ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「社会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

2020年卒業予定の学生に調査:
AIやIT職の仕事内容がイメージできない学生多数 マイナビ
マイナビが発表した「マイナビ AI推進社会におけるキャリア観に関するアンケート」の結果によると、2020年卒業予定の学生の75.4%がAIやITに関連した職種を志望していないことが分かった。(2019/6/11)

注目を浴びる背景:
米富豪が学生ローン43億円肩代わり 重い負担は社会問題に
高校、大学の卒業式が相次ぐシーズンとなった米国のある大学で、卒業生を驚喜させるニュースがあった。卒業式に出席した大富豪が、卒業生が抱える学生ローン約4000万ドル(約43億5000万円)を肩代わりすると明らかにした。大富豪の申し出が注目を浴びる背景には……。(2019/6/10)

海外医療技術トレンド(47):
WHOが推進する社会課題解決型の「デジタルヘルス介入」とは
本連載では米国やカナダ、欧州、オーストラリアなど各国と地域のデジタルヘルスを取り上げてきたが、世界レベルの取り組みも本格化している。その推進役となっているのがWHO(世界保健機関)だ。(2019/6/7)

「困っている人」「助けたい人」マッチング 「&HAND」アプリ開発
仕事の専門知識やスキルを生かした社会貢献活動「プロボノ」が、新たなビジネスの可能性を生み出している。一般社団法人PLAYERSは、身体・精神的な不安や困難を抱えた人と、手助けをしたい人をマッチングするサービス「&HAND(アンドハンド)」を開発。大手企業との連携により、やりがいと社会課題解決の両立を目指して活動している。(2019/6/6)

日本IBM・山口新社長が抱負語る 「今はまだ通過点。日本社会のデジタル変革をもっと加速させる」
日本IBMの山口明夫新社長が会見を開催。体制のビジョンと注力分野を説明した。今後は「あらゆる枠を超える」をビジョンに掲げ、ITソリューションの展開や、外部との共同研究を推進。社会全体のデジタル変革を目指すという。(2019/6/5)

KDDIとナビタイムがMaaS領域で連携 交通サービスを共同開発
KDDIとナビタイムジャパンは、6月5日にMaaS (Mobility as a Service) 領域の取り組み推進について合意を発表。社会課題の解決を支援するため、両社の保有する通信・交通ビッグデータ、経路探索エンジン、IoT・AIを活用する。具体的にはMaaSの実現に必要となる基本機能を共同開発し、MaaSビジネスの持続的な収益化や実証実験を支援していく。(2019/6/5)

製造マネジメントニュース:
「社会イノベーションといえば日立に」、東原社長が2021年度中計に意気込み
日立製作所が同社の事業方針を投資家向けに説明する「Hitachi IR Day 2019」を開催。その冒頭、「CEO Remarks」として、同社執行役社長 兼 CEOの東原敏昭氏が登壇し、2019〜2021年度の中期経営計画について説明した。(2019/6/5)

今日のリサーチ:
AR/VRがビジネス分野でも利用拡大、それに伴う「新たなリスク」とは――アクセンチュア調査
AR/VRなど没入型ツールは経済や社会に大きなメリットをもたらす半面、従来は存在しなかったリスクをも生む可能性があるようです。(2019/6/5)

いま企業が押さえるべき「プライバシー」4つのチェックポイントとは?――ガートナー
ガートナー ジャパンは、「デジタル社会におけるプライバシー」について、企業が押さえるべきポイントを発表。企業は、2019年中にプライバシーに関するリテラシーを高め、備えに着手する必要があるという。具体的な取り組み指標として、プライバシーとセキュリティについての4つの質問を挙げる。(2019/6/4)

5000人に聞く「転職したい企業」、楽天、Amazon、Appleなど上位 1位は……?
パーソルキャリアが、社会人約5000人を対象とした「転職したい企業」調査を実施。2位はトヨタ自動車、3位は楽天、4位はソニー、5位はアマゾンジャパンが入った。1位は……?(2019/6/3)

育てデータサイエンティスト 関西の大学が人材育成に本腰
最新技術を使った情報化社会が急速に進む中、蓄積された膨大なデータを分析してビジネスに生かすデータサイエンティストの育成に、関西の大学群が本腰を入れ始めた。(2019/6/3)

素材メーカーが「未来の車」に参入 ギアや窓、防音材
自動車業界は「100年に1度」といわれる大変革期を迎え、車の電動化や自動運転化の流れが止まらない。こうした変革を商機に変えようと大手素材メーカー各社は、未来の「モビリティー(移動)社会」を見据えながら、素材や加工技術などをセットで提案する“総合力”を磨き始めた。単なる“素材売り”から脱却する狙いは何か。素材各社の戦略に迫った。(2019/6/3)

モノづくり最前線レポート:
デジタル技術が変革する新たな産業の姿、求められる技術と社会のバランス
「第8回 IoT/M2M展 春」(2019年4月10〜12日、東京ビッグサイト)の「デジタルトランスフォーメーションの最前線」をテーマとした特別講演に経済産業省 商務情報政策局 情報産業課 企画官の和泉憲明氏が登壇。「デジタルトランスフォーメーションの推進と組み込み、IoT業界における動向と展開」と題して、デジタルトランスフォーメーションの方向性について紹介した。(2019/5/31)

組み込み開発ニュース:
超微小量センシング技術で「見える化」、Society 5.0の構築に貢献
NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、未来社会「Society 5.0」の構築に貢献する超微小量センシング技術に関して、4つの研究テーマを採択した。これまで活用できなかった超微小な測定量を「見える化」し、新しいサービスの創出を目指す。(2019/5/31)

「子ども最低3人産んで」桜田前五輪相の発言に批判 ネットの声は「まず子育てできる環境と経済状況を」「今の日本は産んでも育てにくい」
産める社会になってほしい。(2019/5/30)

クルマに後付け「踏み間違い加速抑制システム」、トヨタが対象車種を拡大 高齢者の事故防ぐ
トヨタ自動車は、クルマに後付けできる「踏み間違い加速抑制システム」の対象車種を拡大する。社会問題化している高齢者のペダル踏み間違い事故を防ぐ狙い。(2019/5/29)

製造業のIoTスペシャリストを目指そうSeason2(9):
データ駆動社会のAI(人工知能)と統計手法
データ駆動社会においては、いかにデータを有効活用するかが重要です。その中で、AI(人工知能)が第4次産業革命のキーワードであることは事実です。しかし、筆者がコンサルタントして企業を支援していると、企業の誤解に近い考えにより、推進方法自体に誤りがあることが多数あります。今回のコラムでは、その推進方法の誤りを経験的に解決するため、統計手法について理解していただく内容になります。(2019/5/31)

20代の若手社会人が「転職したい企業」、Google、Amazon、楽天など人気 1位は……?
20代の若手社会人が「この会社に転職したい!」と考えている企業は? 学情が調査した結果、Google日本法人が2位、アマゾンジャパンが4位、楽天が9位に入るなど、IT企業が上位だった。1位だった企業は……?(2019/5/27)

『闇金ウシジマくん』のボドゲ「闇金ウシジマくん裏社会大富豪」 特殊ルールが追加されたオリジナル大富豪
スリリングな大富豪が楽しめる。(2019/5/24)

IT業界が好調:
20代の転職人気企業ランキング、2位はGoogle 1位は?
就職情報サイトの運営などを手掛ける学情が20代の若手社会人が選ぶ「転職人気企業ランキング」を発表した。(2019/5/24)

3Dプリンタニュース:
モノが人に合わせる未来社会を提案する「ぴったりファクトリ」開催
日本科学未来館は、常設展メディアラボ第21期展示「ぴったりファクトリ」(会期:2019年5月16日〜9月1日)の開催に関する記者説明会を開催した。(2019/5/22)

千葉・星虹保育園でQRコード決済が可能に、職員の負担軽減も見込む
NIPPON Platformと社会福祉法人ありがとうは、事業連携協定を締結。これにより、ありがとうが運営する星虹保育園、星虹第二保育園でスマートフォンを使ったQRコード決済が可能となる。既にクレジットカードによる支払いも行っており、キャッシュレス決済がさらに保育園職員の負担軽減になると見込んでいる。(2019/5/20)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
SDGsカード・シミュレーションで社会的課題の認識と解決を体験
SDGsは、2030年に向けた持続可能な開発目標で、近年多くの企業や教育機関がSDGsに取り組んでいる。(2019/5/20)

マンホールをIoT計測しAIで異常検知など、下水道新技術9件を国交省が研究対象に採択
国土交通省は、2019年度のB-DASHプロジェクトと下水道応用技術研究の対象として計9件の新技術を採択した。B-DASHプロジェクトとは、新技術の研究開発および実用化を加速することで、下水道事業における低炭素/循環型社会の構築やライフサイクルコスト縮減、浸水の対策、老朽化対策などを実現し、企業による水ビジネスの海外展開を支援することを目的に、2011年度よりスタートした下水道革新的技術実証事業を指す。(2019/5/17)

建機自動化:
コベルコと豊橋技科大が連携協定を締結、「クローラクレーン」の自動運転などを共同研究
コベルコ建機と豊橋技科大は、包括連携協定を締結した。両者は、共同研究講座の制度を活用して、コベルコ建機が市場シェアを持つクローラクレーンの自動運転・遠隔運転・運転アシストの社会実装に向け、技術開発に取り組んでいく。(2019/5/15)

国際CIO学会公開講演会:
世界トップレベルのAI社会原則を策定した日本――課題は低いテクノロジーの活用レベル
今後の日本の成長戦略には、AIやブロックチェーンなどの最先端テクノロジーの活用が不可欠。さらに、米国、中国との関係をいかに構築するかが重要になる。(2019/5/13)

こんなはずじゃ:
連休明け、もう出社したくなくなっちゃったとき
過去にない10連休――。「休み明けに仕事をしたくないなあ」と感じた人も多いかもしれないが、もっと深刻な人がいる。今年4月から社会人になったばかりの新卒入社社員、連休明けにはもう辞めたいとか出社したくないと思ってるベテランの人だ。(2019/5/8)

モバイルdeワークスタイル変革:
プリンタやスキャナは不要!? スマホでミニマルにペーパーレス化
最近よく聞く「ペーパーレス」という言葉。日本社会ではその実現が難しい……かもしれないが、個人レベルなら十分にペーパーレスですごせるようになった。この記事では、その上で役立つサービスを3つ紹介する。(2019/5/3)

料理の名前が「死んだおばあちゃん」!? コミックエッセイ『この社会主義グルメがすごい!!』発売
同人誌で人気の作品の商業版が登場。(2019/5/1)

製造業IoT:
日立の「Lumada」が地中のインフラを守る、振動センサーで水道管の漏水を検知
日立製作所は、水道管やガス管などの地中埋設インフラを効率的に保守管理する「社会インフラ保守プラットフォーム」を構築した。第1弾として、水道管の漏水エリアを高精度かつ瞬時に特定するサービスを提供する計画。2019年10月から先行的なサービスを立ち上げ、2020年度から本格展開を始める。(2019/4/26)

「若者の個性を抑圧しておきながら、社会は個性を求める」 風刺漫画「社会適合者のつくりかた」に反響
周囲に合わせるのではなく、自分の個性に合う場を求める生き方だってあるのですけれど、それはそれで難しかったり。(2019/4/25)

現代社会に必要な“肯定”はここにある 「世話やきキツネの仙狐さん」が楽園(エデン)すぎる
今からロスが怖い。(2019/4/25)

製造業のIoTスペシャリストを目指そうSeason2(8):
IoT時代のリスクアセスメントとAI(人工知能)の適用
昨今、IoT(Internet of Things/モノのインターネット)などのつながる社会においては、従来から利用されてきたリスクアセスメントの手法だけでは問題の洗い出しが不十分と言われています。そこで、IoT時代のリスクアセスメント手法とともに、リスクアセスメントへのAI(人工知能)の適用についても考えてみたいと思います。(2019/4/25)

実行しちゃダメだけど――社会人が覚えておくと気が楽になるお酒の豆知識
いつも心にストロングゼロ(あくまでも心の中に)。(2019/4/22)

佐藤優の世界裏舞台:
ブラック企業の見分け方
毎年、この時期になると若い人たちから転職の相談を受ける。「私が働いている会社はブラック企業だと思うのです。早く転職しないと潰されてしまいます」という相談が一番多い。そういう相談に対して筆者は、「ブラック企業なのか、教育が厳しい会社なのかは、社会に出たばかりのあなたにはわからないよ。ただしブラック企業の見分け方はある」と言って、筆者の考えを伝える。(2019/4/22)

人の空気が“見える”新入社員の漫画 無愛想な先輩のギャップに「好き」「この能力ほしい」と拝む人続出
こんな社会人生活楽しすぎる。(2019/4/22)

モノづくり最前線レポート:
トレーサビリティーに必須の個体管理、モノの効率的な流通を支えるGS1の役割とは
流通情報システムの総合展示会「リテールテックJAPAN 2019」の「流通システム標準化の最新動向」をテーマとしたセミナーに、流通システム開発センター 理事の森修子氏が登壇。「デジタル化する社会とGS1の役割」と題して流通システム開発センターが果たす役割と取り組みを紹介した。(2019/4/22)

何という無修正FOXアニメ 「世話やきキツネの仙狐さん」に男性社会人たちから「日本に必要だったもの」の声
もふりたいのじゃー。(2019/4/21)

しょうがないね:
先輩に言われてやる気を失うセリフ、1位は?
先輩に言われたら、やる気を奪われてしまうセリフは? 社会人1〜2年目の男女に聞いたところ……。ソニー生命保険調べ。(2019/4/20)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
希望した客はいつもタダ! 奈良のトンカツ「無料食堂」が繁盛する深い訳
奈良に「希望者はいつでも代金無料」というトンカツ店がある。純粋な社会貢献で取り組む同店が繁盛する秘密とは?(2019/4/19)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
“天才写真家”を次々と発掘 業界に風穴空ける女性創業者の「目利き力」
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2019/4/19)

首相の思いを背景に:
安倍首相イチ押しの「予防医療」、財源めぐり早くもさや当て
「ただ今より第7回『明るい社会保障改革研究会』を始めます。今回でヒアリングは最後になります」――。3月27日午前8時、東京・永田町の参院議員会館の地下会議室で始まった議員連盟の会合。一般マスコミだけでなく業界情報に早い医療系専門メディアも皆無の議連に、SPとともに姿を現したのは自民党の加藤勝信総務会長と世耕弘成経済産業相だった。(2019/4/18)

AIを使うには“疑う力”が欠かせない データサイエンティストがNHK「AIに聞いてみた」に望むこと
日本が直面する社会問題について、AI(人工知能)はどのような提言をしたのか――NHK総合の番組「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」について、データサイエンティストの松本健太郎氏が気になる点を解説する。(2019/4/18)

第2の「カメ止め」を探せ! 映画業界奔走、有望な新人監督を“青田買い”
昨年、社会現象となる大ヒットとなった映画「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)。今、映画業界では“第2のカメ止め”を掘り起こそうとする動きが広まっているという。果たして“二匹目のどじょう”はいるのか。(2019/4/17)

「AIは魔法の箱ではない」 杉山将・理化学研究所センター長
情報技術の革新によって人々の生活に大きな変化がもたらされた平成の時代。とりわけ昨今、ブームに沸く人工知能は社会を根底から変える可能性があり、期待と恐れが相半ばする存在だ。(2019/4/15)

中国プログラマーの反乱 “搾取労働”に告発広がる
中国のインターネット上でIT関連企業の長時間労働に対する告発が拡大している。残業続きで休日も返上して働いているのに、生活は豊かにならない−。こうした従業員たちの不満は企業側の“搾取”に対する怒りに転化しかねず、社会の不安定化を懸念する当局側も注視している。(2019/4/15)

平成の科学:
「AIは魔法の箱ではない」 杉山将・理化学研究所センター長
ITの革新によって人々の生活に大きな変化がもたらされた平成の時代。とりわけ昨今、ブームに沸く人工知能(AI)は社会を根底から変える可能性があり、期待と恐れが相半ばする存在だ。理化学研究所革新知能統合研究センターの杉山将センター長(知能情報学)に聞いた。(2019/4/15)

製造マネジメントニュース:
工場向けIoTで成長を描くYE DIGITAL、エンジニアリング系AIで差別化
YE DIGITALは2019年4月12日、戦略説明会を実施。「デジタル社会のリーディングカンパニー」を目標に掲げ、主に工場向けのIoT(モノのインターネット)やAIなどに特化することで差別化を進める方針を示した。(2019/4/15)

生活は豊かにならない:
中国プログラマーの反乱“搾取労働”に告発広がる
中国のインターネット上でIT関連企業の長時間労働に対する告発が拡大している。残業続きで休日も返上して働いているのに、生活は豊かにならない――。こうした従業員たちの不満は企業側の“搾取”に対する怒りに転化しかねず、社会の不安定化を懸念する当局側も注視している。(北京 西見由章)(2019/4/15)

医療機器ニュース:
健康・医療情報データプラットフォーム構築に関する覚書を締結
ソフトバンクと東京大学は、健康・医療情報の利活用を促進するデータプラットフォームの構築とその社会実装方法の検討を開始するため、覚書を締結した。(2019/4/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。