ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サブプライムローン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サブプライムローン」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
年の瀬にサブプライム問題を振り返ってみる
毎週土曜連載の『カブ・ジェネレーション』第39回。一連の金融不況で、保有株が大幅に値下がりしたあずさ。そのうらみを原因となった企業にぶつけようとしているようです。(2009/12/26)

ドコモとKDDIは“変革”と“挑戦”――2009年携帯キャリアの入社式コメント
サブプライム問題に端を発する経済危機の中、今年も携帯電話/PHSキャリアの入社式が行われた。NTTドコモとKDDIは、ともに“変革”と“挑戦”の必要性を唱え、革新的な事業に取り組む意欲を新入社員に求めた。(2009/4/1)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
フラット化する消費者ニーズ
景気の悪いニュースばかりが流れた年末年始。しかし、景気は循環するもの。サブプライムローンが問題視されてから3年目の2009年は、景気回復の年となるかもしれない。新しい時代に向かうため、消費者のニーズを改めてとらえ直そう。(2009/1/22)

社長が選ぶ、2008年に優れていたトップは誰?
企業経営者は2008年のビジネスキーワードに、どんな言葉を選んだのだろうか? 産業能率大学の調査によると、「サブプライム」が断トツ。このほか「原油価格高騰/下落」「世界同時不況」など、経営に直結するキーワードが数多く選ばれた。(2008/12/17)

企業経営者が選んだ:
2008年 最優秀社長にユニクロ柳井氏――ビジネスキーワードは“サブプライム”
日本の企業経営者が選ぶ「2008年 最優秀社長」として、社長業に“再登板”し好業績を上げたユニクロ柳井氏が選ばれた。同時に調査した「2008年のビジネスキーワード」は「サブプライム」が最多得票。産能大調べ。(2008/12/17)

山崎元の時事日想:
荒稼ぎして“逃げた”輩たち――陽気な成果主義が招いた罪とは?
前回、多くの日本企業で導入している成果主義には「問題点が多い」ことを指摘した。それでは外資系の成果主義は、長所ばかりなのだろうか。実は、猛威をふるっているサブプライムローン問題は、成果主義の産物ともいえるのだ。(2008/11/27)

SFC ORF2008 Report:
米国に依存する時代は終わった
サブプライムローン問題、大手証券会社の相次ぐ破たんによる金融危機、イラク戦争の泥沼化……。巨大な覇権国家を築いた米国が苦境に立たされている。かたやBRICsに代表される新興国の台頭により、世界のパワーバランスは大きく変動している。今まさに日本は“賢い選択”を迫られている。(2008/11/21)

引き続き高年収は「金融系」――投資銀行業務は827万円
インテリジェンスの調査によると、全職種の平均年収は前年比19万円減の461万円。サブプライムローン問題や景気減速などの影響を受け、多くの職種で平均年収が下落した。(2008/11/20)

今年の流行語大賞は何になる? ノミネート60語が発表に
世相をうまく反映し、強いインパクトを残した言葉に贈られる「流行語大賞」。ノミネートされた60候補が発表になったが、12月の発表を待たずに前評判が高いのは「サブプライム」と福田首相の“あの言葉”のよう。(2008/11/11)

誠 Weekly Access Top10(2008年10月18日〜10月24日):
日本の株式市場の下落率が大きい謎
サブプライムローン問題の被害はそれほど大きくないはずなのに、他国よりも株式市場の下落率が大きい日本。しかし、大幅に円高が進んでいることを考慮すると、実質的な下落率は他国より小さくなるようだ。(2008/10/27)

著者インタビュー:
住宅バブルは再来する? “日本版サブプライムローン”の危険性(後編)
世界中を揺るがせている米国発の金融危機。その発端はサブプライムローンだが、日本にとっては“他人事”なのだろうか。『日本版サブプライム危機』の著者・石川和男氏は「政策の失敗によって、犠牲者が増えるかもしれない」と危惧する。その政策とは……?(2008/10/22)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
成功企業に学ぶ、“変化”への対応の鍵は「プロセス/フロー」の視点にあり
サブプライムローン問題からも分かるとおり、経営環境の変化はより激しくなっている。この“変化”に対応するために求められるのが、業務プロセス/フローの見直しの迅速化だ。この課題に対応することができれば、企業は他社に対する競争優位を確立することも可能になる。(2008/10/21)

誠 Weekly Access Top10(2008年9月27日〜10月3日):
「お願い、寝かせて」――ダウ平均を見守る夜
サブプライムローン問題で金融不安の震源地となっている米国。ニューヨーク株式市場の動きが日本の株式市場に影響を与えるため、注目している人も多いだろう。筆者もおかげで寝不足だ。(2008/10/7)

著者インタビュー:
今、そこにある“日本版サブプライムローン”の危機(前編)
「サブプライムローン問題は“対岸の火事”」と思っている人も多いはず。米国発の金融不安が世界中を駆け巡っているが、日本でも“時限爆弾”がセットされているという。その時限爆弾とは何か? 『日本版サブプライム危機』の著者・石川和男氏に話を聞いた。(2008/10/7)

藤田正美の時事日想:
リーマン破たんは序章!? 米国発金融危機の深淵
リーマンの破たんや米政府によるAIGの救済……これで米国発の金融危機は終息したのだろうか。もともとはサブプライムローン問題に端を発し、金融危機に陥ったわけだが、ここにきて大きな問題が浮上してきた。それは……?(2008/9/22)

ものづくり白書2008を読み解く(後):
技術伝承をうやむやにしたツケは誰が払うのか
2002年から始まった緩やかな景気拡大は、米国サブプライム住宅ローン問題や原油価格高騰によって息切れを起こしている。こうした中、日本のモノづくり企業はどこへ向かえばよいのか。経済産業省から発表された「2008年版ものづくり白書」を基に考察してみる。(2008/9/12)

山崎元の時事日想:
詰め将棋と金融工学とサブプライムローンの関係
日本のバブル崩壊をはるかにしのぎ、世界を巻き込んだサブプライムローン問題。最先端の金融工学を駆使して、金融マンたちは荒稼ぎしたわけだが、実はこの金融工学と詰め将棋には似ている点がいくつもあるのだ。その共通点とは……?(2008/9/11)

大出裕之の「まちと住まいにまつわるコラム」:
中古住宅を再生――リノベーションのススメ
サブプライムローン問題の余波で不動産会社がバタバタと潰れている中、狙い目となっているのが中古住宅。空き家率が高くなっていることから、中古住宅市場にはお買い得物件があふれているのだ。こうした中古住宅に大規模な改修工事を施すリノベーションに注目が集まっている。(2008/9/8)

新連載スタート! 山崎元の時事日想:
クビと辞職、どちらがトク? 外資系金融のリストラについて考える
サブプライムローン問題などの影響で、外資系金融機関で働く人にとっては“逆風”が吹いている。ある調査によると、この1年間で約4%の外資系金融マンがリストラされたという。しかし慌てることはない。クビを宣告されても意外なメリットがあるかもしれない。それは……。(2008/9/4)

ものづくり白書2008を読み解く(前):
“世界の工場”中国なんて、ちっとも怖くない?
2002年から始まった緩やかな景気拡大は、米国サブプライム住宅ローン問題や原油価格高騰によって息切れを起こしている。こうした中、日本のモノづくり企業はどこへ向かえばよいのか。経済産業省から発表された「2008年版ものづくり白書」を基に考察してみる。(2008/9/2)

トレンドフォーカス:
期待されるパブリックサポートサービス市場――4年後、5兆円規模に
サブプライム問題や急速な円高により、輸出企業は厳しい状況にさらされる中、従来は自治体アウトソーシングや官製市場などといわれたサポートサービス市場が新たなビジネスとして捉えられ、内需型の底堅い産業として発展していく可能性があるという。(2008/8/29)

サラリーマンの理想の小遣いは7万1600円、現実は4万6300円
GE Moneyの調査によると、過去30年間のサラリーマンの小遣いは日経平均株価の動向を追うようにして増減してきた。昨年以降、サブプライムローン問題に端を発し、日経平均株価は低迷している……ということはサラリーマンの小遣いは減ってしまったのだろうか? (2008/6/4)

国内IT市場は成長路線を維持 サブプライムのあおり受けず
2007年の国内IT市場は前年比2.7%増の12兆3916億円と堅調な伸び。2008年もほぼ同水準で市場が拡大する見通しという。IDC Japan調べ。(2008/5/8)

シャープ、6年ぶり営業減益
シャープの前期は、営業利益が前期比1.5%減の1836億円と6年ぶりの減益に。サブプライムローン問題などが影響し、欧米で液晶テレビ販売が伸び悩んだ。(2008/4/28)

藤田正美の時事日想:
米国の景気はどこまで悪くなる?
サブプライムショックからの後遺症から、いまだ傷が癒えていない米国経済。個人消費の低迷や住宅価格の下落などによって「すでに景気後退に入っている」との見方がある中で、米国はどのような施策をとればいいのだろうか?(2008/4/14)

藤田正美の時事日想:
日本経済の足を引っ張る“老害政治”
日本の株価がさえない。その原因を「サブプライムローン」と見る人もいるが、本当にそうだろうか? 遅々として進まない“改革”にこそ、素因があるのではないか?(2008/2/25)

「iPod下方修正」響き、NAND型フラッシュメモリ需要が減少傾向に――iSuppli予測
米国のサブプライム危機による景気後退で消費が低迷し、NAND型フラッシュメモリの需要も低下する見通しという。(2008/2/22)

景気探検:
悪いのは本当にサブプライム問題か?――景況感悪化の別の理由
サブプライムローン問題の全貌がなかなか分からず、暗雲が世界中を覆っているが、日本の株価が大きく下落している要因には幾つかの理由がある。(2008/2/15)

トレンドフォーカス:
ITベンダートップの眼で見たIT市場の現状と将来
昨年後半から世界経済を大きく揺り動かしているサブプライム問題、原油価格の高騰などに加え、新年早々には株安が追い打ちをかけ、波乱含みの2008年を迎えた日本経済。そうした状況の中で、ITには何が求められているのか。(2008/2/8)

藤田正美の時事日想:
政府系ファンドの成長とサブプライムローン問題の関係
東京・恵比寿のウェスティンホテル東京を、シンガポール政府投資公社が買収するという。政府系ファンドは年々力を増しているが、特に新興国ファンドの成長は、新たな政治的火種になる可能性を秘めている。(2008/2/4)

【年末年始特別企画】コミュニティーリーダーが占う、2008年大予測:
荒れ模様の日本、2008年はどこにいくのか?
政治・経済とも日本は少々荒れ模様となっている。福田内閣は、年金問題や防衛省の装備調達をめぐるスキャンダルでつまずいてしまった。サブプライム問題の傷はまだまだ深いというのが一般的な見方だ。そして、原油も懸念材料の1つだ。(2008/1/1)

個人投資家の間で“弱気ムード”、一方でディフェンシブ銘柄に注目
不安定な相場が続いているため、個人投資家の心理は“弱気”のようだ。サブプライムローン問題で損失を出した金融セクターが低迷、一方で景気に左右されない業種に注目が集まった。(2007/12/10)

個人投資家の8割が“塩漬け”、現金化した人は再投資へ
サブプライムローン問題で、多くの個人投資家が株式投資を手控えているようだ。ただ保有していた株式を“現金化”した人は、相場動向を見ながら再投資への意欲は強い。ロイター調べ。(2007/12/3)

景気探検:
市場の混乱あるも足元景気は拡大か? その傾向はドラマ「働きマン」にも
サブプライムローン問題による金融資本市場の混乱や建築基準法改正の影響などはあるが、足元回復の動きをみせる明るい動きもある。(2007/11/21)

藤田正美の時事日想:
「損失が読めない」――泥沼化するサブプライムローン
総額5000億ドル(55兆円)を超えるサブプライムローン。まだまだ返済不能に陥る債務者が増えるかもしれない。「日本円で22兆〜33兆円の損失が出る」という声もあり、実体経済への影響が懸念される。(2007/11/19)

藤田正美の時事日想:
サブプライムローンと化石燃料は現代の“妖怪”
かつてマルクスとエンゲルスは、共産主義を“妖怪”と例えた。ならば現代の妖怪は、サブプライムローンと化石燃料か――今後中国とインドが成長を続けると世界のエネルギー事情にどのような問題が起きるのか、IEAのリポートを紹介しよう。(2007/11/12)

藤田正美の時事日想:
どこまで続く、サブプライム・ショック
サブプライムローン問題の波紋が止まらない。日本の金融機関が受けた損失は数千億円、欧米の金融機関の受けた打撃はさらに深刻だ。対応策としてFFレートの引き下げが発表されたが、物価上昇や景気への影響が心配される。(2007/11/5)

「個人投資家が手控え」――ネット証券の9月の実績が低迷
サブプライムローン問題による株安の影響は個人投資家のみならず、証券会社にも響いた。大手ネット証券の1日あたりの売買高は、2ケタのマイナスとなった。(2007/10/4)

週1回リアルタイム連載「誠倶楽部」
まだはもうなり、もうはまだなり
サブプライムローン問題以来の金融不安に歯止めをかけるため、フェデラルファンド金利を0.5%大幅に引き下げた。米連邦準備制度委員会、米国の、そして日本の株式市場はいったいどうなったのか……?(2007/9/25)

景気探検:
サブプライム問題を乗り越え、欽ちゃん走りが先行きを明るく?
米サブプライムローン問題による懸念から、消費者マインドの先行きが気になるところだが、身近な社会現象からは先行きの持ち直しの兆しもうかがわれる。(2007/9/19)

ロサンゼルスMBA留学日記:
サブプライムローン問題がMBAの学生たちを悩ませる事情
サブプライムローン問題がきっかけで世界中の金融市場が混乱した。当の米国では空前の好景気が収束する恐れが出てきている。金余り現象で羽振りが良かった投資銀行やファンドは今後どうなるのか? MBAの学生にとって、これは実に重大な関心事なのだ。(2007/9/12)

サブプライムショックの8月、7割以上の個人投資家が株で損失
ロイターの調査ではサブプライムローン問題による株安で、利益を出した人はわずか4%。投資対象では7カ月連続で素材がトップ、大幅に下落したのは……。(2007/9/10)

藤田正美の時事日想:
サブプライム・ショック、未だ収まらず
世界中を駆けめぐった、サブプライムローン・ショック。その震源となった米国では、サブプライムローン問題の解決が急務になっている。サブプライムローン問題がきっかけとなり、米国で起きている影響とは?(2007/9/3)

「日経平均株価は1万6779円に回復する」というシナリオ
米国のサブプライムローン問題で、世界の金融市場が大荒れとなった。日経平均株価が2カ月で3000円ほど下げた中、松井証券のマーケティング部が今後の展開を分析した。(2007/8/22)

藤田正美の時事日想:
世界同時株安を引き起こした、金融機関とヘッジファンドの罪
世界同時株安で、金融市場が大荒れした先週。日本もITバブル崩壊時以来の株安となり、円相場も不安定だ。今回の株安はサブプライムローンがきっかけと言われるが、なぜそれで世界中の株価が下がり、為替相場が荒れるのか、不思議に思ったことはないだろうか?(2007/8/20)

藤田正美の時事日想:
好況アメリカの住宅バブルが弾ける?
好景気が続く米国だが、かつて日本でバブルが弾ける直前のような状況が出てきている。焦点となっているのは、低所得者向けの「サブプライムローン」という住宅ローンだ。(2007/4/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。