ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「社会現象」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「社会現象」に関する情報が集まったページです。

仕事ぶりに迫る:
映画のヒット「請負人」、水戸市係長が明かすロケ地の極意
低予算で制作するインディーズ映画の業界で「ヒット請負人」と呼ばれる自治体職員がいる。水戸市みとの魅力発信課係長、平戸正英さん(36)がその人だ。2本の低予算映画を異例のヒットに導き、制作陣からの信頼も厚い。最適なロケ地を選び抜いて作品の魅力を引き出す平戸さんの仕事ぶりに迫った。(2019/5/14)

サラリーマン、プリキュアを語る:
平成のプリキュアは、いかに“2度の危機”から復活したのか マクロ視点から振り返る
平成最後のプリキュア記事、気合入れて書いたら1万字を越えちゃいました。(2019/4/25)

第2の「カメ止め」を探せ! 映画業界奔走、有望な新人監督を“青田買い”
昨年、社会現象となる大ヒットとなった映画「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)。今、映画業界では“第2のカメ止め”を掘り起こそうとする動きが広まっているという。果たして“二匹目のどじょう”はいるのか。(2019/4/17)

CloseBox:
Amazonプライム解約しなくてよかった ゲーム・オブ・スローンズ最終章が始まるじゃないか
史上最高のドラマと評判の「ゲーム・オブ・スローンズ」が始まる。世界最速で見る方法は?(2019/4/15)

「コンマリ」と日本流精神的癒やし
米国人と話をしていると、日本の漫画やアニメの話題を振られることが多かったが、最近は違う。(2019/4/8)

米国経済にも影響? 「コンマリ」と日本流精神的癒やし
米国人と話をしていると、日本の漫画やアニメの話題を振られることが多かったが、最近は違う。「コンマリ、知ってる?」。真っ先に出てくるのは、片付けコンサルタントとして活躍する近藤麻理恵さんの名前だ。著書が米国で発売されたのは5年前。すでにベストセラーとなっていたが、今年1月に米動画配信大手「ネットフリックス」でリアリティー番組が始まり、人気は爆発的となった。(2019/4/8)

スピン経済の歩き方:
なぜ「翔んで埼玉」はセーフで、「ちょうどいいブス」はアウトなのか
「自虐」を前面に押し出すことで、世間の関心を集める「自虐マーケティング」が盛り上がっている。「じゃあ、ウチもさっそくやってみよう」と思いたったマーケティング担当者がいるかもしれないが、気をつけていただきたいことがある。それは「地雷」があることだ。(2019/3/26)

自殺未遂も多い:
10代の大麻は「うつ病発症率」が4割増 大麻解禁のあやうさとは……
今回ご紹介するエンターテインメントは、本当に久々となる「マリフアナ(大麻)」のお話でございます。(2019/3/7)

「国宝王国」の新たなコンテンツは“かき氷”:
JR東海が「駅のない」奈良で観光キャンペーンを仕掛ける理由
JR東海が「駅のない」奈良で観光キャンペーンを仕掛けるのはなぜか? 「そうだ 京都、行こう」によって、京都を、日本を代表する観光地に押し上げた再現はなるか。(2019/2/22)

モバイル決済Q&A:
PayPayのアカウントは削除できない?
取りあえずPayPayのアカウントを作成したものの、やっぱり削除したいという人もいるだろう。だがPayPayのアカウントは削除できない。サービスを辞めたい場合はどうすればいいのか?(2019/2/15)

ヒットの理由を解剖:
冬スイーツの“女王” 「雪苺娘」が20年以上愛されるワケ
山崎製パンの「雪苺娘」は冬の定番スイーツだ。なぜ20年以上売れ続けているのだろうか。味や具材のバランス、ネーミングにその秘密があった。(2019/2/11)

“こんまり流片付けの魔法”全米で大ブレーク 「コンドウ」が片付けを意味する英語に
“こんまり”の愛称で親しまれる片付けコンサルタント、近藤麻理恵さんが全米で社会現象となっている。Netflixのオリジナル番組も話題で、米国では「kondo」が、片付けを意味する英語として浸透しているというのだ。(2019/1/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
“片づけ”でアメリカンドリームをつかんだ「こんまり」と、ピコ太郎の共通点
ベストセラー『人生がときめく片づけの魔法』で知られる近藤麻理恵氏が、Netflixで冠番組を開始し、世界で話題になっている。「こんまりメソッド」の盛り上がりを見ると、同じように世界で人気になった「ピコ太郎」との共通点が見えてくる。(2019/1/24)

コード決済どれを選ぶ? 主要5サービスを総まとめ
2018年にはスマホ決済、特にコード決済が大きな注目を集めた。一方、どのサービスを使うべきか分からないという人も多いだろう。そこで今回は「楽天ペイ」「LINE Pay」「d払い」「PayPay」「Origami Pay」のメジャーな5サービスの違いを解説する。(2019/1/14)

「週刊SPA!」編集部が謝罪 「ギャラ飲み」記事で女子大生を性的にランク付け
「週刊SPA!」編集部は、昨年12月25日号に掲載された、「ギャラ飲み」に関する記事で、女子大学生を性的にランク付けしていたことをめぐり、「読者の気分を害する可能性のある特集になった」と謝罪するコメントを発表した。(2019/1/8)

AbemaTVでエヴァ「:序」「:破」を無料独占一挙配信 緒方恵美×高橋洋子生放送初共演も
「残酷な天使のテーゼ」の歌唱も盛り込まれた“奇跡の5時間”。(2019/1/6)

特集・ビジネスを変える5G:
約20年も変わらなかったゲーム作りが「5G」で進化する? メーカーが考えるスマホゲームの未来
「高速・大容量」「低遅延」「多接続」という特徴を持つ次世代のモバイル通信方式「5G」は、国内3610万人以上がプレイする“スマホゲーム”にどのような変化を与えるのか。(2018/12/28)

クロちゃん、“水ダウ”企画のおりから「脱獄したしんよー!」 痛烈コメント殺到もメンタル揺るがず
日常に戻るスピード早すぎる。(2018/12/27)

「人類誰もがモンスター」 クロちゃん“収監”の騒動があぶり出したものとは、ネットの反応に見るネガポジな意見
モンスターはクロちゃんだけではなかった。(2018/12/28)

PR:Twitterトレンド大賞2018、最もツイートが盛り上がったのは「W杯(サッカー)」 特別賞に「クッパ姫」「Vtuber」なども
みんなのツイートが、トレンドになる。(2018/12/27)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「データサイエンティスト・ラプソディ」 なぜ優秀なAI人材は転職するのか
「優秀なデータサイエンティストを採用できない」「人材が定着しない」――そう嘆く前に、まずは自分たちの組織の体制や環境を見直してみましょう。とがったAI人材を許容できる環境作りはできていますか?(2018/12/21)

PR:日本も「信用スコア」時代が幕開け 先行するJ.Scoreで、あなたも信用スコアを測ってみませんか?
(2018/12/28)

埼玉で開催中「あそぶ!ゲーム展」のなつかしさがすごい 平成を彩ったなつかしデジタルゲームを遊べる学べる企画展
青春がよみがえる……!(2018/12/20)

Ankerのキーパーソンに聞く(後編):
ポケモンGOと災害で「モバイルバッテリー」需要増 そのときメーカーは
モバイルバッテリーやスマートデバイスの周辺機器で人気の中国メーカー・Anker。ここまでの信頼を勝ち取れた理由とは。同社のCEOと日本法人の代表に聞く(後編)。(2018/12/10)

RPGに学ぶセキュリティ〜第1章 レベルアップ編〜:
経営層、管理層がセキュリティ人材に装備を与え、経験値をためさせるためにすべきこと
40〜50代の経営者や管理職に向けて、RPGを題材にセキュリティについて理解を深めてもらう連載。初回は「レベルアップ」編として、セキュリティ人材が装備を整える難しさ、そして人材育成の難しさについて、RPGスタート時の主人公の育成に例えてお話しする。(2018/11/5)

「けものフレンズ2」は2019年1月7日放送開始 監督は「アイカツ!」の木村隆一、尾崎由香らメインキャストは続投
ヒトの子供役に石川由依さん、カラカル役に小池理子さん。アニメーション制作はトマソンに。(2018/10/29)

少女は1人、ゲーセンに彼が来るのをいつまでも待ち続けていた 「ハイスコアガール」9話
世の中って時々シビアで残酷だ。(2018/9/8)

CEDEC 2018:
「8割がソシャゲの相談」 ゲームAI注目されるワケ、「がんばれ森川君2号」開発者が語る
「がんばれ森川君2号」開発者・森川幸人さんは、ゲーム業界でAI技術を使った開発の需要が高まっていると話す。特にソーシャルゲームを作る会社からの相談が増えたという。(2018/8/27)

今日のリサーチ:
映画『カメラを止めるな!』大ヒットの理由をSNSデータから分析――スパイスボックス調べ
スパイスボックスは、SNSデータを起点にこの夏予想外の大ヒットを飛ばしている話題の映画『カメラを止めるな!』のヒット理由を調査・分析しています。(2018/8/13)

“置物”にならないために コミュニケーションロボットの課題、「Gatebox」武地CEOが語る
IoTベンチャーのGateboxが“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」の新型機を発売した。同社の武地実CEOは「ユーザーが『1人で』やっていたことを、キャラと『2人で』楽しむ」という思いを機能に込めるとアピール。(2018/7/31)

シノラーなのに派手じゃない 篠原ともえ、16歳のおしとやかな姿に「プリプリプリティー」「美少女」の声
澄ました顔もいい。(2018/7/2)

「LINE QUICK GAME」:
「LINE」上で遊べるHTMLゲーム登場 友だちのキャラと結婚できる「たまごっち」など8種
LINEがHTMLゲーム「LINE QUICK GAME」を今夏リリースする。専用のアプリがなくても楽しめる点が特徴。当初は「たまごっち」とコラボした育成ゲーム「LINEで発見!!たまごっち」など8種を提供する。(2018/6/28)

自由すぎるキャラメイク! 尼神インター誠子とアンゴラ村長がヤマンバギャル化、渋谷の街がおののく
20年前の渋谷は怖かった(遠い目)。(2018/6/22)

決算資料からも消えていた:
妖怪ウォッチ、「子どもの好きなキャラ」圏外に
妖怪ウォッチが「子どもの好きなキャラ」のトップ10から転落した。年代別でも上位に入らなかった。グッズの売り上げも低迷しており、2018年3月期は決算資料のIP別売上高から消えたことでも話題となっていた。(2018/6/21)

バットマン×戦国時代は「まさにナイスアイデア」 映画「ニンジャバットマン」山寺宏一×高木渉インタビュー
「最初は、レゴかと思った」という山寺さん。アメコミと時代劇の融合にビックリ。(2018/6/13)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(5):
世界最高のIQを持つ女性 vs 数学者軍団
問題を考える上で感覚(直感)の役目も大きなものですが、感覚だけに頼ると論理的な結果が見えにくくなることがあります。有名な問題を例に、組み込みエンジニアとしてどう問題に取り組むべきか、考えてみましょう。(2018/6/4)

スピン経済の歩き方:
なぜ日大は炎上したのか? 原因は「オレはそんなこと言っていないおじさん」の存在
日大アメフト部が大炎上している。普段、大学にもアメフトにも危機管理にも関心のない人が、なぜこの問題に“参戦”しているのか。筆者の窪田順生氏は「オレはそんなこと言っていないおじさん」の存在を挙げている。どういう意味かというと……。(2018/5/29)

そして伝説がはじまった……! 5月27日が「ドラゴンクエストの日」に認定!
初代「ドラゴンクエスト」の発売日にちなんで。(2018/5/27)

バンダイナムコIP別売上高リストから:
バンダイナムコ、過去最高の業績の裏で 姿を消した「妖怪ウォッチ」
バンダイナムコホールディングスの17年度決算は売上高・純利益ともに過去最高。その裏で、かつて同社の業績をけん引していた「妖怪ウォッチ」が、IP別売上高のリストから姿を消した。(2018/5/9)

「彗星でみんな窒息する」 天文学者「そんなこと言ってない」 昔からある”彗星デマ”とは?
はた迷惑なデマは今も昔もなくならない。(2018/4/9)

JD用語「バップ」「ガン萎えチャラメン」ってなんだ? LINEの「イマドキの大学4年間を4分でまとめた動画」が最新過ぎて未知の世界
今の大学生すごい……。(2018/4/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
カーリング女子はどうなる? このままでは行く末が心配
カーリング女子が脚光を浴びている。平昌五輪で銅メダルを獲得したこともあって、ちょっとしたフィーバーになっているが、心配もある。熱が冷めた際に、彼女たちの立場がどうなっているかということである。関係者がしなければいけないことは……。(2018/3/2)

スマホゲーム「ラブプラス EVERY」公開延期 「クオリティーアップのため」
今冬に配信が始まる予定だった「ラブプラス EVERY」の公開時期が延期に。「さらなるクオリティーアップを目指すため」という。(2018/2/26)

大山聡の業界スコープ(1):
サーバ、スマホ、そしてIoTで高成長を維持! 電機/半導体業界2018年展望
新連載「大山聡の業界スコープ」。第1回は2018年のエレクトロニクス/半導体業界を占う。(2018/1/23)

「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」:
なぜ普及?信頼できる?――ブームの今、「ビットコイン」を基礎から学ぶ
社会現象となりつつある「ビットコイン」。普及の理由や、利用のメリット、取引技術「ブロックチェーン」の仕組みを解説したのが、コインチェックの大塚雄介COO(最高執行責任者)の著書「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」だ。(2018/1/22)

全身で体感! 「スペースインベーダー」40周年展覧会の見どころを紹介
タイトーが「スペースインベーダー」の誕生40周年を記念した展覧会を六本木ヒルズ展望台で開催。プロジェクションマッピングを使った体感型ゲームを用意する。(2018/1/11)

App Storeでの購入額、元日だけで3億ドル 過去最高
App Storeのユーザーがアプリなどを購入した金額は、2018年1月1日だけで約3億ドルだった。過去最高を更新したという。(2018/1/5)

「インスタ映え」だけじゃない:
キリンとメルカリに学ぶInstagramマーケティング
「インスタ映え」が社会現象となるほど浸透したInstagram。ビジネス利用もますます盛んになっている。キリンとメルカリはInstagramを使ってどのようにマーケティングしているのか?(2017/12/15)

8万アカウントが使う人材採用ツール:
PR:社員エンゲージメント向上を採用段階から「無料」で実現。エンジャパンの「エンゲージ」
採用に悩める企業の大きな助けになるエン・ジャパンの「engage」。8万アカウントが活用する採用支援ツールの特徴とは?(2017/12/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界から見た大相撲問題の本当の「異常さ」
大相撲の暴行事件騒動が、まだくすぶっている。この問題、相撲に詳しくない外国人からはどのように映っているのか。カナダ人ジャーナリストに聞いたところ、相撲界の異常が浮き彫りに……。(2017/12/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。