ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「社会現象」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「社会現象」に関する情報が集まったページです。

「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
突然のヒットに戸惑う声も。(2024/5/18)

一世を風靡した「ダンレボ」がミニサイズになって発売! 専用コントローラで“足でプレイ”も可能
実筐体を約5分の1サイズでリメイク。(2024/5/7)

「家政婦のミタ」社会現象から13年 当時10代だったキャストの現在、激変が話題になった人も
当時のブームすごかった。(2024/5/3)

電通デジタルが読み解く、SNSマーケの最旬トピックス:
なぜ「猫ミーム」は流行り続けているのか? ネットの最強コンテンツを分析
TikTokを中心にさまざまなSNSで目にする「猫ミーム」。なぜ、この大流行は起きたのか、考えてみましょう。(2024/4/26)

新機能を搭載:
「たまごっち」の現在は? 担当者「世界で50万個を超える見込み」
あの「たまごっち」が「Tamagotchi Uni(たまごっちユニ)」(Uni)となって、絶好調だ。たまごっちは、1996年に発売された、たまご型の携帯型育成玩具。初代は全世界で4000万個以上売れ、一世を風靡した。(2024/3/26)

2030年までに“世界第2位”を目指す! Intelが半導体の「受託生産」に乗り出す理由【前編】
Intelの半導体受託生産事業「Intel Foundry」が本格的に始動した。研究/開発から生産まで一貫して行う垂直統合体制だった同社が、ここに来て受託生産(ファウンドリー)事業に注力し始めたのはなぜなのだろうか。この記事では、その動機(モチベーション)について考察していきたい。(2024/3/22)

元『CanCam』ディレクター・渡辺佳恵さん、55歳で逝去 「えびちゃんブーム」「めちゃモテ」生むも“ちゃぶ台返し”で出禁になった過去
私生活では一女の母。(2024/3/13)

努力できない人は「『努力したくない人』なだけ」 “ビリギャル”小林さやか氏の投稿が波紋…… 本人は反論「別に責めてない」
努力をめぐる意見が議論に。(2024/3/12)

元「Foorin」吉田日向、解散2年後の「相棒」登場で視聴者ビックリ! 17歳の青年姿に「大人になったな〜」「成長早い」
大きくなったな〜!(2024/2/22)

ファミマの「生コッペパン」が売れている、きっかけは?
「生コッペパン」が売れている。2023年2月、ファミリーマートが発売した。(2024/2/20)

データに隠された真実:
県外に出た高卒生はどこへ行くのか 毎年「社会現象」が起きている
高校を卒業して県外に進学、就職する若者たちは、どこへ向かっているのでしょうか。(2024/1/27)

「どこのアニメ聖地かわかる?」 ある場所で撮影した1枚の写真に「すごく見覚えある」大反響 中には“幻聴”が聞こえてしまう猛者も
懐かしい……!(2023/12/31)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
リーダーの快眠がチームのパフォーマンスを左右する「働くリーダーの快眠法則」
誰もが毎日行っている「睡眠」という行為。しかし、日本人は世界で最も睡眠が満足に取れていないという。良い睡眠は、生活や体のパフォーマンスをアップさせると睡眠改善のプロフェッショナルスリープコーチの角谷リョウ氏は話す。(2023/12/13)

安室奈美恵さんの楽曲が各種サブスクから消える 公式YouTubeも見られず…… ファン困惑「何が起きてるの???」
ネット上で困惑広がる。(2023/11/16)

エンタメ×ビジネスを科学する:
「ゼルダ」実写化に見る、任天堂IP戦略の“理想像”とは
任天堂が『ゼルダの伝説』を実写映画化する。最近ゲーム以外へのIP活用の動きが目立つ任天堂だが、そこにはある「理想像」があるはずだ。(2023/11/16)

松尾豊東大教授が明かす 日本企業が「ChatGPTでDX」すべき理由
松尾豊東大教授が「生成AIの現状と活用可能性」「国内外の動きと日本のAI戦略」について講演した。(2023/11/10)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“サウナブーム”終焉か? 「タピオカブーム衰退」とのある共通点
ブームの渦中にあったサウナ市場も、今やその過熱ぶりが冷めつつあるかもしれない。その背景には、消費者の健康観念の変化、経済情勢の影響、そしてブームによる競争の激化が挙げられる。(2023/10/27)

元「猿岩石」森脇、スターになった相方への思い吐露 “比較される日々”に苦しむも「有吉のおかげ」「自慢したいぐらい」
現在は俳優として活動する森脇さん。(2023/10/15)

初代「ダンレボ」ミニ筐体、クラファンで発売へ 足ではなく手で操作
初代「ダンレボ」を5分に1サイズにし、手で遊べるようにした筐体がクラウドファンディングで発売へ。(2023/10/4)

Intel Innovation 2023:
全ユーザーにAI PCを届ける――IntelのゲルシンガーCEOの新たな野望 今後10年で15倍に成長する「シリコノミー」とは?
Intelの開発者/技術者向けイベント「Intel Innovation」が、米国で開催された。その基調講演では、パット・ゲルシンガーCEOが登壇し、今後のIntelが目指す姿を語った。中でも注目すべきキーワードは「Siliconomy(シリコノミー)」である。(2023/9/26)

ロフトはやめとけおじさん「ロフトはやめとけ」 アパートのロフトに憧れる娘に現実を突きつける漫画に反響
ロフトって見てる分にはカッコよくて良いんですけどね。(2023/9/26)

「PUI PUI モルカー」声優モルモットが天国へ 監督「作品の中で生き続けてくれる」
8月に息を引き取ったとのこと。(2023/9/16)

試行錯誤:
「モンハン×位置ゲーム」 “ひと狩り75秒”に込めた意図
米Nianticは9月14日、「Monster Hunter Now」を正式リリースした。同作はどのような経緯で開発されたのか。チーフプロダクトオフィサーの河合敬一氏と、シニアディレクターの野村達雄氏に聞いた。(2023/9/14)

「プリズン・ブレイク」リンカーン役俳優が再婚 強面も結婚式では笑顔「特別な日になった」 お相手はマイリー・サイラス母
「今、隣には最高に美しい女性がいて、素晴らしい時間を過ごしている」(2023/8/31)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「新型アルファード」価格が爆上がり 転売ヤーが相変わらず減らない理由
トヨタの新型アルファードの人気がすさまじい。新車がなかなか手に入らないこともあって、オークション価格が上昇しているのだ。「アルファードが欲しい」という消費者にとっては、逆風が吹いていて……。(2023/8/25)

約3000冊の“本の集合体” Podcast人気番組「奇奇怪怪」、ポップアップ「圧と密」が異様な空気を代官山蔦屋書店で放っていることについて
こんな光景、本屋で見たことないぞ。(2023/8/25)

価値観の変化:
1人35万円の支出――激増する中国人観光客、コロナ前より大金使うワケ
インバウンド観光客が爆増している。中国人の団体旅行解禁も発表され、さらなる増加が予想される。中国人観光客における最新のデータを参照すると、コロナ前には見られなかった新たな消費トレンドが浮上した。(2023/8/18)

懐かしの「ポケベル」がカプセルトイに! ほぼ実寸で音や振動のギミックも搭載
懐かしさあふれるアイテム。(2023/8/10)

「X(Twitter)のロゴはフリーメイソンのシンボルに似ている」 荒唐無稽な陰謀論に人々が熱狂する理由
陰謀論に詳しいライターの雨宮純さんが解説。(2023/8/10)

グッドパッチとUXの話をしようか:
「Pokemon GO」7周年 500万人が熱狂し続ける驚異のアプリに隠されたユーザー体験
7月22日に7周年を迎えた「Pokemon GO」は、いまだに500万人ものユーザーを抱えている。そこにはファンが離れない秘密と、ユーザーが出戻りたくなる仕掛けがあった。Pokemon GOのユーザー体験を解説する。(2023/7/29)

経済の「雑学」:
「スペースインベーダー」誕生45周年 空前の大ブームになった理由
「スペースインベーダー」が誕生45周年を迎えた。1970年代当時、日本では若年層を中心に空前のブームとなったが、ヒットの要因は何か。(2023/7/9)

脚本家・坂元裕二がNetflixと5年契約 新作を複数製作し独占配信
年内には「クレイジークルーズ」配信予定。(2023/6/29)

患者から詰められまくった医学部生が話題に 理不尽ながらも“とある理由から”「和んだ」「爆笑しちゃった」
きっと何よりの楽しみだったのでしょうね。(2023/6/24)

「SPHERE 23」現地レポート:
「ソフトウェアアップデートは逆効果」 Twitter社の元CISOが“セキュリティ神話”を切る
セキュリティ業界で“常識”と考えられていることも実際は逆効果になっているのかもしれない。Twitter社でCISOを務めた現役ハッカーが、データを基に“セキュリティ神話”に疑問を投げかけた。(2023/6/21)

「SPHERE 23」現地レポート:
経営者とセキュリティ担当者が分かり合うためのフレームワークを知っているか?
ランサムウェア攻撃が高度化する今、全社一丸となってセキュリティ対策を講じるには、経営層から現場のセキュリティ担当者までが同じ言葉で語り合い、足並みをそろえる必要がある。これを実現するフレームワークを解説しよう。(2023/6/14)

「SPHERE 23」現地レポート:
生成AIはここまで悪用できる 社会現象を“捏造”するその実力とは?
WithSecureは生成AIに関するリサーチ結果を発表した。同調査は「ChatGPT」をはじめとした生成AIツールを悪用することでいかに社会現象を捏造し、フェイクをばらまくことができるかを明らかにしている。(2023/6/1)

タカラトミーが発表:
人気玩具「ベイブレード」が競技スポーツに 新シリーズ、7月発売
人気玩具「ベイブレード」の次世代シリーズ「BEYBLADE X」(ベイブレードエックス)が7月に登場する。タカラトミーが発表した。4世代目となる新シリーズでは競技スポーツとしての訴求など過去3世代との差別化を図っている。(2023/5/17)

人気ゲーム「艦これ」 なぜ10年も続く
人気ゲーム「艦隊これくしょん―艦これ―」が、サービス開始から10周年を迎えた。基本利用料無料の競争はスマホゲームを中心に激しく、人気作でも淘汰される時代だが、「艦これ」はなぜここまで続いているのか。(2023/5/18)

起用理由はダジャレ:
森永製菓、侍ジャパンで活躍のヌートバー選手と広告契約 「inバー」CMに起用
森永製菓が、侍ジャパンこと野球の日本代表でプレーしたラーズ・ヌートバー選手(セントルイス・カージナルス所属)と広告契約を締結した。プロテイン入り商品「inバー」のCMに起用し、販売促進を狙う。(2023/4/23)

勝地涼、あさイチ出演で「前髪クネ男」が話題に 「あまちゃん」放送から10年 ファン「勝地さんのキャリアを語るうえでクネ男は外せない」
前髪クネ男から10年。(2023/4/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
甲子園の「ペッパーミル騒動」に批判の声 日本のネガティブイメージが経済に与えうる影響
センバツ高校野球に出場した高校球児の「ペッパーミル・パフォーマンス」が注意を受けた。このニュースは海外でも報じられ、批判コメントが数多く寄せられた。このようなネガティブイメージが日本経済にどのような影響を与えうるか、考察してみたい。(2023/3/23)

ジャンポケなど新キャラも発表 「ウマ娘」2周年記念キャンペーンがスタート 東京・大阪にラッピングトレインが登場
もう2年経ったのか。(2023/2/24)

スピン経済の歩き方:
「10円パン」に大行列! “韓国を真似ればヒット”の法則は本当か
「大王チーズ10円パン」をご存じだろうか。10円で買える激安パンではなく、500円で買える巨大な10円硬貨型のスイーツのこと。韓国発の商品で、若者を中心に人気が集まっているのだ。韓国のモノやサービスを真似れば、日本でヒットする傾向があって……。(2023/2/14)

「silent新作が出たのに、1位のままだしん!」 クロちゃん、かわいい彼女ゲットした「水ダウ」人気に喜び
末永くお幸せに。(2022/12/23)

映画「SLAM DUNK」公開日のコメントに反響 物議&炎上繰り返すも初日の観客からは「感謝しかありません」
黒板に描かれた“その後”から18年。(2022/12/3)

小寺信良のIT大作戦:
「Twitterはオワコン、移行先はmixi」という世界線はありうるのか
「Twitter有料化」の噂が11月9日に出ると、多くのユーザーはTwitterからの離脱を検討し始めた。その結果、mixiが2位にトレンド入りするという現象が起こったのだが、我々がもう一度大挙してmixiに戻るという世界線は、あり得るのか。少し考察してみる。(2022/11/25)

30年以上愛されるIP作り:
ファイナルファイトが導いた「ストII社会現象」 高コスト開発でメガヒットを実現した社内風土
『ストリートファイターII』の開発に携わったカプコンのクリエイター岡野正衛(SHOEI)さんによると、当時画期的だったシステムや動きを実現できた背景には、1989年のゲーム『ファイナルファイト』の大ヒットがあるという。なぜ『ストII』は当時、高いクオリティーを実現できたのか。(2022/11/17)

辞めジャニ注目集まる中、独自路線貫く長瀬智也 44歳最新ショットに「かっこよすぎ」「全員長瀬智也みたいな余生を」
2021年3月でジャニーズ事務所を退所。(2022/11/11)

どうなる「1円スマホ」 動き出す公取委と“セット販売復活”を模索するキャリア
政府の規制によって一時は姿を消した、「一括1円」など極端に安い値段で販売されるスマートフォン。だが2021年の半ば頃から、再びスマートフォンの大幅値引きが多く見られるようになった。(2022/11/11)

「38年ぶり滝沢賢治復活!?」 “スクール ウォーズ”小沢仁志、山下真司、伊藤かずえ、松村雄基の同窓会に大反響
あれから38年か……。(2022/11/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。