ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スキンケア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

【その視点はなかった】赤ちゃんの寝室とZoomでつないでベビーモニター代わりにすると便利 遠方の祖父母を「招待」して見てもらうことも
赤ちゃんをオンライン会議に参加させるというライフハック。(2021/9/14)

開業以来、最大規模:
浦和PARCO、グランドフロアを大規模リニューアル 狙いは?
浦和PARCOがグランドフロアの大規模リニューアルを発表した。2021年秋に実施するという。狙いは? どのような店舗が新たに入るのだろうか?(2021/9/9)

Twitterが招待制の「コミュニティ」機能 英語圏でテスト開始
コミュニティ内のメンバーとだけ会話ができる。(2021/9/9)

【実物レビュー】InRed10月号のふろくは「ジャーナルスタンダード」シンプル“推し活”トートとポーチ! 収納力抜群なアイテムはママのおでかけにも便利です
こういうシンプルな推し活グッズが欲しかった!(2021/9/9)

Twitter、Redditのサブレディットのような「Communities」のテスト開始
Twitterが2月に予告した「Communities」のテストを一部のユーザーを対象に開始した。RedditのサブレディットやFacebookグループのような、特定のトピックについて会話するための機能だ。(2021/9/9)

PAUL & JOEとホテルニューオータニのコラボ第1弾 新作コスメ付きの特別ルームに泊まれる「PAUL & JOEルーム〜Autumn〜」プラン発売
かわいいインテリアとコスメに癒やされたい。(2021/8/24)

タイムアウト東京のオススメ:
東急ハンズとコラボしたコンセプトホテル が8月30日新宿にオープン
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/8/17)

「天才」「この手があったか」 キャンドゥの「回転テーブル」が狭い棚の中のスキンケア収納に革命を起こす
奥に入れたものも楽に取り出せます。(2021/8/17)

約9兆円の取引総額:
中国、独身の日に並ぶ「618」商戦 日本企業の口コミ数は「ユニクロ」や「資生堂」が上位 戦略は?
中国のセールといえば11月11日の独身の日(W11)が有名だが、それと並ぶのが6月18日の「618」だ。中国・星図データによると、今年の「618」の流通取引総額は5784億8000万元(約9兆8720億円)だった。(2021/7/16)

【その視点はなかった】4人家族で食費10万切るって言えちゃう人って、どういう人たちなの!?→4つのパターンが示される
言うは易し……!(2021/7/12)

お肌つるぴか! 元乃木坂46・堀未央奈、ガチすっぴん公開「その度胸が堀の真骨頂」「初期の未央奈感」
こだわりメイクを解説。(2021/7/10)

【その視点はなかった】もしも「犠牲者の断末魔をマネて獲物を呼び寄せる系モンスター」が最後に食った人間の断末魔が、“怪物の正体の警告”だったら……
言葉の意味まで分からなかったがゆえの悲劇。(2021/7/8)

今日のリサーチ:
ライブ配信を見たことがある大学生は91.5%――KIRINZ「ライブ配信」に関する調査
身近になった「ライブ配信」に関する実態調査です。(2021/7/8)

【その視点はなかった】「スマホは大人のおしゃぶり」というパワーワードを知ってからスマホを使う理由を意識してみたら、やっぱりおしゃぶりとして使い倒していた
この味を知ったらもう離れられない。(2021/7/7)

【その視点はなかった】「肌がきれいですね」って言われるけど退職してストレスがなくなっただけ 「無職は最強のスキンケア」に賛同の声
なくていいストレスはなくていい。(2021/7/6)

ディオールのフレグランス・コスメラインが「ZOZOTOWN」に出店 Twitterでは「嬉しい」「買っちゃう」と喜びの声
ハイブランドの出店に驚きも。(2021/6/29)

背景に創業122年の教え:
熱いプレゼンに涙──社内起業家をクラファンで創出、ロート製薬に見た“社員の起爆力”
副業の枠を超えたマルチジョブ制度「明日ニハ」を取り入れているロート製薬(大阪市)。簡単に言うと社内ベンチャー制度のようなものだが、全社員が審査員、社内通貨を用いたクラウドファンディングでの出資――など、他社とは一線を画する取り組みで企業力の強化を目指している。同社に、制度の狙いやカルチャーを聞いた。(2021/6/25)

コロナ禍の苦境を救う?:
資生堂が撤退したアメニティーに商機 化粧品メーカーの新たな一手とは
化粧品がさまざまな場所で“活躍”している。コンビニのPB商品や、ホテルのアメニティー開発など、化粧品の可能性を広げる取り組みが増えた。(2021/6/18)

本物そっくりなコスメとかわいいドレッサーがフィギュアに! リーメント「MAKEUP Dresser」がおしゃれ気分を上げてくれそう
ドレッサーとコスメなどがセットになった全8種。(2021/6/16)

【実物レビュー】steady.7月号ふろくはスヌーピーの小物入れ付きティッシュケース 布製のカジュアルなデザインがお部屋になじみます
モノトーンが大人かわいい。(2021/6/8)

「すっぴんなのに美人すぎる」「赤ちゃんみたい」 藤田ニコル、ツヤツヤ美肌な“リアル寝る前”ショットに反響
これは努力のたまもの。(2021/6/7)

根強いアジアの「美白信仰」:
「美白」や「はだいろ」が消える 日本は世界の動きについていけるのか
花王が「美白」表現を取りやめると報じられた。この動きは多様性に配慮したもので国内企業では初めて。しかし世界ではより一歩進んだ動きがみられると筆者は指摘する。(2021/5/31)

仕事がなくなるんじゃないかと思ったーー小林星蘭、中学生で手術入院経験 16歳で芸歴10年超のリアル語る
ベテランだ。(2021/5/25)

「番号札もらうのためらう」「BAさんの化粧をじっと見てしまう」 デパートでの楽しい体験を思い出す“デパコスあるある”に共感
思わずうなずいてしまう。(2021/5/20)

メークからスキンケア需要へ:
資生堂は復調傾向? 化粧品各社の「中国頼み」色濃く
新型コロナ禍で打撃を受けた化粧品業界が復調傾向にある一方、減収が続くケースもある。各社が直近で発表した四半期決算からは、各社の明暗を分けた3つのポイントが浮かび上がる。(2021/5/18)

脱・紙が多様性の高い組織づくりに:
日本企業は「紙依存症」? 花王グループが試した紙削減と業務ロケーションフリーの効能
社内の紙の業務をなくすのと違い、全国の取引先からの注文や受発注のデジタル化となると関係者との合意形成が難しい。グループ全体のシェアードサービスセンターが取り組む業務改革は経営課題にも大きな効果をもたらした。(2021/5/13)

M・A・Cからディズニー映画「クルエラ」コスメが登場! 鮮やかなレッドのリップなど、パンキッシュな限定コレクション
白黒ツートンカラーのパッケージもクール。(2021/5/10)

ふたを回すと3種類の中身が自在に出てくる! シャンプーやスキンケアをすっきりまとめられる「トラベルボトル」が便利そう
ジムやサウナ通いにも。(2021/5/7)

【実物レビュー】Sweet5月号のふろくは「ミッキーマウス」のインテリアバッグ! ブリティッシュなチェックの「ブルーレーベル・クレストブリッジ」が初登場
赤と黒のコントラストがかわいい。(2021/4/14)

コーセー「ファシオ」がリブランディングを実施 定番“ウォータープルーフマスカラ”も新デザインでリニューアル
くすみカラーを使ったトレンド感のあるパッケージ。(2021/4/14)

広告による新規獲得の効率が悪化している今だからこそ:
EC企業が今、UGCを活用すべき理由
さまざま企業がECへの取り組みを加速させる中、新規顧客の獲得はますます重要になっている。一方で、そのための手段として重要なデジタル広告は、期待されるほどの効果を出しにくくなっている。この困難な状況をどう乗り越えればいいのか。デジタル広告のエキスパートが解説。(2021/4/14)

緊急需要じゃない:
ファミマのコスメは半年で30万本超の売り上げ セブンやローソンはどう対抗? コンビニが化粧品売り場に力を入れる理由
コンビニの化粧品売り場に異変が……緊急需要を満たす商品から新しいニーズに対応する商品へと変化している。なぜ化粧品売り場に力を入れるのか(2021/4/13)

「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
メイク上手すぎる。(2021/4/12)

特にシリアスな場面のパロディがライナーを襲う! 『進撃の巨人』×unoのコラボCMに「なんでこのシーン選んだよ!」と総ツッコミ
お肌に気を遣ってるライナーが気持ち悪いわけないだろ!(2021/4/9)

ZOZOCOSMEで今こそ買いたい優秀コスメ6選 話題の海外コスメからフレグランスまで、厳選アイテムをレビューします
ポイント使って何買おう?(2021/3/24)

シナモロール×イオンのコラボグッズに癒やされる スキンケアや生活雑貨から毎日「思いやり」の気持ちをもらえそう
毎日に寄り添ってくれそうな優しいアイテムが多数登場。(2021/3/19)

進む化粧品業界のDX化:
ZOZOGLASSの予約数は50万件 大手ファッションECが続々コスメ事業に参入する狙い
ZOZOTOWNは3月18日、コスメ専門モール「ZOZOCOSME(ゾゾコスメ)」をオープンした。ZOZOはこれまでも化粧品を取り扱ってきたが、モール開設で一気にブランド数を増やし、500ブランド以上をそろえる。(2021/3/19)

【実物レビュー】さっしーの美容テクが詰まった『指原莉乃のさっしー美容』 付録の「Ririmew」ラメライナーをさっそく使ってみました!
注目のRirimewのアイテムをいち早く手に入れられる!(2021/3/16)

起業から1年半:
MOON-X長谷川 晋氏が語る共創アプローチ 日本発D2Cブランドを続々と生み出すためにやっていること
フェイスブックジャパン代表取締役を退任して日本発のマルチブランドを展開するMOON-Xを立ち上げた長谷川 晋氏。創業から1年半を経ての思いとこれからについて、事業戦略共有会で語った。(2021/3/15)

Qoo10「メガ割」で買っておきたい定番コスメ5選 デパコスからプチプラまで優秀アイテムを紹介します
いつも使うからこそ、お得に買いたい。(2021/3/5)

Instagramを見て購入した“本当によかったもの”5選 スキンケアからキッチン用品まで、ベストアイテムを教えます
見ているといろいろ買いたくなる。(2021/3/3)

注目のコスメブランド「SNIDEL BEAUTY」始動 トレンドのカラーを集めた85アイテムが一挙に登場
コンセプトは”きっと生き方さえも変えていく。わたしたちのクリーンビューティ”。(2021/3/2)

【追記】イニスフリー新作のテーマはチェジュ島の「ツバキ」 真っ赤なはなびらをイメージしたコスメに冬を感じる
優しい赤色を基調としたコスメです。(2021/2/10)

インフルエンサーの化粧品PR投稿、加工フィルターで誇張はダメ 英広告当局
美容商品の広告において、効果を誇張する可能性が高い場合はフィルターを使わないようにと英国広告基準局(ASA)がメーカーとインフルエンサーに言い渡しています。(2021/2/6)

高付加価値ブランドに注力:
資生堂、「TSUBAKI」など日用品事業の売却を検討 低価格ブランドの競争激化で
資生堂は、ヘアケアなどの日用品を扱うパーソナルケア事業を売却すると報道されたことについて、売却を「検討しているが、現時点で決定した事実はない」と発表した。低価格帯商品の競争激化や、高付加価値ブランドを強化する方針が背景にある。(2021/1/22)

肌状態を測定、アプリに記録する“スマート手鏡” オルビスが開発
肌の状態を測定し、専用アプリに記録するIoTデバイス「skin mirror」(スキンミラー)をオルビスが今春発売すると発表した。価格は未定。(2021/1/21)

田中みな実、PEACH JOHNの新ミューズに就任 “さらしブラ“の局アナ時代回想しながら美の秘訣語る
PEACH JOHNが2021年のバストメイクトレンドとして提唱するのは「まるみバスト」(2021/1/20)

20〜30代の女性をターゲット:
ココカラファインがD2Cの旗艦店で仕掛ける”顧客誘導戦略”とは?
ココカラファインは、新たなコンセプトの都市型大型旗艦店「ココカラファイン東京新宿3丁目店」を12月18日にオープンした。(2020/12/24)

「40代の悩み」に絞った戦略で売り上げ2倍に マンダム「ルシード」ブランドの挑戦
化粧品大手のマンダムが40代男性に向け展開する「ルシード」ブランド。かつては若者向けのブランドだったが時代の流れから売り上げが低迷。回復への起爆剤として同社が取り組んだのが40代をターゲットにした戦略だった。(2020/12/18)

PR:アンジャ児嶋が垢抜けるためにやった、4つの方法。まさかのスキンケアにプロがダメ出し連発!?
マニフィークからイケメン刺客参戦! その名は川嶋!(2020/11/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。