ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「白ロム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「白ロム」に関する情報が集まったページです。

解約金の値下げ、端末割引と長期利用割引の規制――総務省の新政策は何が問題なのか?
総務省が研究会で提案した「解約金1000円」「端末割引2万円まで」「長期利用割引の規制」は、寝耳に水という印象。「1000円」「2万円」という数字はいずれも根拠に乏しく、構成員からも疑問の声が多く挙がった。総務省が提示した制度案の問題点を整理する。(2019/6/20)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
UQ WiMAX 2+の「3年縛り」プラン登場へ 気を付けるべきは「7GB制限」
UQコミュニケーションズが予告していた、WiMAX 2+サービス用「LTEオプション」の無料提供対象拡大。その詳細がついに発表されました。既存ユーザーも含めて「3年縛り」を受け入れることが条件となりましたが、気を付けるべきポイントは契約期間以外にもあります。(2017/4/23)

MVNOの深イイ話:
電話番号からIMEIまで 携帯電話網で使われるさまざまな「ID」
携帯電話には多くの「番号」が存在します。今回は、携帯電話で使われるさまざまなID(識別番号)を紹介し、それらのIDがどのような意味を持つかご説明します。(2017/4/7)

ノジマの通販サイト、「中古iPhoneの箱と付属品」に本体の説明文つけ販売 「人為的ミス、返品対応済み」
「ノジマオンライン」で、中古のiPhoneの箱と付属品だけを販売しているページに「端末初期化済み」などと書かれ、「iPhone本体を販売している」と誤解した人が購入してしまった問題。ノジマは購入者に説明し、返金・返品対応したという。(2017/1/26)

米Apple.comで整備済みiPhoneの販売開始
これまでMac、iPad、iPodしか扱っていなかったAppleの整備済製品コーナーにiPhoneも登場した。ただし、まだ米国でのみだ。「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」が100〜120ドル安く購入できる。(2016/11/9)

SIM通:
そろそろ安くなってる? iPhone 6s/6s Plus/SEの中古価格
iPhone SEの発売から約3ヵ月、新品の在庫が潤沢になりつつありますが、中古市場はどうでしょう。今回はiPhone SEをはじめ、iPhone 6s/6s Plusの中古価格を調査しました。(2016/7/22)

gooスマホ部:
白ロムスマホ?
アマゾン等で「白ロム docomo」などと見かけますが、よく意味が分かりません。SIMフリーみたいに使えますか?(2016/3/15)

SIM通:
白ロムって何?中古スマホを買うとき知っておきたい5つのこと
「白ロム」と呼ばれる中古スマートフォンが注目を集めています。そんな白ロムのよくあるQ&Aをまとめました。(2016/1/28)

gooスマホ部:
iPhone 5を半年ほど延命措置(画面割れ+電池膨張)する一番経済的な方法とは?
「4インチで新型出るかも」というニュースを見かけ、願わくばあと半年くらい何かしらの方法でつなぎたいのですが……。(2015/12/18)

SIM通:
iPhone 6s / 6s Plus発売から1ヵ月、中古価格はどうなってる?
iPhone 6sとiPhone 6s Plusもすでに中古市場に。iPhone 6 / iPhone 6 Plusも交え、秋葉原における中古端末の在庫状況と価格を調査してきました。(2015/11/18)

SIM通:
あのスマホが中古市場から消えた? 9月の中古端末
謎のau端末人気や、人気のあのシリーズが姿を消すなど、9月のランキングはいろいろ番狂わせが……。(2015/11/4)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
ドコモとKDDIが下り300Mbpsのサービス発表/MVNOのVoLTEに新たな問題
ドコモとKDDIが国内最速となる下り最大300Mbps対応のサービスを発表。より高速なモバイルデータ通信サービスが産声を上げた。一方、各キャリアやMVNOの新機種発表では「SIMロック解除義務化」へのデメリットが露呈した。(2015/10/16)

SIM通:
新型iPhone発表直前、iPhone 6/6Plusの中古価格は?
8月最後の週末に秋葉原の白ロムショップを訪れ、SIMフリー版を中心に「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」の価格などを調査してきました。(2015/9/17)

Tech TIPS:
NTTドコモ版iPhoneを格安SIMカードで利用する
スマートフォンが安価に利用可能とする格安SIMカード。Andorid OS搭載のスマートフォンだけでなく、iPhoneでも多くの格安SIMカードが利用できる。ただし注意点もあるので、iPhoneで格安SIMカードを利用する際に気を付けるべきことなどをまとめた。(2015/7/3)

自転車はガジェットだ!:
サイクリングに最適な超定番ガジェット3選 おすすめスマホ&スマホホルダーはこれだ!
サイクリストは極力荷物を減らしたいものだが、それでも持っておきたいアイテムがある! 今回は超定番ガジェットアイテムを紹介!(2015/7/2)

Mobile Weekly Top10:
“やんちゃ”なMVNOの今後/Xperia Z4はメシウマですべらない?
iPhoneやXperiaの白ロムと格安SIMをセットで販売する、異色のMVNO「もしもシークス」。運営するエックスモバイルへのインタビュー記事に注目が集まりました。(2015/6/9)

MVNOに聞く:
「まだ超絶赤字」だけど「撤退します、以上」はありえない――エックスモバイル木野社長
SIMカードとiPhoneやXperiaをセットで販売して、賛否両論を集めるMVNOサービス「もしもシークス」。このサービスを運営するエックスモバイルの木野社長を直撃し、話を聞いた。(2015/6/4)

エックスモバイル、「Xperia Z3 Compact SO-02G」の白ロムを3万9800円で販売
エックスモバイルが、ドコモの「Xperia Z3 Compact SO-02G」をもしもシークスのSIMカードとセットで販売する。(2015/4/22)

gooスマホ部:
Google Playストアにアクセスできません
自宅用に白ロムのREGZA Phone T-01Cを購入したのですが……。(2015/4/8)

SIM通:
白ロムiPhone 6/6 Plusの価格はいま!?
家電量販店などではようやく在庫が潤沢になってきた「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」。中古・白ロム市場は一体どうなのか。秋葉原で調査してきました。(2015/2/4)

SIM通:
SIMフリー初心者にオススメ iPhone 5c
格安スマホデビューを考えている人にオススメしたい組み合わせが、格安SIMとiPhone。その中でもiPhone 5cを選ぶという方法です。(2015/1/28)

ITmediaスタッフが選ぶ、2014年の“注目端末&トピック”(編集部田中編):
スマホ、ウェアラブル、通信キャリア、MVNO――2014年に気になった私的トピック
2014年も、何だかんだでいろいろなニュースがモバイル業界をにぎわせてくれた。スマートフォン、ウェアラブル、通信キャリア、MVNOの4点から、個人的に気になったトピックを挙げながら、つれづれなるままに振り返ってみたい。(2014/12/31)

SIM通:
家計を助ける!「合理的スマホ」のススメ
MVNOとIP電話アプリ、SIMフリーもしくはSIMロック解除端末を組み合わせた、明朗会計のスマートフォンが「合理的スマホ」なのです。(2014/12/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
「GeForce GTX 980/970」がデビュー、アキバの反応は“期待大”
NVIDIAの新世代ハイエンドGPU「GeForce GTX 980/970」を搭載したグラフィックスカードが9月19日夕方に一斉発売され、早速ヒットを飛ばしている。ショップの評価もかなり高い。(2014/9/22)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」の登場で思うこと/進むSIMロック解除とSIMロックフリー端末投入
NECアクセステクニカ(現NECプラットフォームズ)製のWiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」が登場。総務省はSIMロック解除を義務付ける方針だが、一方でメーカー主導でSIMフリー端末販売の流れも加速している。(2014/7/16)

SIM通:
白ロムと黒ロムの違いは?【一問一答】
携帯電話でよく聞く「白ロム」「黒ロム」は、どういう意味なのでしょうか。「赤ロム」というものも存在するようですが……。(2014/7/2)

SIM通:
SIMロック解除とSIMフリーの違いは?【一問一答】
「SIMロック解除」と「SIMロックフリー」の違いって何でしたっけ……? 今回はあらためて、これら2つの違いを解説します。(2014/6/25)

gooスマホ部:
au MVNOのmineoが使える白ロム端末について
au MVNOのmineoのサービスは、SIMロックフリーではないau端末で使えますか?(2014/6/5)

ワイヤレスジャパン 2014:
家庭で格安SIMを導入して見えてきた、MVNOの課題とは――IIJ佐々木氏
文字どおり「格安」で使えるのが格安SIMの魅力だが、いいことづくしではない。格安SIMはどんな人におすすめできる/できないのか? またMVNOが直面している課題とは?(2014/6/4)

運用:
通信費削減の切り札「格安SIMカード」はこう選べ(2015年12月改訂版)
スマホは便利だが月額利用料が高くて……。そんな人は格安SIMカードの利用を検討してほしい。月額480円で使い放題のプランや音声通話定額プランなども登場。格安SIMカードのメリットとデメリット、活用法を解説する。2015年12月時点での情報を追加し、大幅な改訂を行った。(2015/12/17)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第1回:
スマホ二刀流で電話代を節約する方法
スマホの月額利用料金は高い。でもビジネスシーンで私物のスマホを使わざるを得ない。コストを下げるいい方法はないだろうか?(2013/12/4)

“速度制限なし”はWiMAXだけ、220Mbpsで業界最速を奪還:
新世代サービス「WiMAX 2+」の強みと弱み
新世代の高速サービス「WiMAX 2+」が10月31日に始まる。月額料据え置きで高速化やマルチネットワーク対応など喜ばしいポイントがある半面、既存WiMAXサービスとは異なる部分もいくつかある。強みと弱みをまとめた。(2013/9/30)

誰でも簡単! LTE対応スマホ初心者の料金節約術:
第5回 格安SIMカードで通信費を抑えよう!
前回の連載記事では、長電話をする人向けに「通話料」を抑える方法をご紹介しましたが、今回はパケット通信費用を抑える方法の1つ、「格安SIMカード」を検証します。安いだけでなく、サービスの種類が豊富な点も魅力で、LTEの高速通信をリーズナブルなコストで利用できます。(2013/9/20)

PR:LTEの高速通信を月額875円から利用できる――「楽天ブロードバンドLTE」活用のススメ
「LTEの通信料金は高い」……そう思っている人にオススメしたいのが、ドコモXiを利用できるMVNOサービス「楽天ブロードバンドLTE」。最安プランだと、1カ月300Mバイトまでを875円で利用できる。IP電話アプリと組み合わせれば、格安スマホとしても運用可能だ。(2013/11/21)

LTEスマホの通話料、ここまで安くなる!:
PR:LTEスマホに変えたら“自腹も限界”な高額通話料に!――仕事ケータイを安くする「SMARTalk」ってなんだ?
LTEスマホに変えてから、目玉が飛び出すような通話料になった!! こんな経験はありませんか? 仕事の通話に個人のスマホを使っているビジネスパーソンにとって、これは死活問題。実は、そんな悩める人々を救うすごいサービスがあるんです。(2013/8/26)

PR:最新スマホから懐かしのケータイまで――「ケータイアウトレット」で白ロムを売買しよう
携帯電話は数ある家電の中でも特に買い替えサイクルの短いものといえるが、最近は7万〜8万円ほどする機種も多く、そうそう頻繁に買い替えられる代物ではない。そこで注目したいのが、中古携帯や白ロムを売買できるサービス「ケータイアウトレット」だ。(2013/3/15)

形状、使い回し、SIMロック――SIMにまつわるアレコレを調べてみた
スマートフォンを使う上でいろいろと複雑なのがSIMカード。形状やキャリア内での使い回し、SIMロック解除などはキャリアによって異なる。あらためて、SIMにまつわるさまざまな事項をまとめてみた。(2012/4/11)

iPhone 4Sも――auの一部スマートフォンはSIMの“キャリア内ロック”なし
auケータイやスマートフォンでは、契約時に装着したau ICカードしか使えないようロックが掛けられているが、実は一部の機種でこの“キャリア内ロック”が掛けられていないものが存在する。(2012/2/8)

「GALAXY S II LTE SC-03D」の“ここ”が知りたい:
第2回 Xi非対応端末とSIMを使い回せる?――「GALAXY S II LTE SC-03D」
Xi対応のSamsung電子製のスマートフォン「GALAXY S II LTE SC-03D」。今回はXi端末とXi非対応端末間でのSIMカード利用と、着信ランプ、内蔵メモリ、プリインアプリについて調べた。(2011/12/16)

ふぉーんなハナシ:
「SH-13C」にドコモminiUIMカード採用、機種変更は要注意
ドコモ端末のSIMカードにはドコモUIMカード(FOMAカード)が採用されているが、SH-13Cではそれより一回り小さいmicroSIMタイプの「ドコモminiUIMカード」が採用されている。なぜmicroSIMに変更したのか。そして今後の機種もmicroSIM対応となるのだろうか。(2011/7/28)

再度発売予定決まる:
アルチザ製WiMAXルータ「AZ01MR」、6月上旬発売──“10秒高速起動”機能搭載
発売が延期されていたアルチザ製WiMAXルータ「AZ01MR」の発売予定日が6月上旬発売と再告知された。いわゆる“白ロム”モデルの直販サイト価格は2万4800円。(2011/5/20)

比較.com、白ロム端末の特集ページを公開
比較.comが、白ロム端末の特集ページをオープン。中古のスマートフォンやフィーチャーフォンの平均価格や最安値、スペック、クチコミ情報などを提供する。(2010/10/25)

5分で分かる、先週のモバイル事情――6月6日〜6月12日
Appleが「iPhone 3G S」を発表。日本でも6月26日に発売が決まった。総務省は4キャリアに3.9Gの周波数帯を割り当てると発表。イー・モバイルは、8月上旬から上り最大21MbpsのHSPA+を提供することを明らかにした。(2009/6/16)

ドコモ、不正入手した携帯電話に利用制限 10月から
ドコモは10月から、盗品など不正に入手した携帯電話の音声通話の発着信やパケット通信を制限する。(2009/6/12)

ドコモ、端末不正入手への対応策を発表 通信サービスの停止も
ドコモは、盗難や偽造された本人確認書類による契約など、キャリアショップから不正に入手された端末が中古市場に流通していることから、端末のサービス停止を含む対応策を発表した。(2009/6/11)

ソフトバンク、不正取得端末への対応策を強化――ヤフオクへの出品禁止期間も延長
ソフトバンクモバイルは盗難や本人確認書類の偽造などで不正取得された携帯電話について、利用制限を含む対応策の強化を行った。また、同社端末のYahoo!オークションへの出品禁止期間が、6カ月から12カ月に延長された。(2009/3/6)

5分で分かった気になるアキバ事情:
AM3の注目度が乱高下した2月のアキバ
2月はSocket AM3対応のCPUやマザーボードが登場し、AMDらしい事情で週ごとに注目度が大きく変動した。中央通りに久しぶりのPC系ショップがオープンしたのも印象的だ。(2009/3/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
アウトレットに追い風?――秋葉原中央通りに進出した大阪発のイオシス
不景気な話題が続いているアキバのPCショップだが、拡大路線をとる企業もある。大阪発のアウトレット&中古ショップのイオシスが「アキバ中央通り店」をオープンさせた。(2009/2/16)

1台1298万円、スパボは使える?:
「ティファニーケータイ」完成――ダイヤ537個合計18.34カラットの輝き
合計537個、約18.34カラットのダイヤモンドが敷き詰められた超ラグジュアリーな“ティファニーケータイ”こと「823SH Tiffanyモデル」が完成し、ソフトバンク冬モデル発表会で初披露された。発表会には上戸彩さん、樋口可南子さんも登場し、孫社長から1台ずつ贈呈された。(2008/10/31)

短期集中企画 安価なソフトバンクケータイを使い倒す:
低額でPCメールの受信確認──ソフトバンク「ホワイトプラン+S!ベーシックパック」の活用
プリモバイルを活用すれば月1500円でメールを送受信し放題──。そんな小技を紹介したが、似たような環境をホワイトプランとS!ベーシックパックの組み合わせでもできないか考えてみた。(2008/4/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。