ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「チュニジア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チュニジア」に関する情報が集まったページです。

Spotify軽量版「Spotify Lite」、新興国市場で公開
音楽ストリーミング最大手のSpotifyが、通信環境が悪くても快適に音楽を楽しめると謳う軽量版アプリ「Spotify Lite」を主に新興国市場で公開した。データ使用上限設定機能付き。(2019/7/9)

「ワールドカップを応援するにゃ!」 イギリス財務省の公務員ネコちゃんがクールでお茶目
なおボールはちょっと勘違いしているもよう。(2018/6/24)

NTTコム、IoTサービス事業者向け「100円SIM」を提供
NTTコミュニケーションズは、セキュアなネットワークを利用したIoTサービス事業者向け「100円SIM」を提供開始。IoT機器あたりの通信量が1MB以内であれば月額料金100円(税別)というコストを抑えたプランとなっている。(2017/7/5)

組み込み開発ニュース:
NTTコムがIoT向けグローバルSIMを100円で提供、ワンストップでIoT環境の構築も
NTTコミュニケーションズがIoTの通信に適した低価格SIM「100円SIM」を発表。1カ月当たりの通信データ量が1MB以下であれば月額料金(税別)は100円で済む。同様のIoT向け通信サービスを提供するソラコムと遜色のない価格設定になっている。(2017/7/5)

米政府、一部地域からの電子機器の機内客室持ち込み禁止 英国も追随
英米政府当局が、テロ対策として、中東や北アフリカの一部地域から自国への旅客機の搭乗者による電子機器の機内客室持ち込みを禁止した。国籍にかかわらず、ノートPCなどは貨物スペースに預ける必要がある。(2017/3/22)

Facebook、新興国向け軽量メッセンジャー「Messenger Lite」公開
Facebookが、Android版軽量メッセージングアプリ「Messenger Lite」をアフリカやアジアの一部地域でリリースした。「Facebook Messenger」の15分の1の容量で、基本的なメッセージングが可能だ。(2016/10/3)

映画「胸騒ぎのシチリア」、青い海に超ハイテンションなヴォルデモートがいた 
音楽はザ・ローリング・ストーンズ、衣装はディーオールという豪華さ。(2016/9/30)

太陽光:
イタリア最大のショッピングセンター屋根に1.4MWのメガソーラー
ソーラーフロンティアは、イタリアのミラノ市近郊にオープンしたショッピングセンター「Il Centro」の屋根に、このほど合計1.4MWのCIS薄膜太陽電池を設置した。同ショッピングセンターは、イタリア最大のショッピングセンターで、10万平方メートルを超える広大な敷地に約200店舗を擁している。(2016/9/14)

全国の主要空港へ順次導入が決定:
2020年、ボディスキャナーが未然にテロを防ぐ
テロの脅威に備えて国土交通省を中心に普及が進むボディースキャナー。ボディースキャナーとは空港の出国ゲートで、乗客の全身をスキャンできる検査機器である。2015年10月には主要空港で運用評価試験が行われ、2016年3月29日にその結果が発表されるなど活発な動きを見せている。本記事では、ボディースキャナーメーカー各社それぞれの特長に加えて、国内の動向について紹介する。(2016/4/7)

乙武氏、不倫報道について公式サイトで謝罪 Twitterにも投稿
妻のコメントも掲載している。(2016/3/24)

チュニジア首都でテロ バスが爆発し12人死亡、非常事態宣言を発令
大統領警護隊が乗ったバスが爆発し隊員が犠牲になったもよう。(2015/11/25)

SNSの影響も:
これからの「ネットと宗教」の関係 国際ヨガの日に浮かび上がった課題とは
6月21日は「国際ヨガの日」でした。世界各地でヨガの催しが行われ、近年のSNSの浸透も後押しして、インターネットを通じてその規模が大きくなり、世界中の人々が参加する大イベントに発展しました。一方で「宗教」に関わる問題も浮かび上がってきました。(2015/7/13)

Firefox OS端末「Orange Klif」、アフリカで発売
Mozillaが新興国のユーザーにインターネットへの接続環境を提供する目的で立ち上げた「Firefox OS」を搭載するAlcatel製スマートフォン「Klif」が、セネガルとマダガスカルで発売された。(2015/5/11)

外務省がチュニジア首都チュニスの危険情報を引き上げ 日本人死傷者も出た武装集団襲撃事件を受けて
テロや不測の事態に巻き込まれないよう、チュニジアへの渡航・滞在への注意を呼びかけています。(2015/3/19)

烏賀陽弘道の時事日想:
「ネット世論」を分析しても、選挙の結果は“逆”になる理由
衆議院選挙の投票があり、与党(自民党・公明党)の大勝という結果に終わった。大方の予想どおりとも言えるが、筆者の烏賀陽氏はネット上に飛び交う意見を見ていて、あることに気づいたという。それは……。(2014/12/16)

伊吹太歩の時事日想:
米国が日本の“足かせ”になる時代がすぐそこまで来ている?
国力、国際的な影響力が低下し続けている米国。イスラエル、パレスチナ間の紛争でも影響力の低下を露呈してしまった。しかしこれは、日本にとっても他人事ではない。米国が、日本にとって“足かせ”になってしまう危険性があるためだ。(2014/8/7)

イー・アクセス、LTE国際ローミングを香港で開始
イー・アクセスは、3月26日から香港でLTEの国際ローミングを開始する。なお、対応するのはUSBデータ通信端末の2機種のみ。(2014/3/24)

編集長ヨシオカのドバイレポート:
世界一美しいスターバックスでコーヒーを飲んでみた
さまざまな世界一が集まる豊かな国、ドバイ。「ドバイには世界一美しいスタバがあるらしい」と聞いて、早速一眼レフを抱えて行ってみることにした。世界一美しいスタバで飲んだカフェラテの味は……?(2014/2/13)

女神的リーダーシップ:
映像配信サービスで救われた命
スウェーデンでは毎年、ノーベル賞の発表を機に誰もが国際情勢に思いを馳せる。自由や和平への関心はとりわけ高い。ウェブ上には数々の試合やパーティーのライブ映像がアップされているが、中東で若者たちが独裁体制に立ち向かう姿も伝えられている。(2014/1/17)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/12/16)

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論 ―番外編―:
“Japanese English”という発想(前編)
「自分は英語が話せない」――。皆さんがそう思うときは、多かれ少なかれ米国英語/英国英語を思い浮かべているはずです。ですが、「英語」とは米国英語/英国英語だけではありません。英語は、世界中の国の数だけあるのです。もちろん日本にもあって、それは“Japanese English(日本英語)”に他なりません。そして、このJapanese Englishは、英米の2カ国を除けば概ね通じるものなのです。(2013/11/26)

Ogilvy & Mather @ Cannes 2013レポート:
優れたクリエイティビティで世にインパクトを与えた受賞作品を振り返る
カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルで、155個のライオンを受賞したオグルヴィ。同社CCOのアジャブ・サムライ氏は、クリエイティブには効果が伴わなければならないと語り、優れた受賞作品をいくつかピックアップし紹介した。(2013/10/10)

モダン・ジャズを代表する名盤がズラリ、SHM-CD「ブルーノート・ザ・マスターワークス」シリーズ
ユニバーサル ミュージックは、2014年1月に創立75周年を迎える名門ジャズ・レーベル「ブルーノート」から、モダン・ジャズを代表する名盤をズラリとそろえた「ブルーノート・ザ・マスターワークス」シリーズを販売開始する。(2013/9/24)

伊吹太歩の時事日想:
なぜシリアは空爆されるのか? 日本よ、本当の外交に目覚めろ
筆者は「日本は米国を支持すべきではない」と考えている。日本はシリア人からも尊敬の眼差しで見られているからだ。日本だからこそできる外交がある。(2013/9/5)

小飼弾×松井博、どこへ行く? 帝国化していく企業(1):
アップルやマクドナルドは、本当に“悪の帝国”なのか?
弱体化する国家を尻目に、国境を気にせず自らの利益を追い求める“企業帝国”たち。世界が一握りのお金持ちと圧倒的多数の単純労働者に分かれていくなかで、人々が幸せになる方法はあるのか。小飼弾さんと松井博さんが語り合った。(2013/6/17)

自然エネルギー:
灼熱の国に向く再生可能な「太陽熱発電」、数百MWが可能
太陽エネルギーを直接利用する発電方式は太陽電池だけ。これは誤った常識だ。低コストで電力を得られる集光型太陽熱発電の大規模化が進んでいる。どのような特徴がある発電方式なのか、どの程度の発電量が可能なのか、日本企業の動向は? 現状と将来の姿を紹介する。(2013/4/19)

伊吹太歩の世界の歩き方:
アルジェリア人質事件の裏にある民主化運動「アラブの春」
アルジェリアの天然ガスプラントが襲撃され、日本人技術者も犠牲となった。この事件の背景には民主化運動のもたらした北アフリカの現状がある。(2013/1/31)

シリアのインターネット、約2日間の遮断からほぼ復旧
内戦状態のシリアで11月29日から全面的に利用できなくなっていたインターネットと携帯電話回線がほぼ復旧した。当初政府当局はテロリストの仕業だとしていたが、国営放送では「故障を修理した」と報じた。(2012/12/2)

「ITmedia マーケティング」書評:
透明な時代に求められる企業への実践的経営指南書
日本アイ・ビー・エムの永井孝尚氏(「100円のコーラを1000円で売る方法」の著者)がループス・コミュニケーションズ 斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」を読んで示すキーワードは「透明性」。時代が求めるさまざまな意味の透明性に企業はいかにして対応すべきなのか?(2012/11/13)

死ぬまでに住んでみたい? 世界の珍物件
環境に適応した納得のものから、なんでこんなところにと首をかしげるものまで、魅力的な物件を取りそろえております。(2012/10/12)

伊吹太歩の世界の歩き方:
ジェームズ・ボンドに恥をかかせた米大統領候補
米大統領選挙の共和党候補ロムニーが初の“外遊”で大失点。彼の失言で図らずも明らかになった英国諜報部「MI6」の思惑とは。(2012/8/9)

ソフトバンクモバイル、「海外パケットし放題」に38の国と地域を追加
ソフトバンクモバイルが、海外向けパケット定額サービス「海外パケットし放題」に7月11日から38の国と地域を追加した。(2012/7/10)

ソーシャルインフルエンス:
「アラブの春」と「AKB48」に見る、影響力の変化
大規模な民主化運動「アラブの春」と「AKB48」。全く次元の違う領域だが、「影響力の変化」という視点で見れば、ともにこの時代からこその事象といえる。2つの事例を紹介しながら、影響力がどのように変化していったのかを見ていこう。(2012/7/5)

KDDI、「海外ダブル定額」の対象事業者を拡大――世界100エリアで利用可能に
KDDIは、海外でのパケット通信を1日定額にする「海外ダブル定額」について、対象事業者を新たに23社追加し、対応するエリアを全世界で100に拡大する。(2012/6/29)

新興国小売市場への参入魅力度ランキング:
新興国参入魅力度はブラジルが2年連続1位、ボツワナが20位で初登場――A.T.カーニー調査
「2012年グローバル・リテール・デベロップメント指標(以下GRDI:Global Retail Development Index)」――経営コンサルティング会社のA.T.カーニーは世界の新興国小売市場参入魅力度ランキングを発表した。(2012/6/18)

ネット選挙運動解禁への課題は“国民の無関心”?――与野党議員と津田大介さんら議論
2010年に審議入りして結局不成立となったネット選挙運動解禁法案。成立に向けてどのような課題があり、どう乗り越えていくのか。各党の議員と津田大介さんらが議論した。(2012/5/25)

スカイツリーがそびえ立つサングラス、Zoffから
個性的なスカイツリー限定サングラスはみやげ物にもぴったり?(2012/4/25)

Zoff、東京スカイツリーをイメージした限定サングラス
新店舗「Zoff 東京スカイツリータウン・ソラマチ店」が5月22日にオープンする。限定のオリジナルサングラスはお土産としても使える。(2012/4/23)

フォローしていない人やメディアからの投稿も表示、Twitterのインタフェース変更――ディック・コストロCEO
Twitterのディック・コストロCEOが来日し、Twitterの現状や変化について話した。今後インタフェースを変更する予定で、フォローしていない人の情報でもニーズに合えば表示したり、メディアの画像投稿を優先的に表示したりするようにするという。(2012/4/16)

New Order ポスト・ジョブズ時代の新ルール:
「60歳以上は信用するな!」 ――夏野剛が若者に説くワークスタイルの新フォーム
「インターネットの普及が、人類に3つの革命を起こした」と語る夏野剛氏。ジョブズ同様、人々のライフスタイルを革新的に変えるサービスを世に投じてきた彼には、日本人のワークスタイルに関して、どうしても若者に伝えたいことがあるという。(2012/4/9)

ソーシャルメディアガイドライン:
炎上コンサルタントが語る、企業TwitterよりもFacebookが有用なわけ
ソーシャルメディアの普及でビジネスはどう変わるのか。そして企業は、どのように利用すればいいのか。ネット炎上に詳しい伊地知晋一さんに話を聞いた。(2012/2/20)

山形豪・自然写真撮影紀:
フィールドでの食生活
アフリカで自然写真を撮っているという話をすると、何を食べて過ごしているのかという質問がよく返ってくる。そこで今回は「メシ」についての話をしてみよう。(2012/1/23)

誠編集部が選ぶ2011年のトレンドは?
東日本大震災という大きな出来事があった2011年。今年話題となった出来事を、Business Media 誠、誠Biz.ID、誠Style編集部それぞれが5つずつ選んでみました。(2011/12/16)

日々是遊戯:
チュニジア、エジプト、リビアの政治移行にシリアスゲーム活用の試み
昨年末から今年にかけ、大規模な革命が起こり話題となったアラブ地域。その政治移行を補助するために、シリアスゲームが活用されつつあるそうです。(2011/12/1)

匂いがたまらん! 世界中の食べ物が集結した「旅博2011」フォトリポート 食べ物編
日本では珍しいチュニジア料理やガーナ料理、そして有名ホテルの料理まで。旅博のフードコーナーは胃袋がいくつあっても足りません。(2011/9/30)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
スティーブ・ジョブスからの手紙への“返信”を考えてみた
8月24日に電撃的に発表された、Appleのスティーブ・ジョブスCEOの辞任。それに伝えた「スティーブ・ジョブスからの手紙」に、Apple製品のヘビーユーザーでもある筆者が返信してみた。(2011/9/1)

今日から始めるFacebook(基礎編):
Facebookって何ができるの? 便利な8つのポイント
2011年になってたびたび話題になっているFacebook。日本での利用はまだ始まったばかりです。FacebookはmixiやTwitterと何が違うのか。どんなことができるのか。全世界7億人以上が利用する巨大ソーシャルネットワークの特徴をまとめました。(2011/8/16)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
ネットの世界に住む巨大なゴリラとは何か――「ソーシャルネイティブ」の時代
FacebookやTwitter、Apple、Google……IT業界のプレーヤーたちが出す新しいサービスや製品に私たちが振り回されているうちに、実はその背後で、非常に大きな変化が起こっているのではないか。ネットとリアルで起こりつつある、その大きな変化とは……。(2011/6/23)

東京おもちゃショー2011:
R2-D2が家庭用プラネタリウムに デススターを映し出す
家庭用プラネタリウム「ホームスター」にR2-D2モデルが登場する。デススターを投影するという、スター・ウォーズファン感涙(?)の仕掛けも。(2011/6/17)

「国家によるインターネット遮断は国際法違反」――国連報告書
国連が、インターネットへの接続は基本的人権であり、これを阻む行為は国際法に違反すると主張する報告書を発表した。(2011/6/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。