ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「交通広告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「交通広告」に関する情報が集まったページです。

今日のリサーチ:
台湾で聞いたコロナ後に行きたい海外旅行先で日本がトップ――NKB調査
台湾在住の人たちの訪日意識を調査。海外旅行先として日本はまだまだ人気のあることが分かりました。(2020/7/21)

「すべての父ちゃんたちへ」 クレヨンしんちゃん、ひろしが野原家の5年間を振り返るWeb動画に胸が熱くなる
ひろしが「みさえも大変だっただろうな」と思い返すシーンも描かれています。(2020/6/18)

今日のリサーチ:
コロナ禍のマーケティング活動 今後注力する取り組みの最多は「SNS活用/SNS広告」――AMN調査
新型コロナウイルス感染拡大がマーケティング活動へ及ぼした影響について、約160社に調査しています。(2020/6/5)

PR:“届けたいターゲット”を指定できる屋外広告とは? LIVE BOARDが挑む、デジタル看板の革新
看板やデジタルサイネージなどを活用した屋外広告「OOH」の分野で、インプレッション販売型のサービスを始めたのがLIVE BOARDだ。「プログラマティックOOH」によって、ターゲットを絞り込んだ、高い費用対効果が見込める広告出稿が可能になる。海外と比べて遅れている日本のOOHはどう変わっていくのか。(2020/3/25)

Apple、「Shot on iPhoneナイトモードで撮影チャレンジ」の受賞作品を発表
iPhoneナイトモードオンリー写真コンテストの結果が発表された。(2020/3/4)

「チャイボーグ」「ピープス」「病み加工」「タトゥーシール」:
「JKトレンド予測」ランキング 2020年は「オタク」と「病み系」がけん引
「現役女子高生の2020年トレンド予測および2019年下半期トレンド」に関する調査。有名人は「オタク」、アイテムは「病み系」がそれぞれ2020年のJKトレンドをけん引するようになると分析している。「2020年に流行しそうな人・アイテム」の具体的な内容は?(2020/2/14)

橋下徹“異端”の仕事術【4】:
橋下徹大阪府知事が「繁華街のネオン規制」を大幅に緩和した理由――猥雑さと雑多さ生かし「唯一無二の観光都市」に
この連載では大阪府庁、大阪市庁という巨大組織を率いたリーダー、橋下徹の仕事術をお届けする。組織を変革し、停滞の一途をたどっていた大阪を、圧倒的な実行力で立て直してきた橋下の働き方についての考え方に迫る。第4回目は、大阪府知事だった橋下が、「定住人口を増やす」という課題に対して、取った戦略について語ってもらった。(2020/2/15)

経営統合の真意を聞く:
エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクションであるBIRDMANを子会社化した。両社が描く未来の広告とクリエイティブの在り方について聞いた。(2020/1/24)

競争が激化:
Uber Eatsに負けないために老舗の出前館はどのようなサイト改修を行っているのか
食品宅配市場が急成長している。Uber Eatsの上陸で出前館は危機感を強めている。認知・集客のカギであるサイト改修をどのようにしているのか。(2020/1/23)

Apple、iPhone写真コンテスト「Shot on iPhoneナイトモードで撮影チャレンジ」開催中
(2020/1/10)

Twitterに“あけおめ絵文字”、4年ぶり 初日の出、富士山、茄子など
Twitter Japanが年末年始の企画を発表。該当するハッシュタグを付けてツイートすると、日本の風習にならった“あけおめ絵文字”が出現する。(2019/12/27)

石川温のスマホ業界新聞:
世界第4位のスマホメーカー「シャオミ」が日本上陸――「口コミ」だけでブランドを浸透させることができるのか
中国Xiaomi(シャオミ)が日本に上陸し、Amazonでスマートフォン「Mi Note 10」の販売を開始した。本拠の中国ではネットでの口コミで広がったXiaomiスマホだが、日本でもその戦略の「再現」はできるのだろうか。(2019/12/20)

「私が歌うっていうのに笑いました」 歌手のAIさん、映画「AI崩壊」の主題歌を担当
映画「AI崩壊」の主題歌を歌手のAI(アイ)さんが担当する。作中では、AIが暴走する未来が描かれている。(2019/10/28)

元BLカップルがメスを巡って恋敵!? 京都&すみだ水族館のペンギンの相関図に新たな展開が
どういうことなの?(2019/10/16)

MVNOに聞く:
改正法の影響は? ビッグローブ有泉健社長に聞く「BIGLOBEモバイル」の今後
ビッグローブがMVNOサービスを「BIGLOBEモバイル」に一新し、“SIM替え”を打ち出してから2年がたった。一方で同社は100万契約未満のMVNOながら、10月1日に施行した改正・電気通信事業法の影響を受け、端末割引や長期契約の違約金などの制限が適用される。この状況に対し、同社はどのような手を打っていくのか。(2019/10/15)

今日のリサーチ:
「コンテンツのメディア離れ」が進む中で日本企業がこれからすべきこと――PwC調査
「パーソナライズされる世界」でエンターテインメントとメディアの未来はどうなるのでしょうか。PwCのグローバルレポート「Global Entertainment & Media Outlook 2019-2023」の示唆を紹介します。(2019/9/23)

パンテーン、「令和の就活ヘアをもっと自由に」広告キャンペーンを展開 令和初の内定式に向け
賛同企業の人事担当者からのコメントも。(2019/9/23)

ガラス形状は個別要求にも対応:
Zytronicのタッチセンサー技術、90型まで対応
Zytronic(ザイトロニック)は、「SENSOR EXPO JAPAN 2019」で、独自の投影型静電容量型タッチセンサー技術を用いた27型タッチスクリーンを展示した。(2019/9/12)

もう別キャラじゃねーか! 銀魂の赤字修正を“過剰”に反映した完成版CM、どう見てもやりすぎてしまう
イケメンと美女と消える新八。(2019/9/6)

AI版のiモード:
清水建設がEDGEMATRIXに出資、エッジAIを使った“スマートビル”2020年に実証へ
清水建設やNTTドコモらから出資を受け、カメラ映像を取得したその場で解析する“エッジAI”の事業を本格化させるEDGEMATRIX。現在、清水建設と、ビルのカメラやセンサーで取得したデータをAIで分析し、セキュリティや効率的な運用に役立てるスマートビルの実用化に向けた共同開発を進めている。早ければ、2020年上期には、建物(施設)のIoT・AIプラットフォームの実証実験に着手するという。(2019/9/4)

銀魂が赤字修正入りラフ絵を広告に出すいつも通りの暴挙 「コラボアニメ頑張りすぎて、CM間に合いませんでした」
見慣れたラフ絵。(2019/9/2)

第5回竹芝夏フェス:
竹芝エリアで街全体のロボット実装に向けた実証実験、警備ロボットや電動モビリティーなど
東急不動産と鹿島建設らは第5回「竹芝夏フェス TAKESHIBA Seaside Music&Dining」を開催。今回は東京都主催の事業「Tokyo Robot Collection」と連携し、警備ロボットや電動モビリティーといったさまざまな最新機械が展示された。(2019/8/30)

製品動向:
HPが室内装飾やソフトサイネージのデジタルプリントに本格参入、HP Stitch S プリンタ
日本HPは、最新のデジタルプリントソリューションを搭載した昇華型プリンタのHP Stitch S シリーズを発表した。新機種の高生産性や色の再現性を武器に、海外も含めデジタル化が大幅に遅れているテキスタイル印刷市場で、室内装飾やソフトサイネージ(布の屋外広告)のデジタルプリントといった新たな市場創出を目指す。(2019/8/29)

等身大のAIキャラクターがご案内 「インフォロイド」正式サービス開始
等身大の立体的なキャラクターが会話を通じて施設を案内する。イージェーワークスの「インフォロイド」は「単なる情報端末ではなく、アトラクションにもなるプラットフォーム」という。(2019/8/5)

GIS:
39年ぶり日本開催「ICC2019」レポ、準天頂衛星などGISの可能性を提示
第29回国際地図学会議(ICC2019)が2019年7月15〜20日に、東京・江東区青海の4会場で開催され、GISデータを活用した測量会社らの新たなソリューションが提案された。(2019/8/2)

ポケモンセンター、採用強化企画「そんなキミにきめた!プロジェクト」開始へ ポケモンに例える自己分析診断など
「オレは御社と旅に出る」(2019/7/29)

雨の日だけ流れる「天気の子」とサントリー天然水のコラボ新CMが公開 主演2人の歌声にキュンキュンする
こんな同級生がいたら…….。(2019/7/22)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「すしざんまい」危うし!? 東京進出する「スシロー」が蹴散らす同業者とは
郊外型で成長してきたスシローが“首都侵攻”を本格化させる。都内はすしざんまいなどのチェーンが群雄割拠の状態。東京を舞台にした再編は起きるか?(2019/6/25)

「割とマジで困ってますw」 歌手のAIさんが「AIの登場で迷惑している」とメッセージ
「AI」(人工知能)の登場で一番迷惑しているのは、AI(アイ)です――歌手のAI(アイ)さんによるこんな広告が、JR新宿駅に登場した。(2019/5/20)

仮囲い:
アート作品を建設現場の“仮囲い”に飾るプロジェクトを全国展開、評定点に加算
ヘラルボニーはコバプロと提携し、建設現場の仮囲いに、知的障がいのあるアーティストが描いた作品を飾って地域活性化に役立てる「全日本仮囲いアートプロジェクト」を全国展開する。(2019/5/17)

山手線を攻めるキャンペーンも:
スシローが“首都侵攻作戦”を高らかに宣言 激化する東京の寿司戦争
回転寿司チェーンの“王者”スシローが都心進出を強化する。顧客に向けたキャンペーンも打ち出した。東京都内の寿司チェーン間の競争が激化しそうだ。(2019/5/13)

ドコモ、走った跡が広告になる自転車「STAMP BIKE」を開発 何これ? どんな仕組み?
ヌリヌリヌリヌリと水で描く特殊スタンプタイヤを装着。(2019/3/19)

建築・建材展2019:
建装材での可能性も見込める、“板材”へ直接プリント可能な「HP Latex R2000 Plusプリンタ」
日本HPは「建築・建材展2019(第25回)」に出展し、HP Latexインク搭載機で初の板素材への印刷を可能にした「HP Latex R2000 Plusプリンタ」をPRした。環境に配慮された水性のLatexインクによるインクジェット印刷で、テーブルトップ、壁面装飾、インテリアなど、内装デザインの可能性を広げることが見込まれる。(2019/3/6)

ポイントだけ抜粋:
電通「2018年 日本の広告費」を発表
電通「日本の広告費」2018年版のポイントをインターネット広告中心にざっくりまとめ。(2019/2/28)

悟空は中華街、ルフィは遊園地に! ジャンプヒーローが実写合成された「JUMP FORCE」の広告がかっこいい
2月17日までの期間で山手線全駅などで公開中です。(2019/2/14)

TikTok Ads、クリエイター育成プログラムなど:
TikTokはコミュニケーションプラットフォームとして2019年の日本でどう進化するか
スマートフォン動画を軸にした新しいコミュニケーションプラットフォームとして若者に浸透する「TikTok」。マーケターが注目すべき進化について、最近発表された内容をまとめた。(2019/2/5)

今日のリサーチ:
屋外広告に関する意識動向調査――オリコミサービス
屋外広告を見て取ったことのある行動は?(2019/2/5)

アプリ広告計測の第一人者が特別寄稿:
マーケターなら知っておきたい2019年モバイル市場における5つの予測
2019年のモバイルはどうなるのか。ドイツ発のモバイルアプリ計測プラットフォームを展開するAdjust日本法人のカントリーマネージャーが解説する。(2019/1/24)

iPhone写真コンテスト「Shot on iPhone Challenge」開催
AppleがiPhoneを使って撮影した写真の中から広告などに使われる作品を選ぶコンテストを開始している。(2019/1/23)

新幹線から見える“謎の看板”「727」、自社Wikipediaのスクショを新聞広告に 「説明するのに手っ取り早い」
化粧品メーカーのセブンツーセブンが1月7日、自社Wikipediaのスクリーンショットを朝日新聞朝刊の広告として掲載した。(2019/1/7)

モビリティサービス:
乗車料金を0円に設定するには、タクシーの媒体価値とスポンサーの期待
ディー・エヌ・エー(DeNA)は2018年12月5日、東京都内で会見を開き、タクシー配車アプリ事業を東京都内に拡大すると発表した。これまでは神奈川県内のみだった。これに合わせて、タクシーを広告媒体として扱うことで乗客が支払う乗車料金を無料にする新しいビジネスモデルも導入する。(2018/12/6)

新宿駅に出現した「いま、『さよなら』をしよう。女の子を、苦しめるものから」――『さよならミニスカート』1巻発売広告に痺れる
広告が少しずつ“変身”していく仕掛け。(2018/11/23)

G空間:
地理空間情報科学で未来をつくる「G空間EXPO2018」、G空間を駆使した最先端技術が集結
地理空間情報(G空間)をテーマにしたイベント「G空間EXPO2018」が2018年11月15日、東京・お台場の日本科学未来館にて開幕した。主催は国土交通省。入場料は無料(常設展示を見る場合は入館料が必要)で、会期は2018年11月17日までの3日間。(2018/11/17)

広告主に新たな付加価値を提供:
読売新聞がMMSマーケティングに出資、新聞広告から店頭購買促進まで一気通貫のサービス提供へ
読売新聞東京本社は、MMSマーケティングの株式の一部を取得したと発表した。(2018/10/29)

日清が架空のビジネス書『なぜどん兵衛肉うどんは広告しなくても売れるのか?』公開 ニック・ジューシィ著
「巷には『謎肉』という人々に謎を問いかける食べ物があるが、誰もそんな謎に興味はなく、普通に本物の肉が食べたい」。それ言っていいんですか……。(2018/10/22)

ブランディングの先にあるもの:
テレビCMなしでも急成長するBOTANIST、Instagram活用の次なる展開とは
自然派のライフスタイルブランドとして若い女性に人気を博しているBOTANIST。Instagramを中心としたオンラインプロモーションで着実に認知度を高めてきた同ブランドの次なる狙いとは。(2018/9/12)

「弱虫ペダル」×「ツール・ド・東北」コラボ! 坂道や巻ちゃんたちが東北を走るコラボイラストが美しい
東北に行きたくなる……!【追記あり】(2018/9/7)

平田晃久氏が設計したホテル外観を8面の大型看板で覆う建築デザイン「ナインアワーズ」
カプセルホテル「ナインアワーズ」が大阪府内に初進出することが明らかになった。現在建設中のホテル外観は8面の大型看板が、さまざまな高さや角度で立体的に覆う独創的なものになる。現状、景観との調和は看板を縮小することが一般的とされる中、あえて大型看板を起用することで商業都市の賑わいに溶け込むファサードとした。(2018/8/28)

日本屋外広告フォーラム 杉本委員長(ADK局長)に聞く:
「屋外広告×ソーシャルメディア」の可能性を調査・研究、日本屋外広告フォーラム
ビルの屋上や壁面に掲出されている屋外広告(Out of home media)――。屋外広告の業界には長い間、広告効果の目安となる指標が存在しなかった。この指標を策定するべく、1999年に任意団体が設立され、繁華街の歩行者向けと、ドライバー向けの2つを対象とした国内初となる屋外広告の効果指標を計算することができる「屋外広告指標推定システム」が構築された。現在は次のステップとして、ソーシャルメディアとの関連性を探る調査が進められている。(2018/8/17)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2018:
無電柱化による地上機器をラッピング、全国で250基以上の導入実績
スリーエム ジャパンは、電力会社のトランスなどの地上機器を装飾する「3M地上用機器ラッピングシステム」に再剥離機能を新たに追加した。同システムは既に全国で250基以上の導入実績がある。2018年7月18〜21日に東京ビッグサイトで開催された「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2018 無電柱化推進展2018」で、ラッピングデモを行った。(2018/7/23)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。