ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「リストレスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リストレスト」に関する情報が集まったページです。

Razer、光学式キースイッチを採用したゲーミングキーボード「Huntsman V2」
米Razerは、低遅延での入力を実現できる光学式キースイッチを採用したゲーミングキーボード「Huntsman V2」の国内発売を発表した。(2021/9/17)

7000円弱のゲーミングキーボードってどう? エレコム「TK-G02UMBK」を試す
エレコムのゲーミングキーボード「TK-G02UMBK」は、税込み想定価格が6578円で、販路によっては5000円を切る価格で購入できることもある。低価格のゲーミングキーボードの実態はどのようなものか、迫ってみよう。(2021/7/9)

古田雄介のアキバPick UP!:
ロックダウンが影響? HDD在庫不安の声が高まる
HDDマイニングによる大容量HDDの品薄傾向は現在も続いているが、先週は別の懸念を聞くことが多かった。ここに来て、グラフィックスカードとは別の危機感が漂い始めている。(2021/6/7)

エレコム、LED発光にも対応したメンブレン式ゲーミングキーボード
エレコムは、メンブレン式キースイッチを採用したUSBゲーミングキーボード「TK-G02UMBK」を発売する。(2021/4/6)

Razer、光学式キースイッチを採用した多機能ゲーミングキーボード「Razer Huntsman V2 Analog」
米Razerが、光学式キースイッチを標準装備した多機能設計のゲーミングキーボード「Razer Huntsman V2 Analog」を発売する。(2021/3/18)

サンワ、マウスパッドとしても使えるマウス収納ケース
サンワサプライは、マウスパッド機能も備えたマウス収納ケース「400-MAIN001」の取り扱いを開始した。(2021/2/9)

CORSAIR、高耐久仕様の光学式キースイッチを採用したメカニカルゲーミングキーボード
リンクスインターナショナルは、CORSAIR製メカニカルゲーミングキーボード「K100 RGB OPX」の取り扱いを発表した。(2021/1/29)

AOC、最大解像度5000DPIのゲーミングマウス「GM500」など2製品
MMD Singaporeは、AOCブランド製のUSBゲーミングマウス「GM500」など計2製品の取り扱いを開始する。(2021/1/25)

ASUS、発光カスタマイズもできる高耐久メカニカルゲーミングキーボード
ASUS JAPANは、USB有線接続に対応したメカニカルゲーミングキーボード「TUF Gaming K3」を発売する。(2020/8/21)

MSI、1800円で購入できるゲーミングマウス「CLUTCH GM08 GAMING MOUSE」を発売
エムエスアイコンピュータージャパンから税別1800円で購入できるゲーミングマウスが発売された。(2020/8/13)

PC作業中の腕の負担を軽減できる可動式アームレスト
イー・エム・エーは、腕や手首の疲労を軽減できるデスク据付け型の可動式アームレスト「マウスアームスタンド SR-AM010」を発売した。(2020/7/6)

Razer、計11ボタンを備えたFPS向け多機能ゲーミングマウス「Razer Basilisk Ultimate」など2製品
米Razerは、FPSゲーム向けゲーミングマウス「Basilisk」シリーズの新モデル2製品の販売を開始する。(2019/12/13)

アーキサイト、キーボードも置ける超ワイドサイズのマウスパッド
アーキサイトは、耐久性を重視した超ワイドサイズのマウスパッド「Sliding Desktop Mat」を発売した。(2019/5/17)

CADニュース:
長時間のPC作業をサポート、手首に巻く軽量リストレストが発売
管製作所は、長時間のPC作業に適した超軽量のリストバンド型リストレスト「mouSmooth」を発売した。マウスだこの軽減、腱鞘炎の痛みの緩和、複数の作業環境に対応する。(2019/3/7)

マウスだこや腱鞘炎に悩むデスクワーカーに クラウドファンディングで人気を集めた超軽量リストパッド「mouSmooth」が一般発売
マウスやペンを酷使する方は1つの選択肢として要チェックです。(2019/2/23)

サンワ、手首の負担を軽減できる小型デザインのリストレスト
サンワサプライは、操作に合わせて動かせる小型リストレスト「200-TOK013GY」の販売を開始した。(2018/10/22)

サンワ、エルゴノミクス形状のトラックボール内蔵キーボード
サンワサプライは、キーレイアウトを左右に分離したエルゴノミクス設計のUSBキーボード計2製品を発売する。(2018/8/24)

CORSAIR、静音メカニカルキーを採用するバックライト発光対応ゲーミングキーボード
リンクスインターナショナルは、CORSAIR製の静音ゲーミングキーボード「STRAFE RGB MK.2 MX Silent」の取り扱いを開始する。(2018/6/15)

Pixelbookを1カ月使ってみた(前編)
ハイエンドChromebook「Google Pixelbook」のハードウェア仕様は意外にリッチ
各社が販売しているChromebookのフラグシップモデルともいえる製品を本家Googleが発売した。同社のPixelbookはどのようなChromebookなのか。まずはそのハードウェア仕様とその使用感を紹介する。(2018/6/8)

ASUS、「Aura Sync」発光ギミック対応のUSBメカニカルゲーミングキーボードなど2製品
ASUS JAPANは、LED発光機能を備えたUSBメカニカルゲーミングキーボード「ROG Strix Flare」を発表した。(2018/3/22)

両手首をゆったり乗せられる特大サイズのリストレスト
サンワサプライは、横幅72cmの超大型リストレスト「200-TOK012」の販売を開始した。(2018/2/16)

CORSAIR、Cherry MX赤軸採用のワイヤレスゲーミングキーボード
リンクスインターナショナルは、米CORSAIR製のワイヤレスゲーミングキーボード「K63 Wireless」の取り扱いを開始する。(2018/2/9)

左右の動きに追従していつでも肘を支えてくれる5関節式のアームレスト
サンワサプライは、5関節式のアームレスト「200-TOK010」「200-TOK011」の取り扱いを開始した。(2018/2/7)

唯一かつ最大の欠点はコスト
ビジネスPCのお手本「Latitude 13 7000シリーズ(7380)」、堅実さにほれ込む
Dellが発表したLatitudeの新機種「Latitude 13 7000 シリーズ(7380)」は堅実さと高いパフォーマンスが共存した完成度の高いノートPCだ。業務以外でも十分活躍できる性能ではあるが、残念なことに高額となっている。(2017/12/17)

手首を休める低反発枕「おててのていはんぱつまくら」がガチャで登場
PC作業で疲れた手首に。(2017/7/24)

両手首をゆったり置ける特大サイズのリストレスト付きマウスパッド
サンワサプライは、手首や肘を置けるリストレストを備えた特大サイズのマウスパッド「200-MPD022」の販売を開始した。(2017/7/21)

Razer、高耐久メカニカルキーを採用したゲーミングキーボード「Razer BlackWidow Chroma V2」
Razerは、独自設計のメカニカルスイッチを採用したゲーミングキーボード「Razer BlackWidow Chroma V2」の日本国内販売を開始する。(2017/2/13)

プロフェッショナル向けから家族向けへと変貌か
徹底レビュー:新型「MacBook Pro」は、僕らが知っている“Pro”ではない
2016年モデルの「MacBook Pro」はより薄型軽量になったり、小型タッチディスプレイ「Touch Bar」が備わったりと、さまざまな変化を遂げた。その印象は、従来モデルが与えるものとは異なるかもしれない。(2016/12/29)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバにMini-STXマザーと極小ケースが出回る
Mini-ITXよりもさらに小さいフォームファクター「Mini-STX」に準拠したマザーボード「H110S-2P」が登場。対応ケースも登場しており、にわかに自作環境が整った。(2016/9/20)

上海問屋、ボリューム調整ツマミも備えたLED内蔵USBゲーミングキーボード
ドスパラは、LEDバックライト機能を備えたメカニカルキースイッチ採用USBゲーミングキーボード「DN-914142」の取り扱いを開始した。(2016/9/16)

上海問屋、オフィスチェアに固定できる省スペース型ノートPCデスク
ドスパラは、オフィスチェアの支柱に固定可能なノートPC用テーブル「DN-913987」の販売を開始した。(2016/7/29)

紳士のPCタイムにどうぞ 極柔で等身大な「DEAD OR ALIVE Xtreme3」マウスパッド登場
これがクールジャパンか……。(2016/4/23)

ちょっと気になる入力デバイス:
こいつ、変形するぞ! サンワサプライマウス「400-MA069」
マウスの使用で手が痛いという人にイチオシ。(2016/4/1)

米Razer、フルカラー発光ギミックを備えたゲーミングキーボード「Razer DeathStalker Chroma」
米Razerは、薄型チクレットキートップを採用するゲーミングキーボード「Razer DeathStalker Chroma」の販売を開始した。(2015/8/13)

椅子でも机でも:
肩肘張らず、リラックス――「マウスパッド付 アームレスト」
上海問屋が、マウスパッド付きアームレストを発売した。価格は1999円。(2014/1/31)

Corsair、軽快なタッチ感の“赤軸”キー採用ゲーミングキーボード
リンクスインターナショナルは、Corsair製となるメカニカルゲーミングキーボード「Vengeance K70」を発売する。(2013/10/22)

仕事中に関係ないサイトを開くと電流を流してこらしめる装置「Pavlov Poke」
別名「SNSやってないで仕事しろマシーン」。(2013/8/27)

取り付けもカンタン:
最近肩こりが気になる……という人に――「エルゴノミクス リストレスト」
上海問屋がエルゴノミクスデザインを採用したひじ置き台を発売した。価格は6999円。(2013/6/28)

なんだか“ぬくぬく”なヤツを試してみよう:
右手の冷えを救う名(迷?)アイテム――「USBあったか布団マウスパッド」であったかPCライフを満喫する
冬はマウスを持つ手さえも冷える。右手の冷えに悩んでいるなら、このマウスパッドはいかがだろう。イロモノかと思いきや、意外と使える。(2013/1/18)

すごく……大きいです:
腱鞘炎で悩んでいる人に――「エルゴノミック レーザーマウス(有線式)」
上海問屋から、手首に負担がかかりにくいUSBマウスが発売された。価格は2999円。(2012/11/27)

2個入りで500円:
重さ15グラム、持ち運べるリストレスト――「空気注入式 手首装着型 リストレスト」
上海問屋で、本体を空気で膨らませて、手首に装着するリストレストが発売された。2個入りで価格は499円。(2012/8/13)

ねこらぼ:
PC疲れも癒やされる? 肉球つきのマウスパッド
肉球つきのマウスパッドとリストレストがあれば、お仕事もがんばれるかも……にゃん?(2012/4/25)

サンワ、リストレスト一体型のトラックボール「MA-TB42BK」
サンワサプライは、キーボード用リストレスト付きトラックボール「MA-TB42BK」の販売を開始する。(2012/4/17)

ドーム型の表面ですと:
ぷにょいヤツ付き──「ドーム型立体構造 3Dマウスパッド」
上海問屋で、リストレスト付きの新構造疲れ軽減マウスパッドが発売された。価格は1999円。(2012/3/9)

リストレストつき:
直置きは熱くなるからイヤという人に――「クッション付きラップトップテーブル2種」
上海問屋からPCひざ置き台が2種類発売された。価格は699円から。(2012/2/14)

サンコー、マウスパッド付きアームレスト「RESTMAN」の新モデルを発売
サンコーは、マウスパッド一体型のアームレスト「RESTMAN」の新モデル「RESTMAN+」を発表。手首部に低反発クッションを装備した。(2012/1/13)

指を温めるのにぴったり:
“あったか”リストレスト、イーサプライで販売
山陽トランスポートは、USBバスパワーで温まるリストレストを発売した。価格は840円。(2011/12/12)

Corsair、ゲームユーザー向けデバイスを日本で投入
Corsairは、11月1日にゲームユーザーを対象にしたキーボード、マウス、ヘッドセットを発表。エンスージアストユーザーを知る同社だからできる“機能”を訴求した。(2011/11/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
3TバイトHDDが1万円割れで「自作PC市場の底上げになる……かも」
先週末、3TバイトHDDが連鎖的に複数のショップで1万円割れした。これまでも何度か繰り返されてきた光景だが、今回は“2Tバイト以前”と少し様子が違うらしい。(2011/6/13)

サンワ、リストレスト一体型のマウスパッド
サンワサプライは、リストレスト一体型デザインのマウスパッド「200-MPD011」を発売する。(2011/2/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。