ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ジュース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!お茶・ドリンク→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお茶・ドリンク関連の質問をチェック

午後の紅茶「夏はアイスティー」猛プッシュ 市場拡大で狙うコーヒーの座
キリンビバレッジが、「午後の紅茶」を6年ぶりにリニューアルする。リニューアルするのは定番3商品(ストレートティー、ミルクティー、レモンティー)で、中味、パッケージデザイン、容器を全て刷新。同社の看板商品である午後の紅茶をフルモデルチェンジする背景には、強力なライバルであるコーヒーの存在があった。(2024/6/10)

今年の“猛暑商戦”はどうなる? 景気にどんな影響を与えるか、注意が必要
今年の夏も平年より気温が上昇する見込みとなり、猛暑による熱中症が懸念されている。4月から続いた夏日に牽引され、エアコンなどの家電製品や清涼感を得られる衣類、食品、飲料などの販売は昨年を上回っており、“猛暑商戦”が一足早く始まった形だ。(2024/6/7)

火曜日に「へえ」な話:
「サントリー天然水 1L」はなぜ“細く”なったのか? ぽっちゃりにサヨナラした理由
「サントリー天然水 1L」のカタチが細くなった――。以前はぽっちゃりしていたのに、なぜ細くしたのか。購買行動を見たところ、1Lタイプの売れ行きには特徴があって……。(2024/5/28)

伝説的「ファイナルファンタジー」グッズが18年の時を経て発掘され話題 「懐かしい」「毒薬になってそう」
さすがに飲まないでくださいね……。(2024/5/29)

「お酒と一緒にカフェイン入り飲料を飲むことはやめて」 農水省がカフェインの過剰摂取について注意喚起、過去には中毒死も
過剰摂取になる量はそれぞれの体質によって異なるので、体の危険サインを見逃さないようにしましょう。(2024/5/11)

子どもがお酒を飲みたがったら……? ジュースとは思えぬ雰囲気たっぷりな“ノンアルカクテル”に「凄!」「センスがいい」
道具が揃えば完璧なカクテル気分を味わえそう。(2024/5/10)

段ボールで「ドリンクバー」と「自動販売機」を作成→本物さながらの完成度に「天才すぎる」と1300万再生
内部構造を知り尽くしてる。(2024/5/5)

製造マネジメントニュース:
2024年に国内のボトルtoボトル用リサイクルPET樹脂の供給能力が43.7万tに到達と予測
矢野経済研究所は、環境対応素材の国内メーカーの動向を調査し、ボトルtoボトル用リサイクルPET樹脂の国内供給能力予測を発表した。供給能力は2024年には43.7万tに増加するが、原料となる使用済みPETボトルの供給不足は継続する。(2024/5/2)

「トロピカーナ」なども出荷停止 江崎グリコのSAPトラブル、キリンビバにも飛び火
江崎グリコは基幹システム障害により「プッチンプリン」などほぼ全てのチルド食品の出荷を停止したことを発表したが、その影響が業務提携先の他社にも広がっていることが分かった。(2024/4/24)

セキュリティニュースアラート:
江崎グリコ、基幹システムの切り替え失敗によって出荷や業務が一時停止
江崎グリコは基幹システムの切り替え失敗によって、チルド食品の出荷に影響が出ていると発表した。システム障害によって物流センターの業務を一時停止するとともに復旧作業を実施している。(2024/4/23)

「プッチンプリン」や「カフェオーレ」など出荷停止 江崎グリコ、システム障害で
江崎グリコが、乳製品や洋生菓子、果汁、清涼飲料などチルド食品の出荷を停止したと発表した。対象は「カフェオーレ」や「プッチンプリン」などチルド食品のほぼ全品。(2024/4/19)

豊田章男会長、マクドナルド「ハッピーセット」のおもちゃに大喜び→「天下のトヨタ会長がハッピーセットって」「ほんとお茶目で好き」と話題
いい表情だ。(2024/4/15)

「めっちゃ良い会社」「気遣いが染みる」 就活生に自社製品を贈るカゴメの取り組みが好評、その理由は
商品を受け取った人からは「気遣いが染みる」「めっちゃ良い会社」などの声が。(2024/4/13)

おつまみにもピッタリ、簡単レバーペーストの作り方が150万再生超え! 主材料3つの簡単レシピに「これなら作れそう」
いろいろ活躍しそう!(2024/4/10)

ファミマ、「最高!プリンスイーツ」シリーズが累計400万食を突破 「どこか新しさを感じられる」を意識
ファミマが3月中旬に発売した「最高!プリンスイーツ」シリーズの販売が好調だ。同社はスイーツ分野を強化しようとしている。その狙いとは?(2024/4/6)

「NB緑茶」戦国時代:
「綾鷹VS.伊右衛門」の仁義なき戦い サントリー、トレンド逆張り“濃さ”で勝負をかけるワケ
PB商品の成長を受け、「NB緑茶」が戦国時代に突入した。「NB緑茶は少なくとも2番手までしか棚に残れなくなる」と危機感を見せるサントリーは、飲料トレンドと逆行し“濃さ”で勝負。勝算はあるのか……?(2024/4/5)

マクドナルドのハッピーセットに「サンリオキャラクターズ」が登場! 第1弾は「ぐでたま」や「ポムポムプリン」などのお料理グッズ
第2弾には「クロミ」や「ポチャッコ」のおもちゃも!(2024/4/4)

彼氏の前で全力でクマになりきっていると…… 思わずフリーズする展開に祝福の声続々【海外】
結婚式で披露してほしい動画。(2024/3/28)

荷主企業としての責任と対策:
「2024年問題」サントリーが手を打った、その効果は?
4月からトラックドライバーの時間外労働の上限規制が施行される――。いわゆる「2024年問題」に企業は、どのように対応しているのか。サントリーの取り組みを取材した。(2024/3/21)

ピカチュウ、駄菓子、ミニ四駆―― 大好きな物を詰め込んだ「平成こじらせ部屋」が泣きそうな懐かしさ
「こんなのあったな」がギッシリ。(2024/3/19)

「ボトル緑茶」のシェア争い激化、差別化は?
大手飲料メーカーが、「ボトル緑茶」を巡ってシェア争いを激化させている。(2024/3/7)

企業が備えるBCP:
サントリー「天然水」 ブランド名統一の裏に、地震の教訓
サントリーは、BCP対策の一環として20年11月、それまで地域ごとに異なる商品名をつけていた天然水を「サントリー天然水」という名称に統一した。なぜ、自然災害に備えて商品名を統一する必要があったのか。(2024/2/19)

11年ぶりにペットボトルで復活した「Qoo」の白ぶどう味 なぜ「飲食店のみ提供」になっていたのか、日本コカ・コーラに聞く
要望多数で容器入り飲料として復活しました。(2024/2/14)

今日のリサーチ:
節約意識が高い人ほど年間支出が多いってどういうこと?
博報堂買物研究所は、2021年秋から続く値上げと物価高騰にともなう生活者の意識と行動の変化を調査ました。(2024/2/10)

製造マネジメントニュース:
サントリー食品、国内工場/倉庫約360拠点にトレーサビリティシステム導入
日立製作所はサントリー食品インターナショナルとともに、工場への原材料入荷から製造、物流、倉庫保管までの情報を一元管理するチェーントレーサビリティーシステムを開発した。(2024/2/9)

なぜ、社員食堂でノンアル飲料を出しているのか 商談の場でもプシュっと乾杯 その狙いをサントリーに聞いた
サントリーの東京都内にある社員食堂では、ノンアルコール飲料を提供している。商談相手にも、水やお茶と一緒に勧めているという。その狙いを総務部の担当者に聞いた。(2024/2/8)

「違う商品みたい」 人気野菜ジュースが“スタイリッシュ”→「ダサいけど分かりやすい」外観に激変した理由
デザイン変更が評判を呼んでいます。(2024/2/4)

「段ボールに傷が」ムダな返品、どうなくす? 日本人の美意識とAIの挑戦
商品自体に問題はなくても、外箱の梱包段ボールに擦り傷があるだけで全て返品・廃棄される――こうした無駄をなくそうと、飲料大手のサントリーと富士通がAIを用いた物流DXに挑んでいる。(2023/12/20)

季節の果物でカクテルを! さつまいも、マスカットなど9種の作り方まとめが「全部美味しそう」と人気
季節を味で楽しむカクテル。(2023/12/22)

水曜日に「へえ」な話:
渋谷駅にサラダ自販機を設置して、見えてきた「0.13%」の数字
京王井の頭線の渋谷駅に、サラダなどを販売する自販機が登場した。価格は1000円ほどするのに、なかなか好調のようで。ちょっと変わった自販機を設置したことで、どんなことが分かってきたのか。(2023/12/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「六甲のおいしい水」はどこへ? “水買いブーム”の先駆けを、店舗で見なくなった理由
国内ミネラルウオーターの先駆けである「六甲のおいしい水」。1983年の発売以降ヒットを続け、飲料各社がミネラルウオーターを販売する呼び水にもなった。一方、最近は小売店で目にする機会もなくなっており、どうなっているのか。(2023/10/24)

アパレルブランドとのコラボも:
非売品なのになぜ? サントリーが「社内専用ジャンパー」にこだわる理由
プレモルに金麦といった、主力商品で制作する非売品のジャンパーに、サントリーが情熱を見せています。最近ではファッションブランドとコラボするほどの力の入れようです。(2023/10/17)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(15):
国内産業の中でも製造業は特殊な変化を遂げていた! 実質/名目GDPの推移を追う
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。(2023/10/17)

ペットボトルのキャップで遊ぶインコ→「キキキキキキッ!」 興奮すると猿が笑うような声になるのが興味深い【米】
目をつむると……確かに猿。(2023/9/22)

得する説明 損する説明:
ネガティブな雰囲気を一気にひっくり返す 効果抜群のフレーズは何?
ネガティブな方向に議論が向かいそうなとき、一気にポジティブな話に持っていくことができるフレーズは? 書籍『得する説明 損する説明 できる人の話し方、その見逃せない法則』から紹介します。(2023/9/10)

ラーメン、カレー、駅弁:
自販機業界に地殻変動? 「140円」の缶コーヒーは高いと感じるのに、「1000円」のラーメンが売れるワケ
自販機業界に変化の波が訪れている。これまではたばこや飲料の販売がメインだったところが、ラーメンにカレー、駅弁といった「食べもの」を中心にさまざまな商品がラインアップされるように。いったいなぜ?(2023/8/28)

今日のリサーチ:
食生活へのこだわりが低下する中で「コスパ」「健康」への意識は高く――デロイト トーマツ調査
生活者にとって身の回りのさまざまなモノの値上げが相次ぐ中、食生活に関する価値観や消費実態はどのように変化しているのでしょうか。(2023/8/16)

蚊取り線香に“タイマー”を付けられる!? ホチキス針を使ったアイデアを警視庁が紹介
便利なタイマー機能。(2023/8/16)

「ダダンダンダダン」が脳内再生されそうな食器「アイルビーカップ」登場 赤い飲み物を注ぐと“あの映画”のムード満点!
サムズアップした手が底からにょっきり。(2023/8/3)

あの話題は今:
「朝食無料」から10年、伊藤忠の社員は何を食べているのか 働き方改革の今
伊藤忠商事は2013年、朝食を社員に無料で提供し始めた。働き方改革の一環で、朝型勤務を推奨することが狙い。実際にどんなものが提供されているのか。(2023/7/31)

備蓄は「好きなもの」「普段から食べたくなるもの」が大事―― 防災食の専門家に「ローリングストック」のコツを聞いた
日本災害食学会災害食専門員の今泉マユ子さんに話を聞きました。(2023/8/5)

物流のスマート化:
AIによる商品外装ダンボール破損判定基準統一に向けた共同実証実験を実施
富士通を含む5社は、「飲料配送研究会」の基準を使用した富士通のAIシステムを活用し、商品外装ダンボールの破損レベル判定の統一を目指した共同実証実験を実施する。(2023/7/24)

モスの期間限定ドリンク「ティーサングリア」が話題 カットオレンジ4個入りの大ボリュームに「蛇口から欲しい」「満足感すごい」
11月中旬まで販売されます。(2023/7/19)

シュタゲ“まゆしぃのビンタ味”ドリンク登場 タイムマシンに乗るときに飲みたい一杯
これで君も鳳凰院凶真だ。(2023/7/12)

北斗晶長男の妻・凛、第1子は移住先カナダで出産予定 “普通or無痛”質問にも回答「未知な世界すぎて正直ビビっちゃう」
出産が近付いてきた凛さん。(2023/6/28)

アルミ缶を中身が入ったまま溶かしてみた結果…… ぷるっぷるのジュースがこぼれない不思議
たのしい化学のじかんだ。(2023/6/28)

よく飲む野菜ジュース 3位「カゴメ野菜ジュース」、2位「野菜生活100シリーズ」、1位は?
マイボイスコム(東京都千代田区)は野菜ジュースの利用に関する調査を実施した。(2023/6/25)

大企業はラムネ飲料を製造できない? 背景にある中小企業を守る法律とは
ラムネ飲料のほか豆腐やシャンメリーなども、大企業の製造は制限されています。(2023/6/23)

舞台「刀剣乱舞」とホテルニューオータニがコラボビュッフェを開催 刀剣男士イメージメニューやノンアルコールカクテルが登場
期間は7月4日から8月31日まで。(2023/6/21)

ニューオータニ大阪が「刀剣乱舞ONLINE」の世界観が楽しめるアフタヌーンティーを開催 刀剣男士をイメージしたメニューが美しい
オリジナルグッズの特典も!(2023/6/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。