ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

楽天、無料の家計簿アプリを突如リリース 1000以上の社外サービスとも連携可能
楽天は4月17日、家計簿アプリ「楽天家計簿」の提供を始めた。クレジットカードや銀行口座、証券口座と連携し、収入/資産から、ECや携帯料金といった支出まで一元管理。利用料は無料。(2024/4/17)

Synology「BeeStation」はNASより便利な一面も 家族の“秘密”も守れるストレージ、共有リンクや写真管理もある
BeeStationの機能は他にも便利な機能が複数用意されている。今回はその便利な機能について詳しく見ていこう。(2024/4/16)

船も「CASE」:
電子海図や自動操舵、救助用ビーコン……小型船舶の最新事情
「ジャパンインターナショナルボートショー2024」が開催された。この記事では、パシフィコ横浜会場の展示から、電子海図や自動操船関連機器、そして、陸とは異なる海洋での利用を考慮したデバイスを取り上げる。(2024/4/12)

「スイカゲーム」Android版ついに公開も、不具合で緊急メンテ 「名前入力できない」
「スイカゲーム」のAndroid版が公開。多くのユーザーが歓迎したが、一部の機種で不具合が出ることが判明し、修正を急いでいる。(2024/4/11)

公式「スイカゲーム」Android版が配信スタート 人気に便乗した類似アプリは10本以上に
価格は240円(税込み)で、対応OSはAndroid 5.1以降となっている。(2024/4/11)

Apple、iPhone向けレトロゲーム機エミュレータをグローバルに解禁
AppleはiOSアプリ開発者向けガイドラインを更新し、iPhone向けレトロゲーム機エミュレータアプリの提供を認めた。欧州圏では音楽ストリーミングアプリで開発者のWebサイトへのリンクを含められるようにした。(2024/4/8)

タクシーアプリ「S.RIDE」、タクシー事業者のライドシェア運用を順次開始 アプリ設定にも対応
S.RIDEらは、4月中に自家用車活用事業(ライドシェア)の運行車両への配車を開始。4月4日のアプリアップデートで、車指定画面へ新たに「ライドシェア」の項目を追加した。(2024/4/5)

「スイカゲーム」がAndroidにやってくる 4月中旬に配信
Playストアで事前登録が始まっている。価格は240円(税込み)だ。(2024/4/3)

「スイカゲーム」Android版、4月中旬に配信へ 事前登録開始
Aladdin Xは、Nintendo SwitchとiOS向けに配信中のゲーム「スイカゲーム」のAndroid版の事前登録を始めた。リリース日は4月中旬を予定。(2024/4/3)

撮影した写真がAIで“PS2風”のゲーム画像に 話題のゲームフィルターが使える「Remini」の使い方を解説する
写真/動画系のSNSで、どこかで見たようなゲーム画面風に仕上がった画像を見かけることが増えた。これはゲームフィルターなるものを使ったものだという。その正体とは? 誰でも作れるのか? 実際に試してみた。(2024/4/3)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
カンペ見ても「カメラ目線」へ自動補正 動画のAI吹き替えツール「Captions」にPC版、実際に試してみた
日本語で話す動画を、英語に自動翻訳+アフレコしてくれるツール「Captions」。もともとはiOS版として提供されていたサービスだが、PC版(β版)が登場。AIを使った新機能も含め実際にテストしてみた。(2024/3/29)

HIKAKINやかまいたちも絶賛、おしゃべりAI「Cotomo」 自然な会話はどう実現? 創業者に聞く
自然な会話が話題のおしゃべりAI「Cotomo」。開発の背景や目指すビジネスモデルを創業者に聞いた。(2024/3/29)

ChatGPT使いこなし術:
「Microsoft Copilot」をスマホから使おう その手段は3つある
「ChatGPT」の基礎から応用まで、仕事や生活で役立てるためのTipsを連載で紹介する。(2024/3/26)

ソフトウェアにはどのドメインにも適用できる力がある:
宇宙ビジネスをソフトウェア開発で支える「ドメイン駆動でキャリアをつむぐ男」
本が好き。音楽が好き。でも、ドメインにコミットして複雑な仕組みを整理してソフトウェアに落とし込むことはもっと好き。(2024/4/2)

スマホ用CDレコーダー「ラクレコ」、取り込んだ曲とスマホ内の曲をまるっと聴けるように 新機能「楽曲リンク」追加
バッファローは、スマートフォン用CDレコーダー「ラクレコ」の専用アプリに新機能を追加した。機能名は「楽曲リンク」。ラクレコ専用アプリを介して取り込んだ曲とスマホ内の曲をまるっと聴けるようになった。(2024/3/23)

トーンモバイルがドコモのスマホ94機種で利用可能に 「TONE IN」の狙いとは
トーンモバイルを利用可能なスマートフォンを限定せず、他の端末へも展開していくTONE IN戦略。その第1弾の具体的な内容が発表された。専用SIMはドコモが2021年以降に取り扱っている、または発売した端末で動作する。(2024/3/22)

Appleを米司法省がiPhoneでの市場独占で提訴 Appleは「積極的に抗弁する」
米司法省は16州とコロンビア特別区とともに、Appleを独禁法違反で提訴した。顧客をiPhoneに依存させ、競合する端末に乗り換える可能性を低くすることを目的とした行為が違法だとしている。(2024/3/22)

「iPhoneで空間スキャン」に本命あらわる 無料アプリ「Scaniverse」が3D Gaussian Splattingに対応
米Nianticのスマートフォン向け3Dキャプチャーアプリ「Scaniverse 3.0」が公開された。新たに「3D Gaussian Splatting」に対応し、高品質な空間スキャンが可能になる。利用料は無料だ。(2024/3/21)

ChatGPT使いこなし術:
「ChatGPT」をスマホから使おう 実はLINEから手軽に使える方法もある
「ChatGPT」の基礎から応用まで、仕事や生活で役立てるためのTipsを連載で紹介する。(2024/3/20)

GoogleのArea 120サービス「Keen」、3月24日に終了
Googleは、Area 120で2020年に立ち上げたサービス「Keen」をシャットダウンする。ユーザーには、それまでにデータをエクスポートするよう通知した。(2024/3/18)

Google、Chromeブラウザにリアルタイムフィッシング対策機能追加へ
Googleは、Chromeブラウザの「セーフブラウジング」機能を強化し、ほぼリアルタイムで安全でない可能性のあるサイトへのアクセスに警告を表示するようになる。(2024/3/15)

KADOKAWAがサブスク読書サービス「カクヨムネクスト」 人気作家の最新作がいち早く読める
レジェンド作品の配信も。(2024/3/13)

PR:Macを含めたコラボレーションも快適に! QNAPのThunderbolt 4対応オールフラッシュAI NAS「TBS-h574TX」でシームレスなデータ共有を実現
写真や動画といったコンテンツ制作において、複数人でチームを組んで作業する場合に悩ましいのが「ファイルの共有」だ。エンタープライズ向けと同等のパフォーマンスと信頼性備えながらも、中小規模のオフィスでも導入しやすいQNAPのThunderbolt 4対応オールフラッシュAI NAS「TBS-h574TX」を使うと、その悩みを解決できる。(2024/3/6)

「Windows 11でAndroidアプリが動く」機能、2025年3月5日で終了 WSAを使う意義、次第に薄れる
米Microsoftは、Windows 11上でAndroidアプリを動作させる機能「Windows Subsystem for Android(WSA)」の終了を予告する。提供とサポートは、2025年3月5日で終了となり、それ以降は利用できなくなる。(2024/3/7)

Windows 11のAndroidアプリ対応が打ち切り わずか1年半で廃止へ
既に新規アプリインストールができなくなっている。(2024/3/6)

Microsoft、Windows 11でのAndroidアプリサポートを終了へ
Microsoftは、2021年にWindows 11で立ち上げたPCでAndroidアプリを実行する「Windows Subsystem for Android」(WSA)の機能を2025年3月5日に廃止すると発表した。Microsoft Storeからは既にAndroidアプリをダウンロードできなくなっている。(2024/3/6)

大規模な生成AIモデルの台頭に対応:
「ONNX Runtime Web」でWebGPUによるブラウザ内機械学習の高速化が可能に
オープンソースでクロスプラットフォームの機械学習(ML)モデルアクセラレータ「ONNX Runtime」の「ONNX Runtime Web」機能において、WebGPUを用いてWebブラウザ内でのMLを高速化できるようになった。(2024/3/6)

ロボット:
万博工事現場で「四足歩行ロボット」の遠隔操作を実験、鴻池組
鴻池組は、2025年に開催する「大阪・関西万博」の工事現場で、四足歩行ロボットの活用に向けた実証実験を開始した。ロボットに工事現場を走行させ、遠隔操作や通信環境などを確認している。(2024/3/5)

β版リリースは2024年4月頃を予定:
Android 15 開発者向けプレビュー版、プライバシーとセキュリティに焦点
Googleは、Android 15の最初の開発者プレビュー版をリリースした。開発者プレビューではAndroid 15の機能を試したり、アプリをテストしたり、フィードバックを提供したりすることができる。(2024/3/5)

Y!mobileの“激安”縦折りスマホ「Libero Flip」を試す 普段使いなら不満なし?
Y!mobile初の縦折りタイプのスマートフォン「Libero Flip」が発売された。これまで「高価が当たり前だった」折りたたみスマホに「安価な選択肢」ができた。実機をお借りできたので、「Galaxy Z Flip4」ユーザー視点でレビューしたい。(2024/2/29)

「LINE AI Q&A」のiOS版を提供開始 生成AIとユーザーに質問できる
LINEヤフーは、コミュニケーションアプリ「LINE」内でOpenAIのAPIを利用した生成AIと他のユーザーに質問ができるサービス「LINE AI Q&A」のiOS版を提供開始した。Android版は1月29日に先行で提供している。(2024/2/22)

「スイカゲーム エクササイズ版」配信 スマホカメラ+全身運動で操作
issinは、心拍数連動の無料エクササイズアプリ「Smart 5min」で「スイカゲーム エクササイズ版」を提供開始。スマホの内蔵カメラでユーザー自身を映し出し、全身運動で操作することができる。(2024/2/19)

「楽天カードアプリ」刷新 テーマカラーやアイコンを選択可能に
楽天カードは、2月に「楽天カードアプリ」を全面リニューアル。カラーやヘッダーのカスタマイズ機能、利用明細のメモ機能などを搭載する。iOS版は2月16日から段階的に公開し、Android版はiOS版公開完了後に公開する予定。(2024/2/19)

「スイカゲーム」初の公式グッズまもなく登場 模倣品対策で「正規品たくさん出す」
「スイカゲーム焼き」のおまけステッカーが初の公式グッズとなる模様。「GiGOのたい焼き総本店」で販売する。(2024/2/16)

理想の部屋を3D空間でデザイン:
イケア・ジャパン、AI模様替えルツール「IKEA Kreativ」を日本でも提供開始
自分の部屋の写真を基に作り出したデジタル空間にIKEAの家具やアクセサリーを配置することで自分の生活空間を自由にデザインできる機能と、IKEAが用意した3Dショールームを基にデザインを変更できる2つの機能を提供。(2024/2/15)

d払い、モバイルSuicaへのチャージに対応 dポイントももらえる Android版で
NTTドコモと東日本旅客鉄道(JR東日本)は、ドコモのキャッシュレス決済サービス「d払い」のAndroidアプリと、JR東日本「Suica」の連携を開始した。これにより、Android版d払いアプリからSuicaの新規発行やチャージが可能となる。(2024/2/13)

Android版「d払い」と「モバイルSuica」が連携 チャージでdポイントもたまる
NTTドコモのAndroid版「d払い」アプリと「モバイルSuica」の連携サービスが始まった。d払いアプリからSuicaの新規発行の申し込みやチャージが可能で、チャージ金額の0.5%(200円につき1ポイント)相当のdポイントを付与する。(2024/2/13)

NECPCが「LAVIE Tab」のハイスペックな新モデルを発売 外部ディスプレイとしても使える14.5型とゲーミング重視の8.8型
NECパーソナルコンピュータの「LAVIE Tab」のハイスペックラインに新モデルが投入される。史上初の14.5型モデルは外部ディスプレイとして利用可能で、8.8型は同サイズのモデルには今までなかったハイスペックSoCを備えている。(2024/2/13)

Google、「Bard」だけでなく「Duet AI」も「Gemini」に名称変更
Googleは、「Gemini Advanced」の発表に合わせ、会話型AI「Bard」とWorkspaceの生成AIサービス「Duet AI」の名称も「Gemini」に変更し、Androidアプリ「Gemini」もリリースした。(2024/2/9)

MSI初のCore Ultra搭載ポータブルPC「Claw」など国内初公開のモデルを見てきた
エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)が、Core Ultra搭載のポータブルゲーミングPC「Claw A1M」など、CES 2024で発表された新モデルの国内展開を明らかにした。(2024/2/6)

NEWS Weekly Top10:
radikoでラジオは聴けるけど、あえて携帯ラジオを買いたい理由
筆者は在宅勤務なこともあって、ラジオをよく聴いている。インターネットラジオ「radiko」のおかげで東京にいながら、関西から北海道まで、いろいろな番組を聴いている。一方で、昔ながらの携帯ラジオも買った方がいいのではないか、と最近よく思う。(2024/2/5)

スイカゲーム、Android版の登場はいつ? Google Playでも偽アプリに要注意
2024年1月1日にiOS向けにリリースされた「スイカゲーム」がヒットしている。iOS版が出たということで気になるのが、Android向けのスイカゲームは出るのかどうか。Google Playでは現在、偽のスイカゲームが配信されているので注意したい。(2024/1/29)

知らないと損!?業界最前線:
1年9カ月で2350本→5カ月で累計682万本 「スイカゲーム」開発元が語ったヒットの裏側とAndroid版の計画
爆発的な人気の「スイカゲーム」は、1月1日にはiOS版がリリースされ、累計682万ダウンロードを突破。もとはプロジェクター向けアプリだが、Nintendo Switch版を出したことで人気に火がついた。ヒットの裏側と今後の展望について、初期から開発を行っている担当者に話を聞いた。(2024/1/27)

iOS版「詐欺ウォール」で警告画面を変更、検知カテゴリーに「危険性の高いアダルトサイト」新設
BBソフトサービスは、iOS版「詐欺ウォール」をアップデート。警告画面上で検知カテゴリーの詳細を把握できるようになり、警告画面のカテゴリーではを新設するなど細分化を実施した。(2024/1/23)

ネットギアのWi-Fi 6E対応メッシュルーター「Orbi 9」を試す 1台でも“超高性能ルーター”として運用可能(買う本体に注意)
ネットギアのメッシュネットワーク対応Wi-Fi(無線LAN)システム「Orbiシリーズ」のフラグシップモデル「Orbi 9」は、無線LANルーターとしては高価な部類に入る。しかし、高価な分だけ性能も高い。実際に試してみよう。(2024/1/22)

「スイカゲーム」が爆発的にヒットしたワケ iOS版はSwitch版とはどう違う?
Aladdin Xは1月1日、人気のパズルゲーム「スイカゲーム」のiOS版をリリースしました。小さなフルーツを上から落とし、同じフルーツを2個ぶつけると違うフルーツになり、最終的に大きなスイカを目指していくというものです。スイカゲームは、実は完全なオリジナルゲームというわけではありません。(2024/1/21)

「Yahoo! JAPAN」アプリに画像検索機能 「自分に似ている有名人」検索機能も
LINEヤフーは、「Yahoo! JAPAN」アプリに「カメラ検索機能」を実装した。(2024/1/18)

Microsoftが個人向け「Copilot Pro」をリリース 優先アクセス権やMicrosoft 365との連携機能などが付いて月額3200円
Microsoftが、個人向けに「Copilot」の有料サブスクリプションサービスを開始した。無料版よりも処理の優先度を上げてもらえる他、Microsoft 365のデスクトップアプリとの連携機能などを利用できるようになる。(2024/1/16)

「ソフトバンクのレノボ製Chromebook(旧モデル)」を9800円で買ってみた メリットとデメリットを探る
ソフトバンクショップに料金相談に出向いたところ、「Chromebook、いかがですか?」と勧められた。その誘いに乗って、レノボ・ジャパン製Chromebook(旧モデル)を税込み9800円で購入してみたので、そのメリットとデメリットを探る。(2024/1/15)

石野純也のMobile Eye:
AppleのAirDrop対抗? GoogleがAndroidの「ニアバイシェア」を刷新するワケ
GoogleはAndroidの「ニアバイシェア」を刷新し、Galaxyで採用している「クイック共有」機能を取り入れる。Galaxyのクイック共有はニアバイシェアより多機能だが、どこまで統合されるかは不透明。AppleのAirDropに対抗する狙いがあるのかもしれない。(2024/1/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。