ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「社会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

社保料や税滞納の倒産急増 なぜ?
税や社会保険料といった「公租公課」を滞納し、資金繰りに窮して倒産する企業が急増している。民間調査会社「帝国データバンク」のまとめでは、こうした倒産が令和5年度に全国で138件確認された。背景として新型コロナウイルス禍によって続いた納付猶予措置が縮小したことが挙げられる。同社は「滞納に苦しむ企業は今も多い」とし、今後も倒産が相次ぐとみている。(2024/5/18)

通信制高校の生徒、約3割が“進路未決定のまま卒業” 「18歳で未来を諦めさせない」社会的自立を応援するプロジェクトが支援募集中
不登校やグレーゾーンの生徒でも働ける社会を目指す。(2024/5/18)

産学連携の促進に向け:
東北大学が研究者/特許情報を公開――「サイエンスパーク構想」の狙いとは
東北大学と三井不動産は2024年4月26日、「東北大学サイエンスパーク構想」に関する合同説明会を実施した。両者は、「共創の場」の構築とコミュニティーの形成を中心とした産学連携により、社会課題解決と新産業創造を目指す。(2024/5/15)

店舗網急拡大も人口減見据え、新たなコンビニ像を模索
国内で本格的なコンビニチェーンが誕生して15日で50年を迎える。豊富な品ぞろえや24時間営業など利便性の追求で消費者の心をつかみ、コンビニは「社会インフラ」として瞬く間に店舗網を拡大してきた。(2024/5/15)

ごみから生まれたリサイクルバッグ、スタイリストがおすすめするワケは…… 気軽にできる社会貢献に「心が豊かになりますね」「センスがあって素敵」
意外なモノでできています。(2024/5/14)

幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
この発想はなかった!(2024/5/12)

新興のベンチャー企業にエントリー2万人超 就活生が注目する「実践型」インターンシップ
2025年4月入社の新卒採用に向けた企業の活動が本格化する中、就職活動を行う大学生が重視するのが、企業で就業を体験する「インターンシップ」(インターン)だ。企業の事業内容などを知ることに加え、社会人としての予備知識を学ぶことができることから、大学生にはより重視される傾向にある。(2024/5/10)

ライブ会場で痴漢行為、GEZANとBRAHMANが激高声明 “二度と現場にいこうと思えない状態まで”あらゆる社会的制裁で責任を負わせる
痴漢ダメゼッタイ。(2024/5/10)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「君はロールモデルになれない」 女性活躍のウラで見捨てられる、45歳以上の女性たち
企業での女性活躍が進められる裏で、男社会で戦ってきた中高年の女性社員の存在がなかったことにされている。中高年の女性たちは「永遠にベンチを温めるだけの存在」で「用済み」なのか?(2024/5/10)

医療技術ニュース:
薬剤耐性菌が人社会から自然環境に拡散している可能性が示される
北海道大学は、世界中の人医療で問題になっている薬剤耐性大腸菌株クローンのST131が、日本国内の野生動物や水系環境から分離されることを明らかにした。人社会から自然環境へのST131の拡散が示唆される。(2024/5/9)

北欧のサステナビリティが世界をリードするのはなぜ? 意識や社会構造から考える
なぜ、北欧はサステナビリティ先進国として世界から注目されているのか? 社会構造や意識から考えてみよう(2024/5/9)

「家政婦のミタ」社会現象から13年 当時10代だったキャストの現在、激変が話題になった人も
当時のブームすごかった。(2024/5/3)

20代の昇給分の使い道 3位「趣味」、2位「生活費」、1位は?
 就職情報サイトを運営する学情は、20代社会人を対象に「給与・初任給」に関する調査を実施した。その結果、「昇給した給与」「初任給」の使い道について、どちらも「預貯金」と考えている人が最多であることが分かった。(2024/5/3)

社会人2年生に聞いた「30歳時の目標年収」 平均額は「647万円」、昨年に比べると?
ソニー生命保険は、24年4月から働き始める社会人1年生、または就職してから1年が経つ社会人2年生を対象に、「社会人1年目と2年目の意識調査」を実施した。社会人2年生に30歳時点の目標年収を聞いたところ、最多は「500万〜600万円未満」だった。(2024/5/2)

製造マネジメントニュース:
静岡県磐田市に新社屋を開設、次世代社会構想を推進
ソミックマネージメントホールディングスは、静岡県磐田市の磐田駅前に開設した新社屋に移転した。磐田市と「連携と協力に関する協定」締結式を開催しており、地域活性に寄与する取り組みを進める。(2024/5/1)

空飛ぶクルマ・代替肉など、スタートアップ展示も 技術とアイデア集う「スシテック東京」開催 
東京都臨海部で国際イベント「SusHi Tech Tokyo 2024」(スシテック東京)が始まる。環境や少子高齢化などの社会問題を解決しながら持続可能な世の中を作っていこうと、世界中から技術やアイデアが集まる。期間中は「空飛ぶクルマ」のデモ飛行などが行われ、首都の未来を体感できる。(2024/4/26)

脱炭素:
カーボンネガティブコンクリート専用の製造実証プラントを鹿島建設が運用開始
鹿島建設は、カーボンネガティブコンクリート専用の製造実証プラントの運用を開始した。多様な材料を用いたコンクリートの試験製造を積極的に実施し、CO2収支がマイナスになるコンクリートの社会実装を目指す。(2024/4/26)

Z世代の4割「社会人以前から資産形成」 貯蓄意識の高い新卒は「初任給」何に使う?
新社会人の4割以上が、社会人になる前から資産形成を開始していることがGA technologies(東京都港区)が運営するネット不動産投資サービスブランド「RENOSY(リノシー)」による調査で明らかとなった。新社会人は1年間でどれくらい貯金したいと考えているのか。(2024/4/24)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(117):
Excelで学ぶ、やさしいデータ分析
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第117弾は、連載『やさしいデータ分析』の全編を電子書籍化しました。表計算ソフトで試しながら、基本的なデータ分析を学べます。前提知識は不要で、全ての社会人にお薦め。ここからデータ分析の第一歩を踏み出しましょう!(2024/4/24)

リサイクルニュース:
使用済み自動車の精緻解体による再資源化プロセスの技術実証を開始
デンソーら16の企業と大学が合同で、使用済み自動車の精緻解体による再資源化プロセスの技術実証を開始した。自動車部品における再生材の利用拡大や、持続可能な自動車部品解体プロセスの社会実装を目指す。(2024/4/24)

Weekly Memo:
NTT東日本と東大が協創協定を締結 「地域と同じ目線」で地域循環型社会を実現できるか
東京大学とNTT東日本が地域循環型社会の実現に向けて産学協創協定を結んだ。「果たして世の中にどれだけのインパクトを与えるのか」という問いに両者のトップはどう答えたか。(2024/4/22)

今日のリサーチ:
社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。(2024/4/20)

ダイドー「ベビー用紙おむつ自販機」が500台突破 想定より速いペースの展開、「社会的ニーズの高まりを感じた」
設置場所は道の駅に留まらず、大型商業施設や複合施設にも。(2024/4/27)

電動化:
EVワイヤレス給電協議会が設立、関西電力、ダイヘン、シナネンらが発起人に
関西電力、ダイヘン、シナネン、三菱総合研究所、米国WiTricity Corporationの5社は、電気自動車の普及を支える社会インフラとして、ワイヤレス給電を実用化し普及させていくため「EVワイヤレス給電協議会」を設立すると発表した。(2024/4/19)

材料技術:
核融合炉発電の研究を加速、ヘリカル型核融合炉初号機の完成は2034年を目標に
ヘリカル型核融合炉の開発を進める国内ベンチャー企業のHelical Fusionは、オンラインで記者会見を開き、核融合エネルギーの社会実装に向け核融合科学研究所(NIFS)内に「HF共同研究グループ」を同月に設置することでNIFSと合意したと発表した【訂正あり】。(2024/4/19)

リサイクルニュース:
DNPがプラスチック部分を100%リサイクル材にしたICカードを発売
大日本印刷(DNP)は、循環型社会の実現に向けて、非接触対応ICクレジットカードのプラスチック部分全体をリサイクルPVC(ポリ塩化ビニール)で製造することを実現し、同製品の販売を2024年4月に開始すると発表した。(2024/4/18)

シェアサイクルはどう変わる? 高価格化と公益性に揺れるHELLO CYCLINGの葛藤
シェアサイクルは社会で今後どういう位置付けになっていくのか。ハローサイクリングの運営会社オープンストリートの工藤智彰社長に聞いた。(2024/4/18)

「虎に翼」、男装女性のよね役は誰? 「おちょやん」以来、2度目の朝ドラ出演となる土居志央梨を紹介
寅子たちに強く当たるも、女性の社会進出に熱い信念を持っているよね。(2024/4/17)

高卒新社会人のおよそ半数が「仕事を辞めたいと感じたことがある」 どう乗り越えた?
ジンジブが調査結果を発表した。(2024/4/17)

ランサムウェア攻撃事例10選【後編】
まさかのランサムウェア波状攻撃 “非道さ”を極めた被害事例とは?
ランサムウェア攻撃が活発化し、社会のさまざまな分野に影響を与えている。特に知っておくべきランサムウェア攻撃の被害事例と手口をまとめた。(2024/4/17)

小寺信良のIT大作戦:
ネット社会は「身元不明死」に対応できるか
2025年問題というのをご存じだろうか。物流の「2024年問題」が来たばかりで、もはやいつがどの問題なのかわけが分からなくなっている方も少なくないと思うが、取りあえずこれから起こる一番近いのが、2025年問題である。(2024/4/16)

NPO法人国際CIO学会講演会:
日本再生の切り札は、グローバルで大きく先行する次世代コミュニケーション基盤と生成AI
少子高齢人口減少社会に向け、行政DXをどう進めるべきか。また日本再生を目指すために、グローバル先端技術をいかに活用すべきか。総務省の事務次官、および日米のビジネス論客がAIや未来技術などを議論した。(2024/4/16)

スマホ所有比率は97%、10代女性は約2割が2台持ちに ドコモが調査
NTTドコモのモバイル社会研究所は、2024年1月の携帯電話(スマートフォン/フィーチャーフォン)所有動向に関する調査結果を発表。携帯電話所有者のスマホ比率は97%となり、15〜19歳女性の約2割が端末を2台以上所有している。(2024/4/15)

小3の娘に「予算10万円で1泊2日の家族旅行」の計画を任せてみた……ステキなアイデアに「良い社会勉強」と反響
出発前から楽しそう。(2024/4/16)

軍民融合の中国にAIや宇宙開発で対抗、日米首脳会談共同声明 先端技術で連携
岸田文雄首相とバイデン米大統領が発表した日米首脳会談の共同声明ではAIなどの先端技術や宇宙開発で緊密に連携を図っていくことを確認した。背景にあるのは今後の社会や経済のあり方に影響する先端技術分野で、日米が中国などの権威主義国家に後れをとれないという強い意志だ。(2024/4/12)

延べ約19万2000人が受講:
2024年も無料で学べる 総務省が「社会人のためのデータサイエンス入門」を開講
総務省は、データサイエンスのオンライン講座「社会人のためのデータサイエンス入門」を2024年6月11日に開講する。同講座では、統計学の基礎や統計データの見方など、統計データ分析の基本的な知識を学習できる。(2024/4/12)

PC使う社会人の26.9%「直近1年以内に備品なくしかけた」 業務のヒヤリハット、MAMORIOが調査
PCを使って業務する社会人の26.9%が、直近1年以内にに備品や貸与物をなくしたり、なくしかけたりしたことがある──紛失防止タグを手掛けるMAMORIO(東京都千代田区)が、業務の“ヒヤリハット”を巡る調査結果を発表した。(2024/4/11)

ITmedia Security Week 2024 冬:
小学生でも多要素認証の今、企業の認証/ID管理は使いにくい、不自由にもほどがある 未来は変容するのか
2024年2月27日、アイティメディアが主催するセミナー「ITmedia Security Week 2024 冬」の「多要素認証から始めるID管理・統制」ゾーンで、パロンゴ 取締役 兼 最高技術責任者 林達也氏が「デジタルアイデンティティー時代のID管理・認証/認可の変容と社会受容」と題して講演した。産官学でデジタルアイデンティティーをウオッチし、策定にまで関わる同氏が、ゼロトラスト時代に重要な認証、認可の現在を、「社会受容」というキーワードを絡めて解説するセッションだ。(2024/4/12)

総務省、データサイエンス入門の無料オンライン講座を開催 「統計学の基礎」など解説
総務省統計局はオンライン講座「社会人のためのデータサイエンス入門」の受講者募集を開始した。データサイエンスに携わる専門家が講師を務める。受講の前提条件はなく、誰でも無料で受講できる。(2024/4/10)

ITmedia Security Week 2024 冬:
「アタックサーフェス管理」とは、今日からできることは――日本ハッカー協会の杉浦氏が「OSINT」視点で考える
2024年3月4日、アイティメディアが主催するセミナー「ITmedia Security Week 2024 冬」における「アタックサーフェス管理」ゾーンで、日本ハッカー協会 代表理事 杉浦隆幸氏が「今日から始めるアタックサーフェス管理」と題して講演。日本ハッカー協会として「日本のハッカーが活躍できる社会を作る」べく活動する杉浦氏が、幅広いセキュリティ分野の中から「アタックサーフェス管理」をキーワードに、OSINT技術を通じてセキュリティ対策の根幹を語った。(2024/4/9)

どんな顔? 「シスコーン」のイラスト、なぜママだけ後ろ向きなのか 日清シスコ「実は過去に……」
恥ずかしがり屋? それとも社会の闇的な?(2024/4/10)

6割超の社会人が「飲みニケーション」は不要 世代別で違いはある?
世代別の受け止めや、会社の飲み会の開催頻度などが明らかになった。(2024/4/6)

車載ソフトウェア:
車両のコネクティッドサービス分野で協業、安全なモビリティ社会に貢献
SCSKとトヨタコネクティッドは、車両のコネクティッドサービス分野で協業する。両社のサービスを連携して新たなフリートマネジメントサービスを開発し、グローバルで安心、安全なモビリティ社会の構築を目指す。(2024/4/5)

進む組織再編:
日立のクラウド部門新トップは異組織出身 2万人を束ねるキーパーソンに展望を聞いた
日立製作所のクラウドサービスプラットフォームビジネスユニットCEOに新しく就任したのが、社会ビジネスユニット出身の細矢良智氏だ。(2024/4/5)

基礎解説:
いまさら聞けない 製品設計と設備設計の違い【後編】
社会や現場課題を解決するためのアイデアを考え、それを具現化する「機械設計」の仕事ですが、実は「製品設計」と「設備設計」で文化や仕事の進め方が大きく異なります。【後編】では、製品設計と設備設計における「予算配分」「求められる知見」の違いに触れるとともに、「製品設計と設備設計のこれから」について言及します。(2024/4/5)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
ドローン第一人者の野波健蔵氏が創業した「Autonomy」の国産機体はどこが違う?ワイヤレス給電で24時間の現場監視
Autonomyは、日本でのドローン開発の第一人者として知られる千葉大学 名誉教授 野波健蔵氏が2022年1月に創業した会社。日本のドローンに関する研究開発と社会実装で世界の優位に立つことを目標に定め、オープンソースを使わない完全オリジナルのスタンスで優れた機体とソリューションを生み出している。(2024/4/3)

令和の無駄学:
なぜ歯磨き粉はミント味? ヒット商品の誕生には「無駄」が必要なワケ
みなさん、最近無駄話をしていますか? 博報堂ヒット習慣メーカーズでは、これらの「無駄」こそ今の社会に必要なものだと考えています。本記事では、無駄こそが真の豊かさを求める上で最強の武器になると思う理由についてお話しします。(2024/4/2)

AT&T、約7300万人分の個人データ流出を確認 社会保障番号が含まれるものもあり
米通信キャリア大手のAT&Tは、約7300万人分の顧客および元顧客のデータがダークWeb上で公開されていることを認めた。このうち760万人の現在の顧客のパスコードをリセットし、顧客に連絡した。(2024/4/1)

3D設計の未来(8):
新人エンジニアに伝えたい3D推進者からのメッセージ 設計者のあるべき姿とは?
機械設計に携わるようになってから30年超、3D CADとの付き合いも20年以上になる筆者が、毎回さまざまな切り口で「3D設計の未来」に関する話題をコラム形式で発信する。第8回は、この春から新人エンジニアとして社会に出る人たちへ、3D推進者からのメッセージをお届けする。(2024/4/1)

PR:「生成AIが社会を変える」 Web草創期を築いたシリコンバレー企業のCTOが語ったこと
(2024/4/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。