ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「不正競争防止法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「不正競争防止法」に関する情報が集まったページです。

どこまで許される営業秘密の持ち出し 5G技術情報を持って楽天モバイルへ転職したソフトバンク元社員逮捕
ソフトバンクの5Gなどに関する営業秘密を不正に持ち出したとして、警視庁は楽天モバイルに転職した男を逮捕した。営業秘密を不正に持ち出すのは言語道断だが、前職当時の名刺や取引先との関係などの持ち出しもグレーゾーンだ。(2021/1/15)

5G情報流出、社外から遠隔操作で持ち出し 転職直前に170点
5Gの営業秘密の持ち出し事件で逮捕された合場邦章容疑者が、自宅PCからソフトバンクのサーバにアクセスし、データをメールで持ち出していたことが分かった。アクセスは約30回に達し、退職前に集中的に情報を集めていた形跡も確認されたという。(2021/1/15)

楽天モバイル、社員逮捕巡りソフトバンクに反論 「営業秘密を業務に使った事実は確認していない」
楽天モバイルが社員の逮捕を受けコメント。「持ち出された情報がすでに業務に使われた可能性がある」とするソフトバンクの主張に反論した。(2021/1/12)

5G情報の不正持ち出し容疑:
元社員逮捕のソフトバンク、「営業秘密がすでに利用されている可能性」指摘 楽天モバイルは否定
ソフトバンクは、楽天モバイルに転職した元社員が不正競争防止法違反の容疑で逮捕されたと発表。5Gなどの技術情報を不正に持ち出したとされる。ソフトバンクは営業秘密がすでに利用されている可能性を指摘、楽天モバイルは否定している。(2021/1/12)

ソフトバンク元社員が逮捕 楽天モバイルにネットワーク情報を不正に持ち出し
2019年末にソフトバンクを退職し、現在楽天モバイルに勤務する人物が、1月12日に警視庁に不正競争防止法違反の容疑で逮捕された。楽天モバイルに、ネットワーク技術の情報を不正に持ち出していたことが判明した。ソフトバンクは楽天モバイルに民事訴訟を提起する予定。(2021/1/12)

ソフトバンク元社員逮捕 5Gの営業秘密を転職先・楽天モバイルに持ち出しか
ソフトバンクの元社員が、不正競争防止法違反の疑いで逮捕。5G通信に関する機密情報を、転職先である楽天モバイルに不正に持ち出した可能性がある。(2021/1/12)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(9)前編:
スタートアップとのオープンイノベーションを成功させる契約書の作り方―前編―
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略構築を目指すモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を、基礎から解説する。第9回は前後編に分割して、スタートアップとのオープンイノベーション時に留意すべき契約の内容などを説明する。筆者は経産省/特許庁が公開した、オープンイノベーション促進のための「モデル契約書」作成にも関わった。その経験からオープンイノベーションの意義や課題を踏まえた解説を行う。(2021/1/14)

「マリカー」訴訟、任天堂の勝訴確定 損害賠償額は5000万円
企業「マリカー」(現商号:MARIモビリティ開発)とその代表取締役に対し、任天堂が提起していた訴訟について、任天堂の勝訴が確定した。最高裁判所が被告らからの上告を不受理としたため。(2020/12/28)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(8):
他社が製品を模倣した! とるべき法的アクションやリリース作成時などの注意点
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略構築を目指すモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を、基礎から解説する。今回は、他社が自社製品を模倣した場合、どのような法的措置を講じる選択肢があるのか、あるいはその逆に、模倣していると自社が訴えられた場合の対処法を解説する。(2020/12/14)

小説版ドラクエ著者、新たにスクエニ・東宝などを提訴 「主人公の名前を盗用された」
ゲーム「ドラゴンクエスト」のノベライズを担当した小説家、久美沙織さんが、小説に登場する主人公の名前と称号が無断で使われたとして、映画スクウェア・エニックスや東宝などを提訴した。(2020/11/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
嫌いな人にも読んでもらえるコンプライアンス教材
法とかルールとかが大嫌いな人にも、楽しんでもらいながらコンプライアンスの基本を学んでほしい。(2020/11/12)

SNS使い接近 中国産業スパイの脅威
積水化学工業のスマートフォン関連技術を中国企業に漏えいしたとして、大阪府警が元従業員を書類送検した。中国企業は誰もが使うSNSを通して元社員に接近しており、中国の産業スパイ網が身近に忍び寄っていることが明らかとなった。(2020/11/9)

迫る中国の産業スパイ、取引先装いSNSで接触か
営業秘密にあたる技術情報を中国企業に漏えいしたとして、積水化学工業の男性元社員が書類送検された。警察関係者は「手口は多様化している。現実に即した対応を迅速に取らなければ、財産が流出し続けることになる」と警戒感を示している。(2020/10/15)

迫る中国の産業スパイ 取引先装いSNSで接触か
中国側がSNSを通じて接触を図った今回の事件は、日本の技術情報を狙う中国の脅威を改めてあぶり出した格好で、対策は急務だ。(2020/10/14)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(6):
協業先からの思わぬ情報漏えいを防ぐ、秘密保持契約書の作り方と留意点
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略構築を目指すモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を、基礎から解説する。今回は、他社との取引時に自社の秘密情報を保護する上で重要なNDAを取り上げて、盛り込むべき条項や内容を解説する。(2020/10/2)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(5):
こんな広告活動には要注意! 比較広告や「ステマ」に潜む法的リスクとは
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略の構築を図るモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を基礎から解説する。今回はモノづくり企業が広告活動を展開する上で留意すべき、比較広告やステルスマーケティングなどの諸問題点について解説する。(2020/8/27)

GUCCI、PUMA、ミズノなどブランドロゴを無断使用したハンドメイドマスクにご注意! メーカー「許可できるものではない」
オークションサイトやフリマサイトで1万円を超える値段で売買されていました。(2020/8/16)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(4):
ブランド戦略に欠かせない知財、商標が独自性を失う「普通名称化」を防ぐには?
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略の構築を図るモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を基礎から解説する。今回取り上げるのは製品開発後のブランド戦略構築時に必要な知財関連の取り組みだ。特許権や商標権の取得だけでなく、製品名など自社商標の普通名称化を防止する対策も必要となる。(2020/7/20)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(3):
製品を開発するときに作成すべき契約と規程は何?
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略の構築を図るモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を基礎から解説する。今回は開発を進める上で必要となる、知財に関連した契約、規程に関する注意点を取り上げる。(2020/6/25)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(2)量子コンピュータ(2):
量子コンピュータよ、もっと私に“ワクワク”を
この連載のために量子コンピュータについて勉強し続けていますが、今一つワクワクしません。ハードがないのにアルゴリズムの研究が何十年も行われているのは素直にすごいと思いますが、ことアプリケーションの話になると、どうも“ショボい”気がするのです。そうは言っても、連載を続けないといけませんので、「私の、私による、私が楽しむためだけの記事」として筆を進めることと致します。(2020/5/25)

「引用だから大丈夫」「昔話ならOK」――“読み聞かせ動画”のワナ
新型コロナウイルス感染症の流行に伴う休校が長引く中、動画投稿サイトで公開されている読み聞かせ動画に注目が集まっている。子守に役立つ反面、著作権侵害の恐れもある。昔話や引用でも問題になる場合もあり注意が必要だ。(2020/5/7)

セキュリティ対策時に参照すべき法制度を網羅:
「サイバーセキュリティ関係法令Q&Aハンドブック」全文を公開 NISC
内閣サイバーセキュリティセンターは「サイバーセキュリティ関係法令Q&Aハンドブック」を発表した。参照すべき関係法令をQ&A方式で解説。同センターのWebサイトで全文を公開している。(2020/3/9)

情報漏えい、低過ぎた危機意識〜元ソフトバンク社員の陥った古典的なスパイ手口
民間企業は危機意識が低い?(2020/1/30)

「マリカー」訴訟、二審も任天堂が勝訴 損害賠償額は1000万→5000万円に
「マリカー」の訴訟について知的財産高等裁判所は1月29日、任天堂の訴えを認め、MARIモビリティ開発に対し5000万円の支払いを命じる判決を言い渡した。(2020/1/29)

ソフトバンク元社員を逮捕 機密情報2点を無断で持ち出し
ソフトバンクは、同社元社員・荒木豊容疑者が不正競争防止法違反の疑いで逮捕されたと発表した。荒木容疑者は機密情報2点を無断で持ち出したとされる。(2020/1/27)

ソフトバンクの元社員逮捕 作業文書などを無断で持ち出し
通信設備に関わる情報をロシアに渡したと報じられています。(2020/1/26)

ソフトバンク元社員が情報漏えいで逮捕 「機密性の高い情報は含まれない」
1月25日、ソフトバンク元社員の荒木豊容疑者が、警視庁に不正競争防止法違反の容疑で逮捕された。荒木容疑者は、ソフトバンクの作業文書等を無断で社外に持ち出していた。持ち出された文書は機密性が低く、ユーザーの個人情報は含まれないという。(2020/1/25)

「ドラクエV」小説版原作者が映画「ユア・ストーリー」製作委員会を刑事告訴 詐欺や不正競争防止法違反などで
主人公「リュカ」の名前を無断で転用されたと以前から主張していました。【追記】(2019/12/13)

カカクコム株価が大幅安 「公取委が飲食店サイト実態調査」伝わり
食べログの点数を巡る疑問が取り沙汰されたタイミング。(2019/10/10)

公取委、「飲食店ポータルサイト」の実態調査へ 「食べログ」など対象か
具体名は伏せるも「それなりに名の通ったところ」と説明。(2019/10/10)

ゲームのセーブデータの改造代行、不正競争防止法違反で初摘発
18年11月の法改正で不正競争行為として規制されることになりました。(2019/7/1)

大改正5つのポイントを解説:
2020年、意匠法はどう変わる? 物品だけでなく画像や空間、そして光も対象に
「特許法等の一部を改正する法律案」が2019年5月10日に可決・成立し、同年5月17日に法律第3号として公布された。これを受け、来年(2020年)にも新たな法制度がスタートする。今回の改正で製品デザインの保護に関わる「意匠法」はどのように変わるのか? 日本弁理士会意匠委員会 委員長の布施哲也氏が解説した。(2019/6/28)

Microsoft 365で実現するクラウド時代のセキュリティ(4):
PR:Windows Information Protection を正しく知る
本稿は Microsoft 365 に含まれるセキュリティに関連する機能にスポットを当て紹介するシリーズです。公式ドキュメントからは読み取れない便利な機能を日本マイクロソフトの技術営業チームが紹介します。今回のテーマは、データ損失を防止するソリューション「Windows Information Protection(WIP)」をご紹介します。(2019/6/28)

「マリカー」訴訟、知財高裁も任天堂の訴え認める
任天堂が一審に続き二審も中間判決で勝訴。今後は損害金額の審理が継続される。(2019/5/30)

事例で学ぶ品質不正の課題と処方箋(2):
「部分最適」では逆効果――万全な品質コンプライアンスを構築するポイント
相次ぐ品質不正から見える課題とその処方箋について、リスクコンサルタントの立場から事例を交えつつ解説する本連載。連載第2回目となる今回は、品質コンプライアンス対応で陥りやすい問題に焦点を当て、各企業において取るべき施策の検討材料を提供します。(2019/5/20)

製造マネジメントニュース:
三菱マテが品質問題の再発防止状況を公表、検査自動化などを前倒しで推進
三菱マテリアルは2019年5月13日、同社子会社の三菱電線工業ほか4社で発覚した検査データの改ざんや検査不適合品を出荷した事案について、再発防止策の実施状況を公表した。(2019/5/14)

ラブライブ!公式サイト乗っ取りに使われた「ドメイン移管」の仕組みとは “10連休”に危険潜む?
サイト乗っ取りに使われた「ドメイン移管」とは何か。関係各社に取材したところ、今回の手法に加え、新たな危険も見えてきた。(2019/4/5)

アニメ版「ちぃたん☆」の今後について テレ東は「コメントできることはございません」
現時点ではノーコメント。(2019/2/9)

ゆるキャラ「ちぃたん☆」に須崎市が活動停止申し入れ マスコットキャラ「しんじょう君」の著作権侵害などで
一体何が……。(2019/2/7)

「悪質なパクリ」と「イノベーションに役立つパクリ」の差は ティラミス問題で読みたい一冊『パクリ経済』
パクリそのものの在り方が大きく変化しているいま、パクリ問題を立ち止まって真摯に考える必要がある。(2019/1/28)

サイバーガジェットがセーブエディターを販売終了 不正競争防止法の改正を受けてか
サイバーガジェットは「製品の販売終了に関する理由等の詳細につきましてはお答えしておりません」との回答。(2018/12/20)

「キラキラ☆ウォーカー」運営者を詐欺罪などで逮捕 「ポケコイン2万円分もらえる」と偽キャンペーン展開
詐欺罪のほか、著作権法違反、商標法違反、不正競争防止法違反の容疑も。(2018/9/27)

神戸市教育委員会、化学工業メーカーによるユーザー事例も:
PR:不適切なIT資産管理によりデジタルビジネスを失敗させないためには、どうすればいいのか――ITAM World 2018レポート
ビジネスとITの融合が進む中、SAM/ITAMの対象領域は大きく拡大し、ビジネスを遂行する上で欠かせない考え方になっている。そのような中で、IT資産管理とリスク管理、ビジネスの成長に向けて企業が押さえるべきポイントは何か。標準化の動向から、ツールやソリューションの使い方のポイント、人材育成、最新テクノロジーの対応までを対象に実施されたITAM World 2018からそのヒントを探る。(2018/8/6)

注目集まる「アビス・ホライズン」訴訟問題 「艦これAC」は“パクリゲーム訴訟”暗黒の歴史を塗り替えられるか
著作権に詳しい弁護士に、争点について解説してもらいました。(2018/8/6)

セガ、スマホゲーム「アビス・ホライズン」に対し配信差し止め申立て 「艦これアーケード」の権利侵害で
アビス・ホライズン側は「違法な点はない」と真っ向対立へ。(2018/7/11)

ミクシィ「商標法違反の認識ない」 チケキャンめぐる社長らの書類送検にコメント
チケットキャンプの「ジャニーズ通信」をめぐり商標法違反の疑いでミクシィ社長などが書類送検されました。(2018/6/22)

チケキャン問題「真摯に反省」、ミクシィ森田社長 「もう少し早めに経営判断できた」
ミクシィの森田仁基社長が2月14日、決算説明会で「チケットキャンプ」問題について「真摯に反省し、再発しないよう考える」とコメントした。(2018/2/14)

取引多い出品者を優遇する制度も チケットキャンプに関する調査報告書が公開
同業他社サイトで取引が多い利用者の勧誘も行われていました。(2018/2/14)

チケキャン、利用規約にない「VIP会員」存在 ミクシィの対応遅れを指摘、第三委
「チケットキャンプ」問題をめぐり、ミクシィが第三者委員会の報告書を公開。報告書は、利用規約に明記がない「VIP会員」の存在を指摘している。ミクシィはフンザ買収時、会員の存在を認識していなかったが、対応が後手に回っていたという。(2018/2/14)

「チケキャン」買収の合理性など検証 ミクシィ、第三委から報告書
ミクシィが「チケットキャンプ」運営子会社フンザ買収の経営判断の合理性などを検証した報告書を、第三者委員会から受領。内容を精査し、今後の方針と合わせて発表予定。(2018/2/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。