ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「人材」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

在宅勤務なぜ半減?:
“とりあえず出社”求める愚 「テレワーク環境」を整えない会社に未来はないと思うワケ
コロナ禍で高まったテレワーク推進機運は、経団連の見直し提言もあり、実施率が下がっている。テレワーク環境が整っていなければ、ワークライフバランス環境で見劣りし、他社の後塵を拝することにもつながる。(2022/8/12)

ITワード365:
Flutterとは? 【ITワード365】Fast Pair/DAO/SBOM/ペアレンタルコントロール/グループウェア/DeepL
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/8/12)

”固定残業制”の表裏:
サイバーエージェント「初任給42万円」の衝撃とからくり
サイバーエージェントは7月末、2023年春の新卒入社初任給を42万円に引き上げると発表した。他社と比較し、高い給与水準であるのは間違いないが、同社が採用している固定残業制の「数字の見せ方」には気を付けるべきポイントがある。どういうことかというと……。(2022/8/11)

新規事業でチャレンジ:
気温35度でも「溶けにくいアイスクリーム」発売 開発のきっかけとなった“切実な事情”とは
業務用食品卸の会社が、溶けにくいアイスクリームを発売した。きっかけとなったのは、同社の社員が病院や高齢者施設で聞いたある悩み事だった。開発担当者に背景を聞いた。(2022/8/11)

閣僚にも働き方改革?:
「今晩遅くなるので」──就任会見延期で話題の河野太郎デジタル相 きっかけに過去の問題提起
前行政・規制改革担当相で、自由民主党(自民党)の広報本部長を務める河野太郎衆議院議員がデジタル相に就任した。2021年9月の自民党総裁選出馬に向け、大臣を辞任して以来、約1年ぶりの閣僚復帰となる。(2022/8/11)

日本のステーブルコインはガラパゴス化する 法整備進むも規制厳しく
国内でも6月にステーブルコインを規制する改正資金決済法が成立した。これにより発行や流通に関して、法的な枠組みが整備されたことになる。しかし、その中身を見ると制約が非常に厳しく、海外のステーブルコインが日本に入ってくるのは現状難しい。(2022/8/10)

製造マネジメントニュース:
「TDSLだけを考えるな」、東芝デジタルソリューションズ新社長のミッション
東芝デジタルソリューションズは2022年8月4日、同年3月に同社 取締役社長に就任した岡田俊輔氏の共同取材をオンラインで開催した。今後の同社の事業展開について、ビジョンや具体的な取り組みの計画などを語った。(2022/8/10)

神奈川県と県内市町村が「情報セキュリティクラウド」刷新へ セキュリティ強化のための4つのポイント
神奈川県と同県内の33市町村は「神奈川情報セキュリティクラウド」(KSC)を刷新する。新KSCが提供するセキュリティ強化のための4つのポイントとは何か。(2022/8/10)

経営を動かすファイナンス:
「年季の入った経理システム、どうすれば?」 CFO歴任者が教える、ばかにできないExcel活用術
【Q】当社のファイナンス部門はExcelを中心とした属人的なオペレーションで、経営陣に見せるレポートを出すために手作業や複数の工程を経なければならず、分析や経営陣に対する示唆を出すまでに力尽きてしまいます。しかし、新ツールは予算の関係で導入できません。どうすれば良いでしょうか?(2022/8/10)

改正高齢法の実情:
「54歳から管理職」も──“働かない60代”を生ませない、4社の努力
人材不足が進む中、企業にとってベテラン社員の活用が重要となっている。しかし、ベテラン社員のモチベーション低下やスキルの陳腐化などに悩む企業が多い。“働かない60代”を生まないために、どのような取り組みをすべきか──。(2022/8/10)

リテール&ロジスティクス:
千葉県野田市で延べ4.5万m2のマルチテナント型物流施設が着工、ESR
ESRは、千葉県野田市蕃昌で計画を進めていたてマルチテナント型物流施設「ESR野田ディストリビューションセンター2」の地鎮祭を2022年8月2日に行った。なお、ESR野田ディストリビューションセンター2では、総合物流企業と全棟の賃貸借契約を締結しており着工前に満床となっている。(2022/8/10)

ライズ・スクウェア調べ:
スキマ時間にできる「おすすめの副業」 経験者500人に聞いた1位は?
人材派遣業を展開するライズ・スクウェアが、本業の隙間時間に副業した経験がある500人を対象に「副業に関する調査」を実施した。(2022/8/9)

法令違反を防ぐ太陽光発電の保安ポイント(6):
太陽光発電の「スマート保安」定着に必要な改革と、経産省が公表したKPIの考え方
昨今大きな課題になっている太陽光発電事業における法令順守や、適切なO&Mの実行に関するポイントを解説する本連載。最終回となる今回は、太陽光発電における「スマート保安」の導入と定着に向けて必要なポイント、そして経済産業省が公表したスマート保安のKPIについて解説します。(2022/8/9)

製造業がサービス業となる日:
現代家庭は既にミッションインポシブル、パナソニックが目指す家事解放の新たな形
パナソニック ホールディングスは「くらしのウェルビーイング」の実現に向けた取り組みを強化。2022年7月29日には、同社 代表取締役 社長執行役員 グループCEOの楠見雄規氏、執行役員でくらしソリューション事業本部長である松岡陽子(ヨーキー松岡)氏が共同インタビューに応じ、これを実現する1つの取り組みとして、Yohanaサービスについて説明した。(2022/8/9)

小売・流通アナリストの視点:
すき家は増収、吉野家は減収のワケ コロナ禍後、V字回復する外食チェーンは?
コロナ禍によって、外食産業の市況は大きく変化した。この記事では、大手外食チェーンに着目して現状を整理し、今後の見通しを予測する。V字回復や持続的な成長が見込める企業と、その理由とは?(2022/8/9)

熟練工の技術伝承と作業手順のデジタル化を同時に実現:
PR:伝承/育成/標準化、製造現場の課題を解決する「人」中心のソリューション
日本の製造業を支えてきた現場力。それがベテランの退職や次世代を担う人材の不足などで技術伝承が難しくなっている。熟練工の技術を伝承しつつ作業手順をデジタル化し、製造部門全体の最適化につながる「人」中心のソリューションとは?(2022/8/9)

最初の3カ月は無為無策:
あの情シスはいかにして、1万5000人規模の業務のデジタル化を成し遂げたのか
1万5000人規模の業務のデジタル化にたった1人で挑むことになった情シスメンバー。サービスや現場のニーズを調査してはみたが、検討事項が多過ぎてあっという間に壁にぶつかってしまった。(2022/8/9)

DXの成否を分ける5つのポイント【第3回】
DXでうまくいかない企業がやりがちな“あること”とは
デジタルトランスフォーメーション(DX)が成功する企業と失敗する企業には、それぞれに特徴があると専門家は語る。DXでつまずく企業がやりがちな“あること”とは。(2022/8/9)

「データドリブン経営」の時代にIT部門が担う役割【第4回】
いまさら聞けない「データサイエンティスト」「データエンジニア」「データアナリスト」の違いとは
企業のデータ活用を推進するデータ関連職は複数ある。それらの職務や役割はどのように違うのか。「データサイエンティスト」「データエンジニア」「データアナリスト」の主要3種の違いを探る。(2022/8/9)

結果を出す人の特徴:
人事部長は「総括」をしているのか
新しい考え方や言葉に振り回されることなく、一貫性を持って自社らしい人事施策を打ち続けるには?(2022/8/8)

ロボットが共生する未来【前編】:
国内初! 公道をフルリモートで走る配送ロボ、安全面はどう対応? パナソニック担当者を直撃
パナソニックは4月、日本初となる保安要員なしのフルリモートでの自動配送ロボット運行の道路使用許可を取得した。気になるのは安全性だ。パナソニックの担当者に話を聞いた。(2022/8/8)

日本におけるオープンイノベーション成功のための3つの要件
企業を取り巻く競争環境が激しさを増す中で、自社のリソースだけを使ってイノベーションを起こし、顧客価値を創造することはますます困難になっている。こうした中「オープンイノベーション」は企業にとって必須の戦略となっている。(2022/8/8)

SCSKとNECが描く革新的なデータセンターの在り方:
PR:日本企業のDXを加速させるインターコネクテッドエコシステムとは何か
SCSKとNECがデータセンター事業でタッグを組む。この取り組みは単なるデータセンター共同運営ではない。日本企業のIT施策の課題を知り尽くした両社が仕掛けるのは、ハイブリッド/マルチクラウド時代を見越したオンプレミス、クラウド領域における新しいシステムインテグレーションだ。(2022/8/10)

社長の会見対応は一部で絶賛も:
KDDIとみずほ銀行、2つの障害に3つの類似点 根幹にある問題とは
KDDIで発生した大規模通信障害。みずほ銀行で発生したシステム障害と比較し、類似点とともに背景にある問題を考察した。(2022/8/7)

エンジニアが求め始めた「DEI」の正体【前編】
女性エンジニアがいない会社はあの「DEI」を軽視している
女性登用が進まないことは、以前から英国のIT企業の間で課題となってきた。その背景には「DEI」の不足があるとの声がある。そもそもDEIとは何なのか。その実情とは。(2022/8/6)

Social Media Today:
Twitter vs. イーロン・マスク氏 買収撤回を巡る訴訟合戦で最後に笑うのは誰?
Twitterを440億ドルで買収することで合意していたイーロン・マスク氏が契約の白紙撤回を主張。このことを巡り、両者間で訴訟合戦が勃発している。争いの行方はどうなるのか。(2022/8/5)

「ERPを導入しても人事管理業務が改善しない」の声に解決策はあるか
パーソルP&Tは、「人事業務におけるERPシステム導入企業の実態調査」の結果を発表した。ERPシステムの導入によって人事業務の「課題を解決できた」との回答が約半数に上る一方で、課題を解消できない企業もあることが分かった。課題が解決しないのはなぜか。(2022/8/8)

エネルギー管理:
原子力発電の円滑な廃炉へ残る課題――日本の状況に合わせた体制整備が急務に
日本国内にある約60基の原子力発電所のうち、24基の廃炉が決定している。2022年7月には「廃炉等円滑化ワーキンググループ」が設置され、円滑な廃炉の実現に向けた課題の整理と対策の検討がスタートした。(2022/8/5)

モノづくり最前線レポート:
DMM会長の亀山氏が見る日本製造業の現状、今後の成長への道筋とは
DMM.com(DMM)は2022年7月28日に「製造業DXオンラインセミナー」を開催した。本稿では、DMM 会長 兼 CEOの亀山敬司氏らが参加したパネルディスカッション「これからの時代の製造業の生存戦略、成長戦略」の模様を伝える。(2022/8/5)

企業の対策は?:
副業解禁で、優秀な社員が辞めていく──なぜか?
コロナ禍を機に副業解禁を発表する企業が増えました。キャリアの広がりという観点で従業員にはメリットが多いニュースのように感じます。一方、会社にとっては「優秀な人材の流出」というリスクがメリットよりも大きいように感じます。副業と離職の関係性などについて考察していきます。(2022/8/4)

AI人材不足の問題を考える【前編】
あの企業も「AI人材」獲得に動く スウェーデン流“AIスキルの見つけ方”
AI技術のスキルを持つ人材の需要は高まる一方、スキルを持った人材の供給が追い付いていない問題がある。スウェーデンのAI専門機関は、この課題にどう立ち向かうのか。(2022/8/5)

コロナ禍で「学生時代に力を入れたこと」に変化 入学時からオンライン生活、就活に苦慮 YouTubeやSNS運用アピールも
コロナ禍の影響で採用面接の定番質問「学生時代に力を入れたことは?」の回答に困る学生が増えているという。ネオキャリアが4日に実施した学生向けのトークセッションでは悩む学生たちの姿が浮き彫りになった。(2022/8/4)

毎月1万円の手当:
「インフレ手当」は広がるか あらゆる商品の値段が上昇
ロシアによるウクライナ侵攻や円安によりインフレ(物価上昇)が進む中、社員の暮らしを守るため「インフレ手当」を導入する動きが企業の間で広がっている。日々の生活に対する従業員の不安を取り除き、仕事へのモチベーションを高める狙いがある。(2022/8/4)

500人に聞いた:
出世したくない理由 3位は「仕事と給料が釣り合わない」、2位は「仕事量が増える」 1位は?
出世したくない理由に関する意識調査を実施した。出世したくない理由を男女別に紹介。(2022/8/4)

蔓延る“義務的チームワーク”:
「お先に失礼します」が言いにくい職場 残業がなくなる方法は?
「何かと“チームワーク”といわれるので帰りづらいです」――こう話すのは、あるベンチャー企業に勤める松本さん(仮名、23歳男性)。松本さんの会社の社長は何かにつけてチームワークを重視しており、職場の雰囲気として“帰りづらい”が蔓延しているそうです。(2022/8/4)

Q&A 総務・人事の相談所:
目標の管理方法に社員から不満の声 MBOとOKRで防ぐ“目標の形骸化”
昨今、ビジネス環境変化のスピードが増す中で、当社が導入している年次目標管理の仕組みについて不満の声が上がっています。会社としてどのように対応すべきでしょうか?(2022/8/5)

顧客体験価値ランキング2022:
コメダ、スタバ、マクドナルドを分析 顧客から支持される飲食ブランドの共通項
「顧客体験価値(CX)ランキング2022」を基にカフェ・ファストフードブランドがどのように顧客との強い絆づくりに向けた取り組みをしているのか探っていく。(2022/8/4)

ITワード365:
Jenkins(ジェンキンス)とは? 【ITワード365】標的型攻撃メール/Google Workspace/Windows Hello/ワンタイムパスワード/ICT/アクセシビリティー
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/8/4)

SAP Business Technology Platform(BTP)はどのようにデータの価値を最大化するのか
データドリブンを実現するにはいかに「きれいなデータ」を用意するかがカギを握る。SAPのテクノロジーを基盤とした時、どの技術をどう使うのがベストか。SAP Business Technology Platform(BTP)やクラウドデータウェアハウスはどう生きるのかを聞いた。(2022/8/4)

品質不正問題:
日野の不正と環境規制対応、「技術力の有無ではなくマネジメントの問題」
日野自動車は2022年8月2日、排ガス/燃費試験での不正行為について調査結果を国土交通省に届け出た。今後、国土交通省から日野自動車に対して調査を実施し、不正行為の事実確認や再発防止策の実施状況を調べる。(2022/8/3)

コールセンターのKDDIエボルバが社内の電話対応を完全撤廃したワケ
KDDIグループのKDDIエボルバは、米Microsoftのコミュニケーションツール「Microsoft Teams」を活用し、社内の電話対応を撤廃した。コールセンター事業の同社が、社内とはいえ電話対応を撤廃した理由には「コミュニケーションのデータ分析」があった。(2022/8/3)

CIO Dive:
人材難でも「自動化導入をちゅうちょ」する企業 その事情は?
米国で続く深刻な技術系人材不足は自動化の新しいトレンドを生み、60%以上の経営者が「人材不足解消に自動化は役立つ」と評価する。一方で、人材難に苦しみながらも自動化導入をちゅうちょする企業も存在する。その理由は。(2022/8/3)

「テレワークの経費」をどう考える?【第1回】
「テレワークの通信費」を経費で落とせる人、落とせない人を分ける条件
テレワークの光熱費や通信費は企業が負担するか否か――この問題を公平に解決するのは難しい。コロナ禍が始まったばかりのころに、さまざまな企業が直面した「ダブルスタンダード」とは。(2022/8/3)

第4回 建設・測量生産性向上展:
電源を入れるだけ、遠隔で新人教育が可能なスマートグラス「SynchroAZ」
シンクロアイズが開発したメガネ型の遠隔支援システム「SynchroAZ」を装着して現場に入場すると、現場作業員の見ている映像が、そのまま外部のPCから見られるようになる。また、装着した人に対して、外部から映像や音声での指示もできるため、新人への作業指示や手順確認など、人材育成でも活用が見いだせる。(2022/8/2)

情シスが抱える人材の課題 2位は「若手が足りない」 1位は? IIJ調査
日本企業の情報システム部門が抱える人材の課題は? IIJがこんな調査の結果を発表。2番目は「若手の人材が足りない」、3番目は「人員が足りない」だった。最も多かった課題は。(2022/8/2)

西武リアルティソリューションズ社長 斉藤朝秀さん(56) プリンスホテルも担当、意識高まる
4月の大規模な組織改編でグループの不動産を一手に管理、開発する会社に生まれ変わった。(2022/8/2)

マイナポータルの使い勝手を改善 浅沼デジタル監が方針
浅沼尚デジタル監が、就任から3カ月の振り返りと今後の方針を説明する記者会見で、マイナンバーカードの普及に向け、カード利用者専用サイト「マイナポータル」の使い勝手やデザインを2022年度中に大幅更新する方針を明らかにした。(2022/8/2)

モノづくり最前線レポート:
今が復活のラストチャンス、日本政府が進める半導体産業戦略
日本ケイデンス・デザイン・システムズでは2022年7月15日に、「CadenceLIVE Japan 2022」を横浜ベイホテル東急で開催し、新製品の技術アップデートやユーザー事例の紹介などが行われた。本稿では、経済産業省 デバイス・半導体戦略室長 荻野洋平氏による招待講演の模様を紹介する。(2022/8/2)

「情報システム部門のイメージを改善したい」が26.7%:
日本企業「経験豊富な情シスが足りない」が約6割、だが約4割は「何もしていない」――IIJ調査
IIJは、「情シス人材に関するアンケート」の結果を発表した。情報システム部門の人材不足が浮き彫りになり、人材確保のためにリスキリングなどの新たな取り組みが広まりつつあることが分かった。(2022/8/2)

東大が「メタバース工学部」を設立 DX人材の育成に注力
東大はDX人材を育成するためにメタバースで教育プログラムを提供する。3つのコースから自分に合ったものを選択できる。(2022/8/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。