ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「タックスヘイブン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タックスヘイブン」に関する情報が集まったページです。

世界を読み解くニュース・サロン:
「パラダイス文書」がまったく盛り上がらない、残念な理由
最近、「パラダイス文書」という情報暴露がニュースになった。世界中の企業や富裕層などがタックスヘイブン(租税回避地)にかかわっている、といった内容だが、いまひとつ盛り上がっていない。なぜかというと……。(2017/11/16)

Apple、「パラダイス文書」による同社の租税回避説は不正確だとして反論を公開
著名人や大企業の租税回避に関するリーク資料「パラダイス文書」で新たな租税回避を指摘されたAppleが、公式に反論した。タックスヘイブンである英領チャネル諸島のジャージー島での子会社開設は税金逃れのためではないとしている。(2017/11/7)

「世界所得上位8人の総資産=低所得層36億人の総資産」 格差に関する報告書に注目集まる
報告したNGOは世界の指導者に対し、格差の解消を呼びかけている。(2017/1/17)

先行きは不透明:
米大統領選でトランプ氏が勝利、技術市場は混沌へ
Donald J. Trump(ドナルド・トランプ)氏が米大統領選で勝利を収めた今、米国シリコンバレーから見た今後の展望は、不確実としか言いようがないようだ。(2016/11/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
続発するハッキング事件が暗示する本当の「脅威」とは
世界的にハッキング事件が頻発している。ハッキングが横行する中、欧米のサイバーセキュリティ専門家らの間である懸念が取りざたされている。その懸念とは……。(2016/9/29)

グラフ型データベース活用事例
1150万文書から関係性を洗い出せ――「パナマ文書」解析プロジェクトの舞台裏
1150万個のファイル(計2.6TB)からなる「パナマ文書」はどのように解析されたのか? 世界に衝撃をもたらした同文書解析の舞台裏を紹介する。(2016/5/30)

Computer Weekly:
1150万文書から関係性を洗い出せ――「パナマ文書」解析プロジェクト
1150万個のファイル(計2.6TB)からなる「パナマ文書」はどのように解析されたのか? 世界に衝撃をもたらした同文書解析の舞台裏を紹介する。(2016/5/25)

ソフトバンクの孫社長、「パナマ文書」中のグループ企業について説明
ソフトバンクのグループ企業名がパナマ文書に含まれていたことに対し、孫社長が説明した。(2016/5/10)

パナマ文書を検索できるデータベースが公開 特定の個人や企業を探せるように
国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が公開しました。(2016/5/10)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型パッソ/ブーンで見えたダイハツの実力
ダイハツの新型パッソ/ブーンに試乗して実感したのは、同社の高い見識と技術力だ。そしてもう1つは、ダイハツを完全子会社化したトヨタの戦略眼の確かさである。(2016/5/2)

スノーデン氏、「Twitterのチートモードは日本語」と日本語でツイート
米連邦政府の極秘情報を暴露したエドワード・スノーデン氏が「Twitterのチートモードは日本語」と日本語でツイート。少ない文字数で伝達できる情報の多さに驚いているようだ。(2016/4/8)

パナマ文書に「Agnes Chan」? アグネス・チャンさん「全くの別人です」
「全く関係ないですよ」と否定。(2016/4/6)

Googleは新聞業界を破壊したか
今日の電子広告で強大な存在となっているGoogle。一方で新聞業界の広告減は顕著だが、Googleは新聞業界に対してより多くをなすべきだろうか。(2014/1/22)

フランスの新法、オンライン書籍販売企業の無料配送と書籍値引きの同時提供を禁止
フランスで書籍価格の5%値引きと同時に書籍の無料配送を提供することを違法とする法案が成立。これによる影響は?(2013/11/1)

Morgan Stanleyアナリスト、Kindleの売り上げを考察
Morgan Stanleyのリポートによると、Amazonは今年45億ドル分のKindleシリーズを販売したという。(2013/8/26)

伊吹太歩の世界の歩き方:
タックスヘイブンに流れる日本の「税金」を取り戻せ
自国で納めるべき法人税を、税率の安い海外の子会社で支払う。オリンパスの粉飾決算にも関係していたタックスヘイブンが、メディアを騒がすようになった。(2013/7/18)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(7):
国のチカラが弱くなっている中で、「国籍」に何の意味があるのか
日本を離れて海外に住む人が増えつつある。米国在住経験を持つ小飼弾さんと松井博さんに、国籍や海外移住の持つ意味について語ってもらった。(2013/7/8)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(6):
学校へ行くメリットが説明できない時代
仕組みをつくる一握りの人が富を握り、中間層の仕事は急速に消えていく。そんな世界の中、果たして教育はどうあるべきなのか。ネット上に教材が溢れ、ちょっと検索すればたいていのことの答えが見つかる中で、大学が果たすべき役割とは……。(2013/7/5)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(5):
壮大な“実験国家”米国から何を学べばいいのか
巨大化する企業と弱体化する国家。特に先進国では福祉が国家予算を圧迫し、どこも火のクルマだ。そんな中、本当に国がやるべき仕事とは何なのか。(2013/7/1)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(4):
「ベーシックインカム」は人間を幸せにするのか
国の機能があいまいになる中、「ベーシックインカム」に注目が集まっている。国民の生活を、最低限の現金を配ることによって保証しようとする考え方だが、民主主義の方向としてアリなのか?(2013/6/28)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(3):
先進国にとっての労働は「暇つぶし」なのか
モノ余りの時代、必要とされるサービスは先進国ではほぼ提供されている。人々は何のために「働く」のか。労働の意味とは何か。一方でまだ残る貧困をどう解決していけるのか。(2013/6/24)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(2):
企業帝国の弱点とは? そこで働く人たちの悲哀
莫大な資産を蓄え、世界を支配しつつように見える企業帝国。一方で、社会福祉の増大にあえぎ、弱体する国家はこうした企業に対して何ができるのか。一方で、帝国の中枢で働く幹部は果たして「幸せ」なのか。そして帝国にあった「意外な弱点」とは?(2013/6/21)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(1):
アップルやマクドナルドは、本当に“悪の帝国”なのか?
弱体化する国家を尻目に、国境を気にせず自らの利益を追い求める“企業帝国”たち。世界が一握りのお金持ちと圧倒的多数の単純労働者に分かれていくなかで、人々が幸せになる方法はあるのか。小飼弾さんと松井博さんが語り合った。(2013/6/17)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/5/20)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
一流投資家のバカンスとは? 私をビーチに連れてって
毎週土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。夏休みの予定に思いをめぐらすはるか。島への旅行を提案したものの……。(2012/8/4)

タックスヘイブン特集 米の独立系情報番組「デモクラシー・ナウ!」×ニコ生
米の独立系報道番組「デモクラシー・ナウ!」とニコニコ生放送のコラボ番組で、「タックスヘイブン」を特集。映像を2本配信したあと、経済学者の中山智香子さんと金子勝さんをスタジオに招いて、議論する。配信は4月20日19時30分〜。(2012/4/17)

相場英雄の時事日想:
“作られたスクープ”の裏にあるもの――それは企業の巧妙な手口
電車の中吊り広告で「独占スクープ!」といった刺激的な見出しを目にした人も多いはず。しかしこの「スクープ」の中には、読者を煙に巻くようなものも含まれている。それは企業がからんだ“作られたスクープ”だ。(2012/3/29)

「ベイズな予測」で未来を拓け(2):
主観的確率の導入で意思決定方法が覆る
ベイズの理論により物事の判断基準が変わる可能性がある。身近なものから、国家財政にいたるまで、主観的確率という考え方が意思決定の常識を覆すかもしれない。(2010/4/9)

情報システム用語事典:
オフショアリング(おふしょありんぐ)
offshoring(2006/6/20)

情報システム用語事典:
SPC(えすぴーしー)
special purpose company / 特別目的会社(2003/8/26)

知っててトクする株式講座(4):
源泉分離課税廃止で株取引はどうなる?
(2000/8/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。