ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スカイマーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スカイマーク」に関する情報が集まったページです。

「ピカチュウジェット」沖縄の空へ ポケモン社全面協力 版権使用料なしで観光支援
ポケモン社は、沖縄県の観光産業を支援する「そらとぶピカチュウプロジェクト」を発表しました。まずスカイマークがピカチュウを機体に描いた「ピカチュウジェット BC」を就航。観光施設とのコラボも始まります。(2021/6/21)

LCCの認知も調査:
航空会社を選ぶ際に重視すること 3位「価格」、2位「安全性」、1位は?
マイボイスコムが「航空会社の利用に関する調査」の結果を発表。LCCに関する認識や、航空会社を選ぶ際に重視する点をまとめた。(2021/5/17)

NewsPicks Studios金泉俊輔CEOに聞く【前編】:
“自前主義”で固有の世界観を創出 有料会員を増やし続けるNewsPicksの「垂直統合型ブランド戦略」とは
ビジネスパーソンを中心に500万人以上の会員を擁する経済ニュースメディア「NewsPicks」。他メディアのニュースを選別して配信する「キュレーション」のほか、独自で経済ニュースや経済番組を制作しインターネットで配信し、右肩上がりで有料会員を増やし続けてきた。独自のビジネスモデルやブランド戦略はいかにして成功したのか。NewsPicks執行役員で「NewsPicks Studios」CEOの金泉俊輔氏にインタビューした。(2021/3/3)

東北新幹線、山形新幹線、秋田新幹線の一部区間で運転見合わせ 全線復旧に10日前後
架線柱や橋脚に大きな被害。(2021/2/15)

健康危害はない:
スカイマーク 機内で賞味期限切れのキットカットを誤って配布
スカイマークは2月4日、機内で賞味期限切れの「ネスレ キットカット」を誤って配布していたと発表した。(2021/2/5)

ウィズコロナ時代の新しい旅を提案:
HIS、スカイマーク・星野リゾートと連携し「3密対策特別ツアー」を販売
エイチ・アイ・エス(HIS)は、スカイマーク、星野リゾートと連携し、3密対策を追求した「北海道特別ツアー」を8月19日から販売する。各社の取り組みに加え、3人掛けの航空シートを2人で利用するなど、3密対策を追求した。HISでは今後も3社で連携し、ウィズコロナ時代の新しい観光スタイルを提案したいとしている。(2020/8/19)

7月17日から:
スカイマーク、機内で110万枚のマスクを配布
スカイマークは乗客に対し、計110万枚のマスクを配布すると発表した。配布するのは、医療機関向けのサージカルマスク。(2020/7/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
窓口対応で土下座まで……「カスハラ」対策、“理不尽なおもてなし”から解放されるか
6月から職場でのパワハラ対策が大企業に義務付けられた。公務員ではパワハラ対策と合わせて、「カスタマーハラスメント」対策も進められる。“おもてなし”という言葉でごまかさずに、感情労働にはお金とケアが必要だという認識が広まってほしい。(2020/6/12)

話題の書籍『ソフトウェア・ファースト』著者、及川氏に聞く:
PR:イノベーティブな組織の要点――日本企業が「変われない」「挑めない」「成長できない」から脱するために
(2020/5/11)

【新型コロナ対応】航空各社「運航状況」まとめ
【6月6日更新】機内サービスの縮小は継続しつつ、臨時便で増便する航空会社も。(2020/4/9)

国内の航空会社ランキング、最も評価が高いのは?
調査会社のNEXERは「航空会社の満足度」調査を実施し、その結果を発表した。総合評価で最も高かったのは……。(2020/1/16)

【台風19号】航空各社「運行状況」まとめ
航空各社も11日夜〜13日の便の多くで欠航を決定(2019/10/11)

みんなー空港でお泊り会やるよー! セントレアに泊まれる体験型イベント「Night Tour for SKY KIDS 2019」8月28、29日開催
夏休みの特別企画!(2019/8/2)

過去にも例あり:
LCCが参入するのに? 那覇〜石垣の航空運賃が高くなる理由とは
沖縄県交通政策課は那覇〜石垣航空路線で離島住民らの運賃を低減する「沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業」の適用保留を決定。(2018/5/28)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年12月版:
ビジネスメール詐欺が現実に、取引先を偽装
2017年12月のセキュリティクラスタはメールに始まり、メールで終わりました。「Mailsploit」というメールクライアントの脆弱(ぜいじゃく)性が見つかり、検証サイトが公開されて実際の攻撃があったからです。既に海外では流行している「ビジネスメール詐欺(BEC)」では、とうとう国内でも大きな被害に遭った企業が現れました。セキュリティ人材では斎藤ウィリアム浩幸氏が経歴詐称のために注目を集めました。(2018/1/15)

あなたのメールも見られている?:
JALもだまされた こんなに怖い「ビジネスメール詐欺」
17年は、不審な業者が企業の取引先になりすまし、偽の送金指示や振込先の変更依頼などをメールで行う「ビジネスメール詐欺」が多発。JALなどの大企業も被害に遭った。その仕組みと対策とは。(2018/1/10)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
低収益性を海外展開で補えるか 「QBハウス」親会社の決算
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/10/6)

記者から「上場廃止」「法的整理」を問われた東芝 それって何?
2016年度通期の決算短信の公表を見送った東芝。代わりに発表した決算「見通し」の説明会で、同社の綱川智社長は「上場廃止」「法的整理」の選択肢について記者から問われ、これらを否定した。そもそも「上場廃止」「法的整理」とは何なのだろうか。(2017/5/22)

企業動向を振り返る 2017年3月版:
アイに熱視線のエレクトロニクス、東芝の両翼を欠いた成長戦略
AIにエレクトロニクス関連各社も熱い視線を送っており、2017年3月は多くの企業から発表が相次ぎました。渦中の東芝も延期した決算を3月に発表する予定でしたが、監査法人との調整が終了せずに決算発表が2度見送られる事態に。(2017/4/25)

新連載・夏目幸明の“経営者論”:
経営者の口癖には共通点がある
言葉は心を映す鏡だ。ときに心は言葉に操られることがある。また、一流の人間の言葉を記憶に刻めば、その一端は確実に血肉になる。数多くの経営者を取材してきた筆者が、自分の明日を良い方向へ変えるヒントとなる経営者の言葉を紹介する。(2017/4/5)

羽田発の飛行機で荷物未搭載のトラブルが複数発生 原因はベルトコンベアのセンサー故障 各社の対応は
ANA、AIR DO、ソラシドエア、スターフライヤーなどで遅延および荷物搭載のトラブルが発生しています。(2016/8/12)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」 2016年新春特別編:
試される鉄路、北海道新幹線は「本当はできる子」
2016年3月に北海道新幹線が開業する。運営主体のJR北海道にとって、今までの事故、不祥事などの暗い過去から立ち直り、新たな一歩を踏み出すチャンスだ。公開された列車ダイヤと航空ダイヤを比較してみたら、もっと盛り上がっていいと思った。(2016/1/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「間違いだらけのビジネス戦略」が読み解く2015年のビジネス・シーン
家電小売りのガリバー ヤマダ電機が、昨年までの不調から一転して好調な業績になった理由はどこにあるか。それは、経営戦略の転換である。(2015/11/19)

スカイマーク、ANA支援の再生案可決
スカイマークの再生計画は、ANAホールディングスがスポンサーとなる案が債権者集会で可決された。(2015/8/5)

スカイマーク再生、大口債権者がデルタ航空をスポンサーとする対抗策
スカイマークの大口債権者である米リース会社が策定する再生計画では、デルタ航空をスポンサーとして選んだ。(2015/7/15)

円安倒産、4期連続で増加
帝国データバンクは7月8日、2013年1月から2015年6月までの倒産企業(負債1000万円以上、法的整理のみ)の中から、円安の影響を受けて倒産した企業を集計し、その結果を明らかにした。(2015/7/8)

スカイマーク、ANAとインテグラルが共同支援 出資総額180億円
民事再生手続き中のスカイマークを、ANAHDとインテグラルが共同支援する。5年以内の再上場を目指す。(2015/4/22)

最大倒産はスカイマーク:
円安倒産、14年度は2.2倍に急増 大半は中小企業
帝国データバンクが円安関連倒産の調査結果を発表した。円安が急速に進んだ2014年度は倒産件数が大幅に増加した。(2015/4/6)

杉山淳一の時事日想:
“火中の栗拾い”に立ち向かう――WILLER TRAINSの「京都丹後鉄道」に期待
ピンクの高速バスとして親しまれているウィラーグループが「京都丹後鉄道」として鉄道事業に参入する。それは「ピンクの列車を走らせる」「高速路線バスと連携した観光促進」という単純な話ではなかった。赤字に苦しむ地方鉄道再生の手本になるかもしれない。(2015/3/27)

スカイマーク、一部の運航便を運休へ 「早急な路線見直しが必要」と判断
予約済みの場合は振り替えや払い戻しなどの対応が行われるそうです。(2015/1/29)

スカイマークが民事再生法申請、上場廃止に 運航は継続
支援を受けながら事業再生に取り組んでいく。(2015/1/29)

前代未聞:
スカイマークがJAL、ANAとの“二股提携”を模索――その真相は?
経営不振に苦しむ新興航空会社のスカイマークが、日本航空だけでなく全日空にも共同運航を打診、2015年夏ダイヤ以降の実施に向けて認可申請を進めている。なぜこのような事態になったのか。大手2社との提携で、「第三極」としての存在価値は消滅してしまうのか? 航空ジャーナリストの秋本俊二氏に聞いた。(2014/12/22)

専門家の見方:
苦しい日本のLCC市場、スカイマークやジェットスターはどうなる?
就航から3年で黒字化したピーチ・アビエーション。かたやスカイマークやジェットスターは厳しい経営状況にある。LCC各社の差がさらに広がりつつある。(2014/12/10)

PR:リーズナブルかつ効率よい旅のお供に――「PC-NAVITIME」とLCCナビを活用しよう
これまでスマートフォンやケータイで活用する「NAVITIME」や「NAVITIMEドライブサポーター」といったアプリの魅力を中心にお伝えしてきたが、それらと連携するPC向けのWebサイト「PC-NAVITIME」も、併用することで活用の幅がさらに広がる。夏の旅行を計画するなら、ぜひPC-NAVITIMEを旅のプランニングに役立ててほしい。(2014/7/4)

誠 Weekly Access Top10(2014年2月10日〜2月16日):
タブレットの活用で教育はどう変わる?
今回のランキングは、ソニーの「VAIO」売却についての記事がトップに。顧客の購買行動をカメラと3Dセンサーで分析する手法を解説した記事も人気でした。(2014/2/20)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
「航空ベンチャー」ではあっても「LCC」ではない──スカイマーク 西久保愼一社長に聞く
スカイマークは2014年3月、プレミアムシートのみを搭載したエアバスA330-300を羽田−福岡などの国内幹線に導入する。同社を率いる西久保愼一社長に、その戦略と今後のプランなどを聞いた。(2014/1/28)

杉山淳一の時事日想:
2014年、注目の列車旅は? 四国・東北、そして
2014年の鉄道業界は追い風と向かい風が交互に吹きそうだ。観光列車ブームの継続は追い風、消費税アップに伴う運賃値上げが向かい風。新幹線のサービスアップは追い風、LCCの国内路線増は向かい風だろうか。今年も昨年に劣らず面白くなりそうだ。(2014/1/10)

アイソン彗星を雲の上から眺めよう H.I.Sがチャーターフライト
チャーター便に乗って雲の上からアイソン彗星を観察できるフライトを、H.I.Sが発売する。(2013/11/15)

事前期待を上回るサービスが大事だけど……スカイマークの苦悩から学べること
LCCへの注目度が高まる中、「このレベルのサービスまでしか提供できません」という内容のスカイマーク・サービスコンセプトが波紋を呼んでいる。そこから垣間見えるLCCの苦悩から、サービスの視点で学ぶべきことは何なのだろうか?(2012/6/29)

スカイマーク、成田発着国内便を10月から運航へ――キャンペーン価格は980円
スカイマークは、成田国際空港を発着する旭川、札幌(新千歳)、那覇、福岡線を2011年10月30日から運航すると発表した。既存の羽田空港発着便よりも約2000円安い運賃体系を想定している。(2011/4/14)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
世界最大のオール2階建て旅客機、エアバスA380を解剖する
2007年10月にシンガポール航空のシンガポール/シドニー線でデビューを果たしたエアバスのオール2階建て旅客機A380の、世界へのネットワークが広がっている。「空飛ぶ豪華ホテル」の異名をもつこの巨人機は、どんな発想から生まれ、旅の可能性をどう広げたのか?(2011/2/23)

利用したことがある格安航空会社、トップは「ジェットスター」
低価格で簡素化された航空輸送サービスを提供するLCC(ローコストキャリア、格安航空会社)。海外のLCCが続々日本でも就航しているが、利用したいという人はどのくらいいるのだろうか。JTB調べ。(2011/1/7)

JALが教えてくれる「業績低迷後のコスト削減は焼け石に水」
リーマンショック以降の不況に対して、各社はコスト削減で生き残りを図ってきた。最近になり、景気底打ちの声も聞かれ、「よしコスト削減は終わった。これからは攻めだ」と考える経営者も多いかもしれない。しかし実はそうした考えは誤りで、「攻めの時こそコスト低減の時である」ということを、会社更生手続き中の日本航空をケースに学ぶ。(2010/7/30)

「日本製品=高品質」神話を疑う
「日本企業は技術力がある、品質・サービスがよい」「国産は外国産より安全」「外部より社員の方が信頼できる」というフレーズを聞くものの、それらを担保するデータが示されず、観念論的なものが多いのが気になるという筆者。スカイマークの事件を例に、「日本製品=高品質」神話について考えてみた。(2010/3/17)

導入事例:
経理部門ではなく、社員みんなのために会計システムを作る――スカイネットアジア航空
スカイネットアジア航空は、2010年の羽田拡張を大きな飛躍の年と位置付け、拠点間のデータ連携や管理会計の充実を図るため会計システムを刷新。経理部門のためではなく“すべての社員が有効活用できること”を念頭に導入を進めたという。(2009/11/27)

iモード「駅すぱあと」と「SKYMARK MOBILE」が連携
(2005/9/20)

ゼロとスカイマーク、11月に合併。航空事業をインターネットサービスで強化
スカイマークエアラインズ(スカイマーク)とゼロは、11月1日付けで合併すると発表した。存続会社はスカイマークで、合併比率はスカイマークの株式1に対してゼロは1.5。(2004/7/9)

GMO、ゼロのISP事業を吸収
(2004/7/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。