ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「不正競争防止法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「不正競争防止法」に関する情報が集まったページです。

テレ東「警察密着24時!!」で不適切内容を謝罪 「“ニセ鬼滅”組織を一網打尽」など「配慮を欠き、行き過ぎた」演出も 「名誉を傷つけてしまった」
過激なナレーションやテロップを多用していた。(2024/5/29)

あのキャラの声、AIで勝手に再現「無断AIカバー」氾濫 声優と弁護士に聞く「声の守り方」と未来
人気声優や歌手の声を無断で使った「AIカバー」が急増。対策は? AI時代の声の未来は? 声優と弁護士に聞いた。(2024/5/10)

Nintendo Switchのセーブデータ改造代行で逮捕者 「ポケモン全種類作成可能」とWebで募集
コンピュータソフトウェア著作権協会は、Nintendo Switch用ゲームソフト「ポケットモンスター バイオレット」のセーブデータの改造代行をしていた人物が逮捕されたと発表した。(2024/4/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
ようやく制度化「セキュリティ・クリアランス」とは? 民間企業にどう影響するのか
閣議決定されたセキュリティ・クリアランス法案は、民間企業の従業員も無関係ではない。先端技術分野も機密情報となり、情報を扱うための適性評価の対象が民間にも広がるからだ。プライバシーの懸念も出ているが、国の安全と発展のために不可欠な制度だといえる。(2024/3/15)

NTT西日本、森林社長の辞任を発表 顧客情報928万件流出で引責
NTT西日本の子会社で勤務していた元派遣社員が約928万件の個人情報を不正流出させた問題で、NTT西日本の森林正彰社長は2月29日、3月末で引責辞任すると表明した。森林氏は同日の記者会見で「不正持ち出しの社会的責任は極めて重大」とし、後任については「然るべきタイミングで公表する」と述べた。(2024/3/1)

磯部孝のアパレル最前線:
“パクリ疑惑”続出のSHEINを、なぜ日本の若者は支持するの? ユニクロが訴訟を起こした根本的理由
ユニクロは1月16日、模倣商品の販売停止などを求めて、SHEINブランドを展開する3社を提訴したと発表した。パクリ騒動が後を絶たないSHEINはなぜ、若者に支持され続けているのか。(2024/1/31)

ユニクロ、中国発ブランド「SHEIN」を提訴 “模倣商品”の販売巡り 「顧客からの高い信頼を損ねている」
ユニクロは1月16日、中国発のファッションブランド「SHEIN」を展開する3社を提訴したと発表した。ユニクロが販売する「ラウンドミニショルダーバッグ」の模倣商品を販売し、不正競争防止法に違反していると主張している。(2024/1/16)

大手商社「双日」元社員を逮捕 前職「兼松」から機密情報を不正に持ち出した容疑
大手総合商社の双日の元社員が9月28日、不正競争防止法違反の容疑で警視庁に逮捕された。前職で勤めていた総合商社の兼松から機密情報を不正に持ち出した容疑。(2023/9/28)

コスプレイヤー・えなこさん、自身そっくりの“AIグラビア画像”にコメント 「AIに食われ過ぎて……」
コスプレイヤーのえなこさんが、自身に似た“AIグラビア”画像について、公式Twitterアカウントでコメント。「AIに食われすぎてもう骨くらいしか残ってない」という。(2023/6/22)

女性声優の“存在しない”水着画像をAIで作成、販売……法的に問題ないの? 弁護士に聞いた
実在する人物に似た画像をAIで生成し、それを販売する事例が現れた。顔は女性声優や女優などを模しているようで、水着などを着せている。著名人を模したAI画像やそれを作成できるAIモデルの売買について、法的に問題はないのだろうか。弁護士に聞いた。(2023/6/12)

ダイソンは控訴へ パナソニック勝利のヘアドライヤー広告訴訟で
パナソニックのヘアドライヤー広告が消費者に誤解を与えるとしてダイソンが差し止めを求めていた訴訟で東京地方裁判所は請求を退けた。しかしダイソンは控訴する考えだ。(2023/4/28)

ネットで買った「電動アシスト自転車」、実は“原付”? 警察庁など注意喚起、事故につながるおそれ
「電動アシスト自転車」として売られていた商品の中にアシスト比率が道路交通法で定める基準を超えるものがあったとして、警察庁や国民生活センターが4月19日に注意喚起した。(2023/4/19)

複雑化した工場リスクに対する課題と処方箋(1):
品質だけでない現場のコンプライアンス違反リスク、複雑な要請にどう対応するか
これまで製造現場のコンプライアンス違反といえば、品質にかかわる不正や不祥事がメインでした。しかし近年、ESG経営やSDGsの広まりから、品質以外の分野でも高度なコンプライアンス要求が生じています。本連載ではコンプライアンスの高度化/複雑化を踏まえ、製造現場が順守すべき事柄を概観します。(2023/4/5)

個人情報保護法、電気通信事業法など:
2023年度、最低限押さえておきたいIT関連の法改正をまとめてチェック
IT業界で働いているなら最低限押さえておきたい2023年度施行予定の法律と、2024年度以降に施行される予定の法律案を紹介する。(2023/4/4)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(105):
ソフトは転売していません。マニュアルを販売しただけです
ソフトウェアを転売しても窃盗罪には当たらないんだってね。じゃあ、アクティベーション回避プログラムをじゃんじゃん売っちゃおうぜ。(2023/1/23)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
値上げしたスシロー、値上げしなかったサイゼリヤ…… 話題のトピックから見えた外食産業の苦悩と未来
2022年の外食産業で話題になった出来事を振り返る。コロナ禍から復活しつつあるが業界が抱える“苦悩”も見えてきた。今後の動向は?(2023/1/5)

博士だけのアイドルグループ「PhD48」始動 “任期付きアイドル”はポスドク問題への風刺? 発起人に聞くその意図
発起人の物理学者に話を聞きました。(2022/12/28)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(17):
スタートアップに潜む知財紛争リスクにご用心、M&A前に調査検討すべき項目
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第16回は、知財デューデリジェンスでも問われる職務発明規定の定め方について、留意点を解説する。(2022/12/27)

2022年を騒がせたセキュリティ事件トップ10は? Trellixが調査を発表
Trellixは「2022年の10大セキュリティ事件」を発表した。国内のビジネスパーソンを対象に2021年12月〜2022年11月に報道された事件の認知度を調査した。(2022/12/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜスシローやかっぱ寿司で不祥事が? 業界を苦しめる「安かろう、良かろう」戦略と過剰な期待
大手回転寿司で不祥事が相次いでいる。その背景には、安くて良いものを求める消費者の心理があると筆者を指摘する。各企業が対応するのはもう限界か。(2022/11/9)

「かっぱ寿司」と「はま寿司」 衝撃の社長逮捕劇を15年前の“因縁”でひもとく
不祥事が相次ぐ回転寿司業界。2回に分け「かっぱ寿司」「スシロー」をそれぞれ分析する。(2022/10/16)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(15):
M&A予定のスタートアップにおける知的財産権の侵害リスク、どう評価すべきか
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第15回も前回に引き続き、知財デューデリジェンス(DD)における留意点の解説を行う。(2022/10/12)

「かっぱ寿司」社長、「はま寿司」情報不正取得で逮捕→辞任 競合の現役社長が兼務で後任に、理由は?
回転すしチェーン「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトの田邊公己社長が不正競争防止法の疑いで逮捕・書類送検されたとして、辞任すると発表した。後任には同社取締役の山角豪氏が同日付で就任した。選出理由を取材した。(2022/10/3)

キャンペーン商品のまぐろ:
スシロー、仕入れ値の安い「キハダマグロ」を誤販売 返金で対応
スシローは、10月1日からのキャンペーンで使用する予定だったキハダマグロを、キャンペーン開始前に販売していた。(2022/10/3)

不正競争防止法違反の容疑:
かっぱ寿司の田邊社長、逮捕を受け辞任 後任は?
かっぱ寿司の運営会社カッパ・クリエイトは10月3日、田邊公己氏が社長を辞任したと発表した。(2022/10/3)

「かっぱ寿司」運営元、社長ら逮捕の報道に謝罪 「現在は事実確認中」
競合他社「はま寿司」の営業秘密を不正に持ち出した疑い。(2022/9/30)

PR:情報漏えいの脅威は社内にも 従業員を疑う前にできるコト 内部不正対策は「99%のまじめな従業員を守るために」
(2022/9/29)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(14):
M&A前に必ず把握すべき、スタートアップが持つ知財や管理体制
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第14回はスタートアップのM&A時に確認すべき知財の管理体制などについて解説を行う。(2022/9/13)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「今日からセキュリティ担当、よろしくね」と言われたら、何から始める? 何を重視する?――freee CISO 茂岩祐樹氏
今日からセキュリティ担当と言われたら……。悩みつつゼロからセキュリティ部門の立ち上げに携わった経験を元に、これからセキュリティチーム作りを始める人たちに向けたアドバイスとは。(2022/8/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本の会社も“他人事”ではない トランプ前大統領のスパイ容疑
自宅に家宅捜索が入った米国のトランプ前大統領だが、公文書の持ち出しや文章改ざんの恐れという法律違反に加えて、スパイ防止法違反の容疑も含まれている。ここ数年の同氏の怪しい動きとは……。(2022/8/18)

ダイソンがパナソニックを提訴 「ドライヤーの広告表示が誤解を招く」
ダイソンは6月9日、パナソニックのヘアードライヤーナノケア「EH-NA0G」の広告が不正競争防止法に違反するとして、東京地方裁判所に提訴を行った。(2022/6/9)

ダイソン、パナソニックを提訴 ドライヤー広告の差し止め求める
ダイソンは9日、パナソニックのヘアドライヤー「ナノケア」の広告において「ナノイー」に関する記述が不正確で消費者に誤解を与えるとして、東京地方裁判所に広告の差し止めを求める訴訟を起こした。(2022/6/9)

内部不正対策にAIを使う場合の注意点などを追記:
IPAが「組織における内部不正防止ガイドライン」を5年ぶりに改訂
IPAは、「組織における内部不正防止ガイドライン」の第5版を公開した。個人情報保護法や不正競争防止法などの法改正に伴い、事業環境の変化や技術の進歩を踏まえた対策などを追加した。(2022/4/11)

顧客から「漏えいでは」と指摘:
退職者が機密情報を持ち出し 「勉強のためだった」なら処分を甘くすべきか?
退職者が機密情報を持ち出していたことが発覚。「勉強のためだった」というが、どのように処分するべきか?(2022/3/7)

AUTOSARを使いこなす(21):
AUTOSARの最新リリース「R21-11」(その1):新規コンセプトの他に変更や廃止も
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載第21回からは、2021年11月25日に発行された最新規格文書の「AUTOSAR R21-11」について紹介する。(2021/12/20)

研修とは“真逆”のアプローチ:
研修で不正は防げない!──「コンプラなんて他人事」の社員を変えるものとは
研修を実施し、社員のコンプラ意識を向上させる──多くの企業が実施しているコンプラ施策だが、これだけでは、不正を必ずしも防ぎきることはできない。社員を変える、研修とは“真逆のアプローチ”とは。(2021/12/8)

品質不正問題:
防舷材不適切検査を30年続けた住友ゴム、南アのタイヤ生産不正は日本人駐在員が主導
住友ゴム工業は2021年7月に判明した品質管理に関わる不適切事案について、特別調査委員会からの調査報告書を受領した上で、今後の対応や関係者の処分などを決定したと発表した。また、品質保証体制を強化するため、同年12月15日付で社長直轄組織となる「品質保証部」を新設することも決めた。(2021/11/10)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(2):
取引事実を公表したがるスタートアップ、どんなNDAを結ぶべきなのか
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第2回はスタートアップとのNDAの締結方法において意識すべきポイントを具体的に解説する。(2021/9/14)

所有権は発生しない?:
「リアルアート」と「NFTアート」、法的な違いは? 弁護士が解説
注目が集まる「NFTアート」は、法的にはどのような位置づけになるのでしょうか。譲渡や利用など、シーン別に「リアルアート」との違いを弁護士が解説します。(2021/7/30)

「鬼滅の刃」便乗商品を「鬼退治グッズ」などと称して販売、4人逮捕
不正競争防止法違反(周知表示混同惹起行為)の容疑で経営者ら4人が逮捕されました。(2021/7/28)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「はま寿司」のデータを欲しがった? 「かっぱ寿司」転落の背景は“伝統の否定”
「かっぱ寿司」の運営会社が不正競争防止法違反の容疑で刑事告訴された。「はま寿司」の日次売り上げデータを受け取っていた。かつてイケイケだったかっぱ寿司はなぜ追い込まれたのか。(2021/7/13)

新潟県警、Nintendo Switchのデータ改造業者を逮捕 「最強セーブデータ代行」称する中国籍男性
不正競争防止法違反の容疑。(2021/7/8)

カッパ・クリエイトの代表がはま寿司から告訴 売上データなどを受け取っていた疑い
かっぱ寿司を運営するカッパ・クリエイトは7月5日、同社の代表取締役がはま寿司に告訴され、関係当局による捜査が行われたと発表した。(2021/7/5)

「社外秘の資料を画面共有」は情報漏えいか? 弁護士が語るテレワークの法的留意点
テレワークを導入した企業の中には、急ごしらえのセキュリティ対策となってしまっているところも多い。西村あさひ法律事務所の弁護士、北條孝佳氏がテレワークのセキュリティにおける3つの課題と対策、法的な観点から注意すべきポイントを挙げた。(2021/6/28)

「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」
具体的にどのような法的問題があるかもまとめました。(2021/6/8)

情報漏えいを防ぐには:
緊急導入したテレワークを「恒常施策」に 必要なセキュリティ対策は?
コロナ禍で緊急導入したテレワークの恒常化に取り組む際、必要なセキュリティ対策とは?(2021/5/27)

楽天モバイル、ソフトバンクによる提訴に争う姿勢
楽天モバイルは、ソフトバンクによる損害賠償請求訴訟を受け、争う方針を示した。(2021/5/6)

ソフトバンク、楽天モバイルと元社員に1000億円規模の訴訟 まず10億円の支払いなどを請求
ソフトバンクが、楽天モバイルと元社員に対して10億円の損害賠償などを求める民事訴訟を東京地方裁判所に提起したと発表。元社員が転職先の楽天モバイルに5G通信などに関する営業機密を持ち出した件を巡り、営業上の利益が侵害されたと主張している。(2021/5/6)

ソフトバンクが楽天モバイルと同社元社員を提訴 営業秘密の利用停止や廃棄などを求める
ソフトバンクから楽天モバイルに転職した人物が営業秘密を持ち出した事案に関連して、ソフトバンクが楽天モバイルと当該人物に対する訴訟を提起した。営業秘密の利用停止や破棄と、損害賠償の一部の支払いを求めている。【追記】(2021/5/6)

ソフトバンク、楽天モバイルと元社員に訴訟提起 1000億円規模の損害賠償請求権を主張
ソフトバンクは5月6日、民事訴訟を東京地方裁判所へ提起したと発表した。(2021/5/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。