ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WSDL」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「WSDL」に関する情報が集まったページです。

基礎から分かるAPI管理【第2回】
APIとは何か? Web APIとの違い、利用者のタスクを解説
APIを利用するアプリケーション開発者の観点で、APIやWeb APIとは何か、実際にAPIを利用する場合にどのようなタスクが必要なのかについて解説する。(2018/6/13)

3つのフレームワークで学ぶエンタープライズJava開発入門(3):
いまさら聞けないRESTの基礎知識、JAX-RSを使ったREST APIの作り方と使い方
新規のエンタープライズJava開発において現在有力視される3つのフレームの違いについて解説する連載。前回から複数回に分けて、MVCのViewとControllerにフォーカスして各要素を紹介しています。今回はJava EEのJAX-RSについて。JAX-RSの基本的な設計方針であるRESTについて解説し、Struts 1、JSFとの違いやJAX-RSの使いどころを紹介します。(2016/4/18)

SwaggerやMQTTにも対応:
APIの開発、公開、利用がはかどるAPIテスト自動化ツール、API仮想化ツール
テクマトリックスはAPIテスト自動化ツールおよびAPI仮想化ツールの新版を販売開始した。APIの品質確保や開発の効率化、APIのバージョンアップに伴うメンテナンス作業の軽減、デグレ防止などを支援するという。(2015/12/8)

仕様はSwaggerをベースに:
「Open API Initiative」をマイクロソフト、グーグル、IBMらが発足
マイクロソフト、グーグル、IBMらがRESTful APIのインターフェースを記述するための標準フォーマットを推進する団体のファウンダーに。Swaggar 2.0の仕様をベースにLinux Foundationの下で活動を進める。(2015/11/9)

特集:.NET大変革:
.NET 2015とは何か
オンラインイベント「Connect();」で、マイクロソフトが明らかにした.NET 2015構想。本稿では、.NET 2015を構成する主要素について概観していく。(2014/12/11)

組み込み開発ニュース:
複数拠点での開発を支援するUMLツール「Enterprise Architect バージョン11.0」
スパークスシステムズジャパンは、UMLモデリングツール「Enterprise Architect」日本語版の最新バージョン11.0をリリースした。海外拠点も含む分散環境での設計開発を支援する仕組みを強化している。(2014/4/28)

連載:Visual Studio 2013対応フレームワーク「.NET 4.5.1」解説:
.NET Framework 4.5/4.5.1概観
.NET Framework 4.5.1の新機能を、4.5も含めて概説。Win 8.1時代のアプリがどうなるかについても考察する。(2013/10/18)

DevOps支援ツール紹介【第1回】
DevOps実践の鍵は、テスト工程のパラレル化にあり
ITサービスのリリースサイクルを速めるために、開発と運用が密に連携する「DevOps」という概念が注目を集めている。だが、その実践のためにはさまざまな課題がある。ベンダー各社にDevOps実践の鍵を聞く。(2013/8/23)

CAがシステム開発テストの支援ソリューションを発表 期間短縮やバグの削減に効果
接続テストなどを行う場合に、連携先システムのサービス内容を仮想的に再現できる「CA LISA」を発売する。連携先システムの制約を受けることなくテストが実施できるという。(2012/9/21)

Smarter Retailing Forumインタビュー:セイコーエプソン編
米国主導でPOS標準化が進む現状を変えたい──日米間で奮闘するセイコーエプソン
Smarter Retailing Forum参加企業の中で、唯一全米小売業協会のIT標準化団体の幹事企業に名を連ねるセイコーエプソン。常に米国主導でPOS標準化が進む現状にあって、日本の発言権を高めるために奮闘を続けている。(2011/1/13)

企業システムの常識をJBossで身につける(終):
急速なビジネスの変化に対応できる「BRMS」の常識
企業向けアプリケーションのさまざまな“常識”をJavaのオープンソース・フレームワーク群である「JBoss」から学んでいきましょう。企業システムを構築するうえでの基礎となる知識をリファレンス感覚で説明していきます。初心者から中堅、ベテランまで大歓迎!(2010/11/18)

Javaから見た.NET(3):
将来性から見たJavaと.NETの違い、そして連携は?
システム開発がますます複雑化していく中、エンジニアには、テクノロジを理解して、さまざまな場面に適した選択が求められます。本連載では、Javaと.NETの基本的な仕組みから最新の傾向や技術などについて、数回に分けて紹介します(2010/8/27)

企業システムの常識をJBossで身につける(6):
いまさら聞けない「Webサービス」の常識
企業向けアプリケーションのさまざまな“常識”をJavaのオープンソース・フレームワーク群である「JBoss」から学んでいきましょう。企業システムを構築するうえでの基礎となる知識をリファレンス感覚で説明していきます。初心者から中堅、ベテランまで大歓迎!(2010/2/26)

COBOL - Getting Started(3):
COBOLのいま、未来そしてクラウド
50年前に事務処理用に開発されたCOBOLは、いまでも多くの企業で使われ続けている。基盤部分が近代化してもCOBOLは生き残るかもしれない(編集部)(2009/7/29)

NEWS
ウイングアーク、PDF帳票システムのSOA化を実現するソフトウェア
帳票基盤システムとWebサービスの連携を容易にするサーバソフトウェアを発表した。ESBを用いた分散環境でのシステム連携を可能にする。(2009/4/21)

製品トレンド:
ウイングアーク、SOA対応のPDFエンジンを発表
ウイングアークテクノロジーズは、SOAサービスの1つとして、PDFによる帳票生成サービスを組み込めるようにしたSOA対応PDFエンジン「SVF for PDF SOA Edition」を発表した。(2009/4/20)

EAIからWebサービスへ
Webサービスを使ったCRMアプリケーションの統合
CRMインテグレーションはどんな規模の組織にとっても大きな課題だ。本稿は、CRMとほかのシステムを統合するためのベストプラクティスについて解説する。(2008/10/3)

業務用RIAの本命!? Flex+Java開発入門(2):
S2BlazeDSを用いたFlex+Javaアプリの【いろは】
(2008/6/26)

ココが変わったWindows Embedded CE 6.0 R2(2):
サンプルで確かめる「CE 6.0 R2」の3大新機能
サンプルを見ながらWindows Embedded CE 6.0 R2で強化された「RDP」「VoIP」「WSD」について、詳しく解説します(2008/2/15)

Beginner's Guide:
Webサービスの基礎知識
Webサービスは、コンピュータ同士を直接結んでリモートリソースにアクセスする方法の1つである。本稿では、SOAPやWS-*規格群など、Webサービスの基礎知識をまとめた。(2007/12/15)

エンドポイントを仮想化
SOAにおけるXMLセキュリティゲートウェイの活用
XMLセキュリティゲートウェイは、すべてのエンドポイントに直接展開するのは経済的でないと考えられる特別なセキュリティサービスを、SOAとWebサービスに固有の疎結合のアーキテクチャアプローチを利用して提供する。(2007/9/13)

SRA、SOA基盤「ASIMA」の新バージョンを公開
SRAは、SOA基盤「ASIMA」の新バージョン「ASIMA 2.0」をオープンソースとして公開した。 無償でダウンロードが可能。(2007/8/2)

NEC、米Sphere社の買収を発表
NECは、企業ネットワーク領域のグローバル事業強化のため、米Sphereの買収を決定したことを明らかにした。(2007/7/30)

世界マーケット向けにBREW C++フレームワーク「SophiaFramework」を発売
(2007/7/26)

Column
整備が進むXML Webサービスのセキュリティ基盤
Webサービスに取り組んでいる開発者にとって、標準化団体のW3CとOASISが定義するWebインタフェースと仕様をサポートするのが賢明だろう。(2007/4/6)

OASIS、Webサービスセキュリティ仕様を標準認定
「WS-SecureConversation 1.3」と「WS-Trust 1.3」がOASIS標準として認定された。(2007/3/29)

金融業界向けSOA対応を整えたMicrosoft
SOAに対し、米Microsoftは自信を見せている。.NET Framework 3.0はその期待に応えられるのだろうか。(2007/2/20)

インフォテリア、新アライアンス「@WARP」で狙うもの
オープンスタンダードに対応することで、個々の製品は“つながるはず”と誰もが考えるようになった。しかし、企業が切に求めるものは、多くの製品との接続可能性ではない。サポートまでを期待した実証だという。(2007/1/23)

オフショアで日本中のビルを集中管理――FNIC
ファシリティ・ネットワーキング相互接続コンソーシアムは、仕様の異なる遠隔地のビル監視システムを相互接続する技術を公開した。(2006/12/22)

より“賢いビル”の実現を目指し:
オープン化へと向かうビルオートメーション技術
既存のプロプライエタリなシステムを活用しつつ、より高度な機能を実現したい――このようなニーズに応えるためのキーワードが「オープン化」であることは周知のとおりだ。インテリジェントビルを支えるビルオートメーション技術の世界にも、オープン化の波が押し寄せている。(2006/11/1)

CoolなEclipseプラグイン(12):
便利なプラグインの集大成MyEclipse
(2006/10/14)

動き出したSOAのいま:
【SOA最新動向】規格編――SOA参照モデルがITに与える影響
コスト削減、内部統制、セキュリティ……取り組むべき課題の多いユーザー企業にとって、SOAは後回しにしがちなテーマだ。だが、関連規格の標準化は進み、SOAに対応できる環境が着々と整備されていることにも目を向けてほしい。(2006/9/27)

動き出したSOAのいま:
SOAの難しい課題を解決するポイント
前回は「SOAの可能性」について述べた。しかし、実際に導入検討を行う場合には必ず課題が出てくるもの。そこで、どのような課題あるのか、そして、採るべき方策は何かについて考えてみよう。(2006/9/13)

動き出したSOAのいま:
SOA成功へのステップ
Googleで検索すると「SOA」で1億2100万件、「Service Oriented Architecture」でも8490万件がヒットする。流行の「Web2.0」でもヒット数は3500万件にとどまっており、ここからも、SOAがいかに関心を集めるキーワードであるかが分かる。(2006/9/11)

最新ソフトウェア 今月の差分:
Cosminexus Version 7はSOA基盤としてどのように強化されたか
日立のアプリケーションプラットフォームの最新バージョン「Cosiminexus Version 7」には、これからの企業システムを支える最新機能が数多く実装された。今回から数回にわたりCosminexusの改良点を見ていくが、今回はCosminexusの概要と、SOA基盤としての改良点を見ていこう。(2006/8/9)

Column
SOAはクライアント/サーバ技術の現代版?
SOAは、実は10年前から利用されていた――ではなぜ今ごろになって、かつてなく素晴らしい技術だなどと騒がれているのだろうか。(2006/7/27)

マーキュリー、機能テストツールの最新版を発表
マーキュリー・インタラクティブ・ジャパンは、機能テストツールの最新版「Mercury QuickTest Professional 9.0 日本語版」を発表した。大規模な開発環境向けの機能拡張が行われている。(2006/6/27)

Windows Communication Foundation概説:
WCFプログラミングの基礎
次期コミュニケーション技術「WCF」の最重要概念“ABC”は、どのように実装されるのか? 具体的な実装方法を解説。(2006/5/27)

Windows Communication Foundation概説:
WCFの基本的な概念
次期コミュニケーション技術「WCF」の最重要概念“ABC”とは何か? まずはWCFの基礎の基礎を押さえよう。(2006/4/26)

「最初のSOAは失敗したが今後は必ず成功する」とウェブメソッド
ウェブメソッドは4月7日、SOA(サービス指向アーキテクチャ)によるシステム構築において基盤となる製品「Fabric6.5」について説明する記者向けのブリーフィングを行った。(2006/4/7)

Windows Communication Foundation概説:
Windows Communication Foundationとは
Windows Vistaに搭載予定の新しい通信基盤技術「WCF」の思想やそれがもたらす意味、プログラミン グ・モデルを紹介。(2006/3/21)

MSとSunがWebサービスの相互運用性テストで協力
Microsoftは先週、第2回「Windows Communication Foundation Interop Plug-fest」を開催した。このイベントには少なくとも5名のSunの技術者が参加したという。(2006/3/14)

DominoからWorkplaceへ、その先にIBMが見るものは
2月24日に東京で開催された「Workplace Forum」。Notes/Dominoのオープン化とJavaテクノロジーの融合。Workplaceには、企業内情報を生かし、配信するための認証やフロー、管理機能などがすべて盛り込まれている。(2006/2/24)

Sun、エンタープライズJava開発環境の新版をβリリース――Javaの配備とWebサービス開発の簡素化が狙い
Sunは2月21日、ソフトウェア開発キット「Java Platform Enterprise Edition 5」と「NetBeans Enterprise Pack 5.5 Software」のプレビュー版リリースを発表した。Web/エンタープライズアプリケーションの開発を容易にするという。(2006/2/23)

Yahoo!、OracleもAJAXブームに乗る
Yahoo!、Oracle、TIBCOなどさまざまな企業がブームに乗ってAJAXツールをリリースしている。(2006/2/15)

ゼンド、Subversionに対応するPHP開発環境の新版をリリース
ゼンド・ジャパンは2月9日、PHP統合開発環境の新バージョン「Zend Studio 5.1 日本語版」をリリースした。オープンソースのSubversionとの統合バージョン管理が可能になった。(2006/2/9)

スパークスシステムズ、XMLスキーマやWSDLに対応したモデリングツールの最新版
スパークスシステムズジャパンはUML 2.0に対応したモデリングツールの最新版「Enterprise Architect バージョン6.0」の販売を開始した。(2005/12/7)

SOAでつくる変幻自在の情報システム:
SOAは情報システムをどう変えていくのか
SOAは基本的にはWebサービスの技術に基づいている。そこで、ここでは改めてWebサービスの技術について確認しておこう。(2005/11/24)

Eclipse 3.1を使おう(3):
Webアプリのための標準プラグイン「WTP」
(2005/11/12)

JavaOne 2005 Tokyo Report:
マイクロソフト、JavaOneで相互運用性をコミット
Java誕生10周年のJavaOne 2005 TokyoでマイクロソフトはInteroperabilityトラックを開催し、Javaと.NETの相互運用性にコミットした。(2005/11/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。