ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「実態調査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
DXを狙う企業の62.6%は「SIerが不可欠」
ITに関する幅広い知見やノウハウを有するSIerは、企業のDXにおいて、どのような立ち位置にあるのでしょうか? 企業とSIerの関係を示す実態調査を基に探ってみます。(2021/4/12)

テレワーク時代の業務委託契約での注意点:
委託元の半数以上が「規定が守られているかどうか」を確認していない IPAが調査結果を発表
情報処理推進機構は、「ニューノーマルにおけるテレワークとITサプライチェーンのセキュリティ実態調査」の最終報告を発表した。一部の企業では、新型コロナウイルス感染症対策としてやむを得ず認めたサービスを継続利用していた。(2021/4/9)

キャリアニュース:
コロナ禍での残業時間の実態調査、最も残業が減った職種は「基礎研究」
転職サービス「doda」が、コロナ禍での「職種別の残業時間の実態」に関する調査結果を発表した。1カ月あたりの平均残業時間は20.6時間で、緊急事態宣言前である2020年1〜3月の平均28.1時間と比べて、7.5時間短くなっていることが分かった。(2021/4/8)

今日のリサーチ:
Twitter施策の予算 回答者の6割が「増加」――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが実施した「企業のTwitter活用実態調査 2021」によると、Twitter活用予算が増加傾向にあると回答した企業は6割を超えています。(2021/4/7)

副業のほうが本業より収入が多い 5人に1人
エイチームフィナジー(大阪市)は副業経験者男女330人に、「副業に関する実態調査」を実施した。それによると、「副業のほうが収入が多い」という人が21.8%にのぼり、副業の普及と効果が見えてきた。(2021/4/5)

今日のリサーチ:
91%のサブスクが失敗する理由――クニエ調査
クニエが公開したサブスク事業(ビジネスモデルとしてサブスクリプションを採用した事業)に関する実態調査レポートの一部を紹介します。(2021/4/1)

キャリアニュース:
応募前に転職先と話せず、「とりあえず応募した」と約8割が回答
採用プラットフォーム「bosyu Jobs」が、転職活動における応募前の実態調査の結果を発表した。応募前に企業と話したかったが「話せなかった」と52.7%が回答し、企業のことが分からないまま、とりあえず応募した人が79.7%いることが分かった。(2021/4/1)

「コロナ禍のIT投資」に関する実態調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/4/5)

オンライン利用は3割、満足度は95%以上に――ショーケースがスマホの機種変更に関する実態調査を実施
ショーケースが、自社の運営するスマホに関するメディアにおいて「スマホの機種変更 実態調査2021」を実施した。オンラインで機種変更を行っているユーザーは全体の3割にとどまったが、満足度は高かったという。(2021/3/23)

テレワーク実施率は対前年度比で倍に:
4万人に聞いた「テレワークの実態」 国土交通省が調査結果を発表
国土交通省は、2020年度の「テレワーク人口実態調査」の結果を発表した。テレワーク実施率は緊急事態宣言中に大きく増加した。テレワークに対する満足度は高く、生産性も向上していた。(2021/3/23)

半径300メートルのIT:
内部からの情報漏えいに備える IPA資料から読み解く企業が取るべき第一歩は?
IPAが「企業における営業秘密管理に関する実態調査2020」を公開しました。有事の際に備えて、企業が取るべきベストプラクティスとは何なのでしょうか。(2021/3/23)

IPAが内部不正対策に関する調査を発表 情報漏えいの最多ルートはどこか?
IPAは、「企業における営業秘密管理に関する実態調査2020」を公開した。情報漏えいで最も多かったルートはどこだったのだろうか。(2021/3/22)

平井大臣の発言を受けて企業の「脱PPAP」の動きはどうなる? 利用実態調査が発表
JPAAWGが開催したカンファレンス「パスワード付きzip添付メール問題を考える」で"PPAP"の利用実態調査が発表された。平井大臣の発言以前と以後で、企業のPPAPへの向き合い方にはどのような変化が生じたのか。同調査から企業がPPAPを採用した背景についても明らかになった。(2021/3/18)

ソーラーシェアリング入門(44):
新型コロナが太陽光発電に落とす影――実態調査に見る「日本市場への懸念」とは
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は太陽光発電事業者を対象に実施した、新型コロナウイルスに関する事業への影響調査の結果から、日本の太陽光発電市場の現状分析と展望を考察します。(2021/3/15)

今日のリサーチ:
動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタルマーケティングから展示会・イベント、営業活動まで、動画の活用が拡大しているようです。(2021/2/26)

「コミュニケーションを円滑にする3つの方法」とは:
上司や部下に言えない理由は「相手の気分を害するから」 リクルートマネジメントソリューションズが調査結果を発表
リクルートマネジメントソリューションズは「上司・部下間コミュニケーションに関する実態調査」の結果を発表した。すれ違いなどの実態が明らかになり、同社はテレワーク環境下で管理職と一般社員のコミュニケーションを円滑にする3つの方法を提案する。(2021/2/25)

1枚の処理は約52分:
請求書の処理で出社する人の割合は? 経理以外の部門でもテレワーク推進の妨げに
Sansan(東京都渋谷区)は「請求書に関する業務の実態調査2021」の結果を発表した。(2021/2/12)

今日のリサーチ:
CDP活用を阻む組織と人材の課題 「マーケティングデータマネジメント取り組み実態調査」を読む
アンダーワークスの調査の結果、回答者の9割がデータマネジメントを重視し、4割以上が取り組みに着手済みであることが明らかになりました。(2021/2/12)

日本のテレワーク対象者は約2000万人 増えた可処分時間は――NRI調査
野村総合研究所のテレワーク実態調査によると、コロナ禍を契機に増加したテレワーク利用者の比率は2020年12月時点で29%、テレワーク対象者は2000万人弱であることが分かった。テレワークで増えた「可処分時間(自由に使える時間)」は1人当たり平均年90時間となった。(2021/2/12)

なぜコロナ禍で投資を始める人が増えたのか?
なぜコロナ禍において、新たに投資を始める人が増えたのか。マネーフォワードが行った「コロナ禍の個人の家計実態調査2021」に、そのヒントがありそうだ。(2021/2/11)

スマートウォッチの所有率は38.0%、購入理由上位は「健康管理」 MMDが調査
MMD研究所は、2月9日に「2021年スマートウォッチに関する利用実態調査」の結果を発表した。スマートウォッチの所有率は38.0%で、購入した理由で最も多かったのは「健康管理をしたいから」となった。(2021/2/9)

デジタルネイティブの「今」 第2回:
サービスのデジタル化と高まるアナログの価値――コロナ禍のデジタルネイティブ実態調査より
本連載では、デジタル化社会の最先端を行くデジタルネイティブの消費行動・価値観に着目し、新たなビジネスの兆しを探ります。第2回となる今回は、「デジタルネイティブが活用するサービス」に着目します。(2021/2/9)

産業動向:
施工管理業務の実態を調査、アナログ作業が多いことやリモートワークの拡大が明らかに
ワークスモバイルジャパンは、建設業などで勤務する施工管理者1568人と現場作業者1537人を対象に、インターネットを用いて実態調査を行った。結果、施工管理業務の多くをアナログ作業で行っていることや緊急事態宣言以降、リモートワークでカバーする仕事が増えたこと、連絡手段として電話とメールが多様されていることが判明した。(2021/2/9)

今日のリサーチ:
リモート営業が訪問型営業を逆転 買い手が考える「好ましい営業スタイル」――HubSpot Japan調査
ニューノーマル時代の営業活動はどうあるべきか。HubSpot Japanが「日本の営業に関する意識・実態調査2021」の結果を発表しました。(2021/2/8)

キャリアニュース:
内定承諾における納得度調査、企業に納得できるまで聞けた人は約4割
採用プラットフォーム「bosyu Jobs」が「求職者の内定承諾における納得度の実態調査」の結果を発表した。「給与」や「配属部署」について、それぞれ約6割が内定承諾前に知りたかったと回答。企業に納得できるまで聞けたのは、約4割だった。(2021/2/4)

約半数の企業がテレワーク中の委託先「対応力」に不安――IPAセキュリティ実態調査
IPAは、「ニューノーマルにおけるテレワークとITサプライチェーンのセキュリティ実態調査」のうち、企業や組織へのアンケート調査結果を公開した。IT業務委託元の企業の約半数が、セキュリティインシデント発生時の対応体制に不安を抱えていた。(2021/2/2)

中堅企業の在宅勤務に関する調査レポート:
PR:在宅勤務の業務効率を上げるには? 最新の調査レポートから考える
新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的として、2020年7月に政府から在宅勤務を含むテレワークで働く社員の割合を7割まで高めるよう要請が出された。従業員100〜1000人規模の中堅企業の在宅勤務の導入は進んでいるのか、2020年12月にその実施状況について実態調査した結果、在宅勤務の導入が十分に進んでいない、または課題を抱えながら実施している現状が浮き彫りになった。(2021/1/22)

行動変容の難しさ:
夜の街“優良店”でもクラスター、なぜ
新型コロナウイルスで感染の懸念が高いとされる「夜の街」。国立感染症研究所が行った東京・歌舞伎町のホストクラブなどへの実態調査で、積極的に感染防止対策をしていた店舗でもクラスターが発生していたことが判明した。(2021/1/22)

「情報へのアクセス速度が生産性に影響している」:
情報過多がストレスとなり生産性低下を招く、OpenTextがリモートワークに関する実態調査
OpenTextは、「情報過多時代におけるリモートワークに関する実態調査」の結果を発表した。日本のオフィスワーカーにとって、情報過多とリモートワークでの情報共有が課題となっており、生産性とストレスレベルに影響を与えていた。(2021/1/21)

キャリアニュース:
企業の約6割が「5分未満」で書類選考、求職者は書類作成に5時間以上
転職サービス「bosyu Jobs」が「転職に関する実態調査」の結果を発表した。企業の約6割が書類選考を「5分未満」で実施している一方で、求職者は約4割が書類作成に「5時間以上」かけていた。経歴書で最も注視される項目は「職務詳細」だった。(2021/1/8)

上司は「ネットの知識を得て欲しい」:
リモート会議での顔出し強要はパワハラ? 会社員1000人に調査
ハラスメント対策の研修を専門に行うダイヤモンド・コンサルティングオフィス(東京都港区)が「世代間におけるハラスメントに対する感じ方、認識の実態調査」を実施。世代間での認識の差が明らかになった。(2020/12/25)

キャリアニュース:
「社内に非効率な商習慣が存在する」と8割が回答、PPAPも8割が受信
アドビが「社内ルールや商習慣に関する実態調査」の結果を発表した。「社内に非効率な商習慣が存在する」と80.6%が回答し、セキュリティの面から廃止の動きがあるパスワード付き添付ファイルを82.0%が受信していた。(2020/12/24)

業務のデジタル化に関する意識・実態調査:
デジタル化で生産性は「上がってほしい」 パーソルプロセス&テクノロジーが調査結果発表
パーソルプロセス&テクノロジーが実施した「業務のデジタル化に関する意識・実態調査」によると、「Web会議の導入・整備」や「テレワーク環境の整備」が、新型コロナウイルス感染症の感染拡大前に比べて大きく進んだという。(2020/12/18)

「利用規約を読まずに同意」は6割以上 デロイトのプライバシー実態調査で明らかに
デロイト トーマツの調査によると、日本では個人情報の企業利用について、データプライバシーへの懸念が強いものの、データの使用制限の方法が不明な人は5割以上、利用規約を読まずに同意する人は6割以上に及んだ。DX/COVID-19時代に求められるデータ利活用とプライバシーとは?(2020/12/15)

キャリアニュース:
テレワーク環境下で、会社への信頼度に「変化があった」が約43%
リクルートマネジメントソリューションズの組織行動研究所が「テレワーク環境下における会社、上司への信頼に関する実態調査」の結果を発表した。新型コロナ感染症拡大前と比べて、良くも悪くも会社への信頼度に変化があったと42.8%が回答した。(2020/12/10)

「MNP」での乗り換えが47.4%、契約先トップは楽天モバイル――MMD研究所がコロナ禍の携帯電話の「乗り換え」実態を調査
MMD研究所が、コロナ禍における通信サービスの流動性の調査を目的とした「2020年通信乗り換えに関する実態調査」の結果を発表した。新規契約または乗り換えをしたユーザーは10.5%で、契約先のトップは「楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)」となった。(2020/12/3)

使い道の40%以上は「預金・貯金」:
冬のボーナスが「支給されない」人の割合は? 来期の支給は「期待できない」が最多
あなたの会社では冬のボーナスが支給されますか? 会計ソフトのクラウドサービスを手掛けるフリーウェイジャパン(東京都千代田区)が、小企業・零細企業の従業員と代表取締役を対象に、冬のボーナスの実態調査を実施。「支給されない・分からない」と回答した人の割合は?(2020/12/3)

一番欲しいのは「金銭的な補助」?:
テレワークで「会社や上司への信頼」はどう変わった? リクルートマネジメントソリューションズが調査結果発表
リクルートマネジメントソリューションズの組織行動研究所は、「テレワーク環境下における会社・上司への信頼に関する実態調査」の結果を発表した。会社や上司への信頼度が高いほど「職場の人とうまくやれている」「自分の力を十分に発揮できている」といった適応感が高かった。(2020/12/3)

企業のDX取り組み状況と顧客データ利活用実態調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/12/3)

今日のリサーチ:
Cookieによるユーザー行動分析を日常的に実施する広告宣伝担当者が10.5%減――サイカ調査
企業の広告宣伝担当者290人に聞いた「Cookie等を用いたユーザー行動分析の利用実態調査」の2020年版の結果です。(2020/11/30)

携帯支払いの月額平均は大手3キャリアは「8312円」、格安SIMは「4424円」――MMD研究所調べ
MMD研究所が「2020年11月通信サービスの料金と容量に関する実態調査」の結果を発表した。月々の携帯料金の支払いや端末の割賦料金、契約しているデータ通信容量などについて調査している。(2020/11/27)

今日のリサーチ:
「半沢直樹」視聴者におけるTwitter利用実態 多く使われた絵文字3位に「土下座」――Twitter Japanと電通調査
Twitter Japanなどがテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)を題材に実施した「テレビを観ながらTwitterを楽しむ人」の利用実態調査。(2020/11/23)

へそくりをする人が増えている 平均額は169万円 夫婦のマネー事情調査で明らかに
家計を預かる立場にとっては、とにかく大変な1年でした。(2020/11/20)

利用実態:
「パスワードを使いまわしている」85%、被害経験は?
トレンドマイクロはWebサービスの利用者を対象に、「パスワードの利用実態調査」を実施した。パスワードを使いまわしている人は……。(2020/10/8)

キャリアニュース:
テレワークで雑談が減るのは「仕事で困る」と約75%が回答
スコラ・コンサルトが「テレワーク下の雑談」に関する実態調査の結果を発表した。テレワークによって職場での雑談の機会が「減っている」と84.7%が感じており、雑談が減ることで「仕事をする上で困る」と74.7%が回答した。(2020/10/8)

「会社に愛着・信頼がある」7割がテレワークと出社を組み合わせた“ハイブリッドワーク”を実施 フル出勤よりも生産性が向上
パーソルプロセス&テクノロジーは、一般社員210人、部下のいる管理職190人の合計400人を対象に「テレワークに関する意識・実態調査」を実施。その結果、テレワーク(オンライン)と出社(オフライン)を組み合わせた「ハイブリッドワーク」のほうが、効率性も上がり、コミュニケーション量に対する満足度も高いことが分かった。(2020/10/1)

公務員のテレワーク率15.9%、デロイトの実態調査で判明 国・都道府県と区市町村で格差も
デロイトトーマツが公務員1000人に対して勤務の実態調査を行い、在宅勤務率が15.9%ということが分かった。内部システムへのアクセス環境を要因に挙げる回答者が多くを占めたほか、テレワーク実施を巡る国・都道府県と区市町村の格差も明らかになった。(2020/9/30)

コロナ禍の影響は:
お店で食べたい料理1位は? 2位は「焼き肉」で、3位は「フレンチ・イタリアン」 コロナ下の傾向が明らかに
「ホットペッパーグルメ外食総研」が第2回外食実態調査の結果を発表した。外食に行こうと思っている人の割合や、お店で食べたいと考えている料理の傾向が明らかになった。(2020/9/16)

脱ハンコを後押し:
GMOが実施する「さよなら印鑑キャンペーン」、脱ハンコ賛成派が約6万4000票を超える
GMOインターネットグループは「さよなら印鑑キャンペーン」を実施している。特設ウェブサイトでは「みんなの『無駄ハンコ実態調査』2020」という意識調査を行っていて、9月15日現在、脱ハンコ賛成派が約6万4600票と反対派より多くなっている。キャンペーン期間は9月30日まで(2020/9/15)

キャリアニュース:
副業者の半数が届け出なし、半数以上がセキュリティ研修を「受けていない」
フクスケが、「副業、複業に関する実態調査」第二弾の結果を発表した。会社に副業の届け出をしている副業者は50%で、情報漏えい被害などのセキュリティ研修については55.3%が「受けていない」と回答した。(2020/9/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。