ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アバター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!アバター→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でアバター関連の質問をチェック

関連キーワード

“アバター化”したコンシェルジュがリモートで観光案内 9月まで都庁内などで実証実験
パナソニック システムソリューションズ ジャパン(東京都中央区)が、遠隔地にいるコンシェルジュが操作するアバターで利用者に観光情報を案内するサービスの実証実験を、9月まで東京都庁内などで行うと発表。(2021/6/14)

導入事例:
無人ホテルの受付をアバターに、人件費を75%削減する実証実験がスタート
SQUEEZEは、運営する小規模無人スマートホテルの顧客満足度を高めるとともに、水光熱費を削減するため、パナソニックシステムデザイン製の遠隔コミュニケーションシステム「AttendStation」とパナソニック製の電力モニタリング兼遠隔コントロールシステム「AiSEG 2」を用いた実証実験を東京都大田区西蒲田の無人ホテル「Minn 蒲田」で開始した。(2021/6/11)

コトブキヤ、VRChatで“デジタルフィギュア”販売に進出 バーチャル展示にプラモのCADデータも活用
コトブキヤがソーシャルVRサービス「VRChat」に公式ショップをオープン。3Dアバターの販売や展示を行う。「実物のプラモデルだけでなく、デジタルのモデルやフィギュア販売にも進出する」という。(2021/5/25)

等身大アバターでVR空間を体感 ドコモが「WHAT IS LOVE? ディズニープリンセス展VR」開催
NTTドコモは、6月23日から全国で「WHAT IS LOVE? ディズニープリンセス展VR」を開催。VRゴーグルを装着したユーザーが、等身大のアバターを通じて広大なVR空間を体感できる。(2021/5/19)

職員がアバターで接客、フライト情報を案内 中部国際空港で実証実験
遠隔接客ツールなどを手掛けるUsideUが、中部国際空港の案内所でアバターを活用した遠隔案内の実証実験を5月30日まで実施。新型コロナ対策が求められる中、空港利用者と非対面で対応ができ、スタッフ同士の接触機会も減らせる。(2021/5/17)

万博の第2回連絡会議に政府がVR採用 井上担当相らがアバター姿で参加
2025年に予定する日本国際博覧会(大阪・関西万博)の準備を進める、内閣官房の運営事務局は、5月12日に開いた関係省庁の連絡会議にVR会議システムを採用した。井上信治国際博覧会担当大臣らがアバター姿でVR会議に参加した。(2021/5/13)

eggモデル伊藤桃々、整形を告白「隠したいわけじゃなかった」 ビフォーアフター公開で「誰?」と自虐
「ナメクジ」「アバター」など名言続々。(2021/4/15)

3D計測・AIレコメンド・アバター接客:
5秒で身体をスキャン、ぴったり下着提案 ワコールがすごすぎるデジタル店舗を作る理由
“下着選び”に、デジタルトランスフォーメーションが起きている。インナーウェア大手のワコールが、3D計測・AIレコメンド・アバター接客と最新技術を盛り込み、デジタル化した店舗を作っている理由とは?(2021/4/8)

池袋ミラーワールド:
DNPが「バーチャルジュンク堂」を展開 アバターで新しい本と出合う
DNPがバーチャルジュンク堂書店池袋本店を展開する。イベントの開催や書籍拡販モデル構築を行うという。(2021/3/26)

3Dアバターがカラオケでお悩み相談する「アバティータイム」、JOYSOUNDで試験提供
「JOYSOUND」を展開するエクシングが、3Dアバターがカラオケで悩みを聞くサービス「アバティータイム」の試験提供を開始。コロナ禍で外出しづらい状況が続く中、孤独感を解消する機会を提供する。(2021/3/8)

VRニュース:
離れていてもアバターやホロポーテーションで共同作業、「Microsoft Mesh」発表
Microsoftは、オンラインで開催した開発者向けカンファレンス「Microsoft Ignite 2021」の基調講演において、MR(Mixed Reality:複合現実)技術を活用したコラボレーション環境を実現するプラットフォーム「Microsoft Mesh」を発表した。(2021/3/5)

「VRコンベンションセンター」博報堂DYなど開設 3D空間で展示会やセミナー開催 ブラウザから参加
博報堂DYメディアパートナーズは、VR空間で展示会やセミナーなどを含む複合型イベントを開催できる“VRコンベンションセンター”「VRADE」を発表した。WebGLを活用し、Webブラウザだけで利用できる3Dイベント空間で、主催者と参加者がアバターを使って交流できる。(2021/2/16)

アバターロボットでカップヌードルミュージアム見学
遠隔地の小学生がアバターロボットを操作して、施設見学を行うイベントが、カップヌードルミュージアム大阪池田で行われた。子供たちは、パソコンのモニターなどを通じて視覚や聴覚をロボットと共有し、即席麺が誕生した歴史などを学んだ。(2021/2/15)

タブレット学習のごほうびに「煉獄さん」 進研ゼミ、小中学生に鬼滅コラボアイテム
「進研ゼミ」会員の小学生・中学生向けに、「鬼滅の刃」の世界観で学べる教材やデジタルコンテンツを提供。小学生には漢字ポスターなどを、中学生には、タブレット教材で学習を進めると、ごほうびにアバターがゲットできるコンテンツなど。(2021/2/8)

3Dアバターで会議に参加 ドコモが「XRテレプレゼンスミーティング」の実証実験
NTTドコモは、1月末に「XRテレプレゼンスミーティング」の実証実験を開始。スマホで撮影した1枚の顔写真から3Dのアバターを生成し、VR/MRデバイスを使って仮想のミーティングルーム上で会議を行える。(2021/1/14)

「また地方格差」 ポケモンGOの「THE NORTH FACE × GUCCI」アイテム配布にプレイヤーから嘆きの声
ポケモンGOで1月5日から「THE NORTH FACE × GUCCI」のアバター用着せ替えアイテムの無償配布が始まりました。しかし配布場所が限定的だったため、SNSでは「また地方格差」と嘆きの声が上がっています。(2021/1/6)

空飛ぶクルマで移動 大阪・関西万博基本計画を承認
計画では、会場を「未来社会のショーケース」に見立て、ドローン型の「空飛ぶクルマ」での移動やアバターのオンライン参加を実現するとした。(2020/12/28)

LINEのビデオ通話でアバター利用可能に 「背景ぼかし」機能も
LINEのビデオ通話で、顔写真から生成したアバターが利用できるようになった。これまでトークなどで利用できたが、使える範囲が広がった。(2020/12/14)

人工知能ニュース:
熟練職人の焼成技術を再現、ユーハイムが開発したバウムクーヘン用AIオーブン
ユーハイムは2020年11月30月、同社の熟練職人の技術を学習させた「世界初」のバウムクーヘン専用AIオーブン「THEO(テオ)」を開発したと発表した。AIがバウムクーヘンの最適な焼き上がり具合を判定して、自動的に調理する。開発プロジェクトには遠隔操作ロボット(アバター)ロボティクスを用いた事業展開を行うavatarin(アバターイン)が参画している。(2020/12/1)

Innovative Tech:
リアルな眼球の動きをVRアバターで再現 Facebookが開発
VRアバターにさらにリアルさを追加できる「眼球の動き」。(2020/11/30)

仕組みは?:
新卒内定者500人がアバター姿で“バーチャル交流会” Zoomは使わず「あえて自社開発」、富士ソフトのこだわり
富士ソフトが2021年度の「新卒内定者交流会」をオンラインで開催。自社開発のバーチャル交流会ツールを活用し、内定者約500人、富士ソフトの社員約100人がアバター姿で参加した。その仕組みは。(2020/11/27)

「バーチャルメイド喫茶」誕生 「あっとほぉ〜むカフェ」が運営
メイド喫茶「あっとほぉ〜むカフェ」の運営元が、バーチャル空間にメイドカフェをオープン。メイドと利用者が互いにアバターを使い、仮想空間で会話やゲームなどを行う。(2020/11/20)

ピクシブ、バーチャル空間での即売会イベントを2021年1月30日に開催 サークル参加の申込を受付中
3Dアバターで交流できる夢の即売会。(2020/11/12)

他部署とも交流できる:
アバター100人が出勤できる OPSION、大規模仮想オフィスの提供開始
クラウドオフィス「RISA」を運営するOPSIONは、100人規模で利用できる仮想オフィスのサービスを開始すると発表した。(2020/11/10)

映画「鬼滅の刃」興行収入が157億円突破 「アバター」「崖の上のポニョ」超え歴代10位に
映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の興行収入が157億円を突破。歴代の興行収入ランキングでは、2009年公開の「アバター」(156億円)、2008年公開の「崖の上のポニョ」(155億円)を超え、歴代10位となった(興行通信社調べ)。(2020/11/2)

建築×ロボット:
テレワーク化へ、建設現場用「アバターシステム」共同開発を開始
川田工業、芝浦工業大学工学部電気工学科宇宙ロボットシステム研究室安孫子聡子教授、川田テクノロジーズの三者は、建設現場の品質・出来形管理業務などの効率化、テレワーク化に向けたアバターシステムの共同開発を開始した。(2020/10/21)

ドリカム初のオンラインイベント「DOSCO prime ニコ生 P」開幕 吉田美和も出演、アバターが演奏
ドリカムがニコ生でオンラインイベント開催。本人が生出演してMCし、2人のアバターが楽曲をバーチャルステージで演奏する映像などを放送する。(2020/10/16)

渋谷のハロウィーン、今年のキーワードは「#StayVirtual」 区長は外出自粛呼び掛け
渋谷区とKDDIなどは今年のハロウィーンイベントをバーチャル空間で開催すると発表した。ユーザーは仮装したアバターでハロウィーンイベントに参加する。新型コロナウイルスの感染防止のため、区は期間中の外出自粛を呼び掛けている。(2020/10/2)

「鬼滅の刃メーカー」公開 自分だけの「鬼殺隊」や「鬼」が作れるアバター作成サービス
ぼくのかんがえたさいきょうの剣士。(2020/10/2)

遠隔で従業員が操作:
売り場でアバターが接客 伊藤園「日本茶の日」に合わせ新しい販促活動を実施
伊藤園は遠隔操作で動くアバターを活用した店頭での販促活動を実施する。10月1日の「日本茶の日」に合わせた企画で、売り場に人が立つことなく客と対話することができる。(2020/9/29)

LINE、自分や友人にそっくりな「アバター」が作れる機能を提供開始
プロフィールアイコンなどで使えます。(2020/9/26)

LINE、写真から自動生成できるアバター機能 SNSなどのアイコンに利用可
LINEがメッセージアプリ「LINE」でアバターを作れる機能の提供を始めた。スマートフォンのカメラで撮影した顔写真からアバターを自動生成できる。(2020/9/25)

ダンダンダンダダダダンダンダン……ホゥ! スティーヴ・アオキが「CAN'T UNDO THIS!!」由来のリミックスMV公開 ヌルヌル踊るアバターアオキがクセになる
90年代の懐メロに、EDMが出会った。(2020/9/18)

空港係員がアバターに JALが「リモート案内」サービス
JALがアバターを用いたリモート空港案内サービスの実証実験をスタート。非接触・非対面でも高品質な接客を目指す。(2020/9/9)

リモートで:
非対面でも笑顔、羽田空港に“アバター案内人” JALとパナが実験
羽田空港で、JAL係員がリモートで案内する実験が始まる。ディスプレイ上のアバターを通して、搭乗客に出発ロビーなどを説明する。(2020/9/8)

Innovative Tech:
顔の表情をアバターに即時反映して表示する画面付きフルフェイスマスク 「デジタルカメン」誕生
装着している人の表情がディスプレイに反映される仕組みは世の中に受け入れれられるか。(2020/9/2)

VR空間に構築:
“仮想伊勢丹”誕生、「リアル百貨店の弱み」克服へ 社内起業した男の夢
伊勢丹が仮想空間のイベント「バーチャルマーケット4」で、アバター向けのファッションを販売。三越伊勢丹ホールディングスの仲田朝彦氏は「VR空間の仮想店舗は、現在のリアルな百貨店が抱える課題を解決してくれる」と力説する。(2020/8/28)

Innovative Tech:
車椅子がロボットと合体 遠隔操作でユーザーを助ける「SlideFusion」
ロボットをアバターで操作するが、車椅子利用者はいちいち指示を出す必要がない。(2020/8/19)

VR法人HIKKY:
社長が“VR出社”、社員からは「タメ語」 コロナ禍でも、コミュニケーションがうまくいく会社の秘訣
リモートワークが広がる中、VR法人HIKKYは“VR出社”を実践している。仮想のオフィスに分身キャラの自分(アバター)を出社させ、業務を執り行う。同社の舟越社長は「リアルでは起こり得ないような考え方が形成される」と力説する。その効果は……?(2020/8/18)

横浜スタジアムをバーチャル空間に再現 ファンのアバターが一緒に観戦 ベイスターズがコロナ対策
横浜スタジアムをバーチャル空間上に再現する取り組みを、横浜DeNAベイスターズとKDDIが行う。ファンはオリジナルのアバターを作成し、他のファンと一緒に観戦できる。コロナ禍の影響で球場への来場人数が制限される中で、自宅などから応援を楽しめるようにする。(2020/8/4)

スマートリテール:
曖昧な発話も読み取るAIアバター、外食産業にDXの波を起こせるか
Eggs 'n Things Japanは2020年7月27日、東京都内で記者会見を開催し、AIアバターが顧客との対話を通じて一般的なレジ業務を遂行する「AIアバターレジ」を、AIスタートアップのウェルヴィルと共同開発したと発表した。会見ではバッテリーレスのBluetoothタグ技術を活用したカスタマートラッキング技術なども紹介した。(2020/7/29)

AIアバターが“あいまい注文”を聞き取り 「○○のやつ」でもOK レストラン「Eggs 'n Things」で実験
レストランチェーン「Eggs 'n Things」が、AIを搭載した3Dアバターによる接客の実証実験を行う。主語のない注文やあいまいな言葉を使った注文にも対応できるという。(2020/7/27)

ツイキャス運営のモイ、音声SNS「パルミン」公開 2Dアバター同士で通話
ツイキャス運営のモイが、2Dアバターを介して音声通話ができるSNS「パルミン」をリリースした。コミュニケーションがとりやすくなるよう、顔出しせずに交流するサービスとして開発したという。(2020/6/4)

VR風俗サービス「X-Oasis」、クラウドファンディング開始 運営元「性のイメージを一変できる価値ある」
VR空間で、従業員と利用者がアバターの姿で疑似的な性的行為を行えるサービスのクラウドファンディングがスタートした。(2020/5/29)

HTCの元CEO、ピーター・チョウ氏が5G対応VR HMD「XRSPACE MOVA」披露
HTCの元CEO、ピーター・チョウ氏が立ち上げた新興企業XRSPACEが、5G対応のスタンドアロンVRヘッドセット「MOVA」と全身アバターで体験できるバーチャルワールド「MANOVA」を発表した。MOVAは599ドルで発売の予定だ。(2020/5/27)

ロボット開発ニュース:
ソニーとANAが遠隔操作ロボットで協業、人が物理的に作業できない場所で活用
ソニーグループのソニーAIとANAグループのavatarin(アバターイン)は2020年5月11日、次世代の遠隔操作ロボットの開発に向けて協業したことを発表した。(2020/5/12)

サンリオピューロランドが「SHOWROOM」アカウントを開設 5月9日にイースター限定ショーを生配信
ピューロランドグッズを身に付けたアバターやギフトも登場。(2020/5/8)

VR空間でeスポーツを観戦、バーチャル施設「V-RAGE」オープン
VR空間でeスポーツを観戦できるバーチャル施設「V-RAGE」のβ版が3月15日にオープンする。観戦者はアバターを使って来場し、他のユーザーとチャットもできる。(2020/3/10)

ドワンゴ、サブカル趣味の男女をつなぐ結婚相談所「Ncon」開設 アバター使ったオンライン婚活パーティーも
ドワンゴが、アニメやゲーム好きの男女を対象にした結婚相談所「Ncon」を開設。アバターを使ったオンライン婚活パーティーなどの実施も予定している。(2020/2/27)

ドコモ、5G活用「遠隔アバター案内」を成田空港で実施
NTTドコモは、2月3日から成田国際空港と「遠隔アバター案内」の実証実験を開始。成田空港第3ターミナルで、ディスプレイに表示されたキャラクターを通じて遠隔での有人案内を受けることができる。(2020/1/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。