ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「選挙」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「選挙」に関する情報が集まったページです。

米バイデン政権、ロシアに制裁 SolarWinds悪用サイバー攻撃や大統領選干渉で
米連邦政府は、バイデン大統領がロシアの有害な活動による脅威に関する大統領命令に署名したと発表した。バイデン政権はロシア政府を昨年のSolarWinds悪用サイバー攻撃の加害者であると正式に名指した。また、米大統領選干渉に加担したとして、32の個人と団体に制裁を加える。(2021/4/17)

共通テスト新科目「情報」の出題内容 IPアドレスにプログラミング……重要度増すデータサイエンス
2025年の大学入学共通テストで「情報」が新科目として追加される。サンプル問題には、IPアドレスの読み方、比例代表選挙の議席数計算プログラム、サッカーの統計データを扱う問題などがあり、マークシート式で回答する。(2021/4/12)

サーティワンが史上初の「フレーバー総選挙」を開催! 王座に君臨するのはどのフレーバー?
キャッチコピーがクスッと笑える。(2021/4/2)

元仮面女子・橋本ゆき区議が結婚 お相手との出会いは区議選 「渋谷区育ちの彼に応援してもらった」
2019年に渋谷区議会議員選挙で当選していた橋本さん。(2021/3/19)

「ファイアーエムブレム」第5回総選挙、結果発表! 1位はまさかのモブキャラ「門番」に
中間発表で門番が2位となっており、最終結果に注目が集まっていました。(2021/2/2)

「ファイアーエムブレム」総選挙 中間発表でモブキャラ「門番」が2位となり、ファンをざわつかせる
本日は異常ありありであります!(2021/1/26)

検索システムの実証実験を三重県で実施:
「文表現が違っても意味が同じものを見つけられる」AI技術で法令や裁判所の判例検索を支援 NEC
NECは、選挙事務に関する法令や、法令の解釈と運用に関わる裁判所の判例などの検索を支援するシステムの実証実験を実施する。2つの文が同じ意味を含むかどうかを判定するAI(人工知能)を活用したテキスト含意認識技術を用いる。(2021/1/25)

トランプ政権、Googleから企業秘密を窃盗した元Uber幹部やCAスキャンダルのバノン氏らに恩赦
トランプ前米大統領政権は、トランプ氏退任直前、73人に恩赦を与えた。その中には、Googleから自動運転関連の企業秘密を盗みUberに渡したとして実刑判決を受けたアンソニー・レヴァンドフスキー氏や、トランプ氏の大統領選チームのCEOを務め、CAの選挙操作ツールを採用したと報じられるスティーブ・バノン氏が含まれる。(2021/1/21)

Twitter、ドナルド・トランプ大統領のアカウントをついにロック Facebookも
TwitterとFacebookはそれぞれ、ドナルド・トランプ米大統領のアカウントをロックしたと発表した。同氏支持者が連邦議会議事堂に侵入した問題で、同氏がこの問題を否定せず「選挙は盗まれた」と主張し続けたことがそれぞれのポリシーに違反したため。(2021/1/7)

ツイッターとFB、トランプ氏「不正選挙」動画を削除、凍結も
 【ワシントン=黒瀬悦成】米短文投稿サイトのツイッターは6日、トランプ大統領が支持勢力による連邦議会議事堂の占拠に関する動画投稿で、大統領選は「不正選挙だった」などと事実と異なる主張を展開したとして、問題の投稿を削除したと発表した。(2021/1/7)

トランプ大統領の支持者集団、トランプ氏の「選挙は盗まれた」演説後に議会議事堂を襲撃 死者も
米大統領選の投票結果を認定する1月6日、認定会議が開かれた米議会議事堂にトランプ大統領の支持者の集団が乱入して会議が中断している。この集団はトランプ氏がホワイトハウス近くで開いた集会に集まり、「選挙は盗まれた」という演説を聴いた後、議事堂に向かった。(2021/1/7)

ジョージア州上院選挙前、有権者のFacebookの政治報道は選挙広告に押しやられた──The Markup調査
米連邦議会上院の主導権の行方が決まるジョージア州の上院議員選挙までの約1カ月、同州有権者のFacebookは政治広告の表示が急増し、メディアによる関連情報が押しやられていたと、非営利メディアThe Markupが調査結果を発表した。(2021/1/6)

松屋「シュクメルリ鍋定食」1月19日から復刻販売 「復刻メニュー総選挙」1位獲得の商品
待ってた。(2021/1/5)

トランプ氏「私は大統領戦に勝った」とツイート→Twitter「バイデン氏が勝った」と警告表示
トランプ氏は、次期大統領選でジョー・バイデン氏勝利が確定した後も、「選挙に不正があり、本当の勝者は自分自身だ」と繰り返し主張している。Twitter社はトランプ氏のこういったツイートに対して、「大統領選はジョー・バイデン氏の勝利だ」という新たな警告文の表示を始めた。(2020/12/21)

YouTube、米大統領選結果に関する誤情報を削除すると発表
各州が大統領選の結果を認定する期限である12月8日を過ぎたことを受け、YouTubeが9日以降にアップロードされる「選挙結果は間違い」とするコンテンツを削除すると発表した。(2020/12/10)

新政権で米宇宙政策はどうなる? NASA「アルテミス計画」 次期長官の動向にも注目集まる
米大統領選挙で当選を確実にした民主党候補のバイデン氏。共和党から民主党への政権交代は米国の宇宙計画にどんな影響があるのか。現在の計画の行方から次期NASA長官人事に至るまで、今後の動きを海外の反応を中心に予想する。(2020/11/26)

真偽不明のツイートをRTすると警告が出る仕様、「いいね」にも拡大へ 米Twitterが発表
米大統領選挙で奏功。(2020/11/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
莫大なカネを動かす“オンライン活動” バイデンを勝利に導いた「コロナ時代の必須戦略」とは
米大統領選では、バイデン陣営が大規模なオンライン戦略を実施し、勝利の大きな要素となった。支援者を動かし、巨額の資金を集めた方法とは? コロナ禍において、企業にとってもますますオンライン活動が重要になりそうだ。(2020/11/20)

引用RTの仕様変更でリツイート数が20%減少 デマの拡散抑制に効果か 米Twitterのレポート
米Twitterはこのほど、米大統領選挙に合わせてリツイート(RT)の仕様を変更した結果、リツイート数が20%減少したと発表した。(2020/11/18)

TwitterとFacebookのCEO、大統領選をめぐる公聴会で「投稿ルールの見直しは必要」
米上院司法委員会が17日に開催した米大統領選中の投稿に関する公聴会で、Twitterのジャック・ドーシーCEOとFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOがリモートで証言した。(2020/11/18)

ツイート規制のTwitterからのエクソダスを受け入れるParlerのユーザー急増
米大統領選後、“言論規制された”としてTwitterから多数の著名人が流入しているSNSサービス「Parler」。米国ではユーザーが急増中だ。言論の自由を約束し、中立な立場だと謳うが、WSJによると保守系投資家マーサー家が出資している。(2020/11/16)

玩具メーカー「バイデンのマスク」 注文数はトランプ優勢のナゼ
米大統領選でバイデン前副大統領が当選確実となったことを受け、著名人のマスクを製造している玩具メーカー、オガワスタジオで、バイデン氏を模したマスクの生産が進んでいる。ただ……。(2020/11/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
現地で見た、米大統領選“熱狂”の裏で二極化するビジネス コロナ再拡大の深刻な実態
米国では大統領選の裏で新型コロナの感染者が再び増加し、経済活動に影を落としている。レストラン業界では体力のない小規模店を中心に閉店が相次ぎ、雇用を維持できなくなっている。ホテルも壊滅的だ。当選したバイデンの船出はかなり厳しいものになるだろう。(2020/11/12)

結局みんな、誰が好きなの? 小説『涼宮ハルヒの直観』発売記念で「涼宮ハルヒの総選挙」開催!
盛り上がってきたぁ。(2020/11/10)

GAFA規制 一気に進む可能性も
 米主要メディアが米大統領選で「勝利した」と報じた民主党のバイデン前副大統領が政権につけば、グーグルやアップルなど「GAFA(ガーファ)」と呼ばれる米巨大IT企業への規制強化の流れが一気に進む可能性がある。規制強化の声は民主党の方が強硬とされているためだ。ただ米国経済を牽引(けんいん)してきたGAFAへの過度な介入は、米国の成長を鈍化させる恐れがあるほか、安価で便利なサービスの提供を受けてきた消費者の利益も阻害しかねない。(2020/11/9)

ジョー・バイデン氏、米大統領選の勝利宣言ツイート トランプ氏は「私が大差で勝った!」
米主要メディアが米大統領選でのジョー・バイデン候補の当選確実を報じたことを受け、バイデン氏が勝利宣言をツイートした。トランプ氏は「この選挙を大差で勝ったのは私だ!」とツイートした。(2020/11/8)

「日本では考えられない光景だと思う」 YOSHIKI、米大統領選後の暴動に備える現地からメッセージ
YOSHIKIさん「何も起こらないことを祈ってる」。(2020/11/6)

バイデン候補、政権移行に向けたWebサイト開設 大統領選の勝利に備え
米大統領選に民主党から出馬中のジョー・バイデン候補の陣営が政権移行に向けた公式サイトを開設した。(2020/11/6)

米大統領選の開票プロセスは不正だと扇動するFacebookグループ、削除前に35万フォロワー獲得
接戦となっている米大統領選で、ドナルド・トランプ氏を当選させるために「何でもする」というFacebookグループが公開され、暴力を推奨する投稿があるとして削除されるまでに約35万人のフォロワーを獲得した。(2020/11/6)

トランプ大統領、演説で「選挙は盗まれた。訴訟は最高裁まで行くだろう」
郵便投票分の開票に時間がかかり、まだ結果が出ていない米大統領選について、ドナルド・トランプ現大統領が記者会見を開き、「正しい開票をすれば私が簡単に勝つ」が不正が行われており、多数の訴訟を起こすと語った。(2020/11/6)

ビットコイン急騰160万円超え バブル期最高値に近づく
ビットコイン価格が11月6日に160万円を超え、2017年末のバブル期に付けた最高値に近づいてきた。このところ140万円台で推移してきたが、米大統領選挙の投開票のタイミングで急上昇。11月5日からの上昇率は10%を超えている。(2020/11/6)

自動車業界の1週間を振り返る:
10年後、20年後、30年後、私たちはどうやって移動しているのか
みなさんこんにちは。金曜日です。今週は火曜日に文化の日があり、一般的なカレンダーでは祝日でした。会社(あるいは業界)のカレンダーの都合で稼働日だった方、月曜日も休んで4連休を満喫された方、1日だけ休んだ方、どの過ごし方が多かったのでしょうか。今週の一番の出来事といえば、米国大統領選挙ですね。(2020/11/6)

「どっちもスタンバイOKです!」 レイザーラモンRG、トランプ氏&バイデン氏の“1人大統領選”ものまねで準備万端
大統領選を両面待ちするRGさん。(2020/11/5)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
2020年の米大統領選はまれにみる大接戦に
米大統領選は11月3日に投開票が行われましたが、大方の予想に反し、まれにみる大接戦となりました。まだ勝者は確定していません。(2020/11/5)

トランプ大統領のツイート、非表示相次ぐ 「魔法のように得票差が消えた」──開票作業の不正を示唆?
米大統領選挙に共和党候補として立候補中の現職のドナルド・トランプ大統領が、開票作業の不正を示唆するツイートを投稿し、相次いで非表示になっている。(2020/11/5)

米大統領選挙の不安除去に那須どうぶつ王国のカピバラ? 米The New York Timesの記事が注目集める
米The New York Timesの記事が大統領選挙の不安を取り除く方法5つを紹介。方法の1つとして、カピバラの入浴動画の視聴を提唱しているが、記事で紹介されたのが那須どうぶつ王国のカピバラだったことがTwitterで話題となっている。(2020/11/4)

TwitterとFacebook、トランプ氏の最高裁の決定で暴動が起きるというツイートにラベル
米大統領選本番前夜にトランプ大統領がTwitterとFacebookに投稿した郵便投票は不正で暴動を誘発するという投稿に、それぞれのプラットフォームがラベルを付けた。Twitterでも読むことはできる。(2020/11/4)

Twitter、米大統領選後の混乱を回避するための対策を改めて説明
米大統領選前日、Twitterが選挙結果についての誤情報拡散防止のための対策について改めて説明した。例えば公式な結果発表前にトランプ氏が勝利宣言をツイートしても、ラベルを付けて表示しない計画だ。(2020/11/3)

Google Doodle米国版、大統領選本番まで3日連続「投票しよう」に
米大統領選挙を3日後に控え、Googleの米国版トップページのロゴが11月1日、投票を促すDoodleに変わった。クリック(タップ)すると州ごとの投票に必要な情報ページが開く。(2020/11/2)

コロコロコミックが「うんこちんちん総選挙」第2回を開催中 うんこ派はちんちん派に勝てるのか……!?
うんこ派の底力を見せるとき……!(2020/11/1)

米国株急落ダウ943ドル安 VIXは40超え
10月28日の米国市場は急落し、ダウ、ナスダック、S&P500ともに3%を超える下げとなった。欧米での新型コロナウイルス感染拡大懸念や、目前に迫る米大統領選挙への警戒感が背景とみられる。(2020/10/29)

Twitter、米国ユーザーのタイムライントップに大統領選に関する注意喚起を表示
コロナ禍で郵便投票を選ぶ有権者が多く、開票で混乱する可能性のある米大統領選を約1週間後に控え、Twitterが米国ユーザーのタイムラインと検索ページに選挙関連の正しい情報につながる注意喚起を表示し始めた。(2020/10/27)

森永「ダース」、ビター味を1位にするための「不公平総選挙」開催 ビター味への票を1票100円で買う暴挙
無駄にかっこいいダースビター様(CV・小野賢章)のアニメーションも公開中!(2020/10/26)

TwitterとFacebookのCEO、米大統領選への対処についての公聴会に召喚
Twitterのジャック・ドーシーCEOとFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、11月17日に上院が開く公聴会で証言する。公聴会の主なテーマは、民主党の米大統領候補、バイデン氏のスキャンダル記事に関する投稿への対処についてだ。(2020/10/26)

米大統領選討論会、軍配はアリアナへ 効果ばつぐんのタイミングで新曲リリースし「グランデ大統領万歳」の大合唱
グランデ大統領が誰よりスマートだったな。(2020/10/23)

米情報長官、イランとロシアが米国の有権者情報を盗み、悪用したと発表
米国家情報長官は、イランとロシアが米選挙制度の信頼を損なう目的で有権者登録情報を窃取したと発表。FBIとCISAは翌日、ロシアは遅くとも9月から米政府機関をサイバー攻撃の標的にしていると説明した。(2020/10/23)

Twitterのリツイート制限、きょうから 米大統領選デマ防止で「引用RT」を標準に
米Twitterが全世界で、11月の米大統領選に向け一時的にリツイート機能の仕様を変更した。大統領選に関する安易な拡散を防ぐため「引用RT」の使用を促す。(2020/10/21)

Twitter、引用RT推奨を本格スタート 米大統領選に合わせた一時的措置
本格導入開始。(2020/10/21)

米McAfee、選挙候補者の動画がディープフェイクかどうか調べる取り組み 全世界で調査依頼を受け付け
米McAfeeは、米国の大統領選を前に候補者のものとされる動画がディープフェイクで作られた偽物かどうかを判断する取り組み「McAfee Deepfakes Lab」を始めた。各国のメディアなどから無償で調査依頼を受け付ける。(2020/10/20)

米大統領選から悪質Botを駆逐せよ Microsoftが講じた本気の対策
Microsoftは、米大統領選挙に向けてBotネット「TrickBot」の撲滅に向けた、法的および技術的措置に乗り出した。TrickBotの活動を封じ込めたその対策とは。(2020/10/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。