジャパンは、男性のスキンケアに特化した企業向けセミナーの提供を今月から始める。「日本人男性がさらにグローバルに活躍するための戦術の1つとして、身だしなみに加えて“肌マネジメント”の重要性を伝えていく」という。(2018/4/5)

ロジカルに解き明かすEC・通販の成功法則 :
広告で獲得したお客さまに製品の良さを納得してもらうには?
EC・通販で成功するための肝となるのが、新規獲得後のCRMです。今回は、見込み客が顧客となった後のコミュニケーションについて解説します。(2018/3/30)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
容赦なく襲い掛かるAI化、オートメーション化――EC、通販事業は無視できない存在に
EC、通販事業における業務プロセスのほとんどの領域は、AI化や自動化によって置き換わるものが表れてきた。一方、人間でなければなせない領域としてハイタッチのコミュニケーション領域が残ることも間違いない。(2018/1/16)

資生堂、米MIT発の人工皮膚研究ベンチャーを買収
資生堂は、人工皮膚を研究している米国の技術ベンチャー企業Olivo Laboratoriesを、米子会社を通じて買収した。(2018/1/15)

ロジカルに解き明かすEC・通販の成功法則:
「クロスセル」はどうすれば生まれる? 単品通販のビジネスモデルを理解する
通販業界一筋20年以上、ダイレクトマーケティングのエキスパートとして知られる著者が、デジタル時代のマーケターに向けてEC・通販の本質を伝授します。(2017/11/30)

資生堂「IoT化粧品」来春提供 その日の肌をチェック、配合をチェンジ
資生堂がスマホアプリとIoTマシンを活用し、日々変化する肌の状態に合わせ、美容液を抽出するシステム「Optune」を開発した。2018年春にβ版を発売する。(2017/11/27)

【短期集中連載】SNSのフィードになじむ広告 後編:
ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じているのだろうか。今回は実際にUGC広告を展開している企業の担当者に話を聞いた。(2017/11/21)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
「第2のWELQ」か上場再挑戦か――「ヘルスケア大学」運営会社1.1億円の黒字
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/11/10)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
最初の3〜7秒で第一印象は決まる――「カッコいいオヤジ」の魅せ方、教えます!
人の第一印象は、最初の出会いから3〜7秒で決まるという。そこで、重要になるのが、髪形、顔、服装、ボディーメークなどのちょっとした工夫によるイメージ戦略である。第一印象を変えることで、仕事の意識も、人生観も改革できる。(2017/9/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
欧米政治家に学ぶ、ビジネスパーソンに「化粧」が必要なワケ
エマニュエル・マクロンがフランスの大統領に就任して3カ月以上が経過した。政界に新しい風を吹き込むと期待されたが、自分のメイクのために340万円ほどを使っていたことが判明し、支持率が急落。若い男性の間でもメイクをしている人が増えているような気がするが、広く普及する可能性はあるのか。(2017/8/31)

敏感肌向け「キュレル」:
“肌の悩み”をなくしたい 花王ベテラン研究員の挑戦
肌荒れなどのトラブルを起こしやすい乾燥性敏感肌向けのスキンケア商品「キュレル」シリーズ。その研究開発を担当する花王の高橋昭彦さんは、“肌の悩み”に向き合いながら、技術開発に挑んでいる。(2017/7/27)

さらなる顧客獲得目指す:
盛り上がる記念日ビジネス 7月11日は「セブンの日」
セブン‐イレブン・ジャパンが、社名にちなんで今年から7月11日を「セブン‐イレブンの日」として正式登録。公式ツイッターを活用したキャンペーンを積極的に展開している。現在、企業では、社名や商品名に関する語呂合わせをもとに記念日を制定し、SNSを活用してプロモーションに生かす流れが盛んになっている。(2017/7/10)

国内外のF1層にリーチ可能に:
Meituとシーエー・モバイルがメディア販売代理契約締結
シーエー・モバイルはMeituとメディア販売代理契約を締結。「BeautyPlus」や「MakeupPlus」といったアプリの広告枠を取り扱う国内販売ライセンスを取得した。(2017/6/23)

「ヘルスケア大学」記事に「間違い多数」と指摘 運営元「精査する」
「ヘルスケア大学」の記事に、間違いが多数含まれていると医師などが指摘している。運営元は「指摘を受けた記事は修正する」「指摘受けていない記事についても再度、自社の企業努力として精査する」と改めて発表した。(2017/5/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。