ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「水道」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「水道」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

光上せあら、子の“公園水道遊び”が「迷惑行為」と批判も…… 語気荒げ猛反論「子供は国で育てる!」「これが日本に必要な姿なんだよ!」
ユーザーと激論。(2024/5/31)

Cybersecurity Dive:
バイデン政権、重要インフラのサイバー耐性を向上を目指して民間企業と連携
国家サイバー局の報告書は、医療と水道を標的とした根強い脅威を強調しており、2024年の初めの警告と呼応している。(2024/5/26)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(113):
社会インフラを支えるITエンジニア。業務が特殊過ぎて「つぶしが利かないのでは?」と不安です
通信、電気、ガス、水道、鉄道など、「社会を支えるインフラ」の仕事をしているITエンジニアのキャリアについて。その技術が特殊であればあるほど、「つぶしが利かないのでは?」「他で通用するのか?」と未来に不安を感じていませんか?(2024/5/22)

ロボット掃除機を再定義:
SwitchBotが多機能掃除ロボット「S10」を発売 水道からの直接給水と下水への直接排水に対応
SwitchBotが、自動給排水機能とリアルタイムモップ洗浄機能を備えた多機能掃除ロボット「SwitchBot お掃除ロボットS10」の販売を開始する。国内ではSB C&Sを通して公式販売サイトを含むECサイト、主要な家電量販店で取り扱われる。【更新】(2024/5/14)

ロシアのサイバー攻撃グループ、米国の水道事業侵害の犯行声明
ロシアの軍事諜報機関を関連があるとみられるハッキング集団Sandworm(別名BlackEnergy、Seashell Blizzard、Voodoo Bear)は、米国などの水道事業を侵害したとTelegramで主張した。Google傘下のMandiantはこのグループをAPT44とし、その活動を報告した。(2024/4/18)

水道メンテナンス会社が出合った“過去最大級の油詰まり”が大迫力 手際よく取り除くプロの技に「中毒性がある」
もはや歴史を感じる油詰まり。(2024/4/2)

マニラの水道事業者とコンサルティング契約 横浜ウォーター「海外に貢献したい」
漏水や盗水を減らす方法や水道管取替工事の管理が適切に行われているかなどをチェックし、必要に応じてアドバイスする。(2024/3/26)

製造マネジメントニュース:
トヨタの新東京本社が2029年度に開業、リースバックで入居する水道橋から品川へ
トヨタ自動車は、京浜急行電鉄と共同開発契約を締結している品川駅西口地区に「新東京本社」を開業すると発表した。2029年度内に、現在水道橋にある東京本社を移転する形での開業となる。(2024/3/25)

水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
こんなことってあるんですね。(2024/3/7)

「水道水をおいしい」と感じる人が多い都道府県 パナソニックが調査
パナソニックは、水道水に関する調査を実施した。住んでいる地域の水道水を「おいしいと感じる」割合の1位は「鳥取県」(78.0%)で、2位は「富山県」(77.0%)、3位は「新潟県」「山梨県」(いずれも74.0%)が続いた。(2024/2/16)

硬水で肉を煮込むとおいしくなるの? ならないの? 鶏肉を「超硬水」と「水道水」で煮込んで比較した結果が興味深い
コントレックスと水道水で味比べ。(2024/2/7)

Cybersecurity Dive:
イランのイスラム革命防衛軍のハッカーが、上下水道施設を攻撃
Unitronics PLCの機器に対する現在進行中のサイバーキャンペーンは、米国の複数の水道施設に影響を与えており、当局はエネルギー業界や医療業界、食品および飲料製造業界も監視している。(2024/1/14)

「水道局の“ほう”から来た」怪しい男を部屋に入れたばっかりに…… 詐欺被害どころか命も危うい実話に背筋が凍る
話の途中で、急に種類の違う恐怖が……!(2023/12/30)

東京都水道局をかたるフィッシングメールに要注意 「未払いの水道料金あり」との内容
東京都水道局とフィッシング対策協議会は、東京都水道局をかたるフィッシングについて注意喚起を行った。未払いの水道料金があるとのメールが報告されている。リンクをクリックしないよう呼びかけている。(2023/12/14)

「水道料金未払い」東京都水道局かたるフィッシングメールに注意
東京都水道局をかたる不審なメールが届いたという問い合わせが相次いでいるとして、同局が12月13日、注意を呼び掛けた。(2023/12/14)

「コメダ珈琲店」上海店舗で水道と電気が供給停止に 店舗前の掲示物に「こんなことあるんだ」「びっくりした」と衝撃の声
日本のコメダ珈琲店を運営するコメダ社の広報担当者に詳細を問い合わせましたが、期日までに回答は得られませんでした。(2023/11/24)

民間企業のケースも解説:
「業務ミス」で教員に95万円請求──個人への賠償請求は合法なのか?
川崎市の市立小学校で、教員のミスによりプールの水が出しっぱなしになった結果、約190万円の上下水道料金が発生した。市は損害賠償金として、約95万円を、教員と校長に請求した。このように業務上のミスをめぐって、個人へ賠償請求することは合法なのか?(2023/10/5)

ビルの階段が滝になった……! 水道設備業者が遭遇した壮絶な“水のトラブル”に「もう笑うしかない」
その後笑えない修繕費がかかったそうです……。(2023/9/29)

スマホが熱くなった! 水道水で冷やしても問題ない?【2023年版】
もうすぐ10月というのに、日中は暑い日が続いています。スマホも熱くなりがちですが、水道水で冷やすのはいいことなのでしょうか……?(2023/9/28)

製造IT導入事例:
水道機材メーカーがクラウドERP「RISE with SAP」を採用、データ活用基盤を構築
SAPジャパンのクラウドサービス「RISE with SAP」をフソウが導入した。今回のシステム移行により、フソウはデータ活用基盤を構築して戦略的経営を進めつつ、営業競争力を強化し、企業価値を向上する。(2023/9/8)

水道水がおいしい都道府県 3位「鳥取県」、2位「青森県」、1位は?
蛇口からそのまま飲めることをアピールする自治体もある水道水。水道水の満足度が高い都道府県の1位は……。(2023/9/4)

東京都水道局「安心して水道水飲んで」利用者にメール 都は国に発がん性疑い「PFAS」の影響明確化を要望
環境省は2023年夏には当面の対応指針をまとめる方針だと報じられています。(2023/6/12)

なんじゃこりゃ! 本当に手が洗えちゃう「学校の水道」のカプセルトイがテンション上がる
水滴の落ち方がすてき。(2023/6/5)

ここ半年で節約した出費 3位「日用雑貨費」、2位「水道光熱費」、1位は?
MMD研究所を運営するMMDLabo(東京都港区)は、18〜69歳の男女7000人を対象に、「生活費の節約」に関する調査を実施した。その結果、ここ半年で節約した出費として最も多く挙がったのは、「ファッション・美容関連費」だった。(2023/5/28)

楽天ペイの請求書払い始まる ポイントで税金も支払い可能 ただし上限金額は30万円
楽天ペイメントは4月17日、楽天ペイによる請求書払いサービスを開始した。電気、ガス、水道などの公共料金のほか、地方税統一QRコード「eL-QR」に対応し、固定資産税などの地方税が支払える。(2023/4/17)

キーマンズネット まとめ読みeBook:
次のサイバー攻撃は「鉄道」や「水道」などの重要インフラを狙う
重要インフラはサイバー防衛が進んでいない部分がある上に社会的な影響度が高いため、身代金を吊り上げやすく、さまざまな個人情報が集まっているためにそれを詐取しようとする攻撃も加わる。本ブックレットは、サイバー攻撃に対する備えが薄い組織は何をすればよいのか、どのような危険性があるのかを解説する。(2023/4/7)

電気や水がいらない移動式住宅、無印良品が実証実験
MUJI HOUSEは、電気やガス、水道といったインフラに依存しない移動式の住宅を作る実証実験「ゼロ・プロジェクト」を発表した。年内に実証実験を始める。(2023/3/6)

デジタル防災を始めよう:
何かと話題になるタワマン、防災は今どうなっているのか?
現在マンションデベロッパーはタワーマンションの防災についてどう考え、行動しているのだろうか。避難訓練に密着し、被災時の食事、水道、エレベーター、トイレなど防災の実際をリポート。(2023/3/4)

水道管の破裂に1カ月気付かなかったら…… ドアの向こうに広がっていた光景が話題「コレはすごいw」「レベルが違う」
当時の詳しい状況を聞きました。(2023/3/1)

約98%が「物価高を実感」 減らす消費2位「水道光熱費」、1位は?
オンライン相談サービス「お金の健康診断」を運営する400Fは「物価上昇と賃上げ」に関するアンケート調査を実施した。減らす消費3位「趣味費」、2位「水道光熱費」、1位は?(2023/2/25)

5000人にアンケート:
物価高でも削りたくない家計支出 3位「医療費」、2位「趣味・娯楽」、1位は?
生活用品大手の花王は、運営サイト「くらしの研究」読者約5000人を対象に家計支出の状況について調査した。62%が「前年に比べ家計支出が増えた」と回答。節約したい支出1位は「光熱費・水道代」、削りたくない支出では「食費」が1位となった。(2023/2/20)

楽天ペイ、税金や公共料金などの「請求書払い」が可能に 4月17日から
楽天ペイメントの「楽天ペイ(アプリ決済)」は、4月17日に「楽天ペイ(請求書払い)」を提供開始。ガス、水道、電気などの公共料金や自動車税種別割、固定資産税、住民税などの税金に順次対応していく。(2023/2/10)

キャップをひねるだけで「おいしい」水に変わる? サントリー「minel」開発
サントリーは、植物ミネラルエキスを封入したキャップ「minel(ミネル)」を開発。水道水などの水をボトルに入れ、キャップを装着。ひねるだけで植物ミネラルエキスが噴射され、水が美味しくなるという。(2023/2/9)

水飲料の新体験:
サントリー、新商品は空のボトル? 水道水をミネラル水の味わいに一変させる驚くべき仕掛けとは
家庭の水道水をミネラルウォーターのような味わいに一変させる――。サントリー食品インターナショナルは2月9日、新商品を発表した。見た目は空のペットボトル。キャップに植物ミネラルエキスを含んでおり、ボトルに飲用水を入れてキャップをひねれば、瞬時にミネラルウォーターのような味わいに変化する。(2023/2/9)

水道管を確認したら亡き父が遺した凍結対策が 寒波の中、5年の時を経て届いた愛の話がジーンとくる
ずっとお母さまを守ってくれていました。(2023/1/25)

「大寒波で水道管が破裂した」 ネットでの修理業者探しに要注意 いきなり“数十万円”請求される事例も
1月24日から日本列島に流入している強い寒波の影響で「水道管が凍結した」などのトラブルが発生している。北九州市立消費生活センターは「寒波の後、水道修理のトラブルがとても多い」とし、ネット検索での修理業者探しは慎重に行うよう注意喚起している。(2023/1/25)

水道管の凍結を防ごう! 方法と注意点……東京ガスなど指南
日本列島に“最強寒波”が。ふだん暖かい地域でも、積雪したり、水道管や給湯配管が凍結する可能性。凍結を防ぐには?(2023/1/24)

いったい誰が予想した 羽生結弦、異例規模でのアイスショー開催にファン困惑「あの水道橋にある東京ドームですよね?」
なお収容人数5万5000人(公式サイト)。(2022/12/5)

マクドナルドでスマホを消毒? 一部店舗で導入のハイテク手洗い場に注目 「知らんかった」「入れるのに勇気がいりそう」
水道も下水も不要で、電源さえあればどこでも置ける手洗い場。(2022/11/8)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「水道代」100円未満も? 大阪市が実施した水道基本料の免除、全国に広がる
コロナ禍やウクライナ危機の長期化により、2022年は先行きの見通せない経済情勢と物価の上昇という2つの要因が家計の生活を脅かしている。足元では政府に対して、一律給付金の復活を求める声も広がりを見せつつある。しかし、一部の地方自治体では、国に先んじて家計支援に乗り出すところも出始めている。(2022/8/19)

元水道屋さんが「外国製の洗面台は買うな」と断言する理由とは 注意喚起のために制作した“歌詞”が話題に
納得の歌詞。(2022/8/8)

水道水とペットボトルを使ったふしぎな実験動画 「水のドーム」はなぜ大きくなる? 専門家に見解聞いた
思わず試してみたくなる。(2022/7/20)

生活費高騰による家計への影響 2位「水道光熱費」は月5200円アップ、1位は?
松井証券は「家計管理に関する実態調査」を実施した。生活費が高騰したことで家計に影響があった費目の1位は「食費」で、金額は月8887円アップした。(2022/7/13)

500人に聞いた:
日々意識して節約しているもの 3位「通信費」、2位「水道・光熱費」、1位は?
保険マンモスは、「節約しているもの」について調査を実施した。節約を日々意識して実践している人に、「何を節約しているか」と聞いたところ、1位は「食費」だった。(2022/3/30)

3Dプリンタニュース:
水道水や食器洗い機で簡単に除去できる3Dプリンタ用水溶性サポート材
Stratasysは、PolyJet 3Dプリンタ「J55 Prime」「J35 Pro」専用の水溶性サポート材「WSS 150」を発表した。食器洗い機などで水道水を使用して、サポート材を造形物から除去できる。(2022/3/28)

水道局かたる不審なメールについて注意喚起、東京都水道局 「割引は行っていない」
東京都水道局は7日、水道局をかたる不審なメールが確認されたとしてTwitterで注意喚起した。「東京水道マイネット」利用者向けの割引きサービスをうたう。(2022/3/7)

太陽光:
電力と水を自給自足、インフラに依存しない「完全オフグリッド生活」を実証へ
LIFULL(ライフル)とU3イノベーションズは2022年3月1日、電力や水道などの既存インフラに依存しない、完全オフグリッドの住環境の実現に向けた生活実証を開始したと発表した。(2022/3/2)

水道水をそのまま:
ミネラルウオーターの購入頻度は? 水道水派は4割
インターネットリサーチを手掛けるマイボイスコムは、「ミネラルウオーターの飲用に関するアンケート調査」を実施した。その結果……。(2022/2/23)

製品動向:
三菱地所レジデンス、「マンション家計簿」に住戸ごとのCO2排出量記載
三菱地所レジデンスは、分譲マンションのランニングの水道光熱費を見える化した「マンション家計簿」をリニューアルし、新たに1住戸ごとのCO2排出量を記載した。リニューアルにより、CO2排出量削減への意識向上を図っていく。(2022/1/12)

ブロードバンドに賭ける英国の試み【後編】
「水道管で高速通信」を狙う英国の発想に“足りないもの”とは?
英国政府はコストを抑制して高速通信を普及させるために、水道と通信のインフラを併用する計画を打ち出している。これは賢い選択と言えるのだろうか。(2021/12/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。