ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「お歳暮」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

特集・RPAで仕事が変わる:
残業なくして乾杯♪ アサヒがRPAロボット量産に成功した理由
アサヒ飲料やアサヒビールを抱えるアサヒグループは、人事情報登録にRPAを導入して年間約1300時間の業務量削減に成功。現在は30ものグループ企業にさまざまなロボットを導入している。スムーズに展開できた理由は何か。担当者に話を聞いた。(2019/2/23)

「ポテト油で化粧落とすなんて」 芸人・紺野ぶるま、“元ギャル”時代と現在のビフォーアフターがまるで別人
ギャル時代のエピソードがやばい。(2019/2/15)

熱きシニアたちの「転機」:
障がい者が働く大繁盛の「チョコ工房」設立した元銀行マンの決意
定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。4回目は障がい者を雇用するチョコ工房「ショコラボ」を起業した元銀行員の伊藤紀幸さん(53)。2018年11月1日に7周年目を迎えるショコラボの伊藤さんに話を聞いた。(2018/11/1)

そごう・西武や阪急百貨店など:
公取委、近畿の百貨店5社に計2億円の課徴金 「ギフト送料」巡り独禁法違反
公正取引委員会は10月3日、近畿地区に店舗を構える百貨店に対して独占禁止法に違反したとして排除措置命令と課徴金納付命令を出した。課徴金は総額1億9397万円。(2018/10/3)

特集・ITで我慢をなくす「流通テック」:
「宅配ボックスだけでは解決できない」 業界のパイオニアが挑む「再配達ゼロ」への道
宅配便の再配達問題でにわかに注目を集めている宅配ボックス。そのトップランナー、フルタイムシステムに宅配ボックスの果たしてきた役割と再配達問題解決に向けた取り組みを聞いた。実は宅配ボックスは、既に労働問題を1つ解決していた。(2018/7/27)

スピン経済の歩き方:
文科省の局長逮捕は「天下りシステム」崩壊の副作用ではないか
文科省の科学技術・学術政策局長が逮捕された。息子を裏口入学させる見返りに、大学に便宜をはかったとされているが、なぜこのような不正を行ったのか。筆者の窪田氏は「天下りシステム崩壊の副作用ではないか」とみている。どういうことかというと……。(2018/7/10)

百貨店、廃れ行く「習慣」にはもう頼れない:
「インスタ映え」はお中元の救世主となるか
大丸松坂屋百貨店が「インスタ映え」を意識した今年のお中元向け商品を発表した。贈答品の習慣が薄れて市場が縮小しているためで、若い女性層を取り込む。(2018/5/9)

スピン経済の歩き方:
「定期的な異動が生産性を落としている」説は本当か
新年度がスタートした。新たな部署に配属されて、「うまくやっていけるかな」と不安を感じている人も多いのでは。4月に「定期人事異動」を導入しいている企業は多いが、このシステムは本当に効率的なのか。ひょっとしたら生産性を落としているかもしれない。(2018/4/3)

水曜インタビュー劇場(5位以内公演):
30年も売れ続けている「成城石井のシュウマイ」、舞台裏に迫る
成城石井の「国産豚のジューシー焼売(小)」が売れている。30年ほど前から販売していて、売り上げランキングは常に5位以内にランクインしているのだ。1パック12個入っていて、価格は599円(税別)。決して安くはないのに、なぜ売れているのか。製造担当者に聞いたところ……。(2018/3/7)

お歳暮で荷物量増加:
日本郵便、年末の「ゆうパック」再配達受け付け時間を一部短縮
日本郵便が、「ゆうパック」の当日再配達受け付けの締め切り時刻を一部郵便局で繰り上げている。年末の繁忙対策という。(2017/12/6)

週刊「調査のチカラ」:
メルカリ、フィンテック、宅配便再配達問題…… EC時代の生活者インサイトはどうなってる?
利便性がもたらす社会のひずみについて考えさえられる今日このごろ。各種の調査データから見えてくる生活者の今の気分とは?(2017/5/27)

インタビュー:
佐藤可士和氏が語る、地方発ブランドの成功条件とは?
今治のタオル産業の復活を目指し、2006年にスタートした「今治タオルプロジェクト」。そのブランディングにかかわるクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏に、地方発ブランドが成功するための条件などを聞いた。(2017/5/16)

「ドライバーに電話」が最多:
「宅配ボックス」の利用率、13.6%にとどまる
一般消費者の宅配便利用の現状は?――プラネット調べ。(2017/5/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
残業ゼロでも目標達成!! 本気の「職場の時短術」
ムダなことを効率的にやることほど、ムダなことはない。やめても成果に影響しないことは、勇気をもってやめる、これこそが生産性を高める絶対条件だ。(2017/1/12)

年間記事ランキング2016 【取材レポート編】:
「Coke ON」「AbemaTV」「Pepper」他、ITmedia マーケティング読者が2016年に注目したトピックは?
「マーケ×IT」の最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2016年に公開した全記事の中から最もよく読まれた記事をランキング形式で紹介します。今回は取材レポート編です。(2016/12/29)

老舗×ソーシャルギフト:
嘉永2年創業 山本海苔店が取り組む「若者のお歳暮離れ」対策としてのO2Oマーケティング
江戸時代から続く老舗海苔店が、スマートフォンで手軽に贈りものができるソーシャルギフトサービスを導入。その背景にある市場の変化と今後の展望について聞いた。(2016/12/21)

週刊「調査のチカラ」:
「プレミアムフライデー」のビジネスチャンスはどこにある?
忘年会にお歳暮に、お金が動くシーズンが到来。2017年2月には「プレミアムフライデー」がスタート。2016〜2017年、日本の「消費」はどう変わるのか。調査データで探る。(2016/12/17)

インバウンド伸び悩み続く:
百貨店10月売上高3.9%減、8カ月連続
日本百貨店協会が発表した10月の全国百貨店売上高は、前年同月比3.9%減だった。(2016/11/22)

銀座で学んだこと:
お金持ちがリスクを冒してでも買う「資産を秘めた種」とは
成功者と呼ばれる人たちが購入する商品とはどういうモノでしょうか? 今回は、お金持ちの共通点についてご紹介します。(2016/8/16)

3000円以上の商品を扱うカタログギフトも導入:
「ソーシャルギフト」のビジネス向けサービス、韓国SK telecom子会社が提供
SK planet Japanは、ビジネスシーンに特化したソーシャルギフトを集めた「BUSINESS cotoco」の提供を開始した。(2016/8/9)

700系、はやぶさ、ドクターイエローまで! 新幹線が描かれた限定プレミアムモルツ、ギフトセットで登場
12種類セットとコンビニ限定の4種類セットが登場。鉄道ファンへのお歳暮に良さそう。(2016/7/15)

これカタログだったの!? 高島屋のお中元カタログがアニメ柄に
一部では「同人誌が届いたかと思った」の声も。(2016/6/2)

コンビニ探偵! 調査報告書:
2020年、コンビニから「エロ本」「タバコ」が消えてしまうかもしれない
コンビニはたくさんの商品を扱っているが、消えていく商品も数多い。販売不振で撤去されるだけでなく、「反社会的なモノを置いていていいのか!」といった世論の声を受けて、消えていく商品もあるかもしれない。それは……。(2016/3/14)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニが恵方巻きの販売に力を入れる、もうひとつの理由
正月も明け、コンビニ各社では節分の恵方巻きの予約活動が佳境に入ったころだろう。比較的安価な恵方巻きは手軽な催事商品の1つ。数百本販売する店舗も珍しくない。今回は、コンビニが恵方巻き販売に夢中になる理由を探った。(2016/1/21)

老師、殿下、尊師まである 高島屋からのギフト、宛名の「敬称」が用意周到すぎる
誰に使うんですか。(2015/12/19)

コンビニ探偵! 調査報告書:
安っぽいコンビニの「おせち」が、高級路線に転換できた理由
かつて、安っぽかったコンビニのおせちが、ここ数年で一気に高級路線に転換しているのをご存じだろうか。今回は、コンビニおせちの販売戦略と商品展開について調査した。(2015/12/10)

銀座で学んだこと:
「人の思いで、人は動く」 出世した人の考え方
年の瀬が近いこの時期は、多くの人が自分のことで精一杯。しかし、大成された方というのは、こういうときこそ慎重に仕事をされてきたようです。(2015/11/30)

共通ポイントとしての勝算は:
カード回帰はiPhoneの影響? ドコモ加藤社長への「dポイント」「dカード」質疑応答&囲み取材
ドコモのポイント制度始まって以来の大幅リニューアルとなる「dポイント/dカード」。共通ポイントサービスに参入するドコモ加藤社長に、数多くの質問が飛んだ。(2015/11/12)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第484話 贈答品のゆくえ
お中元とか、お歳暮の時期は、ティータイムがリッチになって、毎年心躍るわよねぇ…。あっ、また来たわ!(2015/11/10)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
韓国で人気のソーシャルギフト、日本での普及には何が求められているのか
ネットでギフトを贈り合う“ソーシャルギフト”。韓国などでは人気だが、日本でままだまだ広がっていない。ソーシャルギフトを展開している各事業者は、どこに普及の鍵があると見ているのだろうか。(2015/8/14)

銀座で学んだこと:
「出世」するのは誰? “試す”ことができる人
出世する人というのは、何にでも興味を持って知ろう、試そうとします。富士山の裾が広いのと同じように、志を高くすると人としての裾が広がり、何に対しても対応できる人になれるのです。(2015/7/13)

実はお中元は「迷惑」? ズレとカブりを回避するには……
せっかく贈ったお中元も、相手が「欲しいもの」と自分が「贈りたいもの」とでは少しズレがあるようです。さらに約50%の人は「カブり」が起きているのだそう。そんなお中元の実態に迫ります。(2015/7/11)

ビジネスマナー研修<メール編:本文>(14):
「取り急ぎ、お礼まで」は失礼か?
「お客さまからお歳暮を戴いた! 早速お礼のメールを送らなくちゃ」というときのメール、末尾に何と書く?(2016/4/11)

事務ごよみ:
年賀状や歳暮の手配、各種申請のチェックリスト作成を――11月の事務ごよみ【総務・法務】
営業に渡すカレンダーや手帳の手配、印刷に時間のかかる年賀状の準備、火災予防週間への備えや各種申請のチェックリスト作成など、総務・法務部門が11月に処理しておきたいトピックをまとめました。(2014/10/29)

事務ごよみ:
慶事への対応から歳暮・年賀状の準備まで――10月の事務ごよみ【総務・法務】
社内外の慶事への対応、歳暮・年賀状の準備や社内レクリエーション実施後の対応など、総務・法務部門が10月に処理しておきたいトピックをまとめました。(2014/9/25)

博報堂生活総研・吉川昌孝の「常識の変わり目」:
その「贈りもの」、誰のため? もしかして「自分へのごほうび」?
「昔はこうだったのに」──。これまでの常識とは違うことが常識になりつつあると感じる事象はありませんか。データで読み解くと、常識の変わり目が見えてきます。今回はお中元の季節ということで「贈答」の変わり目を探ります。(2014/7/1)

「王道」のビジネスモデル:
利益率が高くなる「理由」を持つ――冠婚葬祭モデル
冠婚葬祭やお歳暮など、特別な消費におけるビジネスの仕組みがあります。これらはお金を払う人と使う人が同一人物ではないので、「安いほうがよい」という単純な思考になりにくいのです。(2014/4/24)

21世紀の新しいワークスタイル:
「働く」を通じて、人々に笑顔を与えたい――クラウドワークス吉田社長
「2014年は企業が個人の力をより活用する年になる。そのときに働く人々が笑顔になれるインフラを作りたい」。2013年に飛躍したクラウドソーシングサービスの1つ、クラウドワークス社長の吉田氏はこのように話す。(2014/1/30)

夜間バッチ処理も短縮:
京阪百貨店、対面受注システムのデータベース基盤に「Oracle Database Appliance」を採用
日本オラクルは1月15日、同社が提供する「Oracle Database Appliance」を京阪百貨店のデータベース基盤に採用されたことを発表した。(2014/1/17)

新連載・ご一緒に“おでん”いかがですか:
なぜコンビニのクリスマスケーキは売れるようになったのか――知られざる裏事情
数年ほど前から、コンビニのクリスマスケーキが売れている。理由の1つに「おいしくなった」ことが挙げられるが、それだけでもないらしい。大手コンビニの本部で働き、現在はコンビニオーナーを務める筆者が裏事情を明らかにした。(2013/12/19)

一生お金に困らない「華僑」の思考法則:
お金持ちは、自分のお金を使わない
お金、仕事、時間、すべての成功法則に欠かせないのが「コミュニケーション術」なのです。一度でもいいので、物々交換でお金を使わずに欲しいものを手に入れる面白さを経験してみてください。(2013/12/4)

世間から必要とされない“ガラパゴス社員”になっていないか?
企業がリストラを考えたとき、真っ先にクビになるのは変化を拒絶する社員だ! 「フリーで働く前に! 読む本」などの著者である中山マコト氏が、会社にはびこる“ガラパゴス社員”に警鐘を鳴らす。(2013/11/20)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
83.7%が赤字の飲食業に朗報!? 交際費が変わる?
今、日本にある法人数はおよそ250万社、うち約73%が赤字です。業種別では、最も多いのが料理飲食業で83.7%。景気の停滞で企業が会食や接待などにお金を使わなくなったのでしょう。先日「財務省が来年度から大企業が交際費の一部を、税法上の費用に算入することを認める検討に入った」との報道がありました。今回は、交際費とは何かを改めて考えてみます。(2013/10/22)

ネイティブに伝わるビジネス英語:
感想を求める場合は「Do you ……?」より「Any thoughts?」
第15回は、出張や商談など、営業の際によく使われるフレーズです。(2013/3/13)

震災で人とのつながりを再認識!? ギフト市場が活性化
矢野経済研究所のギフト市場に関する調査結果によると、2011年度の市場規模は前年度比2.1%増の17兆400億円となったことが分かった。(2013/1/9)

どれも傑作! 「全日本仮装大賞」の公式チャンネルがYouTubeに開設
(低)ぴ……ぺ、ぽ、ぽ・ぱ・ぽぱぱぴぺぱぷぷぽぴぽぱぷぱぺっ(高)「だらだだーっだだだーーん」(2012/11/15)

いろいろはかどるぞ:
指で触れるのが気持ちいい!! 「Bento 4 for iPad」で情報整理を快適に
「データベース」と聞くとなんだか難しそうだが、情報はまとめておくことでもっと便利に活用できる。美しいデザインとシンプルな操作でいつでもさっと情報を取り出せるiPad向けの「Bento」は、データベース入門に最適なアプリなのだ。(2012/7/6)

藤田正美の時事日想:
安さだけじゃダメ!? 利便性追求が小売の未来を分ける
ある家電量販店のオンラインショップを利用して、その使いにくさからアマゾンのサービスとの差を感じたという筆者。消費者の便利さを追求する姿勢の有無が、その結果につながっているのではないかと主張する。(2012/3/12)

“絆”を記録――人付き合いの情報を1冊に集約するコクヨの「おつきあいノート」
コクヨは遺言書キット、エンディングノートに続くライフイベントサポート商品として、人付き合いで必要なことを記録できる「おつきあいノート」を発売する。(2012/1/25)

支援者募集中:
全国に笑いと膨満感を 「デブポーズ写真集」制作プロジェクトってなんぞ
「1番脂がのっているこの身体を作品に残したいんです」――Webマガジン「大塚ニューコーポ」が「デブポーズ写真集」の制作プロジェクトを進めている。(2012/1/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。