ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヤフオクドーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヤフードーム」から名称変更

「福岡PayPayドーム」2020年2月29日に誕生
福岡ソフトバンクホークスの本拠地である福岡ドームが、2020年2月29日から「福岡PayPayドーム」に名称を変更。今宮健太選手と高橋純平投手を2020年度のPayPayアンバサダーとなり、スマホ決済サービス「PayPay」のPRを行う。(2019/11/25)

「福岡PayPayドーム」誕生へ 20年2月に改称、キャッシュレス化を促進
福岡ソフトバンクホークスの本拠地「福岡ドーム」の名称が、2020年2月29日に「福岡PayPayドーム」に変わる。(2019/11/25)

福岡ドームの名称が2020年2月29日に改称、「PayPay ドーム」へ ドームと周辺地域のキャッシュレス化を推進
ダサい? 面白い?(2019/11/24)

ヤフー経済圏、主役はやはりPayPayか ZHD川邊社長「数年内に収益化」目指す
(2019/11/6)

「勝どきあげろ、ペイペイドーム!」に? ソフトバンクホークス本拠地が「福岡PayPayドーム」に改称
球場のキャッシュレス化も進むかも。(2019/11/1)

CEATEC 2019:
携帯キャリアは「5G」にどう向き合っていくのか? 各社のキーパーソンが語る
CEATEC 2019で、次世代通信「5G」をフィーチャーした「5G Summit」が開催。携帯4キャリアの社長や副社長が一堂に会して、5Gへの取り組みや展望を語った。ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの5G戦略とは?(2019/10/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
SNS時代に求められるリーダーのリスク・コミュニケーション力
事件や不祥事が起きた時や、思うように成果が上がらない時にどのように真摯にユーザーに向き合って説明するか。(2019/8/29)

フジロックでソフトバンクの「5Gプレサービス」を体験 XperiaとAQUOSの5Gスマホもチェック
ソフトバンクが、フジロックで5Gのプレサービスを実施した。商用サービスとは周波数帯が異なり、コアネットワークもプレサービス専用のものだったが、来場者は5Gを通して配信された映像やVRコンテンツを楽しむことができた。5G電波の送受信に使うスマートフォンも披露された。(2019/7/29)

J-Coin Pay、ZOZOマリンスタジアムに導入 ビール100円引きも
J-Coin Payが8月6日からZOZOマリンスタジアムで使えるようになる。スタジアム内でJ-Coin Payを使うと、期間限定でビールを通常価格から100円引きになる。(2019/7/9)

セブン銀行ATMでの「PayPay」現金チャージ、7月11日からスタート 手数料無料
セブン銀行ATMでスマホ決済サービス「PayPay」の現金チャージができるようになる。原則24時間利用可能で、入金手数料は無料。サービス開始に合わせて、総額5000万円分のPayPayボーナスを山分けするキャンペーンも行う。(2019/7/1)

PayPay、4月26日に最大20%(上限1万円)のボーナスを付与するキャンペーン
スマホ決済サービス「PayPay」は、4月26日に「4月26日はプレフラPayPay!キャンペーン」を開催。同日15〜18時にPayPayで支払ったユーザーを対象に、支払金額から最大20%(上限1万円相当)のPayPayボーナスを付与する。4月26日から5月6日までの「キャッシュレスウィーク」期間中は「第2弾100億円キャンペーン」も実施中だ。(2019/4/23)

5Gの本命は「エンタメ」? 実現には課題も ソフトバンクが「ヤフオクドーム」でアバター付き多視点VRの実証実験
ソフトバンクが、福岡ソフトバンクホークスが保有する「福岡ヤフオク!ドーム」において5Gを活用したアバター付き多視点VRの実証実験に成功。その模様がメディア関係者とホークス公式ファンクラブ会員に公開された。(2019/3/25)

PayPay利用で最大20%のボーナスを付与する「ホークス観戦はPayPayでバリ得!キャンペーン」
3月29日から福岡ヤフオク!ドームで「ホークス観戦はPayPayでバリ得!キャンペーン」が開催される。「PayPay」利用で支払額の最大10%をPayPayボーナスとして付与される(ソフトバンク/Y!mobileユーザーはさらに10%プラス)。開幕3連戦では生ビールが半額の350円(税込)になるキャンペーンも実施する。(2019/2/28)

LCM:
LIXILとソフトバンクが“ヤフオクドーム”でトイレの「ライフサイクルマネジメント」実証実験、スマートビルで新規事業も視野に
LIXILとソフトバンクは、スマートビル分野での新規事業の創出を見据え、「福岡 ヤフオク!ドーム」で、IoT技術を用いたパブリックトイレのデータ活用に関する実証実験を開始した。トイレの稼働状況と人の流れのデータを連動させ、水回り設備の保守・メンテナンスや施設リニューアルの設備計画など、長期的な「ライフサイクルマネジメント(LCM)」に活用するのが狙い。(2019/2/20)

福岡 ヤフオク!ドーム、3月2日から「PayPay」を導入 完全キャッシュレス化も視野に
福岡ソフトバンクホークスとPayPayは、共同で「福岡 ヤフオク!ドーム」のキャッシュレス化を推進すると発表。オープン戦が始まる3月2日からスマホ決済サービス「PayPay」を導入し、ドーム内ショップの飲食・グッズ販売、売り子販売、チケット売り場などでキャッシュレス化決済が利用できるようになる。(2019/1/30)

PayPay、福岡ドームで導入 将来は「完全キャッシュレススタジアム」目指す
「福岡 ヤフオク!ドーム」で「PayPay」が導入される。オープン戦が始まる3月2日から、飲食物やグッズなどの購入にPayPayを使えるように。(2019/1/29)

プロ野球のチケット価格、AIが設定 ソフトバンクのオープン戦で販売
福岡ソフトバンクホークスのオープン戦のチケット価格をAI(人工知能)が決める「AIチケット」が販売される。試合日時、リーグ内順位、対戦成績、席の種類などのビッグデータを活用する。(2019/1/25)

続々増える「モバイル決済」 どんなものがある?(バーコード編)
最近、スマートフォンや携帯電話を使う「モバイル決済」のサービスが急増している。「昔ながら」のおサイフケータイを使うものはもちろん、バーコードやQRコードを使ったものも多い。この記事では、バーコードやQRコードを使った「バーコード決済」の方法を紹介する。(2018/7/25)

ヤフーがコード決済に参入 「Yahoo! JAPAN」アプリで使える「コード支払い」
ヤフーが「Yahoo! JAPAN」アプリで利用できるコード決済「コード支払い」の提供を始めた。アプリでバーコードやQRコードを表示し、店舗の端末やレジで読み取ってもらうことで決済が行えるキャッシュレス決済サービス。(2018/6/5)

ヤフー、バーコード決済サービスを提供開始 ヤフオク!ドームや居酒屋などで
「Yahoo! JAPAN」アプリにバーコードを表示し、店舗の端末やレジに提示して決済できるサービス「コード支払い」がスタート。今秋には店舗側の提示するQRコードをアプリで読み取って決済する店舗提示型のQRコード決済サービス「読み取り支払い」も予定する。(2018/6/5)

中国の「人手不足」にも商機見出す:
セコムとイオンが連携 「警備員半減システム」の受注へ
セコムとイオンは警備員の人員を半減できる管理・運営業務の受注を始める。背景には警備員の深刻な人手不足があるが、国内だけでなく海外での協業により新たなビジネスモデルの構築を図っている。(2018/4/11)

「スタジアムのような臨場感」 プロ野球の試合、VRでライブ配信 ソフトバンクが実験
ソフトバンクホークスの試合をVRでライブ配信する実証実験が始まる。VRアプリとゴーグルを使って好きな視点から視聴でき、「まるでスタジアムで観戦しているかのような臨場感を楽しめる」という。(2018/3/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
日本シリーズのチケットは完売したのに、なぜ空席が目立つのか
日本シリーズが盛り上がっている。しかし、ちょっと気になることがある。それは球場で空席が目立つことだ。チケットは完売しているのにもかかわらず、なぜ空席があるのかというと……。(2017/11/2)

ヤフー、AIが“価格決める”チケット販売 ソフトバンク戦が対象
ヤフーが、福岡ソフトバンクホークス主催のパ・リーグ公式戦チケットの販売に、人工知能(AI)による需要予測を導入。予測結果に基づき価格を1日1回変更する。(2017/7/3)

ヤフー、プロ野球ホークス戦チケット販売に価格変動制導入 AIの需要予測をもとに各試合の観戦料を設定
過去の対戦成績やリーグ内順位をもとに、AIが需要を予測して価格を設定。(2017/6/30)

ファイターズ愛が試される時? 北海道のテレビ局が新聞のラテ欄に縦読みの挑戦状
結構難しいです。(2017/6/28)

誘致合戦も活発に?:
AKB48選抜総選挙、沖縄開催の“本当”の理由
今週末に沖縄で「AKB48選抜総選挙」が開催される。同イベントは毎年大きな経済効果を生み出していて、今や地方の企業や自治体にとっても喉から手が出るほどのものになった。これまでは姉妹グループがある都市で開かれていたが、現状その条件に該当しない沖縄は“異例”。その舞台裏に迫った。(2017/6/14)

ユーザー体験を向上させる「攻めの統合監視」とは:
PR:ビジネスのデジタル化の落とし穴「何か遅い」アプリやシステムの原因、分かってますか?
デジタルトランスフォーメーションを進める企業が重要視する監視や計測は、顧客との重要な接点となるスマホアプリなどのフロントエンドのユーザー体験において重要な役割を果たすケースもある。フロントエンドからバックエンドまで監視する企業向けソフトウェアを展開しているゾーホージャパンの担当者に、ユーザーに「何か遅い」と思わせないためのノウハウを聞いた。(2017/3/31)

「ヒロアカ」と「侍ジャパン」がコラボ! 侍ジャパンユニフォームのデクたちがポスターに
コラボポスターも公開中。(2017/1/7)

ユーザーが多いほど効率アップ “生中継”に効く動画配信技術「LTE-Broadcast」とは
スマホの動画視聴が増え、モバイルトライフィックの効率化が急がれている。ソフトバンクは9月、ヤフオクドームで「LTE-Broadcast」という技術の実証実験を行い。その効果を確認した。(2016/10/28)

「AKB48センバツ総選挙」対策でJR東日本が臨時列車 上越新幹線など
JR東日本 新潟支社は6月18日に新潟市内で開催の「AKB48 センバツ総選挙」に合わせて臨時列車を運転すると発表した。(2016/4/27)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
賭博問題からどう這い上がるのか 地に堕ちた読売巨人軍
2015年10月に発覚した巨人所属選手による野球賭博問題。3選手が野球賭博に関与していたとしてNPBから無期失格の処分が下され、巨人からも契約を解除されていた。今回、新たにもう1人の選手が問題にかかわっていたことが明らかになった。(2016/3/9)

東京ドーム、照明をLEDに切り替え
東京ドームはアリーナの照明を全面的にLED化する。(2016/1/22)

こんなん笑ってしまう 福岡ソフトバンクホークスの謎キャラクター「ふうさん」の撤収方法が斬新だと話題に
ドーン!……ズルズル。(2015/10/2)

今度の表紙は奥田民生 広島ガイドブックの第2弾が登場
Perfumeが表紙を飾って話題となった『泣ける!広島県』に続く第2弾。グルメや観光情報を中心に、前回よりパワーアップした内容となっている。(2015/6/11)

野球観戦に行ってショッカーに入ろう? 福岡ソフトバンクホークスが謎イベント「ショッカー戦闘員トライアウト」を実施
ショッカーが狙っていたのは福岡征服だった……!?(2015/4/21)

プロ野球チームの業務改革:
ホークスの日本一に貢献した球団現場の“草の根活動”とは?
ソフトバンクが親会社になったことで、他球団と比べて積極的なシステム投資を行ってきた福岡ソフトバンクホークス。しかし球団スタッフであるスコアラーやスカウトなどの利活用は今一つだったという。なぜか……。(2015/4/16)

ITインフラ機器の監視範囲対象の拡大と内製化によるコスト削減を実現
ヤフオクドームの円滑な試合運営を支える“使えるマップ”とは
福岡 ヤフオク!ドームではサーバ、スイッチ、ルータ、無線アクセスポイントなどITインフラ機器数百台が稼働。円滑な試合運営を支えるべく奔走する情報システム部が障害対応の迅速化とコスト減を実現できた理由とは。(2014/9/16)

ぐっる〜〜〜んと360度パノラマビュー! 「Yahoo!地図」が進化してるっ
ハマりすぎて、酔いました。(2014/6/6)

ホークスのビッグデータ活用記:
「勘と経験頼み」の職人集団から脱却 ソフトバンクホークスがデータ活用で目指すもの
古くからデータ活用が盛んに行われてきたプロ野球だが、テクノロジの進化によって新たな動きが生まれつつある。「KKD(経験、勘、度胸)」からの脱却を目指してデータ活用を進めているソフトバンクホークスに取り組み内容を聞いた。(2014/5/23)

ソフトバンクがオープン戦チケットを490円で販売――応援団長は「お父さん」が続投
福岡ソフトバンクホークスとソフトバンクモバイルは、ホークスのオープン戦チケットを490円で販売する。また応援団長は白戸家の「お父さん」が続投する。(2014/1/15)

ヤフオク!がフリーマーケットの祭典「リユース!ジャパンマーケット」開催
古着持参で入場無料。(2013/12/5)

店内BGMや野球の応援歌で“チェックイン” カカオジャパン、音声認識でスタンプを集める「Stac」
音声認識技術を利用し、街中やWeb上の音楽や音声で“チェックイン”するスタンプラリーサービス「Stac」がリリースされた。(2013/6/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「おしい!広島県」の作り方――戦略的広報とは何か?
広島県が話題になっている。人任せではなく、現場が情報の伝え方を考え抜き、リーダーが決断。過去の慣習にとらわれずやればできる。(2013/3/28)

ソフトバンクモバイル、新規契約者に「ホークス観戦ペアチケット」をプレゼント
ソフトバンクモバイルは、乗り換え(MNP)/新規契約者にホークス戦の「ソフトバンクホークス観戦ペアチケット」をプレゼントするキャンペーン「バリ得チケット」を3月にスタートする。(2013/2/22)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
侍ジャパンがWBC3連覇できそうもない、いくつかの理由
ワールド・ベースボール・クラシック第1次ラウンドを目前として、山本浩二監督率いる日本代表チームが宮崎合宿を張っている。ところが、どうにも3連覇達成は怪しい雲行きなのだ。(2013/2/21)

福岡ソフトバンクホークスの公式戦チケットが980円で購入できる「ソフトバンクモバイル980円チケット」
ソフトバンクモバイルは、抽選により福岡ソフトバンクホークスの公式戦チケットが980円で購入できる「ソフトバンクモバイル980円チケット」を販売する。(2013/2/14)

「ヤフードーム」が「ヤフオクドーム」に ソフトバンク本拠地名を変更
福岡ソフトバンクホークスの本拠地球場が「福岡 ヤフオク!ドーム」になる。(2013/1/25)

「ヤフードーム」から「ヤフオクドーム」へ 球場名を2月1日変更
英語表記は「FUKUOKA YAFUOKU! DOME」に。(2013/1/25)

ソフトバンク、ホークスのオープン戦チケットを490円で販売
ソフトバンクは、ケータイ・スマホ向けのホークス応援サイトでオープン戦のチケットを490円で販売する。(2013/1/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。