世界を変える5G
ニュース
» 2020年03月05日 22時22分 公開

なぜXperiaはない? 料金プランはどうなる? 5G LABってどうよ?――「SoftBank 5G」担当者インタビュー (1/3)

3月27日にソフトバンクの5G通信サービスが始まる。その発表に合わせて、ソフトバンクの担当役員を囲むグループインタビューが行われた。

[井上翔,ITmedia]

 既報の通り、ソフトバンクは3月27日から5G通信サービス「SoftBank 5G」のサービスを開始する。同サービスに対応するスマートフォンも4機種、合わせて発表された。

 3月5日、数回に分けて、同サービスに関するグループインタビューが開催された。対応者は菅野圭吾常務と寺尾洋幸常務の2人。菅野常務は端末や通信サービスに関する事項、寺尾常務は「5G LAB」を始めとするサービスに事項の質疑に応じた。

 この記事では、筆者が参加したグループにおける主なやりとりを紹介する。

端末 SoftBank 5Gに対応する第1弾スマートフォン。左からLG V60 ThinQ 5GAQUOS R5GAxon 10 Pro 5GOPPO Reno3 5G

端末:Xperiaについては今後検討

菅野常務 菅野圭吾常務

―― (5G対応の)端末について、いろいろなバリエーションを考えたと思います。今回発表した4機種が、それぞれどのような位置付けなのかを教えてください。

菅野常務 大枠として、スペックから価格まで見た上で、「安定感のあるモノ」と「ちょっと新しいモノ」の2つの軸から、社内で議論をした上で(今回の4機種を)決めました。

 私たちから見た時に、「AQUOS R5G」は安定してお客様に喜んでいただける端末だと思います。今回はコンテンツ(5G LAB)も一緒に発表していますが、それを十分に楽しめるものとして、LGの「V60 ThinQ 5G」を投入しました。

 そして「新しいパートナーを呼び込もう」という観点から、OPPOの端末も採用しています。

AQUOS R5G 安定感担当の「AQUOS R5G」

―― (国内大手キャリアとしては初採用となる)OPPOは大きな注目ポイントかと思います。

菅野常務 OPPOとは、日本に参入した頃から議論を続けてきました。今回は5Gサービス用の新しい端末を投入するタイミングだったので、それに合わせて(Reno3 5Gの)採用を決めた次第です。

 「新しさ」という面はもちろんですが、お客さまの手元にお届けしやすい、エントリーレベルの価格を目指しています。

―― どのくらいインパクトになりそうでしょうか。

菅野常務 私たちにとって(OPPOのスマホは)初めての挑戦なので、どのくらい売れるかは読めない面もあります。ただ、一緒に(販売を)拡大していこうという話にはなっています。

 先を見通すと、私たちは早々に5G端末だけ(のラインアップ)になると思っています。その時に、価格競争面で強いメーカーとの話をしていく必要があると考えています。

Reno3 5G 大手キャリアとしては初めてのOPPO製端末となる「Reno3 5G」。ソフトバンク限定販売で、おサイフケータイも備える

―― そう考えると、4G端末ですが「LG G8X ThinQ」は安すぎましたよね……。あれは何なのでしょうか。(筆者注:同機種はソフトバンク直営店価格で税込み5万5440円というインパクトのある価格で登場した)

菅野常務 G8X ThinQは、ソフトバンクブランドとしては初めての「LG」を冠する端末でした。そういうこともあり、(LGブランドの端末を根付かせる意図を込めて)思い切った価格で販売した次第です。

―― 今回のラインアップでも、(認知を高めるために)そのような戦略を取るのでしょうか。

菅野常務 そこはメーカーの納入価格次第の面もありますから、そうなるかどうかは、まだ分かりません。

V60 コンテンツを楽しむ端末という位置付けの「V60 ThinQ 5G」。事実上の先代に相当する「LG G8X ThinQ」では、LG Dual Screen(セカンドディスプレイ付きカバー)付きで税込み6万円を切り価格設定が衝撃的だった

―― 今回、(ソニーモバイルコミュニケーションズの)「Xperia 1 II」がラインアップに含まれていないことが意外でした。何かあったのでしょうか。

菅野常務 (4G LTEに対応する)現行のXperiaはリリースしていますから、端末の採用については継続して協議している所です。SNSなどでも「ペリア(Xperia)がない」という反応があることは確認しています。

 今回のスタート時点では、4社の端末でラインアップ上の「安定感」や「新しいもの」はハッキリと出せていると考えています。どのタイミングになるかは分かりませんが、Xperiaは「次回以降」に継続して出していければ、と思っています。

―― OPPOのReno3 5Gの発売予定が「7月下旬以降」です。夏モデルは、4G端末と5G端末の両方が出るイメージなのでしょうか。

菅野常務 そうです。今回の4機種は(SoftBank 5Gの)発表タイミングに間に合った機種でもあります。5G端末は随時拡充していこうと考えています。

―― 夏モデルにはまだ4G端末が存在するということでしょうか。

菅野常務 可能性はあります。

―― Reno3 5Gは5Gの開始に合わせて発表しただけという理解で良いでしょうか。

菅野常務 そうですね。夏モデルは他にも発表する予定です。

Xperia 1 II 今回のラインアップに含まれなかった「Xperia 1 II」。Xperiaを期待するユーザーは今後の発表を待ちたい

―― 5Gには「SoftBank Air」のような固定インターネット回線に対する代替ニーズがあると思います。完全な使い放題に近いものを提供できれば使いたいという人も多いと思うのですが、ネットワークの整備状況を踏まえて尚早だと判断したということでしょうか。

菅野常務 自分たちが言うのも何ですが、現状を踏まえると(スマホだけに絞ったラインアップは)最適解であると考えています。

―― 今回のスマホ4機種は全てSub-6(6GHz帯以下の周波数帯の5G)にのみ対応するものです。ミリ波(30GHz弱以上の周波数帯)はやらないのでしょうか。(筆者注:ソフトバンクは28GHz帯の5G基地局の開設計画も承認されている)

菅野常務 どのタイミングで(ミリ波対応の端末を)入れようか、社内で検討を進めています。

―― コンシューマー向けの端末にも入れるのでしょうか。

菅野常務 法人向け端末から対応する可能性はありますが、どこ向けと限って検討している訳ではありません。

―― 5Gサービスの開始に合わせて「トクするサポート+」を開始しますが、他社のように、残価設定型の分割払いを導入することは検討しなかったのでしょうか。

菅野常務 私たちのプログラムは、48回払いの割賦で24回目まで払えば(端末返却を条件に)残債免除という流れが、シンプルに機能しています。ユーザー満足度も高いので、3月27日発売の端末からプログラム使用料を無料とする形で継続することにしました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう