ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「実態調査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

今日のリサーチ:
中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りになりました。(2024/7/11)

製造マネジメントニュース:
製造業のB2Bコマース、最大の課題は「基幹システムとのデータ連携」にあり
Contentservは、製造業のB2Bコマースに関する実態調査の結果を発表した。回答者の約8割がB2Bコマースの課題を認識しており、そのうち約半数が「基幹システムとのデータ連携」の必要性を感じていることが判明した。(2024/7/5)

キャリアニュース:
働き方改革による残業規制で「サービス残業が増えた」と23%が回答
就職支援サービス「ハタラクティブ」が「働き方改革の残業規制における残業の実態調査」の結果を発表した。残業規制により、23.3%が「サービス残業が増えた」、11.0%が「給与が下がった」と回答した。(2024/7/4)

フリーターの約6割が「学び直しの必要性を感じる」 その理由は?
マイナビは、現在フリーターで働いている男女を対象とした「フリーターの意識・就労実態調査(2024年版)」の結果を発表した。フリーターで働く人の約8割が「経済的なゆとりがない」と回答しており、半数以上が「学び直し」が必要であると感じていることが分かった。(2024/6/21)

調査レポート:
2024年問題から1カ月、建設業界の実態調査 約62%の企業が未対応と判明
jinjerは、時間外労働の上限規制開始から1カ月が経過した建設業界の実態を調査した。対応を進めているのは約36%にとどまる一方、約63%の企業が対応をあまり進めていないという結果となった。(2024/6/19)

期待を大きく超えた理由と期待未満だった理由を比較:
生成AIで期待以上の成果を得た企業が語る「最も重要な成功要因」とは PwCコンサルティングが調査結果を発表
PwCコンサルティングは「生成AIに関する実態調査2024 春」の結果を発表した。2023年10月の前回調査に引き続き、生成AIへの関心度や推進度が継続して高い水準を維持していることが分かった。(2024/6/19)

経営者973人に聞いた:
中小企業が「賃上げできない」理由 3位「雇用維持の優先」、2位「景気低迷」、1位は?
中小企業の経営者973人に聞いた「賃上げに関する実態調査」。38.7%の企業が「賃上げ予定がない」と回答した。理由は?(2024/6/6)

働き方の「今」を知る:
熱心な指導とパワハラの境界線が「正直分からない」と悩む上司へ
「ハラスメントかどうかの判断が難しい」――厚生労働省の職場のハラスメントに関する実態調査で、ハラスメント予防の取り組みを進める際の課題として最も回答が多く6割以上が当てはまるとしたのがこの項目だ。「熱心な指導」と「パワハラ」の根本的な違いはどこにあるのか?(2024/6/4)

ビジネスパーソンが経費精算をしない理由 2位「手続きが面倒」、1位は?
Sansanは、経費精算に関わるビジネスパーソンを対象に「経費精算に関する実態調査」を実施した。立替経費精算はひと月あたり平均1518件にも上り、さらに経理担当者は毎月平均104時間も時間を費やしていることが分かった。(2024/5/28)

今日のリサーチ:
営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。(2024/5/22)

女性、育児退職の経験は? 育休取得のハードル
マイナビの運営する転職情報サイト「マイナビ転職」が、正社員800人を対象に「育休に対する男女の意識差と実態調査(2024)」を実施した。その結果、育児を理由に退職した経験がある女性は5人に1人、育休のハードルとして最も多くなっているのが「収入減少」であることが分かった。(2024/5/21)

セキュリティニュースアラート:
ランサムウェアの身代金支払い額は前年から500%増加 ソフォスが実態調査
ソフォスは「ランサムウェアの現状2024年版」を公開した。ランサムウェアによる身代金の平均支払額は200万ドルで前年の40万ドルから500%増加した。(2024/5/13)

電子ブックレット(製造マネジメント):
製造業のデータ活用実態調査 「予算確保」と「専門スキル」が利用拡大の課題に
製造DXにおいてデータ活用は非常に重要な意味を持ちます。MONOist編集部では、製造業におけるデータ活用の実態調査を行いました。本ブックレットでは、アンケート調査の結果を紹介します。(2024/5/9)

平日休みの正社員、約半数が「有給休暇を取得する際に暗黙のルールが存在する」
フリーター・既卒・第二新卒向け就職支援サービス「ハタラクティブ」を運営するレバレジーズは、平日に休みをとって勤務している正社員436人を対象に「休日に関する実態調査」を実施した。シフト制で勤務している正社員のうち8割以上の人は希望休を取れているが、「繁忙期に有給休暇は取れない」などの暗黙のルールがあることが分かった。(2024/5/8)

セキュリティニュースアラート:
S&P 500企業の半数以上が個人情報の流出を経験 SecurityScorecardが脅威実態調査
SecurityScorecardはS&P 500企業を対象とした脅威脅威調査を発表、52%の企業が個人情報の流出を経験していると報告した。これらの企業はランサムウェアグループにも目を付けられており、高額の身代金を要求されている。(2024/5/3)

スマホ2台持ちユーザー、2台目もドコモが最多  楽天モバイルやMVNOは2台目での利用率が高め ICT総研調べ
ICT総研は、4月19日に「スマートフォン2台持ち利用実態調査」の結果を発表。日常的に携帯/スマホを2台以上利用しているユーザーは10.4%で、楽天モバイルやMVNOは1台目より2台目での利用率が高い。(2024/4/19)

委託先リスク管理に関する実態調査結果を発表:
リスク管理担当者の約65%が「業務のDX化」を待望 アトミテック
アトミテックは、委託先リスク管理に関する実態調査の結果を発表した。多くの企業が何らかの委託先でのインシデントを5年以内に経験していることが分かった。(2024/4/17)

今日のリサーチ:
Web広告担当者が実施してみて分かった最適な「Cookie規制」対策の第1位は?
イルグルムがWeb広告担当者214人を対象にCookie規制対策の実態調査を実施。効果のあった対策や実施の障壁について質問しました。(2024/4/11)

3Gサービスの終了時期、約56%が「知らない」 MMDが調査
MMD研究所は、4月8日に「2024年3Gサービス終了に関する実態調査」の結果を発表。利用している通信キャリアの3Gサービス終了時期を半数以上が「知らない」と回答し、誤回答率も64.2%となった。(2024/4/8)

今日のリサーチ:
1時間以上利用しているSNSが「ない」人は生活満足度が高い――CCCMKホールディングス調査
Z世代向けに実施したSNS利用実態調査の結果です。(2024/4/7)

今日のリサーチ:
世代を超えて「推しグッズ」購入が広がっているのはどの都市?
トランスコスモス「世界8都市オンラインショッピング利用調査2024」の結果です。(2024/4/6)

デロイト トーマツ グループが「クライシスマネジメント」の実態調査結果を発表:
日本国内で優先的に対処すべきリスク 第2位は「原材料、原油価格の高騰」、1位は?
デロイト トーマツ グループは、「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」の2023年版を発表した。特定のクライシス(企業に重大な影響を与える出来事)については、51.4%の会社が対応計画を策定しているものの、リスクマネジメントと連動した体系的な対応計画を策定している企業の割合は一桁台と非常に少なかった。(2024/4/4)

44%が「コストが高くてクラウドにバックアップできない」と回答:
クラウドへの遠隔地バックアップをしている企業は3割未満 バッファローが中小企業のBCP/DR対策を調査
バッファローは、中小企業を対象に実施したNASのBCP/DR対策に関する実態調査の結果を発表した。それによると「NASデータをクラウドに遠隔地バックアップしている」と回答した企業の割合は27.9%だった。(2024/3/29)

セキュリティニュースアラート:
日本企業はソーシャルエンジニアリング攻撃への意識が低い 実態調査で判明
KnowBe4 Japanは日本やオーストラリア、シンガポールのIT意思決定者を対象にした実態調査の結果を発表し、日本がソーシャルエンジニアリング攻撃に対するセキュリティ意識向上の取り組みに消極的であることを明らかにした。(2024/3/29)

そのSaaS本当に安全ですか?:
SaaSベンダーはどこまでランサムウェア対策をしているのか? 実態調査から見えたちょっと心配な現状
導入しているSaaSはランサムウェア対策をきちんと施しているでしょうか。実態調査からSaaSのセキュリティ対策状況を明らかにします。(2024/3/28)

子どもは「動画視聴」、親が求めるのは「調べもの」――明光義塾が小中学生のスマホ/タブレット活用状況を調査
学習塾「明光義塾」を展開する明光ネットワークジャパンが、「小中学生のスマホ・タブレット活用についての実態調査」の結果を発表した。子どもはスマートフォン/タブレットを主に「動画視聴」に使う反面、親は「調べもの」での利用を求める傾向にあることが分かったという。(2024/3/22)

パーソルクロステクノロジー株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:導入後のミスマッチを防ぐ、実態調査で探るITツール導入検討のポイント
働き方改革やDX推進の流れを受けて、多くの企業が新たなITツールの導入検討を進めている。しかし、どのようなポイントを押さえればよいのか分からない担当者も多いだろう。そこでITツールの導入状況の実態調査をまとめた本資料を紹介する。(2024/3/21)

電子契約の導入率は約7割 それでも紙で契約締結する理由は?
DXサービスの企画・開発・販売を手掛けるSansanは、契約業務に携わるビジネスパーソンを対象に「紙の契約書に関する実態調査」を実施した。調査の結果、70.9%の人が「電子契約を導入している」と回答したが、実際の契約では76.1%の人が「紙の契約書を頻繁に利用している」という実態が明らかになった。(2024/3/18)

今日のリサーチ:
DE&Iに関する実態調査 「公平」と「平等」の違いについて認知度は2割未満
NTTデータ経営研究所がNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションと共同で実施した「Diversity, Equity and Inclusion(DE&I)に関する実態調査」の結果です。(2024/3/17)

セキュリティニュースアラート:
約9割の企業がシャドーIT対策に課題 専門家が指摘する“まずやるべきこと”
アシュアードはシャドーITの対策実態調査結果を発表した。多くの企業がシャドーIT対策を十分に講じられておらず、対策を講じている企業でも課題が多いことが明らかになった。(2024/3/5)

調査レポート:
「施工ロボットに期待が集まる。BIM活用は費用や発注者の理解などが障壁に」建設デジタル技術の実態調査
BuildApp Newsが建設業界で課題解決を期待するデジタル技術の調査結果によると、建設RXコンソーシアムを中心にゼネコン各社の連携が進む「施工ロボット」に最も期待が集まった。一方で「BIM/CIM」は、大手ゼネコンとそれ以外で導入実態に差がみられ、導入費用や発注者から求められていないなどがネガティブ要因として挙がった。(2024/3/4)

「利用満足度の高い転職エージェント」ランキング 転職者の7割が2社以上に登録
採用動画プラットフォーム「moovy」を運営するmoovyが実施した「転職エージェントの利用に関する実態調査」から、転職時のエージェント活用や満足度の高いエージェントが分かった。(2024/3/1)

エネルギー管理:
中小企業の13.8%が取引先から「脱炭素経営」の要望、実行できている企業はわずか
フォーバルGDXリサーチ研究所が「中小企業の脱炭素経営に関する実態調査」の結果を公表。中小企業の10社に1社以上が、上流企業や大手の取引先から脱炭素の取り組みを求められているという。(2024/2/27)

外部のプロとして働く人材 年収が高い職種は?
プロシェアリング事業を運営するサーキュレーションは、外部のプロとしてフリーランス・副業・起業で働く人を対象に「プロ人材実態調査」を実施した。年収1000万円以上が多い職種は「M&A/業務資本提携/CVC」「中期経営計画策定/組織戦略策定」だった。(2024/2/28)

2024年問題:
「8割超が“担い手不足”に課題、DXで労働生産性の改善に期待」建設業の働き方で実態調査
rakumoは、建設業の働き方について実態を調査した。その結果、8割超が「担い手不足」 に課題があり、DX推進で解決を期待していることが判明した。(2024/2/26)

キャリアニュース:
ワーキングケアラーの4割が、介護と仕事の両立を「相談したことがない」
「LIFULL 介護」が「ワーキングケアラーの実態調査」の結果を発表した。約3割が介護していることを職場の人に伝えておらず、約4割が仕事の両立について誰かに「相談したことはない」と回答した。(2024/2/22)

建設業の働き方の課題、「長時間労働」を上回ったのは?
 rakumoが建設業の働き方に関する実態調査を実施した。「2024年問題」が迫る今、建設業界の抱える働き方の課題とは?(2024/2/20)

今日のリサーチ:
ウェビナー運用の実態 開催頻度、集客数、予算など、よその会社はどうしてる?――ネクプロ調査
ネクプロがウェビナーを実施または検討している企業を対象に行った「ウェビナーにおける実態調査」の結果です。(2024/2/17)

社用携帯の契約キャリアはドコモが最多 契約している人気スマホは? MMDが調査
MMD研究所は、2月9日に「2024年法人向け携帯電話の利用実態調査」の結果を発表。社用携帯電話の契約キャリアは「NTTドコモ」、利用機種は「iPhone SEシリーズ」がトップとなった。(2024/2/13)

セキュリティニュースアラート:
インシデントからの復旧、多くの企業が“2日以上” デルが実態調査を公開
デルはサイバー復旧に関する実態調査を発表した。サイバー攻撃によるダウンタイム発生時の復旧時間について、多くの企業が2日以上かかっていることが判明した。(2024/2/2)

一方、採用側での利用は11.4%にとどまる:
約7割の企業が「学生の生成AI利用」に肯定的 ベネッセ i-キャリアが新卒採用の実態調査結果を発表
ベネッセ i-キャリアは、新卒採用における生成AIの利用実態に関する調査の結果を発表した。新卒採用業務に「ChatGPT」などの生成AIを利用している企業の割合は11.4%。約7割の企業が学生の生成AI利用について肯定的だった。(2024/1/29)

医療機器ニュース:
ポケットエコーの利用実態に関する調査結果を公表
GEヘルスケア・ジャパンは、医師を対象とした「ポケットエコー利用実態調査」の結果を公表した。ポケットエコーについて、臨床現場における有用性の他、医療経済への貢献を示唆する結果も得られている。(2023/12/28)

コロナ以降「採用要件を緩和」企業の52.8% メンタルに疾患抱える応募者増加で
レバレジーズは中途採用担当者330名を対象に、若者の採用意欲に関する実態調査を実施した。(2023/12/22)

新料金プラン「irumo/eximo」「auマネ活プラン」「ペイトク」加入状況は? MMDが調査
MMD研究所が、12月20日に「MNO4キャリア9サービスの契約プラン内容の実態調査」の結果を発表。今年開始した大手4キャリアの新プラン「irumo」「eximo」「auマネ活プラン」「ペイトク」「Rakuten最強プラン」を対象としている。(2023/12/20)

中小経営者の8割「DX・GX人材の採用や育成に取り組めていない」 何が問題?
中小企業経営者の半数以上が、DXやGXに積極的に取り組もうとしている──中小企業のDX・GX実態調査を手掛けるフォーバル GDXリサーチ研究所が実施した調査で、そんな結果が出た。(2023/12/6)

調査レポート:
「建設業で4週8休は15.3%も、希望者は増加。過去1年で年収上がらず」助太刀総研が実態調査
助太刀総合研究所は、建設業の労働時間や収入、魅力と課題などの実態を調査した。調査結果をまとめたレポートによると、2024年問題や国交省主導の週休2日の働きかけなどに伴い、週休2日以上の希望者は増加している一方で、回答者の80.3%が「過去1年で年収が上がっていない」と待遇改善に至っていない実態が明らかになった。(2023/12/5)

30〜50代の使用率が高い:
業務利用は「言語生成」が圧倒的 ランサーズがフリーランスの生成AI活用実態を調査
ランサーズは「生成AI活用の実態調査」の結果を発表した。生成AIを業務で使用している人は約4割。最も使用している生成AIの種類は「言語生成」で、ライティングやプログラミングなどで利用している人が多かった。(2023/11/30)

セキュリティニュースアラート:
組織の半数以上が機密情報を損失している Rubrikがデータ保護の実態調査を公開
Rubrik Japanはサイバーセキュリティリスクと攻撃対象領域の拡大に伴うデータ保護の課題に焦点を当てた調査結果を発表した。組織の半数以上が機密データ損失を経験していることが分かった。(2023/11/22)

今日のリサーチ:
電話の利用率は7年連続で減少、消費者と企業のコミュニケーション実態――トランスコスモス調査
トランスコスモスは「消費者と企業のコミュニケーション実態調査2023-2024」のレポートを公開しました。(2023/11/15)

2023年冬のボーナス、支給額はいくら? 中小・零細企業に聞いた
フリーウェイジャパンは、中小・零細企業の従業員130人と代表取締役166人を対象に「2023年度冬のボーナス実態調査」を実施した。2023年冬のボーナスの支給額はどれくらいだったのか?(2023/11/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。