ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「議決権」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「議決権」に関する情報が集まったページです。

コンサルは見た! 情シスの逆襲(10):
そろそろ銀行に帰ったらどうかね?――二代目はテクニシャン
「スマホ・デ・マルシェ」開発頓挫の裏には、質の悪いシナリオがありそうだ。美咲と白瀬は調査のために「アクセル乳業」を訪ねる。同じころ、ラ・マルシェの社長のもとに、招かれざる客が訪れていた。(2019/12/5)

「ひ孫会社」まで登場 ヤフーとLINE、複雑すぎる経営統合の図式
(2019/11/18)

ヤフーとLINEの経営統合が正式発表 「世界をリードするAIテックカンパニー」目指す
11月18日、ヤフーの親会社であるZホールディングスとLINEが経営統合することを正式に発表した。マーケティング事業、集客、Fintech事業、新規事業におけるシナジー効果を両社は期待する。「日本・アジアから世界をリードするAIテックカンパニー」を目指すとしている。(2019/11/18)

ヤフーとLINE、経営統合で基本合意 正式発表
ヤフーの親会社ZホールディングスとLINEが、経営統合について基本合意したと発表した。(2019/11/18)

ヤフー親会社、ZOZOの連結子会社化を完了
ヤフーを傘下に持つZホールディングスが、ZOZOの買収が11月13日に完了したと発表。約4007億円を投じ、ZOZO株式の50.1%を取得した。ZOZOはZHDの連結子会社となる。コマース事業の強化により、国内外のプラットフォーマーに対抗する。(2019/11/14)

マネーフォワード、「ボクシル」運営元を約20億円で買収 SaaSマーケティングに参入
マネーフォワードがスマートキャンプを19億9800万円で買収。スマートキャンプはSaaS情報の比較・検索サイト「BOXIL」を運営している。国内SaaS市場の急成長を踏まえ、SaaSマーケティング事業に参入して収益基盤を強化する狙い。(2019/11/11)

新連載・古田拓也「今更聞けない金融ビジネスの基礎」:
資産運用“素人レベル”の地銀、SBI「25億出資」の勝算とは
地方銀行はもうダメだ――。まことしやかにささやかれている「地銀はもうダメ」論だが、どこがそれほどダメなのかを確認し、それでも地銀との提携を推進するSBIグループの狙いは何かを探っていきたい。(2019/11/8)

ソフトバンクG、苦境WeWorkに約1兆円の支援 過半数の議決権は持たず関連会社化
ソフトバンクグループが、コワーキングスペース「WeWork」を運営するThe We Companyに計約95億ドル(1兆308億円)の金融支援を行うと発表した。過半数の議決権は保有せず、子会社ではなく関連会社となる予定だ。We社は大規模な赤字を抱えていることなどが発覚し、9月末にIPO申請を撤回していた。(2019/10/23)

ブランドカラーも一新:
東芝メモリ、新社名「キオクシア」のロゴ発表
 東芝メモリは、2019年10月1日付で社名を「キオクシア」に変更するのを前に、9月30日、東京都内で報道関係者向けの説明会を実施。新たなロゴやコーポレートカラーなどを発表した。(2019/9/30)

製造マネジメントニュース:
スバルがトヨタの関連会社に、AWD車や次期86/BRZを共同開発
トヨタ自動車とSUBARU(スバル)は2019年9月27日、長期的提携関係の発展と強化に向けて、新たな業務資本提携に合意したと発表した。(2019/9/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
スバルとトヨタ、資本提携強化でどうなるのか?
トヨタがスバルへの出資を強化して関連会社化するとともに、スバルもトヨタ株を取得する。スバルは、マツダ、スズキと並んでトヨタアライアンスにおいて、最恵国待遇を得たことになる。なお、ダイハツは、トヨタが全株式を取得し、すでに100%子会社となっている。つまり今回のスバルの株式相互保有によって、トヨタアライアンスの資本提携は一応の完結を迎える。(2019/9/30)

IPO延期のWeWork、ノイマンCEOが辞任
ソフトバンクが数十億ドルを投資しており、9月にIPOを申請したWe Companyの創業者でCEOのアダム・ノイマン氏がCEOを辞任した。ここ数週間、同氏に対する批判が高まっており、「CEOを辞任することが会社にとって最善だと判断した」としている。(2019/9/25)

ヤフーVSアスクル、対立の背景はソフトバンクGの親子上場
突如として表面化した「ロハコ」をめぐるアスクルとヤフーの対立。業績改善を最優先にとりつく島もないヤフー側に過半の議決権を握られたアスクルは、世論を味方につけようと内情を暴露するプレスリリースを連発した。対立は、親子上場という日本の企業が抱える資本関係の問題にまで論点を広げながら泥沼化したが、アスクルのカリスマ社長の退任という異例のトップ交代で第1幕は閉じた。(2019/9/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタとスズキ 資本提携の構図
トヨタ自動車とスズキは資本提携を発表した。その背景として大きいのがインド。スズキのインド戦略を振り返るとともに、提携による効果はどこにあるのかを探る。そして、トヨタとスズキとの提携の本丸は、インドでの工場共同設立にあるのではないか。(2019/9/2)

ヤフーVS. アスクル、対立の背景はソフトバンクGの親子上場
突如として表面化したインターネット通販事業「ロハコ」をめぐるアスクルとヤフーの対立。業績改善を最優先にとりつく島もないヤフー側に過半の議決権を握られたアスクルは、世論を味方につけようと内情を暴露するプレスリリースを連発した。(2019/8/30)

ソフトバンク宮内社長、アスクルとの対立問題で「ヤフー支持」明言 「正しさはいずれ分かる」「大義あった」
ソフトバンクの宮内謙社長が、ヤフーとアスクルが経営を巡って対立している問題に言及。「ヤフーの事業を大きくできるのであれば、肯定したい」「半年ほどたったら(正しさは)証明されるだろう」と賛成する姿勢を示した。ヤフーは、アスクルが2日に開いた定時株主総会で、岩田彰一郎前社長らの再任に反対する議決権を行使。計4人を退任させ、物議を醸していた。(2019/8/5)

ヤフー株価が大幅安 第1四半期決算は減益に
アスクルとの対立は社長退任でいったん決着。(2019/8/5)

「ヤフーからの重圧は感じない」「岩田前社長からDNA受け継ぐ」 アスクルの吉岡新社長が強気の姿勢
アスクルの岩田彰一郎前社長の後任として、吉岡晃COOが社長に内部昇格。吉岡新社長は「ヤフーからのプレッシャーは感じない」「岩田前社長のDNAを受け継ぐ」と強気の姿勢を示した。「LOHACO」事業の業績改善にも積極的に取り組むとした。(2019/8/3)

ヤフーの1Qは増収 対立するアスクルの売上増が貢献
ヤフーの19年4〜6月の連結業績は、増収減益。経営権を巡り対立している子会社アスクルの増収などが貢献したが、前年同期にIDCフロンティアの売却益79億円を計上した反動で減益に。(2019/8/2)

「社長が辞めて大丈夫か」「ヤフーはLOHACOを奪うのか」 アスクル株主総会で質問飛び交う
アスクルが定時株主総会を開催し、取締役10人の選任議案を付議。筆頭株主のヤフーと第2位株主のプラスが、岩田彰一郎社長と独立社外取締役3人の再任に反対の議決権を事前に行使したため、株主総会の終了をもって4人は退任した。株主と取締役の質疑では、アスクルの今後について多くの質問が出た。(2019/8/2)

アスクル岩田社長が退任 「立場にしがみつくつもりはない。全て終わり」
アスクルが定時株主総会を開催。筆頭株主のヤフーと第2位株主のプラスが再任に反対の議決権を事前に行使したため、岩田彰一郎社長と独立社外取締役3人の退任が決まった。岩田社長は株主総会の終了後に記者会見を開き、心境を語った。(2019/8/2)

専門家のイロメガネ:
吉本興業がテレビ業界から干される日
不祥事で謝罪会見を行えば、ある程度、トラブルは鎮静化するものだが、「グダグダ」「意味不明」と批判された会見によってさらに報道はヒートアップ。今後の吉本は、テレビ局各局から「干される」可能性すらある。そしてその動きはすでに表面化している。(2019/8/2)

アスクル、臨時取締役会を中止 ヤフーへの自社株売渡請求を延期 姿勢軟化受け
アスクルが、8月1日午後に予定していた臨時取締役会を中止。同会では当初、親会社ヤフーに対する株式の売渡請求権の行使を審議する予定だったが、ヤフーが第三者にアスクル株式を譲渡する可能性を示唆したため、審議の延期を決めた。(2019/8/1)

ヤフー、またアスクル批判 騒動の要因は「岩田社長の保身」 第三者に株式を譲る可能性も示唆
ヤフーが、経営などを巡って対立している件で見解を発表。アスクルが株式の売渡請求権の行使を示唆していることについて「岩田社長の保身」と批判した。ただ、株式の譲渡先の候補によっては、交渉に応じる可能性も示唆した。(2019/7/31)

アスクル「少数株主から多くの支持」と主張 プラスとレオスの「ヤフー支持」受け
経営を巡りヤフーと対立しているアスクルが「当社少数株主から現経営体制へ多くの支持を得ている」とコメント。プラスやレオスといった、ヤフーの方針に賛同する少数株主が出てくる中で、「多くの機関投資家から一般の株主まで、応援の声をいただいている」とけん制した。(2019/7/30)

新たな少数株主が「ヤフー支持」表明 「支配株主の横暴」説くアスクルに打撃
ヤフーとアスクルが経営などを巡って対立している件について、アスクル株を少数保有する資産運用会社のレオス・キャピタルワークスがヤフーの方針に賛同した。レオスは「アスクルの業績向上および株価向上のために、議決権行使についてのヤフーの判断を支持します」などとコメントした。アスクルの度重なる批判を受け、ヤフーは業績面などから議決権行使の理由をあらためて説明した。(2019/7/29)

アスクル社外取締役らが声明文、ヤフーの議決権行使を批判 「深く憂慮する」「ガバナンスを蹂躙している」
ヤフーがアスクルの岩田彰一郎社長と独立社外取締役3人の再任に反対する議決権を7月25日に行使した。この件について、アスクルの独立役員会が「深く憂慮する」との声明文を発表した。同会は、23日の記者会見に続き、ヤフーの手法は、上場企業に求められるガバナンスを無視していると再び批判した。(2019/7/29)

アスクル、ヤフーに株式の売り渡し請求か 株主総会の前日に取締役会招集
アスクルは7月26日、ヤフーに対して同社株式の売り渡し請求権を行使するため、8月1日午後に取締役会を招集すると発表した。(2019/7/26)

両社の真っ向対立続く:
アスクル、対ヤフーの最終手段発動か 株式売渡請求権行使審議へ
(2019/7/26)

対立は深まるばかり:
ヤフーとプラスに追い詰められたアスクル 残りの株主に議決権行使を訴え
(2019/7/26)

ヤフーとプラス、アスクル岩田社長再任に反対する議決権行使 退任決定的に
ヤフーとプラスが、アスクルの岩田彰一郎社長の再任に反対する議決権を行使した。独立社外取締役の戸田一雄氏、宮田秀明氏、斉藤惇氏の再任にも反対の議決権を行使した。2社の議決権は合計56%と過半数を占めており、岩田社長の退任はほぼ決定的となった。(2019/7/25)

ヤフーとプラス、アスクル・岩田社長再任に反対する議決権を行使 プラスは「岩田社長の保身」と強く批判
2社の議決権で過半数を占めます。(2019/7/24)

ヤフー、アスクル岩田社長再任に反対の議決権行使 “ヤフー批判”の社外取締役にも
ヤフーが、アスクルの岩田彰一郎社長の再任に反対する議決権を行使。戸田一雄氏ら社外取締役の再任にも反対の議決権を行使した。(2019/7/24)

社長交代が迫るアスクル、社外取締役らがヤフーの「ガバナンス無視」を徹底批判 対立泥沼に
アスクルの社外取締役・社外監査役からなる「独立役員会」が7月23日に記者会見を開催。同社が親会社のヤフーと対立している件についての見解を発表し、ヤフーが上場企業に求められるガバナンスを無視していると批判した。具体的には、指名・報酬委員会や派遣取締役を通さず岩田社長個人に辞任を迫った点などを問題視しているという。(2019/7/23)

専門家のイロメガネ:
「テレビ局が株主だから大丈夫」宮迫・亮の謝罪会見に見る、吉本興業の深刻な勘違い
宮迫・亮の謝罪会見で注目されたのが、「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫」といわれた、という発言だ。これは吉本が「テレビ業界の子会社」のような位置づけに近いことを意味する。事務所を辞めるべきは芸人なのか、それとも事務所幹部なのか? そして甘い対応をすれば、テレビ局にも責任が発生する可能性もあるのではないか?(2019/7/22)

ヤフーとアスクルの泥仕合 双方の言い分は?
(2019/7/18)

ヤフー、アスクル社長会見に反論 “LOHACO乗っ取り説”など否定 「黒字化に向けて協力する」
ヤフーが、アスクルの岩田彰一郎社長が記者会見を開き、共同運営するECサイト「LOHACO」事業を「このままでは乗っ取られてしまう」と発言した件などについて、反論のコメントを発表した。譲渡を打診したのは事実だが、アスクルの主張を受け入れており、「今後は譲渡を申し入れる方針はない」という。退任を求めている岩田社長の後任人事などについても言及した。(2019/7/18)

東芝メモリ、社名を「キオクシア」に変更 名実ともに東芝から離れる
ついに社名からも「東芝」が消えます。(2019/7/18)

名実ともに東芝から独立:
東芝メモリ、「キオクシア」(Kioxia)に社名変更へ
東芝メモリホールディングスは2019年7月18日、2019年10月1日付で社名を「キオクシアホールディングス」に変更すると発表した。同社の子会社である東芝メモリも同様に、キオクシアに社名変更する。(2019/7/18)

アスクル岩田社長、怒りと困惑の記者会見 ヤフーの強硬手段は「全てが不可解」
親会社のヤフーと対立しているアスクルが記者会見を開催。ヤフーから退陣を求められている岩田彰一郎社長が登壇し、「全てが不可解」と怒りをあらわにした。岩田社長の退任は避けられない見通しだが、「他に解決の糸口がないか話し合っていきたい」という。(2019/7/18)

ヤフー、アスクルとの提携解消を拒否 アスクルは騒動の経緯を暴露 対立鮮明に
ヤフーと子会社アスクルの対立が鮮明になっている。ヤフーがアスクルに対し、共同で運営するECサイト「LOHACO」の事業譲渡の打診や、岩田彰一郎社長への退陣要求などを行ったため。アスクルはヤフーに資本・業務提携の解消に向けた協議を申し入れたが、ヤフーは「協議は不要」として拒否する考えを示している。(2019/7/17)

アスクル2位株主プラスも岩田社長の再任反対 「ヤフーの考えに賛同」
アスクルの大株主プラスが、アスクルの岩田彰一郎社長に退陣を求める方針を示した。筆頭株主のヤフーとともに、アスクルが8月2日に開く予定の定時株主総会で、岩田社長の再任議案に反対票を投じる予定だ。(2019/7/17)

アスクル、ヤフーとの提携解消申し入れを説明 「提携の精神に反する」 株価は急騰
ヤフーとアスクルの対立は深刻なようです。(2019/7/17)

ヤフーとアスクルでバトル勃発 「業績悪いので社長退任を」「だが断る」 背景にある「LOHACO」問題
赤字が続いているLOHACOが焦点になっています。(2019/7/17)

ヤフー、アスクル岩田社長に退陣要求 「LOHACO」の譲渡巡り関係悪化か
ヤフーが、連結子会社アスクルの岩田彰一郎社長に退陣を求める方針を明らかにした。業績改善などに向け、抜本的な改善が必要と判断したためという。一部報道では、共同で運営するECサイト「LOHACO」事業の譲渡を巡り、関係が悪化したとも報じられている。(2019/7/17)

アステリア、株主総会の議決権投票にブロックチェーン活用
アステリア(東京都品川区)は、6月22日に開催する自社の株主総会において、議決権投票にブロックチェーン技術を使った投票システムを利用する。同社によると、上場企業の議決権投票にブロックチェーンを使うのは世界初。(2019/6/7)

Amazon株主総会、顔認証システムの政府への販売停止要求案却下 温暖化対策案も
Amazonの株主総会で、顔認証システムの政府への販売停止をAmazonに求める提案や、従業員が推進していた温暖化対策の提案が投票の結果却下された。(2019/5/23)

楽天、ぐるなびへの追加出資を検討 15%の議決権取得、データ活用・相互送客を加速
楽天がぐるなびへの追加出資を検討すると発表。ぐるなびの発行済み株式数の9.6%を所有しているが、議決権ベースで15%まで引き上げる計画という。データの相互利用や相互送客などの協力体制を強化する。(2019/5/13)

ベゾス夫妻の離婚、財産分与はAmazon株75%と全議決権が夫のジェフに
Amazon.comの創業者でCEO、Washington Postのオーナーでもあるジェフ・ベゾス氏とその妻マッケンジーさんの離婚の手続きが完了したとマッケンジーさんがツイートした。注目の財産分与は、Amazon株式の75%と議決権の100%が夫のものになる。(2019/4/5)

製造マネジメントニュース:
日立は車載リチウムイオン電池も諦める、官民ファンドとマクセルに売却
日立製作所、100%子会社で車載リチウムイオン電池事業を担う日立ビークルエナジーの資本関係を再編し、官民ファンドのINCJとマクセルホールディングスとの共同出資体制に移行することで合意したと発表した。(2018/12/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。