ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キリンビール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

全ての工場で製造体制の自動化へ キリンがIoT基盤を開発、試験運用を開始
キリンは、キリンビールの滋賀工場とキリンビバレッジの滋賀工場で、NTTデータと共同開発したIoT基盤の試験運用を開始した。これまで生産設備ごとに確認していた製造現場の様子を、工場内外からリアルタイムで確認できるようになる。(2020/11/25)

製造IT導入事例:
キリンホールディングスにDX基盤を導入、顧客データを一元管理
NTTデータが、キリンホールディングス向けに「デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム」を構築した。事業部門ごとのコミュニケーションツールを統合し、顧客データを一元管理することで、SNS活用の新施策などを迅速に実行可能になる。(2020/11/11)

9年連続2桁成長へ:
過去最高更新を続ける、キリン「本搾り」 “熱いファン”に支えられるブランド戦略
キリンビールの缶チューハイ「本搾り」は、2019年まで8年連続で2桁成長しており、20年も過去最高を更新しそうだ。その背景には、熱いファンの存在がある。果汁とお酒だけという難しい製法を続けているのは、その特徴的な味わいにほれ込む顧客の期待に応えるためだ。(2020/10/28)

NTTデータ Salesforceでキリンの顧客向けプラットフォームを開発
NTTデータは、キリンの事業活動の土台となる「デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム」を構築した。SalesforceのPaaS「Heroku」で開発された。顧客データを一元管理し、多様化する消費者のニーズに合ったマーケティングを実現する。(2020/10/22)

好きなこと優先に:
ANAなど大手続々解禁で気になる、「副業の利点と欠点」
全日本空輸が2021年にも全従業員1万5000人を対象に副業範囲を拡大する方針を固めるなど、従業員の副業を認める企業が増えている。新しい働き方にどう対応すればよいのか。(2020/10/20)

アルコール度数は7%と4%:
キリン「氷結」に“甘くない”新商品 「無糖レモン」でビール類ユーザーの獲得狙う
キリンビールは10月20日、缶チューハイのブランド「氷結」の新商品「無糖レモン」を発売する。糖類や甘味料を使用せず「甘くない」味わいに仕上げ、これまでチューハイをあまり飲まなかったビール類のユーザーを取り込む。(2020/10/17)

内定式もオンラインづくし 対面なしで入社まで「フルオンライン就活」
2021年春に社会人になる学生は、就職・採用活動でも会社説明会や面接をオンラインで受け、対面なしで内々定を受けており、入社まで対面がない「フルオンライン就活」という異例の状況を迎えている。(2020/9/29)

ZoomやLINE、スマホでバーチャル背景を使う方法 オススメの背景画像も紹介
テレワークで利用されているZoomなどのアプリ。自宅だと背景をそのまま映したくないという人も多いはず。そこで今回は、スマホでバーチャル背景を設定する方法についてご紹介していこう。(2020/9/28)

PR:「チューハイ市場に衝撃」「驚くほどうまい」と絶賛の声続出の麒麟特製レモンサワーで優勝しました
上質さを感じられる新感覚チューハイ体験!(提供:キリンビール)(2020/9/8)

在宅勤務手当も新設:
キリンHD、通勤手当を実費支給に シェアオフィスも導入、働く場所の選択肢広げる
キリンホールディングスは10月から、在宅勤務を行う社員を対象に、通勤手当の支給方法を実費精算に変更し、在宅勤務手当を支給する。また、主に首都圏でシェアオフィスを契約し、働く場所の選択肢を広げる。(2020/9/1)

酒税法改正に商機を見いだす:
キリン、糖質ゼロのビール10月発売 健康意識の高まり背景に
キリンビールは糖質ゼロのビール「キリン一番搾り 糖質ゼロ」を10月6日に発売すると発表した。10月から段階的に始まる酒税法改正でビールが減税されることを受け、売り上げの拡大を狙う。また、コロナ禍で健康意識も高まっていて、それらのニーズにも応えられるとしている。(2020/8/27)

スマートファクトリー:
工場見学もバーチャルに、キリンとJALの工場でMR技術使って実施
日本マイクロソフトはコラボレーションツール「Microsoft Teams ライブイベント」とMixed Reality(複合現実)技術である「HoloLens 2」を活用し、見学者目線の工場見学をリアルタイムで遠隔地に配信する「おうちで工場見学を楽しもう!!リモート社会科見学」を開催。2020年6月27日には第1弾となるキリンビバレッジ湘南工場、同年6月28日にはJAL羽田整備工場において実施した。(2020/7/28)

「テレワーク継続に前向き」は6割 高まる孤独感
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの企業でテレワークの導入が進んでいる。通勤時間が無くなって生活が快適になった面がある一方、「長時間労働になりやすい」「孤独感が高まっている」などの課題も見え始めている。(2020/7/27)

1杯あたり140円でクラフトビールが楽しめる ビール好きにはたまらないサブスク「CRAFT BEER PASSPORT」がスタート
全国の飲食店200店舗以上で利用可能。(2020/7/22)

スピン経済の歩き方:
テレワークの「リバウンド」はなぜ起きる? 「意識が低い」で片付けられない構造的な問題
新型コロナの感染拡大を受けて、テレワークを導入した企業が急増した。ただ、緊急事態宣言解除後は実施率が低下している。テレワークが定着しなかった企業は「意識が低い」のか。筆者の窪田氏は違う見方をしていて……。(2020/7/14)

平日1杯のクラフトビール、月額2800円 キリンビールがサブスク開始 飲食店支援で
キリンビールは、全国の「Tap Marche」取扱店でクラフトビールを平日に限り1日1杯飲めるサブスクリプション型サービスを始めると発表した。料金は月額2800円(税込)。(2020/7/8)

「ボルヴィック」が年内で出荷終了 販売伸びず
 キリンビバレッジは6日、同社が国内販売を手掛ける仏ミネラルウオーターブランド「ボルヴィック」について、令和2年12月末で出荷を終了すると発表した。仏食品大手ダノン傘下のソシエテ・デ・ゾー・ド・ボルヴィックとの製造委託契約が満了を迎えたためという。(2020/7/7)

キリンビバレッジ、「ボルヴィック」の販売を終了
(2020/7/6)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で「社員の出社が前提」のサービスが危機! 「おかん」と「キリン」の生き残り策とは
コロナ禍でオフィスに出社する社員は減少した。社員向けの福利厚生サービス事業者はどう生き残るのか? 「オフィスおかん」と「KIRIN naturals」の戦略とは。(2020/7/6)

“いま”が分かるビジネス塾:
コロナ禍直撃のビール業界、特にアサヒに苦境が待ち受ける真の理由
新型コロナで苦境のビール業界。特にアサヒにその影響が直撃。同社本来の「強み」が仇になったと筆者は分析。(2020/6/23)

データモデルの改善とモバイル経由でのKPIモニタリング:
Salesforceによる買収完了後初のアップデートとなる「Tableau 2020.2」 2つの強化ポイントを解説
Salesforceによる買収が完了して日本での組織体制も一新。誰もがデータドリブンの意思決定を迅速に行えるようにするために変わったこととは。(2020/6/9)

PR:果汁への思い入れが母性愛レベル!? “果汁とお酒だけ”なのに「本搾り™」がおいしいワケを担当者に問い詰めてみた
圧倒的な果汁感がたまらん。(2020/5/19)

ビールは鮮度が大事:
新型コロナで余ったビールが消毒用の高濃度エタノールに“変身” キリンとアサヒが協力
新型コロナの感染拡大を受けて飲食店の客数が減っている。飲食店向けのビールが工場から出荷されずにいる。このビールを原料にして高濃度エタノールを製造する。(2020/5/8)

Mr.Children、「終わりなき旅」など20曲のMVをYouTubeでサプライズ公開 「やっぱミスチルは神だわ」「退屈な自宅待機にドロップキック」など反響
うれしすぎる。(2020/4/7)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
55億円をだまし取られた「地面師事件」が発端 積水ハウスで勃発した“ガバナンス巡る激突”の深層
東京・西五反田の土地に絡んで、積水ハウスが偽の所有者との売買契約を結び、55億円をだまし取られた「地面師事件」――。この事件を発端として和田勇・前会長兼CEOと現経営陣との間で“ガバナンス巡る激突”が繰り広げられている。経営権を争う戦いから浮かび上がる「経営者の条件」とは。(2020/3/11)

スピン経済の歩き方:
10年で市場4倍! 飲兵衛こそ「ノンアル」に、注目すべき理由
ノンアルコールビール市場がこの10年で、4倍近く拡大している。お酒好きの人にとっては興味のない話かもしれないが、実はそういう人こそ注目しなければいけないニュースなのである。どういう意味かというと……。(2020/3/10)

紅茶市場は7年ぶり拡大:
午後の紅茶、3年ぶりに過去最高 「甘くない」選択肢で“共感”呼ぶ
キリン「午後の紅茶」が3年ぶりに過去最高の販売実績を更新。「甘くないミルクティー」を提案する新商品がヒットした。19年は大手飲料メーカーが相次ぎ紅茶の新商品を投入。市場が活性化する中、さらなる成長を目指す。(2020/1/24)

主役は開発担当者:
チャーハン入りチョコ、フローズン甘酒――各食品メーカーが「異例のタッグ開発」に取り組む訳
食品・飲料メーカー6社がこの度タッグを組む。「フローズン甘酒」などユニークなコラボ食品をまずは試作。開発担当者を主役に据え新商品や新事業に乗り出す。(2019/12/24)

モバイル決済の裏側を聞く:
○○Payとは競合しない アプリも個人情報も不要な「QUOカードPay」が狙う市場
全国共通のギフトカード「QUOカード」をデジタル化してバーコード決済で使えるようにした「QUOカードPay」が2019年3月に始まった。QUOカードPay1億円分が1人に当たるプレゼントキャンペーンも話題になった。なぜ、あえてコード決済を取り入れたのか。(2019/12/20)

初年度の1.7倍:
2年目も売れ続ける「本麒麟」 ロングヒットの鍵を握る“2つの数字”とは
キリンビール「本麒麟」が2年目も売れ続けている。多くの失敗を経て“味”を追求したことが奏功。初年度の7割増で推移している。第3のビールの競争が激化する中でヒットした理由と今後の成長の鍵は? そこには、同社が重視する“2つの数字”がある。(2019/12/18)

スマホでラクラク:
キリンの目指す次世代型店舗が明らかに デジタル技術を活用してクラフトビールを売りまくる
ビアレストラン「キリンシティ」の新業態店がオープンする。店舗運営やマーケティングにデジタルを活用。若い世代にクラフトビールを浸透させる。(2019/12/9)

上場企業の早期・希望退職者募集が急増 18年の約3倍に
東京商工リサーチが、上場企業の早期・希望退職者の募集状況(2019年1〜11月)を発表。募集を実施した企業は36社、対象人数は1万1351人と、18年1〜12月の結果から約3倍に増えた。(2019/12/6)

今年も飲み過ぎに注意! 後悔しがちな飲み会1位は「忘年会」 イッキ飲みには「時代遅れ」「かっこ悪い」「ドン引きする」の声
お酒はゆっくり会話を楽しみつつ飲みましょう。(2019/12/2)

続々進む「無人」と「省人」 気になるお店の狙いを探る:
「無人レジだけ」「カメラがたくさん」 ミニストップの省人化実験店舗に行ってみた
ミニストップが省人化実験店舗を運営している。店内には無人レジしかない。実際に行ってみたら無人レジ以外でも実験的な試みをしていた。(2019/11/28)

変化する「個人情報」の捉え方:
GAFAへの反乱? 自ら「個人情報」を企業に差し出す人たち
巨大プラットフォーマーによる個人情報収集が問題化している。サービスがパーソナライズされて便利になる一方、パーソナルデータを抜き取られる現状に疑問を持つ人も多い。政府を中心に、制度構築の機運も高まっているが、まだまだ具体策は見えない。そんな中、抜き取られるだけではなく、自ら企業に情報を提供する流れが出てきた。(2019/11/15)

【Amazon週末ピックアップ】アナ雪、返品可能なベッド、ボージョレ・ヌーヴォーなど、開催中のセールやキャンペーンまとめ
今年ももうボージョレ・ヌーヴォーの季節。(2019/11/8)

駅ナカで始まる「サブスク自販機」、狙いと勝算を仕掛け人に聞く 「反対意見が出て当然。それでこそ知ってもらえる」
8月末に発表され、「使ってみたい」「メリットが分からない」などとネットで賛否両論を呼んだ「サブスク自販機」。このサービスを仕掛けた、JR東日本ウォータービジネスの担当者に、狙いと勝算について聞いた。認知度アップや消費増税への対応など、さまざまな狙いが隠されているという。(2019/9/30)

仲里依紗&中尾明慶、夫婦初共演の「キリンビール」CMがついに公開! 夫婦円満の秘訣を語るインタビューも
このプライベート感いい。(2019/9/13)

「仕事を忘れて楽しんでしまった」 仲里依紗&中尾明慶、“広告初共演”をラブラブ2ショットで報告
広告楽しみ!(2019/9/7)

東大と日本IBM、ITと人文科学を融合した新研究プログラム発足 ドコモやパナ、ヤマトなど日本企業18社も参加
東京大学と日本IBMは、先端デジタル技術と人文社会科学の融合をテーマにした革新的な社会モデルをデザインする新たな研究プログラム「コグニティブ・デザイン・エクセレンス」を設立した。日本企業の強みを生かしながら持続的成長を実現する社会モデル創出を目指す。(2019/8/22)

調査で明らかに:
「カロリー」から「糖質・糖類」へシフト “健康気にする”市場に変化あり
「糖質オフ・ゼロ」や「糖類オフ・ゼロ」を表示する食品の市場が伸びている。一方で、「カロリーオフ・ゼロ」関連の市場は頭打ち。富士経済の調査から見えてきたトレンドとは?(2019/8/5)

チャレンジするマーケター:
40歳から始めるスタートアップでの挑戦、ヤプリ島袋孝一氏がプロマーケターとして大切にしていること
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇する気鋭のマーケターへのインタビューをお届けする。(2019/7/22)

「午後の紅茶」は過去最高:
活気づく「紅茶」 背景に“個性”と“シーン”で飲み分ける選択肢
紅茶飲料の市場が活性化している。キリン「午後の紅茶」は上半期として過去最高の販売数量を記録。サントリーやコカ・コーラの新商品も好調で、さまざまな個性を持った紅茶商品が増えていきそうだ。(2019/7/13)

順天堂大、認知症の早期発見に「IBM Watson」活用へ 「同じ話を繰り返す」「表情の変化が乏しい」など兆候を検知
順天堂大が、日本IBMなどと共同で行っている、AIを医療に役立てるプロジェクトの詳細を発表。人の表情や振る舞いを「IBM Watson」で分析し、認知症を発症しているか否かを判定するシステムを開発中という。「パーキンソン病を患うと認知症になりやすい」という研究結果が出ているため、まずはパーキンソン病患者を分析対象とする。(2019/7/10)

平日の仕事終わりに:
月2496円で1日1杯 ビールの「サブスクリプション」サービスの狙い
スプリングバレーブルワリーは6月17日から、月額制で1日1杯ビールを提供するサブスクリプションサービスを開始。東京・銀座の1店舗で実施する。(2019/6/13)

PR:真島ヒロ先生の神業! KIRINの幸せのシンボル「聖獣麒麟」を15分で描いたイラストが見事すぎる
見てるだけで目が幸せ。(2019/5/24)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
事前の一策は事後の百策に勝る 常に心掛けていれば何か起きても慌てることはない
「よろこびがつなぐ世界へ」という合言葉で、未来に向かうキリングループ。「食と健康の新たなよろこび」を広げ、たくさんのよろこびがつながる世界を実現するための挑戦を続けている。(2019/5/15)

イノベーションのレシピ:
キリンの新規事業は乳酸菌で「医と食をつなぐ」、20億円投資して新工場も建設
キリンホールディングス(キリン)が、「プラズマ乳酸菌」を使用した食品や飲料を展開するブランド「iMUSE」を中核とするヘルスサイエンス事業の戦略について説明。同事業の売上高は2018年に55億円を達成しており、今後は2021年に約2.7倍の150億円、2027年に4倍超となる230億円を目指す。(2019/4/25)

スピン経済の歩き方:
なぜ「翔んで埼玉」はセーフで、「ちょうどいいブス」はアウトなのか
「自虐」を前面に押し出すことで、世間の関心を集める「自虐マーケティング」が盛り上がっている。「じゃあ、ウチもさっそくやってみよう」と思いたったマーケティング担当者がいるかもしれないが、気をつけていただきたいことがある。それは「地雷」があることだ。(2019/3/26)

スピン経済の歩き方:
タレントの薬物問題に、企業はどう対応すべきか
ピエール瀧さんの逮捕を受け、多種多様な企業がその対応に追われている。CMや広告はすべてお蔵入りになったわけだが、役者やアーティストとして関わっている作品まで自粛すべきなのか。この問題に対して、筆者の窪田氏は……。(2019/3/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。