ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「supercell」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「supercell」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

業界最高のAIとおもてなし:
Uber Eatsを超える? フィンランド発フードデリバリー「Wolt」が躍進
フードデリバリーサービス「Wolt」が、日本で本格的にスタートした。フードデリバリーといえば「Uber Eats」や「出前館」などを想像する人が多いかと思うが、「Wolt」はどのような特徴があるのか。担当者に話を聞いた。(2020/7/23)

人気イラストレーターが徹底チェック:
Sidecarで液タブは不要に? refeia先生がガッツリ試したよ
iPadをMacの外部ディスプレイとして利用できるAppleのSidecarにより、PhotoshopもCLIP STUDIO PAINTもApple Pencilで操作可能になった。この“液晶ペンタブレットキラー”の登場により、イラスト界はどうなるのか? プロイラストレーターがガッツリと試した。(2019/12/23)

過去10年間、世界で最もダウンロードされたアプリは「Facebook」 ゲームは?──App Annie調べ
米アプリ調査会社App Annieが、2010年からの10年間に世界で最もダウンロードされたアプリとゲーム、収益を上げたアプリとゲーム、それぞれのトップ10を発表した。アプリはトップ10本のうち7本がSNSアプリだった。(2019/12/18)

平成のカラオケランキング、JOYSOUNDが発表 ボカロ別は3位magnet、2位メルト、1位はあの曲
総合の1位は、「ハナミズキ」「小さな恋のうた」を抑えてあのアニメの主題歌でした。(2019/3/1)

グリーとSupercellが和解 「クラッシュ・オブ・クラン」などの特許侵害めぐる訴訟で
グリーとSupercellが特許侵害訴訟で和解。グリーが保有する日本国内の特許について、ライセンスを提供する契約を結んだという。(2019/2/12)

「ブラック★ロックシューター」楽曲が10周年! ニコニコ動画でお祝いのコメントが盛り上がる
いま動画を観て歌ってあの頃を思い出す……!(2018/6/14)

最終は減益も孫社長は自信:
ソフトバンクの営業増益に貢献 設立1年「10兆円ファンド」の現在
ソフトバンクグループの2018年3月期の連結決算は営業増益・最終減益だった。営業増益には10兆円規模の投資ファンド「SoftBank Vision Fund」が大きく貢献した。会見で孫正義社長が、同ファンドの現状と今後の展望を説明した。(2018/5/10)

トップチームへのボーナスは2000万円:
Supercell、eスポーツに参入 「クラロワリーグ」開催
「クラッシュ・ロワイヤル」運営のSupercellがeスポーツに参入。公式eスポーツリーグ「クラロワリーグ」を発足し、世界大会を行う。(2018/3/7)

FAニュース:
多品種少量生産の完全無人化に対応する同時5軸制御横形FMS
キタムラ機械は、無人化対応の同時5軸制御横形FMS「SUPERCELL HX300G」を発売した。長時間加工でも位置決め精度±0.002mm、繰り返し精度±0.001mm、割り出し精度4秒の高精度加工が可能になった。(2018/2/26)

「#グリーを許すな」は効果なし?:
グリー対Supercell 「クラクラ」特許紛争の行方は
特許権を巡るグリーとSupercellの訴訟は現在どのような状況なのか。「クラクラ」ファンによるTwitter上でのグリー批判をどう捉えているのか。グリーに見解を聞いた。(2018/2/3)

Supercell、「クラクラ」のレイアウトエディタ機能を削除 グリーから「特許侵害」と仮処分申し立て受け
「クラッシュ・オブ・クラン」の「レイアウトエディタ」機能を近く削除へ。グリーから特許侵害を主張され、東京地裁に仮処分を申し立てられたため、係争が終わるまで削除することにしたという。(2018/1/24)

グリー、Supercellとの特許紛争についてコメント 「ゲーム会社である弊社としても大変残念」
Twitterではハッシュタグ「#グリーを許すな」がトレンドに入るなど、グリーに対する不満が多くあがっていました。(2018/1/24)

十数件の特許の使用差し止めを申し立て:
グリー、特許侵害で「クラクラ」Supercell提訴 「話し合いを拒否された」
グリーは、Supercellが開発・運営するスマートフォン向けゲームアプリ「クラッシュ・ロワイヤル」「クラッシュ・オブ・クラン」が特許権を侵害したとして提訴したことを明らかにした。(2018/1/24)

ユーザーはTwitter上で擁護:
「クラクラ」から「レイアウトエディタ」消える? グリーが特許権侵害を主張し係争
Supercellが、人気ゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」から「レイアウトエディタ」を削除すると発表。特許権を侵害したとして、グリーから仮処分命令申し立てを提起されたため。Twitter上では、ユーザーから大きな反響が起きている。(2018/1/23)

EGOIST、初のベストアルバム発売&スペシャルライブ開催決定! ファンからは歓喜の声
いい年末が迎えられそうだ。(2017/11/1)

「パチパチパチ」でワンコーラス “指パッチン世界一の男”による 「君の知らない物語」の演奏がアツすぎる
やばい、すごい……!(2017/10/28)

中華圏発のゲームアプリが続々日本上陸:
「アズールレーン」席巻 大躍進「中華ゲーム」のヒミツ
艦船擬人化スマホゲーム「アズールレーン」が注目されている。実はこのゲーム、日本国内でヒットしているものの、開発元は中国企業だ。続々と上陸する中華圏発のゲームアプリに迫る。(2017/10/20)

「Fate/Apocrypha」「Fate/stay night Heaven's Feel」主題歌はEGOIST、GARNiDELiA、Aimer起用
最高じゃないか!(2017/5/6)

CMでよく見かけるスマホゲーム「クラロワ」の公式オフ会を取材したら、ユーザーがハマる理由が分かった
有名サッカー選手や金メダリスト出演のCMが印象的なあのゲームです。(2017/3/27)

なんだか“ハイレゾ”なヤツを試してみよう:
「えっ、2000円!? 安いですね!」と思わず言ってしまった上海問屋ハイレゾイヤフォン
ハイレゾ対応のイヤフォンが上海問屋から登場した。しかも価格は1999円(税込)という。その実力はいかほどか――。(2016/9/30)

石野純也のMobile Eye(7月25日〜8月5日):
業績好調の3キャリア――MVNOやY!mobileの台頭、公取委の指導で市場変化の可能性も
ドコモ、KDDI、ソフトバンクグループ3社とも第1四半期の業績は好調だった。一方で、MVNOやY!mobileの台頭が少なからず影響を与えている。端末販売に関する公正取引委員会の指導もあり、市場環境が変化する恐れもある。(2016/8/6)

米国業界関係者の見解は?:
ARM買収は「孫氏の個人的な願望」
ソフトバンクによるARMの買収は業界関係者を驚かせた。今回の買収劇について、「市場リーダーとしての地位を獲得したいという孫氏の個人的な願望によって、実行したのではないだろうか」とみる業界アナリストもいる。(2016/7/29)

ARM買収は“必然”だった?:
ソフトバンク史上最大の賭けに出た孫氏の思惑
なぜ、ソフトバンクはARMを買収したのか? 狙いはどこにあるのか? いろいろな見方が広がっている中で、いま一度、ソフトバンクが行ってきた大きな投資を振り返りながら、ARM買収の意味を考えた。(2016/7/22)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
ソフトバンクのARM買収は正しい選択か?
3連休の最終日に英国から入ってきたビッグニュース。ソフトバンクグループは英ARMをなぜ買収するのか、それは正しい選択なのかを考察する。(2016/7/20)

ソフトバンク孫社長「次のパラダイムシフトはIoT」「ARMと英国の将来に賭けている」
孫社長はARM Holdingsの買収についての記者会見で、「インターネット、モバイルに次ぐIoTという大きなパラダイムシフトに賭ける」と意欲を語った。(2016/7/18)

ソフトバンク、英ARMを3.3兆円で買収 正式発表(追記あり)
iPhone、Androidなどモバイル分野での主要プロセッサで採用されているARMアーキテクチャの総本山がソフトバンクにより買収される。(2016/7/18)

孫社長「悩んでさらに毛が抜けた」 “後継者”アローラ氏退任の理由を語る
ソフトバンクグループの孫社長は、“後継者”ニケシュ・アローラ氏の退任について「とても悩んだ」と明かした。「シンギュラリティ」を迎えるに当たり、「あと5年、10年は社長でいたい」と考えを変えたという。(2016/6/22)

ソフトバンク、テンセントに子会社Supercell売却 7700億円調達
ソフトバンググループが、スマートフォンゲーム「Clash of Clans」などで知られる子会社Supercellの全保有株式を中国テンセントに73億ドルで売却する。(2016/6/21)

supercellが第4期ボーカルを募集中、「男子もぜひ」 4年ぶりの初音ミク曲もニコニコで公開
初音ミク、nagiさん、こゑださんに続く、4人目のsupercellのボーカルに!?(2016/6/12)

TRIGGER最新作「キズナイーバー」 主人公・阿形勝平役は梶裕貴さん、ヒロイン・園崎法子役は山村響さんに決定
彩色されたキャラクターイラストも公開。(2015/12/11)

「痛み」を分け合う青春群像劇 TRIGGERの新作アニメ「キズナイーバー」発表!
キズでつながるキズナの物語―。(2015/10/11)

東京ゲームショウ2015開幕 目玉は「VR」 ゲーム実況のYouTube、Twitchも初出展
ゲーム展示会「東京ゲームショウ2015」が開幕。国内外から480企業・団体が集結した。(2015/9/17)

孫社長、“後継者”に元Google幹部アローラ氏を指名 「世界のソフトバンクに」 海外ネット企業に集中投資へ
「世界のソフトバンクに生まれ変わる」と孫社長は宣言。元Google幹部のニケシュ・アローラ氏を代表取締役副社長に昇格させ、実質的後継者に指名した。(2015/5/11)

ソフトバンク通期、純益3割増 Supercellなど海外事業が貢献
ソフトバンクの通期業績は、売上高・純益とも3割増と好調だった。傘下のSupercellなど海外事業が貢献した。(2015/5/11)

「頭から氷水」動画、日本にも広がり 孫社長や山中教授も 難病患者支援のソーシャル運動
頭から氷水をかぶる動画を公開するALSチャリティー運動「Ice Bucket Challenge」の波が日本でも急速に拡大。孫正義ソフトバンク社長や京大の山中伸弥教授などが挑戦している。(2014/8/20)

“Nokiaの後”の時代を作る――同世代で切磋琢磨、世界を狙うフィンランドのスタートアップ事情
スマホゲームの分野を中心に、勢いづくフィンランドのスタートアップ業界。政府や先輩起業家によるアシストだけでなく、大学を拠点とする起業支援団体が精力的に活動しているのも成功の大きな要因だ。(2014/8/15)

世界92カ国4000人の頂点は? バーチャルカーレースで決める世界一 プログラミング大会「HELLO WORLD OPEN 2014」
世界92カ国から4000人超が参加したプログラミング大会「HELLO WORLD OPEN 2014」の決勝戦がフィンランド・ヘルシンキで行われた。熱戦の様子をリポートする。(2014/6/20)

「Angry Birds」に「Clash of Clans」──森と湖の国から世界的ヒットが生まれるのには理由があった
「Angry Birds」のRovioをはじめ急成長するフィンランドのゲーム産業。成長の鍵の1つは、政府による積極的なスタートアップ支援だ。(2014/6/17)

「NAVERまとめ」の広告スペースを全面ジャックできるスマートフォン向け広告メニュー「まとめ1DAYジャック」
「NAVERまとめ」のスマートフォンサイトを対象に広告スペースを、トップから記事ページまで独占できる広告メニュー「まとめ1DAYジャック」の提供が始まった。(2014/6/16)

「初代ゼルダが一番好き」 スマホゲームでヒットを飛ばすフィンランドの新鋭Supercell、日本市場に注力
「Clash of Clans」などのスマホ向けヒットゲームを手がけ、昨年秋にソフトバンクとガンホーの傘下に入ったフィンランドSupercellのイルッカ・パーナネンCEOが買収による変化や日本のゲーム産業への思いなどを話した。(2014/6/11)

豪華限定版『BEATLESS“Tool for the Outsourcers”』付属のコンピCD試聴動画が公開
長谷敏司氏の長編小説『BEATLESS』の世界観を完全収録した限定セット『BEATLESS“Tool for the Outsourcers”』。その付属コンピレーションCD「BEATLESS - Give Me the Beat -」の試聴動画が公開となった。(2014/6/9)

3Dホログラムライブを手のひらで――バンダイ「ハコビジョン 初音ミク」2種類で登場
バンダイ「ハコビジョン」に初音ミクが登場。一般クリエイターがハコビジョンに専用動画作品を提供できるユーザー参加型企画の開催も計画している。(2014/5/8)

歌いにくいからこそ歌われる――ボカロ曲がカラオケで人気な理由、JOYSOUNDに聞いた カギは「攻略」
「JOYSOUND」で配信されているボカロ曲は全3500曲。その管理を手がける担当者が「ボカロ×カラオケ」を熱く語ります。(2014/3/31)

制作期間は5年! 初心者がイチから作った初音ミクPVがすごい
とてもアニメ初心者が作ったとは思えないクオリティです。(2014/3/10)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
コロプラと手を組んだGlu Mobileに聞く、海外ゲームベンダーの日本攻略法とは
北米の大手ゲームアプリベンダー「Glu Mobile」が日本のコロプラと提携して国内市場への本格参入を表明した。Glu Mobileの狙いはどこにあるのか、日本担当スタッフに話を聞いた。(2014/3/4)

総合力ナンバーワンを目指し、競争力に磨きをかける――通信事業者4社の年頭所感
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、UQコミュニケーションズのトップが、新年を迎え年頭所感を発表した。(2014/1/6)

ITmediaスタッフが選ぶ、2013年の“注目端末&トピック”(ライター佐野編):
“iPhone”と“ゲーム”に沸いた2013年のアプリシーンを振り返る
2013年もハードやインフラなどさまざまな面で業界が大きく盛り上がった年だったが、スマホアプリの盛り上がりも忘れてはならない。“アプリ”の視点から、この1年を振り返ってみたいと思う。(2013/12/20)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
日本は巨大マーケット? 国際競争が進むゲームアプリの現在
ソフトバンクとガンホーが、フィンランドのスマートフォンゲームアプリベンダー「supercell」を買収すると発表し、大きな話題となった。この買収劇から見えるのは、ゲームアプリの世界的な競争が本格化してきたということだ。(2013/11/18)

ガンホー、「フィンランドに本社移転検討」報道に「具体的な予定はない」
ガンホーは、同社がフィンランドに本社移転を検討していると伝えた一部報道について、「具体的な移転の予定はない」とするコメントを発表した。(2013/11/15)

「どの角度からもドコモを抜いた」 ソフトバンク、来期は売上高7兆円目指す
「売上高、営業利益、純利益、どの角度から取ってもドコモを上回ることができた」とソフトバンクの孫社長。来期は売上高7兆円を目指す。(2013/10/31)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。