ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「交通広告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「交通広告」に関する情報が集まったページです。

突如渋谷に現れた“超巨大な秋田犬”がかわいすぎる! 本当にその場にいるかのような3D映像に思わず大興奮
1時間に1回30秒しか見ることができない、レア映像です。(2022/8/1)

東京・表参道にAudi新型EVの3D映像が登場
東京・表参道交差点近くの屋外広告で、独Audiの新型EV「Q4 e-tron」の3D映像が登場した。専用眼鏡を使わなくても、目の錯覚を起こすことで平面の広告が立体的に浮き上がって見える。インパクトのある映像技術でEVの普及を加速させたい考えだ。(2022/6/29)

ドラマ本編にAIが広告をさりげなく合成する技術、フジテレビが運用 「ゆくゆくは広告で途切れない動画配信に」
フジテレビは17日、AIを用いてドラマ本編に交通広告やポスターといった形で広告を合成するシステムを本格運用すると発表した。ドラマ「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」から導入する。(2022/6/17)

プランニング、ターゲティング、レポーティングを一括管理:
デジタルOOH特化型DSP、LIVE BOARDが提供開始
デジタルOOHのバイイングに特化したDSP。(2022/6/9)

ツイン“逆噴射”ファン搭載! ウマ娘×BOSSコラボ「ボスジャン」登場、トレセン学園ジャージ風デザインで「加速スキル付き」
ツインファン師匠……!(2022/5/16)

爽健美茶が「BT21」の限定デザインに! お茶の原料を持つゆるかわいい7匹のパッケージと限定グッズに注目
色合いもかわいらしい。(2022/5/9)

Appleが「iPhoneで撮影したマクロ写真コンテスト」の入賞作品発表 世界中から集まった神秘的な写真をご照覧あれ
いずれもiPhone 13 Pro(およびPro Max)で撮影されました。(2022/4/17)

横断歩道がフライドポテトに変身!? マクドナルドに誘導されるマレーシアの道路がグリム童話っぽい
横断歩道でマックフライを表現。(2022/4/16)

民放の「リアルタイム配信」は“ザッピング”もできる 「TVer」アプリの新機能まとめ
地方にいても東京と同じ番組をリアルタイムで見られる民放5系列の「リアルタイム配信」。配信する番組やアプリの仕様が分かってきた。(2022/4/9)

PR:「あなたの腸、ぐぐっと伸ばすとだいたい8メートル」 腸のスゴさが一目でわかる巨大広告がインパクト満点
4月7日の「おなかと腸活の日」に合わせて登場。(2022/4/7)

今日のリサーチ:
電通「2021年 日本の広告費」 インターネット広告費が初の4マス超え
2021年の日本の総広告費は6兆7998億円で前年比110.4%。市場全体がマイナス成長となった前年から大きく回復。もちろんインターネット広告は引き続き順調に伸びています。(2022/2/25)

総広告費も2桁成長:
2021年のネット広告費2.7兆円、初の「テレビ・新聞」超え 電通調査
電通が発表した「2021年 日本の広告費」で、21年のインターネット広告費が2兆7052億円(対前年比121.4%)となり、マスコミ4媒体(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)の広告費(2兆4538億円、同108.9%)を初めて上回ったことが分かった。(2022/2/24)

TinderがNetflixを挑発!? リアリティ番組とのコラボの意図とは
Tinder Japanは、Netflixで全世界独占配信中の独身男女の恋模様を追ったリアリティ番組「ラブ・イズ・ブラインド JAPAN」と、コラボキャンペーンを開始。(2022/2/21)

NetflixとTinderが広告スペースで白熱バトル 「顔も見ずにプロポーズ?」「内容はリアル。気になるでしょ?」
ジャンルを超えたコラボ広告が実現。(2022/2/18)

バカボンのパパが逮捕!? 「STOP! 海賊版キャンペーン」で啓発漫画「転載はバカボン」開始
『天才バカボン』のキャラクターが登場する啓発漫画をスタート。(2022/2/14)

クリスマス・エクスプレス以来33年ぶり 深津絵里さん出演の東海道新幹線新CMに再びキュンとする
深津さん×東海道新幹線といえば……!(2022/1/20)

6割超が、屋外の大型ビジョンに広告を出す会社は「信頼できる」 なぜ?
ICAは、20〜60代の男女に「屋外ビジョンの印象」に関する調査を実施した。屋外の大型ビジョンで広告を出している企業は「信頼できる」と答えた人は66.1%に上った。なぜ信頼できると感じるのか?(2022/1/19)

ヤングマガジン新連載のNFT作品、約12時間で完売
 NFTプラットフォーム「Kollektion」を提供するKLKTN Limited(香港)は12月28日、同プラットフォームに掲載中のヤングマガジン新連載のNFT作品が、販売開始後約12時間で完売したと発表した。(2022/1/5)

コネクテッドTV(CTV)、ポッドキャスト、スーパーアプリ他:
マーケターなら知っておきたい2022年モバイル市場における5つの予測
2022年のモバイルアプリ市場はどうなるのか。Adjust日本法人のゼネラルマネージャーとAdjust本社の各リーダーが解説する。(2021/12/17)

Marketing Dive:
レクサスが欧州で展開した「視聴者の顔色」を見てパーソナライズする広告について
トヨタ自動車の「レクサス」ブランドが欧州で展開した「Feel Your Best」キャンペーンは、AIを活用した未来感あふれるパーソナライズを実現している。(2021/12/3)

「Windows 11」が初めて迎える年末商戦 日本マイクロソフトと主要PCメーカーはどう臨む?
日本マイクロソフトが、2021年末から2022年始にかけてのコンシューマー(個人ユーザー)向けの「Windows 11」のプロモーション戦略を説明した。主要なPCメーカーと共同で、さまざまな取り組みを実施していくという。(2021/11/18)

猫の次は、犬:
渋谷の屋外ビジョンに犬の3D広告 ハチ公にヒント、「“新宿の巨大猫”を意識した」
渋谷駅前のテナントビル「ハビウル渋谷」屋上に3D演出が可能な屋外ビジョン「Habiulu Shibuya Vision」が設置された。3D犬「ハビウルくん」がスケートボードの練習に励む映像を放映している。(2021/11/12)

AIが24時間監視:
「出会い系からの脱皮」図るTinder メインユーザー「Z世代」を巻き込むために必要な施策とは?
ソーシャル系マッチングアプリが乱立する中、最大手Tinderは出会い系アプリから「総合的なマッチングアプリへの脱皮」を図っている。メインユーザーである「Z世代」を巻き込むために必要な施策とは?(2021/10/26)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
『文春』と『新潮』が中づり広告から撤退、それでも車内広告に未来はある
「週刊文春と週刊新潮が中づり広告を終了する」と8月17日報じられた。電車で中づりで政治や芸能の旬な話題がひと目で分かったものだが、スマートフォンの普及で下を向く人が増えた。確かに大手2社の撤退は転機になるだろう。しかし、中づり広告は廃れるかといえば、そうでもなさそうだ。(2021/8/20)

独特な日本市場:
黒船来航! 「ゴロゴロしながら英語が学べる」アプリが、わずか7カ月で新規DL数を2.5倍に伸ばしたワケ
「ゴロゴロしながら英語が学べる」語学学習アプリ、Duollingo。世界で多くの人が活用しているが、日本版の担当者は1人のみ。2020年8月に着任した、Duolingo Japan Country Manager 水谷翔氏だ。そんな中でも、水谷氏が主導するマーケティング活動により、わずか7カ月で新規ダウンロード数は2.5倍に増えたという。詳しい話を聞いた。(2021/5/10)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
VTuberがクラファンで1400万円の大型調達に成功! 仕掛け人が語る「熱い想い」
中京テレビの公式バーチャルYouTuberの大蔦エル氏がアンバサダーを務める「ナゴヤVTuber展」が、1438万円を超える大型調達を成立させる見込みである。正式な調達額が決定するのは9日後だが、本来の目標額が750万円であるため、クラウドファンディング自体はすでに成功している。(2021/4/16)

2021年のPR事例ランキング 注目のクリエイティブは?
国内外のPR事例メディア「PR EDGE」より、注目のクリエイティブをランキング形式でご紹介。(2021/3/3)

紙はなくなるのか、電子とどう共存するのか:
PR:“電子コミックの父”BookLive淡野社長が語る、「紙書籍と電子書籍」のこれまでとこれから
2021年に創業10周年を迎えたBookLive。社長の淡野正氏は、同社を立ち上げる以前から電子書籍に携わり、中でもマンガの電子化に尽力してきた「電子コミックの父」とも呼べる存在だ。本記事では淡野社長に、電子書籍業界のこれまでとこれからや、BookLiveの歴史について話を聞く。(2021/2/15)

アート作品を展示:
住民や店主を悩ます街の「落書き」対策 ビジネスと課題解決の両立を目指す東急の狙い
人通りが少ない場所の「落書き」に悩む人は多い。落書き対策と、ビジネスを両立するような事業に東急が取り組んでいる。対象エリアも拡大している。(2021/1/19)

“花晴れコンビ”復活! 平野紫耀&杉咲花、Hulu新CMでうさぎに変身しぴょんぴょんする姿がかわいさの限界突破
なんだこのかわいい生き物たち……。(2021/1/15)

維持検査・点検:
道路空間の取得と路面点検を1台に集約した新型の計測車両、パスコ
パスコは、道路点検用のデータも含む多目的の利用に資する道路空間データを、一度の走行計測で取得する新たなコンセプトに基づく計測車両システムを開発した。(2020/12/10)

今日のリサーチ:
2020年は“おうちクリスマス”が主流――NKB調査
コロナ禍が変えたクリスマスの過ごし方とは。(2020/12/4)

「指一本で、人は人を追い込むことができる」 SNSの誹謗中傷を減らす啓発広告キャンペーン「この指とめよう」立ち上げ
屋外広告の掲出費用を募集します。(2020/10/30)

今日のリサーチ:
広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が広告業界にも及んでいるようです。(2020/10/16)

これからの広告の定石を語る(後編):
好意度と購入意向を10倍以上にした「局所的熱狂」をどう生み出すか
成功する広告は他と何が違うのか。マーケターが押さえておくべき新しい広告戦略の定石と注目のマーケティング手法について、最新事例とともにマーケティング戦略の専門家が解説する。(2020/9/17)

メルカリ米国事業が好調に 「ローカライズ」「コロナ特需」が成長のカギ
メルカリが多額の資金を投じ、赤字の要因になっていた米国事業が好調。配送手続きの簡略化やAIを活用した新機能の追加など、米国独自の施策がその要因だという。新型コロナウイルス感染拡大によるEC需要の増加も成長を後押ししたとしている。(2020/9/8)

ムキムキになったくまモンが口から光線……! ご当地キャラ5体を起用した「デカビタC」のWeb動画がヤバい
ふなっしーの原型をとどめてない進化と声に注目。(2020/8/24)

三省堂『新明解国語辞典第八版』発表 9年ぶりの全面改訂に “考える辞書”として公式Twitterも開設
日本で一番売れている小型国語辞典が久々の改訂。(2020/8/24)

今日のリサーチ:
台湾で聞いたコロナ後に行きたい海外旅行先で日本がトップ――NKB調査
台湾在住の人たちの訪日意識を調査。海外旅行先として日本はまだまだ人気のあることが分かりました。(2020/7/21)

「すべての父ちゃんたちへ」 クレヨンしんちゃん、ひろしが野原家の5年間を振り返るWeb動画に胸が熱くなる
ひろしが「みさえも大変だっただろうな」と思い返すシーンも描かれています。(2020/6/18)

今日のリサーチ:
コロナ禍のマーケティング活動 今後注力する取り組みの最多は「SNS活用/SNS広告」――AMN調査
新型コロナウイルス感染拡大がマーケティング活動へ及ぼした影響について、約160社に調査しています。(2020/6/5)

PR:“届けたいターゲット”を指定できる屋外広告とは? LIVE BOARDが挑む、デジタル看板の革新
看板やデジタルサイネージなどを活用した屋外広告「OOH」の分野で、インプレッション販売型のサービスを始めたのがLIVE BOARDだ。「プログラマティックOOH」によって、ターゲットを絞り込んだ、高い費用対効果が見込める広告出稿が可能になる。海外と比べて遅れている日本のOOHはどう変わっていくのか。(2020/3/25)

Apple、「Shot on iPhoneナイトモードで撮影チャレンジ」の受賞作品を発表
iPhoneナイトモードオンリー写真コンテストの結果が発表された。(2020/3/4)

「チャイボーグ」「ピープス」「病み加工」「タトゥーシール」:
「JKトレンド予測」ランキング 2020年は「オタク」と「病み系」がけん引
「現役女子高生の2020年トレンド予測および2019年下半期トレンド」に関する調査。有名人は「オタク」、アイテムは「病み系」がそれぞれ2020年のJKトレンドをけん引するようになると分析している。「2020年に流行しそうな人・アイテム」の具体的な内容は?(2020/2/14)

橋下徹“異端”の仕事術【4】:
橋下徹大阪府知事が「繁華街のネオン規制」を大幅に緩和した理由――猥雑さと雑多さ生かし「唯一無二の観光都市」に
この連載では大阪府庁、大阪市庁という巨大組織を率いたリーダー、橋下徹の仕事術をお届けする。組織を変革し、停滞の一途をたどっていた大阪を、圧倒的な実行力で立て直してきた橋下の働き方についての考え方に迫る。第4回目は、大阪府知事だった橋下が、「定住人口を増やす」という課題に対して、取った戦略について語ってもらった。(2020/2/15)

経営統合の真意を聞く:
エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクションであるBIRDMANを子会社化した。両社が描く未来の広告とクリエイティブの在り方について聞いた。(2020/1/24)

競争が激化:
Uber Eatsに負けないために老舗の出前館はどのようなサイト改修を行っているのか
食品宅配市場が急成長している。Uber Eatsの上陸で出前館は危機感を強めている。認知・集客のカギであるサイト改修をどのようにしているのか。(2020/1/23)

Apple、iPhone写真コンテスト「Shot on iPhoneナイトモードで撮影チャレンジ」開催中
(2020/1/10)

Twitterに“あけおめ絵文字”、4年ぶり 初日の出、富士山、茄子など
Twitter Japanが年末年始の企画を発表。該当するハッシュタグを付けてツイートすると、日本の風習にならった“あけおめ絵文字”が出現する。(2019/12/27)

石川温のスマホ業界新聞:
世界第4位のスマホメーカー「シャオミ」が日本上陸――「口コミ」だけでブランドを浸透させることができるのか
中国Xiaomi(シャオミ)が日本に上陸し、Amazonでスマートフォン「Mi Note 10」の販売を開始した。本拠の中国ではネットでの口コミで広がったXiaomiスマホだが、日本でもその戦略の「再現」はできるのだろうか。(2019/12/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。