ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「社会現象」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「社会現象」に関する情報が集まったページです。

漫画「鬼滅の刃」、累計8千万部突破へ 最新21巻は初版300万部
 集英社は24日、吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの漫画「鬼滅の刃」の最新21巻が7月3日に刊行され、累計発行部数(電子版含む)が8000万部を突破することを明らかにした。21巻の初版部数は300万部。(2020/6/24)

フリクリとは何だったのか? アニメ「フリクリ」20周年を勝手に祝うコラム
フリクリを初めて見た日の衝撃――。(2020/6/20)

内山信二が公開した「ごくせん」集合写真に生徒大集合 “ヤンクミ”姿の仲間由紀恵、生瀬勝久ら先生の姿も
脇知弘さん、石垣佑磨さん、伊東美咲さん、中澤裕子さんもいる!(2020/6/9)

メガヒット「鬼滅の刃」が改めて示す「メディアミックス戦略」の強さ 
今年上半期、週刊少年ジャンプ(集英社)と週刊少年マガジン(講談社)のエース格作品が相次ぎ終了した。前者は吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの「鬼滅の刃」、後者は春場ねぎさんの「五等分の花嫁」。両作品は漫画に留まらず、アニメや音楽、ゲームなどさまざまなメディアに展開しており、今後もアニメの続編が控える。(2020/6/8)

「愛の方がうるさい世界にしよう」 青山テルマ、黒人差別を受けた経験告白、差別に向き合う姿勢を呼びかけ
人の気持ちに寄り添うきっかけに。(2020/6/6)

「禍の先に禍が待ち構えている」 コミケ中止を経ての「同人業界のいま」を同人誌印刷会社に聞いた
新型コロナウイルス感染症による影響と、今後の展望について取材しました。(2020/6/2)

キャリアニュース:
在宅勤務の普及で「副業」「地方在住者」「共働き夫婦」が増加すると予測
BIGLOBEが「在宅勤務に関する意識調査」の結果を発表した。リモートワークが「定着すると思う」と83.9%が考えており、在宅勤務の普及で起こり得る社会現象として「副業」「地方在住者」「共働き夫婦」の増加を挙げた人が多かった。(2020/5/21)

マスク販売増えた? トラブルも増加
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、各地で品薄状態が続いていたマスクが、少しずつ店先に並び始めている。(2020/5/18)

パンデミックが招くサプライチェーンへの影響【前編】
コロナ禍の“トイレットペーパーパニック”を「ブルウィップ効果」で説明する
新型コロナウイルス感染症の拡大によって世界各地で買いだめの問題が生じている。その結果、一部の商品の流通に「ブルウィップ効果」が生じる可能性があるという。どういうことなのか。(2020/5/15)

「山奥に道祖神と化したファービーがいた」 採石場跡地にたたずむアイツ、衝撃の姿にTwitter民震えあがる
モルスァ……。(2020/5/10)

1週間のうち2日程度が適切:
8割強が「リモートワークは定着」 ビッグローブが在宅勤務に関する意識調査の第3弾
ビッグローブの「在宅勤務に関する意識調査」によると、リモートワークが「定着すると思う」と回答した割合は8割強を占めた。在宅勤務の普及で「オフィスの縮小」や「成果主義」になると回答した割合は4割に上った。(2020/5/8)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(26):
全数検査の落とし穴 ―― 全人口にPCR検査をしても意味がない数学的な理由
新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で、もっと広く、多くの人へのPCR検査実施を求める声があります。ただ、私は「日本の全人口に対しPCR検査をしても、感染状況の実態は全く把握できない」と数学的に思っています。その理由を見ていきましょう。(2020/4/27)

みんなと過ごすおうち時間:
星野源や福山雅治、自宅から日本中へ“音楽”届ける 吉沢亮は貴重な“ひげ姿”、神木隆之介は自撮り公開
星野さんの「うちで踊ろう」は多くの人がコラボ。(2020/4/23)

「攻殻機動隊 SAC_2045」の「7つ」の魅力 これは史上もっとも親しみやすく、エンタメにシフトした「攻殻機動隊」だ!
全12話を見終えた感想(ネタバレなし)。(2020/4/23)

「ほっこり癒されました」「愛し過ぎる」 「あつまれ どうぶつの森」のウリとカブを肉まんで表現したらかわいすぎた
これはかわいくって食べられないだなも〜!(2020/4/19)

今日書きたいことはこれくらい:
「ビックリマン」シール裏テキストのセンスがあまりにもぶっ飛び過ぎていて感動するしかなかった、という話
なぜビックリマンは当時あれほどの社会現象になり得たのか?(2020/4/18)

懐かしい:
大人気ドラマ『ロンバケ』の瀬名、『池袋ウエストゲートパーク』のマコっちゃん 彼らの自宅はいくら?
ちょっと古い話になりますが、平成を代表するドラマ『ロンバケ』『池袋ウエストゲートパーク』を楽しんだ人も多いはず。木村拓哉演じる「瀬名」、長瀬智也演じる「真島」が住んでいた自宅は、いくらするのでしょうか?(2020/4/18)

星野源、社会現象化した「うちで踊ろう」に驚き 「面白いものとか楽しいもので埋めたい」と考え明かす
最近は、一日中「うちで踊ろう」のコラボ動画をチェックしているという星野さん。(2020/4/15)

使徒を育成する「汎用卵型決戦兵器 エヴァっち」、バンダイから 綾波レイにも成長
ついにネルフは使徒を育成する汎用卵型決戦兵器の開発に成功。果たしてその目的は?(2020/4/15)

エヴァ×たまごっち「エヴァっち」発売 A.T.フィールドが出ないようお世話する使徒育成ゲーム
昔ワンダースワンで出た「シト育成」が思い出される。(2020/4/15)

お手軽ゲーミングPCの道:
PC版「ストV」を最高画質でストレスなく楽しめるモデルを5万円台で自作する方法――導入編
インテルが2020年に立ち上げるeSportsトーナメント「Intel World Open」。そのタイトルに採用された「ストリートファイターV」を満喫できるPCを作り、大会に打って出るまでの道のりをお届けする。(2020/3/23)

個人とチームをどうリンクさせるのか:
ラグビー前日本代表キャプテン・廣瀬俊朗が後輩たちに語る「チームの作り方」
 2019年、ラグビーワールドカップ(RWC)によってラグビーは社会現象となるほど盛り上がりを見せた。ラグビー日本代表の元キャプテン、廣瀬俊朗は試合の解説以外にも、自身の会社を経営するなど起業家としても活躍している。後編ではBBTがラグビーチームのリコーブラックラムズ向けに全10回の人材育成講義「MFP(Make Future Project)」を実施しており、その中で行った廣瀬の講義の様子をレポートする。さまざまなバックグラウンドを持つメンバーをまとめてきた廣瀬の知見を生かした講義だ。(2020/3/19)

常勝チームの根底にあるもの:
ラグビー前日本代表キャプテン・廣瀬俊朗が語る「リーダーの在り方」
2019年、ラグビーワールドカップ(RWC)によってラグビーは社会現象となるほど盛り上がりを見せた。ラグビー日本代表の元キャプテン、廣瀬俊朗さんは試合の解説以外にも、自身の会社を経営するなど起業家としても活躍している。廣瀬さんに「リーダー論」を中心にビジネスにも応用できるチーム作りの考え方を聞いた。(2020/3/18)

あれから15年……! 「ドラゴン桜」続編が阿部寛主演で夏放送決定、当時を懐かしむ声が続々「めちゃめちゃ豪華なキャストだったな」
バカとブスこそ東大に行け!!(2020/3/10)

水平思考(ねとらぼ出張版):
「いきなりメラゾーマ」の衝撃 『ダイの大冒険』をあらためて読んで分かった「漫画のドラゴンクエストを作る」ということ
なぜ『ダイの大冒険』は「ドラゴンクエスト」の漫画化としてここまでの成功を収めることができたのか?(2020/3/14)

「必ずハマりますよ!!」「買っちゃいましょ!!」 面会禁止中の笠井信輔アナ、『鬼滅の刃』全巻大人買いを後押しされる
これを機にアニメも視聴しよう。(2020/3/6)

「完成度高い!」「最強に似合ってます」 吉川愛、『鬼滅の刃』胡蝶しのぶコスがオリジナルに負けない美しさ
本当に美しい人だ。(2020/2/26)

田村淳、“勝手に運命感じてる”アニメ「ゾンビランドサガ」の聖地巡礼特番に出演 あの社長も出るぞ!
ナレーションは源さくら役の声優・本渡楓さん。(2020/2/17)

10代女子が選ぶ「もう使いたくない若者言葉・略語」ランキング第1位は「じぇじぇじぇ」 「フロリダ」「ショッキングピーポーマックス」意味分かる?
ドヤ顔で使わないようにしましょう。(2020/2/1)

「こんなんなんぼあってもいいですからね!」 ミルクボーイ、ケロッグ公式応援サポーター就任で“腕組んでるトラ”とコラボ
“生産者さんの顔が浮かばない”のくだり好き。(2020/1/29)

東京ラブストーリー“令和版”がネット配信決定 カンチ役に伊藤健太郎、リカ役は石橋静河
FODとAmazonプライムビデオで今春配信。(2020/1/24)

「パラサイト 半地下の家族」ネタバレなし全力レビュー 可及的速やかに映画館に行ってくださいと懇願するしかない5つの理由
ネタバレ厳禁の大傑作韓国映画「パラサイト 半地下の家族」の面白さがどこにあるのか、全力で解説しよう。(2020/1/10)

令和の呼吸……弐ノ型! ニコ生!! 「鬼滅の刃」2020年元日に全26話一挙配信決定
よゐこも見ている鬼滅の刃。(2019/12/18)

大ヒットした前作から受け継いだ“語られるべき姉妹の絆” 「アナと雪の女王2」で描いた“家族の愛”についてクリス・バック監督が語る
「最初から僕たちのなかでアナとエルサが最後どうなるのかというのは見えていたから、それまでの物語を作るのが仕事だった」(2019/11/29)

PR:「あと半年も持たない」 データの急増に追い詰められたコニカミノルタの技術者たち、起死回生の一手
(2019/11/18)

「ラブプラス EVERY」配信開始 Twitterトレンドに
2度の延期を経て、スマホゲーム「ラブプラス EVERY」が10月31日に配信された。(2019/10/31)

新連載・食の流行をたどる:
「さば」はなぜ「ツナ」を超えたのか? 熱血“さば”社長と外食産業の“必然”が生んだブーム
「さば」の大ブームが起きている。食のブームを分析してみると、いくつかの共通項目がある。さばブームをけん引した熱血社長の取材から見えてきた流行の条件とは?(2019/10/24)

スマホゲーム「ラブプラス EVERY」10月31日に公開
スマホゲーム「ラブプラス EVERY」が10月31日に配信される。(2019/10/21)

Amazon Prime Videoで「カメラを止めるな!」が見放題に 「無限の住人 -IMMORTAL-」は10月10日から全世界同時配信
「カメ止め」配信は嬉しい!(2019/9/30)

林信行がレビュー:
魅力を再構築した新モデル「Apple Watch Series 5」の進化と変化
スマートウォッチで独走を続けるApple Watchも、登場から5年目を迎える。新モデルSeries 5の魅力はどこにあるのか。林信行氏がレビューをお届けする。(2019/9/18)

スマホゲーム「ラブプラス EVERY」11月公開 2度の延期を経て“カノジョ”降臨
スマホアプリ「ラブプラスEVERY」のリリース時期が11月に決定。品質向上を理由に公開時期を2度延期していた。(2019/9/12)

ものづくりの歴史:
「ミニ四駆」誕生の舞台裏 プラモデルとクルマの幸せな関係
ミニ四駆はいかにして生まれたのか――。プラモデルと自動車の関わり合いの歴史をひも解きながら今後の展開を探る。(2019/8/30)

フィーバーできるお! 「おっさんずラブ」、“全国”で応援上映決定にOL民歓喜「声を我慢しなくてもいいのね」
わんだほう!(2019/8/27)

組み込みエンジニアの現場力養成演習ドリル(18):
コンピュータゲーム最大のバグ 「弾が当たっても倒れない」より大きなバグは?
今回は、コンピュータゲームのバグについて考えます。(2019/7/26)

サラリーマン、プリキュアを語る:
2世代を取り込む「ハートキャッチ」の強さ 「NHK全プリキュア大投票」を初動のデータから予測
NHK全プリキュア大投票は「ランキング」を語るのではなく、「愛」を語るのです。(2019/7/25)

そういえばなんで「ハコスカ」なの? ケンメリ、ジャパンなど、歴代「スカイライン」の愛称が生まれたワケ
当時を知らないと意外と新鮮かも。(2019/7/16)

これはいちころでダウンですわ 指原莉乃&渡辺直美、絶妙な“ニコイチ感”で「渚のシンドバッド」をカバー
新ユニット誕生だと……?(2019/7/12)

ポケモンGOにハマった記者が“ハリポタGO”は数分間で飽きた理由
スマートフォンゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」が7月2日、日本でも公開された。記者はポケモンGOにはそれなりにハマったが、魔法同盟はプレイ開始から数分間で飽きてしまった。その理由は……。(2019/7/3)

『逃げるは恥だが役に立つ』が朗読劇として舞台化決定 梶裕貴、生駒里奈らが日替わりで登場
計16人のキャストが日替わりで4人の登場人物を演じる。(2019/6/27)

「ビリーズブートキャンプ」のビリー隊長が帰ってきた……! 「N高」が新しい運動プログラムを開講 一般にも公開予定
「ビリーズブートキャンプ」の考案者ビリー氏が講師となって教えてくれます。(2019/6/13)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。